プロが徹底解説

サポート/レジスタンスレベルの表示

サポート/レジスタンスレベルの表示
void OnDeinit(const int reason) サポート/レジスタンスレベルの表示 ObjectsDeleteAll(0, PREFIX); >

MT4トレンドラインの使い方とサポートとレジスタンスラインの見方

trend line

TradersTrust

MyFXMarkets

FBS

XM

ページナビゲーション

最近のコメント

fxgt のコメント

やはた のコメント

axiorier のコメント

Baba のコメント

ランド使ってます のコメント

わんちゃん のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • IronFX(アイアンFX)が、最大レバレッジ引き上げ - CFD取引の必要証拠金額を引き下げ
  • TitanFX(タイタンFX)が、FX口座と証券CFD口座を統合
  • XM(XMTrading)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • ThreeTrader LAMYのボールペン 先着100名
  • FXGT公式キャッシュバック 最大50ドル/GTロット
  • XM(XMTrading)100%入金ボーナス
  • Focus Markets 100%入金ボーナス
  • AXIORY お中元ボーナスキャンペーン 100%入金ボーナス
  • LAND-FX 100%入金ボーナス

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

レジスタンスラインとサポートラインの候補となるラインを表示する方法

パラメーターを追加

そのためには、トレンドラインオブジェクトを利用します。MQL4リファレンスの目次にある「Constants, Enumerations and Structures」→「Objects Constants」→「Object Types」をクリックするとオブジェクトの一覧が表示されます。その中から「OBJ_TREND」を選択し、あらかじめ用意されているコードをコピーして、ファイルの下部に貼り付けます。

「//— set anchor points’ coordinates if they are not set」から「ResetLastError();」までの4行と、「Print(__FUNCTION__,」「”: failed to create a trend line! Error code = “,GetLastError());」の2行は不要なので削除してください。また、「selection = true」のところを「selection = false」に修正します。

//+——————————————————————+

//| Create a trend line by the given coordinates |

//+——————————————————————+

bool TrendCreate(const long chart_ID=0, // chart’s ID

const string name=”TrendLine”, // line name

const int sub_window=0, // subwindow index

datetime time1=0, // first point time

double price1=0, // first point price

datetime time2=0, // second point time

double price2=0, // second point price

const color clr=clrRed, // line color

const ENUM_LINE_STYLE style=STYLE_SOLID, // サポート/レジスタンスレベルの表示 サポート/レジスタンスレベルの表示 line style

const int width=1, // line width

const bool back=false, // in the background

const bool selection=true, // highlight to move

const bool ray_right=false, // line’s continuation サポート/レジスタンスレベルの表示 to the right

const bool hidden=true, // hidden in the object list

const long z_order=0) // priority for mouse click

サポート/レジスタンスレベルの表示

//— create a trend line by the given coordinates

if(!ObjectCreate(chart_ID,name,OBJ_TREND,sub_window,time1,price1,time2,price2))

return(false);

>

//— set line color

ObjectSetInteger(chart_ID,name,OBJPROP_COLOR,clr);

//— set line display style

ObjectSetInteger(chart_ID,name,OBJPROP_STYLE,style);

//— set line width

ObjectSetInteger(chart_ID,name,OBJPROP_WIDTH,width);

//— display in the foreground (false) or background (true)

ObjectSetInteger(chart_ID,name,OBJPROP_BACK,back);

//— enable (true) or disable (false) the mode of moving the line by mouse

//— when creating a graphical object using ObjectCreate function, the object cannot be

//— highlighted and moved サポート/レジスタンスレベルの表示 by default. Inside this method, selection サポート/レジスタンスレベルの表示 parameter

//— is true by default making it possible to highlight and move the object

ObjectSetInteger(chart_ID,name,OBJPROP_SELECTABLE,selection);

ObjectSetInteger(chart_ID,name,OBJPROP_SELECTED,selection);

//— enable (true) or disable (false) the mode of continuation of the line’s display to the right

ObjectSetInteger(chart_ID,name,OBJPROP_RAY_RIGHT,サポート/レジスタンスレベルの表示 ray_right);

//— hide (true) or display (サポート/レジスタンスレベルの表示 false) graphical object name in the object サポート/レジスタンスレベルの表示 list

ObjectSetInteger(chart_ID,name,OBJPROP_HIDDEN,hidden);

//— set the priority for receiving the event of a mouse click in the chart

ObjectSetInteger(chart_ID,name,OBJPROP_ZORDER,z_order);

サポート/レジスタンスレベルの表示 サポート/レジスタンスレベルの表示

//— successful execution

return(true);

>

次に、オブジェクトを使うので接頭辞を定義します。ファイル上部のプロパティ「#property indicator_width2 1」の下に、次のコードを追記しましょう。

void OnDeinit(const int サポート/レジスタンスレベルの表示 reason)

ObjectsDeleteAll(0, PREFIX);

>

トレンドラインでラインを延長

if (Close[i] > LOWER[i + 1])

int iEnd = 0;

for (int j = i – 1; j >= サポート/レジスタンスレベルの表示 0; j–)

if (Close[j]

株の話、経済の話、何の話だろう?

上昇に転換しそうな銘柄をどうやって見つける?


低迷が続く株も、やがては下げ止まり反発ラリーがやって来ます。では、どうやったらそのような反発候補銘柄を見つけることができるでしょうか?

人気の記事

最悪、最長のベアマーケット!?

イメージ

1週間前の サポート/レジスタンスレベルの表示 インタビュー で、著名投資家ジム・ロジャーズ氏は、現在の株式市場についてこう語りました。 これは、私が経験したベアマーケットの中で最悪なものとなるだろう。極めて大きな下げ、期間も長期化する。 下は、1950年以来、米国株式市場が経験したベアマーケットです。

トレンド確認に便利な3/10オシレーター

リセッションの可能性がますます高くなった米国

イメージ

守りを固めることが2022年のモットーだ。経済が下向きになった状況での金利引き上げは巻き添え被害を起こす。次に崩れるのは住宅とクレジット市場だろう。-- マニシ・カブラ(ソシエテ・ジェネラル) 住宅建築関連銘柄に投資をしている、SPDR S&P サポート/レジスタンスレベルの表示 Homebuilders (XHB)というETFがあります。トール・ブラザーズ(TOL)のような住宅建築業者だけでなく、ロウズ(LOW)のような大手ホームセンターチェーン企業にも投資をしています。下が、このETFの週足チャートです。

相場環境認識とは?FXの勝率を劇的に上げるコツを完全解説

なぜなら、レジスタンスは価格上昇を阻む障害として機能するので、買いエントリー後にすぐ上のレジスタンスラインで反転してしまうリスクがあるからです。

ファンダメンタルズの認識

ファンダメンタルズの認識とは、経済指標や金融政策会合などのイベントスケジュールを把握することや、経済や金融政策などによる主要なトレンドを分析することです。

上位足で環境認識をして下位足でエントリーを狙う

トレードの基本として、1種類の時間軸のチャートだけを分析してトレードをするのではなく、複数の時間軸のチャートを分析して戦略を立てる事が有効です。

そして、トレードの流れは、 ①時間軸が長い上位足で相場環境認識を行い、②時間軸が短い下位足でエントリーポイントを探す 、です。

環境認識で使う時間足

4つのFXトレードスタイル
トレードスタイルトレード時間の目安上位足下位足
長期トレード数カ月以上月足
週足
日足
スイングトレード数日~数週間週足
日足
4時間足
1時間足
デイトレード数時間~1日日足
4時間足
1時間足
30分足
15分足
5分足
スキャルピング数秒~数分1時間足
30分足
5分足
1分足

上位足で相場環境認識を行う

それでは次に、高値aを抜けた時点で 安値と高値がそれぞれ切り上がる ので上昇トレンドとなり、「 買い 」を狙うエリアとなります。

上位足で上昇トレンドになったことを確認した上で、 下位足で更に勝率の高いポイントを探る ことで高勝率なトレードが実現できるのです。

カルダノは0.45ドルで、クマはどのレベルを目指していますか?

カルダノの4時間チャートの価格は$0.46でした|出典:TradingViewのADAUSD

テクニカル分析

カルダノは4時間足チャートで買い力の低下を記録しました|出典:TradingViewのADAUSD

推奨読書|カルダノ(ADA)は、0.43ドルまで下落した後、回復するように見えます–ブルズに圧力がかかっています

カルダノは4時間足チャートで資本流入の減少を示しました|出典:サポート/レジスタンスレベルの表示 TradingViewのADAUSD

推奨読書| Dogecoin(DOGE)はリフトを使用できます–イーロンマスクのツイート、おそらく?

Recent Posts
  • カルダノは0.45ドルで、クマはどのレベルを目指していますか?サポート/レジスタンスレベルの表示
  • TA:ビットコインは下降トレンドにとどまり、シャープを上向きに刺激する可能性があるもの
  • ビットコインは$19Kで苦戦していますが、$ 17Kは次のターゲットですか?
  • TA:イーサリアムが1,000ドルを下回ると、より大きな下降トレンドを引き起こす可能性があります
  • 一貫した弱気なスクイーズの後、ライトコイン(LTC)が50ドルを下回る
Recent Comments
Archives
Categories

Related Posts

IT Info

TA:ビットコインは下降トレンドにとどまり、シャープを上向きに刺激する可能性があるもの

ビットコインは、米ドルに対して19,500ドル未満の弱気ゾーンで取引されています。 19,500ドルの抵抗を超える動きがある場合、BTCは急激な回復の波を開始する可能性があります。 ビットコインは19,500ドルと19,600ドルの抵抗レベルを超えるペースを上げることができませんでした。価格は現在、20,000ドルのレベルと100時間ごとの単純移動平均を下回って取引されています。 BTC/USDペアの時間足チャート(Krakenからのデータフィード)には、19,500ドル近くの抵抗で形成される重要な弱気トレンドラインがあります。 19,500ドルのレジスタンスゾーンを超える動きがない限り、ペアは新たな衰退を開始する可能性があります。 ビットコイン価格は逆さまに目が離せない ビットコイン価格は、19,500ドルのサポートゾーンを下回り、さらに下落し始めました。価格は19,000ドルのサポートゾーンを下回り、18,800ドルの水準を下回りました。 18,738ドル近くで安値が形成され、価格は現在損失を統合しています。 19,000ドルのレジスタンスゾーンの上にマイナーな上昇がありました。価格は、最近の下落の23.6%フィボナッチリトレースメントレベルを上回り、20,500ドルの高値から18,738ドルの安値に上昇しました。 しかし、価格は現在、19,400ドルのゾーンと100時間ごとの単純移動の近くで強い抵抗に直面しています。平均。 BTC/USDペアの時間足チャートには19,500ドル近くの抵抗で形成される重要な弱気トレンドラインもあります。 トレンドラインは、20,500ドルからの最近の下落の50%フィボナッチリトレースメントレベルに近いです。高値から18,738ドルの安値までスイングします。 出典:TradingView.comのBTCUSD 次の主要な抵抗は19,800ドルのゾーンの近くです。トレンドラインの抵抗を明確に上回り、19,800ドルで価格がさらに上昇する可能性があります。記載されている場合、価格は$20,500レベルに向かって上昇する可能性があります。次の主要な抵抗は21,200ドルのレベルの近くにあります。 BTCの新たな衰退? ビットコインが19,500ドルの抵抗ゾーンをクリアできない場合、別の衰退を開始する可能性があります。マイナス面の即時サポートは19,000ドルレベル近くです。 次の主要なサポートは現在18,700ドルレベル近くにあり、それを下回ると価格が大幅に下落する可能性があります。上記の場合、価格はおそらく$17,500レベルに向かって下落する可能性があります。 サポート/レジスタンスレベルの表示 テクニカル指標: 毎時MACD–MACDは強気ゾーンでペースを失っています。 時間別RSI(相対力指数)– BTC/USDのRSIは現在50レベルを下回っています。 主要サポートレベル– $ 19,000、続いて$18,700。 主要レジスタンスレベル– 19,500ドル、19,800ドル、20,500ドル。

IT Info

ビットコインは$19Kで苦戦していますが、$ 17Kは次のターゲットですか?

ビットコインは最近非常に不安定で、キングコインは先週7%減少しました。今年の第2四半期にコインが50%近く減少したため、これはビットコインにとって最悪の四半期です。 6月以降、暗号通貨は最悪の弱気な価格行動を記録しました。 過去数日間で、BTCは$ 20,000を下回り、$19,000レベルに達しました。チャートの一貫した落下は、BTCを次のサポートラインに押し上げる可能性があります。購入力が大幅に低下し、過去24時間でBTCが低水準に押し下げられました。 ブルズはチャート上で復活を試み、コインを22,000ドルに引きずりましたが、激しい売りがコインを19,000ドルに引きずりました。コインの重要なサポートレベルは17,000ドルで、クマがより激しく苦しんでいるため、前述のレベルは、今後の取引セッションでのBTCの可能性になる可能性があります。 今日の世界の暗号通貨市場の上限は、0.3で9,140億ドルです。過去24時間の%増加。 ビットコイン価格分析:4時間チャート ビットコインの価格は4時間チャートで19,サポート/レジスタンスレベルの表示 000ドルでした|出典:TradingViewのBTCUSD BTCは4つで19,000ドルで取引されていました時間チャート。コインは数週間前に同じレベルで取引され、その後チャートで回復しようとしました。 BTCの抵抗は$20,000、次に$22,000でした。 サポート/レジスタンスレベルの表示 BTCは、コインがかなりの期間同じ上で取引するのに苦労したため、$22,000で堅い抵抗を目撃しました。 BTCの現在の価格の勢いが続く場合、17,000ドルは時間の問題です。 取引されたビットコインの量は大幅に減少し、チャート上で弱気を示すバーが赤で表示されました。市場では売り圧力が引き継がれていました。 テクニカル分析 ビットコインは4時間足チャートで買い力の低下を示しました|出典:サポート/レジスタンスレベルの表示 TradingViewのBTCUSD BTCは市場。相対力指数は、40マーク近くの半直線の下に駐車されました。この指標は、市場での購買力を示しています。指標は上昇を示しましたが、買い手は資産への信頼を取り戻していませんでした。 パラボリックSARは、暗号通貨の価格の方向性とトレンドの逆転を示しています。ローソク足の上の点線は、市場の弱気と価格方向の変化を示しています。これはビットコインのマイナスの価格行動を意味しました。 関連資料|ビットコインが28,000ドルに戻る可能性があるのに、2022年末までに ビットコインは4時間足チャートで購入シグナルを点滅させました|出典:TradingViewのBTCUSD BTCは、購買力の大幅な低下を指摘しましたが、 4時間足チャートでは、コインが買いシグナルを点滅させました。移動平均収束発散は強気のクロスオーバーを受けたため、チャート上で価格が一時的に上昇する可能性があります。 これはMACDで緑色のヒストグラムを形成し、チャート上の買いシグナルに結びついています。インディケータは買いシグナルを表示しましたが、買い手は依然として市場で苦戦していました。ボリンジャーバンドは、資産の価格のボラティリティを表しています。 バンドの狭まりは、市場のボラティリティの今後の可能性と結びついています。技術的な見通しは、BTCの価格がさらに下落し、17,000ドルを目指す可能性があることを示唆しています。 関連資料|このビットコイン比率は底にヒントを与えることができますか? Unsplash.サポート/レジスタンスレベルの表示 comの注目の画像、 TradingView.com

IT Info

TA:イーサリアムが1,000ドルを下回ると、より大きな下降トレンドを引き起こす可能性があります

イーサリアムは、米ドルに対して1,080ドルを下回る水準で苦戦しています。 1,000ドルのサポートゾーンを下回ると、ETHは大幅に下落する可能性があります。 イーサリアムは、1,100ドルと1,サポート/レジスタンスレベルの表示 サポート/レジスタンスレベルの表示 080ドルのレベルを下回る弱気ゾーンにとどまりました。価格は現在$1,100と100時間ごとの単純移動平均を下回って取引されています。 ETH/USDの時間足チャート(Kraken経由のデータフィード)には、1,050ドル近くのサポートで形成される主要な強気トレンドラインがあります。 1,120ドルのレジスタンスゾーンを超える明確な動きがない限り、ペアは再び減少する可能性があります。 イーサリアム価格はリスクにさらされている イーサリアムは弱気ゾーンにとどまり、1,000ドルのサポートゾーンを再テストしました。 ETHは1,000ドル近くのベースを形成し、最近より高く修正されました。 1,030ドルと1,サポート/レジスタンスレベルの表示 050ドルのレベルを超えるマイナーな回復波がありました。イーサ価格は23.6%を超えて上昇しました。フィボナッチリトレースメントレベルは、1,236ドルの高値から997ドルの安値へと下落しました。それは$1,100レベルを超えて逆さまのブレークを試みましたが、失敗しました。 現在、$1,100と100時間の単純移動平均を下回っています。 ETH/USDの時間足チャートには1,050ドル近くのサポートで形成される主要な強気トレンドラインもあります。 上値の即時の抵抗は1,060ドルレベル近くです。次の大きな抵抗は$1,080ゾーンの近くです。最初の主要なハードルは、1,100ドルのゾーンの近く、またはキーの50%フィボナッチリトレースメントレベルが1,236ドルの高値から997ドルの低値に下落することです。 1,120ドルのレジスタンスゾーンのすぐ上で、まともな増加が始まる可能性があります。 出典:TradingView.comの ETHUSD 記載されているケースでは、価格は1,180ドルのレジスタンスに向かって上昇する可能性があります。これ以上の上昇は価格を$1,236の高値に向けて送る可能性があります。 ETHのさらなる損失? イーサリアムが$1,080の抵抗を上回らない場合、イーサリアムは下落し続ける可能性があります。マイナス面の最初のサポートは、1,050ドルのゾーンまたはトレンドラインの近くです。 次の主要なサポートは、1,000ドルのゾーンの近くです。 サポート/レジスタンスレベルの表示 1,000ドルを下回ると、急激に下落する可能性があります。述べられたシナリオでは、エーテル価格はおそらく925ドルのレベルに向かってスライドするかもしれません。これ以上の損失は、880ドルのサポートゾーンに向けて価格を送る可能性があります。 テクニカル指標 毎時MACD– ETH/USDのMACDは現在勢いを増しています。弱気ゾーン。 毎時RSI– ETH/USDのRSIは現在50レベルを下回っています。 メジャーサポートレベル– $ 1,000 主要レジスタンスレベル– $ 1,080

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる