FX戦略編

デジタル資産とは

デジタル資産とは
■実証実験の概要
本実証実験では、Hyperledger Fabric上のデジタル資産とEthereum上のデジタル通貨(USDCなどのERC20トークン)を用いて、DVP決済を想定した価値移転を行いました。

Hyperledger FabricとEthereumの相互接続には、Datachainが開発を主導するHyperledger Labs YUIを用いることで、IBC(*3)を用いたインターオペラビリティを実現しています。また、同じくDatachainが開発を進めているCross Frameworkを用いることで、両ブロックチェーン上の取引を同時に実行することを可能にしています。

Speee

株式会社Datachain(本社:東京都港区、代表取締役:久田 哲史、以下、Datachain)は、株式会社NTTデータと共同でEthereum上のデジタル通貨とHyperledger Fabric上のデジタル資産とのDVP決済(*1)に関する実証実験を実施いたしました。

■背景
近年、エンタープライズ領域におけるブロックチェーンの商用化に向けた動きが急速に加速しています。例えば、貿易で必要となる船荷証券(B/L)の電子化や、株式や不動産を電子化したデジタル証券など、様々なデジタル資産がブロックチェーン上で取引され始めています。

■実証実験の概要
本実証実験では、Hyperledger Fabric上のデジタル資産とEthereum上のデジタル通貨(USDCなどのERC20トークン)を用いて、DVP決済を想定した価値移転を行いました。

Hyperledger FabricとEthereumの相互接続には、Datachainが開発を主導するHyperledger Labs YUIを用いることで、IBC(デジタル資産とは *3)を用いたインターオペラビリティを実現しています。また、同じくDatachainが開発を進めているCross Frameworkを用いることで、両ブロックチェーン上の取引を同時に実行することを可能にしています。

■実証実験の成果
本実証実験により、Hyperledger Fabricで構築されたサービス上のデジタル資産と、Ethereum上のデジタル通貨との間で、DVP決済を想定した2つのアセットの同時交換が可能であることを確認しました。

これまで、Hyperledger FabricとCosmos(Tendermint)間のDVP決済の検証は完了していましたが、今回、Hyperledger Fabricの接続先として実際にUSDCなどのデジタル通貨(ステーブルコイン)がすでに流通しているEthereumを対象としたことで、より商用化に近いレベルでの検証に成功しました。

■技術的な新規性
①IBCを用いてHyperledger FabricとEthereum間のインターオペラビリティを実現
IBCを用いて相互接続することで、Hyperledger FabricとEthereum間で、インターオペラビリティを実現できることが確認できました。

IBCを用いて双方のブロックチェーンを接続するために用いたモジュール(IBCモジュール)は、Hyperledger Lab YUIとしてOSSで公開しています。なお、本実証実験では、チェーンの検証においてmultisig(マルチシグ)方式を採用しています。検証方式については、よりトラストレスかつ効率的な方式の開発をしてまいります。

②Cross Frameworkによる複数ブロックチェーン上の取引の同時実行
双方のブロックチェーンの相互運用を可能にした上で、Cross Frameworkを用いることで双方のブロックチェーン上のトランザクションを同時に実行することに成功しました。

Cross Frameworkは、クロスチェーントランザクション(複数のブロックチェーンを跨いだ取引)を可能にするフレームワークです。Datachainが開発を行っており、こちらもOSSとして公開しています。なお、Cross Frameworkを用いたDVP決済のユースケースについては、特許を取得済みです(特許6982345)。

■今後について
本実証実験を受けて、Datachainでは、NTTデータと共に、事業者を交えた検証を含め、引き続き商用化に向けて取り組んでまいります。

家族との時間は大切な「わたし資産」。デジタルを活用した家族との向き合い方を考える

img_20220705_1.jpg

そもそも、なぜ家事は大変なのでしょうか?「掃除・洗濯・料理」といった家事をよく見てみると、「洋服をクリーニングに出す」「観葉植物の水やり」「日用品のストックを買っておく」といった名前のつけられない無数の細かな家事によって構成されていることが分かります。こういった家事を1つひとつこなしていくのは骨が折れる作業です。

1. 便利家電を活用して家事をDX化

2.家事共有アプリで円満な家事分担を

3. さまざまなサブスクでQOLをアップ

増やした時間で何をする? 効率的なお金の管理で家族との豊かな時間を
img_20220705_2.jpg

1. さまざまな決済手段での支払いをリアルタイムで管理

2.シェア機能でプライベートと共有部分を両立

3. 目的預金で家族が一緒の夢や目標に向かうことができる

企業プロフィール

プロフィール パートナーロゴ画像

キキ&ララと学ぶ〜UI未来Base辞典vol.2「UI未来Base」とは〜

キキ&ララと学ぶ〜UI未来Base辞典vol.2「UI未来Base」とは〜

PCデポ×UI銀行対談「デジタルの便利さと人とのつながり。デジタルで得られる『わたし資産』の価値とは?」【後編】

PCデポ×UI銀行対談「デジタルの便利さと人とのつながり。デジタルで得られる『わたし資産』の価値とは?」【後編】

PCデポ×UI銀行対談「デジタルへの理解を深めて、もっとつながる私たちの世界」【前編】

PCデポ×UI銀行対談「デジタルへの理解を深めて、もっとつながる私たちの世界」【前編】

失敗するほど「わたし資産」が増える? 未来の働き方を妄想してみた

失敗するほど「わたし資産」が増える? 未来の働き方を妄想してみた

健康という資産を守り、活かす方法とは? 未来のヘルスケアを妄想してみた

健康という資産を守り、活かす方法とは? 未来のヘルスケアを妄想してみた

近くて深い、新しい体験の場が開かれる。「マイクロツーリズム」が変える「旅」

近くて深い、新しい体験の場が開かれる。「マイクロツーリズム」が変える「旅」

<UI未来Base に関するご留意事項> デジタル資産とは
・本メディアは、連携パートナーとの取り組み等の情報提供を⽬的とするものであり、掲載の商品・サービス等の誘引が⽬的ではありません。また、掲載内容は、作成時点における連携パートナーにおける意⾒・⾒解が含まれるもので、個社・個別の商品・サービス等を推奨・保証するものでは ありません。
・情報の正確性、完全性、信頼性、適切性等に加え、配信時点で当該商品・サービス等が存在すること、お客さまの購⼊・利⽤の可能性、掲載企業(⼈)の内容に関し、UI銀⾏は⼀切保証するものでありません。
・投資勧誘や特定銘柄の推奨を⽬的とするものではありません。掲載情報に基づき⾏ったお客さまの⾏為および結果等について、UI銀⾏は⼀切の責任を負いません。
・掲載画像はイメージであり、実物の商品やサービスなどと異なる場合があります。
・連携先の商品・サービスに関するお問い合わせは、UI銀⾏ではお受けできません。直接商品・サ ービスの取扱業者にお問い合わせください。

デジタル資産とは

NFTの教科書

NFTの教科書

ライター画像

天羽健介(あもう けんすけ)
大学卒業後、商社を経て2007年株式会社リクルート入社。新規事業開発を経験後、2018年コインチェック株式会社入社。主に新規事業開発や暗号資産の上場関連業務、業界団体などとの渉外を担当する部門の責任者を務め国内暗号資産取扱数No.1を牽引。2020年5月より執行役員に就任。現在はNFTやIEOなど新規事業の開発や暗号資産の上場関連業務などを行う新規事業開発部門に加え、顧客対応部門を担当。2021年2月コインチェックテクノロジーズ株式会社の代表取締役に就任。日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)NFT部会長。

増田雅史(ますだ まさふみ)
弁護士・ニューヨーク州弁護士(森・濱田松本法律事務所)。スタンフォード大学ロースクール卒。理系から転じて弁護士となり、IT・デジタル関連のあらゆる法的問題を一貫して手掛け、業種を問わず数多くの案件に関与。特にゲーム及びウェブサービスへの豊富なアドバイスの経験を有する。経済産業省メディア・コンテンツ課での勤務経験、金融庁におけるブロックチェーン関連法制の立案経験をもとに、コンテンツ分野・ブロックチェーン分野の双方に通じる。The Best Lawyers in Japan 2022にFintech Practice、Information Technology Lawの2分野で選出。NFTについては、ブロックチェーンゲーム草創期である2017年末からアドバイスを開始。ブログ記事「NFTの法的論点」(https://masudalaw.wordpress.com/2021/04/06/nft/)は、法実務に関する論考としては異例の公開日3000PⅤを記録。ブロックチェーン推進協会(デジタル資産とは BCCC)アドバイザー、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)NFT部会 法律顧問。

本書の要点

NFTの現状

2021年、急拡大のNFT市場

2021年3月、2つのオークションが世界的に話題となった。ひとつは、デジタルアート作家「Beeple(ビープル)」ことマイク・ウィンケルマン氏のNFT作品「Everydays - The First 5000 Days」が約75億3000万円で落札されたことである。もうひとつは、Twitterの共同創業者で同社CEOのジャック・ドーシーの初ツイートのNFTが約3億1600万円で落札されたことだ。

家族との時間は大切な「わたし資産」。デジタルを活用した家族との向き合い方を考える

img_20220705_1.jpg

そもそも、なぜ家事は大変なのでしょうか?「掃除・洗濯・料理」といった家事をよく見てみると、「洋服をクリーニングに出す」「観葉植物の水やり」「日用品のストックを買っておく」といった名前のつけられない無数の細かな家事によって構成されていることが分かります。こういった家事を1つひとつこなしていくのは骨が折れる作業です。

1. 便利家電を活用して家事をDX化

2.家事共有アプリで円満な家事分担を

3. さまざまなサブスクでQOLをアップ

増やした時間で何をする? 効率的なお金の管理で家族との豊かな時間を
img_20220705_2.jpg

1. さまざまな決済手段での支払いをリアルタイムで管理

2.シェア機能でプライベートと共有部分を両立

3. 目的預金で家族が一緒の夢や目標に向かうことができる

企業プロフィール

プロフィール パートナーロゴ画像

キキ&ララと学ぶ〜UI未来Base辞典vol.2「UI未来Base」とは〜

キキ&ララと学ぶ〜UI未来Base辞典vol.2「UI未来Base」とは〜

PCデポ×UI銀行対談「デジタルの便利さと人とのつながり。デジタルで得られる『わたし資産』の価値とは?」【後編】

PCデポ×UI銀行対談「デジタルの便利さと人とのつながり。デジタルで得られる『わたし資産』の価値とは?」【後編】

PCデポ×UI銀行対談「デジタルへの理解を深めて、もっとつながる私たちの世界」【前編】

PCデポ×UI銀行対談「デジタルへの理解を深めて、もっとつながる私たちの世界」【前編】

失敗するほど「わたし資産」が増える? 未来の働き方を妄想してみた

失敗するほど「わたし資産」が増える? 未来の働き方を妄想してみた

健康という資産を守り、活かす方法とは? 未来のヘルスケアを妄想してみた

健康という資産を守り、活かす方法とは? 未来のヘルスケアを妄想してみた

近くて深い、新しい体験の場が開かれる。「マイクロツーリズム」が変える「旅」

近くて深い、新しい体験の場が開かれる。「マイクロツーリズム」が変える「旅」

デジタル資産とは

<UI未来Base に関するご留意事項>
・本メディアは、連携パートナーとの取り組み等の情報提供を⽬的とするものであり、掲載の商品・サービス等の誘引が⽬的ではありません。また、掲載内容は、作成時点における連携パートナーにおける意⾒・⾒解が含まれるもので、個社・個別の商品・サービス等を推奨・保証するものでは ありません。
・情報の正確性、完全性、信頼性、適切性等に加え、配信時点で当該商品・サービス等が存在すること、お客さまの購⼊・利⽤の可能性、掲載企業(⼈)の内容に関し、UI銀⾏は⼀切保証するものでありません。
・投資勧誘や特定銘柄の推奨を⽬的とするものではありません。掲載情報に基づき⾏ったお客さまの⾏為および結果等について、UI銀⾏は⼀切の責任を負いません。
・掲載画像はイメージであり、実物の商品やサービスなどと異なる場合があります。
・連携先の商品・サービスに関するお問い合わせは、UI銀⾏ではお受けできません。直接商品・サ ービスの取扱業者にお問い合わせください。

NFTとは|注目される理由や取引について解説!【事例紹介あり】

+ethical

NFTによってデジタルアートやSNSの投稿が高額で取引されたニュースはまだ記憶に新しいのではないでしょうか。
NFTの市場は急激に拡大しており、注目されている市場の一つです。 とはいっても、NFTの仕組みがよく分からない、なぜそんなに高額になるのか、そもそもデジタル上のものはコピーできてしまうのでは…?と疑問に思う人も少なくないでしょう。
ここでは、NFTの仕組みや注目される理由、売買の方法を紹介します。

ファントークンとは|スポーツ業界で導入され始めているトークンの事例も紹介

》あわせて読みたい

ファントークンとは|スポーツ業界で導入され始めているトークンの事例も紹介

NFTとは何か?

NFTとは?

NFT(Non-Fungible Token)とは、日本語では非代替性トークンと訳されます。
簡単にいうと、デジタル上の資産の鑑定書や所有証明書のようなものです。
デジタルデータは簡単にコピーができるため、悪い言い方をすれば簡単に偽造や改ざんができるという特徴があり、デジタル上のアートや作品などのデータに資産的な価値を持たせることができませんでした。
これを可能にしたのがNFTです。

NFTの仕組み

  • 唯一性を証明できる
  • 改ざんできない
  • さまざまな情報を記録できる

ブロックチェーン技術を活用することでデジタルデータにさまざま情報を組み込むことができ、コピーや改ざんが難しいため、唯一性を保つことができるのです。
NFTに紐付けされたデータやコンテンツは、所有者や権利者を明確にできるため、独自の価値を保つことになります。
一見同じようなデータに見えても、オリジナルデータとそうでないデータの区別が付けられるようになりました。

例えばAというデジタル作品があったとして、スクリーンショットやコピーなどによりスマホにアートを保存することは可能でしょう。
これらは見た目に同じデータに見えても、所有権や収録されている情報をコピーすることまではできません。
そのためオリジナルではないことが判断でき、コピーに資産的な価値はありません。

暗号資産(FT)との違い

デジタル上の資産といえば、暗号資産(fungible token)というものがあります。
これはNFTが非代替性トークンであるのに対し、代替性トークンと訳され、仮想通貨がこれにあたります。

言葉の通り、トークンが代替性か非代替性かどうかということが主な違いです。
代替性とは常に一定の価値を保ったまま交換できるものをいいます。
例えば、お金が代表例です。
あなたのお財布に入っている五千円札とコンビニのレジに入っている五千円札は同じ価値を持っているため、交換が可能であり、代替性があります。
暗号資産はお金と同じような役割を持ったデジタルデータのことです。

暗号資産一覧
名称 暗号資産 NFT
特徴 代替可能トークン 非代替性トークン
意味 同じ価値のトークンがある 同一のトークンはない
分割 可能 不可能
活用領域 通貨やポイントなど数量的なもの デジタルアート、ゲームアイテムなど、1点もの、限定もの
譲渡 可能 可能

NFTが注目されている理由

NFTとは?

NFTが高額で取引される理由

NFTで期待を集めている分野

NFTには課題もある

NFTの購入・販売する方法

NFTとは?

国内のNFTマーケットプレイスでは、Coincheck NFT(β版)やAdam byGMO(β版)などがおすすめです。
また海外の大きなマーケットプレイスには、OpenSeaやRaribleなどがあります。
NFT購入の決済通貨として、2021年10月現在最もメジャーなのが、イーサリアムでしょう。プラットフォームによっては、ビットコインなどさまざまな銘柄を扱っているものもあります。

  1. NFTマーケットプレイスにログイン
  2. 仮想通貨のウォレットを作成
  3. ウォレットにNFTアートの売買に必要な仮想通貨を入金
  4. 希望のNFTアートを購入
  1. NFTマーケットプレイスにログイン
  2. 仮想通貨のウォレットを作成
  3. ウォレットにNFTアートの売買に必要な仮想通貨を入金
  4. 出品するNFTアートの販売条件を入力
  5. 出品するNETアートをマーケットプレイスにアップロード

NFTの事例を紹介

  • 【NFTアート】香取慎吾
  • 【NFTアート】Zombie Zoo Keeper(ゾンビ飼育員)
  • 【NFTスポーツ】埼玉西武ライオンズ
  • 【NFTトレカゲーム】NBA Top Shot
  • 【NFTトレカ】SKE48
  • 【NFTゲーム】CryptoSpells(クリプトスペルズ)
  • 【NFTミュージック】Linkin Park

【NFTアート】香取慎吾

NFTとは? 香取慎吾

2021年9月に香取慎吾さんがNFTアートを用いたチャリティイベントを開催しました。
2015年のパラサポ開催記念に彼自身が「i enjoy」をテーマに描いた壁画をNFTアート化し、それを3,900円寄付した参加者に付与しました。このNFTアートには参加順に「No00001NFT i enjoy!」というシリアルナンバーが入っています。
このように同じアートでも限定数やシリアルナンバーを付与したオリジナル作品として価値を与えることもできるのです。

【NFTアート】Zombie Zoo Keeper(ゾンビ飼育員)

NFTとは? Zombie zoo keeper

Zombie Zoo Keeperは小学3年生の男の子の通称名です。
小学3年生の男の子が描いたドット絵(ピクセルアート)が80万円で落札され、また700万円で二次出品されたこともあるほど、NFTマーケット上で一気に資産価値が上がっており、高額で取引されています。
元々は小学3年生の男の子が夏休みの自由研究として、当時ハマっていたマインクラフトというゲームと、図鑑や絵本で知った動物や昆虫の絵をピクセルアートで描いたことが始まりです。
描いた作品をNFTのマーケットプレイスで出品したところ、世界の有名DJの目に留まり、拡散されたことで一気にZombie Zoo Keeperの名が世界中に知れ渡り、人気が高まりました。

【NFTスポーツ】埼玉西武ライオンズ

NFTとは? 埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズは、2021年9月より、「ライオンズコレクション」にて、NFTコンテンツの販売を始めました。
コンテンツは選手の記念パネルなどですが、全て選手のサイン入りとなっており、最低落札価格は20万円〜となっています。
埼玉西武ライオンズの今回の取り組みは、日本プロ野球界初の試みとなりましたが、需要が高まれば他球団もNFT市場に参入することになるでしょう。
有名選手の希少性の高いものであれば、高額の価値が付くことが予想されます。

【NFTトレカゲーム】NBA Top Shot

NFTとは? NBA

NBA Top Shotとは、アメリカのプロバスケット運営団体のNBAとDapper Labsという会社が販売しているデジタルトレーディングカードです。
このデジタルカードには該当選手の試合でのハイライトが記録されており、動画として楽しむこともできるものです。
もちろんオンラインでのカードゲームとして使用できるため、希少性の高いものや人気選手のものは1,000万円以上の価値が付くこともあり得ます。
パッケージ形式で販売しており、入っている中身のトレーディングカードはランダムです。カードの希少性はコモン、レア、レジェンダリーに分かれており、レアやレジェンダリーのカードほど資産価値が高い傾向があります。

【NFTトレカ】SKE48

SKE48のトレーディングカードは、国内でも安定した実績のあるCoincheckが運営、販売しています。
配信ライブや成人記念、卒業コンサートなどをテーマにしたNFTトレカには、撮り下ろしのデータが使用されており、画像だけでなく音声や映像も収録されています。
パック販売されており、中身はランダムです。

【NFTゲーム】CryptoSpells(クリプトスペルズ)

NFTとは? CryptoSpells

クリプトスペルズは、Crypto Games株式会社が販売しているブロックチェーンゲームです。
ユーザー同士で自由にトレードができるデジタル上のトレーディングカードです。
「ゲームにかけた時間もお金も情熱もあなたの資産となる」カードゲームで、オリジナルのカードを発行できる点や、自分のカードを別のゲームでも使える店など、従来のカードゲームの常識を超えた新しいカードゲームとして注目されています。
またウォレットやイーサリアムが不要な点も大きな特徴です。

【NFTミュージック】Linkin Park

世界的人気バンドのLinkin Parkのボーカル、ギター、ラップ、キーボード担当のマイク・シノダさんが自身の音楽作品をNFTプラットフォームでオークションに出しています。
実験的にオークションに出された楽曲は、1万ドル(約115万円※2021年10月時点の為替)で落札されました。
落札者はこの楽曲の所有者となり、自由にリッピングすることも可能です。
音楽をNFT化することで、万人に好かれる楽曲ではなく、より個性的かつニッチで自由な世界を表現したい人にも大きなチャンスとなるといえます。
世界の中でたった一人でも価値を認めれば市場が成り立つ点が、音楽とNFTを組み合わせるメリットといえるでしょう。

NFTの登場によって、これまで複製や改ざんが比較的簡単に行えるという理由から資産価値が付けられなかったデジタル上のコンテンツを、コピーができない唯一無二のものにすることができました。
デジタルコンテンツを所有したい人の需要が爆発し、NFT市場は急速に成長を続けています。
まだまだ話題になって間もないこともあり、ビジネスチャンスや投資のチャンスが多く隠れているのも事実です。
課題点や仕組みについてよく理解した上で、取引に挑戦してみるといいでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる