成功させるコツは

Fx と は

Fx と は

2016年9月1日の予測では、『前期比+0.2%』から大きな変更はないと予想されていました。
9月8日に発表された結果は『+0.2%』となり、 1次速報の『+0.0%』より上回る数値に。
つまり、前年と同じ推移でプラスとなり、予測通りだったことがわかります。

【NYオプションカットとは】FXトレーダーなら知らないと損!理解するとトレードを有利にできる

FX関連

このように、クジラと呼ばれる大きな資産を持った投資家によって波が起こされるわけですが、その波の押し引きに大きく関わっているのが 「オプション」 です。

オプションとは?

オプションとはいわゆる「オプション取引」のことで、特定の期日に合わせて価格を決め、それぞれ買う権利と売る権利を取引するという金融商品です。

オプション取引の種類としては、通貨オプション・債券オプション・株価指数オプションなどがありますが、FXにおいては一般的に「通貨オプション」のことを指します。

コールオプションとプットオプション

まず通貨オプションには、 コールオプションプットオプション の2種類があります。

コールオプションとは 「 買う権利 」 のことで、プットオプションとは「 売る権利 」のことです。

繰り返しになりますが、つまりオプションとは、買う権利や売る権利を取引するということです。

初心者トレーダー

おっちょ

「権利を取引する」とは?

ただ、売り手の方は買い手が権利を行使した際にはそれに応じる義務が発生します。

おっちょ

通貨オプション取引の例

CASE 1 A さん が、米ドル価格が日本円に対して上昇すると考え、月末に期日(権利行使日)を迎えるコールオプションを110.000のストライクプライス(権利行使価格)で購入したとします。満期日にUSD/JPYの価格が110.000に達しないときは、オプションは利益を出さずに満了し、損失は支払ったプレミアム分だけにとどまります。

一方、USD/JPYが115.000に上昇した場合は、 A さん は権利を行使して現行市場価格を下回る110.000で通貨を買うことができます。

通貨オプションの特徴

通貨オプション取引は、それ単体で行うよりも、為替取引のリスクヘッジという意味でFXトレーダーが 損失を限定 して利益を確保するために併せて利用される場合が多いです。

CASE 2 B さんはドル円のロングポジションを持つと同時に、損失を限定する目的でドル円のプットオプションを買います。この後ドル円が上昇した場合には、 B さん は権利を破棄し、ドル円の上昇分だけロングポジションにより利益を伸ばすことができます。(この場合の損失は、プットオプションを買った際にかかったプレミアムだけに留まります。)

反対にドル円が下落した場合には、 B さん はロングポジションを解消し、権利を行使することによって現行価格を上回る有利な価格でドル円を売ることができます。(この場合の損失は、ドル円のロングポジション解消(損切り)による損失に留まります。)

NYオプションカットとは?

FXをしている方であれば、FXサイトやFX会社のニュースなどで 【 110.50 円 OP10 日 Fx と は NY カット、 110.00 円 OP15 日 NY カット】など と書かれているのを見たことがあるかと思います。

そしてズバリ、NYオプションカットとは、 NY市場の通貨オプションのカットオフタイム のことです。

ちなみにカットオフタイムとは、権利行使のための最終的な 締め切り時間 のことです。

夏時間 ➡︎ 日本時間23:00
冬時間 ➡︎ 日本時間24:00

おっちょ

110.50円OP10日NYカット であれば、10日の24:00(冬時間とすると)にドルコールなら110.50円でドルを買うことができる権利、ドルプットなら110.50円でドルを売ることができる権利 を行使する締め切り時間 ということになります。

レートはカットオプションの価格に引き寄せられる

おっちょ

なぜそうなるかというと、トレーダーが 損失を限定しつつ利益を上げるためにトレードするから です。

・ ドルコールを持っている場合
105.00円でドルを買えるドルコールを持っていた場合であれば、権利行使日に105.00円よりも下がっていた際には権利を放棄します。何故なら、レートが103.00円になっていれば、現行価格の103.00円でドルを買った方が有利だからです。

ここで 重要なポイント です。ドルコールを持っている場合には、トレードはドル売り(ショート)から入るというのが定石です。何故ならドル円レートが上がったら権利を行使して利益を得られますし、反対に下がった場合は自分のとったショートポジションが利益になるからです。

・ ドルプットを持っている場合
105.00円でドルを売れるドルプットを持っていた場合であれば、権利行使日に105.00円よりも上がっていた際には権利を放棄します。何故なら、レートが107.00円になっていれば、現行価格の107.00円でドルを売った方が有利だからです。

ここでも同様に 重要なポイント として、ドルプットを持っている場合には、トレードはドル買い(ロング)から入るというのが定石です。何故ならドル円レートが下がったら権利を行使して利益を得られますし、反対に上がった場合は自分のとったロングポジションが利益になるからです。

FXにおける「買い」と「売り」

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

FXの板とは?板情報の見方や板を活用してトレードする手法を紹介!

お金マン

それぞれの通貨ペアごとに用意


また、「それぞれの通貨ペアで確認できる」ということです。

先ほど紹介した板は、それぞれの通貨ペアで確認できるので、ご自身が取引している通貨ペアはとくにどの価格帯に注文が多く入っているのかや注文量が薄いのか確認することができます。

また、その注文量の多い価格帯を見つけて、反発しやすいポイントとして、取引注文をいれておくこともできます

板はあくまで売買ポイントの参考に

板はあくまで売買のポイント


そして、「板はあくまでも売買ポイントの参考に」ということです。

あくまで、トレンドを把握するために利用したり、必ずしも注文量の多い価格帯で反発したりするわけではないということに注意が必要です。

後ほど説明していきますが、FXの板情報でみれる注文量は市場全体の注文量全体を反映しているわけではないので、実際にはどのように価格推移するかは分かりません。

あくまで市場全体の大まかな考え方を知るという意味で参考にすべき情報だと思います。

FXの板の見方

先ほど、板のなんとなくの外見は説明させて頂きましたので、ここではもっと具体的に板はどのように見ていけばよいのか説明していこうと思います。

中心に価格帯、サイドには売買の量

AUD/JPY板情報

まず、「中心に価格帯、サイドには売買の量」が表示されています。

先ほども説明させて頂きましたが、 価格帯が現在の価格を中心にして上下に表示され、その片方サイドに「売り」の注文量、他方サイドには「買い」の注文量が価格帯ごとに表示 されています。

注文量は他の投資家が現在注文を入れている指値・逆指値の注文の総計になりますので、どこまで価格が進んでいきやすいかやどれくらい投資家が売買しようとしているのかが分かります。

注文量はLot数で表示されていることが多いので、FX会社によってLotの数の定義がことなったりするので、注意しましょう!

お金マン

きりのよい価格帯に注文数が多い

きりのよい価格帯に注文量が多い


そして、「きりのよい価格帯に注文数が多い」ということが多いです。

それは、きりのよい数字ですので、そこの価格帯は守られやすいという風に意識されやすいからです。

もし、そこを超えてしまうと、さらに上あるいは下の.00や.50の価格帯が意識されやすくなるので、

なので、それらの価格帯には大抵一定数の注文が入っていることが多いので意識しておきましょう!

お金マン

FXの板を見ることの利点・活用法

さらに「FXの板を見ることの利点」について紹介していこうと思います。

FXの板を見ることにはどのような利点があるのかということについて説明していきます。

とても利点の多いツールになりますので、ぜひ理解して取引に活かしていきましょう!

売買が密な価格帯が分かる

売買が密な場所が分かる


まず、「売買が密な価格帯が分かる」ということです。

板は、それぞれの価格帯での指値・逆指値の注文の総計が表示されていると説明しました。

ということは、他の投資家がどの価格帯に最も多くの注文を入れているのかチェックすることができます

それが分かってくれば、 短期的にどこでエントリーすれば有利になるかや、どこで利確すれば利益を最大化しやすいというところが見えてきます ので、

お金マン

売買のポイントの参考になる

売買のポイントの参考に


そして、板の意味や見方を理解してくれば、「売買のポイントの参考になる」ということです。

先ほど説明した通り、きりのよい価格帯がわかったり上下どちらかに偏って注文数が多ければ、

その価格帯はまもられやすいから取引は控えようと思ったり、逆にその守られやすい価格帯で他の投資家と同じ方向にポジションをとろう、など

なので取引する際や、特に初めての方でどこでエントリーすれば良いのかわからなかったり、

どのポジションをもてばよいのか分からなければ、 他の投資家の動きを参考にトレードしてみるのも1つの手 だと思います。

板情報を見るならトレードしながら板情報を見ることができるLIGHTFXを使うのが一番おすすめです。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

▼売買での似た指標としてシグナル配信というものもあります。FXのシグナルについては以下の記事をご参考ください。

【安全?】FXの売買シグナル配信とは?無料で情報を使えるFX会社を紹介! 今回はFXのシグナル配信について詳しく解説していきます。 このシグナル配信はFXの売買のタイミングを教えてれる便利な機能やサービス.

FXの板を見る時の注意点

最後にここでは、「FXの板を見る時の注意点」について紹介していこうと思います。

これは 証券取引などには共通せず、FXでの売買比率のみに該当する こと注意点もありますので、FX専門で投資される方は参考にしてみてください。

あくまで日本人の売買量でしかない

日本人の売買量でしかない


まず、「あくまで日本人の売買量(注文量)でしかない」ということになります。

FXの板情報は、そのFX会社で取引しているトレーダーの注文数量をもとに作成されているので、そのFX会社でトレードしている、主に日本人トレーダーの注文量でしかありません。

なので、通貨の取引は世界中で取引されており、日本人の売買はその巨大な取引の一部でしかありません。

その注文量が市場全体の注文量を表しているわけではないことに注意しましょう!

ただ、円を含む通貨ペアは日本人がメインに取引することになりますので、大体の目安とすることはできると思います。

板だけでは買いなのか売りなのか判断はできない時も

板情報だけでは判断できない時も


そして、「板だけでは買いなのか売りなのか判断できない時も」あることに注意しましょう!

先ほど説明した通り日本人の注文量を表しているにすぎないということもありますし、

また本当にトレンドが強い時は、注文数量が多くともそれをかし消すかのごとくチャート推移することがあります。

なので、なにより大事なのはファンダメンタルズ・テクニカル分析して、今どのトレンドを形成しているのかを確認することです。

それが分かれば、 今どちらの方向に価格推移しやすいということが分かり、板情報からどの価格帯は守られやすい のかということが分かってきます。

なので、その価格帯でエントリーすれば勝率も上がってきますので、 板情報は必ず分析した結果に基づいて利用する ようにしていきましょう!

板情報でおすすめなFX会社

おすすめ度
アプリ
取引ツール
スプレッド(ドル円)0.3銭
スワップポイント(ドル円)65円

FXの板情報で有名なのはLIGHT FX。

LIGHT FXではタイムリーな板情報が用意されており、トレードの参考にすることができます。

また、情報配信もマメに通知されるので常に最新の情報で取引することができます。

ぜひ公式ページで LIGHT FXで口座開設しましょう!

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

【まとめ】FXの板情報

まとめ


最後に今回の記事についてまとめていきましょう!

今回はFXの板についてまとめましたが、いかがでしたか?

FX口座を開設して取引し始める際に良い参考になればと思います。

LIGHT FXでは、今なら最大で100,000円キャッシュバックキャンペーン中なので、ぜひ 口座開設してトレードに 挑んでいきましょう!

【当サイト限定】
\53,Fx と は 000円&限定レポートもらえる/

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

LIGHTFX


→当サイト限定レポートがもらえる!

トラッキングトレード


→FXブロードネットの口コミを見てみる

GDPとは?小学生でもわかる解説!為替の関係も理解しよう!

GDPとは?小学生でもわかる解説!為替の関係も理解しよう!

GDPとは


GDPとは『一定期間の間に国内で生産された付加価値の合計金額』のこと。
つまり『国内の誰かが稼いだ金額の合計』ということになるので、GDPを見れば国内における、あらゆる業種の人々が稼いだ金額の合計がどれくらいなのかが分かるわけです。

ニュースなどで「GDPがマイナス」という報道を見たことはありませんか?
この報道が意味するのは、「国内の市場規模が昨年より縮小した」ということになります。
市場規模の縮小は、営利活動が活発ではなくなってきたことを指します。
そして、活発的ではない企業は倒産せざるを得なくなるなどの状況になり、経済悪化につながるわけです。

実際のチャートを見てみよう!

日本のGDP発表時の為替相場(ドル円)

GDPとは


2016年9月1日の予測では、『前期比+0.2%』から大きな変更はないと予想されていました。
9月8日に発表された結果は『+0.2%』となり、 1次速報の『+0.0%』より上回る数値に。
つまり、前年と同じ推移でプラスとなり、予測通りだったことがわかります。

米国のGDP発表時の為替相場(ドル円)

GDPとは

次に、アメリカのGDPが発表されたときの様子。
こちらも同じく例として、2016年4~6月期(2次速報)GDPを見てみます。

GDP発表のスケジュールを確認しよう!

日本のGDP発表スケジュール

Fx と はFx と は
対象期間 発表予定日 発表時刻
2020年1-3月期(1次速報) 2020年5月18日(月) 8時50分
2020年1-3月期(2次速報) 2020年6月8日(月) 8時50分
2020年4-6月期(1次速報) 2020年8月17日(月) 8時50分
2020年4-6月期(2次速報) 2020年9月8日(月) 8時50分
2020年7-9月期(1次速報) 2020年11月16日(月) 8時50分
2020年7-9月期(2次速報) 2020年12月8日(火) 8時50分
2020年10-12月期(1次速報) 2021年2月15日(月) 8時50分
2020年10-12月期(2次速報) 2021年3月9日(火) 8時50分

アメリカのGDP発表スケジュール

アメリカも四半期の終了後に随時発表されますが、速報値、翌月に改定値、翌々月に確報値、といった3段階の順番で発表されます。
基本的に速報値は【1月、4月、7月、10月】の下旬に発表されます。
下記を参考に、今後の発表スケジュールを考えてみるとわかりやすいかと思います。

対象期間 発表予定日 発表時刻(日本)
10-12月期( 速報値 ) 1月下旬 22時30分
10-12月期( 改定値 ) 2月下旬 22時30分
10-12月期( 確報値 ) 3月下旬 21時30分
1-3月期( 速報値 ) 4月下旬 21時30分
1-3月期( 改定値 ) 5月下旬 21時30分
1-3月期( 確報値 ) 6月下旬 21時30分
4-6月期( 速報値 ) 7月下旬 21時30分
4-6月期( 改定値 Fx と は ) 8月下旬 21時30分
4-6月期( 確報値 ) 9月下旬 21時30分
7-9月期( 速報値 ) 10月下旬 21時30分
7-9月期( 改定値 ) 11月下旬 22時30分
7-9月期( 確報値 ) 12月下旬 22時30分

生産系の重要な経済指標6つ

生産に関する指標は、対象国の経済状況を表すので、GDPの結果予想にもつながる重要指標となります。

下記は主に企業活動に関する経済指標をピックアップしてみました。
その時のテーマ(活発化している分野)と一致する時には トレンドを変えるくらいの影響力が出る場合がある ので、合わせてチェックしておきましょう!

Fx と は
経済指標 発表日
(米)耐久財受注 毎月25日前後の午前中
(米)鉱工業生産 毎月15日前後の午前
(米)設備稼働率 毎月15日前後
(米)住宅着工件数 毎月第3週
(米)製造業受注 毎月上旬
(米)建設支出 毎月上旬

経済指標・チャートが見やすいFX会社

おすすめツールは、DMM FX PLUS!! Fx と は
豊富なテクニカル指標と高機能ツールが人気のFX会社!
パソコン画面の場合、マーケットニュースが常に表示されているので、チャートを見ながらのリアルタイム分析が可能!
(ニュースは、株式会社時事通信社より提供)

FXにおける「買い」と「売り」

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる