海外FXお役立ちガイド

ヘッジの定義

ヘッジの定義
担保付き翌日物資金調達金利(Secured Overnight Financing ヘッジの定義 Rate)。銀行間取引の指標となる新しい金利で、ニューヨーク連邦準備銀行が2018年4月から公表を開始。金融機関同士で取引される米国債を担保にした翌日物のレポ金利をもとに算出される。不正操作事件を受けて2021年に廃止予定のLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)に代わる国際的な基準金利として期待されている。2018年5月にはSOFR先物が上場した。 野村証券用語解説集より引用

実務Q&AIFRSの一般ヘッジ会計

第1章 新しい一般ヘッジ会計基準の目的・発効日
Q1-1 ヘッジ取引の定義・種類
Q1-2 ヘッジ会計基準改訂の理由
Q1-3 ヘッジの定義 日本におけるヘッジ会計への問題意識
Q1-4 主要な変更点
Q1-5 顧客へのリスク転嫁
Q1-6 ヘッジ会計の目的
Q1-7 リスク管理活動
Q1-8 ヘッジ取引とヘッジ会計の関係
Q1-9 ヘッジ関係の種類
Q1-10 ヘッジ会計の手順
Q1-11 適用開始日
Q1-12 ヘッジの定義 IAS39からの移行
Q1-13 IAS39の継続適用
Q1-14 マクロヘッジ
Q1-15 当初適用日における会計処理

第2章ヘッジ手段の決定
Q2-1 適格ヘッジ手段
Q2-2 デリバティブ以外の金融商品
Q2-3 非金融商品 ヘッジの定義
Q2-4 為替リスク
Q2-5 グループ間貨幣性項目
Q2-6 グループ間デリバティブ
Q2-7 組込デリバティブ(IFRS9)
Q2-8 売建オプション
Q2-9 金融商品の部分
Q2-10 リスク要素ごとのヘッジ指定
Q2-11 複数リスクのヘッジ
Q2-12 ロールオーバー
Q2-13 クロスヘッジ
Q2-14 株価指数先物 ヘッジの定義
Q2-15 金利通貨スワップ
Q2-16 スワップション
Q2-17 クレジットデリバティブ
Q2-18 既存のデリバティブ

第3章ヘッジ対象の決定
Q3-1 適格ヘッジ対象概論
Q3-2 事業リスク
Q3-3 政策保有株式
Q3-4 内部取引
Q3-5 確定約定・予定取引
Q3-6 外貨建確定約定
Q3-7 ヘッジ対象非適格項目
Q3-8 ヘッジの定義 グループヘッジ
Q3-9 グループヘッジ要件緩和の理由
Q3-10 株式グループ
Q3-11 純額となるグループの適格ヘッジ対象要件
Q3-12 純額ポジションのキャッシュフローヘッジの制限
Q3-13 純額ポジション(ヘッジ手段損益の表示)
Q3-14 純額ポジションのキャッシュフローヘッジの例
Q3-15 純額でゼロとなるポジション
Q3-16 プロキシーヘッジ
Q3-17 会計単位
Q3-18 1年超先の予定取引
Q3-19 合計エクスポージャーの要件
Q3-20 合計エクスポージャーの例
Q3-21 部分ヘッジ
Q3-22 非金融商品のリスク要素部分のヘッジ要件
Q3-23 非金融商品のリスク要素部分のヘッジ例
Q3-24 インフレリスク
Q3-25 片側リスク
Q3-26 階層部分ヘッジの要件
Q3-27 期限前償還オプション付住宅ローン
Q3-28 階層部分ヘッジの例
Q3-29 サブLIBOR問題

第4章 有効性評価と文書化(ヘッジ会計の適格要件)
Q4-1 ヘッジ会計適格要件
Q4-2 経済的関係の存在 ヘッジの定義
Q4-3 清算機関
Q4-4 信用リスクの影響
Q4-5 有効性の意味
Q4-6 80%~125%要件削除の背景
Q4-7 80%~125%要件削除のイメージ
Q4-8 有効性判定方法
Q4-9 ヘッジ有効性テスト
Q4-10 ヘッジ有効性テストの基準間差異
Q4-11 有効性評価の時期・頻度 ヘッジの定義 ヘッジの定義
Q4-12 リスク管理戦略とリスク管理目的
Q4-13 文書化項目と実施時期
Q4-14 非有効部分測定方法
Q4-15 仮想デリバティブ
Q4-16 非有効部分発生原因分析
Q4-17 ヘッジ比率の決定
Q4-18 実際に使用されているヘッジ比率
Q4-19 ヘッジ比率濫用の懸念
Q4-20 ショートカット法
Q4-21 回帰分析
Q4-22 内部管理体制

第5章 リバランスによるヘッジ会計の継続 ヘッジの定義
Q5-1 リバランス
Q5-2 リバランスのタイミング
Q5-3 リバランスの例
Q5-4 ヘッジ会計の中止
Q5-5 任意のヘッジ会計中止の禁止
Q5-6 ヘッジ中止の会計処理
Q5-7 ヘッジの再開始(リスタート)

第6章 帳簿上のヘッジ会計処理
Q6-1 公正価値ヘッジの会計処理
Q6-2 キャッシュフローヘッジの会計処理
Q6-3 キャッシュフローヘッジ剰余金のその後
Q6-4 ヘッジの定義 ヘッジの定義 キャッシュフローヘッジの表示
Q6-5 “低価”テスト
Q6-6 在外営業活動体に対する純投資のヘッジ
Q6-7 仕訳例
Q6-8 ヘッジの定義 非有効部分の会計処理
Q6-9 リンク表示
Q6-10 キャッシュフローヘッジのベーシスアジャストメント
Q6-11 アンダーヘッジの場合
Q6-12 ヘッジのコスト
Q6-13 オプションの時間的価値
Q6-14 ゼロコストカラー
Q6-15 調整後の時間的価値
Q6-16 先渡契約の直先差額
Q6-17 調整後の金利要素
Q6-18 為替予約の直先差額(結論の背景)
Q6-19 通貨ベーシスプレッド
Q6-20 日本基準との差異
Q6-21 金利スワップの特例処理・為替予約の振当処理
Q6-22 組込デリバティブ(日本基準)

第7章 拡張された公正価値オプション
Q7-1 公正価値オプション
Q7-2 クレジットデリバティブ
Q7-3 自己使用契約の非金融商品

第8章 開 示
Q8-1 開示の趣旨
Q8-2 IFRS7のヘッジ開示要求概要

第9章 業種別の影響
Q9-1 改訂により見込まれる主要な実務的影響
Q9-2 商社・石油会社などへの影響
Q9-3 原油のヘッジ取引
Q9-4 エネルギー商品のヘッジ
Q9-5 LNG輸入取引のヘッジ
Q9-6 わが国の業種別会計基準(銀行業)の概要とIFRS9との違い
Q9-7 わが国の業種別会計基準(保険業)の概要とIFRS9との違い

参考1 一般ヘッジ規定に関する日本基準・米国基準・IFRS9の
主要な差異
参考2 IFRS9の一般ヘッジ規定の構造

著者プロフィール 金子 康則(かねこ やすのり)
公認会計士,米国公認会計士(ニューハンプシャー州)
1995年,青山監査法人PriceWaterhouse(現あらた監査法人PricewaterhouseCoopers)入所。
大手証券会社,大手自動車会社,大手都市銀行の米国基準に基づく会計監査,PricewaterhouseCoopers London Banking and Capital Markets勤務を経験。
2007年より金融機関に勤務し,会計方針,会計アドバイザリー,自己資本規制アドバイザリー,資本政策,財務オペレーショナルリスク管理など,会計および規制をキーワードにさまざまな業務に従事。
個人的にボランティアで日本公認会計士協会の委員会活動に参加する一方,金融機関の実務的観点から,制度会計の議論・会計リテラシー促進に向けて著作活動を行っている。

著書
『公正価値会計の実務』(2009年),
『オフバランス会計の実務』(2011年),
『公正価値測定の実務Q&A』(共著,2012年)(すべて中央経済社)がある。

【定義】SPAC

写真: Meriç Dağlı on Unsplash

SPAC(スパック:Special Purpose Acquisition Companies:特別目的買収会社)は、新型コロナウイルス危機をきっかけに魅力的な投資媒体として急拡大している。2020 年の SPAC 上場数は 2019 年と比較して 2 倍となった。

SPAC は、従来の IPO 方式を通じて資本調達しながら未公開企業の買収を目的とする。

SPAC ブームの過熱

著名なヘッジファンドや投資信託などの機関投資家は、運営スポンサーとして長年 SPAC 投資に携わり “founders ヘッジの定義 ヘッジの定義 shares”(創設者株)として SPAC 株の 20% を受け取る権利を有する。

テクノロジー関連企業の素早い上場を目的とする戦略的 SPAC は VC(ベンチャーキャピタル)と似たような役割を果たしている。

SPAC の流れ

SPAC 取引は、その迅速さと戦略的パートナーシップ構成より、一部企業にとっては通常の IPO と比較して非常に魅力的である。

長い年月を要する IPO とは異なり、企業買収と資金調達、株式公開に至る一連の買収計画は 24 か月以内に完了。

更に、運営スポンサーは PIPE(パイプ:Private Investment in Public Equity)取引を通じて、機関投資家より私募増資を調達する事もできる。この過程を “De-SPACing” プロセスと称する。

ウォーレン・バフェット氏は、株式や証券を割引価格で購入できる PIPE 取引に深い関心を抱いている。

近日のウォール街では、投資銀行がプレイスメント・エージェントとして PIPE 取引に関与。

SPAC 上場の成功例

英実業家リチャード・ブランソン氏の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック・ホールディングス」は、2019年に SPAC 上場し、同年内に 146% の収益を上げた。

米ヘッジファンドマネージャーのビル・アックマン氏が率いる「パーシング・スクエア・キャピタル・マネジメント」は、2020 年に ヘッジの定義 SPAC 上場し、40 億ドルを調達。これまでの SPAC 上場では最大規模である。

テクノロジーに特化した世界最大規模 VC(ベンチャーキャピタル)であるソフトバンクでは、SPAC 上場を目的に多様なセクターに渡る小規模民間企業に 1 億ドル以上の出資を行っている。

オルタナティブ投資の正確な定義&現代必要とされるその背景とは?

LTCM破綻危機は、1998年の秋頃に発生した、アメリカ合衆国の大手ヘッジファンドLTCMの実質破綻による金融危機をいいます。また、LTCMとは、「Long Term Capital Management(ロングターム・キャピタル・マネジメント)」の略で、ソロモン・ブラザーズで活躍していたトレーダーのジョン・メリウェザーの発案により設立され、1994年に運用を開始し、その取締役会の中には、FRB元副議長のデビッド・マリンズ、ブラック-ショールズ方程式を完成させ、共に1997年にノーベル経済学賞を受賞したマイロン・ショールズとロバート・マートンといった著名人が加わっていたことから「ドリームチームの運用」と呼ばれ、世界各国の金融機関や機関投資家、富裕層などから巨額の資金を集めました(本部は、米国コネチカット州)。

カルパース(CalPERS)

日本語では「カリフォルニア州職員退職年金基金」と訳され、アメリカ合衆国のカリフォルニア州の公務員の公的年金基金をいいます。これは、全米で第1位の規模を誇り、現在、カリフォルニア州に雇用されている労働者、学校の職員、連邦のカリフォルニア州の支部等の職員ならびにそれらの退職者でもって構成されており、その運営にあたっては、透明性を徹底したオープンな対話型組織となっています。また、全米第2位は、カリフォルニア州の教職員退職年金基金である「カルスターズ(California State Teachers’ Retirement System=CALSTRS)」で、教職員向けでは全米最大となっています。

マーケット・ニュートラル

この銘柄は魅力的だ、と思っても株式市場が下落すればその銘柄の株価も下がってしまう。マーケット・ニュートラルは、そんな悩みから生まれた手法です。

市場全体の影響を受けなくともすむようにするための戦略です。マーケットの中でニュートラル(中立)な立場に身を置こうとすることから、マーケット・ニュートラル戦略と呼ばれています。

マーケット・ニュートラル戦略の基本的な考え方目的株式市場の変動による影響を極力排除して、購入した銘柄固有の事情が株価に与える影響だけを考えて運用できるようにする。方法市場全体の値動きのリスクから、購入した銘柄群のリスクを切り離すために、市場全体の値動きを反映するもの(株価指数先物等)を売り建てる。

LIBOR廃止:次の指標SOFR・SONIA、会計上の影響は?

担保付き翌日物資金調達金利(Secured Overnight Financing Rate)。銀行間取引の指標となる新しい金利で、ニューヨーク連邦準備銀行が2018年4月から公表を開始。金融機関同士で取引される米国債を担保にした翌日物のレポ金利をもとに算出される。不正操作事件を受けて2021年に廃止予定のLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)に代わる国際的な基準金利として期待されている。2018年5月にはSOFR先物が上場した。

野村証券用語解説集より引用

SONIAとは

なお、SONIAの読み方はソニアが一般的なようです。

Sterling Overnight Index Average(ポンド翌日物平均金利)の略。金融機関同士でやり取りされる英ポンド建ての無担保翌日物の平均金利。信頼性を高めるため、それまで算出主体だった業界団体WMBAから業務を引き継ぎ、2018年4月以降、英中銀のイングランド銀行が算出・公表している。21年に廃止される見通しのロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に代わる国際的な指標金利として普及を目指している。

野村証券用語解説集より引用

いずれにおいても、LIBORの廃止を見越して設定されているということが分かりますね。

ヘッジ会計への影響は?

さて、会計上、最も問題となるのは、ヘッジ会計への影響です。

そうなると、LIBORの廃止に伴い、従来のヘッジ会計の要件を満たさなくなる可能性が出てきてしまう企業もありそうです。

この点、IASBにおいては、金利指標改革として、当該影響に関して、暫定的な救済措置を設けるとともにIAS39号、IFRS9号を修正する公開草案の公表を行っています。

まず、有効性評価に関しては、以下の通り、金利改革前後で、基準金利指標が変更されないものとして判断すべき旨が記載されています。

次に、経済的関係評価に関しては、以下の通り、金利改革前後で、既存の契約にて判定を行う旨が記載されています。

ヘッジ対象とヘッジ手段との間の経済的関係の評価
6.8.6 6.4.1 項(c)(i)及び B6.4.4 項から B6.4.6 項の要求事項を適用する目的上、企業は、ヘッジされているキャッシュ・フロー(契約上の又は契約以外で定められたもの)の基礎となっている金利指標、及び/又はヘッジ手段のキャッシュ・フローの基礎となっている金利指標が、金利指標改革の結果として変更されないものと仮定しなければならない。

金利指標改革:IFRS 第 9 号及び IAS 第 39 号の修正案

JGAAPにおいても、金融商品会計基準にてヘッジ会計の有効性評価等に関するヘッジ会計の適用要件は定められています。

カントリーリスクとは | カントリーリスクの定義・分類・対応方法・指標を解説

 国際収支の悪化等から外貨不足に陥り、個別事業・取引に関わる元本・配当・利息や代金の国外送金が制限されるか、あるいは不可能となる。 ヘッジの定義
 急激なインフレーションや為替相場の変動などで、個別事業・取引に関わる元本・配当・利息や代金の受取金額が大幅に目減りする。
 革命などによる政権交代で、新政権が債務の継承を拒否する。個別事業・取引の相手先の資産に対し、国有化や、国家権力による収容・没収等の危険性が増大する。
 内乱、暴動、外国の侵略、戦争等により、現地における個別事業・取引の遂行に支障を来たす。
 国際関係、国際情勢の変化により、個別事業・取引の円滑な推進・遂行が困難になる。

2. カントリーリスクの重要性

なぜ海外進出および海外投資においてカントリーリスクは重要なのか?

3. カントリーリスクの要因と分類

カントリーリスクの要因は大きく4つに分類できる

① 政治リスク

② 経済リスク

③ 社会リスク

④ 自然リスク

4. カントリーリスクの対応方法

① カントリーリスクを事前に認識しておく

② 貿易保険を活用する

貿易保険の基礎知識 | 海上保険との違い / 貿易保険の種類と対象 / 貿易保険法改正案の提出見送りについて…ほか

③ 為替予約を活用する

④ リスクを分散させておく

5. カントリーリスクの指標について

① カントリーリスクの調査項目

② 格付会社それぞれのランクについて

■日本貿易保険(NEXI)
日本貿易保険(NEXI)はOECDカントリーリスク専門家会合において決定されるOECDの評価をもとにして国や地域の評価を決めています。「A」から「H」までの8段階となっており、最上位は「A」、最下位は「H」です。

■スタンダード&プアーズ(S&P)
アメリカの大手格付会社であるスタンダード&プアーズ(S&P)では、最上位を「AAA」とし、「AA」「A」…とランクが続きます。S&Pにおいて、格付けの最下位は「D」となっています。

■ムーディーズ
S&Pと肩を並べるアメリカの格付会社ムーディーズでは、最上位を「Aaa」とし、「Aa1」「Aa2」…とランクが続きます。ムーディーズの格付けにおける最下位ランクは「C」です。

6. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

カントリーリスクを知り、正しく対応することが重要

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事が役に立つ! と思った方はシェア

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

この記事をご覧になった方は、こちらの記事も見ています

オススメの海外進出サポート企業

YCP&nbspGroup 

YCP Group 

YCP&nbspGroup 

ご利用企業からの評価

<主要サービスメニュー>
・海外展開完全代行:
事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

サイエスト株式会社

サイエスト株式会社

サイエスト株式会社

ご利用企業からの評価

全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
我々はその課題を

(1)海外事業の担当人材の不足
(2)海外事業の運営ノウハウの不足
(3)海外企業とのネットワーク不足

と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる