FX初心者向け

意味や指値注文との違いを解説

意味や指値注文との違いを解説
家三郎

【初心者向け】FXのレバレッジとは?計算方法とリスクの抑え方を解説

一方で、高すぎるレバレッジでの取引は、大きな損失が出るリスクも高まります。
FX会社に預けている証拠金では補えない損失が出た場合、トレーダーはその分を追加で支払わなければならず、場合によっては投資した金額以上の損失が発生する可能性があります。
リスクを抑えるためにも、FX取引に慣れないうちは低いレバレッジ倍率で取引する方が安心です。
詳しくは本記事の「5.レバレッジのリスクを抑えて取引するための4つのポイント」で紹介します。

2.レバレッジ倍率の計算方法

レバレッジ倍率は、「取引数量」、「為替レート」、「証拠金(口座資金)」の3つから算出されます。
(「取引数量」は、取引する通貨量のことです)

レバレッジ倍率の計算式

【例1】取引数量が異なる場合(証拠金が100,000円の場合)

取引数量が異なる場合(証拠金が100,000円の場合)

【例2】証拠金が異なる場合(取引数量が5,000ドルの場合)

証拠金が異なる場合(取引数量が5,000ドルの場合)

OANDA証券の証拠金・損益シミュレーション

全取引におけるレバレッジ倍率を表す「実効レバレッジ倍率」

FX取引では、同時に複数の取引をおこなうことが多いです。
複数の取引で確認しておきたいのは、「全取引金額におけるレバレッジ倍率がどうなっているか」です。
この「全取引金額におけるレバレッジ倍率」を「実効レバレッジ倍率」といいます。

実行レバレッジ倍率

つまり、1回の取引のレバレッジ倍率が低くても、複数の取引をおこなうと、トータルで見たレバレッジ倍率(実効レバレッジ倍率)は高くなるのです。

多くのFX会社では、取引ツールに「実効レバレッジ倍率」を表示していますが、一部のFX会社では「1回の取引でのレバレッジ倍率」を表示しています。
いつの間にかハイレバレッジになっていることを避けるためにも、1回の取引におけるレバレッジ倍率ではなく、実効レバレッジ倍率を確認しましょう。

3.レバレッジを使う2つのメリット

  • 1.少額の元手で取引できる
  • 2.資金効率を高められる

【メリット1】
少額の資金で取引できる

記事前半で、レバレッジをかけると証拠金の最大25倍の金額で取引できるとお伝えしました。
これは言い換えると、取引額の「25分の1」の資金(証拠金)があれば取引可能ということです。
たとえば、100万円分の取引をする場合、最低限必要な資金は25分の1の40,意味や指値注文との違いを解説 000円で可能です。

意味や指値注文との違いを解説
売買する量 最低限必要な資金(必要証拠金)
100万円分のドル 40,000円
50万円分のドル 20,000円
10万円分のドル 4,000円

この1回の取引で最低限必要な資金を「必要証拠金」といいます。

【メリット2】
資金効率を高められる

レバレッジを使った取引の最大のメリットは、取引に成功すれば少ない元手で大きな利益を出せるため、資金効率がよいことです。

レバレッジは資金効率を高められる

4.レバレッジを使う3つのデメリット

  • 1.損失が大きくなる
  • 2.ロスカットが発動し、意図せぬタイミングで決済される
  • 3.追加証拠金が発生する

【デメリット1】
損失が大きくなる

【デメリット2】
ロスカットが発動し、意図せぬタイミングで決済される

「ロスカット」とは、取引による損失が発生し、証拠金が一定水準以下となったタイミングで、全取引を強制決済する仕組みです。
トレーダーがFX会社に預けた資金以上の損失を出さないために取り入れられています。
一方、 意味や指値注文との違いを解説 予告なく全取引が強制決済されるため、意図しないタイミングで損失や利益が確定するというリスクがあります。

【デメリット3】
追加証拠金が発生する

口座資金の残高が必要証拠金を下回った場合、FX会社によってはロスカットではなく 「追加証拠金」の支払いを求める 場合もあります。

追加証拠金が発生する

上記の例では数万円の追加証拠金の支払いにとどまっていますが、 急激な為替レートの変動などにより、数十万~数百万円の追加証拠金の支払いが発生する場合もあるのです。

5.レバレッジのリスクを抑えて取引するための4つのポイント

大前提として、FX取引は、余剰資金、つまり生活に影響の出ないお金でおこないましょう。
そのうえで、FX取引のリスクを抑えるための、4つのポイントを紹介します。

  • 1.低いレバレッジ倍率で取引をする
  • 2.証拠金に余裕を持つ
  • 3.取引数量を多くしすぎない
  • 4.「損切り(ストップロス)」を適切なタイミングでおこなう

【ポイント1】
低いレバレッジ倍率で取引をする

取引に慣れていない間は、まずは低いレバレッジ倍率で取引しましょう。
最初から高いレバレッジで取引を始めると、 「大きな利益が得られる」と考え、取引金額や売買のタイミングなどについて冷静に判断できなくなる ことがあります。
利益や損失を確定すべきタイミングで売買ができないと、損失も大きくなりやすいです。

【ポイント2】
証拠金(口座資金)に余裕を持つ

【メリット1】で少しふれたように、 必要証拠金に対してギリギリの口座資金(証拠金)で取引をすると、少しの損失が出ただけで追加証拠金の支払いが発生します。

上記は極端な例ですが、このように少しの損失でロスカットや追加証拠金の支払いが生じるのを防ぐために、口座資金(証拠金)は必要証拠金よりも多めに入れて余裕をもたせましょう。

【ポイント3】
取引数量を多くしすぎない

2章で解説したように、1つの口座で同時に複数の取引をおこなうと、取引数量が大きくなり、口座全体でのレバレッジ倍率(実効レバレッジ倍率)が高まります。
「もっと大きな利益を得たい」という気持ちから取引数量を増やすと、知らぬ間に高いレバレッジで取引をおこなっている ということも起こりえます。
その結果、デメリットで説明したようなロスカットや追加証拠金といったリスクを背負いやすくなるのです。

とくに取引に慣れていないうちは、実効レバレッジ倍率を確認しながら、取引数量が多すぎないかを常にチェックするとよいでしょう。

【ポイント4】
「損切り(ストップロス)」を適切なタイミングでおこなう

相場格言の一つに、「見切り千両、損切り千両」という言葉があります。
この言葉は、すでに損失が出ている取引は、損失が小さいうちに見切りをつけて手仕舞うほうが、総じて利益につながるという意味です。
買い注文後に値下がりし、「相場が戻るはずだ」と粘って損切りしなかった結果、どんどん損失が膨らむことは珍しくありません。
そして、レバレッジをかけた取引の場合、その損失が増えるスピードも早くなります。

より大きな損失を出さないためには、自分が許容できる損失額に応じて「ルールを決め、そのルールに従うのが重要です。
「1回の取引で何%の損失額が出たら損切りをする」といった具体的なルールを決めた方が、損切りを迷いにくくなります。

しかし、実際には損切りを迷うことも多々あります。
もし自分で損切りできる自信がない場合は、「逆指値注文(ストップ注文)」を使って、自分で決めたルールをもとに損切りの価格を設定し、自動で損切りするのがおすすめです。

1通貨から取引できるOANDA証券の「ベーシックコース」

そのような方は、小額から取引できるFX会社を選ぶのがオススメです。
OANDA証券の「ベーシックコース」では、1通貨から取引が可能です。
そのため、初めてFX取引をする方でも、少額から始めて徐々に慣れることができます。

【仮想通貨FX】逆指値(条件付き注文)とは?基本的な使い方・注文方法・メリット・デメリットを紹介

【最新】Bybit(バイビット)は手数料最安!?BitgetとBinanceとの比較・それぞれの特徴も紹介 今回の記事では、Bybitの取引手数料について大手Bitget・Binanceと比較しながら解説していきたいと思います。 Byb.

③相場によっては利用する方がリスク

今回紹介した以外にも損失限定条件付き利食い狙い利益確定レンジ抜けの買い・売りなど逆指値の利用パターンは他にもあります。

逆指値の補足

  • 逆指値の場合の利確・損切りとは?
  • 逆指値が利用できない取引所は?
  • 指値注文と逆指値の違いは?

逆指値の場合の利確・損切りとは?

逆指値を リスクヘッジとして使う際 に利確・損切という言葉がでてきます。

それは、上の画像の 意味や指値注文との違いを解説 AさんBさんが同じ結果 になることを利用しています。

Aさんは60,000$に利食注文を入れました。
Bさんは60,000$に売りの指値注文を入れました。

60,000$に到達したのでAさんは利確。
10,000$の利益確定。

Bさんは売りの注文が入り両建ての状態になります。
▶両建てのポジションを持った時点で10,000$の利益が確定しています。

つまり、AさんとBさんは注文方法は違いますが同様の決済を行っていることになります。
(両建てができない取引所の場合はBさんの取引は自動的にAさんの取引と同様になります)

OCO注文は2つの決済注文が同時にできる!実際のやり方とデメリット・おすすめしないケースを解説

OCO注文

OCO注文の仕組み

出典:SBI FXトレード

OCO注文をすることで、新規注文時や、すでにポジションを持っているタイミングで2種類の決済注文をすることが出来ます。

逆指値注文にも対応

  • 指値注文:指定した価格以下で買い/指定した価格以上で売り
  • 逆指値注文:指定した価格以下で売り/指定した価格以上で買い

IFD注文・IFO注文との違い

  • OCO注文:指定された値で自動的に決済される
  • IFD注文:指定された値で自動的に注文される
  • 意味や指値注文との違いを解説
  • IFO注文:指定された値で自動的に注文・決済される

この際、利確か損切りの一方しか出来ないのが難点です。

  • 1ドル110円で決済(利確)
  • 1ドル105円になったら決済(損切り)

IFO注文は、新規注文と決済のタイミングが自動で設定できる、IFD注文とOCO注文のいい所どりの注文方法です。

OCO注文のメリット

OCO注文のメリット

有効なリスクコントロールになる

利益確定と損失確定のポイントを事前に決めておくことで、利益を深追いせず、かつ塩漬け状態にならない状況を作り出すことができます。

コツコツ利益を積み上げられる

エントリー中でも注文を出せる

前述した3つの注文方法のうち、新規以外でも注文を出せるのはOCO注文のみです。

OCO注文のデメリット

トレンド中にも決済される

予想外の相場下では修正が必要

レートとかけ離れた値を設定すると注文が削除される

利益を追い求めたい気持ちは分かりますが、相場が設定した値まで到達しないと注文は不成立となり、無かったことになってしまいます。

逆指値注文でスリッページのリスクがある

スリッページとは、注文地点と約定地点の価格にズレが生じる現象のことで、相場の急変時にスリッページが起こると、ロスカットなどのリスクが大幅に増えてしまいます。

  • 指値注文:指値に達したタイミングで約定
  • 逆指値注文に達したタイミングで成行注文→約定

OCO注文とIFD注文・IFO注文は結局どれがおすすめ?

OCO注文・IFD注文・IFO注文の比較

高利益を狙うならIFD注文がおすすめ

利確が下手な人はOCO注文・IFO注文がおすすめ

OCO注文は万能な注文方法ではないので注意

OCO注文を使いこなせるかどうかは、トレーダー自身がタイミングや値幅をいかに決めるかが重要になります。

FXの注文方法はなにがあるのか解説

IFO注文

IFD注文

指値注文・逆指値注文とは

RANKING

trayaout

  • 当サイト限定53,000円キャッシュバック
  • 収益率160%超
  • FX取引高世界一
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
  • 最大30万円キャッシュバック
  • 最短即日取引

外為オンライン

gaitame

  • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
  • 15万円キャッシュバック

Category

【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

【画面付・株の買い方/各種注文方法】楽天証券で株取引をしよう!セット・逆指値・「逆指値付・通常」(OCO・ツイン指値)注文する方法をわかりやすく解説。

楽天証券での株の買い方・注文方法をわかりやすく解説。セット注文・逆指値・逆指値付通常注文(OCO・ツイン指値)

信太郎

【完全版・楽天証券の全てを解説】コレだけ読めば万事解決!全てのメリットを余さず享受しよう。

しかし、株式投資を始めたばかりの初心者の方の中には、「まだまだ慣れておらず、取引の方法がわからない」

楽天証券で国内株式購入画面までアクセスする方法

まずは、株式銘柄の「購入画面」に移るまでの画面遷移を見ていきましょう。

楽天証券にログインして、「国内株式」→ 「注文」→ 意味や指値注文との違いを解説 「検索画面」に検索したい銘柄の名前を記載します。

以下では、例として「トヨタ自動車」を入力しています。

楽天証券株式購入画面への遷移

会社名を入力して、右横の「検索ボタン」を押すと以下の画面に遷移します。

購入画面への推移

「通常注文」での「現物買い」(通常・逆指値付き通常・逆指値)

まずは基本の「通常」注文から見ていきます。

以下は「現物買」の注文画面です。

楽天証券の通常注文

◆ 項目ジャンプ:

①:注文画面選択画面

②:市場の選択とSOR設定

市場の選択

楽天証券の東証とJNXとChi-Xの取引時間

家三郎

③:数量の選択

④:(意味や指値注文との違いを解説 最重要) 価格〜成行注文と指値注文〜

まずは簡単な「成行注文」です。

「成行注文」は、まさに「その時の株価」で購入を確定するという手法です。

家三郎

株式市場が開場する「午前9時時点」(東証選択の場合)の最初の価格で注文が執行されます。

次に、「指値注文」です。

指値注文」は、購入したい株式銘柄の、現在の株価より低い、「自分が買いたい価格」となった時に買い注文を発生させます。

現在の株価が6700円」だとすると、例えば「6500円で指値を設定」します。

【基本「株」用語・基礎知識】株式投資初心者が取引を始める上で最低限知っておくべきこと。

次に、「執行条件」です。

「執行条件」は、上記の指値を設定する時に、「指値の条件を継続する時間」を指定できます。

  • 寄付(右のカレンダーで指定した日付の株式市場の開場時まで)
  • 引け(右のカレンダーで指定した日付の株式市場の閉場時まで)
  • 不成(注文中の指値注文が約定しなかった場合、引け時点で成行注文となる)
  • 大引不成(注文中の指値注文が約定しなかった場合、大引け時点で成行注文となる)

上記の「不成注文」では、11時半の前場の終了までに注文が出された場合は、前場の引けで成行注文となります。

大引不成」であれば、15時の後場の引け時点で成行注文が執行されます。

楽天証券買い注文の中の執行条件

⑥:口座の種類

特定口座(源泉徴収あり・なし)と一般口座の違いとは?メリット・デメリットを含めてわかりやすく解説!

⑦:セット注文(売り)

楽天証券では「買い注文」を設定すると同時に「買い注文」が執行された後の「売却」の注文も可能です。

秀次郎

楽天証券のセット注文画面

  • 買い注文が発動してから注文条件が発動される。
  • 注文は逆指値ではなく、通常注文なので、買い注文価格より上でないと設定できない。

セット売り注文の仕組み

利益確定売り注文」はできますが、「損切りによる損失確定注文」はできないことを念頭に置いておきましょう。

家三郎

◆ 項目ジャンプ:

逆指値注文

次にタブの3つ目にある「逆指値注文」です。

逆指値注文画面

  • 買い注文であれば、ある価格(株価)以上になったら仕方なく購入する
  • 売り注文であれば、ある価格(株価)以下になったら仕方なく売却する

秀次郎

例えば、まずは「買い注文」を例に説明します。

現在の株価が6,700円」の場合、通常は「6700円以下」(安くなったら)購入したいと考えます。

従い、現在の株価6,700円より低い価格になった場合に、「指値」で買い注文が執行する価格で指定します。

しかし、「逆指値」の場合は、ある価格以上に株価が上昇した場合に、株を購入するように指示をします。

現在の株価が6,700円」の場合に、「逆指値」は「6700円以上」(高い)の値を指定することができます。

例えば「7000円」で「逆指値」を入れると、「7000円を超えた場合」に買い注文が執行されます。

秀次郎

逆指値の図解

逆指値注文」については基本的には「損切り注文」として使用されることがあります。

しかし、「新規の買い注文」の場合は別の使用用途として使用することができます。

秀次郎

「購入して、すでに保有している銘柄の価格がまだまだ上がりそう。」

「追加購入したいな。だけど、勢いがある銘柄なので現在の株価水準からはあまり下がって来ないかもしれない。」

「株価が上昇基調になったら、株価も思いっきり上抜けしそうだな」

「ある一定以上の水準まで、株価が上昇したら追加購入することにしよう」

秀次郎

以下のように、注文画面では、「市場価格が○○○円以上 or 以下」なら通常注文を「指値 or 成行」で執行する。

逆指値注文画面

まずはわかりやすい「以上」の設定から説明したいと思います。

例えば、現在価格が「6756円」なので、「7,000円以上」に株価が上昇した時に成行で注文 (以下図内①)

【初心者向け】FXのレバレッジとは?計算方法とリスクの抑え方を解説

一方で、高すぎるレバレッジでの取引は、大きな損失が出るリスクも高まります。
FX会社に預けている証拠金では補えない損失が出た場合、トレーダーはその分を追加で支払わなければならず、場合によっては投資した金額以上の損失が発生する可能性があります。
リスクを抑えるためにも、FX取引に慣れないうちは低いレバレッジ倍率で取引する方が安心です。
詳しくは本記事の「5.レバレッジのリスクを抑えて取引するための4つのポイント」で紹介します。

2.レバレッジ倍率の計算方法

レバレッジ倍率は、「取引数量」、「為替レート」、「証拠金(口座資金)」の3つから算出されます。
(「取引数量」は、取引する通貨量のことです)

レバレッジ倍率の計算式

【例1】取引数量が異なる場合(証拠金が100,000円の場合)

取引数量が異なる場合(証拠金が100,000円の場合)

【例2】証拠金が異なる場合(取引数量が5,000ドルの場合)

証拠金が異なる場合(取引数量が5,000ドルの場合)

OANDA証券の証拠金・損益シミュレーション

全取引におけるレバレッジ倍率を表す「実効レバレッジ倍率」

FX取引では、同時に複数の取引をおこなうことが多いです。
複数の取引で確認しておきたいのは、「全取引金額におけるレバレッジ倍率がどうなっているか」です。
この「全取引金額におけるレバレッジ倍率」を「実効レバレッジ倍率」といいます。

実行レバレッジ倍率

つまり、1回の取引のレバレッジ倍率が低くても、複数の取引をおこなうと、トータルで見たレバレッジ倍率(実効レバレッジ倍率)は高くなるのです。

多くのFX会社では、取引ツールに「実効レバレッジ倍率」を表示していますが、一部のFX会社では「1回の取引でのレバレッジ倍率」を表示しています。
いつの間にかハイレバレッジになっていることを避けるためにも、1回の取引におけるレバレッジ倍率ではなく、実効レバレッジ倍率を確認しましょう。

3.レバレッジを使う2つのメリット

  • 1.少額の元手で取引できる
  • 2.資金効率を高められる

【メリット1】
少額の資金で取引できる

記事前半で、レバレッジをかけると証拠金の最大25倍の金額で取引できるとお伝えしました。
これは言い換えると、取引額の「25分の1」の資金(証拠金)があれば取引可能ということです。
たとえば、100万円分の取引をする場合、最低限必要な資金は25分の1の40,000円で可能です。

売買する量 最低限必要な資金(必要証拠金)
100万円分のドル 40,000円
50万円分のドル 20,000円
10万円分のドル 4,000円

この1回の取引で最低限必要な資金を「必要証拠金」といいます。

【メリット2】
資金効率を高められる

レバレッジを使った取引の最大のメリットは、取引に成功すれば少ない元手で大きな利益を出せるため、資金効率がよいことです。

レバレッジは資金効率を高められる

4.レバレッジを使う3つのデメリット

  • 1.損失が大きくなる
  • 2.ロスカットが発動し、意図せぬタイミングで決済される
  • 3.追加証拠金が発生する

【デメリット1】
損失が大きくなる

【デメリット2】
ロスカットが発動し、意図せぬタイミングで決済される

「ロスカット」とは、取引による損失が発生し、証拠金が一定水準以下となったタイミングで、全取引を強制決済する仕組みです。
トレーダーがFX会社に預けた資金以上の損失を出さないために取り入れられています。
一方、 予告なく全取引が強制決済されるため、意図しないタイミングで損失や利益が確定するというリスクがあります。

【デメリット3】
追加証拠金が発生する

口座資金の残高が必要証拠金を下回った場合、FX会社によってはロスカットではなく 「追加証拠金」の支払いを求める 場合もあります。

追加証拠金が発生する

上記の例では数万円の追加証拠金の支払いにとどまっていますが、 急激な為替レートの変動などにより、数十万~数百万円の追加証拠金の支払いが発生する場合もあるのです。

5.レバレッジのリスクを抑えて取引するための4つのポイント

大前提として、FX取引は、余剰資金、つまり生活に影響の出ないお金でおこないましょう。
そのうえで、FX取引のリスクを抑えるための、4つのポイントを紹介します。

  • 1.低いレバレッジ倍率で取引をする
  • 2.証拠金に余裕を持つ
  • 3.取引数量を多くしすぎない
  • 4.「損切り(ストップロス)」を適切なタイミングでおこなう

【ポイント1】
低いレバレッジ倍率で取引をする

取引に慣れていない間は、まずは低いレバレッジ倍率で取引しましょう。
最初から高いレバレッジで取引を始めると、 「大きな利益が得られる」と考え、取引金額や売買のタイミングなどについて冷静に判断できなくなる ことがあります。
利益や損失を確定すべきタイミングで売買ができないと、損失も大きくなりやすいです。

【ポイント2】
証拠金(口座資金)に余裕を持つ

【メリット1】で少しふれたように、 必要証拠金に対してギリギリの口座資金(証拠金)で取引をすると、少しの損失が出ただけで追加証拠金の支払いが発生します。

上記は極端な例ですが、このように少しの損失でロスカットや追加証拠金の支払いが生じるのを防ぐために、口座資金(証拠金)は必要証拠金よりも多めに入れて余裕をもたせましょう。

【ポイント3】
取引数量を多くしすぎない

2章で解説したように、1つの口座で同時に複数の取引をおこなうと、取引数量が大きくなり、口座全体でのレバレッジ倍率(実効レバレッジ倍率)が高まります。
「もっと大きな利益を得たい」という気持ちから取引数量を増やすと、知らぬ間に高いレバレッジで取引をおこなっている ということも起こりえます。
その結果、デメリットで説明したようなロスカットや追加証拠金といったリスクを背負いやすくなるのです。

とくに取引に慣れていないうちは、実効レバレッジ倍率を確認しながら、取引数量が多すぎないかを常にチェックするとよいでしょう。

【ポイント4】
「損切り(ストップロス)」を適切なタイミングでおこなう

相場格言の一つに、「見切り千両、損切り千両」という言葉があります。
この言葉は、すでに損失が出ている取引は、損失が小さいうちに見切りをつけて手仕舞うほうが、総じて利益につながるという意味です。
買い注文後に値下がりし、「相場が戻るはずだ」と粘って損切りしなかった結果、どんどん損失が膨らむことは珍しくありません。
そして、レバレッジをかけた取引の場合、その損失が増えるスピードも早くなります。

より大きな損失を出さないためには、自分が許容できる損失額に応じて「ルールを決め、そのルールに従うのが重要です。
「1回の取引で何%の損失額が出たら損切りをする」といった具体的なルールを決めた方が、損切りを迷いにくくなります。

しかし、実際には損切りを迷うことも多々あります。
もし自分で損切りできる自信がない場合は、「逆指値注文(ストップ注文)」を使って、自分で決めたルールをもとに損切りの価格を設定し、自動で損切りするのがおすすめです。

1通貨から取引できるOANDA証券の「ベーシックコース」

そのような方は、小額から取引できるFX会社を選ぶのがオススメです。
OANDA証券の「ベーシックコース」では、1通貨から取引が可能です。
そのため、初めてFX取引をする方でも、少額から始めて徐々に慣れることができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる