最強の初心者ガイド

暗号資産オプション取引の基本

暗号資産オプション取引の基本
​​

仮想通貨(暗号資産)取引の用語集まとめ

ナンス(nonce)は「Number used once」の略です。仮想通貨のマイニング(採掘)では、このナンスと呼ばれる32ビットの値をハッシュ関数という複雑な数式に代入して計算し、答え(ハッシュ値)を算出します。このハッシュ値は一定の条件を満たした場合にのみ正当とされ、新しいブロックがブロックチェーンに追加されます。正当なハッシュ値とそのハッシュ値を導くためのナンスを最初に見つけたものがマイニングの成功者となり、報酬として新たに発行される通貨を受取る仕組みになっています。

単語意味
ライトニングネットワークライトニングネットワークとは、ビットコイン(BTC)のブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ(拡張性)や処理速度、マイニングにかかる手数料などの課題を解決するために開発されたソリューションで、ブロックチェーンの外(オフチェーン)で取引を実行することで、少額の決済(マイクロペイメント)を高速に実行できるようにしています。
リレー取引リレー取引とは、仮想通貨をとある受取人に贈りたい際に、その受取人だけでなく、全ユーザーに送ってバケツリレーのように受取人のもとまで届けていくことを指します。
ロックタイムロックタイムとは、ブロックチェーンを利用した仮想通貨取引において、トランザクション(取引)が承認されるまでの最短時間を表すものです。

Base58とは、バイナリデータ(コンピューターが扱うデータ、人間が読めないデータ)を 58種類の英数字のみ を用いて表現するフォーマットです。仮想通貨では公開鍵や秘密鍵、アドレスなどを人間が扱える形に変換するところに使われています。

BIPとはBitcoin Improvement Proposalsの頭文字です。

FPGA(Field Programmable Gate Array:フィールドブログラマブルゲートアレイ)とは、プログラムのカスタマイズができる集積回路(ICチップ)のことです。

ICOとは、イニシャル・コイン・オファリング(Initial 暗号資産オプション取引の基本 Coin Offering)の頭文字をとった言葉で、日本語では「新規通貨公開」となります。

SPV(Simplified Payment Verification)とは、ビットコイン(BTC)のトランザクション(取引)の検証を行う方式を指します。

仮想通貨・ビットコインの先物取引とは?特徴やFX・信用取引との違い、ビットコイン先物の最新ニュースを詳しく解説します!

先物取引の仕組み・メリット説明

仮想通貨・ビットコイン先物取引と信用取引・FXの違い

先物取引と信用取引・FXの違い

    暗号資産オプション取引の基本
  • 取引期限がそれぞれで違う
  • 先物取引では基本的に金利がかからない

取引期限の有無

先物取引の特徴:取引期限が設定されている

まず、この3種類の取引においては取引の期限が異なります。

それに対し、取引所にお金や暗号資産(仮想通貨)を借りることにより行う​信用取引は、借りた資金の返済日にお金を返すことになります。

このように決済の期限がある先物・信用取引に対し、FXは決済期限がありません。

​取引名 ​取引の期限
​先物取引 ​約束の日に決済​
​信用取引 ​​返済期限あり​
​FX ​期限なし​

金利の有無

先物取引の特徴:金利がかからない

​続いて押さえておきたいのは、取引にかかる金利の違いです。

そのため、先物取引では基本的に金利がかからないのです

​取引名 ​金利
​先物取引 ​金利なし
​信用取引 ​金利あり
​FX 金利あり​

仮想通貨・ビットコイン先物取引の特徴​

仮想通貨・ビットコイン先物取引の特徴

仮想通貨の先物取引の特徴

限月と呼ばれる決済期日がある

先物取引:限月

まず、暗号資産(仮想通貨)の先物取引の特徴としては、「限月」​と呼ばれる決済期日が決まっていることが挙げられます。

先物取引は、あらかじめ「将来取引を行う約束の日」を決めるということを先にご説明しました。

この「約束の日」のことを「限月」と呼び、その日に取引の決済を行う仕組みとなっています。

レバレッジがかけられる

先物取引の特徴:レバレッジがかけられる

暗号資産(仮想通貨)の先物取引は、レバレッジがかけられるという点も特徴的です。

売りから取引を始めることができる

先物取引の特徴:売りから取引を始めることができる

そのため、この仕組みを利用すると​、決済のとき実際に現物とお金をやり取りするのではなく、反対売買をすることにより決済を行う差金決済が可能になります。

この時、Bさんは「110万円分の価値のある暗号資産(仮想通貨)を100万円で買う権利」を手に入れたことになります。

先物取引:ビットコインの例

こんな時、役に立つのが差金決済の仕組みです!

つまり、暗号資産(仮想通貨)のやり取りを介さずに差額分のお金のやり取りだけで済むのです

先物取引 差金決済

​この差金決済の仕組みがあることで現物を介さないお金のやり取りが可能になるため、先物取引では売りから取引を始めることもできます

ロスカットがある

先物取引の特徴:ロスカットがある

暗号資産(仮想通貨)の先物取引では、取引を担保する​証拠金の維持率がある一定の割合を下回ると取引所により強制的に取引が終了されて損失が確定してしまうことがあり、これをロスカットと呼びます。​

追証が求められる場合もある

先物取引の特徴:追証を求められる場合もある

暗号資産(仮想通貨)の先物取引では、証拠金が少なくなってくると追加の証拠金を払うことを求められる場合があります。この仕組みのことを、追証と言います。

仮想通貨・ビットコイン先物取引に関するニュース

仮想通貨・ビットコインの先物取引に関する最新ニュース

暗号資産(仮想通貨)の先物取引と聞いて、真っ先に思い浮かべる人が多いのはビットコイン先物でしょう。​

アメリカの有名取引所CBOE、CMEに上場

ビットコイン先物は、2017年の12月にCBOE(シカゴ・オプション取引所)CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)​に上場されたことで話題となりました。

Bakktが現物決済のビットコイン先物取り扱い開始決定

ニューヨーク証券取引所の親会社・​ICE(インターコンチネンタル取引所)​が運営する暗号資産(仮想通貨)の決済プラットフォーム・Bakktも、2018年の12月から現物決済のビットコイン先物の取り扱いを行うことを公表しています。

Bakktを利用すれば、暗号資産(仮想通貨)をアメリカドルに替えお店での支払いに用いることができるため、暗号資産(仮想通貨)の実用性が高まるシステムとして注目されています

仮想通貨・ビットコイン先物取引が市場にもたらした影響​

ビットコイン先物取引による市場への影響

ビットコイン先物が市場にもたらした影響として挙げられているのが、暗号資産(仮想通貨)価格の暴落です。

その背景としては、ビットコイン先物が始まったことで、機関投資家たちが「売り」の注文を出すようになったことが考えられます。

ビットコイン先物だけが原因で暗号資産(仮想通貨)価格が暴落したと言い切ることはできませんが、ビットコイン先物の上場が暗号資産(仮想通貨)価格に影響を与えるということは十分に考えられるでしょう

ビットコイン以外の仮想通貨先物取引

ビットコイン以外の仮想通貨先物取引

​​

イーサリアム(ETH)先物

イーサリアムの先物は、 2020年5月に取引所のErixXが米国の規制下では初のETH先物の取り扱いを開始 しました!

仮想通貨(暗号資産)取引の用語集まとめ

ナンス(nonce)は「Number used once」の略です。仮想通貨のマイニング(採掘)では、このナンスと呼ばれる32ビットの値をハッシュ関数という複雑な数式に代入して計算し、答え(ハッシュ値)を算出します。このハッシュ値は一定の条件を満たした場合にのみ正当とされ、新しいブロックがブロックチェーンに追加されます。正当なハッシュ値とそのハッシュ値を導くためのナンスを最初に見つけたものがマイニングの成功者となり、報酬として新たに発行される通貨を受取る仕組みになっています。

単語意味
ライトニングネットワークライトニングネットワークとは、ビットコイン(BTC)のブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ(拡張性)や処理速度、マイニングにかかる手数料などの課題を解決するために開発されたソリューションで、ブロックチェーンの外(オフチェーン)で取引を実行することで、少額の決済(マイクロペイメント)を高速に実行できるようにしています。
リレー取引リレー取引とは、仮想通貨をとある受取人に贈りたい際に、その受取人だけでなく、全ユーザーに送ってバケツリレーのように受取人のもとまで届けていくことを指します。
ロックタイムロックタイムとは、ブロックチェーンを利用した仮想通貨取引において、トランザクション(取引)が承認されるまでの最短時間を表すものです。

Base58とは、バイナリデータ(コンピューターが扱うデータ、人間が読めないデータ)を 58種類の英数字のみ 暗号資産オプション取引の基本 を用いて表現するフォーマットです。仮想通貨では公開鍵や秘密鍵、アドレスなどを人間が扱える形に変換するところに使われています。

BIPとはBitcoin Improvement Proposalsの頭文字です。

FPGA(Field Programmable Gate Array:フィールドブログラマブルゲートアレイ)とは、プログラムのカスタマイズができる集積回路(ICチップ)のことです。

ICOとは、イニシャル・コイン・オファリング(Initial 暗号資産オプション取引の基本 Coin Offering)の頭文字をとった言葉で、日本語では「新規通貨公開」となります。

SPV(Simplified Payment Verification)とは、ビットコイン(BTC)のトランザクション(取引)の検証を行う方式を指します。

【基本】ノックアウト・オプションの使い方。新規注文から決済、取引履歴の見方まで解説!

【基本】ノックアウト・オプションの使い方。新規注文から決済、取引履歴の見方まで解説!

あっきん

注文後に損切りラインを調整したい場合はノックアウトラインを下のほうにしておいて、逆指値(決済)で調整すると良いよ!

注文画面7

ノックアウトラインを21,800円まで下げておき、損切りラインとして逆指値(決済)を300にしました。保有価格から300下がったところで自動的に決済されます。

この 逆指値(決済)は後からでも変更可能 です。

ノックアウトオプションで決済(利食い)する方法は?

PC画面だと保有ポジション画面にある決済を押すとすぐに利確されます

決済画面

決済画面(スマホ)

昨日の夜に買い増ししたポジションも200円の値幅取れて決済されたみたい👍✨

今回は綺麗に波に乗れて満足なり😄さらに20,000円いただきやした🏃‍♂️🏃‍♂️

この上げはダブルインバース勢の損切りも影響してると感じてる。ちょっと一旦ノーポジで状況見極める🍵 https://t.co/dVrtgPacxq pic.twitter.com/x4m882CepR

— あっきん@投資家🍀元公務員 (@_akkin_nara) November 5, 2019

ノックアウトオプションの取引履歴の確認方法

どれだけの利益、損失が出たかを知りたいときは左から履歴を選んで、すべての履歴を見るをクリックします

取引履歴

するとこのような画面に移動します。直近の履歴が見ることができます。もっと古い情報を見たいときはさらに詳しい履歴はこちらをクリックを押します

ポジション画面詳細

例えば純粋な決済による利益や損失だけを並べて見たいときは取引種別からポジション決済を選択します。すると以下のような画面がでてきます

【基本】ノックアウト・オプションの使い方。新規注文から決済、取引履歴の見方まで解説!

【基本】ノックアウト・オプションの使い方。新規注文から決済、取引履歴の見方まで解説!

あっきん

注文後に損切りラインを調整したい場合はノックアウトラインを下のほうにしておいて、逆指値(決済)で調整すると良いよ!

注文画面7

ノックアウトラインを21,800円まで下げておき、損切りラインとして逆指値(決済)を300にしました。保有価格から300下がったところで自動的に決済されます。

この 逆指値(決済)は後からでも変更可能 です。

ノックアウトオプションで決済(利食い)する方法は?

PC画面だと保有ポジション画面にある決済を押すとすぐに利確されます

決済画面

決済画面(スマホ)

昨日の夜に買い増ししたポジションも200円の値幅取れて決済されたみたい👍✨

今回は綺麗に波に乗れて満足なり😄さらに20,000円いただきやした🏃‍♂️🏃‍♂️

この上げはダブルインバース勢の損切りも影響してると感じてる。ちょっと一旦ノーポジで状況見極める🍵 https://t.co/dVrtgPacxq pic.twitter.com/x4m882CepR

— あっきん@投資家🍀元公務員 (@_akkin_nara) November 5, 2019

ノックアウトオプションの取引履歴の確認方法

どれだけの利益、損失が出たかを知りたいときは左から履歴を選んで、すべての履歴を見るをクリックします

取引履歴

するとこのような画面に移動します。直近の履歴が見ることができます。もっと古い情報を見たいときはさらに詳しい履歴はこちらをクリックを押します

ポジション画面詳細

例えば純粋な決済による利益や損失だけを並べて見たいときは取引種別からポジション決済を選択します。すると以下のような画面がでてきます

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる