営業の攻略法

セクターの定義

セクターの定義

分析機器情報

質量分析は、イオン化した原子・分子をその m/z に(m:イオンの質量、z:イオンの電荷数)よって分離、測定する方法です。試料分子は、真空中でイオン化された後に分析部に導入され、電気的・磁気的な作用等によってm/zに 応じて分離され、そのイオン量を検出強度としてマススペクトルを得ます。生成したイオンは、正または負の電荷を1つだけ持ったイオンの他、2価以上に荷電 した多価イオン、イオン化の過程で解離・会合したイオンなど、試料分子に由来する種々のイオンを生成します。特に、二重収束質量分析計は、高分解能かつ高 質量精度の分析が可能であり、かつ多様なイオン化法を適用でき、既知物質の同定や未知物質の構造決定など、有機化学や生化学、環境分析など幅広い分野での 定性・定量分析に用いられています。本稿では、二重収束質量分析計の原理と特徴、そして応用例について説明します。

1. はじめに

質量分析は、イオン化した原子・分子をその質量によって分離し、測定する方法であり、この測定に用いられる装置が質量分析計です。その歴史は古く、 セクターの定義 1910年代初めに J. J. Thomsonが行った放物線型質量分析器による水素原子・分子、炭素、酸素、ネオン、水銀などの陽イオンの分離にまで遡ることができます。質量分析計 は、試料導入部、イオン化部(イオン源)、質量分析部、検出器、データシステムで構成されており、一部のイオン化法を除き、イオン化部から検出器までは高 真空(10 -4 セクターの定義 ~10 -5 Pa)内に設置されています。質量分析計は使用している質量分析部の原理の違い により、磁場セクター型、四重極、飛行時間型、イオンサイクロトロン共鳴などが利用されています。磁場セクター型質量分析計はこの中でも歴史のある質量分 析計の一つであり、二重収束質量分析計の普及に伴い、高分解能かつ高い質量精度で質量分析することが可能となりました。また、多様なイオン化法を適用でき るため、幅広い分野において定性分析、あるいは定量分析に威力を発揮してきました。現在でも、ダイオキシン分析においては必須の質量分析計として活躍して います。本稿では、二重収束質量分析計の原理と特徴、そして応用例について説明します。

2. 二重収束質量分析計の原理と特徴

JAIMA_2013SPRING_img_22_1.jpg

試料導入部より導入された原子あるいは分子は、イオン源で種々の方法によってイオン化されます。生成した電荷数zのイオン(質量m) セクターの定義 は加速電圧 Vで加速されて、磁場セクターに入射されます。磁場セクターは垂直方向に一様な磁場(磁場強度 B)を持っているため、その磁場に垂直方向、すなわち水平方向に入射したイオンはローレンツ力と遠心力が釣り合うように、半径rの円軌道上を等速運動しま す。この時、 m/z = r 2 B 2 /2V が成り立ちますので、加速電圧が一定の場合は磁場強度を変化することで、異なる m/z値のイオンを検出することができます(図1)。また、磁場強度が一定の場合は、電圧を変化することでも、異なる m/z値 のイオンを検出することもできます。通常、磁場強度を変化させることで質量分析を行いますが、分析内容によっては電圧を変化させる手法を用いる場合があり ます。 セクターの定義 二重収束質量分析計は、方向収束と速度収束を持たせるように、通常は電場セクター(E)と磁場セクター(B)を組み合わせた構造となっています。 方向収束は、ある一点から入射された同じm/z値と運動エネルギーを持っていますが、入射角度が異なるイオンの流れを、再び一点に収束させることであり、磁場セクターにより収差補正を行います(図2)。また、速度収束は、ある一点から入射された同じ m/z値 でありながら、少し異なる速度を有するイオンの流れを収束させることであり、電場セクターにより収差補正されます(図3)。二重収束質量分析計において は、各収差を打ち消すように磁場セクターと電場セクターを配置することで、二重収束を得ています。なお、磁場セクターと電場セクターの配置順の違いによ り、E・Bの順に配置した正配置と B・Eの順に配した逆配置があります。 二重収束質量分析計の特徴として、以下のようなことが挙げられます。

JAIMA_2013SPRING_img_22_2.jpg

JAIMA_2013SPRING_img_22_3.jpg

1 質量分解能が高い
2 高感度な定量分析が可能
3 質量分解能と感度はトレードオフされる
4 汎用性が高い
5 セクターの定義 精密質量測定が可能
6 リンクドスキャン測定による構造解析が可能
7 設置室用件が厳しい(広さ、床強度など)

3. 二重収束質量分析計の応用例

a) 高分解能 SIM 法によるダイオキシン分析

ダイオキシン類に対する分析対象は、飛灰、土壌などの環境対象だけでなく、近年では食品、飼料、母乳、血液など、広い範囲でのモニタリングが進んでいま す。これらの対象試料中のダイオキシン類の量は極微量である半面、ダイオキシン類を含む試料には多くの夾雑成分が含まれています。このため、この夾雑成分 の除去を行うための前処理が行われていますが、すべてを除去するのは困難です。しかしながら、二重収束質量分析計を用い、高分解能条件(質量分解能 10,000以上、10%谷)下における SIM (Selected Ion Monitoring)法を用いる場合のみ、このような状態の試料であっても定量分析することが可能なため、この方法が公定法として定められています。こ こで、SIM法は、残留農薬分析をはじめとする、質量分析で行う定量分析で一般に用いられている方法です。しかし、質量分解能 10,000以上という条件があるため、二重収束質量分析計だけが対応可能となります。この方法では、夾雑成分が残っていても、二重収束質量分析計の高い 質量分解能性能により、ダイオキシン類から生成されるイオンを他の成分由来のイオンから分離して、高感度に検出することが可能です(図4)。 また、検出 感度は 10 セクターの定義 -15 gオーダーであり、極微量分析を可能とします。

JAIMA_2013SPRING_img_22_4.jpg

b) 精密質量測定による組成推定

二重収束質量分析計は精密質量測定が可能であるため、天然物の組成推定や新規有機化合物の組成確認などに用いられています。二重収束質量分析計はその原理により、磁場掃引法と電圧掃引法による測定が可能です。磁場掃引法は広い m/z値範囲の測定に適していますが、磁場強度の直線性が低いため、高い質量精度を求める場合には、多くの内部標準イオンが必要となります。これに対して、電圧掃引法は限られ m/z値範囲(一般には、設定した開始 m/z値から2倍の m/z値まで)の測定しかできませんが、電圧の直線性が高いため、より高い質量精度を得ることが可能です。一般には、分子イオンやプロトン付加分子などに対する精密質量測定を行いますので、電圧掃引法を用いた測定を行います。

c) 高速原子衝撃(FAB)を用いた分析

質量分析を行うための重要な要素として、イオン化法があります。すべての化合物に最適となるイオン化法は未だ無いため、対象化合物に応じて選択する必要が あります。一般的に、混合物試料に対する分析では、ガスクロマトグラフ(GC)や液体クロマトグラフ(LC)などと質量分析計を組み合わせて質量分析を行 います。このとき、GC/MS分析においては電子イオン化(EI)法が、LC/MS分析においてはエレクトロスプレーイオン化(ESI)法が多く用いられ ています。 一方、単一成分に対する分析では成分分離する必要がないため、直接導入法がよく用いられます。このとき、分析試料が難揮発性である場合、イオ ン化法として高速原子衝撃(Fast Atom Bombardment:FAB)を用いる場合があります。この方法は、グリセリンなどのマトリックスと試料を試料ホルダに塗布し、これに対して加速・収 束したキセノンなどの中性原子ビームで衝撃してイオン化します。この方法は ESI の出現により、使用頻度が少なくなっている状況ではありますが、まだ多くのニーズがあるイオン化法です。しかし、FABを使用するとイオン源内が汚 れやすいため、加速電圧の低い装置には装着が困難です。このため、FABを使用する場合は二重収束質量分析計が主に用いられています(図5)。

JAIMA_2013SPRING_img_22_5.jpg

図5 FAB (-) によるマススペクトル試料:グリコケノデオキシコール酸-3-硫酸マトリックス:グリセロール

d)リンクドスキャンによる構造解析

二重収束質量分析計では、電場セクターと磁場セクターを連動して掃引するリンクドスキャンを行うことによって、イオン源から射出直後に生成するイオンを用 いたプロダクトイオンスペクトル、プリカーサイオンスペクトル、ニュートラルロススペクトルを得ることができます。通常、イオン源直後に衝突室を設置し、 この中にヘリウムガスなどの衝突ガスを導入し、イオン源から射出されたイオンと衝突誘起解離を引き起こし、プロダクトイオンを生成させます。このとき、二 重収束質量分析計の加速電圧が高いため、高エネルギー解離が起こり、C-C結合などの比較的結合エネルギーの高い結合も解離することがあります。これらの スペクトルを使い分けることにより、構造解析に必要な情報を得ることができます(図6)。

Linuxfdiskコマンド

Linuxには、特にそのために、少なくとも1つのパーティションが必要です。 ルート ファイルシステム。使用できます ファイルを交換する および/またはスワップパーティションですが、後者の方が効率的です。したがって、通常、スワップパーティション専用の2番目のLinuxパーティションが必要です。オン インテル -互換性のあるハードウェア、 BIOS システムを起動すると、多くの場合、ディスクの最初の1024シリンダーにしかアクセスできません。このため、大きなディスクを使用している人は、多くの場合、3番目のパーティションを作成します。 MB 大きく、しばしば取り付けられます /ブート 、起動時に必要なカーネルイメージといくつかの補助ファイルを保存して、BIOSからこれらのものにアクセスできるようにします。セキュリティ、管理のしやすさ、 バックアップ 、またはテストして、最小数を超えるパーティションを使用します。

オプション

セクターの定義 セクターの定義 セクターの定義
-b セクターサイズ ディスクのセクターサイズを指定します。有効な値は次のとおりです 51210242048 または 4096 。最近のカーネルはセクターサイズを知っています。これは、古いカーネルでのみ使用するか、カーネルのアイデアを上書きするために使用してください。 util-linux-2.17以降、 fdisk 論理セクターサイズと物理セクターサイズを区別します。このオプションは、両方のセクターサイズをに変更します セクターサイズ
-c [ = モード ] 互換モードを指定します。 'または' nondos '。デフォルトは非DOSモードです。下位互換性のために、オプションを使用せずに使用することが可能です モード 引数;その場合、デフォルトが使用されます。オプションであることに注意してください モード 引数をから分離することはできません -c スペースによるオプション。たとえば、正しい形式は 'です。 -c セクターの定義 = 2 '。
-C 円柱 ディスクのシリンダー数を指定します。これは非常に奇妙なことですが、必要に応じて、このオプションで実行できます。
-H ディスクのヘッド数を指定します。物理的な番号ではなく、パーティションテーブルに使用される番号です。合理的な値は 255 そして 16
-S 宗派 ディスクのトラックごとのセクター数を指定します。物理的な番号ではなく、パーティションテーブルに使用される番号です。妥当な値は 63
-h ヘルプを印刷して終了します。
-l 指定したデバイスのパーティションテーブルを一覧表示して、終了します。デバイスが指定されていない場合は、 / proc /パーティション (存在する場合)が使用されます。
-u [ = 単位 ]パーティションテーブルを一覧表示するときは、サイズを 'で表示します セクター 'または' シリンダー '。デフォルトでは、サイズはセクターで表示されます。下位互換性のために、オプションを使用せずに使用することが可能です 単位 引数;この場合、デフォルトが使用されます。オプションであることに注意してください 単位 引数をから分離することはできません -u スペースによるオプション。たとえば、正しい形式は 'です。 -u =シリンダー '。
-v バージョン情報を印刷して終了します。

デバイスは通常 / dev / sda/ dev / sdb 、など。デバイス名はディスク全体を指します。のない古いシステム libata (Linuxカーネル内でサポートするために使用されるライブラリ 彼ら ホストコントローラとデバイス)は、IDEディスクとSCSIディスクの違いを生みます。このような場合、デバイス名は次のようになります。 / dev / hd * (( ここに )または / dev / sd * (( SCSI )。

パーティションは、デバイス名の後にパーティション番号が続きます。例えば、 / dev / sda1 システムの最初のハードディスクの最初のパーティションです。

ディスクラベル

IRIX / SGIタイプのディスクラベルは16のパーティションを記述でき、そのうちの11番目は「ボリューム」パーティション全体であり、9番目は「ボリュームヘッダー」とラベル付けされている必要があります。ボリュームヘッダーはパーティションテーブルもカバーします。つまり、 ブロック ゼロで、デフォルトで5つのシリンダーに拡張されます。ボリュームヘッダーの残りのスペースは、ヘッダーディレクトリエントリによって使用される場合があります。ボリュームヘッダーとパーティションが重なることはありません。パーティションテーブルが失われる可能性があるため、タイプを変更したり、ファイルシステムを作成したりしないでください。このタイプのラベルは、IRIX / SGIマシン上のLinuxまたはLinux上のIRIX / SGIディスクで作業する場合にのみ使用してください。

DOSタイプのパーティションテーブルでは、開始オフセットと各パーティションのサイズは、セクターの絶対数(32ビットで指定)とシリンダー/ヘッド/セクターのトリプル(10+で指定)の2つの方法で格納されます。 8 + 6ビット)。前者はOKです。 512バイトのセクターでは、これは最大2つまで機能します また 。後者には2つの問題があります。まず、これらのC / H / Sフィールドは、ヘッド数とトラックあたりのセクター数がわかっている場合にのみ入力できます。そして第二に、これらの数値がどうあるべきかを知っていても、利用可能な24ビットでは不十分です。 DOSはC / H / Sのみを使用し、Windowsは両方を使用し、LinuxはC / H / Sを使用しません。

可能なら、 fdisk ディスクジオメトリを自動的に取得します。これは必ずしも物理ディスクジオメトリではありません(実際、最近のディスクには物理ジオメトリのようなものはなく、単純なCylinders / Heads / Sectors形式で記述できるものではありません)が、MS-DOSのディスクジオメトリです。パーティションテーブルに使用します。

sync()ioctl(BLKRRPART) (ディスクからパーティションテーブルを再読み込み)は、パーティションテーブルが更新されたときに終了する前に実行されます。昔は、fdiskを使用した後に再起動する必要がありました。これは不要になりました。実際、カーネルとディスクハードウェアの両方がデータをバッファリングする可能性があるため、fdiskでパーティション分割した直後に再起動することはお勧めできません。

DOS6.x警告

DOS 6.x フォーマット コマンドは、パーティションのデータ領域の最初のセクターでいくつかの情報を検索し、この情報をパーティションテーブルの情報よりも信頼できるものとして扱います。 DOS フォーマット DOSを期待します FDISK サイズ変更が発生するたびに、パーティションのデータ領域の最初の512バイトをクリアします。 DOS フォーマット たとえ / U フラグが与えられます:これはDOSのバグと見なされます フォーマット およびDOS FDISK

肝心なのは、 cfdisk または fdisk DOSパーティションテーブルエントリのサイズを変更するには、次も使用する必要があります。 dd セクターの定義 セクターの定義 DOSを使用する前に、そのパーティションの最初の512バイトをゼロにする フォーマット パーティションをフォーマットします。たとえば、使用していた場合 cfdisk のDOSパーティションテーブルエントリを作成するには / dev / sda1 、その後(終了後 fdisk または cfdisk パーティションテーブル情報が有効になるようにLinuxを再起動します)コマンド 'を使用します dd セクターの定義 if = / dev / zero of = / dev / sda1 bs = 512 count = 1 'パーティションの最初の512バイトをゼロにします。

非常に注意してください あなたが使用する場合 dd コマンド。小さなタイプミスは、ディスク上のすべてのデータを役に立たなくする可能性があります。

最良の結果を得るには、常にOS固有のパーティションテーブルプログラムを使用してください。たとえば、DOSでDOSパーティションを作成します FDISK Linuxを使用したプログラムおよびLinuxパーティション fdisk またはLinux cfdisk プログラム。

関連コマンド

cfdisk —よりユーザーフレンドリーなバージョン fdisk
dd —ファイルのエンコーディングをコピーして変換します。
mkfs — Linuxファイルシステム(通常はハードディスクパーティション)を構築します。

分析機器情報

質量分析は、イオン化した原子・分子をその セクターの定義 m/z に(m:イオンの質量、z:イオンの電荷数)よって分離、測定する方法です。試料分子は、真空中でイオン化された後に分析部に導入され、電気的・磁気的な作用等によってm/zに 応じて分離され、そのイオン量を検出強度としてマススペクトルを得ます。生成したイオンは、正または負の電荷を1つだけ持ったイオンの他、2価以上に荷電 した多価イオン、イオン化の過程で解離・会合したイオンなど、試料分子に由来する種々のイオンを生成します。特に、二重収束質量分析計は、高分解能かつ高 質量精度の分析が可能であり、かつ多様なイオン化法を適用でき、既知物質の同定や未知物質の構造決定など、有機化学や生化学、環境分析など幅広い分野での 定性・定量分析に用いられています。本稿では、二重収束質量分析計の原理と特徴、そして応用例について説明します。

1. はじめに

質量分析は、イオン化した原子・分子をその質量によって分離し、測定する方法であり、この測定に用いられる装置が質量分析計です。その歴史は古く、 1910年代初めに セクターの定義 J. J. Thomsonが行った放物線型質量分析器による水素原子・分子、炭素、酸素、ネオン、水銀などの陽イオンの分離にまで遡ることができます。質量分析計 は、試料導入部、イオン化部(イオン源)、質量分析部、検出器、データシステムで構成されており、一部のイオン化法を除き、イオン化部から検出器までは高 真空(10 -4 ~10 -5 Pa)内に設置されています。質量分析計は使用している質量分析部の原理の違い により、磁場セクター型、四重極、飛行時間型、イオンサイクロトロン共鳴などが利用されています。磁場セクター型質量分析計はこの中でも歴史のある質量分 析計の一つであり、二重収束質量分析計の普及に伴い、高分解能かつ高い質量精度で質量分析することが可能となりました。また、多様なイオン化法を適用でき るため、幅広い分野において定性分析、あるいは定量分析に威力を発揮してきました。現在でも、ダイオキシン分析においては必須の質量分析計として活躍して います。本稿では、二重収束質量分析計の原理と特徴、そして応用例について説明します。

2. 二重収束質量分析計の原理と特徴

JAIMA_2013SPRING_img_22_1.jpg

試料導入部より導入された原子あるいは分子は、イオン源で種々の方法によってイオン化されます。生成した電荷数zのイオン(質量m) は加速電圧 Vで加速されて、磁場セクターに入射されます。磁場セクターは垂直方向に一様な磁場(磁場強度 B)を持っているため、その磁場に垂直方向、すなわち水平方向に入射したイオンはローレンツ力と遠心力が釣り合うように、半径rの円軌道上を等速運動しま す。この時、 m/z = r 2 B 2 /2V が成り立ちますので、加速電圧が一定の場合は磁場強度を変化することで、異なる m/z値のイオンを検出することができます(図1)。また、磁場強度が一定の場合は、電圧を変化することでも、異なる m/z値 のイオンを検出することもできます。通常、磁場強度を変化させることで質量分析を行いますが、分析内容によっては電圧を変化させる手法を用いる場合があり ます。 二重収束質量分析計は、方向収束と速度収束を持たせるように、通常は電場セクター(E)と磁場セクター(B)を組み合わせた構造となっています。 方向収束は、ある一点から入射された同じm/z値と運動エネルギーを持っていますが、入射角度が異なるイオンの流れを、再び一点に収束させることであり、磁場セクターにより収差補正を行います(図2)。また、速度収束は、ある一点から入射された同じ m/z値 でありながら、少し異なる速度を有するイオンの流れを収束させることであり、電場セクターにより収差補正されます(図3)。二重収束質量分析計において は、各収差を打ち消すように磁場セクターと電場セクターを配置することで、二重収束を得ています。なお、磁場セクターと電場セクターの配置順の違いによ り、E・Bの順に配置した正配置と B・Eの順に配した逆配置があります。 二重収束質量分析計の特徴として、以下のようなことが挙げられます。

JAIMA_2013SPRING_img_22_2.jpg

JAIMA_2013SPRING_img_22_3.jpg

1 質量分解能が高い
2 高感度な定量分析が可能
3 質量分解能と感度はトレードオフされる
4 汎用性が高い
5 精密質量測定が可能
6 リンクドスキャン測定による構造解析が可能
7 設置室用件が厳しい(広さ、床強度など)

3. 二重収束質量分析計の応用例

a) 高分解能 SIM 法によるダイオキシン分析

ダイオキシン類に対する分析対象は、飛灰、土壌などの環境対象だけでなく、近年では食品、飼料、母乳、血液など、広い範囲でのモニタリングが進んでいま す。これらの対象試料中のダイオキシン類の量は極微量である半面、ダイオキシン類を含む試料には多くの夾雑成分が含まれています。このため、この夾雑成分 の除去を行うための前処理が行われていますが、すべてを除去するのは困難です。しかしながら、二重収束質量分析計を用い、高分解能条件(質量分解能 10,000以上、10%谷)下における SIM (Selected Ion Monitoring)法を用いる場合のみ、このような状態の試料であっても定量分析することが可能なため、この方法が公定法として定められています。こ こで、SIM法は、残留農薬分析をはじめとする、質量分析で行う定量分析で一般に用いられている方法です。しかし、質量分解能 10,000以上という条件があるため、二重収束質量分析計だけが対応可能となります。この方法では、夾雑成分が残っていても、二重収束質量分析計の高い 質量分解能性能により、ダイオキシン類から生成されるイオンを他の成分由来のイオンから分離して、高感度に検出することが可能です(図4)。 また、検出 感度は 10 -15 gオーダーであり、極微量分析を可能とします。

JAIMA_2013SPRING_img_22_4.jpg

b) 精密質量測定による組成推定

二重収束質量分析計は精密質量測定が可能であるため、天然物の組成推定や新規有機化合物の組成確認などに用いられています。二重収束質量分析計はその原理により、磁場掃引法と電圧掃引法による測定が可能です。磁場掃引法は広い m/z値範囲の測定に適していますが、磁場強度の直線性が低いため、高い質量精度を求める場合には、多くの内部標準イオンが必要となります。これに対して、電圧掃引法は限られ m/z値範囲(一般には、設定した開始 m/z値から2倍の m/z値まで)の測定しかできませんが、電圧の直線性が高いため、より高い質量精度を得ることが可能です。一般には、分子イオンやプロトン付加分子などに対する精密質量測定を行いますので、電圧掃引法を用いた測定を行います。

c) 高速原子衝撃(FAB)を用いた分析

質量分析を行うための重要な要素として、イオン化法があります。すべての化合物に最適となるイオン化法は未だ無いため、対象化合物に応じて選択する必要が あります。一般的に、混合物試料に対する分析では、ガスクロマトグラフ(GC)や液体クロマトグラフ(LC)などと質量分析計を組み合わせて質量分析を行 います。このとき、GC/MS分析においては電子イオン化(EI)法が、LC/MS分析においてはエレクトロスプレーイオン化(ESI)法が多く用いられ ています。 一方、単一成分に対する分析では成分分離する必要がないため、直接導入法がよく用いられます。このとき、分析試料が難揮発性である場合、イオ ン化法として高速原子衝撃(Fast Atom Bombardment:FAB)を用いる場合があります。この方法は、グリセリンなどのマトリックスと試料を試料ホルダに塗布し、これに対して加速・収 束したキセノンなどの中性原子ビームで衝撃してイオン化します。この方法は ESI の出現により、使用頻度が少なくなっている状況ではありますが、まだ多くのニーズがあるイオン化法です。しかし、FABを使用するとイオン源内が汚 れやすいため、加速電圧の低い装置には装着が困難です。このため、FABを使用する場合は二重収束質量分析計が主に用いられています(図5)。

JAIMA_2013SPRING_img_22_5.jpg

図5 FAB (-) によるマススペクトル試料:グリコケノデオキシコール酸-3-硫酸マトリックス:グリセロール

d)リンクドスキャンによる構造解析

二重収束質量分析計では、電場セクターと磁場セクターを連動して掃引するリンクドスキャンを行うことによって、イオン源から射出直後に生成するイオンを用 いたプロダクトイオンスペクトル、プリカーサイオンスペクトル、ニュートラルロススペクトルを得ることができます。通常、イオン源直後に衝突室を設置し、 この中にヘリウムガスなどの衝突ガスを導入し、イオン源から射出されたイオンと衝突誘起解離を引き起こし、プロダクトイオンを生成させます。このとき、二 重収束質量分析計の加速電圧が高いため、高エネルギー解離が起こり、C-C結合などの比較的結合エネルギーの高い結合も解離することがあります。これらの スペクトルを使い分けることにより、構造解析に必要な情報を得ることができます(図6)。

サムスンの第2四半期決算は半導体セクターの下落に歯止めをかけられるか

PG

サマリー: 半導体株は好調から一気に下落しました。金利上昇により株価バリュエーションが低下し、半導体株は当社のテーマ分類別でワースト5位となっています。そうしたなか、サムスンは今朝の第2四半期決算で、事態は恐れていたほど悪くはないとはいえ、見通しは暗雲と大きな不確実性に覆われていることを示しました。半導体が改善すれば、その分、状況は悪化するようにみえます。しかし当社は、半導体については、デジタル化の進展を背景に長期的に非常に強気の見方を維持しています。

非常に厳しい一年

取扱商品・手数料
取引ツール
取引サポート
口座開設・サクソバンクについて

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。 セクターの定義
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

Linuxfdiskコマンド

Linuxには、特にそのために、少なくとも1つのパーティションが必要です。 ルート ファイルシステム。使用できます ファイルを交換する および/またはスワップパーティションですが、後者の方が効率的です。したがって、通常、スワップパーティション専用の2番目のLinuxパーティションが必要です。オン セクターの定義 インテル -互換性のあるハードウェア、 BIOS システムを起動すると、多くの場合、ディスクの最初の1024シリンダーにしかアクセスできません。このため、大きなディスクを使用している人は、多くの場合、3番目のパーティションを作成します。 MB 大きく、しばしば取り付けられます /ブート 、起動時に必要なカーネルイメージといくつかの補助ファイルを保存して、BIOSからこれらのものにアクセスできるようにします。セキュリティ、管理のしやすさ、 バックアップ 、またはテストして、最小数を超えるパーティションを使用します。

オプション

-b セクターサイズ ディスクのセクターサイズを指定します。有効な値は次のとおりです 51210242048 または 4096 。最近のカーネルはセクターサイズを知っています。これは、古いカーネルでのみ使用するか、カーネルのアイデアを上書きするために使用してください。 util-linux-2.17以降、 fdisk 論理セクターサイズと物理セクターサイズを区別します。このオプションは、両方のセクターサイズをに変更します セクターサイズ
-c [ = モード ] 互換モードを指定します。 'または' nondos '。デフォルトは非DOSモードです。下位互換性のために、オプションを使用せずに使用することが可能です モード 引数;その場合、デフォルトが使用されます。オプションであることに注意してください モード 引数をから分離することはできません -c スペースによるオプション。たとえば、正しい形式は 'です。 -c = 2 '。
-C 円柱 ディスクのシリンダー数を指定します。これは非常に奇妙なことですが、必要に応じて、このオプションで実行できます。
-H ディスクのヘッド数を指定します。物理的な番号ではなく、パーティションテーブルに使用される番号です。合理的な値は セクターの定義 255 そして 16
-S 宗派 ディスクのトラックごとのセクター数を指定します。物理的な番号ではなく、パーティションテーブルに使用される番号です。妥当な値は 63
-h ヘルプを印刷して終了します。
-l 指定したデバイスのパーティションテーブルを一覧表示して、終了します。デバイスが指定されていない場合は、 / proc /パーティション (存在する場合)が使用されます。
-u [ = 単位 ] パーティションテーブルを一覧表示するときは、サイズを 'で表示します セクター 'または' シリンダー '。デフォルトでは、サイズはセクターで表示されます。下位互換性のために、オプションを使用せずに使用することが可能です 単位 引数;この場合、デフォルトが使用されます。オプションであることに注意してください 単位 引数をから分離することはできません -u スペースによるオプション。たとえば、正しい形式は 'です。 -u =シリンダー '。
-v バージョン情報を印刷して終了します。

デバイスは通常 / dev / sda/ dev / sdb 、など。デバイス名はディスク全体を指します。のない古いシステム libata (Linuxカーネル内でサポートするために使用されるライブラリ 彼ら ホストコントローラとデバイス)は、IDEディスクとSCSIディスクの違いを生みます。このような場合、デバイス名は次のようになります。 / セクターの定義 dev / hd * (( ここに )または / dev / sd * (( SCSI )。

パーティションは、デバイス名の後にパーティション番号が続きます。例えば、 / dev / sda1 システムの最初のハードディスクの最初のパーティションです。

ディスクラベル

IRIX / SGIタイプのディスクラベルは16のパーティションを記述でき、そのうちの11番目は「ボリューム」パーティション全体であり、9番目は「ボリュームヘッダー」とラベル付けされている必要があります。ボリュームヘッダーはパーティションテーブルもカバーします。つまり、 ブロック ゼロで、デフォルトで5つのシリンダーに拡張されます。ボリュームヘッダーの残りのスペースは、ヘッダーディレクトリエントリによって使用される場合があります。ボリュームヘッダーとパーティションが重なることはありません。パーティションテーブルが失われる可能性があるため、タイプを変更したり、ファイルシステムを作成したりしないでください。このタイプのラベルは、IRIX セクターの定義 / SGIマシン上のLinuxまたはLinux上のIRIX / SGIディスクで作業する場合にのみ使用してください。

DOSタイプのパーティションテーブルでは、開始オフセットと各パーティションのサイズは、セクターの絶対数(32ビットで指定)とシリンダー/ヘッド/セクターのトリプル(10+で指定)の2つの方法で格納されます。 8 + 6ビット)。前者はOKです。 512バイトのセクターでは、これは最大2つまで機能します セクターの定義 また 。後者には2つの問題があります。まず、これらのC / H / Sフィールドは、ヘッド数とトラックあたりのセクター数がわかっている場合にのみ入力できます。そして第二に、これらの数値がどうあるべきかを知っていても、利用可能な24ビットでは不十分です。 DOSはC / H / Sのみを使用し、Windowsは両方を使用し、LinuxはC / H / Sを使用しません。

可能なら、 fdisk ディスクジオメトリを自動的に取得します。これは必ずしも物理ディスクジオメトリではありません(実際、最近のディスクには物理ジオメトリのようなものはなく、単純なCylinders / Heads / Sectors形式で記述できるものではありません)が、MS-DOSのディスクジオメトリです。パーティションテーブルに使用します。

sync()ioctl(BLKRRPART) (ディスクからパーティションテーブルを再読み込み)は、パーティションテーブルが更新されたときに終了する前に実行されます。昔は、fdiskを使用した後に再起動する必要がありました。これは不要になりました。実際、カーネルとディスクハードウェアの両方がデータをバッファリングする可能性があるため、fdiskでパーティション分割した直後に再起動することはお勧めできません。

DOS6.x警告

DOS 6.x フォーマット コマンドは、パーティションのデータ領域の最初のセクターでいくつかの情報を検索し、この情報をパーティションテーブルの情報よりも信頼できるものとして扱います。 DOS フォーマット DOSを期待します FDISK サイズ変更が発生するたびに、パーティションのデータ領域の最初の512バイトをクリアします。 DOS フォーマット たとえ / U フラグが与えられます:これはDOSのバグと見なされます フォーマット およびDOS FDISK

肝心なのは、 cfdisk または fdisk セクターの定義 DOSパーティションテーブルエントリのサイズを変更するには、次も使用する必要があります。 dd DOSを使用する前に、そのパーティションの最初の512バイトをゼロにする フォーマット パーティションをフォーマットします。たとえば、使用していた場合 cfdisk のDOSパーティションテーブルエントリを作成するには / dev / sda1 、その後(終了後 fdisk または cfdisk パーティションテーブル情報が有効になるようにLinuxを再起動します)コマンド 'を使用します dd if = / dev / zero of = / dev / sda1 bs = セクターの定義 セクターの定義 512 count = 1 'パーティションの最初の512バイトをゼロにします。

非常に注意してください あなたが使用する場合 dd コマンド。小さなタイプミスは、ディスク上のすべてのデータを役に立たなくする可能性があります。

最良の結果を得るには、常にOS固有のパーティションテーブルプログラムを使用してください。たとえば、DOSでDOSパーティションを作成します FDISK Linuxを使用したプログラムおよびLinuxパーティション fdisk またはLinux cfdisk プログラム。

関連コマンド

cfdisk —よりユーザーフレンドリーなバージョン fdisk
dd —ファイルのエンコーディングをコピーして変換します。
mkfs — Linuxファイルシステム(通常はハードディスクパーティション)を構築します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる