無料体験講座

値段軸スケールの設定とは何ですか

値段軸スケールの設定とは何ですか

BIツールとは企業が持つさまざまなデータを分析・見える化して、経営や業務に役立てるソフトウェアのことです。 BIはビジネスインテリジェンス、つまり、ビジネスの意思決定に関わる情報という意味です。

Azure での自動スケールの使用

Screenshot of View resource status.

Scale setting for new web app.

現在のインスタンス数は 1 です。 [カスタム自動スケーリング] をクリックします。

Create scale setting for a web app.

スケール設定の名前を指定し、 [ルールの追加] をクリックします。 コンテキスト ウィンドウとして右側に開きます。 既定では、リソースの CPU 使用率が 70% を超えた場合にインスタンス数を 1 つずつ増やしてスケールするようにオプションが設定されています。 このオプションを既定値のままにし、 [追加] をクリックします。

これで最初のスケール ルールが作成されました。 UX では、ベスト プラクティスとして、"ルール内に少なくとも 1 つのスケールを含めることが推奨されています"。そのためには次を行います。

a. [ルールの追加] をクリックします。

b. [演算子][より小さい] を設定します。

c. [しきい値]20 に設定します。

d. [操作][Decrease count by](カウント数減少幅) を設定します。

Scale based on CPU

これで、CPU 使用率に基づいてスケールアウト/スケールインするスケール設定が作成されます。

[保存] をクリックします。

お疲れさまでした。 値段軸スケールの設定とは何ですか これで、CPU 使用率に基づいて Web アプリを自動スケールする最初のスケール設定が作成されました。

仮想マシン スケール セットまたはクラウド サービス ロールを使用する場合も同じ手順が適用されます。

その他の考慮事項

スケジュールに基づくスケール変更

  1. [Add a scale condition](スケール条件の追加) をクリックします。
  2. スケール 値段軸スケールの設定とは何ですか モードとルールの設定は既定の条件と同じです。
  3. スケジュール、 [Repeat specific days](特定の曜日に繰り返す) を選択します。
  4. 曜日、スケール条件を適用する開始時刻と終了時刻を選択します。

Scale condition based on schedule

特定の日に異なる方法でスケールする

  1. [Add a scale condition](値段軸スケールの設定とは何ですか スケール条件の追加) をクリックします。
  2. スケール モードとルールの設定は既定の条件と同じです。
  3. スケジュールで、 [Specify start/end dates](開始日/終了日を指定する) を選択します。
  4. スケール条件を適用する開始時刻と終了時刻を選択します。

Scale condition based on dates

リソースのスケール履歴を表示する

リソースをスケールアップ/スケールダウンするたびに、アクティビティ ログにイベントが記録されます。 [実行履歴] タブに切り替えることで、過去 24 時間のリソースのスケール履歴を表示できます。

Run history

すべてのスケール履歴 (最大 90 日間) を表示する場合は、 [Click here to see more details](詳細を表示するには、ここをクリックしてください) をクリックします。 リソースやカテゴリに自動スケールがあらかじめ選択されたアクティビティ ログが表示されます。

リソースのスケール定義を表示する

自動スケールは、Azure Resource Manager のリソースです。 [JSON] タブに切り替えると、JSON でスケール定義を表示できます。

Scale definition

必要に応じて、JSON に直接変更を加えることができます。 これらの変更は保存後反映されます。

クールダウン期間の効果

自動スケーリングでは、インスタンスの目まぐるしく繰り返されるアップ スケーリングとダウン スケーリングを意味する、"フラッピング" を防ぐためにクールダウン期間を使用します。 詳細については、自動スケーリングの評価手順に関するページを参照してください。 フラッピングに関するその他の重要な情報および自動スケーリング エンジンの監視方法の解釈については、「自動スケールのベスト プラクティス」および自動スケールのトラブルシューティングに関するページを、それぞれ参照してください。

正常なインスタンスにトラフィックをルーティングする (App Service)

Azure Web 値段軸スケールの設定とは何ですか アプリを複数のインスタンスにスケールアウトする場合、App Service を使用すれば、ご利用のインスタンスに対して正常性チェックを実行して、正常なインスタンスにのみトラフィックをルーティングすることができます。 詳細については、この記事の Azure App Service Health チェックに関する項を参照してください。

自動スケーリングの別のリージョンへの移動

このセクションでは、Azure の自動スケーリングを同じサブスクリプションおよびリソース グループの別のリージョンに移動する方法について説明します。 REST API を使って自動スケーリング設定を移動できます。

  1. サブスクリプションとリソース グループが使用可能であり、移動元と移動先のリージョンの両方で詳細が同じであることを確認します。 で Azure の自動スケーリングが使用可能であることを確認します。

詳細ビュー

新しい環境で自動スケーリング設定を作成するには、REST 値段軸スケールの設定とは何ですか API を使います。 移動先のリージョンで作成される自動スケーリング設定は、移動元リージョンの自動スケーリング設定のコピーになります。

Azure リージョン間でのリソースの移動に関する詳細情報

リージョン間でのリソースの移動と 値段軸スケールの設定とは何ですか Azure でのディザスター リカバリーの詳細については、「リソースを新しいリソース グループまたはサブスクリプションに移動する」を参照してください。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

会社設立には何円資金が必要ですか? 将来会社を創設しようと思うのですが、資金にどれくらい必要でしょうか?

会社設立には何円資金が必要ですか? 将来会社を創設しようと思うのですが、資金にどれくらい必要でしょうか?・外注で製品を生産する。(インドネシア、ラオス、中国(MAIN LAND))のどこかを考えています。 ・製品は、商業的商品を扱う予定です。 ・B2C向けにコンシューマーエレクトロニクス製品を生産をしたいと思います。 ・自分では不可能なことは、外注(オフショア)により各国で国際分業を行います。 また今住んでいる県では、起業した際に県のほうから補助金が交付されますし、株式会社といってもほぼ個人事業主のような形でするつもりです。

ベストアンサーに選ばれた回答

事業計画における資本政策について、勉強する必要があります。 製造単価は安い方が良い、そしてオフショアが安い、というのは分かりますが、発注ロットの数量*製造単価を掛けた、ロット当たり発注費用で考えた時、その発注費用の額が会社の資金繰りにクリティカルな影響を与えるようならば、オフショアに出すという選択が不適切であるということで、実際はそのケースが多いと思います。 実際のところ、プロトタイプ製造は3Dプリンタや基盤プリントサービス等を使って社内開発しないと、トライアンドエラーが効かず研究開発ノウハウを持てないと思います。 ちなみ、DMMアキバのようなラボは、このために存在しますし、プロトタイプの予約販売の機能としてクラウドファンディングもこのためにあります。 そして、プログラマが創業者としてITサービスをローンチするように、製造業においては、このプロトタイピングが自分で出来る・・製造技術を持ち合わせている、習得することは、基本的な要求要素であると思います。 そして、次の段階として、売れるのか、そして売れるならば売るのに幾らかかるのか、そして一般消費者はどう反応するのか、という市場テストの段階で、100個くらいの製造ロットになると思いますが、これくらいならばオフショアではなく国内製造の方が早く、融通が効き、偶発的リスクも少なく、コントロールが効くと思います。 値段軸スケールの設定とは何ですか この段階で、ノウハウを積み上げるトライアンドエラーを行わないと、サプライチェーンと在庫管理が破綻しますでしょう。 そうやって、どのくらいの期間でどのくらい、幾らで売れて、幾ら残るのか、というのが分かってから、スケールさせる、オフショアに完成形を発注し、利益を残すことを考える、という順序になってくると思います。 最新の製造業においての、この辺りの話は、クリスアンダーソンのmakersという本が詳しいのでオススメです。 そして資本政策の話ですが、上記したような時間軸のうち、最も高リスクである最初の事業ステージとして(シードステージとか言います)、プロトタイプのトライアンドエラーと製造ノウハウを確立し、次の段階・・100個を実際に売り始めるまでの費用として、どのくらいの期間が必要で、それにはいくらかかるのか、月次P/Lを作成すれば、初期資本金が幾ら必要なのか算出できます。 そうすれば、シード資金(初期資本金)を出してくれるような個人投資家やシードに関心のあるVCに、資金用途を説明して投資をしてくれと言えるようになります。 そして、そのシード資金で研究開発を行い、次の100個を売るステージに行きたい場合には、そのための資金調達を改めて行う・・・そうやってステップ的な事業計画と、それを実行するための必要資金額を裏付けに、資本政策を描く。 各事業ステージごとのゴール設定、つまり次の資金調達において投資家を十分に説得できると思われる状態の設定と、そこに到るまでに幾ら金がかかるのかを明確にするということです。 私はIT業で製造業は素人ですが、商売のセオリーとして、こういったテストと時間軸を無視した計画はすぐに破綻することは知っています。 ちなみ、個人事業は、製造業には不向きな組織形態であると思います。 理由は簡単で、段階的事業計画と資本政策が必要になるベンチャー事業であるからです。 以上、事実誤認や的外れ回答の掃き溜めの中で、ビジネスと勉強のきっかけにでもなれば幸いです。

その他の回答

1、株式会社設立には設立書類(定款)などを作ったり、色々面倒な書類が必要です その作業の為に通常「司法書士」にお願いいたします。 まあ、20万円でお釣りが出る値段です。 2、株も発行する必要があります。 1株1円でも設立か可能ですが、現実的ではありません。 まあ、1株5万円で20株の発行で、100万円んお現金が必要です。 この100万円は見せ金になり、仕入れや設備費等に使えます。 (設立時に銀行口座に有ることが条件です)

会社を設立するだけなら、20万くらいでしょうね。 たぶんそういうことが聞きたいのでなく、会社をやっていくにはということだとすると、その場合は会社の内容や売上によります。 ごく簡単に言えば、会社は先にお金が出て、後からお金が入ってくるので、その差の分だけはお金が必要です。 例えば、月50万円仕入れや固定費があり、100万円売上がある場合、一番初めに50万円しか無ければ、仕入れをした段階でゼロになってしまいますよね。予定の100万円がその月には入ってこないかもしれません。これでは基本的な運営ができません。少なく見て3~6か月分くらいの資金は欲しいですよね。そうなると50万×3~6か月というわけです。現金商売ができるならその3~6か月を短くできます。ただ初めの内は売上が上がらないでしょうから、割合的にはもっと必要にはなります。

光電センサ

他の商品シリーズ

光電センサ

高精度なCMOSを搭載した光電センサを豊富にラインナップ。ワークの素材に影響されず安定検出が可能なセンサや、遠距離検出が可能なセンサ、金属製の筐体を採用した堅牢型のセンサ、そしてアンプ一体型でありながら超小型を実現したセンサなど、さまざまなアプリケーションに対応できる光電センサをご用意しています。

光電センサ の商品一覧

汎用光電センサ

LR-Z シリーズ - アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ

色や傾きの影響を受けずに、黒・金属ワークを確実に検出

「CMOSイメージセンサ+レーザ光源」の組み合わせにより、ワークまでの距離で検出することが可能になります。
また、センサが受光量をモニタし、受光量レベルが最適な状態になるように光量コントロールします。その調整幅は最大200万倍。
これにより、色や傾きの影響を受けずに検出できます。

薄物・透明ワークにも対応

新機能「背景チューニング」により、ワークまでの距離と受光量で検出することが可能になります。
背景までの距離と受光量を登録し、それ以外の状態に変化すれば検出します。
これにより、薄いワークや透明ワークにも対応することができます。

LR-X シリーズ - CMOSレーザセンサ

金属

R面

色ムラ

傾き(バタつき)

LR-T シリーズ - アンプ内蔵型TOFレーザセンサ

クラス最高の検出パフォーマンス

自由自在の取付レイアウト

近くても遠くても、どんな角度でも検出可能。
工夫を凝らした金具を使えば、センサのスポットを見ながらの角度調整も自由自在。
後付けの場合でも取付場所で悩まず、追加工も最小限で済みます。センサの設置工数の短縮に貢献します。

PR-G シリーズ - アンプ内蔵型光電センサ

破損トラブルを大幅低減 SUS316L金属筐体

検出距離30m ハイパワー / 小スポットで安定検出 点光源・4元素LED

PR-M/F シリーズ - 超小型アンプ内蔵型光電センサ

〈ハイブリッド構造〉 「SUS316L」×「樹脂充填」

IP67/69K

本体の厚みを「4.値段軸スケールの設定とは何ですか 5mm」と小型化することで、体積比「マイナス81%」 ※ を達成しました。
また、コードプロテクタにより省スペースでもコードを曲げて設置することが可能です。
※当社従来品比

クラス最少の金属光電(体積比)

コードプロテクタ

PX シリーズ - 耐油・防水型光電センサ

従来品の油浸入箇所であったパッキンの使用をやめ、ヘッド部の構造を単純化しました。
油、水の浸入はパッキン使用部からおこります。
PXはパッキンを一切使用しない構造にすることで高い防油、防水性を確保している商品です。

透明のエポキシ樹脂をケースの隅々まで真空充てんすることで、ケーブルやレンズとの密着性を極限まで高めています。パッキンは一切使用しておりません。

NC加工機のワーク着座確認

洗浄ラインでのワーク通過確認

PS-N シリーズ - アンプ分離型光電センサ

ワンクリックで「感度設定」&「表示統一」

値段軸スケールの設定とは何ですか どのセンサが異常か一目でわかります

ボタンをたった一回押すだけで、「感度設定」と「表示統一」を同時におこなうことができます。
ワンクリックだから、誰でも確実・簡単に感度設定ができます。
また、誰が見ても同じ状態把握ができるため、確実・簡単に予防保全が可能です。

ケーブルが電線だから再接合可能

PS-NEOなら再接合しても光量減衰しません

PS-T シリーズ - アンプ分離型光電センサ

PS シリーズ - アンプ分離型光電センサ

PZ-G シリーズ - アンプ内蔵型光電センサ

PZ-V/M シリーズ - アンプ内蔵型光電センサ

クラス最高の検出パフォーマンス

壊れにくい メタルトリマ+SUS M3パイプナット

壊れにくい

PZ2 シリーズ - アンプ内蔵型光電センサ

PZ-101 シリーズ - アンプ内蔵型光電センサ

PQ シリーズ - アンプ中継型ミニ光電センサ

小型サイズを実現

配線工数を削減

PG シリーズ - 光学式通過センサ

PW シリーズ - フリー電源光電センサ

PZ シリーズ - アンプ内蔵型光電センサ

PK シリーズ - 距離設定型光電センサ

PM シリーズ - アンプ内蔵型光電センサ

PI-G シリーズ - 光沢度判別センサ

カラーセンサ

LR-W シリーズ - ホワイトスポット光電センサ

見た目の違いを安定検出

見た目の違いを安定検出

長距離でも安定検出

ハイパワーなホワイトスポットにより、近距離から長距離まで安定した検出が可能です。
設置位置を検討する時間を削減できます。
また、独自の光学設計により、まるでレーザのようなくっきりスポットを実現。長距離であっても光軸調整が簡単です。

CZ-V20 シリーズ - デジタルカラー判別センサ

一般的な光電センサの場合 赤色でない部分で反応

CZ-V20シリーズの場合 赤色の部分のみで反応

値段軸スケールの設定とは何ですか 反応あり

反応なし

MU-N シリーズ - マルチセンサコントローラ

光電センサ LR-Wシリーズに対応

検出距離 0.06~5m

CZ シリーズ - デジタルカラー判別センサ

面光電センサ

AI シリーズ - 面光電センサ

光電センサとは

光電センサとは、投光部から照射された光が、ワークによって反射または透過/吸収などの変化を受けたことを受光部で検知し、出力信号を得る装置です。また、ワークが発する光を検知するタイプなどを含めた「光を媒体として対象物を検知するもの」を総称した名称であり、同じ原理で検知するセンサには、ファイバセンサがあります。
光を用いて検知するという特性から、光電センサには以下の特長があります。
・非接触で検出ができる
・検出距離が長い
・ほとんどの対象物を検出できる
・色の判別ができる
・応答時間が短い
・高精度の検出ができる
また、光を面で捉えるタイプの光電センサもあり、このようなセンサでは位置や方向がズレていても正確に検知できます。このように多くの特長を持つ光電センサですが、それだけに多くの種類があり、選定の際にはそれぞれの機能をよく理解しておく必要があります。

構成の種類
光電センサは、投光部、受光部、増幅部、制御部で構成されます。投光部には光源があり、LEDやレーザ光が使われます。また、受光部には受光素子があり、フォトトランジスタやフォトダイオード、CMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)などが使われます。これら要素を構成する形態には、大きく以下の種類があります。

・小型化が可能。
・人が入れない場所に投/受光器を設置しても、離れた場所から調整可能。
・投/受光器とアンプユニットの間の信号線がノイズの影響を受けやすい。

光電センサのメリット

光電センサのメリット1:非接触で長距離検出が可能

光電センサのメリット2:ワークの素材や色を選ばず検出できる

光電センサは、受光量がほとんど得られない低反射ワークでも、光沢度の高い金属ワークもあらゆる角度から確実に検出します。金属の凸凹、R面、黒ワーク、色ムラ、傾き(バタつき)などに対しては、光量を自動制御し安定検出を実現します。 たとえば、「ホワイトスポット」を用いるタイプでは、対象物を見た目(色)で認識し、誤検出を防止。同系統の色で明暗差が小さく受光量にほとんど差がないワークや、赤と黄など見た目は明らかに異なるが受光量がほとんど変わらないワークでも安定検出することができます。
RGBセンサを搭載したタイプは、「てかり」をキャンセルして色を検出。蛍光体の検出も可能です。また、面光電センサは、ワークを絵で捉え、明るさ・形状から検出に最適な特徴を自動で抽出し数値化。チューニング時に登録されたワークの特徴と、検出するワークがどの程度似ているか(一致度)を算出し判定します。

光電センサのメリット3:応答時間が短い・高精度の検出ができる

光電センサの導入事例

光電センサの用途別導入事例

さまざまなワークの安定検出

操作の確認工数削減とグローバル対応

位置や方向がズレているワークの検出

光電センサに関するよくあるご質問

光電センサと他のセンサ(ファイバセンサ・近接センサ)の違い 光電センサはレーザ光を照射し反射光の量でワークを検出します。
ファイバセンサは、アンプ部からの光をファイバユニットで伝送し、ファイバユニットの先端から光を照射し、反射光の量でワークを検出するセンサです。このように、光電センサとの違いはファイバユニットを介している点で、悪環境に弱いアンプ部をワークから離れた場所に設置することができます。これにより、高温や低温、粉塵や液体が舞う厳しい環境での検出を可能にしています。
また、近接センサはリミットスイッチなど接触式検出器に代わって、非接触でワークを検出するセンサです。高周波や磁石、静電容量などを用いたタイプがあります。しかし、検出距離が短いというデメリットがあります。

どの光電センサを使えば良いでしょうか? 光電センサには多くの検出方式があります。また検出距離もさまざまです。これらは、検出するワークの素材やセンサとワークまでの距離、設置する環境などによって、使い分ける必要があります。
たとえば、「LR-Z」「LR-X」「LR-T」シリーズなどは反射型の光電センサですが、「LR-Z」シリーズの検出距離は最大500mm、「LR-X」シリーズは最大250mm、「LR-T」シリーズに至っては、最大5mに達します。
一方で、「LR-Z」シリーズは背景チューニングなどの機能により透明体の検出が可能ですが、「LR-X」や「LR-T」シリーズでは透明体の安定検出は困難です。また、「LR-X」シリーズはCMOSレーザセンサでありながら、9.4×27×17mmの超小型筐体を実現しています。
「LR-T」シリーズはその長い検出距離を活かした動線外設置が可能です。
このように、光電センサはそれぞれのメリットを活かした使い方が必要です。

超小型で高分解能な光電センサはありますか? 超小型筐体を実現した「LR-X」シリーズは、わずかな隙間にも取り付けられるので、設置場所に悩むことなく既存の設備に後付けも容易です。設計工数も大幅に削減できます。
この小型化を可能にした技術がグリーンレーザと新設計のミラー構造の採用、そしてカスタムCMOSセンサの搭載です。
グリーンレーザは、その特性により受光スポットをシャープにできます。また、新設計のミラー構造は小型化に貢献。さらに小型化しても分解能が落ちないカスタムCMOSの搭載などにより、小型化と高分解能を両立しています。この小さな筐体で、最大300万倍ハイダイナミックレンジや最小標準検出段差0.5mm、500μsの高速応答などを実現。現場が必要とする機能を搭載しています。

BIツールとは?

BIツールとは?


BIツールとは企業が持つさまざまなデータを分析・見える化して、経営や業務に役立てるソフトウェアのことです。 BIはビジネスインテリジェンス、つまり、ビジネスの意思決定に関わる情報という意味です。

BIツールの目的・役割

BIツールが活用されているシーン

経営分析・財務分析

営業分析・売上分析

人事データ分析

予算管理システム

データ集計

帳票自動作成

BIツールのメリット

BIツールのデメリット

BIツールが持つ3つの仕組みと機能比較

BIツールが持つ3つの仕組みと機能比較

BIツールは、経営者だけでなく部門のリーダーや一般社員など、あらゆる人にとって便利なITツールです。このBIツールには、大きく分けて次の3つの仕組みが備わっています。

01 基幹系システムからデータと連携する仕組み

02 分析・集計する仕組み

03 ビジュアライズして表示する仕組み

BIツールの種類と比較

1)無料系BIツール 値段軸スケールの設定とは何ですか
大手IT企業などが無料でBIツールを提供しています。手軽にBIツールを活用できるのが無料系BIツールの一番のメリットで、簡単なデータ集計やデータ分析なら無料で済んでしまうかもしれません。

2)海外系BIツール
BIは元々アメリカで生まれた概念ということもあり、アメリカや海外で作られた有料BIツールもシェアが大きいです。

3)国内系BIツール
LaKeel BIを始めとする国内系BIツールは、日本国内のビジネス現場に合わせた機能や使い勝手が特徴です。カタカナの専門用語や、英語を直訳したようなわかりにくいマニュアルばかりだと、生産性を上げるためのBIツールによって、パソコンやITが得意ではない人の生産性が逆に下がりかねませんので、そういった可能性があるなら、国内系BIツールがおすすめです。

LaKeel BI製品情報

  • ExcelとBIツール、何が違う?~データ分析にBIツールを使うメリット~
  • データが消える!?知らないと怖い、Excel業務のリスクとは
  • BIツール導入時の注意点!スモールスタートの落とし穴
  • セルフサービスBIとは?~従来型BIとの違い~
  • BIツール製品はここを見て比較・選定しよう!
  • BIツールのメリットと留意点

BIツール導入に失敗しないためにチェックしておくべきポイントとは

「ビッグデータ」や「IoT」などの言葉の普及とともに、
「データをビジネスに有効活用し、企業の成長を加速させよう」というメッセージが
多く出回っています。
企業の持つさまざまなデータを有効活用するためには、BIツールは大変役立つツールです。
しかし、BIツールを使いこなし、データを事業成長に活かすことができている企業は
決して多くないというのも、一方では事実です。

「BIツールで何を実現しようとするのか不明確だった」
「ツール選定時に、機能チェックの見落としがあった」
「導入に気を取られ、運用についてまで確認しきれなかった」

本資料では、BIツールを導入する際に検討しておくべき13のチェックポイントをご紹介します。
ぜひ、貴社のBIツール選定にご活用ください。

Outlook予定表(カレンダー)の便利な使い方!5つの技と便利な連携ツールで効率化

調整アポ_Outlookカレンダー

Outlook予定表を使って、簡単にお客様とのスケジュール調整をすることも可能です。 値段軸スケールの設定とは何ですか その際は、日程調整ツール「調整アポ」を使用します。 Outlook予定表の空いている時間が自動的に抽出されて、お客様に提案できるようになる機能で、とても便利です。 操作方法は、お客様にお送りするメールに、生成されるURLを添付するだけ。 お客様がURLにアクセスすると、空いている時間枠が選択できるようになっており、クリックするだけで時間の登録が完了。 また、お客様が時間を選択したら担当者に通知が届き、自動的にOutlook予定表にも登録されます。 詳しくはコチラ -->

取引先とのWEB会議、まだ手動でやってますか?

これからは日程調整を自動化し、コピペ1回たった10秒で完了です!

WEB会議のURL発行が面倒くさい
日程調整の手間をなくしたい
・空いてる日程を選んでテキストにするのが面倒
・日程と会議室の仮押さえと削除が面倒
・日程調整よりも資料作成の時間がほしい
ダブルブッキングを回避したい

日程調整ツール「調整アポ」は上記のような課題をサクっと解決するツール。
自分のカレンダーと連携して、空いている日時を簡単に相手に伝えられます。
WEB会議ツールとの連携で面倒なWEB会議のURL発行も自動で送れます!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる