FX取引

サポートラインとレジスタンスライン

サポートラインとレジスタンスライン

サポートラインのベーシックなパターンはチャート上に水平に伸びるサポートラインです。

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【仮想通貨:ビットコイン】高値9160ドルからの下落…どこまで落ちるの?恐怖を支えるラインとは??

この記事のポイント

  • 支持線(サポートライン)8280ドル
  • 支持線を割ると次のステージ8000ドル、7700ドル、7600ドル
  • 上値は重そうなので8450ドルが抵抗線(レジスタンスライン)となりそう
  • 上昇は9160ドルを超えたのを確認してから
  • 買い遅れる事を今は意識しすぎないように注意する(狼狽売りの急落はまだ起こる可能性あり)

ちょっと余談話…よだばな

私は浸しみやすく 『仮想通貨』 と呼ばせてもらってるけど、金融庁としては 『暗号資産』 と呼ぶ事になっているのを皆は忘れてないかい??

いやね、この前たまたまお店で見てたNHKのニュースで普通に 『仮想通貨』 って言ってたのでね 。

いやいや、これはね仮想通貨は 『仮想通貨』 として流行った過去があり『通貨』という言葉がジャパニーズ円やUSドルのような通貨と同じように思われないように金融庁は 『資産』 と言う言葉で国民が勘違いしないように決めた呼び名なんだけどね、

『暗号資産』 って言葉に皆ついて来ないのなんのw

だから金融庁も 【暗号資産(仮想通貨)】 って()の中に仮想通貨って書いてる始末(…じゃあええやんけ)

そもそも 【仮想通貨】 の名で有名になったビットコインその他アルトコイン達は 【仮想通貨】 として流行ったのだから、

ゴールド相場見通し|FX/GOLD/XAUUSD/金価格|2022年7月6日チャート今後の予想


(参照:FRED)

具体的には、 雇用の状況であったり、企業ごとの決算/ガイダンス などです。

中期的には下目線優勢なテクニカル状況

4時間足ベースで見ると、グレーの中期レンジを下にブレイクして、 高値の切り下げを大きな波の単位で継続 していることがわかります。

短期的にはファンダメンタルの変数が多い

中長期の話をすると金価格の見通しは暗めでしたが、 短期的なお話をすると中立気味 となります。

こういったファンダメンタルの要素も週の後半には控えているので、 短期的には反発が1800ドル近くまで登ってくるのも想定の1つ として事前に認識しておくと良さそうです。

ゴールド相場(GOLD)_今後の注目ポイント

中期下降トレンドライン

1800ドルのレジスタンスエリア

1760ドルのサポートエリア

ゴールド(サポートラインとレジスタンスライン GOLD)の初トレードが不安な方へ

まず、 不安を感じることは大変良いこと です。
リスクを把握しようとする姿勢はトレードに欠かせません。

ボラティリティが高いゴールドでは、慣れない内に大きく損失を出す可能性があります。
急激な変動を見せるため、人によっては 1時間で資産をすべて溶かすケース も・・・

それを防ぐための 最低限の1意見 を書かせてください。

ゴールドのトレードなら海外業者の利用がおすすめ

ゴールドのトレードをするなら、海外業者のご利用を推奨いたします。
海外業者には ゼロカットシステム が採用されているためです。

FXを含め、CFD(差金決済取引)の際には レバレッジ をかけることが多いです。
レバレッジとは「入金額以上の金額規模でトレードを行うことができる仕組み」を指します。

レバレッジは諸刃の剣なので、100万円で1,000万円分の取引ができる反面、
100万円の資産でトレードしたにもかかわらず、1億円の負債を抱えるリスク もあります。

厳しい話をすると、 初心者であろうと投下資金以上の借金を抱える可能性 があります。

それを回避するのが海外業者採用のゼロカットシステムで、
「 投下資金以上の損失は計上しない仕組み 」となっております。

ゼロカットシステムによって、
最大損失は自分が入金した金額に限定しつつ、
勝ち分は無限に膨らませることができます。

それでも、「 海外 」という単語にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。

「よく分からない不安がある中で、海外業者も複数あるがどうすれば・・・」
という方には、 まずはXMという業者をおすすめいたします。

中には危険な海外業者も

逆に不安が全く無いというのは危険なので、
海外業者で起こり得る以下の事例 も紹介しておきます。

上記は私も相談を受けたことがありますが、
「よく分からないけどすごく条件が良かった」という理由のみで
口座開設をしてそうなったという内容がほとんどです。

ただでさえ金銭が動くトレードで、このような無駄な不安は取り除きたいと思います。
その観点では、「 海外業者に迷ったら最初はXM一択 」ぐらいで捉えておいても良いです。

私は ボーナスが充実している海外業者のGEMFOREX も活用していますが、
こちらは少し海外業者のトレードに慣れてからのほうがうまく活用できる印象です。

プロのFXチャート分析実践講座 「サポートラインとレジスタンスラインとは?サポートライン・レジスタンスラインで勝つための活用法」

サポートライン


サポートラインのベーシックなパターンはチャート上に水平に伸びるサポートラインです。

このサポートラインがトレンドが転換するかどうかの重要なポイントとして見ることができます。今後の相場予想において判断の目安になるのです。

レジスタンスライン

レジスタンスライン

上図チャートを見てもわかるように、レジスタンスラインにくるたびに価格は下に折り返していますね。レジスタンスラインは上昇トレンドが継続するのか、それともここで反転して下降トレンドに向かうのが重要なトレンド転換のポイントとなります。

レジスタンスライン・サポートラインの引き方

下降から上昇に転換した場所にサポートライン

下降から上昇に転換した場所にサポートライン

まずは、下降した相場が上昇に転換した場所に水平ラインを挿入してみます。後からいくらでも修正はできますので、だいたいの場所に引いておけば大丈夫です。この位置がサポートラインですね。

上昇から下降に転換した場所にレジスタンスライン

上昇から下降に転換した場所にレジスタンスライン

次に、相場が上昇に向かって今度は下がり始めた場所にレジスタンスラインを挿入します。これで、安値の目安となるサポートラインと高値の目安となるレジスタンスラインが挿入できました。

次の動きをサポートとレジスタンで読む

次の動きをサポートとレジスタンで読む

このチャートの場合はサポートライン付近で苦戦していますね。反発するのか下に下がるのか微妙なところです。そして、とうとうサポートラインを価格は下回りました

数か所の反転ポイントにラインを引いてみる

数か所の反転ポイントにラインを引いてみる

慣れてきたら、数か所の反転ポイントに水平ラインを入れてみて下さい。

時間足を変えてラインを数本入れてみる

週足を縮小してレジスタンス・サポートを挿入

週足を縮小してレジスタンス・サポートを挿入

そうすると、トレンドが下に向かうポイントや上に向かうポイントがいくつか出てきますので、どこが重要なラインになるのか探しやすいですよね。目立つ部分に何本がラインを引いておきます。これが週足ペースで見たトレンド転換のポイントです。

サポートラインとレジスタンスラインの見方・使い方

サポートラインとレジスタンスラインの見方・使い方

サポート・レジスタンスラインでエントリー

サポート・レジスタンスラインでエントリー

サポートラインに触れた後で、価格が確実に上に向かい始めたら「買いエントリー」です。このチャートでは、この後ですぐにレジスタンスラインが待っていますね。もし、ここで価格が下がり始めたら、もとのサポートラインまで下がる可能性がありますので「即損切り」です。

ここで、レジスタンスラインを確実に上に抜けたら、一気に価格が上に向かう可能性があります。このラインを目安に「買いエントリー」することもできます。

サポート・レジスタンスラインでエグジット

サポート・レジスタンスラインでエグジット

下に抜けるのを確認したら「売りエグジット」で利確です。下降トレンドが継続した後でサポートラインをさらに下に抜けました。下降トレンドがここから継続する可能性があります。このポイントで「売りエントリー」することも可能です。

ゴールド相場見通し|FX/GOLD/XAUUSD/金価格|2022年7月6日チャート今後の予想


(参照:FRED)

具体的には、 雇用の状況であったり、企業ごとの決算/ガイダンス サポートラインとレジスタンスライン などです。

中期的には下目線優勢なテクニカル状況

4時間足ベースで見ると、グレーの中期レンジを下にブレイクして、 高値の切り下げを大きな波の単位で継続 していることがわかります。

短期的にはファンダメンタルの変数が多い

中長期の話をすると金価格の見通しは暗めでしたが、 短期的なお話をすると中立気味 となります。

こういったファンダメンタルの要素も週の後半には控えているので、 短期的には反発が1800ドル近くまで登ってくるのも想定の1つ として事前に認識しておくと良さそうです。

ゴールド相場(GOLD)_今後の注目ポイント

中期下降トレンドライン

1800ドルのレジスタンスエリア

1760ドルのサポートエリア

ゴールド(GOLD)サポートラインとレジスタンスライン の初トレードが不安な方へ

まず、 不安を感じることは大変良いこと です。
リスクを把握しようとする姿勢はトレードに欠かせません。

ボラティリティが高いゴールドでは、慣れない内に大きく損失を出す可能性があります。
急激な変動を見せるため、人によっては 1時間で資産をすべて溶かすケース も・・・

それを防ぐための 最低限の1意見 を書かせてください。

ゴールドのトレードなら海外業者の利用がおすすめ

ゴールドのトレードをするなら、海外業者のご利用を推奨いたします。
海外業者には ゼロカットシステム が採用されているためです。

FXを含め、CFD(差金決済取引)の際には レバレッジ をかけることが多いです。
レバレッジとは「入金額以上の金額規模でトレードを行うことができる仕組み」を指します。

レバレッジは諸刃の剣なので、100万円で1,000万円分の取引ができる反面、
100万円の資産でトレードしたにもかかわらず、1億円の負債を抱えるリスク もあります。

厳しい話をすると、 初心者であろうと投下資金以上の借金を抱える可能性 があります。

それを回避するのが海外業者採用のゼロカットシステムで、
「 投下資金以上の損失は計上しない仕組み 」となっております。

ゼロカットシステムによって、
最大損失は自分が入金した金額に限定しつつ、
勝ち分は無限に膨らませることができます。

それでも、「 海外 」という単語にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。

「よく分からない不安がある中で、海外業者も複数あるがどうすれば・・・」
という方には、 まずはXMという業者をおすすめいたします。

中には危険な海外業者も

逆に不安が全く無いというのは危険なので、
海外業者で起こり得る以下の事例 も紹介しておきます。

上記は私も相談を受けたことがありますが、
「よく分からないけどすごく条件が良かった」という理由のみで
口座開設をしてそうなったという内容がほとんどです。

ただでさえ金銭が動くトレードで、このような無駄な不安は取り除きたいと思います。
その観点では、「 海外業者に迷ったら最初はXM一択 」ぐらいで捉えておいても良いです。

私は ボーナスが充実している海外業者のGEMFOREX も活用していますが、 サポートラインとレジスタンスライン
こちらは少し海外業者のトレードに慣れてからのほうがうまく活用できる印象です。

【基礎編】サポートライン・レジスタンスライン【引き方と実践】

取引環境

本記事の内容

    サポートラインとレジスタンスライン
  • サポートラインとは
  • サポートラインの引き方
  • レジスタンスラインとは
  • レジスタンスラインの引き方
  • ラインの引き方に正解はない
  • サポートラインとレジスタンスラインの役割は転換する
  • レジサポを利用したトレード手法

サポートラインとは

サポートラインとは

サポートラインとは、下降してきたレートが反発を起こしたポイントに引かれる水平線のことを言います。簡単にいうと、安値に引かれる水平線のことです。

上図を見ていただくと、わかると思いますが下降が止められて反発していますよね。この反発は、その安値付近で買い注文が多くあったということを示していて、上昇しやすくなるポイントになります。

なので別名で「支持線」とも言われています。

サポートラインの引き方

  • 同じ価格帯で反発しているポイントを見つける
  • 見つけたら、その安値の水平ラインで結ぶ

なので、僕のおすすめとしては以下のように2本のラインを引き、サポートラインではなくて、“サポートゾーン”として扱うことです。

考え方としては、”サポートラインで反発”というよりも“サポートゾーンで買いの攻防が起きる可能性がある”

サポートラインで価格が反発するワケ

サポートラインで価格が反発する理由は、売り圧力より買い圧力が勝つからです。

ただ、注意いただきたいのがサポートラインは必ず反発するものではないということです。

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインとは、上昇してきたレートが反発を起こしたポイントに引かれる水平線のことです。簡単にいうと、安値に引かれる水平線のことをいいます。

上図を見ていただくと、わかると思いますが上昇が止められて反転していますよね。この反転は、その高値付近で売り注文が多くあったということを示していて、下降しやすくなるポイントになります。

なので別名「抵抗線」とも言われています。
サポートラインとレジスタンスラインは真逆の考え方をしていただければ大丈夫です。

レジスタンスラインの引き方

  • 同じ価格帯で反発しているポイントを見つける
  • 見つけたら、その高値を水平ラインで結ぶ

なので、僕のおすすめとしては以上のように2本のラインを引き、レジスタンスラインではなくて、“レジスタンスゾーン”として扱うことです。

考え方としては、”レジスタンスラインで反発”というよりも“レジスタンスゾーンで売りの攻防が起きる可能性がある”

レジスタンスラインで価格が反発するワケ

レジスタンスラインで価格が反発する理由は、買い圧力より売り圧力が勝つからです。
要するに、買いたいトレーダーより売りたいトレーダーの方が多いということです。

ただ、注意いただきたいのがレジスタンスラインは必ず反発するものではないということです。

ラインの引き方に正解はない

なにはともあれ
相場は、世界中のトレーダーそれぞれで見解が違い捉え方が違います。

ラインではなく価格ゾーンとして判断することのメリットは、値動きのだましを避けることもできますし、いちいち実体に引くのかヒゲ先に引くのかを迷わないことです。

サポートラインとレジスタンスラインは役割転換する

サポートラインとレジスタンスラインは役割転換するということです。

サポートラインからレジスタンスラインに役割転換

上図は、サポートラインで反発せず下にブレイクしてしまい、レジスタンスラインへ役割転換をした様子になります。

レジスタンスラインからサポートラインに役割転換

上図は、レジスタンスラインで反発せず上にブレイクしてしまい、サポートラインへ役割転換をした様子になります。

ロールリバーサル【レジサポ転換】

  • サポートライン → レジスタンスライン
  • レジスタンスライン → サポートライン

といったようなラインの役割が転換することを
【ロールリバーサル】や【レジサポ(サポレジ)転換】と呼ばれています。

レジサポを利用したトレード手法を解説

    サポートラインとレジスタンスライン
  • ライン反発を狙った逆張り
  • ラインブレイクを狙った順張り

この2パターンになります。

上位時間軸のラインを把握することが重要

ラインを使ったトレードする際は、上位時間軸(1時間足、4時間足etc)のラインや意識されている価格帯を把握することが重要です。

    サポートラインとレジスタンスライン
  • 5分足でトレードする人は5分足の意識されているラインしか引かない
  • 15分足でトレードする人は15分足の意識されているラインしか引かない

根拠を深掘りしたライントレードの一例

  • 上位時間軸で意識されるラインを把握する
  • 上位時間軸のサポートラインの反発エントリーを狙う

まとめ:レジサポラインでトレードしよう

  • ラインは実体とヒゲ先に引き、”価格ゾーン”として扱おう
  • サポートラインとレジスタンスラインは役割転換する
  • その役割転換を『ロールリバーサル』『レジサポ転換』と呼ぶ
  • 上位時間軸のラインを把握することが大重要

※注意

私のように専業トレーダーならチャートに向き合うまとまった時間を作れますが、日中仕事をしている方だと仕事が終わってからの1~2時間しか時間が取れないと思うので、デモトレードでの練習では時間が掛かってしまいます。

このように、FXのトレードスキルを早く上達させるためのPDCAサイクルを何度も回そうと思っても、リアルタイムと同じ速度で進行するデモトレードの場合、充分な経験を積むまでに【途方もない時間】が掛かってしまうというデメリットがあるということを覚えておいてください。

サポートラインとレジスタンスライン

管理人 BYタイガー

カテゴリー

FXBeyond.pro

【投資に係るリスク及び手数料について】FX取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて充分内容をご理解した上で、お客様ご自身の判断と責任においてお取り組みください。また、FX取引はお客様がお預けになった証拠金額以上のお取引が可能なため、証拠金以上の損失が出る可能性があります。 【免責事項】各種情報の内容については細心の注意を払っておりますが、内容の最新性、正確性、安全性について保証するものではありません。また、無料・有料EAのバックテスト結果、収益結果はあくまで 過去のシミュレーション結果であり、将来の利益を保証するものではありません。なお、全無料・有料EAは、必ずしもMT4(MetaTrader4)の環境が揃っていれば動作するとは限りませんので、正常に動作するかをお客様ご自身の責任でご確認のうえ、ご利用ください。当社および情報提供元は、法律上の請求原因の如何を問わず、いかなる場合においても当該情報の利用に関して生じた利用者に係る損害、損失、費用ならびに不利益等に関し、一切責任を負わないものとします。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。Copyright © 2021-2022 FXBeyond.pro All Rights Reserved.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる