外国為替に関する取引戦略

ブローカー の求人

ブローカー の求人

「捨てるなら産むな」と責める声、どう変わるか。赤ちゃんポストめぐる葛藤と希望を描いた『ベイビー・ブローカー』

『万引き家族』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した是枝裕和監督の最新作『ベイビー・ブローカー』が6月24日から公開されている。 【画像集】『ベイビー・ブローカー』出演者は? 本作は、赤ちゃんポストに入れられた赤ん坊をめぐって、赤子のブローカーたちと産みの母、ブローカーを追う刑事たちが織りなす物語だ。是枝監督が韓国のキャスト・スタッフと撮影した映画で、『パラサイト』のソン・ガンホが主演を務め、ぺ・ドゥナやカン・ドンウォン、イ・ジウン(歌手名・IU)らが出演する。 先日開催されたカンヌ国際映画祭ではエキュメニカル審査員賞と最優秀男優賞(ソン・ガンホ)を受賞した。是枝監督作品から、カンヌの俳優賞受賞者が出るのは、2004年の『誰も知らない』の柳楽優弥に次いで2人目となる。 赤ちゃんポストを題材にした理由や自身の過去作の反省から本作に込めたもの。そして韓国の撮影現場を体験したからこそ感じる日本映画産業の課題点などを是枝監督に聞いた。(取材・文=杉本穂高)

韓国の赤ちゃんポスト。利用者が多い背景は

是枝監督はなぜ赤ちゃんポストをめぐる物語を韓国で製作しようと考えたのだろうか。韓国映画界には魅力的な俳優が数多いが、この題材を語るには韓国がふさわしいと思ったのか、それとも韓国での仕事をしてみたいという思いがあったのだろうか。 「その両方です。韓国にも赤ちゃんポストがあり、日本よりも多くの赤ん坊が預けられていると2016年ごろに知り、ならば、この題材は日本以上に韓国でやった方がいいかもしれないと。同時に、ソン・ガンホやペ・ドゥナたちと一緒にやるならこの題材が適しているとも思いました」 日本では2007年から、熊本県にある慈恵病院が赤ちゃんポストを運営しており、2021年3月末までの15年間で計159人の子どもが預けられたという。 一方の韓国では、2009年に最初の赤ちゃんポストがソウル市内の教会に設置された。初年度の利用は0人、2010年には4人の利用にとどまっていたが、2012年ごろから利用者が急増。2019年までに累計1800人を超える赤ん坊が預けられているという。 急増の背景には、2012年の「入養(養子)特例法」の改正がある。改正により、子どもの出生ルーツを明確化するため、養子縁組に際し出生登録を義務付けるなど、要件が厳格化。加えて、2010年以降、韓国政府による中絶取り締まりが強化されたことを、背景要因として指摘する専門家もいる。2021年には人工妊娠中絶が非犯罪化されたが、即座に社会の空気が変わるわけではないだろう。 そのような社会背景の中、韓国では赤ちゃんポストに対しては、「嬰児遺棄を助長している」などという批判の声もあるという。 「映画冒頭にぺ・ドゥナ演じる刑事が『捨てるくらいなら産まなければいい』とつぶやくシーンがあります。赤ちゃんポストを批判するこうした声は一つの社会正義のようになっていて、母親を甘やかすなという意見も根強い。そういう声は韓国に限らず日本でも同様にあるので、映画はそこからスタートしようと思いました。 あの刑事が思わずつぶやいたその言葉を自分のものとして映画を観始めた観客が、2時間後に同じ言葉を簡単につぶやけなくなるまでの話にしなければいけない。それが今回の映画の縦軸になっています」

「捨てるなら産むな」と責める声、どう変わるか。赤ちゃんポストめぐる葛藤と希望を描いた『ベイビー・ブローカー』

『万引き家族』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した是枝裕和監督の最新作『ベイビー・ブローカー』が6月24日から公開されている。 【画像集】『ベイビー・ブローカー』出演者は? 本作は、赤ちゃんポストに入れられた赤ん坊をめぐって、赤子のブローカーたちと産みの母、ブローカーを追う刑事たちが織りなす物語だ。是枝監督が韓国のキャスト・スタッフと撮影した映画で、『パラサイト』のソン・ガンホが主演を務め、ぺ・ドゥナやカン・ドンウォン、イ・ジウン(歌手名・IU)らが出演する。 先日開催されたカンヌ国際映画祭ではエキュメニカル審査員賞と最優秀男優賞(ソン・ガンホ)を受賞した。是枝監督作品から、カンヌの俳優賞受賞者が出るのは、2004年の『誰も知らない』の柳楽優弥に次いで2人目となる。 赤ちゃんポストを題材にした理由や自身の過去作の反省から本作に込めたもの。そして韓国の撮影現場を体験したからこそ感じる日本映画産業の課題点などを是枝監督に聞いた。(取材・文=杉本穂高)

韓国の赤ちゃんポスト。利用者が多い背景は

是枝監督はなぜ赤ちゃんポストをめぐる物語を韓国で製作しようと考えたのだろうか。韓国映画界には魅力的な俳優が数多いが、この題材を語るには韓国がふさわしいと思ったのか、それとも韓国での仕事をしてみたいという思いがあったのだろうか。 「その両方です。韓国にも赤ちゃんポストがあり、日本よりも多くの赤ん坊が預けられていると2016年ごろに知り、ならば、この題材は日本以上に韓国でやった方がいいかもしれないと。同時に、ソン・ガンホやペ・ドゥナたちと一緒にやるならこの題材が適しているとも思いました」 日本では2007年から、熊本県にある慈恵病院が赤ちゃんポストを運営しており、2021年3月末までの15年間で計159人の子どもが預けられたという。 一方の韓国では、2009年に最初の赤ちゃんポストがソウル市内の教会に設置された。初年度の利用は0人、2010年には4人の利用にとどまっていたが、2012年ごろから利用者が急増。2019年までに累計1800人を超える赤ん坊が預けられているという。 急増の背景には、2012年の「入養(養子)特例法」の改正がある。改正により、子どもの出生ルーツを明確化するため、養子縁組に際し出生登録を義務付けるなど、要件が厳格化。加えて、2010年以降、韓国政府による中絶取り締まりが強化されたことを、背景要因として指摘する専門家もいる。2021年には人工妊娠中絶が非犯罪化されたが、即座に社会の空気が変わるわけではないだろう。 そのような社会背景の中、韓国では赤ちゃんポストに対しては、「嬰児遺棄を助長している」などという批判の声もあるという。 「映画冒頭にぺ・ドゥナ演じる刑事が『捨てるくらいなら産まなければいい』とつぶやくシーンがあります。赤ちゃんポストを批判するこうした声は一つの社会正義のようになっていて、母親を甘やかすなという意見も根強い。そういう声は韓国に限らず日本でも同様にあるので、映画はそこからスタートしようと思いました。 あの刑事が思わずつぶやいたその言葉を自分のものとして映画を観始めた観客が、2時間後に同じ言葉を簡単につぶやけなくなるまでの話にしなければいけない。それが今回の映画の縦軸になっています」

ジャパンシッピングサービス株式会社 船舶仲介業務(シップブローカー)

【事業について】
一般商船の傭船および中古船売買、新造船プロジェクトの展開や新造船等のファイナンスの仲介事業を展開。設立以来、業績は拡大しています。また、金融各社に向け、海運市況を的確に把握するためのコンサルティング業務や、船舶の市況価格の鑑定業務を行っています。ブローキング業務に不可欠な国際情勢、金利や為替などの金融知識、投資環境を鑑みた資本市場をはじめとする国際法規、税務、保険、地政学など、多様な専門知識と最新の情報に精通する必要があります。
【特色】限られた顧客を中心に専門的でプライベートな商談を行っており、顧客のニーズに応える質の高いサービスを提供しています。
【主要取引先】
■オペレーター(50音順)
飯野海運グループ、イースタン・カーライナー、乾汽船、NSユナイテッド海運、川崎汽船、商船三井グループ、第一中央汽船、日本郵船グループ、プリンス海運、フレッシュキャリアーズ、Cargill、CMA CGM、DORIAN LPG、Eastern Pacific Shipping、Jera Global Markets、Louis Dreyfus Company、Mediterranean Shipping Company S.A.(MSC)ブローカー の求人 、MT Maritime Management、Ocean Network Express、Pacific Basin、その他国内外オペレーター
■オーナー(50音順)
大阪船舶、小谷海運、春山海運、洞雲汽船、久本汽船、福永海運、その他国内船主
■造船所(50音順)
今治造船、大島造船所、川崎重工業、北日本造船、ジャパンマリンユナイテッド、新来島どっく、常石造船、内海造船、檜垣造船、その他国内外造船所

<応募資格/応募条件>
【必須】
海運会社、商社、造船所または金融機関での海運にかかわる実務経験
法人営業で顧客と長く信頼関係を築いてきた経験
英語力(ビジネスレベル)
【歓迎】
金融、会計、税務の知識
【求める人物像】
知識欲、好奇心、探求心のある方

<勤務地詳細>
本社
住所:東京都港区新橋1-1-1 日比谷ビルディング 2F
勤務地最寄駅:都営三田線線/内幸町駅
受動喫煙対策:屋内喫煙可能場所あり

「捨てるなら産むな」と責める声、どう変わるか。赤ちゃんポストめぐる葛藤と希望を描いた『ベイビー・ブローカー』

『万引き家族』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した是枝裕和監督の最新作『ベイビー・ブローカー』が6月24日から公開されている。 【画像集】『ベイビー・ブローカー』出演者は? 本作は、赤ちゃんポストに入れられた赤ん坊をめぐって、赤子のブローカーたちと産みの母、ブローカーを追う刑事たちが織りなす物語だ。是枝監督が韓国のキャスト・スタッフと撮影した映画で、『パラサイト』のソン・ガンホが主演を務め、ぺ・ドゥナやカン・ドンウォン、イ・ジウン(歌手名・IU)らが出演する。 先日開催されたカンヌ国際映画祭ではエキュメニカル審査員賞と最優秀男優賞(ソン・ガンホ)を受賞した。是枝監督作品から、カンヌの俳優賞受賞者が出るのは、2004年の『誰も知らない』の柳楽優弥に次いで2人目となる。 赤ちゃんポストを題材にした理由や自身の過去作の反省から本作に込めたもの。そして韓国の撮影現場を体験したからこそ感じる日本映画産業の課題点などを是枝監督に聞いた。(取材・文=杉本穂高)

韓国の赤ちゃんポスト。利用者が多い背景は

是枝監督はなぜ赤ちゃんポストをめぐる物語を韓国で製作しようと考えたのだろうか。韓国映画界には魅力的な俳優が数多いが、この題材を語るには韓国がふさわしいと思ったのか、それとも韓国での仕事をしてみたいという思いがあったのだろうか。 「その両方です。韓国にも赤ちゃんポストがあり、日本よりも多くの赤ん坊が預けられていると2016年ごろに知り、ならば、この題材は日本以上に韓国でやった方がいいかもしれないと。同時に、ソン・ガンホやペ・ドゥナたちと一緒にやるならこの題材が適しているとも思いました」 日本では2007年から、熊本県にある慈恵病院が赤ちゃんポストを運営しており、2021年3月末までの15年間で計159人の子どもが預けられたという。 一方の韓国では、2009年に最初の赤ちゃんポストがソウル市内の教会に設置された。初年度の利用は0人、2010年には4人の利用にとどまっていたが、2012年ごろから利用者が急増。2019年までに累計1800人を超える赤ん坊が預けられているという。 急増の背景には、2012年の「入養(養子)特例法」の改正がある。改正により、子どもの出生ルーツを明確化するため、養子縁組に際し出生登録を義務付けるなど、要件が厳格化。加えて、2010年以降、韓国政府による中絶取り締まりが強化されたことを、背景要因として指摘する専門家もいる。2021年には人工妊娠中絶が非犯罪化されたが、即座に社会の空気が変わるわけではないだろう。 そのような社会背景の中、韓国では赤ちゃんポストに対しては、「嬰児遺棄を助長している」などという批判の声もあるという。 「映画冒頭にぺ・ドゥナ演じる刑事が『捨てるくらいなら産まなければいい』とつぶやくシーンがあります。赤ちゃんポストを批判するこうした声は一つの社会正義のようになっていて、母親を甘やかすなという意見も根強い。そういう声は韓国に限らず日本でも同様にあるので、映画はそこからスタートしようと思いました。 あの刑事が思わずつぶやいたその言葉を自分のものとして映画を観始めた観客が、2時間後に同じ言葉を簡単につぶやけなくなるまでの話にしなければいけない。それが今回の映画の縦軸になっています」

「捨てるなら産むな」と責める声、どう変わるか。赤ちゃんポストめぐる葛藤と希望を描いた『ベイビー・ブローカー』

『万引き家族』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した是枝裕和監督の最新作『ベイビー・ブローカー』が6月24日から公開されている。 【画像集】『ベイビー・ブローカー』出演者は? 本作は、赤ちゃんポストに入れられた赤ん坊をめぐって、赤子のブローカーたちと産みの母、ブローカーを追う刑事たちが織りなす物語だ。是枝監督が韓国のキャスト・スタッフと撮影した映画で、『パラサイト』のソン・ガンホが主演を務め、ぺ・ドゥナやカン・ドンウォン、イ・ジウン(歌手名・IU)らが出演する。 先日開催されたカンヌ国際映画祭ではエキュメニカル審査員賞と最優秀男優賞(ソン・ガンホ)を受賞した。是枝監督作品から、カンヌの俳優賞受賞者が出るのは、2004年の『誰も知らない』の柳楽優弥に次いで2人目となる。 赤ちゃんポストを題材にした理由や自身の過去作の反省から本作に込めたもの。そして韓国の撮影現場を体験したからこそ感じる日本映画産業の課題点などを是枝監督に聞いた。(取材・文=杉本穂高)

韓国の赤ちゃんポスト。利用者が多い背景は

是枝監督はなぜ赤ちゃんポストをめぐる物語を韓国で製作しようと考えたのだろうか。韓国映画界には魅力的な俳優が数多いが、この題材を語るには韓国がふさわしいと思ったのか、それとも韓国での仕事をしてみたいという思いがあったのだろうか。 「その両方です。韓国にも赤ちゃんポストがあり、日本よりも多くの赤ん坊が預けられていると2016年ごろに知り、ならば、この題材は日本以上に韓国でやった方がいいかもしれないと。同時に、ソン・ガンホやペ・ドゥナたちと一緒にやるならこの題材が適しているとも思いました」 日本では2007年から、熊本県にある慈恵病院が赤ちゃんポストを運営しており、2021年3月末までの15年間で計159人の子どもが預けられたという。 一方の韓国では、2009年に最初の赤ちゃんポストがソウル市内の教会に設置された。初年度の利用は0人、2010年には4人の利用にとどまっていたが、2012年ごろから利用者が急増。2019年までに累計1800人を超える赤ん坊が預けられているという。 急増の背景には、2012年の「入養(養子)特例法」の改正がある。改正により、子どもの出生ルーツを明確化するため、養子縁組に際し出生登録を義務付けるなど、要件が厳格化。加えて、2010年以降、韓国政府による中絶取り締まりが強化されたことを、背景要因として指摘する専門家もいる。2021年には人工妊娠中絶が非犯罪化されたが、即座に社会の空気が変わるわけではないだろう。 そのような社会背景の中、韓国では赤ちゃんポストに対しては、「嬰児遺棄を助長している」などという批判の声もあるという。 「映画冒頭にぺ・ドゥナ演じる刑事が『捨てるくらいなら産まなければいい』とつぶやくシーンがあります。赤ちゃんポストを批判するこうした声は一つの社会正義のようになっていて、母親を甘やかすなという意見も根強い。そういう声は韓国に限らず日本でも同様にあるので、映画はそこからスタートしようと思いました。 あの刑事が思わずつぶやいたその言葉を自分のものとして映画を観始めた観客が、2時間後に同じ言葉を簡単につぶやけなくなるまでの話にしなければいけない。それが今回の映画の縦軸になっています」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる