戦略

オプション戦略のご紹介

オプション戦略のご紹介
米国オプショントレーダー

プロフィール

「シカゴ・オプション売買 戦略マニュアル」概要(目次)

第三章 オプションの価格
01.オプション価格は、何から成り立っているのか
02.オプション価格を決定する要素
03.原資産価格と権利行使価格
04.マネーネス(原資産価格と権利行使価格との接近度)
05.タイムディケイ(時間の経過によるオプション価値の腐食)
06.ボラティリティ(価格の暴れ具合)
07.インプライド・ボラティリティは五つの数値と二つの要因で決まる
08.時間価値とボラティティ価値とのせめぎあい
09.オプション価格のゆがみ
10.損益図の見方
11.プット・コール・パリティとは?

第四章「グリークス」-オプション価値を判断する指標
01.グリークスとはなにか?
02.グリークスが示すリスクとは?
03.グリークス値の見方
①デルタ/ガンマ/③セータ/④ベガ/
04.オプション戦略のご紹介 グリークス値と四つの要素との関係
(1)マネーネスとグリークスとの関係
(2)満期までの日数とグリークス値との関係
(3)原資産価格とグリークス値との関係
(4)ボラティリティとグリークス値との関係
(5)総括表
(6)三次元で見るグリークスとボラティリティ
(7)グリークス間のトレード・オフ


第五章「ボラティリティ」-もうひとつのリスク指標
01.リスクと不確実性と
02.過去の金融危機に見られたボラティリティの七つの特性
03.ボラティリティはどうやって計算されるのか?
04.ランダム・ウォークとは何か?
05.ブラック・ショールズ・モデルでインプライド・ボラティリティを算出する
06.インプライド・ボラティリティの到達確率分布図
07.ボラティリティは、将来の方向は示さないが、将来の原資産のレンジを示す
08.ブラック・ショールズ・モデルの限界と新しい動き
09.オプション価格のゆがみとボラティリティ
10.ボラティリティの三つのゆがみがミス・プライスを引き起こす
(1)ゆがみ1-「ヒストリカル・ボラティリティとインプライド・ボラティリティとの差にある"ゆがみ"」
(2)ゆがみ2 -「マネーネスの状態によるボラティリティの不正規分布により生じている"ゆがみ"」
(3)ゆがみ3-「コールとプットとのボラティリティの違いにより生じている"ゆがみ"」
11.ゆがみの度合いをオプション売買に活用する
12.テール・リスクとブラック・スワン・リスク
13.リスクを予知し得る二つの指数ーVIX指数とスキュー指数


第六章 オプション売買戦略の構築
01.四種類あるオプション売買
02.オプションの特性を味方につけ、売買の優位性を確保する
03.優位性確保の為には仕組み作りが必要
04.ポジション独自の特性を新たに生み出すスプレッド
05.七つのスプレッド
06.基本二戦略-方向性を重んじる戦略か、重んじない戦略か-
07.スプレッドが持つヘッジ機能
08.6つの中立化調整
09.ポジティブか?ネガティブか?
10.オプション戦略のご紹介 デビットか?クレジットか?
11.グリークス調整によるポジションの中立化
12.グリークス中立化調整過程における利益確定の仕方
13.デルタ・ニュートラル調整
(1)二つの方法/(2)デルタ・ニュートラル調整とは?/(3)デルタ・ニュートラル調整の目的
14.ヘッジ戦略
(1)グリークスのリスク/(2)ポジションのリスクのレベル/(3)各レッグに対するヘッジ調整の方法/(4)オプション戦略のご紹介 ヘッジによるリペア戦略/
14.ボラティリティを生かした優位性の確保
(1)現在のボラティリティの把握/(2)オプション戦略のご紹介 現在のボラティリティについての判断/(3)ボラティリティの特性についての認識/(4)ボラティリティのオプション価格に与える影響/(5)期近と期先、ベガとボラティリティとの関係/(6)ボラティリティ戦略の選択


第七章 オプション戦略事例集
01.オプション戦略の選定
02.オプション戦略名には、それぞれ意味がある
03.グリークス指標のうちの、なにで、利得を得るのか?
04.4つの戦略分類
05.62のオプション戦略事例
戦略01.ロング・コール/戦略02.ロング・プット/戦略03.ショート・コール/戦略04.ショート・プット/戦略05.カバード・コール/戦略06.カラー/戦略07.カバード・プット/戦略08.シンセティック・コール/戦略09.シンセティック・プット/戦略10.カバード・ショート・ストラドル/戦略11.カバード・ショート・ストラングル/戦略12.ブル・コール・スプレッド/戦略13.ブル・プット・スプレッド/戦略14.オプション戦略のご紹介 ベア・コール・スプレッド/戦略15.ベア・・プット・スプレッド/戦略16.ブル・コール・ラダー/戦略17.ブル・プット・ラダー/戦略18.ベア・コール・ラダー/戦略19.ベア・プット・ラダー/戦略20.ロング・ストラドル/戦略21.ショート・ストラドル/戦略22.ロング・ストラングル/戦略23.ショート・ストラングル/戦略24.ストリップ/戦略25.ストラップ/戦略26.ロング・コール・バタフライ/戦略27.ロング・プット・バタフライ/戦略28.ショート・コール・バタフライ/戦略29.ショート・プット・バタフライ/戦略30.モディファイド・コール・バタフライ/戦略31.モディファイド・プット・バタフライ/戦略32.コール・レシオ・バックスプレッド/戦略33.プット・レシオ・バックスプレッド/戦略34.レシオ・コール・スプレッド/戦略35.レシオ・プット・スプレッド/戦略36.ロング・コール・コンドル/戦略37.ロング・プット・コンドル/戦略38.ショート・コール・コンドル/戦略39.ショート・プット・コンドル/戦略40.ロング・コール・シンセティック・ストラドル/戦略41.オプション戦略のご紹介 ロング・プット・シンセティック・ストラドル/戦略42.ショート・コール・シンセティック・ストラドル/戦略43.ショート・プット・シンセティック・ストラドル/戦略44.ロング・アイアン・バタフライ/戦略45.ショート・アイアン・バタフライ/戦略46.カレンダー・コール/戦略47.カレンダー・プット/戦略48.ダイアゴナル・コール/戦略49.ダイアゴナル・プット/戦略50.ロング・ガッツ/戦略51.ショート・ガッツ/戦略52.ロング・シンセティック・フューチャー/戦略53.ショート・シンセティック・フューチャー/戦略54.ロング・コンボ/戦略55.ショートコンポ/戦略56.ロング・ボックス/戦略57.ロング・アイアン・コンドル/戦略58.ショート・アイアン・コンドル/戦略59.ロング・カレンダー・コンドル/戦略60.ショート・カレンダー・コンドル/戦略61.ロング・ジェリー・ロール/戦略62.ショート・ジェリー・ロール/

第八章 方向性を重んじた戦略か?方向性を重んじない戦略か
01.ブリッシュ(強気)か?ベアリッシュ(弱気)か?
02.方向性を重んじた戦略(Directional Strategy)
(1)方向性戦略には何があるか?/(2)単一のレッグによるネイキッド(アウトライト)戦略/(3)スプレッドによる方向性戦略/(4)四つのバーチカル戦略/(5)カバード・オプション戦略/
03.方向性を重んじない戦略(Non-Directional Strategy)
(1)方向性リスクとイベントリスク
(2)方向性を重んじない戦略のメリット
(3)インカム・トレーディング戦略
(4)ボラティリティ戦略
(5)これからボラティリティが高くなることを予測したボラティリティ戦略
(6)これからボラティリティが低くなることを予測したボラティリティ戦略
(7)これからボラティリティが動かないことを予測したボラティリティ戦略
(8)究極の全天候型戦略「カレンダー・コンドル」
(7)スキュー戦略
04.アービトラージ戦略

第九章 株とオプションとを組み合わせた合成戦略
01.個別株オプションとETFオプション
02.株とオプションとの合成とは?
03.株とオプションとの合成戦略の目的
04.いろいろある株とオプションとの組み合わせ戦略
05.株とオプションとを組み合わせた有力な五戦略
①カバード・コール戦略
②シンセティック・コール戦略
③カラー戦略
④ロング・プット・シンセティック・ストラドル戦略
⑤キャッシュ・セキュアド・プット戦略
06.個別株オプションの情報は、どこで得るか

01. FX単独では限界があるニュートラルなFX 取引戦略
02. 通貨オプションの種類
03. 上場市場通貨オプションと店頭市場通貨オプション
04. 上場市場通貨オプションの種類
05. 取引所ごとに異なる通貨オプションの特性
06. シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨オプション
07. サクソ銀行(SaxoBank)のFX オプション
08. ロスカットか?ヘッジか?
09. 通貨オプション独自の売買戦略
10. 通貨オプションとFX 取引とを組み合わせたヘッジ戦略
①カバード・コール/ カバード・プット戦略②ブル・コール・スプレッド/ ベア・コール・スプレッド戦略③ロング・カラー/ ショート・カラー戦略④プロテクティブ・プット/ プロテクティブ・コール戦略⑤ロング・コール/ ロング・プット戦略⑥ショート・コール/ ショート・プット戦略⑦ロング・ストラドル/ ショート・ストラドル戦略⑧ロング・アイアン・コンドル/ ショート・アイアン・コンドル戦略⑨ロング・コール・バタフライ/ ショート・コール・バタフライ戦略
11. カバード・オプション戦略におけるデルタ・ニュートラル調整の必要性
12. 実際にはどうか?
カバード・コール戦略適用/カバード・プット戦略適用
13.ロング・カラー戦略適用/ショート・カラー戦略適用

第十一章 その他のオプション戦略 アラカルト
01.ボラティリティの高低に従った時間差エントリー戦略「フリー・トレード」
02.ガンマ・スキャルピング戦略-スピードを生かす- オプション戦略のご紹介
03.タイムディケイ戦略-時間経過によるオプションの減価を生かす-
04.OTMプット・タイム・スプレッド戦略
05.インデックス・オプションと個別株を使った「ベータ・ウェイティング」という手

06.三本足戦略
07.長期オプション(LEAPS)を戦略に活用する
08.番外 バイナリー・オプションについて

第十二章 トレードのオープンからクローズまで
01.シカゴに取引口座を開設する
02.ポジションの組み立て
03.原資産の選定とグリークス・ボラティリティの確認
04.証拠金と手数料について
05.トレード・プランの策定
06.トレードに入る
07.ポジション・マネジメント-クローズ/ロールの仕方-
08.損切りと利食いの仕方
09.海外のオプション売買取引に関わる税金の申告について
10.オプション投資家のセンチメント・サイクル

第十三章 実際にシカゴでオプション売買取引をしてみる
01.ポジションを組む-ポジション設定1日目-
02.ロールをしていく-ポジション設定後7日目・ロール1日目-
03.ポジションのグリークス値をみる-ロール後10日目-
04.時間価値の減少とボラティリティの上昇とのせめぎあい-ロール後17日目-
05.プロフィットレンジを調整した場合しない場合-レンジ調整後23日目比較-
06.強烈な踏み上げにおけるポジションの帰趨-ロール後27日目
07.いよいよ、利益確定-ロール後1ヶ月目-

GAFA・マイクロソフト(GAFAM)のイノベーション戦略の比較と、ヘルスケア・メタバース分野における今後の展開

GAFAMの売上高の内訳(各社の2021年度のAnnual Reportのデータをもとに作成)

技術の進歩により、これらのデバイスは単なるウェアラブルデバイスではなく「医療機器」に近づいており、例えばApple Watchの心電計(Electrocardiograph)機能は2018年に心房細動(artial fibrilllation ; AFib)の検知を対象に 米国の食品医薬品局(Food and Drug Administration;FDA)の認証 を受けています。また、2022年6月に光電式センサーによる心房細動の履歴機能で 別のFDA認証 を受けています。

他方、アマゾンは、 同社の戦略に関する記事 でも取り上げたように、アマゾン・ケアと呼ばれる遠隔医療サービスを2019年に立ち上げ、グーグルやアップルとは異なる切り口でヘルスケア事業を拡大しています。同社はAmazon Pharmacyと呼ばれる薬の販売プラットフォームも持っており、自社の強みを活かして消費者の生活に密着した医療サービスを開発しています。

メタバース事業を急速に拡大させるFacebookと、堅実に足場を固めるマイクロソフト

Facebookは社名をMeta Platformsに変更したことからも分かるように、メタバース事業を未来の主軸と考え、VRやARのプラットフォームを急速に開発しています。2021年には100億ドル近くを投資し、メタバース上で人々が交流できるサービスを次々にリリースしています。例えば「Horizon Worlds」はゲームを中心とした交流プラットフォームで、 Ther Vergeの記事 によると、2022年2月時点で、月間ユーザー数は既に30万人を越えているようです。

また、メタバース分野で活躍するクリエイター向けの基金であるHorizon World Creator Fundにも1000万ドルを投資しており、メタバース市場を盛り上げるクリエイターの育成にも積極的に取り組んでいます。

また、マイクロソフトはゲーム会社のActivision Blizzardの買収を 2022年1月のニュースリリース で発表しています。Activisionはゲーム市場で巨大なシェアを持っているだけでなく、メタバース関連の特許も幅広く取得しており、同社の買収により、マイクロソフトの技術と特許のプラットフォームが大幅に強化されるので、重要な布石と考えられます。

米国のLEAPS取引

Nasdaq-100連動型上場投信(QQQQ)、S&P 500連動型上場投信(Spyders)、ダウ・ジョーンズ連動型上場投信(DIAMONDS)、Russell-2000連動型上場投信など、 オプション戦略のご紹介 米国の主要ETFに対するオプション。
さらに、MSCIブラジル・インデックス(EWZ) 、FTSE新華チャイナ25インデックス(FXI)といった 新興国市場の株価に連動するETFオプション 、またパワー・シェアーズ穀物(DBA)、SPRD金投資(GLD)、米国オイル(USO)などの 商品市場に連動するETFオプション も活発に取引されている。

日本株、欧州株、中国株、ブラジル株、インド株など、 米国以外の株式を対象とするオプション 。 (ADRとは、ニューヨーク銀行に預託された外国企業の株式のことで、投資家は実質的に米国株と同じようにADRを売買できる)

  • ツイッター社の株式を保有しながらLEAPSのコールを売り、プレミアムを得る。 (LEAPSのカバード・コール)
  • 穀物ETFを保有しながらLEAPSのプットを買い、保険を掛けながら穀物相場の上昇局面で利益を得る。 (LEAPSのプロテクティブ・プット)

LEAPSを取引しているのはどんな人?

▼ LEAPS投資 こんな方におすすめ!

  • 株式、通貨、商品、債券などの市場に、 長期的に低リスクで投資したい。
  • 投資になるべく 時間を費やしたくない。
  • 通常のオプションや株式投資のほかに、 ローリスクで運用したい資金がある 。 複雑な計算を避けたい。 -->
  • 安全性を重視し、 リスク限定の資産運用を行いたい。
  • 小額の資金から取引を始めたい。
  • 長期的な投資を行いたい。
  • 取引の初期コストを抑えたい。
■ ポイント1 : 時間や手間が掛からない

LEAPSは長期的な視点で取引できるため、相場の値動きを注視する必要がありません。 また、オプションの損益計算など、細かい分析作業はLEAPSの取引においてさほど重要ではありません。
「 オプションに興味はあるけど、取引に時間を割くことが出来ない 」という方に最適です。

■ ポイント2 : ローリスクで資産運用ができる

LEAPSの取引では、株式投資よりも低いリスクで、株式投資と同等以上の利益を上げることも可能です。 また、日本の「日経225オプション」や米国の「先物オプション」と比べても、はるかに低いリスクで取引することができます。
「 ローリスクでミドルリターンが狙える投資 」に興味がある方に向いています。

■ ポイント3 : 少ない資金で取引を始められる

LEAPSの取引は、小額の資金で投資を始めたい方にも向いています。
LEAPSをカバード・コール戦略で取引する場合、2,000ドル程度の資金でも十分に取引を始めることができます。(Interactive Brokersに口座を開く際には、10,000ドルの初期入金が必要。 ただし、26歳以下は3,000の資金で口座開設可能 )

リスクを限定しつつ、小額の資金で少しずつ取引を行うことができるので、「 初めてオプションを取引する方にも安心 」のオプション市場といえます。

▼LEAPSの取引に向いていないのは?

筆者は現在、「オプションで積極的に利益を上げる」ことを目的に米国の先物オプションを取引していますが、それとは別に、「 ローリスクで手間を掛けず、長期的に資産を運用する 」という目的でLEAPSも取引しています。

株式投資は安全?

債務危機問題 。
--> 米国の利上げ、ドイツ銀行の経営危機、そして中国経済の急減速といったリスク要因に加えて、先進国の 債務問題 も深刻化しています。

こうした状況下で、株を安全に取引するにはどうすれば良いでしょうか?
その答えの一つとして、 LEAPSを利用した長期投資 があります。 株を直接取引するよりも安全に投資が行える ようになります。 -->

LEAPSの安全性(株式投資と比較)

  1. 株式投資よりはるかに低いリスクで取引できる。
    (取引方法によってはハイリスクになるため、LEAPSに適した戦略を用いることが重要。)
  2. 短期的な株価変動にはほとんど影響を受けず、 長期的な視点で取引を行うことができる。
  3. 株価が上がっても下がっても利益を得られるようなポジション を容易に作ることができる。
  4. オプションの特徴の一つである“ 時間価値 ”の恩恵を最大限に受けることができる。
  5. 「 カバード・コール 」など、株式と組み合わせた戦略を有利に仕掛けることができる。
    低リスクで年率10%以上の利益を継続的に得たい 」という投資家にとっては最適な投資対象となる。
    -->

私が短期の株式オプションよりもLEAPSを好む理由は、単に長期的な投資を行えるからではなく、 リスクをコントロールしながら利益を上げられる 点にあります。

長期的な資産運用の対象には、不動産投資という選択肢もあります。 しかし、人口減少社会の日本では、空き家の増加などにより、不動産で利益を得ることが年々難しくなってきています。 そんな中、資金を長期的に運用するためのツールとして、LEAPSの有用性が一層高まっていると言えます。

日本のマーケットは?

LEAPSは魅力的な投資対象ですが、残念ながら日本ではまだLEAPSの取引が行われていません。
現状では通常の株式オプションでさえ、一般の個人投資家が取引できる環境にはなっていないのです。 (参考:日本の株式オプション市場について)

米国市場での取引

「LEAPSを取引するなら、現状では米国市場で取引するしかない」 ということになります。 これが、日本の投資家にとってLEAPSの敷居が高いと感じられる理由となっています。

オプションの売買戦略についての書籍、DVD、セミナーなどは多数販売されていますが、 「LEAPSに特化した戦略」 を教えてくれるものはほとんど見当たらないように思われます。
継続的に利益を上げるための「 オプション戦略のご紹介 実践的なノウハウ 」が無ければ、LEAPSは危険な投資対象になりかねません。

  • LEAPSに特化した売買戦略にはどのようなものがあるか?
  • LEAPSの取引で やってはいけない 売買戦略は何か?
  • LEAPSのタイムディケイ(時間価値の減少)は、通常のオプションとどう違うか?
  • 売買プランはどのように組み立てるか?
  • LEAPSの取引対象とする銘柄はどのような基準で選ぶか?
  • LEAPSのボラティリティはどうやって調べるか?
  • 米国株のファンダメンタルズ分析はどのように行うか?
  • LEAPSの取引ルール、最新の銘柄情報
  • LEAPSの取引に有利な証券ブローカー(ネット証券会社)はどのように選べば良いか? また、口座開設はどのように行うか?

LEAPSは低リスク・低コストで、継続的に利益を得るための投資対象です。 オプション戦略のご紹介
しかし、 国内の多くの投資家が、LEAPSの取引に必要なノウハウを知らない というのが現状ではないでしょうか。 「LEAPSは株式市場で安全に取引するための有力なツールなのに、多くの投資家、オプショントレーダーがそのことを知らない」

これが日本国内の現状だと思います。
これが私の率直な気持ちです。
LEAPSはオプショントレーダーにとってだけでなく、様々なタイプの投資家にとって魅力的な投資対象になり得ます。 オプション戦略のご紹介
ただ、取引を始めるための「キッカケ」が無いことが問題なのです。

  1. 米国の証券オプションとLEAPSについて理解する

まず初めに、米国のオプション市場の仕組みを本質から理解していただきます。
株式オプションと株価指数オプションはどのようなルールで取引されているか? 通常のオプションとLEAPSはどこが違うのか? 権利行使の仕組みはどうなっているか? 株式銘柄ごとの“オプション・サイクル”の仕組みや、株式の配当金がオプションに与える影響とは?――こういった株式オプションやLEAPSに関する基礎知識について、本質的な意味を理解することが第一に必要です。

次に、LEAPSに適した「6つのトレード戦略」を身につけていただきます。
LEAPSには、通常のオプションには無い「時間的な特性」があります。 その特性を最大限に活かし、リスクをコントロールしながら取引を行うことがポイントになります。
一般的なオプション戦略にはないユニークな戦略や、相場の幅広いレンジで利益が得られる戦略をご紹介します。
また、LEAPSの取引で“やってはいけないトレード戦略”について、理由も合わせて解説します。

長期的なLEAPSの取引において、株式市場のファンダメンタルズ分析は欠くことのできないステップです。 企業の将来性を見抜くことや、買われすぎ・売られすぎの株を判断することにより、LEAPSの取引におけるリスクがさらに低くなり、より安定した収益を上げられるようになります。
「米国の企業を分析するのは難しい」と考える方もいますが、そんなことはありません。 インターネット上で高度な株価指標分析を無料で行う方法など、具体的な分析ノウハウをご紹介します。

「LEAPS School」は、オプションについて理解されている方を対象としています。 オプションの仕組み自体が分からないという方は、「オプション取引入門」等と合わせて学んでいただくことをおすすめします。

LEAPS Schoolの会員サービス

オプション道場のLEAPS Schoolでは、上記のノウハウに加えて、 会員専用サイト による情報配信を行っています。 米国のLEAPS市場は日々変化しているため、テキストには記載しきれない最新情報をあなたに随時お伝えいたします。

LEAPS Schoolにお申し込みされた方は、「米国オプションのトレード仲間」という位置付けで私は考えています。 そして、今後LEAPSのトレードを行っていく過程で、私自身が有益と判断した情報は随時あなたにもお伝えしていきたいのです。 つまり、無期限のサポートをお付けします。

    最新の市場データに基づいた、売買高の多い銘柄(株式、指数、ETF)の一覧 -->
  • 米国のオプション市場に関する最新の取引ルール
  • 現在活発に取引されているLEAPS銘柄のリスト
  • 米国ブローカーの最新情報
  • ブローカーの口座開設、送金、取引に関する詳細手順
  • 無料取引ツールの活用ノウハウ
  • 米国株のファンダメンタルズ分析に関する情報
  • オプション戦略のご紹介
  • 税申告など、実務的なノウハウ
  • その他、LEAPSの取引に役立つ最新情報

時間の経過とともに変化するマーケットの環境、取引のノウハウに合わせて、 常に新しい情報をお届けすること を第一としています。

筆者自身も、米国のLEAPSを取引しているトレーダーです。
そのため、日々の取引において目にする情報、耳にする情報を随時あなたにお届けすることができます。 「理論を教える講師」ではなく、現役のトレーダーの視点から情報配信をさせていただきます。 --> ※

  • すでにLEAPS Schoolをご利用の方からは、このような感想をいただいております。

さらに、スマホの表示にも対応 New!

「LEAPS School」のテキストは、スマートフォンでの閲覧に対応しています。 ソファーに座りながら、または電車で移動しながらでも読めるため、忙しい方でも空き時間を利用して学習することができます。

その上さらに、安心のサポートもお付けします (好評につき期限延長!) -->

今すぐ にお申込みの方には、 60日間のメールサポート保証をお付けします。
LEAPS Schoolの内容や取引全般に関わる疑問など、わからないことは何でもご質問ください。 オプション道場の"シンタロー"が直接お答えいたします。( 回数無制限 )

LEAPS Schoolは、“初回の入会費のみ”でご利用できます

  • スマホ用テキスト (スマホ用PDF 351ページ、容量約5MB)
  • パソコン用テキスト (A4版PDF 113ページ)
  • LEAPS School 会員専用サイトの利用権 (無期限)
  • 60日間のメールサポート保証

29,800円 (税込)
--> お申込み価格:26,000円 (税込)

  • すでにLEAPS Schoolをご利用の方からは、このような感想をいただいております。

2014年4月1日より、申込価格を値上げさせていただくことになりました。
あらかじめご承知おきをお願いいたします。 2017年2月1日より、お申込み価格を値上げさせていただくことになりました。
あらかじめご承知おきをお願いいたします。 --> 特典につきましては、予告なしに終了させていただく場合があります。
また、会員数の増加によって受付を終了する場合もございますので、ご興味のある方はお早めにお申込みいただければ幸いです。

米国オプショントレーダー

プロフィール

オプション取引入門・オプション売り戦略・儲かるヘッジの使い方

個人投資家、いろんな投資塾に参加したりトレード手法を見てきた中で、「自分にあった投資手法」を見つける事ができると、ストレスなく投資で生活できると実感!その人にあった投資を見つけられるように情報発信をしている。 私と同じような投資タイプの人の為に日経225オプション戦略やオプションの基礎知識などの情報を発信 また本気で自己投資できる方には日経225オプションの私の手法をお伝えして投資初心者の方でも無理なく結果を出せています。みんなで稼いでいければ最高だと思っています。

最高です!人生が変わりました。

FX株EAで勝てなトレーダーさんへ損小利大の225オプション取引トレード手法を公開します。

災害時にもらえるお金はいくら?

プロも使うカバードコール戦略

日経225オプションの始値とは

投資も人生も同じ?わかる人にはわかる金言

ここ3-4ヶ月の自動売買EAの資産推移グラフ

日経225オプション先物取引


こんにちは、山口です。Amazonで著書が1位になりました、ありがとうございます。日本大好き、投資、日経225オプション、FX、日経先物、仮想通貨(暗号通貨)、不動産投資、株式(IPO等)もしてます。昔は小さい店舗経営なんかもしてましたが、今は投資で稼いで好きなアニメを見たり、猫や小さいドール(オビツ11・キューポッシュ・ねんどろいど等)の写真撮って趣味を満喫しています。

また本気の方には日経225オプションの必勝法をお伝えして投資初心者の方にも無理なく稼いでもらってます。みんなで稼いでいければ最高だと思っています。

塾生さんの実績(2017年~)
※予想不要の裁量不要の手法を直接指導した実績になります。
※投資ですので同じ手法でも資金が多いほど利益額は多くなりますので、額はあまり意味はないかもですが参考までに

月収100万円以上達成 3名 ←New
月収50万円達成 9名 ←New
月収20万円達成 多数(50名以上)

「誰でもできる、簡単でお手軽、相場の予想不要、そして皆同じ結果になる手法」にこだわり、この考えを実現できるのはFXでも株でも日経225先物でもなく、「日経225オプションだけ!」だと考え実践しています。

・チャートは見ない
・銘柄の分析・予想はしない
・裁量不要で誰でも同じ結果

このようなオプション手法が気になる方は 無料の「0から始めるオプショントレーダー養成講座 OPTIONEA」 にまずは参加してみてくださいね。

GAFA・マイクロソフト(GAFAM)のイノベーション戦略の比較と、ヘルスケア・メタバース分野における今後の展開

GAFAMの売上高の内訳(各社の2021年度のAnnual Reportのデータをもとに作成)

技術の進歩により、これらのデバイスは単なるウェアラブルデバイスではなく「医療機器」に近づいており、例えばApple Watchの心電計(Electrocardiograph)機能は2018年に心房細動(artial fibrilllation ; オプション戦略のご紹介 AFib)の検知を対象に 米国の食品医薬品局(Food and Drug Administration;FDA)の認証 を受けています。また、2022年6月に光電式センサーによる心房細動の履歴機能で 別のFDA認証 を受けています。

他方、アマゾンは、 同社の戦略に関する記事 でも取り上げたように、アマゾン・ケアと呼ばれる遠隔医療サービスを2019年に立ち上げ、グーグルやアップルとは異なる切り口でヘルスケア事業を拡大しています。同社はAmazon Pharmacyと呼ばれる薬の販売プラットフォームも持っており、自社の強みを活かして消費者の生活に密着した医療サービスを開発しています。

メタバース事業を急速に拡大させるFacebookと、堅実に足場を固めるマイクロソフト

Facebookは社名をMeta Platformsに変更したことからも分かるように、メタバース事業を未来の主軸と考え、VRやARのプラットフォームを急速に開発しています。2021年には100億ドル近くを投資し、メタバース上で人々が交流できるサービスを次々にリリースしています。例えば「Horizon Worlds」はゲームを中心とした交流プラットフォームで、 Ther Vergeの記事 によると、2022年2月時点で、月間ユーザー数は既に30万人を越えているようです。

また、メタバース分野で活躍するクリエイター向けの基金であるHorizon World Creator Fundにも1000万ドルを投資しており、メタバース市場を盛り上げるクリエイターの育成にも積極的に取り組んでいます。

また、マイクロソフトはゲーム会社のActivision Blizzardの買収を 2022年1月のニュースリリース で発表しています。Activisionはゲーム市場で巨大なシェアを持っているだけでなく、メタバース関連の特許も幅広く取得しており、同社の買収により、マイクロソフトの技術と特許のプラットフォームが大幅に強化されるので、重要な布石と考えられます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる