バイナリーオプション攻略

MT4でトレイリング

MT4でトレイリング

MT4でトレイリング

太字1
太字2
斜体1
斜体2
打ち消し線
++下線付きテキスト++

==マークテキスト== 19^th^ H~2~O (c) (C) (r) (R) (tm) (TM) (p) (P) +- :wink: :laughing: :yum: :cry: :MT4でトレイリング -) :-( 8-) ;)

==リスト(箇条書き)== リストの作成は先頭に `+` `-` または`*`で始めることによってリストを作成できます + サブリストは2スペースのインデントで作成できます - または、マークアップの文字を変更することでもサブリストを作成できます + GogoJungle + 投資家の英知をすべての人に。 + とても簡単です!

リスト(箇条書き)
リストの作成は先頭に
+ - または * で始めることによってリストを作成できます

  • サブリストは2スペースのインデントで作成できます
    - MT4でトレイリング または、マークアップの文字を変更することでもサブリストを作成できます
    + GogoJungle
    + 投資家の英知をすべての人に。
  • とても簡単です!
  1. GogoJungle LABO
  2. EA(自動売買)
  3. インジケーター

==テーブル== | 名前 | 説明 | | ------ | ----------- | | MT4でトレイリング EA(自動売買) | MT4で利用可能な自動売買ソフトウェア | | インジケーター | 売買サイン、発注補助、各種通知機能などのツール |

名前 説明
EA(自動売買) MT4で利用可能な自動売買ソフトウェア
インジケーター 売買サイン、発注補助、各種通知機能などのツール

==テーブル(カラムを右寄せ)== | 名前 | 説明 | | ------:| -----------:| | EA(自動売買) | MT4で利用可能な自動売買ソフトウェア| | インジケーター | 売買サイン、発注補助、各種通知機能などのツール |

MT4デモ口座を使って学ぶ!MT4国内おすすめ3社の使い方ガイド

MT4デモ口座を使って学ぶ!MT4国内おすすめ3社の使い方ガイド

トレーダーたちが結果を出してきたEAも紹介され、無料のものから有料でも優秀な結果を出すEAまでさまざまな種類があります。そのため専門知識が無く最初から自分でEA作るのは難しいと思う方でもEAを使ってトレードに活用することができます。ただし種類が多いため最初はどんなEAを使えば良いのかと迷ってしまう方も多いと思います。そこでMT4の「EA」の中でも、 MT4でトレイリング 人気のEAを使った取引方法をいくつか紹介 したいと思います。

コツコツ利益を積み重ねて稼ぐなら「EARLY PHOENIX」

「EARLY PHOENIX」は利益を積み上げていくタイプのEA です。早朝の値動きに合わせてスキャルピングを行うという仕組みになっています。

10年以上前から稼働しているものの、未だに効果があるという、まさに『不死鳥』のよう。8通貨に対応しており、バックテストで提示された利益率も中々のものです。無料で使えるEAとしては破格の性能なので、一度お試しになってみてはいかがでしょう?
※利用にあたって、申込条件があります。

損小利大で安全に稼ぎたい「Marmot V4 ew – USDJPY スイング」

「Marmot V4 ew – USDJPY スイング」は昨今の EA界隈では珍しいスイング形式でデイトレードを行う仕組みのEA です。

複数の時間軸で、複数の『移動平均線』を使って、トレンドを解析した後に移動平均線がクロスしたタイミングでエントリーするという、ゆっくりとした動き。
トレンドに乗っていく順張りスタイルのため、トレード回数は少なめになるものの、スキャルピングEAで勝てないときには使ってみるのも手かもしれません。勝率は低めですが、負けるときの金額は少ないという優秀なEAです。
※利用にあたって、申込条件があります。

低コスト!無料で使える損失限定型「RSIlogic3」

「RSIlogic3」は、テクニカル指標のRSIと移動平均線を利用してエントリータイミングを見極めるEA です。リスクをさらに下げるために発注量を自分で調整することができるのもありがたいですね。

ユーロドルはトレンド通りに動くことが多いので、この二つが効果的になっています。バックテストにおける勝率は驚異の90%超え!

FX会社が最新のMT5ではなく、MT4を用意している理由

MT5よりもMT4が採用されている理由としては、まずMT4で利用されている多くのカスタムインジケーターや自動売買プログラムであるEAがMT5で使えないことが考えられます。

MT4はなぜFX初心者から人気があるのか

「MT4」は使いやすさと自由度がかなり高いので初心者にも分かりやすく人気 です。しかもMT4採用業者を利用して、MT4の使い方だけを覚えていれば、他の業者に移ったとしても、使い方が同じなので新しく取引方法を覚える必要がありません。特にテクニカル分析派の人にはこのMT4がかなりオススメです。

iPhoneやAndroid用のアプリもあるので、出先やパソコンがない状態でもポジションや価格をチェックすることができるので便利です。初心者でも使いやすいように初期設定はされているものの、そこから自分の使いやすいようにカスタマイズしていくことができるので、 自分だけのオリジナルチャート画面を作るのもその魅力の1つ です。また、世の中に出回っているテクニカルツールも無料でインストールして使うことが可能なので、自分が気に入ったテクニカルツールを利用することができます。

色々と魅力がある「MT4」ですが、 MT4でトレイリング 最大の魅力は先ほどチラッと出てきた「EA」(Expert Advisor)を使って自動売買ができるという点 です。自動売買なら24時間相場を見張っていなくても、自分が寝ている間でもトレードしてくれるのでFX初心者はもちろんのこと、忙しくてチャートを確認する時間がないとう方にもオススメです。

Exnessの取引プラットフォーム MT4/MT5

device

Exness(エクスネス)で提供しているMT4(MetaTrader4)/MT5(MetaTrader5)は、MetaQuotes Software社によって開発されたFX専用の取引プラットフォームです。MT4/MT5ともに、Windows OS版、MacOS版、Android版、iOS版のアプリケーションをご用意しております。また、「MetaTraderウェブターミナル」はアプリケーションのインストールの必要がなく、ウェブ上でPC版MT4/MT5とほぼ同様の機能をご利用頂くことが可能です。

MT4の特徴 高度なカスタマイズ性と豊富な機能を搭載

EA(自動売買)の多様性

種類豊富なインジケーター

様々な注文方法に対応

Exness(エクスネス)のMT4は、トレードのあらゆるニーズに対応した様々な注文方法を搭載しています。「成行注文(Market Orde)」「指値注文(Limit Order)」「逆指値注文(Stop Order)」はもちろん、設定した値幅で自動的に指値・逆指値注文の価格を変更する「トレイリングストップ」も搭載しています。また、ボタン一つで発注が可能なワンクリック注文や、ドラック&ドロップでチャート上から直感的に決済指値・決済逆指値の発注・変更も可能となっております。

理想的な分析環境を実現

全銘柄を1つの取引ツールで

各種デバイスに対応

Exness(エクスネス)のMT4/MT5は、PC・スマートフォン・タブレットなどのあらゆる端末に対応しています。PC版アプリケーションはWindowsとMac OSに、モバイル版アプリケーションはiOSとAndroidに対応しており、いずれも簡単な手順でインストールして頂くことが可能です。また、インストール不要でブラウザ上からお取引頂けるExness Web Trader(ウェブトレーダー)もご用意しておりますので、お客様の取引環境に合わせて柔軟に使い分けて頂けます。

MT5の特徴 新機能でより緻密なトレード戦略が可能に

64bitのОSに最適化

強化されたチャート分析機能

ストラテジーテスターの強化

インジケーターを追加搭載

チャート表示機能の追加

新たな注文機能を搭載

ウェブトレーダー ブラウザ上でいつでも快適に取引

ブラウザ上でいつでも快適に取引

ダウンロード Windows版、Mac版、モバイル版アプリを提供

MetaTrader for Windows OS

MetaTrader for Windows OS

Windows 搭載PC 対応アプリ

MetaTrader for Mac OS

Mac OS 搭載PC 対応アプリ

MetaTrader for iPhone/iPad

Apple社製 Mobile 対応アプリ

MetaTrader for Android

AndroidOS 搭載 Mobile 対応アプリ

MetaTrader for Web

Exness MT4/MT5に関連するご質問(FAQ)

Exness(エクスネス)で提供しているMetaTrader4(MT4)/ MetaTrader5(MT5)は、下記ページよりダウンロード可能です。Windows OS版、Mac OS版、Android版、iOS版をご用意しておりますので、様々なデバイスからご利用頂けます。

Nymstar Limited社はセイシェル共和国で「8423606-1」の登録番号で登録され、「SD025」のライセンス番号で金融庁(FSA)の承認を受けた証券会社です。登記上の事業所住所は「F20, MT4でトレイリング 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles」です。Nymstar Limited社は、Exnessブランドおよび商標を使用することを正式に認可されています。
Vlerizo (Pty) Ltdは南アフリカ金融業界行為監督機構(FSCA)により、金融サービスプロバイダー(FSP)として登録番号「2020/234138/07」およびFSP番号「51024」にて認可されています。

所在地:F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles

金融商品取扱許可:金融商品取扱許可:セーシェル金融庁 FSA (Seychelles Financial Services Agency) Registration No.SD025

このサイト(Exness 新規口座開設プロモーション)は、Exness社(Nymstar Limited)からキャンペーンを委託された、PLUS INVESTMENT CORP.により運営されています。

MT4デモ口座を使って学ぶ!MT4国内おすすめ3社の使い方ガイド

MT4デモ口座を使って学ぶ!MT4国内おすすめ3社の使い方ガイド

トレーダーたちが結果を出してきたEAも紹介され、無料のものから有料でも優秀な結果を出すEAまでさまざまな種類があります。そのため専門知識が無く最初から自分でEA作るのは難しいと思う方でもEAを使ってトレードに活用することができます。ただし種類が多いため最初はどんなEAを使えば良いのかと迷ってしまう方も多いと思います。そこでMT4の「EA」の中でも、 人気のEAを使った取引方法をいくつか紹介 したいと思います。

コツコツ利益を積み重ねて稼ぐなら「EARLY PHOENIX」

「EARLY PHOENIX」は利益を積み上げていくタイプのEA です。早朝の値動きに合わせてスキャルピングを行うという仕組みになっています。

10年以上前から稼働しているものの、未だに効果があるという、まさに『不死鳥』のよう。8通貨に対応しており、バックテストで提示された利益率も中々のものです。無料で使えるEAとしては破格の性能なので、一度お試しになってみてはいかがでしょう?
※利用にあたって、申込条件があります。

損小利大で安全に稼ぎたい「Marmot V4 ew – USDJPY スイング」

「Marmot V4 ew – USDJPY スイング」は昨今の EA界隈では珍しいスイング形式でデイトレードを行う仕組みのEA です。

複数の時間軸で、複数の『移動平均線』を使って、トレンドを解析した後に移動平均線がクロスしたタイミングでエントリーするという、ゆっくりとした動き。
トレンドに乗っていく順張りスタイルのため、トレード回数は少なめになるものの、スキャルピングEAで勝てないときには使ってみるのも手かもしれません。勝率は低めですが、負けるときの金額は少ないという優秀なEAです。
※利用にあたって、申込条件があります。

低コスト!無料で使える損失限定型「RSIlogic3」

「RSIlogic3」は、テクニカル指標のRSIと移動平均線を利用してエントリータイミングを見極めるEA です。リスクをさらに下げるために発注量を自分で調整することができるのもありがたいですね。

ユーロドルはトレンド通りに動くことが多いので、この二つが効果的になっています。バックテストにおける勝率は驚異の90%超え!

FX会社が最新のMT5ではなく、MT4を用意している理由

MT5よりもMT4が採用されている理由としては、まずMT4で利用されている多くのカスタムインジケーターや自動売買プログラムであるEAがMT5で使えないことが考えられます。

MT4はなぜFX初心者から人気があるのか

「MT4」は使いやすさと自由度がかなり高いので初心者にも分かりやすく人気 です。しかもMT4採用業者を利用して、MT4の使い方だけを覚えていれば、他の業者に移ったとしても、使い方が同じなので新しく取引方法を覚える必要がありません。特にテクニカル分析派の人にはこのMT4がかなりオススメです。

iPhoneやAndroid用のアプリもあるので、出先やパソコンがない状態でもポジションや価格をチェックすることができるので便利です。初心者でも使いやすいように初期設定はされているものの、そこから自分の使いやすいようにカスタマイズしていくことができるので、 自分だけのオリジナルチャート画面を作るのもその魅力の1つ です。また、世の中に出回っているテクニカルツールも無料でインストールして使うことが可能なので、自分が気に入ったテクニカルツールを利用することができます。

色々と魅力がある「MT4」ですが、 最大の魅力は先ほどチラッと出てきた「EA」(Expert Advisor)を使って自動売買ができるという点 です。自動売買なら24時間相場を見張っていなくても、自分が寝ている間でもトレードしてくれるのでFX初心者はもちろんのこと、忙しくてチャートを確認する時間がないとう方にもオススメです。

MT4でトレイリング

オーダーの発注画面の見方

MT4でトレイリング MT4でトレイリング
1 通貨ペア 選択した銘柄が表示されています。また、右側の「▼」をクリックするとプルダウンから他の銘柄を選ぶことができます。
2 数量 取引数量の入力欄です。プルダウンから選択、または任意で入力することもできます。(MT4の取引単位はLotとなりますのでご注意ください)
3 決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P) 注文と同時に、任意で決済注文を出すこともできます。その場合は決済したい価格を入力してください。
4 コメント注文に対して、任意でコメントを残すことができます。
5 注文種別 注文の種類が表示されています。プルダウンから指値注文に変更することもできます。
6 成行売り、成行買い 成行で売り注文をする場合は「成行売り」、買い注文をする場合は「成行買い」をクリックします。

指値/逆指値注文

注文種別は4種類あります

MT4でトレイリング MT4でトレイリング
Buy Limit(買い指値注文) 注文時のレートよりも低い買いレートを指定します
Sell Limit(売り指値注文) 注文時のレートよりも高い売りレートを指定します
Buy Stop(買い逆指値注文) 注文時のレートよりも高い買いレートを指定します
Sell Stop(売り逆指値注文) 注文時のレートよりも低い売りレートを指定します

ワンクリック注文

  1. 取引したい銘柄のチャート上で右クリック→「ワンクリックトレード」をクリックすると、チャート上にレートパネルが表示されます。
  2. レートパネルの中央に取引数量を入力します。両側にある「▲」「▼」をクリックすると取引数量を変更することができます。直接入力することも可能です。なお、取引数量はLotとなります。
  3. 「Sell」または「Buy」レートの部分をクリックすると注文することができます。

トレイリング・ストップ

  1. MetaTrader4下部のターミナル画面から「取引」をクリックします。
  2. 決済したい建玉を右クリック→「トレイリング・ストップ」を選択すると、15~50ポイントの幅でトレール幅を選択することができます。「カスタム設定」から任意の数値を入力して設定することもできます。

トレイリング・ストップ使用時のご注意

  • MetaTrader4では、1ポイント=0.1pipsとなりますので、デフォルト最低値の15ポイントは1.5pipsです。
  • トレイリング・ストップは、決済の逆指値注文のレートがある一定の値幅で追従していく注文方法です。逆指値注文(STOP注文)は別途設定する必要があります。
  • トレイリング・ストップは、MetaTrader4の起動時のみ有効です。ログオフ時はトレールされず、最後に変更された逆指値注文が有効となりますのでご注意ください。

成行注文、指値/逆指値注文

  1. 取引銘柄
    タップすると取引対象となる銘柄を選択できます。
  2. 注文種別
    成行注文をはじめ5種類の注文が可能です。
  3. 取引数量 (単位:Lot)詳しくはこちら
  4. ストップロス設定 (損切り)
  5. テイクプロフィット設定 (利食い)
  6. 成行売り新規注文
  7. 成行買い新規注文

※ 6 または 7 をタップすると即時で発注されます。

MT4でトレイリング
名称 概要
成行注文 レートを指定せずに注文します
Buy Limit(買い指値注文) 注文時のレートよりも低い買いレートを指定します
Sell Limit(売り指値注文) 注文時のレートよりも高い売りレートを指定します
Buy Stop(買い逆指値注文) 注文時のレートよりも高い買いレートを指定します
Sell Stop(売り逆指値注文) 注文時のレートよりも低い売りレートを指定します
ストップロス(S/L、決済逆指値) 新規買い注文の場合は注文時のレートよりも低い売りレート、新規売り注文の場合は注文時のレートよりも高い買いレートを決済レートとして指定します
テイクプロフィット(T/P、決済指値) 新規買い注文の場合は注文時のレートよりも高い売りレート、新規売り注文の場合は注文時のレートよりも低い買いレートを決済レートとして指定します

トレード画面上の決済対象ポジションを長押しして「 1 クローズ」をタップする

決済対象ポジションを左にスワイプして「 2 チェックマーク」をタップする

決済レートの変更

トレード画面上の決済対象ポジションを長押しして「 1 注文変更」をタップする

決済対象ポジションを左にスワイプして「 2 鉛筆マーク」をタップする

3 ストップロス、テイクプロフィットのレートを指定して「 4 注文変更」をタップすると変更が完了し、指定のレートに到達すると決済されます。(決済指値/決済逆指値)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる