証券取引

おすすめ取引所10社厳選

おすすめ取引所10社厳選
初心者B

ビットコインはどこで買うべき?おすすめ取引所10社厳選!手数料から取扱通貨数まで

BTC.jpeg

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC) おすすめ取引所10社厳選
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

コインチェックの安全性、セキュリティ

コインチェックでは安全性を高めるため、以下のような対策を行っています。
・利用者の資産分別管理
・財務情報の開示
・コンプライアンス体制の見直し

また、セキュリティ面においても、以下のような取り組みを行っています。
・マルチシグの実施
・コールドウォレットの導入
・SSLの利用
・ログイン時の二段階認証実施

2位:取り扱う暗号資産の種類がビットコインを含めて19種類「DMM Bitcoin」

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの概要
取引通貨数 19種類
販売所手数料 無料
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

DMM Bitcoinは、ビットコインを含め19種類もの通貨が取引可能です。取引可能銘柄数でも国内事業者では4位にランクインしています。

入出金手数料や取引に必要な手数料も無料です。取引時の手数料は暗号資産取引所の中でも安いです。

DMM Bitcoinの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・ステラルーメン(XLM)
・イーサクラシック(ETC)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・クアンタム(QTUM)
・オーエムジー(OMG)
・モナコイン(MONA)
・ネム(XEM)
・シンボル(XYM)
・トロン(TRX)
・カルダノ(ADA)
・ポルカドット(DOT)
・アイオーエスティー(IOST)
比較的マイナーな通貨もあるため、仮想通貨上級者のかたでも楽しめます。

DMM Bitcoinの安全性、セキュリティ

・オフラインウォレットでの顧客資産管理
・顧客資産と会社資産の分別
・2段階認証と生体認証の導入 おすすめ取引所10社厳選
・不正アクセスへの監視
・マルチシグネチャ対応
・SSL暗号化通信

3位:取引所・販売所どちらも対応「bitFlyer(ビットフライヤー)」

bitFlyer

おすすめ取引所10社厳選 おすすめ取引所10社厳選 おすすめ取引所10社厳選
bitFlyerの概要
取引通貨数 14種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01~0.15%
入金手数料 0円~330円
出金手数料 220円~770円

bitFlyerはビットコイン取引量が6年連続国内No.1(※)の暗号資産取引所です。ビットコインの取引量だけに絞るなら優れた取引所と言えます。

販売所方式と取引所方式のどちらでも取引できる点がbitFlyerの特徴です。また、2倍のレバレッジで取引できます。トレードスタイルに応じて使えるため、取引口座を開設しておいて損はありません。

bitFlyerの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・ステラルーメン(XLM)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LINK)

bitFlyerの安全性、セキュリティ

引用元:bitFlyer

・SSL暗号化通信
・SHA-2(SHA-256)の採用
・FW(おすすめ取引所10社厳選 ファイア・ウォール)による社内環境の防御
・パスワードの強度チェック
・アカウントロック機能
・マルチシグネチャ
・コールドウォレット
・顧客資産との分別管理
・ウイルスチェックとハッキングテスト

取引所取引と販売所取引の違いとは?

syougaku

4位:高い安全性を誇る「GMOコイン」

GMOコイン

GMOコインの概要
取引通貨数 14種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.01%
Taker 0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

GMOコインの親会社は一部上場企業でもある「GMOインターネットグループ」で、証券会社やFX取引などの事業を行っています。2倍のレバレッジがかけられる点もGMOコインの特徴です。

GMOコインの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・エンジンコイン(ENJ)
・テゾス(XTZ)
・オーエムジー(OMG)
・ポルカドット(DOT)
・コスモス(ATOM)
・シンボル(XYM)

GMOコインの安全性、セキュリティ

・利用者から預けられた資産の分別管理
・マルチシグの対応
・システム内への不正侵入対策
・アカウントの乗っ取り対策

5位:3通貨に絞ったハイレベルな取引所「SBI VCトレード」

SBI VCトレード

SBI VCトレードの概要
取引通貨数 5種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 50円~250円

取引にかかる手数料は安いため、まずはビットコインへの投資を始めたい人にはおすすめです。

SBI VCトレードの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・リンク(LINK)
・ポルカドット(DOT)

SBI VCの安全性、セキュリティ

・内部犯行対策
・サイバー攻撃対策
・ログイン時以外の二要素認証(暗号資産出庫時など)
・デバイス認証
・暗号資産に対する盗難対策
・資産分別管理

6位:圧倒的な流動性を誇るグローバル展開の取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」

Liquid by Quoine

おすすめ取引所10社厳選
Liquid おすすめ取引所10社厳選 by Quoineの概要
取引通貨数 5種類
販売所手数料
取引所手数料 BTC/JPYのみ無料
入金手数料 無料
出金手数料 日本円:700円

Liquid by Quoineはセキュリティ体制を万全にすべく、お客さまの資産をすべてコールドウォレットで管理している暗号資産取引所です。インターネットに接続されていない場所で金融資産を保管するため、ハッキングリスクがありません。

Liquid by Quoineの取り扱い通貨

Liquid by Quoineの取り扱い仮想通貨は以下の4種類です。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・キャッシュ(QASH)

利用できる種類は少ないものの、キャッシュといったLiquid おすすめ取引所10社厳選 by Quoine独自の通貨も取引できるので、暗号通貨上級者のかたでも満足できます。

Liquid by Quoineの安全性、セキュリティ

Liquid by Quoineのセキュリティ対策には、

・2段階認証の実施
・パスワードリセットプロセスの強化
・クーリングピリオド
・IPホワイトリストの登録 おすすめ取引所10社厳選
・DNSセキュリティの実装
・Hawk認証プロトコルを用いたセキュリティの強化
・24時間監視体制のLiquid取引所

顧客資産の管理を全てコールドウォレットで管理している、というのもLiquid by Quoineの特徴です。そのため、万が一不正操作が行われた場合でも、暗号資産の安全性が保たれています。

7位:日本発として人気のモナコイン(MONA)を購入できる「ビットバンク」

bitbank

おすすめ取引所10社厳選
ビットバンクの概要
取引通貨数 15種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.02%
Taker 0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 550円/770円

業界最狭クラスのスプレッドもbitbankの強みです。頻繁にトレードをしたい人にとって、実質的な取引手数料であるスプレッドの安さは大きな魅力と言えます。

ビットバンクの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・モナコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCC)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムージー(OMG)
・シンボル(XYM)
・チェーンリンク(LINK)
・メイカー(MKR)
・ボバネットワーク(BOBA)
・エンジンコイン(ENJ)

ビットバンクの安全性、セキュリティ

・分散された鍵管理でのホットウォレット採用
・完全なオフライン環境によるコールドウォレットの導入
・バグバウンティプログラムの導入

8位:情報セキュリティ格付「A(シングルエー)」取得で安心セキュリティ―「ビットポイント」

BITPOINT

おすすめ取引所10社厳選
ビットポイントの概要
取引通貨数 8種類
販売所手数料無料
取引所手数料 Maker -0.おすすめ取引所10社厳選 おすすめ取引所10社厳選 おすすめ取引所10社厳選 02%
Taker 0.12%
入金手数料 無料
出金手数料 日本円:550円~770円
BTC:0.0006 BTC

現物投資やレバレッジのほか、積立投資やレンディングなどにも対応しているのがBITPOINTの特徴です。さまざまな投資手法を考えている人におすすめします。

ビットポイントの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)

ビットポイントの安全性、セキュリティ

・情報セキュリティポリシーの策定
・ログイン時における二段階認証の導入
・独自のアルゴリズムに基づいたホットウォレットの管理
・24時間の監視体制
・サイバー攻撃に対する出入口対策
・定期的な外部システム監査

初めてのビットコイン 最初の取引所を選ぶならこの基準

●アプリの使いやすさはどうか?
●手数料(スプレッド含む)は安いか?
●セキュリティに問題はないか?
●フォロー体制はどうか?

おすすめ取引所10社厳選

1.1. あらかじめ決めた一定額を自動で投資してくれる

仮想通貨の積立投資は、毎日・毎月など一定のタイミングで、決められた 金額を自動で投資 してくれます。そのため、自分でわざわざ購入する必要がないので手間が省けます。

価格の変動が激しい仮想通貨を一定のタイミングで買う ドルコスト平均法を行うので、リスクを分散 することが可能です。

2. 仮想通貨の積立シミュレーション

(※画像はイメージです/PIXTA)

2.1. ビットコインの積立シミュレーション

出典:GMOコイン つみたて暗号資産

ビットコインを2年間、毎月1万円積立した場合、 元金24万円に対し最終的評価額は約32万6,699円と、約8万円の利益 が出る結果となりました。

2.2. ライトコインの積立シミュレーション

出典:GMOコイン つみたて暗号資産

ライトコインを毎月1万円、2年間積立した結果が上のグラフです。 元金24万円に対し、最終評価額は19万435円 になりました。

2.3. イーサリアムの積立シミュレーション

出典:GMOコイン つみたて暗号資産

イーサリアムを毎月1万円、2年間積立した結果が上のグラフです。 元金24万円に対し、最終評価額が約60万円と35万円の利益 となりました。

3. 仮想通貨を積立投資するメリット

(※画像はイメージです/PIXTA)

  1. 少額から投資が可能
  2. 24時間取引可能
  3. 手間が少ない
  4. 細かな設定で無理なく取引可能

3.1. 少額からの投資でリスクが軽減

仮想通貨の積立投資は少額から始められます。たとえば、国内取引所の 「bitFlyer(ビットフライヤー)」は1円から、「GMOコイン」は500円から積立投資が可能 です。

3.2. 土日も含め24時間取引可能

株式投資やFXは平日のみの取引ですが、ビットコインをはじめとした 仮想通貨は、24時間365日取引が可能 です。自分のライフスタイルに合った取引ができるのはメリットと言えます。

3.3. 設定だけで自動運用が可能で手間が少ない

3.4. 自分のペースで無理なく取引ができる

仮想通貨の積立投資は、積立回数や積立金額を自分のペースで設定 できます。そのため、無理なく投資をすることができます。

4. 仮想通貨を積立投資するデメリット

(※画像はイメージです/PIXTA)

  1. 短期間で一攫千金は難しい
  2. 資産が減るリスクがある

4.1. 短期的に大きな利益を得られるわけではない

一攫千金を狙うにはハイリスク・ハイリターンの賭けに出なければならないため、大きな損失が出る可能性 もあります。

4.2. 資産が減るリスクがある

積立投資を始める前に、 「損失が出る可能性がある」ということを理解しておきましょう。 そして、リスクが最小限になるように、余剰資金で少額から始めることが大切です。

5. 仮想通貨の積立投資と一括投資との比較

(※画像はイメージです/PIXTA)

積立投資の最大のメリットは、初心者でも取り組みやすい点です。 一方で、 短期間で大きな利益を得ることは期待できません。

【2021】IOSTの将来性は?今後いくらになるのかを予測

【2020】IOSTの将来性は?今後いくらになるのかを予測

初心者A

初心者B

そのため、 当記事を読むことでIOSTの将来価格の予想から期待が寄せられる根拠について把握 できます。

ズバリIOSTの価格予測はいくら?

結論としてファンダメンタルズ/テクニカル分析の結果、 IOSTの将来価格は「0.013-0.02ドル」付近まで力強く上昇 する見通しがあります。(追記:予想は的中しました。)

の3項目を理由と根拠として将来価格が 「0.013-0.02ドル」付近まで上昇 する見込みがあると考えます。

2020年9月9日に公開した当記事ですが、 予想通り「0.おすすめ取引所10社厳選 013-0.02ドル」付近まで上昇を当てることができました。

IOSTのDeFi分野への進出が進む

DeFi分野は2020年12月の現在もかなり盛り上がりを見せている急成長中の分野でありIOSTも参入しています。 短中期的にはIOSTへの価格へ良い影響を与えることになるでしょう。

IOST単体でもメジャーな仮想通貨であるビットコインやイーサリアムよりも優れたトランザクション性能(毎秒8,000トランザクションの実現)を持っています。
加えてProof of Believability(PoB)と呼ばれるDPoSを進化させた承認方式でより分散型の良いとこどりができるようになっています。

オンラインサービスを対象としたIOST技術の普及拡大

IOSTは、 Defi分野だけでなくオンラインサービスへの技術的支援も積極的に行っています。

プロおに

(短期テクニカル分析)IOSTの下落トレンドは突破なるか?

また、前回上値となる価格帯がレジスタンスラインになっていることから 上昇圧力が高まっている と分析できます。

(長期テクニカル分析)日足ベースでのIOST価格が強い上昇をする?

また、長期的にIOSTの価格上昇が見込まれる強い根拠として、ピンク枠で囲った出来高の急増です。
下値ラインでの出来高急増は、 大口投資家によるIOSTの保有が進んでいる可能性を示唆しています

現在の上値を上抜けた場合、大まかな値動きとしては1.618-2.618までの上昇が検討でき、価格レンジとしては「0.013-0.02ドル」となるでしょう。

(2020年最新)IOSTへの投資を考える上で抑えておきたいポイントとは?

IOSTを取り扱う取引所が徐々に増加している

IOSTの取り扱いがある取引所は、 海外がメインでしたが国内やアジア圏においても取り扱いが増えています

IOSTのエアドロップ配布は相場へ影響を与える可能性あり

過去2回、 おすすめ取引所10社厳選 おすすめ取引所10社厳選 IOSTがエアドロップを行った時期は急激な価格上昇が起きています

コミュニティ運営の活発化による信頼性の高さ

IOSTでは、プロジェクトへの投資に関した宣伝だけでなく、教育や開発関連の知識を共有する活動を行っています

IOSTは人気仮想通貨?SNSリサーチで見るIOSTの意外な人気ぶり

当サイトの調べでは、 取引がほとんど行われていないマイナーな銘柄もあるなかで、IOSTの人気ぶりは高い ことが推測できました。

プロおに

日本人ユーザーがIOSTを取引するならどこの取引所がおすすめ?

コインチェックは、国内取引所ということもあって使用する敷居は低いかもしれません。
しかし、スプレッド手数料が意外にも開いてしまう傾向にあるので注意が必要です。

驚くべきことにBINANCEのスプレッド手数料は0.0004円の差で0.07%に対し

Coincheckのスプレッド手数料は0.082円の差で約12% でした

ちなみにBINANCEは売買手数料として0.1%をとっているのでそれを含めても1回の売買に必要な総合手数料は0.17%です。
それでもスプレッド12%のコインチェックとは比較になりません。

逆に言えばBINANCEが非常にスプレッド手数料が安いのですが、ここまで、圧倒的な安さを維持できるのは上記の写真通り、取引高が世界中の取引所においてトップクラスであるためです。

プロおに

お得な海外取引所についてはおそらく国内でもっとも分かりやすく解説した【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所【2020年最新】があるのでぜひ読んでみてくれ。

おすすめ取引所10社厳選

BTC

ETH

XRP

ONT

QTUM

BTC

おすすめ取引所10社厳選 ETH

XRP

BCH

LTC

仮想通貨を始めてみるのに
おすすめの読み物

    • お知らせ一覧(2020年10月以降)
    • 2020年9月以前のお知らせはこちら
    • プレスリリース一覧
    • ニュースレター一覧(2021年8月以降)
    • 2020年9月以前のお知らせはこちら
    • メンテナンス情報一覧(2020年10月以降)
    • 障害情報一覧(2020年10月以降)
    • 2020年9月以前のお知らせはこちら

    オープンな情報とコストを抑えた
    取引が魅力の取引所

    暗号資産(仮想通貨)を少額から。
    今すぐかんたんに購入・売却

    500円からはじめる
    かんたん自動積立

    はじまる。電子マネーチャージ

    強固なセキュリティ体制

    情報セキュリティ

    暗号資産(仮想通貨)を分別管理

    マルチシグで秘密鍵を管理

    24時間365日対応の入出金

    かんたんに暗号資産(仮想通貨)を送付・受取

    QRコード ※ とアドレス帳を利用して、
    いつでもかんたんに暗号資産(仮想通貨)の送付・受取が可能です。
    ※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です

    仮想通貨歴5年の僕が使用している取引所はこれです

    Web3.0

    • この記事でわかること
    • GMOコインを使用しての感想
    • ビットフライヤーを使用しての感想
    • コインチェックを使用しての感想

    GMOコイン

    引用先 https://coin.z.com/jp/?aid=00010&utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&yclid=YSS.1000390221.EAIaIQobChMI2ev8k_y1-AIV5tdMAh0BLQmREAAYASAAEgIk-PD_BwE

    解説ペンさん

    Web3.0

    引用先 https://coin.z.com/jp/corp/guide/fees/

    解説ペンさん

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる