FXのやり方始め方

FXはギャンブルなのか

FXはギャンブルなのか

前提として、FX業者は運営者ではないとの観点から、FXはギャンブルではないことを説明しました。
しかし、それではなぜFXはギャンブルだとの誤認が生まれるのでしょうか。
以下6つが理由ですので、それぞれ詳しく解説します。

FXは投資かギャンブルか?素人と専門家の考え方の違いを比較

資産すべてをFXに使ってしまうと冷静な判断が不可能になるので必ず避けるべきです。
FXを行う上で必須なのは判断力です。時には損失を受け入れる判断が必要になる瞬間が訪れますが、すべての資産を使ってしまっていた場合は判断が鈍ってしまいます。FX口座の残高がそのまま自分の資産額になるので、それが減少していくことは想像以上に神経をすり減らしてしまいます。
また、大きな損失を出した時に全資産を使っていた場合は追加証拠金を入金することができないためそのまま取引終了となるでしょう。

【注目】多くのトレーダーに選ばれている人気&実力お墨付きのFX会社

FXで今より稼ぎたいと思っているけど 「なかなか思うような成果が出ない」 と悩んでいませんか…?

世間の人はFXをどう考えているか

FXにしろパチンコにしろ競馬にしろ、共通するのはみな 「勝てる法則を探す」 という点です。それが有効な手段かどうかは別として、お金を投資している以上は、ほぼ全員が資産を増やすためにやっているはずです。

FXのイメージが世間であまり良くない理由として、極論を言ってしまえば、FXは為替の動きが 「上がる」か「下がる」かの二択 です。つまり、FXをまったく知らない人がやった場合でも、 約半数の人は勝ててしまう のです(厳密にはスプレッドがあるので、マイナスになる人の方が少しだけ多い)。

「FXはギャンブルだ」という人の主張

ギャンブル派の意見 ✓ FXはギャンブル要素が強い
FXを2ヶ月ほどやりましたが、結局は相場の動きを読むことは誰にもできないんですよね。であるからには、結局ギャンブル要素が強いのかなというイメージです。株式投資はその会社の業績などで分析できますが、それとはちょっと別世界かなと思ってます。 ギャンブル派の意見 ✓ FXはギャンブルなのか 丁半バクチだと思います
知り合いでFXをやっている人は何人かいますけど、あまり肯定的な意見は聞かれません。サイコロを振るだけの丁半博打と同じ感覚でやっているという知人もいます。それを聞くと、自分もやってみようという気にはなかなかなれません。 ギャンブル派の意見 ✓ 投資とも言えますが…
FXを少しだけ勉強しましたが、途中で忙しくてやらなくなってしまいました。確かに相場を読むのは難しいですが、本気で勉強したらギャンブルではなくなるかなと思います。また機会があったら勉強し直して挑戦しようかなと思っています。

ギャンブル脳の人は注意が必要!

FXで負けている多くの人は、ギャンブル脳の人です。ここまで粘れば逆転できるだろう!とお金を突っ込んでしまいます。

「FXはギャンブルではない」という人の主張

ギャンブルではない派の意見 ✓ FXはギャンブルなのか 主婦の私にもできる簡単な投資です
株式投資は会社の数が多くて、どの銘柄を選べばいいかまったく解りませんが、FXは通貨の数が限られているので難しくありません。プロのデイトレーダーみたいに、何台ものモニターと向き合う必要もないので、主婦の私でも簡単にできます。 ギャンブルではない派の意見 ✓ ギャンブル要素ゼロで難しくない
FX歴は3年になりますが、ギャンブルだなんて感じたことは1度もありません。最初の頃は思うように勝てなかった時期もありましたが、単純に自分が勉強不足だっただけですね。
相場を動かしているのは世界中の誰かですし、チャートの法則だって覚えれば難しくありません。 ギャンブルではない派の意見 ✓ FXは両替だからギャンブルではない
感情にまかせて取引をする人にとってギャンブルでしょうね。私も昔はそうでした。負けると熱くなって、結果的に大損して、その時は「なんて効率の悪いギャンブルなんだ!」と思いました。
でも、よくよく考えたら違うんです。自分でルールを決めて、社会の動きを把握して、当てはまった時だけ取引をする。もちろん資金管理もきちんとする。こうすることで、投資に変わります。パチンコ屋さんはお店が儲かる仕組みですが、FXはそれとは違うと思います。

FXはギャンブルなのか?ギャンブルではないと言える2つの理由とは?

勝ち負け

LINE

送る

みなさんはFXと聞くと、どんなイメージを持っていますか?

など、危険なイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?

結論をお伝えすると、 FXはギャンブルではなく「投資」の1つ です。

この記事では、FXはギャンブルではないと言える理由やギャンブルと思われている理由を解説していきます。

FXはギャンブルではないと言える2つの理由

理由

FXはギャンブルではなく、 投資の1つ です。

じゃあFXとギャンブルは何が違うの?」と気になる方が多いと思います。

ここでは、 FXとギャンブルの特徴FXはギャンブルではないと言える2つの理由 を解説します。

1.FXには胴元がいない

FXはギャンブルではないと言える1つ目の理由は、「 FXには胴元がいない 」ということです。

胴元は、参加費や勝ち負けで発生する報酬なども決めており、ギャンブルでは胴元が勝つような仕組みになっています。

そのため、ギャンブルで勝つには運の要素が強いです。

しかし、 為替相場での価格上昇や下落は、証券会社が決めているわけではないので胴元は存在しません。

為替相場の価格は、「買い」を入れる人が多ければ価格は上がり、「売り」を入れる人が多ければ価格が下がる仕組みなので、価格の値動きの裏側には、投資家たちの心理状況が反映されています。

このことから、FXはギャンブルとは別物と言えるでしょう。

2.FXは自分次第で勝率を高めることができる

FXはギャンブルではないと言える2つ目の理由は、「 FXは自分次第で勝率を高めることができる 」ということです。

一般的なギャンブルに宝くじや競馬などがありますが、宝くじは運で勝敗が決まり、競馬は騎手と馬によって決まるので、基本的に自分以外の要素で結果が決まります。

しかし、FXは相場にリアルタイムで参加している投資家たちのトレードによって、価格の値動きが決まります。

FXで分析を積み重ねていくと、価格の値動きや勝つためのコツを捉えることができるようになるので、 自分自身の努力次第で勝率を高めることができます。

このことからも、FXとギャンブルは違うと言えるでしょう。

FXはギャンブルと思われている2つの理由

理由

ここまで、FXはギャンブルではない理由を説明してきましたが、ここでは「なぜFXはギャンブルと思われているのか?2つの理由を解説します。

1.FXで大儲けや大損している人がいる

FXはギャンブルと思われている1つ目の理由は「 FXで大儲けや大損している人がいるから 」です。

FXでは、少ない資金でもレバレッジをかけることで、資金以上の大きな金額で取引することができます。

日本のFX会社では、最大25倍のレバレッジをかけることができますが、このレバレッジをかけ過ぎてしまうと、その分、損失が増えるリスクも高くなります。

この仕組みを活用することで、 一瞬で大儲けする人や大損をする人がいるので、「FXはギャンブル」と思われている のです。

2.為替相場の値動きを予測するのが難しい

FXはギャンブルと思われている2つ目の理由は「 為替相場の値動きを予測するのが難しいから 」です。

【注意】FXはギャンブルなのか?初心者が陥りがちなギャンブルトレードを卒業する方法を解説

結論、FXはギャンブルではありません。
FXは「外国為替証拠金取引」のことを指します。世の中には日本円、米ドル、ポンド…など様々な通貨があり、それらの通貨は毎日価格が変動しています。
簡単に説明してしまえば、通貨の価格が上がるのか下がるのかを推測するのがFXの醍醐味ですから、FXはギャンブルだと考えてしまうのは仕方がないことです。
まず、この記事ではなぜFXはギャンブルと同じだと言われるのかをわかりやすく説明します。
しかしその前に、そもそもFXとギャンブルが明確に違うということは押さえておきましょう。

そもそも:FXとギャンブルの違い

実は、FXとギャンブルとの明確な違いは胴元がいるか否かです。胴元とは、ギャンブルにおいて勝敗のルールを決定し、勝敗の際の報酬も全てを決める人のことを指します。一言でいうと運営です。
例えば、カジノであれば、大まかなルールは同じであっても、いつお金をベットするのかなどの細かいルールは各カジノによって決まります。そもそもカジノを休みにするのか、開くのかを決めるのもカジノの会社です。
しかし、FXは違います。
FX会社はあくまでも、利用者の注文をインターバンク市場に繋いでいるだけで、 実際にインターバンク市場を運営しているわけではありません。
このため、前提時点でFX会社とギャンブルとは異なるといえます。

FXとギャンブルはなぜ同じだと言われるのか


前提として、FX業者は運営者ではないとの観点から、FXはギャンブルではないことを説明しました。
しかし、それではなぜFXはギャンブルだとの誤認が生まれるのでしょうか。
以下6つが理由ですので、それぞれ詳しく解説します。

  1. レバレッジで元本以上の金額を賭けられるから
  2. FXは社会に価値を生んでいないから
  3. 借金をしたり破産している人もいるから
  4. ゼロサムゲームで必ず損している人がいるから
  5. 上がるか下がるかの丁半博打だから
  6. 他の投資手法と比べるとリスクが高いから

①レバレッジで元本以上の金額を賭けられるから

FXがギャンブルと混同されてしまう理由の一つに、レバレッジで元本以上の金額を賭けられるからという理由があります。
ギャンブルとの共通点は、賭けた以上の金額が戻ってくるという可能性がある点です。
例えば、レバレッジ25倍でトレードをすると、元本が10万円しかなくても、まるで10万円×25倍の250万円を使ってトレードをしているような大きな金額でFXのトレードをすることができます。
このようなレバレッジのシステムのために、 ハイリスク・ハイリターンなのがFXだと認識されてしまっている のがギャンブルといわれる理由です。
しかし、実際のところはFXはレバレッジを調整できますので、例えば元本の金額そのままでトレードをすることも可能です。
また、レバレッジはあくまでも少ない資金での効率性を上げるための一つの手段しかありません。有効活用すれば、投資効果を高めることのできるツールなのです。

②FXは社会に価値を生んでいないから

FXもギャンブルも社会に価値を生んでいないからという意見もあります。
FXは「外国為替証拠金取引」です。もう少し簡単に説明すると、外貨のポジションを持つことです。
ただ外貨を持っているだけと考えてしまうとFXは社会に価値を生んでいないと考えられてしまうかもしれません。
しかし、FXは外貨の流動性を高めています。なぜなら通貨の価値は、需要と供給によって決まっているからです。
通貨は、大勢の人がその通貨を所持していればいるほど値動きの変動が小さいです。
仮に、通貨の流動性が極端に小さくなってしまうと、ある大量保有者がその通貨を両替しただけで一気に金額が変化してしまう可能性があります。
このようなリスク回避に対し、 FXは「通貨の流動性」の観点から貢献している といえます。

③借金をしたり破産している人もいるから

もちろんFXにより借金を抱えたり、破産をしたりする人もいます。これはギャンブルと似ている要素の一つです。
しかし、そもそも借金をしたり、破産したりしてしまうのは、投資は余剰資金の範囲内でという鉄則を守れていないのが原因でもあります。この原則はFXのみならず、株式投資、投資信託などの投資でも同様といえます。
まず、 初心者が投資をする際には必ず余剰資金から始めること をおすすめします。
併せて、FXで大切なのは感情的なトレードをしないことです。感情的になってしまうと、本来は使ってはいけないお金にまで手を出してしまう危険性もあります。
こうした事態を避けるためには、トレードのルールを自分で決めることが大切です。トレードにルールを作る重要性については後述します。

④ゼロサムゲームで必ず損している人がいるから

ギャンブルも投資も儲かっていれば損をする人もいるゼロサムゲームというのもギャンブルと誤認されてしまう一つの理由です。
ゼロサムゲームとは、参加者の利益と損失を総合すると0になってしまうということです。 基本的にFXは、ゼロサムゲームが成り立っていると考えて良いでしょう。
誰かが得をした100万円は、誰かの損した100万円であることは間違いないからです。
一方で、FXには金融機関や個人投資家も参入します。また国が新規で通貨を発行することもあるので、厳密にはどこまでをゼロサムルールに含めるかで変わってきます。

⑤上がるか下がるかの丁半博打だから

FXは通貨の価格が上がるか下がるかの丁半博打だからギャンブルと変わらないとの意見もあります。
確かに、FXは通貨の価格が上がるか下がるのかを予想するのが重要です。
しかし、その上がるか下がるかを長期的に見るのか、短期的に見るのかによってもトレードの仕方は変わってきます。また、 FXの経験を積み重ねることで確度を上げることもできます。
例えば、今後価格が上がるか、下がるかについてはテクニカル分析やファンダメンタル分析があり、これらを極めることでその精度を向上させることができます。
博打とは、偶然の成功のことを指します。自身の経験・知識の向上によって勝率を上げることができるFXは一概には博打とはいえません。

⑥他の投資手法と比べるとリスクが高いから

他の投資手法と比べるとリスクが高いのもFXがギャンブルだと誤認される理由です。
FXは手軽に始めることができ、レバレッジで資金効率を上げることができます。これがリスクが高いといわれる所以です。
しかし、よく比較される仮想通貨よりかはボラリティは低いこと。また、株式投資などでもレバレッジに似ている信用取引があることを考えると、 必ずしもFXが他の手法よりもリスクが高いとはいえないことがわかります。

FX投資からギャンブル性を排除するためのポイント


それでは、FX投資からギャンブル性を排除して、安定した投資にするためにはどうすればいいのでしょうか。
ギャンブル性を排除するためには、リスクをコントロールすることが大切です。 FXはギャンブルなのか
以下ギャンブル性を排除するためのポイントを5点紹介します。

  1. 投資ルールを決めて守る
  2. 感情的なギャンブルトレードをしない
  3. 常に学び根拠を持って取引する
  4. でもトレード→小額トレードと段階を踏んでいく
  5. ナンピンは避ける

①投資ルールを決めて守る

まずは投資ルールを決めてFXをすることが最も大切です。
投資ルールとしては、エントリーポイント、損切りライン、利益確定ライン、資金管理、目標を設定を確定させることが重要です。 FXはギャンブルなのか
この中で特に重要なのが、 損切りラインを決めておく ことです。
損切りとは、「ここまで損をしたら取引をやめる」という損をしてでも取引を一時的にストップさせることをいいます。 FXはギャンブルなのか
感情で毎回ラインを変更させてしまうと、ずるずると損が大きくなってしまう危険性があります。負けているポジションを持ち続けると精神的に疲弊してしまいますので、ここで必ず切るというラインを決めておくようにしましょう。

②感情的なギャンブルトレードをしない

感情的なギャンブルトレードをしない FXはギャンブルなのか ことも大切です。
ギャンブルトレードとは、何となく上がるだろう、下がるだろうと判断してトレードをすることです。取引の際には、チャートがこの形になっているから入るなど自分なりの根拠を持ってトレードをするようにしましょう。
自分なりの根拠を立ててトレードをする癖をつけなければいつまでも感覚に頼ったギャンブルトレードから抜け出すことはできません。

③常に学び根拠を持って取引する

FXを始めると、初めは知らないことだらけです。
ボリンジャーズバンド、レジスタンスラインなど様々なチャートの判定基準がありますが、 大切なことは少しずつ学んでいく姿勢を持つことです。 成功と失敗を積み重ね、少しずつ学んでいかなければFXはいつまで経っても感覚になってしまいます。
何から学び始めればいいかわからないという方は、まずはテクニカル分析の本を買ってチャートの分析から始めてみることをおすすめします。
常に自分なりの根拠を持って取引をすることで、なぜ今回は誤っていたのかの答え合わせをし、トレーダーとしての腕を上げることが可能です。

④デモトレード→少額トレードと段階を踏んでいく

まずはデモトレードから始めること をおすすめします。デモトレードでは、実際にお金は入れないでトレードの練習をすることができます。
でもトレードでいくら儲けても得をすることはありませんが、もちろん損をすることもありません。そのため、失敗を恐れずにトレードの実践練習をすることができます。 FXはギャンブルなのか
また、デモトレードを行うメリットは、本番と同じ環境でトレードができることにあります。実際にチャートを見て、ツールを使ってトレードの練習をすることで、本番にすぐに活かすことが可能です。
初めてのFX会社を利用する際にも、操作方法を知るためにデモトレードを利用することもできます。

⑤ナンピンは避ける

初めのうちは ナンピンを避けるようにしましょう。
ナンピンとは、評価損が出ている状態で新たにポジションを増やし、通貨の平均コストを下げることをいいます。
例えば、110円で10,000米ドルを購入したとします。しかし、110円→105円になってしまった状況を考えてみましょう。
購入した際は、110万円で購入した米ドルの価値は現在105万円になっているため、損が5万円でています。ここで±0の状態に持っていくためには、米ドルが110円まで戻る必要があります。
しかし105円の状態で新たに10,000米ドル買い増せば、110万円+105万円 / 20,000米ドル FXはギャンブルなのか = 107.5円となるため、米ドルは107.5円まで価格が戻れば±0の状態になるため平均コストが下がったといえます。
しかし、逆にさらに価格が下がってしまうと今以上に損が出てしまうのもナンピンのリスクです。
ナンピンはとても高度な手法であり、よりFXをハイリスクにしてしまう可能性があるので、初心のうちはナンピンはしないようにしましょう。

デモトレードができるFX口座


DMM FX

    最短1時間で取引スタート
  • キャンペーンで最大20万円キャッシュバック中
  • サポート体制も万全なので初心者にもおすすめ

DMM FXは口座開設が即日できるFX会社です。
「FXをさっそく始めたい」と思っても、口座開設までに時間がかかったり、口座開設自体の手続きが煩雑だったりすると、FXの口座開設をするのをためらってしまいます。
FX会社のほとんどは口座開設に2~3日の審査を要求される場合が多いのですが、DMM FXであれば問題ありません。最短即日で口座開設ができるからです。
すぐに口座開設ができる のはDMM FXならではの特徴といえます。
デモ口座/トレードも無料で行うことができるので、まずは実際のお金ではなくて仮想空間でトレードを行いたい!という方にもおすすめの口座になっています。
[

GMOクリック証券

  • 総合力が高くて使いやすい
  • スキャルピングにも対応
  • キャンペーンで最大3万円キャッシュバック中

総合力が高くて使いやすいといえばGMOクリック証券です。
例えば、GMOクリック証券の取引ツール「発注君FXプラス」を使えば1クリックで注文を確定させることもできますし、「プラチナチャート」では各種テクニカル分析にも対応しています。このため、 FXはギャンブルなのか わざわざ別画面で他の取引ツールを確認しながらFXをするといった手間がなくなる のがGMOクリック証券を利用するメリットです。
この他にも、他のFX会社では禁止されていることの多いスキャルピングにも対応しているため、スキャルピングでのトレーディングを検討している方にもおすすめできるのがGMOクリック証券です。

外為どっとコム

  • 外為どっとコムは注文方法が豊富
  • 注文ツールが初心者でもわかりやすい
  • セミナーや教育コンテンツが充実している

初心者におすすめされるのが、外為どっとコムです。外為どっとコムは2002年に設立されてからは今までFX業を一筋で運営してきた会社です。
FX業を一筋で営んできたこともあり、特にFXのセミナーや教育には力を入れているのが特徴です。外為どっとコムでは、初心者向けのFXコンテンツが豊富に取り揃えられており、 FXの基本的な仕組みや実際の取引の仕方までを初心者目線で学びながら実際の取引に活かすことができます。
このため、FXの基本的な考え方から、実際の取引方法を学びながら取引をしていきたいと考えている方にはぴったりのFX会社といえます。
また、注文方法がいくつも用意されているため、ご自身にあった注文方法を利用できるのもメリットです。例えば、OCO注文という注文方法を利用すれば、いくらまで上がったら利益を確定し、いくらまで下がってしまったら損切りをするという細かい設定を決められます。

少額トレードができるFX口座


  • 取引通貨が業界最小の1通貨単位から
  • スプレッドは業界最狭水準
  • レバレッジは4つのコースから任意に選べる

最小通貨単位が10,000通貨単位からというFX会社が多い中で、松井証券では 業界最小の1単位からFX取引を始めることができます。
単位数が大きくなってしまうということは、それだけ初期投資コストが大きくなってしまうことを示します。例えば、最小通貨単位が10,000単位の場合、1米ドル100円だとしても1,000,000円の初期投資が必要です。
もちろんレバレッジで調整することも可能ですが、初心者にとってはリスクの回避が優先されることが多いため、最小通貨単位が低い松井証券はメリットが大きいといえます。
また、レバレッジは1倍、5倍、10倍、25倍の4つのコースから任意に選ぶことができます。
通常は証拠金と売買額によって自動的に決まるケースが多く、この乖離がロスカットを生み出す原因です。
このため、わかりやすいレバレッジが整えられているのもメリットといえます。

みんなのFX

  • みんなのFXは最小取引単位が1,000通貨なので、少額から始めやすい
  • 最短1時間で口座開設できる
  • キャンペーンで最大50,000円キャッシュバック中

みんなのFXは最小取引単位が1,000通貨なので小額から始めやすいのが特徴です。
最小取引単位が10,000単位からのFX会社が多い中で、最小取引単位が1,000単位からということは、それだけ初期投資コストが小さく抑えられるということです。松井証券の最小取引単位が1単位〜には及びませんが、それでも初心者にとってリスクを低くできるのはメリットと言えます。
また、 最短一時間で口座開設ができる のも大きなメリットです。
口座の開設にあたっては、運転免許証とマイナンバーカードが揃っていれば最短一時間後から取引ができます。
「相場が良くなってきたのですぐにFXを始めたい」という方は口座開設でストレスなく取引を始められるためメリットは大きいといえるでしょう。
他にも取引ツールが充実しており、「みんなのオプション」では最短2分後の為替レートが目標より上がるか下がるかを予想するアプリケーションなども利用ができます。
このため、自身で実際に価格が上がるか下がるかを予想し、みんなのオプションで比較をしてみたり、実際の2分後の相場と答えあわせをしたりして予測の精度を上げることができます。
初心者にとって使いやすい取引ツールが入っているのは魅力的です。

外貨ex byGMO

  • GMOインターネットグループ会社が運営
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 高水準のスワップポイント

外貨ex byGMO取引は1,000通貨単位からできます。
GMOインターネットグループ会社として事業を営んでいるため、安心して利用できるメリットもあり、しっかりとしたFX会社の元で安心してトレードを行いたい方にはとてもおすすめできます。
スプレッドは業界最狭水準でムダな費用が発生せず、効率よく取引できます。
また外貨ex byGMOでは、 レバレッジに応じて1倍、10倍、25倍と3つのコースが用意 されています。
低いレバレッジを選択することで、万が一のロスカットを避けることができるのは初心者にとっては安心です。
また、会員になると、「ファイナンススタジアム」、「会員限定のFXレポート」が見れます。
今はFXの使い方や考え方は十分ではないが、今後は勉強しながらFXの理解を深めていきたいという方にはおすすめできます。

まとめ:「ギャンブルか否か」よりもリスクをいかに排除するかが大事


本記事では、以下3点についてわかりやすく説明しました。

結局のところ、FXにギャンブル性を付け足してしまうのは、ハイリスクな取引方法です。
「FXはギャンブルか否か」という問いよりも大切なのは、FXからリスクを排除すること です。
実際にFXをはじめる際はまずはデモトレードから始めることを心がけてみましょう。

FXってギャンブルなんですよね?【結論:ギャンブルではない】

FX初心者向け

結論から言うと、FXはギャンブルではありません。

  • FXって結局ギャンブルなんじゃないの?
  • FXとギャンブルってどう違うの?

そもそもギャンブルとは何か?

1.胴元(主催者)がいて、かつ胴元が全てのルールを決めている

などがありますが、 これらには必ず胴元(主催者)がいて、かつ胴元が全てのルールを決めています。

2.胴元(主催者)が必ず儲かるようになっている

当たり前ですが、運営している主催者が必ず利益を得られる仕組みになっているのがギャンブルです。

パチンコ:約20兆円
カジノ:約10兆円
競馬:約3兆5,800億円
競艇:約1兆5,300億円
宝くじ:約8,000億円
競輪:約6,600億円
スポーツくじTOTO:約940億円
オートレース:約740億円

「売上 FXはギャンブルなのか ー 当たった人達の賞金の合計 = 利益」

つまり、常に胴元(主催者)側が勝ち続けているという訳です。

このように運営している主催者が必ず利益を得られる仕組みになっているのがギャンブルと言えます。

3.還元率が低い

これは、1万円で馬券を買った瞬間に、その馬券は7,500円に目減りしているということを意味しています。

競馬は年間約3兆5,800億円の売上がありますが、この中から賞金に回る額は75%分の約2兆6,850億円だけです。

差額の約9,000億円はJRAと国の収入となります。

1位:カジノ(90〜95%)
2位:パチンコ(80〜85%)
3位:競馬(約75%)
3位:競艇(約75%)
3位:競輪(約75%)
6位:オートレース(約70%)
7位:宝くじ(46.9%)

そのギャンブルに賭けたお金に対して、戻ってくる「見込みの金額」の平均値を表したもの。

▼1万円賭けた場合の各ギャンブルの期待値

ギャンブルの種類還元率1万円賭けた場合の期待値
カジノ90~95%9,000~9,500円
パチンコ80~85%8,000~8,500円
競馬約75%7,500円
競艇約75%7,500円
競輪約75%7,500円
オートレース約70%7,000円
宝くじ46.9%4,690円

4.勝負する時に確固たる根拠がなく一か八かの賭けみたいな感じになっている(運の要素が強い)

一般的にギャンブルと言えば、確固たる根拠が何もなく一か八かでその物事に賭けることを指します。

このように、 その勝負に成功するかどうかも全く分からないのにも関わらず、当たって砕けろ的な精神で丁半博打のように一か八かで賭けることをギャンブルと言います。

FXってギャンブルなんですよね?【結論:ギャンブルではない】

FX初心者向け

結論から言うと、FXはギャンブルではありません。

    FXはギャンブルなのか
  • FXって結局ギャンブルなんじゃないの?
  • FXとギャンブルってどう違うの?

そもそもギャンブルとは何か?

1.胴元(主催者)がいて、かつ胴元が全てのルールを決めている

などがありますが、 これらには必ず胴元(主催者)がいて、かつ胴元が全てのルールを決めています。

2.胴元(主催者)が必ず儲かるようになっている

当たり前ですが、運営している主催者が必ず利益を得られる仕組みになっているのがギャンブルです。

パチンコ:約20兆円
カジノ:約10兆円
競馬:約3兆5,800億円
競艇:約1兆5,300億円
宝くじ:約8,000億円
競輪:約6,600億円
スポーツくじTOTO:約940億円
オートレース:約740億円

「売上 ー 当たった人達の賞金の合計 = 利益」

つまり、常に胴元(主催者)側が勝ち続けているという訳です。

このように運営している主催者が必ず利益を得られる仕組みになっているのがギャンブルと言えます。

3.FXはギャンブルなのか FXはギャンブルなのか FXはギャンブルなのか 還元率が低い

これは、1万円で馬券を買った瞬間に、その馬券は7,500円に目減りしているということを意味しています。

競馬は年間約3兆5,800億円の売上がありますが、この中から賞金に回る額は75%分の約2兆6,850億円だけです。

差額の約9,000億円はJRAと国の収入となります。

1位:カジノ(90〜95%)
2位:パチンコ(80〜85%)
3位:競馬(約75%)
3位:競艇(約75%)
3位:競輪(約75%)
6位:オートレース(約70%)
7位:宝くじ(46.9%)

そのギャンブルに賭けたお金に対して、戻ってくる「見込みの金額」の平均値を表したもの。

▼1万円賭けた場合の各ギャンブルの期待値

ギャンブルの種類還元率1万円賭けた場合の期待値
カジノ90~95%9,000~9,500円
パチンコ80~85%8,000~8,500円
競馬約75%7,500円
競艇約75%7,500円
競輪約75%7,500円
オートレース約70%7,000円
宝くじ46.9%4,690円

4.勝負する時に確固たる根拠がなく一か八かの賭けみたいな感じになっている(運の要素が強い)

一般的にギャンブルと言えば、確固たる根拠が何もなく一か八かでその物事に賭けることを指します。

このように、 その勝負に成功するかどうかも全く分からないのにも関わらず、当たって砕けろ的な精神で丁半博打のように一か八かで賭けることをギャンブルと言います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる