デイトレード

ダブルボトム

ダブルボトム
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月1日発表分)
  • ダブルボトム
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月3日版
  • 最高益【復活】銘柄リスト〔第2弾〕31社選出 <成長株特集>
  • エネルギー危機到来、「原発再稼働のシナリオ」で爆騰テーマに乗る株 <株探トップ特集>
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─絶不調から這い上がる"復活企業"に注目!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─肝要なのは変化の予兆を見逃さないこと!
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月1日現在)
  • 10万円以下で買える、大幅増益&低PER 32社【スタンダード】編 <割安株特集>

ビットコインの今後のポイントは? テクニカル的にはダブルボトム達成し上昇圧力に。 ETHは再度高値更新し高い買い需要を確認

見出し画像

■本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定の暗号資産(仮想通貨)の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。
■本資料に掲載されている市況⾒通し等は、本資料作成時点での担当者の⾒解であり、将来予告なしに変更される場合があります。また、将来の見通しを保証するものでもありません。
■本資料は、担当者が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を当社が保証するものではありません。
■当社では、本資料に記載された銘柄に対し取引を行う又は今後取引を行う可能性があります。したがって、本資料を閲覧されるお客様は、本資料の客観性に影響を与える利益相反関係が当社に発生する可能性があることを予めご了承ください。 本資料はあくまでも投資判断の参考のための一つの要素としてご参照ください。
■暗号資産取引を行う場合には、契約締結前交付書面等の各種交付書面や当社ホームページ等をご確認の上、取引内容をよくご理解いただき、ご自身の判断で取引を行ってください。
■この資料に掲載された全ての内容(情報、商標、デザイン等)の著作権等知的財産権は、株式会社ディーカレットまたは権利者に帰属するものです。したがって、これらを無断で転載、使用、複製、配布、改変等を行うことはできません。
■当資料に暗号資産(仮想通貨)のグラフ・数値等が記載される場合、それらはあくまでも過去の実績またはシミュレーションであり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また、税金・手数料を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
株式会社ディーカレット
東京都千代田区富士見二丁目10番2号
暗号資産交換業者 関東財務局長 第00016号
所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

【新製品】ダブルトップ&ダブルボトム発注くん

・決済については、「決済サポートくん」のブレークイーブンストップ機能を実装しています。
・エントリーについては、ブレイクアウトエントリー、プルバックエントリー(押し目買い、戻り売り)のどちらかを選択することが可能です。
・「MACDフィルタ」を利用することが可能です。
・「ブレイクアウトラインを抜けたけど、騙しで、反対方向にブレイクしてしまった」という場合に備えて、ドテン機能を付けることができます

◎キャンドルストップ機能

キャンドルストップとは、直近ローソク足の最高値・最安値にロスカットを自動設定してくれる機能です。具体的には、
買ポジの場合、直近ローソク足の最安値に
売りポジの場合、直近ローソク足の最高値に
ロスカット(損切り)を置いてくれます。
直近ローソク足の最高値、最安値をブレイクするとブレイクした方向に ダブルボトム
トレンドが発生することが多い為、
その付近にロスカット(損切り)を置くことは理にかなっています。


◎ブレイクイーブンストップ機能

ポジションを建てた価格から、(BreakEven+TrailingStop)pips動いてから、
ロスカット値を建値より(BreakEven)pips上方へ引き上げて、一定の利益を確保させてからトレーリングストップ(TrailingStop)pipsを開始します。
*下記画面のピンクラインに到達してから、アクアラインまでの利益を確保しつつ、トレーリングストップで利益を伸ばします。

◎手動EAポジション機能
チャートに設置された発注ボタンを押すと、手動でEAポジションを追加することが可能です。
決済についても、EAに実装されているブレークイーブンストップ機能に任せることが可能です。
任意でナンピンポジションなどを追加したい場合に使うと効果的です。

78%の高勝率ローソク足分析・必勝パターンを【追認】で極める!●ダブルボトムを分解して「統計的優位性」を考えよう!

78%の高勝率ローソク足分析・必勝パターンを
【追認】で極める!
●モーニング・スター+エンガルフィング
ダブルボトムを分解して「統計的優位性」を考えよう!

  • 1 78%の高勝率ローソク足分析・必勝パターンを
    【追認】で極める!
    ●モーニング・スター+エンガルフィング
    ダブルボトムを分解して「統計的優位性」を考えよう!
    • 1.1 くまひげ先生のプライスアクション教室:
      78%反転◆FX特有のローソク足分析を極めるには!
      ●モーニング・スター(Morning Star)編(Vol.020)

    今回は、 ロングで「78%の高勝率ロウソク足分析・必勝パターン」 を
    取り上げましょう。

    ロング方向のトレードで、統計的に高い優位性があるのが、
    「モーニング・スター(Morning Star)」 です。

    日本では、「明けの明星」と呼ばれているパターンです。

    元々、相場が下落して底付近でこのパターンが現れた場合は、
    高い確率で、反転しますが、
    【追認】を加える事で、精度が大幅にUPします。

    ▼では、【追認】の「微差力」を加えた、「モーニング・スター(Morning Star)」をご覧ください。

    モーニング・スター(Morning Star)

    モーニング・スター(Morning Star)+【追認】

    ▲最初の赤丸で囲んだところは、 「ブリッシュ・エンガルフィング」 のパターンです。

    そして、2回目の同サポート・レベルで
    「モーニング・スター(Morning Star)」 が登場です。

    この 「エンガルフィング」+「モーニングスター」のパターンは、
    非常に反転する威力がある場合が多い です。

    一見、単純に見ると、
    これらは、ダブルボトムですが、
    プライスアクションJAPANの読者の方は、
    一歩先のプライスアクションを読めるように なっていただきたいのです。

    重要なのは、

    くまひげ先生のプライスアクション教室:
    78%反転◆FX特有のローソク足分析を極めるには!
    ●モーニング・スター(Morning Star)編(Vol.020)

    ローソク足パターンを診る『一歩進んだ考え方のコツ』とは・・・


    明けの明星・モーニングスター

    もうおわかりだと思うが、そう、 ハンマー(ピンバー) である。


    Morning Star(モーニング・スター)は、厳密に判断する場合、


    FXにおいては、慣れていないと、見分けるのが難しいケースも多く、
    Morning Star(モーニング・スター)として判断せずに、


    日本のローソク足分析では、「明けの明星」というパターンである。


    しかし、このパターンは有効性が高いため、
    ギャップが開かない形状での独特のパターンと
    前述の「50%以上」というルール を、
    是非、覚えておいていただきたい。


    しかし、このパターンがマーケットのボトム付近で出現した場合は、
    確率が高い場合が多く、前述の研究、S&P500インデックスに含まれる株式10年分、
    500万本のデータにおいての検証の結果は、
    78%反転するというデータ がある(日足)ため、
    FXでのパターンも、覚えておいていただきたい。

    あなたの日々のトレードの上達のために

    マジックボックスFX2+特別戦略室入室権利は、
    少数人数制限の特別特典になりますので、
    ご希望の方は、この機会にご利用ください。

    【テク】 ダブルボトム TDK---ダブルボトムが意識されリバウンドのタイミングを探る展開に

    TDK <日足> 「株探」多機能チャートより

    TDK 3750 +40
    小じっかり。3月に入り支持線として機能していた25日、75日線割れ以降は調整の動きを強め、1月下旬につけた安値水準まで下落した。ただし、その後は直近安値水準での下げ渋りも見られており、ダブルボトムが意識されてきた。長期的には昨年8月以降のボトム圏までの調整を経て、リバウンドのタイミングを探る展開に。ボリンジャーバンドでは-2σを下回っており、売られ過ぎが意識されている。
    《FA》

    • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─株式市場は上がりたがっている! (03/13)
    • ・【杉村富生の短期相場観測】 ダブルボトム ─波乱相場での投資戦術(有効な作戦)とは? (03/13)
    • ・雨宮京子氏【3月期末目前、不透明感募る株式市場を読む】(2) <相場観特集> (03/14)
    • ・エネルギー価格高騰、「省エネ」関連株がスポットライト浴びる <株探トップ.. (03/14)
    • ・3月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト50 「東証1部」編 <割安株特集> (03/12)
    • ・個人投資家・有限亭玉介:ウクライナ情勢悪化の中で注目される銘柄.. (03/13)
    • ・上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第3弾〕 <成長株特集> (03/13)
    • ・【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 個別に材料・テーマ性ある銘柄に資金は.. (03/12)
    • ・天空のイノベーション、高速浮上するドローン関連株に勝機あり <株探トップ.. (03/12)ダブルボトム
    • ・クリーンエネルギーの切り札、「水素・アンモニア」関連の新主役を追え <株探.. (03/10)

    株探からのお知らせ

    • P会員限定!7月6日武者陵司氏セミナー開催
    • 見逃し配信中!株探プレミアムセミナー

    お気に入りがいっぱいです!
    もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
    初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
    ※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
    ※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

    このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
    登録もしくは削除する機能となっております。
    お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
    無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

    • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月1日発表分)
    • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月3日版
    • 最高益【復活】銘柄リスト〔第2弾〕31社選出 <成長株特集>
    • エネルギー危機到来、「原発再稼働のシナリオ」で爆騰テーマに乗る株 ダブルボトム <株探トップ特集>
    • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─絶不調から這い上がる"ダブルボトム 復活企業"に注目!
    • 【杉村富生の短期相場観測】 ─肝要なのは変化の予兆を見逃さないこと!
    • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月1日現在)
    • 10万円以下で買える、大幅増益&低PER 32社【スタンダード】編 <割安株特集>

    人気ニュース【ベスト5】

    • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月1日発表分)
    • 最高益【復活】銘柄リスト〔第2弾〕31社選出 <成長株特集>
    • 【杉村富生の短期相場観測】 ─肝要なのは変化の予兆を見逃さないこと!
    • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─絶不調から這い上がる"復活企業"に注目!
    • エネルギー危機到来、「原発再稼働のシナリオ」で爆騰テーマに乗る株 <株探トップ特集>

    お薦めコラム・特集

    • 最高益【復活】銘柄リスト〔第2弾〕31社選出 <成長株特集>
    • エネルギー危機到来、「原発再稼働のシナリオ」で爆騰テーマに乗る株 <株探トップ特集>
    • トレンド追随【パラボリック陽転】低PER 11社選出 <テクニカル特集> 7月1日版
    • 10万円以下で買える、大幅増益&低PER 32社【スタンダード】編 <割安株特集>
    • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月3日版

    ■関連サイト ※外部リンク

    当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

    株価チャートの天井と底でよく出るパターン

    p40.jpg

    なお、ダブルトップ型や、この後に出てくるヘッドアンドショルダー型で、押し目の株価から水平に引いた線のことを「ネックライン」(Neck Line)と呼びます。

    ●ヘッドアンドショルダー型
    「ヘッドアンドショルダー型」は、株価が3回天井を打って下がりだす形です。頭(Head)と両肩(Shoulder)に形が似ていることから、この名があります。両肩の株価は、ほぼ同じになることが普通です。日本では「三尊天井」(さんぞんてんじょう)とも呼びます。ヘッドアンドショルダー型は、次のような状況で起こります。

    p41.jpg

    ●ダブルトップ型/ヘッドアンドショルダー型が出たときの売りポイント
    ダブルトップ型やヘッドアンドショルダー型が出て、株価がネックラインを割り込むと、そのあとは下落トレンドになることが多くなります。したがって、株価がネックラインを割り込んだところが売りのポイントになります(売りポイント①)。

    p42.jpg

    また、ネックラインを割り込んだあと、株価がいったん戻ることもありますが、その戻りはネックライン付近でとどまることが普通です。もし、ネックラインを割った直後に売り損ねた場合は、その戻りの時点で確実に売っておくようにします(売りポイント②)。

    ●ダブルトップ型の例
    それでは、ダブルトップ型の例を1つあげておきましょう。次の図は、グンゼの週足チャートです。これを見ると、2004年4月と6月に570円前後で2回天井をつけています。また、480円付近にはネックラインができています。

    p43.jpg

    株取引で株価が底を打つときのパターン

    ●ダブルボトム型/逆ヘッドアンドショルダー型の意味
    ダブルボトム型はダブルトップ型の逆で、底を2回打ったあとに上昇トレンドに入る形です。
    一方の逆ヘッドアンドショルダー型はヘッドアンドショルダー型の逆で、底を3回打ったあとに上昇トレンドに入ります。日本では「三尊底」(さんぞんぞこ)、あるいは「逆三尊型」(ぎやくさんぞんがた)とも呼びます。

    ●ダブルボトム型/逆ヘッドアンドショルダー型の買いポイント
    いずれの場合も、株価がネックラインを超えたところが買いのポイントになります。また、ネックラインを超えたあとで、株価がいったん下がって押し目をつけることがありますが、その押し目はネックライン付近になることが一般的です。もし、ネックラインを超えた直後に買いそびれていたなら、その押し目で買うようにします。

    ●ダブルボトム型の例
    次の図は、新日本製鍛の週足チャートです。これを見ると、2002年8月頃から2003年6月頃にかけて、ダブルボトム型ができていることが分かります。そして、ネックラインを上回ったあとは、株価は順調に伸びていることが分かります。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる