外国為替ニュース

ヘッジ取引とは

ヘッジ取引とは
(引用:BM CAPITAL)

勇者か愚者か…“日銀潰し”に挑むヘッジファンドが話題、藤巻健史氏「ついに出てきた」

gyro /iStock

そうした中、英ロンドンに拠点を置くヘッジファンド、ブルーベイ・アセット・マネジメントがブルームバーグの取材に対し、日銀が今後も、長期金利と短期金利の誘導目標を操作し、イールドカーブ(利回り曲線)を適切な水準を維持する「イールドカーブコントロール」を続けるのは「不可能」と公言。同社のマーク・ダウディング最高投資責任者(CIO)はブルームバーグの取材に対し、「かなりの額の日本国債をショートしている」と述べ、日銀の利上げを見越しての売り相場へ布石を打ち始めたことを明らかにしたという。

具体的にどういうことなのか。この記事に経済評論家の藤巻健史氏はツイッターで「 ついに1992年にソロス が 英中央銀行に勝った戦略を取り始めたヘッジファンド が 出てきたようだ」と指摘する。

投資家のジョージ・ソロス氏は20年前、ヨーロッパがユーロ導入に向けて調整局面に入る中で、イギリスの景気が後退し始めていた当時、英通貨ポンドが暴落すると予想、 ポンドの空売りを仕掛けた。ソロスはこの勝負で15億ドルもの利益を上げたとされるが、イギリスは通貨危機に陥り、ソロスは“イングランド銀行を潰した男”として投資界に一躍伝説を残した。

ただ、この動きに冷ややかな見方もある。経済評論家の上念司氏はツイッターで「 日銀 に挑んでくるとは愚かな奴よ。 日銀 オペに制限はない。制限とは防御の型! 中央銀行にあるのはただ制圧前進のみ!!」と一蹴した。

ヘッジファンドの歴史

ヘッジファンドガイド

アービトラージ,クォンタム・ファンド

第一世代のヘッジファンドは1950年前後から1970年までの時代と考えられ、主に株式と債券のアービトラージ(裁定取引)が戦略の中心でした。株式と債券のアービトラージ(裁定取引)とは株式のインデックスと債券のインデックスを用いて割安なインデックスをロングし割高なインデックスをショートする戦略で、ロングとショートを両建することが特長です。その後、両建で利益が出たタイミングで決済する訳です。
その様な戦略の最初のヘッジファンドは、1949年に米国の「アルフレッド・ジョーンズ」によって考えられた「1号ファンド」だと言われています。つまり、日本が終戦直後の混乱の中の時代に、既に米国ではヘッジファンドの萌芽が芽生えていた訳です。
「アルフレッド・ジョーンズ」が注目したのは株式のロングポジションやショートポジションだけではなく、株式市場が売られると債券市場が買われ株式市場が買われると債券市場が売られるという逆相関の関係でした。つまり、株式と債券のアービトラージ(裁定取引)に注目した訳ですが、もっと驚くべきことはファンドの有効性を既にこの時期に見抜いていたことです。
その後、1960年代のニューヨーク株式市場の上昇でヘッジファンドの高いパフォーマンスが注目され始め、多くの新しいヘッジファンドが立ち上げられました。その結果、1968年の米国のヘッジファンドの数は215に上ったという記録が残っています。
当時のヘッジファンドの戦略は株式と債券の「ロング&ショート」と銘柄間の「ロング&ショート」と言われる戦略が主流で、株式と債券のアービトラージ(裁定取引)と株式の銘柄間のアービトラージ(裁定取引)取引が頻繁に行われました。株式の銘柄間のアービトラージ(裁定取引)取引は、現在では「ペアトレード」と呼ばれ個人投資家が盛んに行っています。
この様な第一世代のヘッジファンドの時代の最後に当たる1969年に、後のヘッジファンドのビッグネームとなる「ジョージ・ソロス」と「ジム・ロジャーズ」が共同で「クォンタム・ファンド」を設立していることが特筆されます。

第二世代のヘッジファンド

一般的に1970年代から1990年代中頃までがヘッジファンドの第二世代と言われていますが、この時代は株式市場の上昇と金融の自由化とそれに伴うデリバティブ商品の登場で各ヘッジファンドは驚異的なパフォーマンスを記録しヘッジファンド黄金時代と呼ばれています。1969年に「ジョージ・ソロス」と「ジム・ロジャーズ」が設立した「クォンタム・ファンド」は、1980年までの10年間で+3,365%(33.65倍)という驚異的なパフォーマンスを上げました。この間のニューヨークダウ平均の上昇率は僅か+20%でしたから、「クォンタム・ファンド」の上昇率の凄さが解かります。
しかし、1980年に「ジョージ・ソロス」と「ジム・ロジャーズ」は決別し、互いにライバルとして別のヘッジファンドを運用することになります。
その後「ジョージ・ソロス」は株式の「ロング&ショート」戦略に加えて、為替・債券・商品先物・金利先物等にも運用対象を広げ高いパフォーマンスを上げ続けます。
そして、1992年にイギリス政府の為替介入に対抗してポンドを大量に空売りし、約15億ドルの利益を得たと言われる話はウォール街の伝説となっています。
この1件によって「ジョージ・ソロス」は「イングランド銀行に勝った男」と言われ、2011年に引退を宣言するまでヘッジファンド業界に君臨し続けます。2011年の引退時の「ジョージ・ソロス」の個人資産は約220億ドルとも言われ、その数倍から数十倍の利益をヘッジファンドから稼ぎ出したと考えられます。
1980年に「ジョージ・ソロス」との意見対立で「クォンタム・ファンド」と決別した「ジム・ロジャーズ」は、1998年に「RICI」を設立し2007年までに326%のパフォーマンスを達成し現在でも運用の世界では影響力を持っています。
そして、第二世代で忘れてはならないのは「マイケル・スタインハルト」です。「マイケル・スタインハルト」は1967年に「スタインハルト・パートナーズLP」を設立し1995年に引退するまでの28年間で年平均30%の驚異的なパフォーマンスを達成したと言われています。つまり、1967年に1ドル投資したとすると1995年には481ドルになったという訳で、ヘッジファンドのパフォーマンスで最も長期間に渡り安定的なパフォーマンスを上げたと言えます。
また、1980年に「タイガーファンド」を設立した「ジュリアン・ロバートソン」は、バリュー投資の先駆者として「タイガーファンド」を世界最大級のヘッジファンドに育て上げ「市場の魔術師」と言われましたが、2000年には運用不振で「タイガーファンド」は閉鎖されました。

第三世代のヘッジファンド

第二世代のヘッジファンド

1994年ソロモン・ブラザーズの債券トレーダーとして活躍していた「ジョン・メリウェザー」が中心になって、LTCM(Long-Term Capital Management)が設立されました。
LTCMはFRBの元副議長だったデビッド・マリンズやノーベル経済学賞を受賞したマイロン・ショールズとロバート・マートンらを取締役に加え、設立当初からドリームチームの運用するヘッジファンドとして話題になり12億5,000万ドルの資金を集めました。
設立当初のLTCMはドリームチームの運用するヘッジファンドとして、機関投資家や政府系公社・年金・中央銀行・大学・ハリウッドの著名人・スポーツ選手などが投資しました。
LTCMはノーベル賞学者の理論と天才トレーダーの夢の組み合わせで当初は債券運用で高いパフォーマンスを上げましたが、設立から3年後の1997年のアジア通貨危機と1998年のロシア財政危機で大きくつまずき1998年8月にLTCMは事実上破綻しました。
つまり、ドリームチームが運用するヘッジファンドは僅か4年で破綻した訳です。
そして、現在、ヘッジファンド第三世代で最も影響力があると言えるのは、「ポールソン&カンパニー」の「ジョン・ポールソン」です。
「ジョン・ポールソン」は2004年の段階で米国の住宅バブルの崩壊を確信し、そこから周到な準備を進めました。その後、2008年に住宅バブルの崩壊によるサブプライムローン問題でウォール街の大手証券会社の「ベア・スターンズ」や「リーマン・ブラザーズ」が破綻しましたが、「ジョン・ポールソン」はこの相場で先物の売り建てやプットオプションを大量に仕込んで150億ドル(約1兆2,000億円)を稼いだと言われています。
つまり、日本で言えば、1990年からのバブル崩壊を予測して空売りを仕掛けていた様なものなのです。

資産運用会社とは? アセットマネジメントやヘッジファンドの役割&信託銀行との違いを解説!

➁投資スタイルの違い
・信託銀行が実際に運用意思決定を行う自社運用商品では、低リスクでバイアンドホールドに近い長期安定運用が目指されることが多いです。これは、こうした運用商品が顧客(年金基金など)のポートフォリオのうちローリスクの部分を構成することが多いためです。
・一方で、資産運用会社の中でも一般的なアセットマネジメントは、長期安定運用を前提とするものの多少リスクのある運用スタイルです。
・更に、資産運用会社の中でもヘッジファンドなどは、ロングショート戦略などを駆使した比較的リスクの高い運用を行います。これは、ヘッジファンドが顧客(年金基金や富裕層など)のポートフォリオやファンド・オブ・ファンズなどの金融商品のうちハイリスク・ハイリターンの部分を構成することが多いためです。

こうした運用スタイルの違いから、信託銀行やアセットマネジメントには比較的安定志向な人が多いようですが、ハイリスク・ハイリターンを目指すヘッジファンドなどでは運用者自身もリスクをとって稼ぎたいと考える人たちが多くいます。

キャリアの違い

資産運用会社(アセットマネジメント会社など)の運用部門
運用部門の社員は、投資先選定や運用の意思決定を行っているため、マーケットに対する専門性が身に付きます。特に、資産運用会社の中には部門別採用を行っている会社もあり、そうした会社で運用部門に入れば運用のプロとしてのキャリア構築を高い確率で目指せます。

信託銀行の運用関連部門
日系大手の信託銀行では、一部専門職を除いてジョブローテーションが一般的です。そのため、資産運用会社の指示に基づき実際の売買を行う資産運用業務から、リテール営業まで、非常に多種多様な部門・業務を経験するチャンスがあります。このようにまるで転職のような異動を、同じ社内にいながら経験できるという魅力もあります。

市場のゆがみを是正するヘッジファンド

資産運用会社の中には、高いリスクをとって機動的に運用する「ヘッジファンド」と呼ばれる機関投資家が存在します。

ヘッジファンドの顧客とリスク

株式や債券を長期保有する狭義の資産運用会社には個人投資家や年金基金もお金を預けていますが、ヘッジファンドの顧客は原則としてプロの投資家です。

同業であるプロの投資家を顧客として資産を運用するファンドということになります。

一方、投資のリスクを十分に把握しているプロの投資家を相手にするヘッジファンドにはそのような規制は課されていません。このため、狭義の資産運用会社と比べて、ヘッジファンドはハイリスク・ハイリターンな投資を行うことができるのです。

ヘッジファンドはなぜハイリスクなのか

空売り
借りた株式の売買をすることを「信用売買」といい、信用売のことを俗に「空売り」と呼びます。
また、株式の売りを「ショート」、買いを「ロング」と言い、空売りしている状態のことを「ショートポジション」、株式を購入して保有している状態のことを「ロングポジション」と言います。

レバレッジ
ヘッジファンドはレバレッジ取引を行うことが多いです。
レバレッジ取引とは、実際に口座にあるお金を担保に口座の金額以上の取引を行うというものであり、少ない元本でより大きなリターンを得ることができるため「てこの原理」に例えられます。

ヘッジファンドによるゆがみの是正

しかしながら、市場で過小評価されている会社の株式を機動的に購入し、過大評価されている会社を積極的に空売りするヘッジファンドが存在しなければ、会社が正当に評価されていない状況が放任されてしまうかもしれないのです。

勇者か愚者か…“日銀潰し”に挑むヘッジファンドが話題、藤巻健史氏「ついに出てきた」

gyro /iStock

そうした中、英ロンドンに拠点を置くヘッジファンド、ブルーベイ・アセット・マネジメントがブルームバーグの取材に対し、日銀が今後も、長期金利と短期金利の誘導目標を操作し、イールドカーブ(利回り曲線)を適切な水準を維持する「イールドカーブコントロール」を続けるのは「不可能」と公言。同社のマーク・ダウディング最高投資責任者(CIO)はブルームバーグの取材に対し、「かなりの額の日本国債をショートしている」と述べ、日銀の利上げを見越しての売り相場へ布石を打ち始めたことを明らかにしたという。

具体的にどういうことなのか。この記事に経済評論家の藤巻健史氏はツイッターで「 ついに1992年にソロス が 英中央銀行に勝った戦略を取り始めたヘッジファンド が 出てきたようだ」と指摘する。

投資家のジョージ・ソロス氏は20年前、ヨーロッパがユーロ導入に向けて調整局面に入る中で、イギリスの景気が後退し始めていた当時、英通貨ポンドが暴落すると予想、 ポンドの空売りを仕掛けた。ソロスはこの勝負で15億ドルもの利益を上げたとされるが、イギリスは通貨危機に陥り、ソロスは“イングランド銀行を潰した男”として投資界に一躍伝説を残した。

ただ、この動きに冷ややかな見方もある。経済評論家の上念司氏はツイッターで「 日銀 に挑んでくるとは愚かな奴よ。 日銀 オペに制限はない。制限とは防御の型! 中央銀行にあるのはただ制圧前進のみ!!」と一蹴した。

ヘッジファンド投資はリスクが高くて危険?損失を抑えた運用を目指そう

空売り

(引用:SMBC日興証券)

レバレッジ」…元手となる自己資金に借り入れたお金を足して投資をし、高い投資効果を得る仕組み。FX取引でよく使用される。予想と外れた場合は投資元本位以上の損失を被ることがある。

レバレッジ

(引用:外為どっとコム)

2.換金できる時期が限られる

通常ヘッジファンドでは、換金期間に制限を設ける「ロックアップ期間」なるものを設定しています。ロックアップ期間は1ヶ月・3ヶ月・半年・1年など、ヘッジファンドにより様々です。

しかし、 ロックアップ期間を設定しているからこそ、ヘッジファンドはより効率的な運用を行うことが可能 という利点もあります。

  • ファンドマネージャーは運用目標・計画を立てやすくなる
  • 当面現金を用意する必要が無いため流動性の低い商品にも投資出来る

3.最低投資額が高額である

ヘッジ取引とは
投資信託 不特定多数
ヘッジファンド 49人以下(機関投資家のみを対象とするプロ私募は除く)

4.詐欺を働いている場合

  • 絶対儲かると謳っている
  • 元本を保証している
  • 利回りを約束している

ちなみに、元本保証の4文字を使用しても良いとされる金融商品は預貯金だけ(国債や保険商品は誤解されがちですが、正式には元本保証ではありません) 。

残念ながらヘッジファンド投資に絶対はありません。そのため、事前に毎月10%や20%などの利回りを確約している偽ヘッジファンドは、ほとんどの確率で ポンジスキームを使用した詐欺案件 と言って良いでしょう。

ヘッジファンドだからこそ可能なリスク管理もある

本来ヘッジファンドは、ヨーロッパの王族が自身の財産を後世に継ぐために利用した投資方法で、ハイパフォーマンスを狙うというよりはリスク管理を徹底した守りの資産運用方法として活用されていました。

下落相場でも利益を出せるヘッジファンドのリスクヘッジ法

絶対収益と相対収益の特徴比較

例えばTOPIXが10%下落時、投資信託が7%の下落に抑えられれば、TOPIXの下落率を上回っているためマイナスを出しているにも関わらず運用目標は達成したと評価されます。

一方ヘッジファンドの場合は基本的に「絶対収益」で運用されるため、TOPIXの下落が10%で50%であろうが関係なく、プラスのリターンを出さなければ評価されません。

この評価方式を採用できるのは、ヘッジファンドが 下げ局面でも利益を出せる投資手法を使っているから と言えるでしょう。

ロングショート戦略とは?

リスクを抑えた運用はBMキャピタルがおすすめ

BM CAPITAL

(引用:BM CAPITAL)

同社の投資対象は日本株式で、中でも市場で価値評価が適正に行われていない中小型バリュー(ヘッジ取引とは 割安)株から値上がりの見込める銘柄発掘し、値上がりした時点で売って利益を出す手法を得意としています。

  • 割安水準の株価で買い付けるため、投資後にさらに値が下がってしまうリスクが少ない。
  • 値動きは穏やかだが、BMキャピタルのような大型投資家のまとまった購入をきっかけに株価急騰する可能性もある。
  • 企業価値・株価上昇を投資先企業内部から促すためにアクティビストとして活動する場合も。
  • 東京大学卒業後、有名外資系投資銀行で経験を積んだファンドマネージャーが豊富な投資知識・分析力を駆使して運用。

ヘッジファンドと聞くと、一般的に投資上級者向けでレベルが高いといったイメージが強いですが、BMキャピタルは ヘッジ取引とは 初心者向けの投資会社と明言 しているだけあり、面談や運用報告書もわかりやすく丁寧。

BMキャピタルって実際どう?投資者目線で最新利回り・口コミ評判など解説 国内ファンドBMキャピタル (BM CAPITAL)への投資はあり?出戻り投資者目線で徹底まとめ 人生初のヘッジファンドとしてお世話に.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる