初心者必見

流動性リスク

流動性リスク
The address associated with Celsius (0x87A67e7dC32fdc79853D780c6f516312b4A503B5) added 2000WBTC collateral to the Maker protocol, and the current position of this address is 19,919.37WBTC 流動性リスク collateral and 262 million DAI 流動性リスク 流動性リスク debt. https://t.co/XZscrN5A59 https://t.co/BlQmIMDGvT— Wu Blockchain (@WuBlockchain) June 13, 2022

仮想通貨融資大手セルシウスの出金停止、競合他社の反応は?

大手仮想通貨貸借プラットフォームBlockFiのZac Prince CEOは、「stETHのエクスポージャーはゼロ」であることを強調し、出金を含め通常営業を継続する方針を示した。英仮想通貨レンディング企業NexoのDeFi(分散型金融)ストラテジストのKiril Nikolov氏は、「財務に影響しない範囲でしかstETHを保有していない」ことをCoinPost提携メディアThe Blockに認めている。

stETHとは、DeFiプロトコル「Lido Finance」でイーサリアム(ETH)をステーキングした際に受け取る債権トークン。ステーキング金利を獲得しながらstETHを担保に資金を借りるなどDeFi運用上の利点があり、Lido Financeには410万ETH(約6,500億円)が預けられている(執筆時点)。

The 流動性リスク BlockのLarry Cermakリサーチャーのオンチェーン分析によると、Celsiusが少なくとも40万9170 stETH(約600億円)を保有していると見られている。しかし、stETHの取引環境が悪化したことで流動性危機に陥っているというのが、今回の顧客資金の出金停止措置の背景にあると見られている。

セルシウスの流動性危機

流動性リスク

NexoのKiril Nikolov氏がThe Blockに語った内容によると、同社は過去数ヶ月間に渡るリスクオフプロセスでDeFiでのポジションを減らしており、外部資本調達なしにCelsiusの適格資産を購入できるだけの強固な流動性を確保している。

14日午後追記:DAIの担保資産の清算ライン

The address associated with Celsius (0x87A67e7dC32fdc79853D780c6f516312b4A503B5) added 2000WBTC collateral to the Maker protocol, and the current position of this address is 19,919.流動性リスク 37WBTC collateral and 262 million DAI debt. https://t.co/XZscrN5A59 https://t.co/BlQmIMDGvT

— Wu Blockchain (@WuBlockchain) June 13, 2022

セルシウスの出金停止の影響

一方で、Celsiusの顧客資金の出金停止措置の影響を受ける機関投資家も出てきている。ドイツのフィンテック企業Nuri(旧Bitwala)の「Nuri Bitcoin Interest Account」は、ビットコイン預金に最大3%の利息を提供するビットコイン利息口座。

厳しい市況を受けて多くの仮想通貨企業がリストラを図る中、Nuriも5月末に従業員の20%を解雇していた。BlockFiも13日に約20%の人員削減を発表。仮想通貨取引所などを運営するCrypto.comのKris Marszalek CEOも11日、弱気相場の中で収益性を最適化し、長期的に持続的な成長を確保するために、従業員の5%にあたる約260名を削減すると述べていた。

【不動産投資のリスク】流動性リスク。売りたい時にすぐ売れない。そんなリスクを負わないためには

前提として、どの物件でも安ければすぐに売れます。また、融資が付けばすぐに売れます。これらの前提はありつつ、不動産の中でどの物件が売れやすい傾向にあるかと言うと、それは「ワンルームマンション」です。まず、ワンルームマンションは他の不動産投資物件と比べて安価で購入できます。また、基本的には一人暮らしの方が入居しますので、自分自身で入居を決めることができるため、意思決定が早いです。また、セキュリティ面でもマンションは安心できるため、女性の一人暮らしにも向いています。このように安価で入居者が入りやすい物件ほど、賃貸用の不動産投資物件として人気となり、売りに出しても売れやすい傾向にあります。

一戸建て、ファミリーマンションは意思決定要素が多くなかなか決まらない

一戸建てファミリーマンションに投資してその物件を売る事になった場合、入居者が居る場合は投資目的の投資家がターゲットになります。まず、ファミリー向け物件の場合は、入居までの意思決定要素が多くて次の入居者すぐに決まらないことが多いです。まず、奥さんと旦那さんの意見が一致しないと入居が決まりません。そしてお子さんのことを考えて、幼稚園や学校までの距離や周辺環境なども意思決定の要素に入ってきます。結果として、意思決定要素が多いために入居がすぐに決まらないことが多いです。これは入居者が居なくて自分で住む為に購入する際にも同じことが当てはまります。また、入居者の集まりやすい東京圏で一戸建てやファミリーマンションを購入するには多額の資金が必要になるため現実的な投資対象ではありません。入居者が集まりやすい立地や物件に投資した方が収益を稼ぎやすいため、投資対象として「ワンルームマンション>一戸建て、ファミリーマンション」と言う判断になります。

アパート一棟の場合

こちらは全体の入居率が関係してきます。アパート一棟となると、投資家が物件を購入することになると思います。1部屋、2部屋入居したところで意味がありません。物件にもよりますが、満室状態が続いてくれないと投資対効果も出せません。そう考えた場合、それだけの入居者を集め続けられる物件かどうかという視点になります。しかし、入居者の集まりやすい東京圏でアパートを購入するには物件価格も高くなるため投資対象として現実的ではありません、さらに高額なため売却する際もすぐに売れる確率が低くなります。また、アパートの場合はマンションと比べるとセキュリティ面に不安を感じる入居者が多く、潜在的に入居者層が少ないということもあり、投資対象としては「マンション>アパート一棟」と言う判断になります。結果、売れる可能性が低くなります。

中古で付帯設備が乏しい物件

3.流動性リスクの小さい不動産物件とは

不動産は原則どのような場所でも相場よりも安いか融資が付けば売れます。そういう意味では流動性リスクはありませんが、損をすることになります。投資対象の物件を売らなければならない時、相場よりも安くしなくても売れやすい物件としてお勧めなのは、 東京圏で新築か築浅のワンルームマンション です。立地が良く収益性の高いワンルームマンションは、個人投資家やプロの業者含めて多数の投資家が狙っています。そのような方々は常に物件をチェックして、収益性が高い物件が出てきたらすぐに手をつけます。

不動産投資の流動性リスクとは。回避する手段はあるのか

不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」で、他の投資商品より手堅い投資方法だといわれています。ただし、投資をする際はいくつかのリスクについても知っておかなくてはなりません。例えば、空室リスク、災害リスク、そして流動性のリスクなどです。特に 不動産投資は流動性が低い投資商品 流動性リスク といわれているため詳しく知っておく必要があるでしょう。 ここでは不動産投資をする上で知っておくべき「流動性リスク」とはそもそも何なのか、そして回避する手段があるのか、詳しく解説します。

この記事は約7分で読み終わります。

流動性リスク

不動産投資の流動性は低い

まずは、投資をするうえで気になる「流動性リスク」について、特徴とあわせてご説明します。

そもそも流動性とは

不動産投資における流動性とは、物件の売買のしやすさ、換金・現金化のしやすさのことをいいます。 「流動性が高い」とは、買い手が多く、売買しやすい、すぐに売りやすいこと をいいます。

つまり、すぐに現金が手に入りやすいということです。一方で 流動性リスク 「流動性が低い」とは、買い手が少なく、すぐに売りにくいこと をいいます。つまりすぐに現金が手に入らないということです。

不動産投資の流動性が低い理由

また1対1の相対取引になるので、買い手が少ないことも理由です。基本的には1つの物件に対し、買う人も売る人も1人ずつとなります。そのため売りたいときにすぐに買い手が見つからない場合、希望額より安く売らなくてはいけなくなります。これを「流動性リスク」と呼び、不動産投資にはこの流動性リスクがつきものなのです。

不動産投資の特徴

流動性リスクを抑える6つのポイント

①地方の物件は買わない

流動性が高い地域で投資するのがおすすめです。地方ではなく都心の物件を買いましょう。都心は、人口が多く買い手が多いので、地方よりも都心の方が流動性は高いです。

②立地の良い物件を探す

③設備や状態が良い物件を探す

立地や設備、状態を見るときは、必ず自分の目で物件を確認してください。外観や内観、設備、管理は行き届いているか、そして周辺環境など、物件の利回りだけでは分からない情報をチェックしましょう。

④入居者のターゲット層を決める

前述したように、需要のある物件なら買い手が見つかりやすいので、流動性が高くなると説明しました。それを確認するためには、エリアの需要を調べることも有効です。

⑤返済しやすいローンを組む

⑥収益をプラスにする

都心でできる不動産投資、区分所有権オフィス

区分所有権オフィスが注目される理由

当社タマホームでは、2018年4月より「区分所有権販売事業」を展開しています。区分所有権販売事業とは、 中規模オフィスビルを取得し、修繕やリノベーションを行い物件の価値を上げてから、オフィスを1フロアに区分し販売すること です。

人手不足である中小企業は、採用難解消や生産性向上のため、オフィス環境を整える流れになっているので、オフィスの需要があります。供給が少ないのに関わらず一定の需要が見込めるため、資産価値は安定するでしょう。

区分所有権オフィスの流動性

区分所有権オフィスのメリットは、流動性が高いことです。フロア単位で所有することで、ビル一棟分よりも低い資金で購入するためです。買いやすさが流動性の高さにつながっています。

特に都心のオフィスビルは需要が伸びており、 中古オフィスビルでも入居率が高く、利回りが安定しているのが特徴 です。 タマホームのマーケットを使ってスピーディーな売却が可能なことも、強みと言えるでしょう。

仮想通貨融資大手セルシウスの出金停止、競合他社の反応は?

大手仮想通貨貸借プラットフォームBlockFiのZac Prince CEOは、「stETHのエクスポージャーはゼロ」であることを強調し、出金を含め通常営業を継続する方針を示した。英仮想通貨レンディング企業NexoのDeFi(分散型金融)ストラテジストのKiril Nikolov氏は、「財務に影響しない範囲でしかstETHを保有していない」ことをCoinPost提携メディアThe Blockに認めている。

stETHとは、DeFiプロトコル「Lido Finance」でイーサリアム(ETH)をステーキングした際に受け取る債権トークン。ステーキング金利を獲得しながらstETHを担保に資金を借りるなどDeFi運用上の利点があり、Lido Financeには410万ETH(約6,500億円)が預けられている(執筆時点)。

The BlockのLarry Cermakリサーチャーのオンチェーン分析によると、Celsiusが少なくとも40万9170 stETH(約600億円)を保有していると見られている。しかし、stETHの取引環境が悪化したことで流動性危機に陥っているというのが、今回の顧客資金の出金停止措置の背景にあると見られている。

セルシウスの流動性危機

NexoのKiril Nikolov氏がThe Blockに語った内容によると、同社は過去数ヶ月間に渡るリスクオフプロセスでDeFiでのポジションを減らしており、外部資本調達なしにCelsiusの適格資産を購入できるだけの強固な流動性を確保している。

14日午後追記:DAIの担保資産の清算ライン

The address associated with Celsius (0x87A67e7dC32fdc79853D780c6f516312b4A503B5) added 2000WBTC collateral to the Maker protocol, and the current position of this address is 19,919.37WBTC collateral and 262 million DAI debt. https://t.co/XZscrN5A59 https://t.co/BlQmIMDGvT

— Wu Blockchain (@WuBlockchain) June 13, 2022

セルシウスの出金停止の影響

一方で、Celsiusの顧客資金の出金停止措置の影響を受ける機関投資家も出てきている。ドイツのフィンテック企業Nuri(旧Bitwala)の「Nuri Bitcoin Interest Account」は、ビットコイン預金に最大3%の利息を提供するビットコイン利息口座。

厳しい市況を受けて多くの仮想通貨企業がリストラを図る中、Nuriも5月末に従業員の20%を解雇していた。BlockFiも13日に約20%の人員削減を発表。仮想通貨取引所などを運営するCrypto.流動性リスク comのKris Marszalek CEOも11日、弱気相場の中で収益性を最適化し、長期的に持続的な成長を確保するために、従業員の5%にあたる約260名を削減すると述べていた。

立会外分売の分析 (7674)NATTY SWANKYホールディングス

立会外分売の分析(7574)NATTY SWANKYホールディングス

立会外分売の分析

基本情報
銘柄(7674)NATTY SWANKYホールディングス 発行済株式数2,158,440株
市場東証グロース浮動株数468,381株
信用区分信用配当金5円
目的株式の流動性の向上株主優待食事券1万円分
(1月、7月)
分売情報
発表日2022年6月13日(月) 実施予定日2022年6月22日(水)
~6月24日(金)
分売枚数1000枚 申込上限10枚
発表日終値3220円 発表日出来高37枚
前日終値 前日出来高
割引率 分売価格

2022年6月14日(火)23:00事前分析

株価、チャート

流動性、需給

2022年月日():最終分析

株価調整
流動性の改善
割引率
最終評価

株価、チャート

流動性、需給

分売枚数 前日終値 分売価格 当日出来高
始値 高値 安値 終値

立会外分売の分析 (7089)フォースタートアップス

立会外分売の分析 (2805)ヱスビー食品

基本情報 銘柄(2805)ヱスビー食品 発行済株式数13,954,234株 市場東証2部浮動株数1,800,096株信用区分信用配当金50円目的株式の流動性の向上株主優待1000円分の自社製品(3月、.

立会外分売の分析 (9760)進学会ホールディングス

基本情報 銘柄(9760)進学会ホールディングス 発行済株式数20,031,000株 市場東証1部浮動株数2,263,503株信用区分貸借配当金15円目的株式の流動性の向上株主優待3000円分の優待券.

立会外分売の分析 (3847)パシフィックシステム

基本情報 銘柄(3847)パシフィックシステム 発行済株式数1,480,流動性リスク 000株 市場東証JASDAQ浮動株数222,000株信用区分信用配当金125円目的スタンダード市場の基準充足株式の流動性の向上.

立会外分売の分析 (7377)DNホールディングス

立会外分売の分析 (2612)かどや製油

基本情報 銘柄(2612)かどや製油 発行済株式数9,400,000株 市場東証1部浮動株数1,419,400株信用区分信用配当金100円目的株式の流動性の向上スタンダード市場条件の充足株主優待自社製.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる