暗号資産

相場分析の見極めに必要な4つの視点

相場分析の見極めに必要な4つの視点

トレードが10倍楽になる基礎講座

最近、力を入れているのは 「継続できること」 です。

FX原理原則のときは結構むずかしめの裁量をしていましたが、
分析に時間がかかったり、毎回の判断基準がブレたり、負担が大きいと続けるのが大変 です。

・チャートを見て数秒で判断できる
・シンプルで、簡単なルール
・何回もチャンスがある
今は短時間ででき、負担が少ないことを大事にしています。

トレードが楽しくて仕方がありません。まったく負ける気がしないです。

もちろん、複雑なことや大変なことを経験してきたからこそ、できていることだと思います。
FX原理原則が 基礎の土台 になっていることは間違いないです。

FX原理原則の再販も決意しました。
かたくなに断り続けていたのですが、生きるか死ぬかという経験をし
少しでも役立つのであれば提供しようと気持ちが変わりました。

新しい教材の要望もいただいているのですが、なかなか余裕がなく公開できず申し訳ありません。

最新のスキャルピング手法や未公開のインジが100個以上あり、
どうすれば転売されずに発表できるか、いただいた意見を参考に考えているところです。

ゴゴジャンの特集はこちら

・トレンドが出る前から知りたい
・利益を伸ばしたい
・インジケーターを使わずにトレードがしたい。ダマシを避けたい

なかなか勝てない方が基礎の土台を身につけ、結果を出すための講座です。

初心者向けにはトレンドの起き方や回数など相場の成り立ちを中心に。
中・上級者へは波動をカウントし大きな利益を狙う方法をお伝えしています。

すべて動画での解説となっています。

最近の私は、 ほとんどインジケーターを使わずにトレード をしています。

インジを使わなくても、ドルスキャFXで行っているような通貨強弱も
チャートを見るだけでわかるようになりました。

インジをたくさん使っていた頃は1回のトレードで
10pipsとるのも大変だと思っていたのですが、
今は1回で30pips、50pipsは普通。100pipsも普通のことと思えるようになりました。

違いは長期足と中期足の使い方です。
短期足はエントリータイミングをはかるだけなのでほぼ裁量はいらないです。

今回は、 FXの土台になるような講座 です。

今回の話を聞くことで、自分で手法を考えたり、
トレード手順を作ったり
もできるようになると思います。

私自身、まだまだ未熟ですので、もう知っていることは聞き流していただき、
プラスになる部分を重点的に見て、より良い方法を目指していくとよいと思います。

・結果を出すために必要な基礎を知る

・「波動」を意識してトレンドがとれる

・「長期足、中期足、短期足」の使いわけができる

・負けてしまう人

・大きな利益が得られない人

・インジケーターに頼らずにトレードしたい人

向いていない人

・インジケーターやサインで勝とうとしている人
・「いくら稼げますか?」と実力を無視した質問をする人
・「どれくらいチャンスがありますか?」と手法に依存している人
・検証はするが練習はしない人
・インジケーターやテンプレートなどMT4の基本的な使い方がわからない人
・わからないことをまずは自分で調べない人
・負けたときになぜ負けたのかを考えられない人
など。

初心者向けの講座ですが、上記のような初心者以下の場合は
挫折する確率120%ですので、厳しいかもしれませんがやらない方がよい と思われます。

4.主に身につくこと

・チャートだけでトレンド判断ができる(→こちら)
・トレンドが起きる前からわかる(→こちら)
・トレンドの終わりを避け、初動でエントリーできる(→こちら)
・100pips以上の大きな利益が出せる(→こちら)
・500、1000pipsといった大きな利益が狙える(→こちら)
・トレンドがいつまで続くか予想ができる(→こちら)
・トレンド転換の仕組みがわかる(→こちら)
・ローソク足の形からトレンドと調整を判断できる(→こちら)
・ポジションを持ち続けることができる(→こちら)
・長期足、中期足、短期足の使いわけができる(→こちら)
・どの時間足でトレードしたらよいかわかる(→こちら)
・大きく利益が得やすい通貨ペアがわかる(→こちら)
・移動平均線を使った押し目買い、戻り売りができる(→こちら)
・調整の終わりのパターンがわかる(→こちら)
・ロット調整の方法がわかる(→こちら)
・利益目標の目安がわかる(→こちら)
・上位足のテクニカル指標で決済し利が伸ばせない問題を克服できる(→こちら)
・リスクリワード比率の高いトレードができる(→こちら)
・波動がカウントできるようになる(→こちら)
・エントリーに失敗しても次のトレードにいかせる(→こちら)
・狙いやすい逆張りの仕方がわかる(→こちら)
・延長した波動のカウントができる(→こちら)
・暗記しなくてもチャートパターンがわかる(→こちら)
・トレンドラインの使い方がわかる(→こちら)
・インジをほとんど使わない基本的なトレード方法がわかる(→こちら)
・検証や練習の仕方がわかる(→こちら)
・機能しやすいサポレジの引き方がわかる(→こちら)
・自分にあった手法やトレード手順を作る土台の方法を知る(→こちら) 相場分析の見極めに必要な4つの視点
・短期トレードと同じロットでスイングができる(→こちら)
など。

主な改善策

・チキン利食いをなくし利が伸ばせる(→こちら)
・高値掴み、安値掴みを避けることができる(→こちら)
・トレンドの終わりでエントリーしてしまうことを避けることができる(→こちら)
・トレンドが出る前からわかるのでエントリーの遅れを減らせる(→こちら)
・エントリーのダマシを減らせる(→こちら)
・逆行して負けることを減らすことができる(→こちら)
・ポジションをキープできるようなシナリオが考えられる(→こちら)
・損切りを置く根拠がわかる(→こちら)
・利益目標を固定ではなく、相場にあわせて考えられる(→こちら)
・勝率の高い損切りの置き方がわかる(→こちら)
・長期足のトレンドが弱いときやレンジ相場を避けることができる(→こちら)
・トレードで勝つために何が重要か優先順位がわかる(→こちら)
・強いサポレジが判断できサポレジの引きすぎをなくすことができる(→こちら)
・トレンドラインブレイクのダマシを減らせる(→こちら)
・サインより早くチャンスがわかるためチャンスを逃しにくくなる(→こちら)
・挫折してしまう癖を直す(→こちら)
・インジケーターだらけでどれを見たらよいかわからない状態から脱出できる(→こちら)
・ノウハウコレクターを卒業できる(→こちら)
など。

5.教材の紹介

次の3つの内容です。
講座、インジケーター、練習編のセットです。

FX原理原則(講座)

初心者向けの トレード基礎講座 です。(今見ているブログです)

トレンド判断の方法、波動の数え方、
トレード手順など、基本的な考え方をお伝えする講座です。

利益が得やすい通貨ペア一覧(インジケーター)

※サインはあくまで初心者用に準備したものです。
最初は見てもよいと思いますが、インジケーターは反応が遅いことが多いため。
最終的には「ローソク足だけで判断」できるようになった方がよいと思います。

ドルスキャFXの基礎編で好評だった
「スイッチでオンオフできるインジケーター」も新しいものが追加されています。

←詳しくはサイトをご覧ください

ローソク足だけでトレードできるようになるための
練習方法を紹介しています。

←詳しくはサイトをご覧ください

短期トレードの考え方や
共通した質問への回答 をお伝えします。

←詳しくはサイトをご覧ください

6.テンプレートについて

FX原理原則の講座で使用しているテンプレート
パーフェクトダウの「チャート確認用『DAI_PFD02(Chart)』」です。

知識は覚えれば何とかなるかもしれませんが、
経験は毎日コツコツと実践や練習をしながら積み重ねていく必要があります。

ただ、中にはすぐに結果を出したいという方もいらっしゃるかもしれませんので、
そういった方はすぐに挫折しやすいのでやらない方がよいと思われます。

市場がある限り永続的に使えるような、
しっかりとした 基礎基本を身につけること を目的としています。

8.対象通貨ペア

ドルスキャFXはドル円、クロス円、ドルストレートが対象でしたので、
さらに対象が広がっています。

9.動作確認の業者

インジケーターやサインの動作確認はFXDDで行っています。

トレード自体はどこの業者でも構いません。
FXDD以外ではまれに動かないこともあります。
FXDD以外での動作への対応はできませんのでご理解ください。

トレードが10倍楽になる基礎講座

最近、力を入れているのは 「継続できること」 です。

FX原理原則のときは結構むずかしめの裁量をしていましたが、
分析に時間がかかったり、毎回の判断基準がブレたり、負担が大きいと続けるのが大変 です。

・チャートを見て数秒で判断できる
・シンプルで、簡単なルール
・何回もチャンスがある
今は短時間ででき、負担が少ないことを大事にしています。

トレードが楽しくて仕方がありません。まったく負ける気がしないです。

もちろん、複雑なことや大変なことを経験してきたからこそ、できていることだと思います。
FX原理原則が 基礎の土台 になっていることは間違いないです。

FX原理原則の再販も決意しました。
かたくなに断り続けていたのですが、生きるか死ぬかという経験をし
少しでも役立つのであれば提供しようと気持ちが変わりました。

新しい教材の要望もいただいているのですが、なかなか余裕がなく公開できず申し訳ありません。

最新のスキャルピング手法や未公開のインジが100個以上あり、
どうすれば転売されずに発表できるか、いただいた意見を参考に考えているところです。

ゴゴジャンの特集はこちら

・トレンドが出る前から知りたい
・利益を伸ばしたい
・インジケーターを使わずにトレードがしたい。ダマシを避けたい

なかなか勝てない方が基礎の土台を身につけ、結果を出すための講座です。

初心者向けにはトレンドの起き方や回数など相場の成り立ちを中心に。
中・上級者へは波動をカウントし大きな利益を狙う方法をお伝えしています。

すべて動画での解説となっています。

最近の私は、 ほとんどインジケーターを使わずにトレード をしています。

インジを使わなくても、ドルスキャFXで行っているような通貨強弱も
チャートを見るだけでわかるようになりました。

インジをたくさん使っていた頃は1回のトレードで
10pipsとるのも大変だと思っていたのですが、
今は1回で30pips、50pipsは普通。100pipsも普通のことと思えるようになりました。

違いは長期足と中期足の使い方です。
短期足はエントリータイミングをはかるだけなのでほぼ裁量はいらないです。

今回は、 FXの土台になるような講座 です。

今回の話を聞くことで、自分で手法を考えたり、
トレード手順を作ったり
もできるようになると思います。

私自身、まだまだ未熟ですので、もう知っていることは聞き流していただき、
プラスになる部分を重点的に見て、より良い方法を目指していくとよいと思います。

・結果を出すために必要な基礎を知る

・「波動」を意識してトレンドがとれる

・「長期足、中期足、短期足」の使いわけができる 相場分析の見極めに必要な4つの視点

・負けてしまう人

・大きな利益が得られない人

・インジケーターに頼らずにトレードしたい人

向いていない人 相場分析の見極めに必要な4つの視点

・インジケーターやサインで勝とうとしている人
・「いくら稼げますか?」と実力を無視した質問をする人
・「どれくらいチャンスがありますか?」と手法に依存している人
・検証はするが練習はしない人
・インジケーターやテンプレートなどMT4の基本的な使い方がわからない人
・わからないことをまずは自分で調べない人
・負けたときになぜ負けたのかを考えられない人
など。

初心者向けの講座ですが、上記のような初心者以下の場合は
挫折する確率120%ですので、厳しいかもしれませんがやらない方がよい と思われます。

4.主に身につくこと

・チャートだけでトレンド判断ができる(→こちら)
・トレンドが起きる前からわかる(→こちら)
・トレンドの終わりを避け、初動でエントリーできる(→こちら)
・100pips以上の大きな利益が出せる(→こちら)
・500、1000pipsといった大きな利益が狙える(→こちら)
・トレンドがいつまで続くか予想ができる(→こちら)
・トレンド転換の仕組みがわかる(→こちら)
・ローソク足の形からトレンドと調整を判断できる(→こちら)
・ポジションを持ち続けることができる(→こちら)
・長期足、中期足、短期足の使いわけができる(→こちら)
・どの時間足でトレードしたらよいかわかる(→こちら)
・大きく利益が得やすい通貨ペアがわかる(→こちら)
・移動平均線を使った押し目買い、戻り売りができる(→こちら)
・調整の終わりのパターンがわかる(→こちら)
・ロット調整の方法がわかる(→こちら) 相場分析の見極めに必要な4つの視点
・利益目標の目安がわかる(→こちら)
・上位足のテクニカル指標で決済し利が伸ばせない問題を克服できる(→こちら)
・リスクリワード比率の高いトレードができる(→こちら)
・波動がカウントできるようになる(→こちら)
・エントリーに失敗しても次のトレードにいかせる(→こちら)
・狙いやすい逆張りの仕方がわかる(→こちら)
・延長した波動のカウントができる(→こちら)
・暗記しなくてもチャートパターンがわかる(→こちら)
・トレンドラインの使い方がわかる(→こちら)
・インジをほとんど使わない基本的なトレード方法がわかる(→こちら)
・検証や練習の仕方がわかる(→こちら)
・機能しやすいサポレジの引き方がわかる(→こちら)
・自分にあった手法やトレード手順を作る土台の方法を知る(→こちら)
・短期トレードと同じロットでスイングができる(→こちら)
など。

主な改善策

・チキン利食いをなくし利が伸ばせる(→こちら)
・高値掴み、安値掴みを避けることができる(→こちら)
・トレンドの終わりでエントリーしてしまうことを避けることができる(→こちら)
・トレンドが出る前からわかるのでエントリーの遅れを減らせる(→こちら)
・エントリーのダマシを減らせる(→こちら)
・逆行して負けることを減らすことができる(→こちら)
・ポジションをキープできるようなシナリオが考えられる(→こちら)
・損切りを置く根拠がわかる(→こちら)
・利益目標を固定ではなく、相場にあわせて考えられる(→こちら)
・勝率の高い損切りの置き方がわかる(→こちら)
・長期足のトレンドが弱いときやレンジ相場を避けることができる(→こちら)
・トレードで勝つために何が重要か優先順位がわかる(→こちら)
・強いサポレジが判断できサポレジの引きすぎをなくすことができる(→こちら)
・トレンドラインブレイクのダマシを減らせる(→こちら)
・サインより早くチャンスがわかるためチャンスを逃しにくくなる(→こちら)
・挫折してしまう癖を直す(→こちら)
・インジケーターだらけでどれを見たらよいかわからない状態から脱出できる(→こちら)
・ノウハウコレクターを卒業できる(→こちら)
など。

5.教材の紹介

次の3つの内容です。
講座、インジケーター、練習編のセットです。

FX原理原則(講座)

初心者向けの トレード基礎講座 です。(今見ているブログです)

トレンド判断の方法、波動の数え方、
トレード手順など、基本的な考え方をお伝えする講座です。

利益が得やすい通貨ペア一覧(インジケーター)

※サインはあくまで初心者用に準備したものです。
最初は見てもよいと思いますが、インジケーターは反応が遅いことが多いため。
最終的には「ローソク足だけで判断」できるようになった方がよいと思います。

ドルスキャFXの基礎編で好評だった
「スイッチでオンオフできるインジケーター」も新しいものが追加されています。

←詳しくはサイトをご覧ください

ローソク足だけでトレードできるようになるための
練習方法を紹介しています。

←詳しくはサイトをご覧ください

短期トレードの考え方や
共通した質問への回答 をお伝えします。

←詳しくはサイトをご覧ください

6.テンプレートについて

FX原理原則の講座で使用しているテンプレート
パーフェクトダウの「チャート確認用『DAI_PFD02(Chart)』」です。

知識は覚えれば何とかなるかもしれませんが、
経験は毎日コツコツと実践や練習をしながら積み重ねていく必要があります。

ただ、中にはすぐに結果を出したいという方もいらっしゃるかもしれませんので、 相場分析の見極めに必要な4つの視点
そういった方はすぐに挫折しやすいのでやらない方がよいと思われます。

市場がある限り永続的に使えるような、
しっかりとした 基礎基本を身につけること を目的としています。

8.対象通貨ペア

ドルスキャFXはドル円、クロス円、ドルストレートが対象でしたので、
さらに対象が広がっています。

9.動作確認の業者

インジケーターやサインの動作確認はFXDDで行っています。

トレード自体はどこの業者でも構いません。
FXDD以外ではまれに動かないこともあります。
FXDD以外での動作への対応はできませんのでご理解ください。

株初心者にありがちな失敗談と4つの対策

株初心者にありがちな失敗談と4つの対策

これだと思い、500円指値で買いを出したら2,000株、直ぐ購入出来ました。丁度ダウも株価も下がり幅が大きく、そろそろ反転相場になるだろうと言われていたころでしたのでいつ上がるかとドキドキしながら待っていたら、購入後丁度1か月後に今まで徐々に上がっていて600円迄上がっていたんですが急に株価が下がり始めまして、何事かと思ったらその日のうちに会社更生法を申請し整理ポストに入りあっという間に売り気配のまま値が下がりやっと値段が付いたかと思ったら10円位じゃなかったかなと記憶しています。

この失敗談では、株価と分野を重視するあまり、 会社の経済状況などを分析せずに投資してしまった のではないでしょうか?「分野で決める」のではなく、「分野で絞り込み、企業で決める」ことが大切です。あくまで「企業」に投資することを意識して投資先を見極め、将来に期待できる企業に投資しましょう。

【パターン3】投資した根拠がブレる

投資した根拠が無くなっても、「もしかしたら値上がるかも知れない」という根拠の無い希望で株を持ち続けてしまうことはありませんか?しかし、根拠が無くなったのに保有し続けることは損失のリスクを増やすことになります。

さっきまでストップ高に向かっていた銘柄のはずなのに、気付いた時には始値を下回る株価にまでガクンと落ち、負けている事も多かったです。負けを認めたくないがために「損切りしなければ、またもう一度ストップ高に向かうかもしれない」と願いを込めて、見て見ぬフリ作戦でいきました(笑)

この失敗談では、「ストップ高に向かっている」と理由で購入し、予想に反して下がって根拠が無くなったにもかかわらず保有してしまったことが失敗の原因となっています。このように、1つの根拠が無くなった時、その根拠が決め手で投資していた人達が売却し、その人数が多ければ株価の下落に繋がります。自分が何故その企業に投資したかを明確に把握し、根拠が無くなったら売却することを心がけましょう。

【パターン4】損切りができない

損切りとは、自分の購入した株の値段が下がった場合、それ以上損失を拡大させないために、売却して損失を確定することを意味します。

確かに、損をすると分かっていて株を売却するのは、非常に勇気が必要な行動です。しかし、 損失を最小限に抑えて、他の投資先に回せる資金を確保し、投資活動を長く続けられるようにする 相場分析の見極めに必要な4つの視点 ことが「成功する一番のカギ」ではないでしょうか。

もう十年も前ですが、3社の株を買い、すぐに資金が1.5倍になりました。
調子に乗って、次に全額を1社に投資したら長期低迷で塩漬け
身動きが取れなくなってしまいました
しばらくして、損失のまま売却し、身をもって損切りの大切さを学びました。
そのときは、損切りなんて言葉も知りませんでしたから、やむにやまれずです。

この失敗談では、損切りができずに長期保有する「塩漬け」の状態が続いてしまい、 資金が拘束されたことで他の銘柄に投資することができなくなっています 。メンタル面の問題になるので、どうしても難しいとは思いますが、損切りラインを徹底して、機械的に損切りをすることに慣れなければなりません。

株式投資で失敗しない4つの対策

【対策1】ファンダメンタルズ分析を行う

ファンダメンタルズ分析とは、 財務状況や業績を元に「企業の価値」を分析する方法 です。今の株価が企業の価値に見合っているか、今後の成長が期待できるかなどを分析することができ、主に中期・長期の投資で重要視されます。

EPS(1株当たりの利益)を使って成長企業・株を見つける

EPS」とは、Earnings Per Shareの略で「1株当たりの利益」を意味し、「その企業が一年間に上げた利益」を「発行している株式総数」で割って算出します。

例)1,000万株の株式を発行している会社が、年間に30億円の利益をあげた場合
30億円(年間の利益)÷ 1,000万株(株式総数)= 300円(EPS・1株当たりの利益)

ROE(株主資本利益率)から投資効率の良い企業・株を見つける

ROE」とは、Return On Equityの略で「株主資本利益率」を意味し、「その企業が一年間に上げた利益」を「株主資本」で割って算出します。

株主が出資したお金は株主資本(自己資本)と呼ばれます。ROEは、この株主資本に対して企業がどれだけの利益をあげたか、つまり、 株主資本がどれだけ効率よく使われているかが分かる指標 です。株主目線で言うと、「ROE=投資したときの効率の良さ」ということになり、数字が大きいほど効率は良くなります。

例)株主資本10億円の会社が、年間に2億円の利益をあげた場合
2億円(年間の利益)÷ 10億円(株主資本)= 20%(ROE・株主資本利益率)

日本の株式市場を牽引している海外投資家たちは、このROEを特に重視しており、 基本的に8%以上の企業に対して投資をすることが多い そうです。ファンダメンタル分析には、EPSやROEの他にも企業の価値を分析する指標があり、組み合わせて使うことで更に信憑性の高い分析を行うことができます。

【対策2】あくまで「企業」に投資する

数ある企業の中から投資対象を見つけるのは、非常に骨の折れる作業かと思います。そこで便利なのが、現在の流行や話題に関連した銘柄を集めた「テーマ株」です。

このように、流行している事柄から連想される企業で絞り込む「テーマ株」や「関連銘柄」ですが、流行に沿っていれば良い訳ではありません。流行や分野は、あくまで企業を絞り込むための手段であり、投資先の決め手は企業の中身でならなくてはいけません

【対策3】根拠が無くなったら売却する

1つの根拠が無くなった時、その根拠が決め手で投資していた人が売却し、その人数が多ければ株価の下落に影響します 。つまり、根拠が無くなったのに保有し続けることは、損失のリスクを増やすことになるのです。

根拠の無い投資はギャンブルと同じです。自分が投資をした根拠が本当に続いているのか、購入時の決め手を今一度思い浮かべ、根拠の無い希望にすり替わっていないかを明確に把握する必要があります。

【対策4】損切りラインを徹底する

前述したように、 損切りとは、自分の購入した株の値段が下がった場合、それ以上損失を拡大させないために売却し、損失を確定すること を意味します。

損切りをうまくできるようにするには、
「儲けたい・損をしたくない」から「元本を守る」へ視点を切り替える必要があります。

これを実現するためのルールが、「資産の2%に当たる損失が出たら損切り」を徹底することです。これを機械的に行うことで損失の大きさを回復できる範囲で抑え、投資活動の寿命を長くすることができます。根拠として、下の表をご覧ください。

相場分析の見極めに必要な4つの視点
損失 回復に必要な利益
5% 5.3%
10% 11.1%
15% 17.5%
20% 25.0%
30%42.9%
50% 100%
60% 150%
90% 900%

以上、初心者にありがちな失敗パターンへの対策をご紹介しましたが、いくら対策を行っても一切失敗無く投資活動を進めるのは難しいかもしれません。
しかし、実は、 株式投資は「余剰資金」で「現物取引」を行えば、どんなに大きな失敗をしても借金を背負うリスクがない というのをご存知でしょうか?

株式投資はどんなに失敗しても借金は抱えない

よく、株で失敗した人が多額の借金を抱えてしまうなんてことを耳にすると思います。しかし、株価は株の「価格」です。価格が0円以下になることはないので、仮に100万円で買って0円で売っても、損失は最大100万円です。つまり、本来、株取引はいくら失敗・大損しても投資した資金以上の損失を被ることは無いんです。

では、なぜ株で失敗した人が借金を抱えるというイメージが広がっているのでしょうか。
一番は、証券会社から資金、または株式を借りて取引をする「 信用取引」という取引方法と混同している人が多い からだと思われます。また、失っても生活に影響のない「 余剰資金」のみで投資を行わなかった人が、間接的に株の失敗で借金が必要になるケース があるからなんです。

投資は余剰資金で行う

資金は、一般的に「生活費」「生活防衛費」「余剰資金」の3つに分けられます。

生活費 生活するための資金で基本的に1ヶ月分を指す。そもそもの生活ができなくなるため、絶対に失ってはいけない資金。
生活防衛費 急な出費や、収入が無くなった時のことを考えて蓄えておく資金。一般的に生活費の3ヶ月~半年分と言われているが、中には100万円と決めている人など、人によって様々。
余剰資金 仮に無くなっても生活には影響しない資金。特に、使う予定が5年以上先の資金が投資に向いているとされており、5年以内に使う予定のある資金はローリスクな運用が適切と言われてる。

株式投資は失敗しても0円以下にはなりません。しかし、 生活費や生活防衛費を使った投資で失敗してしまうと、株のためではなく生活のために借金をしなければならなくなったり、自宅や自動車などの資産を売ることになる可能性もあります 。無駄な焦りを誘発することなく、堅実に冷静な判断ができるという面でも、投資には余剰資金が適切と考えられます。

信用取引は借金と同義

自己資金のみで行う取引を現物取引 と呼ぶ一方、 証券会社から資金や株式を借りて、自己資金以上の額で行う取引を信用取引 と呼びます。信用取引は、最大で自己資金の3.3倍の額を取引で扱うことができ、大きな利益が期待できる一方、損失も大きくなるリスクを背負った上級者向けの取引方法です。

現物取引と信用取引画像

また、株式投資の信用取引では、 証券会社から株式を借りて「売り」から始める取引方法 も存在します。これは、株価が高いときに株式を借りて売り、安くなった時に買い戻して返却する「空売り」と呼ばれる方法です。

不景気、下げ相場での利益が狙えるというメリットがありますが、株価が下落すれば利益が出るという性質上、空売りの損失額は無限に増える恐れがあります。価格の上限は無く、下限は0円というのは、現物取引にとってはメリットですが、空売りに関しては大きなデメリットとなります。

余剰資金での現物取引を心がければ借金をすることはありません。
しかし、損失を出さずに毎年プラス収支で終えることは難しいかもしれません。もし、マイナスで一年を終えた場合は確定申告を行い、損失を活用した節税方法で無駄な支出を減らし、大切な利益を守りましょう。

株で損失が出たら確定申告で節税

・キャピタルロス+キャピタルゲイン
まず、キャピタルゲインとキャピタルロスのどちらもが存在するとき。これは、口座を2つ以上持っている時に起こりうることです。口座Aで50万円の利益、口座Bで50万円の損失が出た場合、本来は50万円に対して税金がかかります。しかし、損益通算を行ってこれらを相殺することで、実質の利益は0円となるので税金はかかりません

損益通算イメージ画像1

・キャピタルロス+インカムゲイン

損益通算イメージ画像2

本来:30万円×20.315%=60,945円
相殺した場合:10万円×20.315%=20,315円
となり、払いすぎた税金40,630円が返ってきます

繰越控除画像

上図のように、 3年間その損失を保有するという形で繰り越す ことで利益が差し引かれ、
税金を無くすことが可能です。

中長期投資におけるファンダメンタル分析は、初歩的で必須とされながらも覚えることが多いですが、企業価値を分析せずに投資をしてしまうと、買い時や売り時を的確に判断することも難しくなってきます。基本的な部分から実践し、損切りラインを徹底して堅実な投資を目指しましょう。

不動産投資はシミュレーションが重要!利回りやCFを試算して優良物件を見つけよう

不動産投資はシミュレーションが重要!利回りやCFを試算して優良物件を見つけよう

・投資エリア内にある同条件の家賃相場や物件価格を調べる
購入予定の物件が空室の場合、物件情報に記載されている想定家賃収入が相場とかけ離れている可能性があります。一方でオーナーチェンジ物件の場合は、現在の家賃が相場より高いと退去が発生した際に収益性が下がるかもしれません。投資エリア内にある同条件の家賃相場を調べておけばより精度の高いシミュレーションが可能です。売却時期を想定している場合は、物件価格も確認しておきましょう。

物件購入後の維持管理費

  • 管理費・修繕積立金(マンションの場合)
  • 固定資産税
  • 賃貸管理手数料(賃貸管理を管理会社に委託する場合)
  • 火災保険料、地震保険料

借入金額、適用金利、毎月の返済額

不動産投資シミュレーションの情報収集で活用できるWebサイト

全国地価マップ(一般財団法人資産評価システム研究センター)

全国地価マップ

  • 固定資産税路線価:固定資産税の課税標準となる路線価(道路に面する土地1平方メートルあたりの評価額)
  • 相続税路線価:相続税の課税標準となる路線価
  • 地価公示価格:一般の土地取引の指標となる価格(国土交通省)
  • 都道府県地価調査価格:一般の土地取引の指標となる価格(都道府県)

不動産投資においてシミュレーションが重要な理由

実質利回りがわかる

  • 表面利回り:年間家賃収入÷物件価格×100
  • 実質利回り:(年間家賃収入-維持管理費)÷(物件価格-諸費用)×100

手元にいくら残るかがわかる

売却時期を判断しやすくなる

不動産投資シミュレーションを行う際の注意点

・周辺相場と比較して家賃を設定する
・家賃の下落率を考慮する
・空室率を考慮する
・設備交換や災害による支出を想定しておく

周辺相場と比較して家賃を設定する

家賃の下落率を考慮する

空室率を考慮する

設備交換や災害による支出を想定しておく

不動産投資のシミュレーション方法【エクセル・ツール・アプリを紹介!】

Excelで計算する

・シンプルで使いやすい「キャッシュフロー計算ソフト」
必要項目を入力するだけで簡単に課税所得額とキャッシュフローが算出できるツールです。入力項目が物件価格や金利、借入金額といった基本的な内容のため、初心者でも使いやすいでしょう。空室率が「0%(変更可能)」「10%」「20%」「30%」の4パターンがあり、それぞれの課税所得額とキャッシュフローを確認できるのも魅力です。

・投資期間全体の収益性を把握できる「IRRによる不動産投資収益計算Excelシート(Lite版)」
IRR(内部収益率)や長期のキャッシュフローが確認できるツールです。IRRとは、賃貸不動産の購入から運用、売却まで投資期間全体の収益性を判断できる指標のことです。IRRは、他の金融商品でも算出可能で不動産以外の投資商品とも比較できます。物件価格や想定賃料などの項目を入力するとIRRや最長35年間のキャッシュフロー推移を表示することが可能です。

・マクロで本格的な分析ができる「不動産投資DCF法レバレッジ方程式(無料版)」
マクロを利用して長期のキャッシュフロー推移などを表やグラフで把握できるツールです。入力シートに物件概要や家賃収入、ローン条件などを入力するとさまざまな分析結果が表示されます。無料版の場合、物件の保有期間は5年のみ(有料版は設定可能)ですが運用中に得られるキャッシュフローの推移は20年目まで確認可能です。

シミュレーションツールを使う

・収益・投資物件 簡易収支計算シミュレーション
物件情報やローンに関する項目を入力すると返済額や年間手取り、各種利回りなどの収支を試算できるツールです。入力項目が少ないので初心者でも使いやすいでしょう。簡易的なシミュレーションですが空室率や諸経費率の入力も可能です。

・CF(キャッシュフロー)シミュレーション
物件価格や表面利回り、築年数などを入力するだけで簡単にキャッシュフローを試算できるツールです。分析結果がグラフで表示されるため、視覚的にキャッシュフローの推移を把握できます。シミュレーションを利用するには、「楽待」の会員登録(無料)が必要です。

・不動産投資シミュレーション
ローンや家賃収入、諸経費に関する情報を入力するとローン返済後のキャッシュフローが算出されるツールです。1年間のキャッシュフローだけでなく累積キャッシュフローも把握できます。固定資産税は、計算に含まれませんがキャッシュフローをざっくりと把握するのに便利です。

・不動産投資シミュレーション(キャッシュフローシミュレーション)
物件情報を入力するとキャッシュフローの推移がグラフで表示されるツールです。自己資金や金利、ローン期間などは初期値が設定されていますが、数字を変更することでより正確な分析が可能です。税金や賃料下落率などを考慮して、詳細な分析を行いたい場合に向いています。

・賃貸用不動産の投資利回り
物件価格と想定賃料、想定入居率を入力するだけで表面利回りや実質利回りを試算できるツールです。管理費や修繕積立金などの諸費用を入力すればより正確な利回りを算出できます。諸費用の金額は、月額ではなく年額となる点に注意しましょう。

アプリを活用する

・不動産投資 利回りシミュレーションアプリ
物件情報やローン情報を入力するだけで自動的に利回りを計算してくれるアプリです。入力した情報を保存し複数の物件を比較することもできます。シミュレーションだけでなく不動産投資に関する最新ニュースを確認できる点もメリットです。

・アパート一棟買いLite
アパート・マンション経営を検討する際に収支分析ができるアプリです。物件情報やローン条件などを入力するとキャッシュフローの推移や融資の返済計画のシミュレーションができます。キャッシュフロー推移は、表とグラフで表示され視覚的にわかりやすい点が魅力です。

・【検証効率UP!】不動産収支計算機
物件の検討段階で不動産投資の収支計算が簡単にできるアプリです。必要項目を入力すると年間手取りや各種利回りを自動的に計算してくれます。計算結果の保存機能があるため、複数の物件を比較して投資判断することも可能です。

中小企業白書が明かす「稼ぐ中小企業」の特徴

(出典:2016年版 中小企業白書概要|経済産業省)
この原因について中小企業白書は、第一に「投資比率の低さ」を挙げています。図3を見ればわかるように、無借金経営を実現している企業ほど、投資比率が低い傾向にあります。特にこの傾向が強いのは、設立年数が低い企業です。
この分析結果と図2の「10年以下」のグラフを合わせて考えてみると、設立間もない時期から投資に消極的で、無借金経営を実現してしまうと、結果的に経常利益率を保てない企業が多いという結論が見えてきます。

メインバンクとの面談頻度

(出典:2016年版 相場分析の見極めに必要な4つの視点 中小企業白書概要|経済産業省)
中小企業白書が無借金経営の企業が経常利益率を確保できない原因としてもう1つ挙げているのが、「金融機関を含めた外部との関係の希薄さ」です。
図4に見られるように、メインバンクとの面談頻度について「ほとんどない」と答えた割合は、無借金経営の企業では44.1%にも上ります。借入のある企業と比較するとその差は歴然です。
これらのことから中小企業、とりわけ設立年数が低い中小企業は、積極的な借入と投資をするべきだと言えるでしょう。

「稼ぐ中小企業」はIT投資と海外展開に力を入れている

「稼ぐ中小企業」のIT投資

IT投資を積極的に進めているという点も高い収益性を保っている企業の特徴です。
中小企業白書によれば、IT投資を進めている企業の中でも特に「業務プロセス・社内ルールの見直し」「各事業部門・従業員からの声の収集」「計画・戦略策定」「IT・業務改善等についての社員教育・研修の実施」などにITを活用している企業ほど、収益性が高い傾向にあります。
一方でIT投資に踏み出せない中小企業も一定数存在します。そうした企業がIT投資を行わない主な理由は「IT人材の不足」や「ITの導入効果が分からない」などです。
しかしそれを理由にいつまでもIT導入を先延ばしにしていても、稼ぐ中小企業との差は開くばかりです。外部の専門家や支援機関を利用したり、研修などを実施するなどして、計画的にIT導入を進める必要があるでしょう。

「稼ぐ中小企業」の海外展開

中小企業白書は海外展開による海外需要の獲得も、稼ぐ中小企業の特徴として挙げています。
2001年から2013年の間に中小製造業の直接輸出を行う企業は4,342社から6,397社に増加しているほか、それ以外の業種の中小企業でも直接投資を行う企業は増加傾向にあります。
こうした企業は海外展開を実施していない企業に比べて労働生産性を向上させていると同時に、2割程度が国内従業者数を増加させ、7割~8割が国内従業者数を維持しています。
国内従業者数を減少させているのは生産拠点を移した企業のうちの11%を除けば、1%~4%程度の企業だけです。
もちろんリスクもありますが、海外展開の推進は稼ぐ中小企業になるために、必要不可欠な施策と言えるでしょう。

「稼ぐ中小企業」は経営者がチャレンジ志向

「稼ぐ中小企業」の経営者

経営者の年代別に見た成長への意識

(出典:2016年版 中小企業白書概要|経済産業省)
中小企業白書によると現在の中小企業の経営者は企業規模が小さくなるほど高齢化の傾向が強くなり、さらに高齢の経営者ほど投資への意欲や自社の成長への意欲、保守的な傾向が強まることがわかっています(図1)。
これまで見てきたように、投資に消極的だったり、借金や海外展開のリスクをよしとしない企業ほど、収益性が低い傾向にあります。
一方で高い収益性を維持している企業ほど、意思決定スピードが速かったり、新しい試みに挑戦するなど、チャレンジングな企業風土を持っています。
チャレンジ志向でない経営者の企業で、チャレンジ志向の企業風土は育ちません。収益を高めていくためには、まずは経営者から変わっていく必要があるのです。

「稼ぐ中小企業」と事業承継

場合によっては後継世代への事業承継が、低収益体質から脱却するための施策になり得ます。2007年度時点で55歳から64歳の経営者について、2007年度から2008年度にかけて事業承継があったかどうかに基づいて、各社の経常利益率を比較した調査があります。
これによれば事業承継をした中小企業の方が、事業承継をしていない中小企業よりもわずかながら利益率を向上させていることがわかっているのです。
すなわち、経営者の保守性が低収益体質の原因になっているのであれば、事業承継に踏み切るのも選択肢の1つだということです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる