初心者にもおすすめ

キャッシュフローとは

キャッシュフローとは
営業活動によるキャッシュ・フローとは、企業の主とする営業活動(本業)でキャッシュをいくら使用しいくら生み出しているのかを示しています。

経営を安定させる「キャッシュフロー経営」が注目される理由

株式公開企業に連結キャッシュフロー計算書が義務づけられたのが2000年3月期からで、当初フリーキャッシュフロー(以下FCF)の重要性が言われました。 FCFは営業キャッシュフロー(以下営業CF)マイナス投資キャッシュフロー(以下投資CF)ですから、FCFをプラスにするためには、営業CFの範囲で投資を行なわなければならなくなります。そうすると企業は投資を抑制したりしますが、これを継続すると企業の競争力がなくなってしまいます。 こうしたことから、キャッシュフローは単年度で見るのではなく、複数年度の期間で評価するべきだとなりました。 営業CFは、稼ぐ力を示していますから、売上高に対して一定程度の額・割合が必要です。営業CF÷売上高を営業CFマージンといいますが、メーカーのような競争力維持のための投資が必要な企業では、10%以上が目安とされます。営業CFマージンの推移を見ると、自社の稼ぐ力の変化が掴めるわけです。 この稼いだ営業CFから投資を行いますが、投資を営業CFの範囲内で抑えていると、だんだんお金(キャッシュ)が貯まってきます。このお金で借入金の返済や社債の償還を行うことができます。キャシュフローの期末残高が借入金の額を超えると、いわゆる実質無借金経営となります。 90年代2000年代の日本企業は借金まみれでしたが、こうしたキャッシュフロー経営の導入で借入金を返済し、実質無借金経営の企業の比率が高くなりました。このため、コロナ禍でも自前の資金で持ちこたえられるところが多く、企業の倒産数は少なくて済みました。 企業買収や大規模投資が必要な場合には、営業CFの枠を超えて投資を行う必要が出てきます。そして自前の資金が不足すれば、借入金を増やして投資に回します。 企業は赤字では倒産しませんが、支払うべきキャッシュがなくなると倒産してしまいます。ですから手元で自由になるキャッシュがどれだけあるか、常にウォッチしておく必要があります。 下表は、ある企業の6年分のCFの推移をグラフにしたものですが、投資に積極的な年と借入金返済に積極的な年とがあり、複数年で見ることで、キャッシュの動きがよく分かります。 企業の財務を健全に保つには、一定程度のキャッシュが必要ですが、競争力を保つには、積極的な投資も必要なのです。 ポイント キャッシュフロー管理は、財務の安全性と企業の競争力維持のバランスを取る

経営を安定させる「キャッシュフロー経営」が注目される理由

株式公開企業に連結キャッシュフロー計算書が義務づけられたのが2000年3月期からで、当初フリーキャッシュフロー(以下FCF)の重要性が言われました。 FCFは営業キャッシュフロー(以下営業CF)マイナス投資キャッシュフロー(以下投資CF)ですから、FCFをプラスにするためには、営業CFの範囲で投資を行なわなければならなくなります。そうすると企業は投資を抑制したりしますが、これを継続すると企業の競争力がなくなってしまいます。 こうしたことから、キャッシュフローは単年度で見るのではなく、複数年度の期間で評価するべきだとなりました。 営業CFは、稼ぐ力を示していますから、売上高に対して一定程度の額・割合が必要です。営業CF÷売上高を営業CFマージンといいますが、メーカーのような競争力維持のための投資が必要な企業では、10%以上が目安とされます。営業CFマージンの推移を見ると、自社の稼ぐ力の変化が掴めるわけです。 この稼いだ営業CFから投資を行いますが、投資を営業CFの範囲内で抑えていると、だんだんお金(キャッシュ)が貯まってきます。このお金で借入金の返済や社債の償還を行うことができます。キャシュフローの期末残高が借入金の額を超えると、いわゆる実質無借金経営となります。 90年代2000年代の日本企業は借金まみれでしたが、こうしたキャッシュフロー経営の導入で借入金を返済し、実質無借金経営の企業の比率が高くなりました。このため、コロナ禍でも自前の資金で持ちこたえられるところが多く、企業の倒産数は少なくて済みました。 企業買収や大規模投資が必要な場合には、営業CFの枠を超えて投資を行う必要が出てきます。そして自前の資金が不足すれば、借入金を増やして投資に回します。 企業は赤字では倒産しませんが、支払うべきキャッシュがなくなると倒産してしまいます。ですから手元で自由になるキャッシュがどれだけあるか、常にウォッチしておく必要があります。 下表は、ある企業の6年分のCFの推移をグラフにしたものですが、投資に積極的な年と借入金返済に積極的な年とがあり、複数年で見ることで、キャッシュの動きがよく分かります。 企業の財務を健全に保つには、一定程度のキャッシュが必要ですが、競争力を保つには、積極的な投資も必要なのです。 ポイント キャッシュフロー管理は、財務の安全性と企業の競争力維持のバランスを取る

不動産用語辞典

検索

頭文字から探す

カテゴリから探す

欧米では古くからキャッシュフロー会計にもとづく「キャッシュフロー計算書」の作成が企業に義務付けられており、「キャッシュフロー計算書」は、貸借対照表・損益計算書と並ぶ重要な財務諸表のひとつとされてきた。
これに対して従来のわが国では、上場企業の財務会計を規制する証券取引法(財務諸表規則)上は、キャッシュフロー計算書を作成する必要がないものとされていた。
しかしわが国でも1997年から国際会計基準の導入が開始された(「国際会計基準」参照)。この結果、企業会計審議会の意見書により証券取引法が改正され、1999年4月より開始する事業年度からは、上場会社は財務諸表のひとつとしてキャッシュフロー計算書を作成することが法律上義務付けられた。これにより現在では、わが国の上場企業ではキャッシュフロー会計がすでに実施されている。

キャッシュフロー計算書

企業の一会計期間におけるキャッシュ・フロー(現金の出入り)の状況を明らかにする書類をいう。 英語でCash Flow Statementといわれることから、CS(またはC/S)と略されることもある。 キャッシュフローとは 損益計算書は、営業収益(売上高)や費用は取引が行なわれた時点で計上すること(発生主義)、設備費用を減価償却により複数年度にわたって計上することから、現実の金銭の出入りをそのまま反映したものではない。だが、取引においては、企業の支払能力が重要であることから、現金の出入りを明確に示すことが要請される。 そこで、キャッシュフロー計算書を作成して、一会計年度、半期または四半期における資金の流入・流出を表示することとされている。 キャッシュフロー計算書は、資金の出入りの原因に対応する形で、営業キャッシュフロー(営業活動に伴う現金の動き)、投資キャッシュフロー(投資活動に伴う現金の動き)、財務キャッシュフロー(財務活動に伴う現金の動き)の3つに分けて表示されている。 キャッシュフロー計算書によって、企業活動による現金の動きを把握し、事業活動の状態等を分析するための基礎的なデータを得ることができる。

国際会計基準

国際会計基準委員会(International Accounting Standards Committee、IASC)により提案された企業会計に関する基準をいい、英語ではInternational Accounting Standards(IAS)と呼ばれる。 IASは、1973年に、全世界共通の企業会計ルールを策定することを目標として9ヵ国の会計士団体が組織した委員会であるが、それ以来、企業会計のさまざまなルールについて、順次意見を表明してきた。その意見書の集まりがIASである。そして、EU等はすでにIASを国内会計基準として採用しているほか、アメリカもIASへの導入方針を表明している。日本でも、企業会計審議会が国内の企業会計基準を国際会計基準に合致させる作業を進めているが、2009年度(2010年3月期決算)からは、連結決算書について国内基準とIASとを選択して適用することを認める方針を決定した。 IASは数十の意見書で構成されているが、その原則的な考え方は、 1.会計の重点を連結決算に置くこと(単独決算から連結決算へ) 2.キャッシュフローを重視すること 3.資産や負債を時価ベースで評価すること(時価主義) などである。また、利益の捉え方等に関しても日本の基準と異なる点が多いなど、基準の移行に伴う作業は単純ではない。 なお、2001年に、IASCは国際会計基準審議会(International Accounting Standards Board、IASB)へと改組され、国際会計基準(IAS)の設定・改正もIASBが担っている。また、IASを含めて、IASBが設定する会計基準は、国際財務報告基準(International Financial Reporting Standards、IFRSs、IFRS)と総称される。

キャッシュ・フロー計算書とは?/初心者向けに会計の基礎知識と管理・読み方を解説 | キャリアコンサルタントドットネット

貸借対照表は財務諸表の一つ

キャッシュ・フロー計算書(CF)は財務諸表の一つです。

財務諸表は、企業が一定期間、一定時点の経営成績や経営状態を示すために作成します。現貯金や資産や売り上げや費用などの財務状況等を株主や債権者などの関係者に対して示すためです。

日本における会計基準では、財務諸表には「 貸借対照表(Balance sheet、略称B/S) 」「 損益計算書(Profit and Loss Statement、略称P/L) 」「キャッシュ・フロー計算書(C/F、cash flow statement)」「株主資本等変動計算書(S/S、Statements of Shareholders’ Equity)」が含まれます。

貸借対照表(Balance sheet、略称B/S)

balance-sheet

貸借対照表 (Balance sheet、略称B/S)は、企業の一定時点(決算日/例:3月31日)の財政状態を表している書類です。

損益計算書(Profit and Loss キャッシュフローとは Statementt、略称P/L)

損益計算書 Profit and Loss Statement(PL)の初歩

損益計算書 (Profit and Loss Statementt、略称P/L)は、企業の一定期間(例/4月~3月)の収益と費用等の状態を表す数値を記しています。

  • 売上高
  • 売上原価
  • 売上総利益(または売上総損失)
  • 販売費及び一般管理費
  • 営業利益(または営業損失)
  • 営業外収益(受取利息、配当金、その他の営業外収益)
  • 営業外費用(支払利息、その他の営業外費用)
  • 経常利益(または経常損失)
  • 特別利益(固定資産売却益等)
  • キャッシュフローとは
  • 特別損失(災害損失等)
  • 税引前当期純利益(または税引前当期純損失)
  • 法人税等
  • 法人税等調整額
  • 当期純利益(または当期純損失)

株主資本等変動計算書(S/S、Statements of Shareholders’ Equity)

株主資本等変動計算書(S/S、Statements of Shareholders’ Equity)とは、貸借対照表の純資産の企業の一定期間(例/4月~3月)における変動額のうち、株主資本の各項目の変動事由を報告するために作成されます。

キャッシュ・フロー計算書-cash flow statement(CF)-とは?

キャッシュ・フロー計算書-cash flow statement(CF)-とは?

キャッシュ・フロー計算書(CF)とは、企業の会計期間(例:4/1~3/31)のキャッシュの増減をまとめた書類です。

簡単にいうと1年間の「現金の流れ」がわかる書類です。

キャッシュ・フロー計算書の「キャッシュ」とは?

キャッシュ・フロー計算書の「キャッシュ」とは?

キャッシュとは、主に現金や貯金のことを言います。

また、キャッシュには現金や貯金だけではなく「現金同等物」も含まれます。

現金同等物として具体的に何を含めるかについては、各企業の資金管理活動により異なることが予想されるため、経営者の判断に委ねることが適当と考えられている。したがって、資金の範囲に含めた現金及び現金同等物の内容に関しては会計方針として記載するとともに、その期末残高と貸借対照表上の科目別残高との関係について調整が必要な場合は、その調整を注記する。

キャッシュ・フロー計算書が重要な理由

キャッシュ・フロー計算書が重要な理由

企業は赤字でも倒産はしません。

しかし、一人で経営している会社が100億円の黒字であっても、キャッシュがなければ支払いが出来ずに倒産します。

キャッシュ・フロー計算書の3つの表示区分

キャッシュ・フロー計算書の3つの表示区分

キャッシュ・フロー計算書は次のような構造です。

「期首のキャッシュ残高」+「期中のキャッシュ増額分」-「期中のキャッシュ減少分」=「期末のキャッシュ残高」

企業会計で使用するキャッシュフロー計算書は「営業活動によるキャッシュ・フロー」、「投資活動によるキャッシュ・フロー」「財務活動によるキャッシュ・フロー」の3つの区分で表示されています。

営業活動によるキャッシュ・フロー

営業活動によるキャッシュ・フロー

営業活動によるキャッシュ・フローとは、企業の主とする営業活動(本業)でキャッシュをいくら使用しいくら生み出しているのかを示しています。

つまり、本業で稼いだお金のことを言います。

主とする営業活動ですのでプラスになっている事が望ましいと言えます。

プラスであれば本業でキャッシュが残っているということで問題有りませんが、マイナスの場合は利益が出ない商品を売っているや代金回収が出来ていないなどの原因が考えられます。

営業活動によるキャッシュ・フローの分類

  • 税引前当期純利益
  • 減価償却費
  • 投資有価証券売却損益
  • 固定資産売却損益
  • 売上債権の増加額
  • 棚卸資産の減少額
  • 仕入債務の増加額
  • そのほかの試算、負債の増加額
  • 法人税等の支払額

投資活動によるキャッシュ・フロー

投資活動によるキャッシュ・フロー

「投資活動によるキャッシュフロー」とは、株や債券など投資するキャッシュの流れを言います。投資には不動産などの固定資産や株の売買も含まれますし、企業の成長には欠かせない設備投資も含まれます。

つまり、成長する為の投資をする余裕がある企業(現金が豊富な企業)はマイナス、今キャッシュ(現金)がない企業は不動産を売却するなどしてプラスとなるのです。

投資活動によるキャッシュ・フローの分類

  • 定期預金の純増減額(プラスorマイナス)
  • 固定資産売却による収入(プラス)
  • 固定資産取得による支出(マイナス)
  • 投資・有価証券取得による支出(マイナス)
  • 投資・有価証券売却による支出(プラス)

財務活動によるキャッシュ・フロー

財務活動によるキャッシュ・フロー

「財務活動によるキャッシュ・フロー」とは、企業がどのようにして資金調達したかを示しています。

財務活動によるキャッシュ・フローの分類

  • 借入金の返済による支出(マイナス)
  • 借入による収入(プラス)
  • 自己株式の取得による支出(マイナス)
  • 自己株式の売却による収入(プラス)
  • 株式の発行による収入(プラス)
  • 配当金の支払による支出(マイナス)

フリー・キャッシュ・フローについて

フリー・キャッシュ・フローについて

「営業活動によるキャッシュ・フロー」と「投資活動によるキャッシュ・フロー」の合計を「フリー・キャッシュ・フロー」と言います。

「フリーキャッシュフロー」=「営業活動によるキャッシュ・フロー」+「投資活動によるキャッシュ・フロー」

「フリー・キャッシュ・フロー」は企業が自由に使うことが可能な現金であり、フリー・キャッシュ・フローが多いほど経営状態は良いと言えます。

キャッシュ・フロー計算書(CF)と損益計算書(PL)・貸借対照表(BS)の関係性

キャッシュ・フロー計算書(CF)と損益計算書(PL)・貸借対照表(BS)の関係性

繰り返しになりますが、キャッシュ・フロー計算書(CF)は財務諸表の一つです。

他の財務諸表である損益計算書(PL)・貸借対照表(BS)とは互いに連動しているので同時に見る事でその企業のより詳しい経営状態を理解することが可能です。

キャッシュ・フロー計算書(CF)と貸借対照表(BS)

つまり、貸借対照表の増減があった場合にその増減は、本業で稼いだのか銀行からの借り入れなのかなどがわかりようにしているのがキャッシュ・フロー計算書です。

キャッシュ・フロー計算書(CF)と損益計算書(PL)

損益計算書は利益を稼ぐ力で、キャッシュ・フロー計算書は現金を稼ぐ力ということが出来ます。

キャッシュ・フロー計算書の活用する為の方法

キャッシュ・フロー計算書の活用する為の方法

キャッシュ・フロー計算書は、上場企業はルールにより作成義務があります。非上場企業については作成義務がありません

キャッシュフロー計算書の作成をする事で、キャッシュの出入りを把握することが可能となり、キャッシュへの意識を強くすることにも繋がります。

キャッシュ・フロー計算書のチェックポイント

「営業活動によるキャッシュ・フロー」がプラスかチェックする

「営業活動によるキャッシュ・フロー」がプラスかチェックする

まずは単純に「営業活動によるキャッシュ・フロー」がプラスであるかどうかです。

本業で稼いだお金ですのでプラスであることが望ましいのは当然です。

「投資活動によるキャッシュ・フロー」の中身をチェックする

「投資活動によるキャッシュ・フロー」の中身をチェックする

企業の成長段階により「投資活動によるキャッシュ・フロー」はプラスが良い場合とマイナスが良い場合とがありますので、プラスマイナスで一概に判断することは出来ません。

一株当たりキャッシュフロー(CFPS: Cash Flow per Share)

一株当たりキャッシュフロー(CFPS: Cash Flow per Share)

経営分析 一株当たりキャッシュフロー(CFPS: Cash Flow per Share)

  • ダウンロード元は当サイトと同じサーバ内です。
  • 当サイトは、GDPR他のセキュリティ規則に則って運営されています。
  • ダウンロードしたファイルは自由に改変して頂いて構いません。商用目的の再配布はご遠慮ください。
  • 内容に関するご質問などは、こちらからお願いします。

一株当たりキャッシュフロー(CFPS)は、英語表記だと「Cash Flow per Share」となり、発行済み普通株式の1株当たりの営業活動によるCFを表す。

一般的には、キャッシュフロー計算書(C/S、C/F)から営業活動によるCFの値を抽出してきて計算することになるが、C/Sが開示されていない場合にP/L項目のみで近似的に営業CFを計算するには、グロスキャッシュフローをもって代用する。

グロスキャッシュフロー = 当期純利益 + 減価償却費

  • 営業CF:キャッシュフロー計算書の「営業活動によるCF」
  • キャッシュフローとは
  • グロスキャッシュフロー:当期純利益+減価償却費

定義と意味

一株当たりキャッシュフロー(CFPS)は、「マーケット指標」「Market Ratio」の代表的なもののひとつである。

このことから、第三者割当増資や株式分割のように、普通株式の実質的な発行済株式総数が増加する場合は、EPSと同様に、一株当たり営業CF(CFPS)も希釈化すると考えて、既存株主にとって所有株式の価値が下がると見られている。

解釈と使用法

株式投資における株価の割安・割高の判断の目安として、CFPSは、他の指標と組み合わせられたり、比較して使用されることが多い。

競合他社との比較において、CFPSが同額の100円だとしても、A社の株価が1000円でB社の株価が100円の場合、CF利回りが10倍異なることになる。

しかしながら、現在では、❶IFRSによるコンバージェンスが相当進んでいること、❷償却資産の償却方法は、財務会計より税務会計による差異が大きいこと、❸ むしろ、企業が実現するキャッシュフローは税務の影響を強く受けることから、完全に同じ基準でキャッシュフローであったとしても比較することは難しいこと、から、EPSよりCFPSをより選好する意味合いは少なくなっているというのが筆者の個人的見解である。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる