ポジション取引戦略

スキャルピングとは

スキャルピングとは
1位

【図解説】ビットコイン(仮想通貨)FXでスキャルピングの手法を公開

【図解説】ビットコイン(仮想通貨)FXでスキャルピングの手法を公開

1位の王冠

1位

レバレッジランキング

1位の王冠

1位

安全性ランキング

1位の王冠

1位

手数料ランキング

1位の王冠

1位

キャンペーン

1位の王冠

1位

銘柄数

1位の王冠

1位

スキャルピングとは

スキャルピングとはFXの取引手法のひとつで、1pips(1銭)〜数十pips(数十銭)のわずかな利幅を狙って、取引回数を積み重ねることによって利益を得るものを指します。取引一回ごとの利益は0.01円などかなり小さなものなので、高いレバレッジ倍率で取引できる業者を選ばないと利益を生み出すことが難しい手法です。

そこでこの記事では、「海外FX業者でスキャルピングしたい!」という方に向けて、スキャルピングするならどの口座が良いのかという観点からおすすめ業者4選をランキング形式で紹介します。

1位 迷ったらコレ!TitanFX「ブレード口座」
2位 大口にも対応!AXIORY「ナノ・スプレッド口座」
3位 初心者にもおすすめ!XM スキャルピングとは Trading「XM Zero口座」
4位 取引コストが最安レベル!TradeView「ILC口座」

1. スキャルピングするならおすすめの海外FX口座ランキング4選

▼スキャルピングにおすすめの海外FX業者の条件

  1. スキャルピングが認められていること
  2. 取引コストが低いこと(スプレッド・取引手数料)
  3. 約定力が高いこと
  4. NDD方式のECN口座であること

スキャルピングとは

スキャルピングとは
スキャルピング規制 スプレッド・取引手数料 約定力・スピード※ NDD方式採用 信頼性・使いやすさ
1位 👑
TitanFX
ブレード口座

規制なし

実質スプレッドが狭い

約定スピードはミリ単位

NDD方式ECN採用

スキャルピングで不安材料なし
2位 👑
AXIORY
ナノ・スプレッド口座

規制なし+大口でもOK

実質スプレッドが狭い

0.001秒にこだわり約定率99.98%

NDD方式ECN採用

cTraderにも対応
3位 👑
XM Trading
XM Zero口座

規制なし

スプレッドは少し広め

約定力が高い

NDD方式ECN採用

抜群の信頼感
4位 👑
TradeView
ILC口座

規制なし+大口でもOK

実質スプレッドは最安レベル

約定力が高い

NDD方式ECN採用

最大レバレッジは低め

それぞれの口座について、なぜスキャルピングにおすすめなのか詳しく解説していきます。

1-1. 【1位】迷ったらコレ!TitanFX「ブレード口座」

1位 👑
TitanFX「ブレード口座」
スキャルピング規制
規制なし
スプレッド・取引手数料
実質スプレッドが狭い
約定力・スピード※
約定スピードはミリ単位
NDD方式採用
NDD方式ECN採用
信頼性・使いやすさ
スキャルピングで不安材料なし

TitanFX「ブレード口座」がスキャルピングにおすすめの理由

  • スプレッドも取引手数料もかなり低め
  • 安定した約定力の高さが魅力
  • スキャルピング口座としての大きな不安材料が無い

スキャルピングするならイチオシの海外FX口座として、取引コストの低さと約定力の高さに定評があるTitanFX「ブレード口座」を選びました。「ブレード口座」は一般的な「スタンダード口座」よりもスプレッドが狭く、取引手数料が安い口座です。

少額の差益を狙って一日に何度も取引を行うスキャルピングでは、①スプレッドが狭いこと、②取引手数料が低いこと、③約定力が高く約定スピードが早いことがかなり重要です。この3つを全て満たしているのが、TitanFX「ブレード口座」です。ディーラーを通さないNDD方式に対応したECN口座で、取引制限もありません。

また、「初回入金額が高い」などのデメリットを持つ他のブローカーもある中、TitanFXはスキャルピングする上での大きな不安材料が無いのもイチオシの理由です。

評価 詳細
スキャルピング規制 スキャルピング規制は一切なし。また、超短期売買を繰り返すEA(自動売買ソフト)も使用可能。
スプレッド(手数料込) 取引手数料(取引ごとに0.7pips)を加味した平均スプレッド
・USD/JPY:1.03pips
・EUR/JPY:1.44pips
・GBP/JPY:0.9pips
・AUD/JPY:1.82pips
・EUR/USD:0.9pips
・GBP/USD:1.22pipsなど
約定力・約定スピード ミリ秒単位の約定スピードを実現(業者の公表値)
NDD方式採用 NDD方式 ECN
信頼性・使いやすさ スキャルピングをするうえでの不安材料なし。最新技術に裏付けされた質の高い取引環境を実現しており、日本語サポートも充実。
口座開設はこちら

1-2. 【2位】大口にも対応!AXIORY「ナノ・スプレッド口座」

スキャルピングとは
2位 👑
AXIORY ナノ・スプレッド口座
スキャルピング規制
規制なし+大口でもOK
スプレッド・取引手数料
実質スプレッドが狭め
約定力・スピード※
0.001秒にこだわり約定率99.98%
NDD方式採用
NDD方式ECN採用
信頼性・使いやすさ
cTraderにも対応

AXIORY「ナノ・スプレッド口座」がスキャルピングにおすすめの理由

  • 約定力が高く、約定スピードは0.0001秒とかなり早い
  • 大口のスキャルピングにも対応できる

ヨーロッパを中心に知名度が高い、振興の海外FXブローカー「AXIORY」は、派手なボーナスやプロモーションを行わず、その分スプレッドやトレードシステムなど取引環境の充実に力を入れています。日本語サポートも充実しているため、英語が分からない方でも問題なく利用できます。

AXIORYの最大の特徴は、大口のトレードが可能なことです。最大で1ポジションあたり1,000ロット(1億通貨)の取引が可能です。1ドル105円とした場合、なんと105億円のトレードができる計算となります。取引数量上限を気にすること無く、EA(自動売買システム)を動かすことができます。

評価 詳細
スキャルピング規制 スキャルピング規制はなく、裁量トレードや自動売買も問題なし。
スプレッド(手数料込) 取引手数料(取引ごとに0.6pips)を加味した平均スプレッド
・USD/JPY:0.8pips
・EUR/JPY:1.0pips
・GBP/JPY:1.3pips
・AUD/JPY:1.3pips
・EUR/USD:0.8pips
・GBP/USD:1.スキャルピングとは スキャルピングとは 1pipsなど
約定力・約定スピード 0.001秒へのこだわり。約定率99.98%リクオートなし(業者の公表値)
NDD方式採用 NDD方式 ECN
信頼性・使いやすさ 日本語サポートも充実しており、トレードツール「cTrader」にも対応している
口座開設はこちら

1-3. 【3位】初心者にもおすすめ!XM Trading「XM Zero口座」

3位 👑
XM スキャルピングとは Trading XM Zero口座
スキャルピング規制
規制なし
スプレッド・取引手数料
スプレッドは少し広め
約定力・スピード※
約定力が高い
NDD方式採用
NDD方式ECN採用
信頼性・使いやすさ
抜群の信頼感

XM スキャルピングとは Trading「XM Zero口座」がスキャルピングにおすすめの理由

  • 日本国内で一番人気の信頼できる海外FXブローカーである
  • 「XM Zero口座」ならスプレッドが狭め(TitanFX・AXIORYと比べると少し広い)

取引手数料を加味した実質スプレッドは1位のTitanFX・2位のAXIORYと比べてしまうと広めですが、頻繁にスプレッドが広がることはなく約定力が高いため、確実にトレードを成立でき利益を確定しやすいといえます。

▼XM Trading「XM Zero口座」の評価まとめ

スキャルピングとは

評価 詳細
スキャルピング規制 スキャルピング規制はなく、裁量トレードや自動売買も可能。
スプレッド(手数料込) 往復取引手数料1.0pipsを加味した平均スプレッド
・USD/JPY:1.1pips
・EUR/JPY:1.6pips
・GBP/JPY:2.1pips
・AUD/JPY:1.8pips
・EUR/USD:1.1pips
・GBP/USD:1.4pipsなど
約定力・約定スピード 全注文の99.35%が1秒以下で執行。リクオートは一切なし。執行率100%、注文拒否なし。(※XM公式サイトの公表値)
NDD方式採用 NDD方式 ECN
信頼性・使いやすさ 日本語サポートが充実しており信頼性が高いため、日本国内で最も人気がある海外FX業者。
口座開設はこちら

1-4. 【4位】取引コストが最安レベル!TradeView「ILC口座」 スキャルピングとは

4位 👑
TradeView ILC口座
スキャルピング規制
規制なし+大口でもOK
スプレッド・取引手数料
実質スプレッドは最安レベル
約定力・スピード※
約定力が高い
NDD方式採用
NDD方式ECN採用
信頼性・使いやすさ
最大レバレッジは低め

TradeView「ILC口座」がスキャルピングにおすすめの理由

  • 取引コストがかなり安い
  • 禁止行為や取引制限がなく、大口の取引もできる

TradeViewの「ILC口座」は、スタンダード口座と比べてスプレッドが低いECN方式の口座です。最大レバレッジはスタンダード口座の500倍から200倍にまで下がりますが、取引手数料を加味した実質レバレッジが業界でもかなり低い水準で、最小取引単位が1万通貨まで可能です。

2. スキャルピングが禁止・制限される海外FX業者

しかし、スキャルピングにおすすめかどうかの前に、スキャルピングが禁止されている業者や制限されている業者もあるため、事前に知っておくとよいでしょう。

スキャルピングとはスキャルピングとは
スキャルピング 禁止や制限の詳細
iFOREX スキャルピングは「許可されない取引行為」に該当
LAND-FX 通常時のスキャルピングは禁止されていないが、経済指標発表時のスキャルピング行為は禁止。またシステムを使ったスキャルピングやサーバーに支障がある取引などは、取引停止になる可能性がある。
GEMFOREX スキャルピングは禁止ではないが、サーバーの支障になる場合は制限される場合がある
is6com スキャルピングに制限は設けていないが、取引が膨大になり執行能力に支障をきたす場合は制限される可能性がある

3. スキャルピングにおすすめの海外FX口座の条件5つ スキャルピングとは

▼スキャルピングにおすすめの海外FX口座の条件

  1. スキャルピングが認められていること
  2. 取引コストが低いこと(スプレッド・取引手数料)
  3. 約定力が高いこと
  4. NDD方式のECN口座であること
  5. 業者の安全性・信頼性の高さ

3-1. スキャルピングが認められていること

許可されない取引行為

スキャルピングはわずかな価格の動きで大きな利益を出そうと試みる取引戦略です。この戦略を実行するトレーダーは、小さな価格変動は大きなものに比べて捉えやすいという考えに基づき、1日に10から数百に及ぶ取引を行います。

引用:iFOREXの取引条件

3-2. 取引コストが低いこと(スプレッド・取引手数料)

取引コストには、スプレッドと取引手数料の2つがあります。スプレッドや取引手数料が低いほど、利益は多く出ますので当たり前ですよね。小さな利益を狙うスキャルピングの場合、この取引コストの安さがかなり重要になるのです。

スキャルピングとは スキャルピングとは
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY EUR/USD GBP/USD
TitanFX
ブレード口座
1.03pips 1.44pips 0.9pips スキャルピングとは
最安
1.82pips 0.9pips 1.22pips
AXIORY
ナノ・
スプレッド口座
0.8pips 1.0pips 1.3pips 1.3pips 0.8pips 1.1pips
XM Trading
XM Zero口座
1.1pips 1.6pips 2.1pips 1.8pips 1.1pips 1.4pips
TradeView
ILC口座
0.6pips
最安
0.9pips
最安
1.0pips 1.0pips
最安
0.7pips
最安
1.0pips
最安

3-3. 約定力が高いこと

スリッページ幅(注文価格と約定価格の差)も取引コストとなりますので、できるだけ約定力の高い業者を選びましょう。

スキャルピングとは スキャルピングとは
約定力・約定スピード
TitanFX ミリ秒単位の約定スピードを実現【業者の公表値】
AXIORY 0.001秒へのこだわり。約定率99.98%リクオートなし【業者の公表値】
XM Trading 全注文の99.35%が1秒以下で執行。リクオートは一切なし。執行率100%、注文拒否なし。【業者の公表値】
TradeView 約定力の目安は非公開だが、サクサクだと評判が高い。

3-4. NDD方式のECN口座であること

同じFX業者の中でもいくつかの口座タイプが用意されていますが、スプレッドや約定力を重視すると、必然的にNDD方式のECN口座を選ぶことになります

NDD方式はさらにECN口座とSTP口座に分かれますが、おすすめはECN口座です。ECNの方が、より狭いスプレッドで取引でき、透明性が高いトレードが可能です。

3-5. 業者の信頼性の高さや使いやすさ

最後の条件は、「業者の信頼性の高さや使いやすさが優れていること」です。いくら取引コストが低くて約定力が高くても、怪しい業者でトレードするのは危険です。

【禁止?】FXのスキャルピングとは?勝ち方とおすすめのFX口座を比較紹介

「FXのスキャルピングに興味はあるけどやり方がわからない…実際に勝てるの?初心者でもできるの?」
スキャルピングに興味はあるが、どうすれば勝てるのかわからないとお悩みではありませんか。
スキャルピングは一見難しそうに見えますが、初心者であっても利用できるトレード方法です。
本記事では、スキャルピングとは何かという説明から、実際のスキャルピングの方法、そしてどのFX会社であればスキャルピングができるのかまでを徹底的に解説します。
本記事を読み終える頃には、スキャルピングについての理解が深まり、 トレードの中でスキャルピングが活用できるようになります。
※本記事を読めば必ずスキャルピングで勝てるという意味ではありません。FXは必ず自己責任で取引するようお願いいたします。

  • スキャルピングの方法がわかる
  • スキャルピングにボリンジャーバンド、指数平滑移動平均線を利用できる
  • スキャルピングにおすすめなFX会社はヒロセ通商LION FX

FXのスキャルピングとは?

スキャルピングとは短時間の間に取引を繰り返すトレーディングの方法のことをいいます。
数秒から数時間の間の通貨の値上がり、値下がりに注目して何度もトレーディングを積み重ねます。そのため、他のFXのトレーディングよりもスピードを重視した方法です。
スキャルピング取引は短い時間の間に取引を何度も行うため、薄利になるのが一般的です。
損の金額も小さくなるため、大勝ちをすることもなければ、大負けをすることもないトレーディング方法なのです。
回数を積み重ねるため、他のトレード方法が一度の勝ち負けに拘るのに対して、スキャルピングでは通算での勝ちを狙いにいきます。
取引の回数が増えてしまうため、スプレッド幅が小さい取引所を選ばないと毎回スプレッドコストがかかってしまうので、注意が必要なトレーディング方法です。

FXのスキャルピング以外の取引手法は?

  • デイトレード:数時間〜1日
  • スイングトレード:数日〜数週間
  • 長期保有:月〜年単位

デイトレード:数時間~1日

デイトレードは略して「デイトレ」と呼ばれますが、デイトレードはFX取引の中でも最もポピュラーなトレード方法です。
初心者の方はデイトレードからスタートすることが多いといわれています。
デイトレードでは、必ずその日のうちにポジションを解消します。
次の日にポジションを持ち込まないため、夜はぐっすりと寝れるのがメリットです。
しかしどれだけ利益が出そうでも、1日でトレードを決済するというルールの順守が必要とされます。

スイングトレード:数日~数週間

数日から数週間の間、ポジションを持つ続けるのがスイングトレードです。
数週間単位でどのように相場が動くかに注目するので、短期的な相場の上げ下げでは影響を受けないのがメリットです。一方で損切りのタイミングを誤ってしまうと、ずるずると損をし続けてしまいます。
デイトレードよりもポジションを長く持つため、利益の幅がデイトレードよりも大きくなるのが特徴です。
また、スイングトレードの場合は、ポジションを翌日に持ち越すため、ストレスを感じやすいというデメリットがあります。

長期保有:月~年単位

長期保有は1ヶ月〜1年単位でポジションを持ち続ける手法です。 長期的に相場を見るため、短期の相場の上げ下げは気にしなくて済むのがメリットです。
長期保有でポジションを持つ際は、ポジション解消時に利益を出すだけでなく、長期保有によるスワップポイントで利益を出す視点も必要です。
もちろん最終的な出口でも利益が取れるように、長期間のチャートを分析する必要があるため、上級者向けのトレーディング方法といえるでしょう。

FXのスキャルピングのメリット

  • 少ない元手から始めやすい
  • 経験値が溜まりやすい
  • オーバーナイトしなくて良い

少ない元手から始めやすい

スキャルピングの損益は決して大きくはないため、損をしてもごく僅かなのが特徴です。
このため、 手元が少なくても気軽に始められます。
他の投資方法だと、一回の取引のウェイトが大きいため、大きな損失を覚悟してFX取引をする必要がありますが、スキャルピングであれば大損の可能性は少ないです。
むしろ、短期間での利益を積み重ねるため、複利方式で利益が増加していく可能性が高いのです。
実際、スキャルピングでは1日に100回以上の取引を繰り返すこともあるため、一回あたりの利益は小さかったとしても、元手の10倍以上の金額を目指すことも可能です。
小さい資金でコツコツと利益を積み重ねることができる人にはスキャルピングは向いています。

経験値が溜まりやすい

スキャルピングは短期間に取引を繰り返すため、他の投資手法よりも経験値が溜まりやすいのもメリットです。
他の投資手法のデイトレードは1日以内に取引を完了させますが、1日中チャートを眺めている人はほとんどいません。
一方でスキャルピングは短時間で取引をするため、チャートから目を離さずに何度も取引をします。
短時間の間に集中してチャートを見るため、チャートの動きが少しずつわかるります。 そして何よりも、短期間で充実した相場経験が得られます。
また、スキャルピングでは短期間の間に勝ち負けがわかるため、成功と失敗の要因を分析して次のスキャルピングに活かすこともできます。
このため、他の投資方法よりも圧倒的に経験を積むことができるのがスキャルピングなのです。

オーバーナイトしなくて良い

オーバーナイトとは、翌日にポジションを持ち越すことです。
オーバーナイトのメリットは、夜中チャートを見ていなくとも、気づかないうちに利益が出ている可能性があることです。また、ポジションを持ち越すことでスワップポイントを得ることができるのもメリットです。
しかし、オーバーナイトをすることは、 寝ている間に相場が急落し、強制ロスカットが発生してしまう可能性があることを意味します。
特に、スイングトレードをしている場合は寝ようと思っていても相場が気になり、夜十分に寝られないケースも目立ちます。
一方でスキャルピングは短期間売買のため、オーバーナイトをする可能性はありません。このため強制ロスカットとも無縁です。
特にストレスに弱い方は、オーバーナイトのリスクを背負うよりも、短期間で結果が出るスキャルピングの方が向いているといえます。

FXのスキャルピングのデメリット・注意点

スプレッドが増える

まずはスプレッドが増えることがデメリットです。
スプレッドとは、外貨を取得する際にかかる手数料のことを指します。
スプレッド手数料は外貨を取得する度にかかるため、取引回数が増えれば増えるほどコストとしてかかります。
特にスキャルピングの場合は小さい利益を積み重ねる必要があるため、スプレッドの手数料は大きく関係します。一般的にスキャルピングは10pipsほどの利幅を狙うため、スプレッド手数料が大きくなればなるほど、利幅を取りづらくなってしまうのです。
このため、スキャルピングをする際は、なるべくスプレッドが小さなFX会社を利用することが必要があります。

スリッページの影響が大きい

スリッページの影響はスキャルピングに大きく関わってきます。
スリッページとは、発注・決済する際に狙った価格と実際の取得価格がずれてしまうことを指します。
例えば、ドルを購入する際に1ドル110.000円で注文を出したのに、実際の約定価格が110.003円になってしまった場合、0.3銭滑った(スリッページが発生した)といえます。
繰り返しにはなりますが、スキャルピングの利益は非常に小さくなる場合が多いです。
このため、 本来は利益が出るはずの取引だったとしても、スリッページが要因で利益が吹き飛ぶ可能性もあります。
このため、スリッページの発生確率が高いFX会社は利用しない方がよいでしょう。

スキャルピング禁止のFX会社もある

FX会社によってはスキャルピング取引を禁止している会社もあります。
これはFX会社のカバー取引が間に合わなくなる可能性があることが理由です。
カバー取引とは、FX会社が個人からの注文を受けた際に、市場から同額で同じ通貨を購入し、FX会社のリスクヘッジをすることを指します。
スキャルピングは個人が高速で売買を行うため、FX会社のカバー取引が間に合わない可能性があります。
カバー取引が成立しないと、FX会社が損失を被ってしまうため、FX会社の中にはスキャルピングを禁止している会社もあるのです。
このため、スキャルピングを利用する際は、そもそもFX会社がスキャルピングに対応しているかを確認する必要があります。
万が一、スキャルピングが禁止されているFX会社でスキャルピングが行われると、口座が凍結される可能性がありますので注意しましょう。
参考: コメントの概要及びコメントに対する金融庁の考え方 | 金融庁

FXのスキャルピングの主な手法

ボリンジャーバンドを使う手法

スキャルピングを利用する際にはボリンジャーバンドを使用するのがおすすめです。

ボリンジャーバンドとは、真ん中の移動平均線を挟んで上下に3本存在する線(バンド)のことです。相場のトレンドを確認するために利用します。
ボリンジャーバンドは移動平均線に近い順で上に離れるほど、+1α、+2α、+3αとなり、下に離れるほど-1α、-2α、-3αとなります。
チャートが移動平均線から外れて+3αに近づけば近づくほど買われすぎ、-3αに近づくほど売られ過ぎを示します。
ボリンジャーバンドの活用してスキャルピングに注目する際は、まずエクスパンションに注目する必要があります。
エクスパンションとはグラフの以下の部分を指します。

相場が動き出すとボリンジャーバンドが上下に大きく広がります。これをエクスパンションと呼びます。
エクスパンションは相場の流れを指しますので、基本的にはエクスパンションが発生した際にチャートが動いた方向にエントリーすれば、チャートはトレンドの通りに動くため利益が取れます。
ボリンジャーバンドを利用したスキャルピングには順張りと逆張りがあります。
順張りとは、相場のトレンドに従って動くと予想する方法で、ボリンジャーバンドの2αを基準に考えます。
例えば、ボリンジャーバンドの+2αにタッチすればその後はトレンドに従い+3αまでチャートは変動すると考えるのが順張りの考え方です。
しかし、実際には相場には騙しがあり、必ずしも+2αにタッチしたからといってその後+3αまで相場が動くわけではありません。

実際、上図でも+2αまでタッチしていますが、その後相場は落ち込んでいます。
逆張りでは、+3αにタッチすればその後は相場は逆転するだろうと読み、売りのポジションから入るFXのトレード方法をいいます。
このようにボリンジャーバンドを利用してスキャルピング取引が可能です。

指数平滑移動平均線(EMA)を使う手法

指数平滑移動平均線(EMA)とは移動平均線(SMA)よりも直近のデータに比重を置いて計算したものです。 より直近のデータ(トレンド)が折り込まれているのが、指数平滑移動平均線(EMA)となります。
指数平滑移動平均線(EMA)は、トレンドを重視するトレーダーに好まれます。相場でトレンドを無視することはできません。このため、エントリーポイントやエグジットポイントを移動平均線(SMA)よりも早く知ることができるという点で重宝されます。

指数平滑移動平均線(EMA)は組み合わせによって使い方が変わってきます。
例えば、3本の指数平滑移動平均線(EMA)を組み合わせて実際のチャートの乖離を見て今後のチャートの動きを予測する方法があります。
他にも、1本の短期の指数平滑移動平均線(EMA)と長期の指数平滑移動平均線(EMA)を組み合わせて、その2つの線の比較からトレンドを推測する方法もあります。
注意点としては、指数平滑移動平均線(EMA)は移動平均線(SMA)よりも直近のデータを参照しているため、騙しといわれるチャートに引っかかってしまう可能性があることです。

FXのスキャルピングの勝ち方/コツ

  • 判断を早く
  • 取引が活発な通貨ペアを選ぶ
  • 流動性の高い取引時間を選ぶ
  • 約定力のある口座を選ぶ
  • 損切り・利確ルール徹底する
  • 通信環境を整備する

判断を早く

まず1つ目のコツは判断を早くすることです。
スキャルピングは他のトレーディング方法よりも短期間で取引を繰り返すのが特徴です。
短期間での取引をするため、一つ一つの取引に時間をかけすぎないようにしましょう。
スキャルピングで大切なのは、 狙った利益が出れば機械的に利確をし、損切りをすると決めたラインまで相場が落ち込めば損切りをすることです。
この動作に感情を入れてしまってはスキャルピングはいつになってもうまくできるようになりません。
「もしかしたらもう少し上がるかも…」などの感情は、特にスキャルピングなどの取引には不要な感情ですので、自身で決めたルールに従って取引をするようにしましょう。

取引が活発な通貨ペアを選ぶ

2つ目のコツは、取引が活発な通貨ペアを選ぶことです。
取引量があまりない通貨ペアを選んでしまうと、通貨の流動性が低くなり、約定率が下がったり、スリッページが発生したりする可能性があります。
スキャルピングにおいて重要なのは、 発注した価格で確実に約定をさせること です。
元々一つの取引では大きな利益を取れないのがスキャルピングです。このため、約定できないリスクやスリッページのリスクは排除するようにしましょう。

流動性の高い取引時間を選ぶ

3つ目のコツは、流動性の高い取引時間を選ぶことです。
短時間で何度も取引を繰り返すスキャルピングでは、流動性が高く値動きが起こる活発な時間帯がチャンスです。
スキャルピングは値動きの中で利益を積み重ねる方法ですので、仮に相場が全く動かない状態になってしまえば、相場が動くまでずっとチャートを眺めていなければなりません。 スキャルピングとは
相場が動かない状況を避けるためには 活動性の高い取引時間帯を選ぶこと が大切です。
流動性の高い時間は日本時間だけを基準に考えるのではなく、アメリカなど海外での時間帯も考慮する必要がありますので、注意が必要です。

約定力のある口座を選ぶ

FXは注文から実際の約定成立までに時間がかかります。
これをレイテンシと呼びますが、レイテンシが発生すると、注文の値段から実際の取得価格がずれる可能性があります。
このため、 約定率が高い会社を選ばなければ、スリッページの発生により損をする可能性があります。
特にスキャルピングでは利益が小さいため、スリッページが発生するとその値だけで損をしてしまう可能性があるのです。
こうしたスリッページを避けるためにも、FX会社を選ぶ際には約定率も考慮しましょう。

損切り・利確ルールを徹底する

感情論でスキャルピングをしてしまうと思わぬ損失が発生してしまう可能性があります。
スキャルピングでは、何度も取引をするため、しっかりとしたトレーディングを続けていれば通算では勝てるケースが多いです。
しかし、このためには 損切り・利確ルールを徹底することが大切 です。
例えば、10pipsの利益が出たら必ず利確をする。損が20pipsまで広がったら必ず損切りをするなど自身でルールを設定することが大事です。
損切り・利確ルールだけでなく、チャートがこのようになったらエントリーをするなど自身でルールを決定しておくことで、その後のチャート分析にも繋がります。

通信環境を整備する

スキャルピングにおいては通信環境を整備しておくことも大切です。
通信環境が整っていないと、通信の遅延により思った通りの価格でエントリーができなかったり、利確ができなかったりする可能性があります。
また、通信環境の悪化は、スリッページや約定力にも繋がります。 スキャルピングとは スキャルピングとは
リスクを極力排除するためにも、通信環境を整えた上でスキャルピングを行うことをおすすめします。

FXのスキャルピングに向いている人

  • 集中力のある人
  • 短期集中で利益を狙いたい人
  • 小額の利益を積み上げられる人

集中力のある人

スキャルピングに向いている人は集中力のある人です。
スキャルピングは短期で取引を終了させるため、取引中はチャートから目を離すことはありません。
目標値まで達すれば利益確定をし、損切りラインまで後退すれば損切りをする必要があるからです。
特にスキャルピングは小さな利益を目指すため、目を離している隙に目標ラインに到達してしまう可能性もありますので、集中力があるのは大前提です。

短期集中で利益を狙いたい人

短期集中型で利益を狙いたい人にスキャルピングは向いています。
短期間で何度も売買を繰り返すため、元手が小さくても利益は複利形式で大きくなります。逆に長期でゆったりと取引をしたい方は、スイングトレードなど別の方法を選びましょう。

少額の利益をコツコツ積み上げられる人

小額の利益をコツコツと積み上げることができる人にはスキャルピングは向いています。
他のトレーディング方法と違うのは 1日あたりの取引回数がダントツに多いことです。
このため、1日に何度も成功体験を積むことができます。
こうした成功体験を楽しみ、短時間で小額の利益を積み重ねることが好きという方には、スキャルピングはとても向いています。

FXのスキャルピングができる口座の選び方

  • スプレッドが狭い
  • 約定力がある
  • スキャルピングが禁止されていない

スプレッドが狭い

まずは スプレッド狭い会社を選ぶようにしましょう。
利幅が小さいスキャルピングでは、スプレッドが広がればそれだけ損をする可能性が大きくなります。
逆にスプレッドが狭ければそれだけ利益が生じる可能性は大きくなります。

約定力がある

スキャルピングが禁止されてない

FX会社は以下3パターンに分かれます。
スキャルピングが禁止されている会社、「短時間取引を繰り返すのがNG」な会社、スキャルピングOKな会社の3パターンです。
「短時間取引を繰り返すのがNG」な会社は暗にスキャルピングはできないを意味しているケースが多いため、 取引はスキャルピングOKな会社で行うようにしましょう。

FXのスキャルピングにおすすめの口座

ヒロセ通商LION FX

まず通貨ペア数が多いのは魅力的といえます。
「試してみたい通貨ペアはあるんだけど他のFX会社ではなかった…」という方でもお気に入りの通貨ペアが見つかる可能性が高いです。
このため投資先が見つからないことはまずありません。
様々な通貨ペアがあるため、今までに考えたこともない通貨ペアが見つかることでしょう。
例えば、ユーロオージーやポンドニュージーなどのマイナー通貨は他のFX会社では見る事はありません。スキャルピングの際には流動性が高いメジャー通貨を選ぶことが大切ですが、ふとした際に試してみることもできるのでLION FXを登録しておくのも良いでしょう。
また、 業界の中でもスプレッドが低いので、スキャルピングには向いています。
比較してみるとわかりますが、他のFX会社よりもスプレッドは低く設定されています。例えばユーロ/円は0.1銭他のFX会社よりもスプレッドが安かったりします。
※2021/7/26時点

セントラル短資

  • 最大50万円のキャッシュバック
  • 取引ツールの種類が多い
  • 業界最狭幅のスプレッド

セントラル短資は口座開設後に50万通貨以上の取引をすることで、最大50万円のキャッシュバックが適用となります。
他のFX会社でも似たようなキャッシュバックキャンペーンはありますが、セントラル短資程のキャッシュバックはありません。
このため、既に相当な取引な取引量を見込む方は、セントラル短資を利用してキャッシュバックをもらうようにしましょう。
また、セントラル短資の取引ツールは種類が多く細かい設定ができることで有名です。
例えば、 スキャルピングをする際の条件が決まっている場合には、その内容を登録しておくことによって、次回から同注文がすぐに呼び出せます。
スキャルピングでは何度も繰り返し同注文を行うため、この注文設定を省略できるのはセントラル短資ならではのメリットといえそうです。
合わせて、セントラル短資のスプレッドも業界最狭幅になっています。
このため、スキャルピングをする際も問題なく利用できる口座といえます。

FXプライム

FXプライムを利用するメリットは約定率が高いことです。
FX取引では約定力が高く、スリッページが起こりづらいFX会社がスキャルピングには向いていることを説明しました。FXプライムはまさにこの条件を満たしているFX会社なのです。
約定率は99%と非常に高く、FXプライムを利用するとラグがなくサクサクと注文が通る ことに気づくと思います。
これはFXプライムがシステム保守・セキュリティに努めており、サーバーが強化されているからこその約定力です。このため、スキャルピングで致命的な、注文がそもそも通らないといったデメリットがほとんどないので安心です。
また、FXプライムでは豊富な取引ツールがあり操作もとても簡単というメリットがあります。
このおかげで、スキャルピングに使えるボリンジャーバンドや指数移動平滑平均線はチャート上に載せられます。トレーディングと合わせてチャート分析も行いたいという方は、別画面でツールなどを開く必要がないため便利です。
この他にも、FXプライムは充実のキャンペーンを行っています。
7月のキャンペーンでは以下のように、口座開設+取引で最大50.5万円がキャッシュバックされるセールも行っています。

※2021/7/26時点
FXプライムはこのようにキャンペーンを積極的に行っているため、利用者への還元の意味では大変メリットがある会社といえます。

FXのスキャルピングのまとめ

本記事では、スキャルピングとは何かという説明から、実際のスキャルピングの方法、そしてどのFX会社であればスキャルピングができるのかまでを徹底的に解説しました。
リスクが比較的低いスキャルピングは、経験が積める面でも初心者にもおすすめできる投資方法といえます。
一方で、スキャルピングは禁止されている会社もあるため、スキャルピングは必ず許可されている会社のみで行うようにしましょう。

【図解説】ビットコイン(仮想通貨)FXでスキャルピングの手法を公開

【図解説】ビットコイン(仮想通貨)FXでスキャルピングの手法を公開

1位の王冠

1位

レバレッジランキング

1位の王冠

1位

安全性ランキング

1位の王冠

1位

手数料ランキング

1位の王冠

1位

キャンペーン

1位の王冠

1位

銘柄数

1位の王冠

1位

スキャルピングとは?超短期売買について解説

4大マーケット開幕時間

市場ごとのベスト時間

一般的には各市場が開幕から数時間がスキャルピングの狙い目と言われています。

特に大きな値動きが発生しやすいタイミングが、ロンドンとニューヨークの市場が被る時間です。

スキャルピングの注意点

スキャルピングは短時間で大きな収益を期待できる手法ですが、その反面大きなリスクも伴うトレード手法です。
FX会社によってはスキャルピング自体を禁止している場合もあります。

You Might Also Like

Read more about the article 機関投資家とは?機関投資家の仕組みを解説

機関投資家とは?機関投資家の仕組みを解説

Read more about the article 環境認識ってなに?環境認識の必要性

2021年11月9日

環境認識ってなに?環境認識の必要性

Read more about the article デイトレードってなに?

2021年11月10日

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる