ビギナーバイナリーオプション

ボリンジャーバンドの定義

ボリンジャーバンドの定義
米国10年債利回りチャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

ボリンジャー バンド幅インジケーター

ボリンジャー バンド幅インジケーターは、ボリンジャー バンド オーバーレイと組み合わせて使用して、特定のポイントでのボリンジャー ボリンジャーバンドの定義 バンド幅のスナップショットを表す財務指標です。バリエーションが大きくなるほど、バンドは広くなります。バンド幅が狭くなる(値が低くなる)のは標準偏差が減少することを示し、バンド幅が広くなる(値が高くなる)のは株価の標準偏差が増加することを示します。ボリンジャー バンド幅インジケーターは ボリンジャー バンド オーバーレイのようにスケーリング係数をサポートするので、それらの値を一致させることができます。

IGChartView Bollinger Band Width Indicator 1.png

データ要件

IGChartView コントロールは、カスタム データ モデルにチャートを簡単にバインドすることができますが、そのシリーズが必要とするデータの適切な量とタイプを提供してください。これを行わないと、 IGChartView は何も描画しません。

必須 - データを描画するには、データ モデルに高値、安値、終値の数値フィールドが含まれている必要があります。

ボリンジャー バンド幅インジケーターを IGChartView に追加 - コード例

以下のコードは IGOHLCSeriesDataSourceHelper を使用してランダムに生成される財務価格シリーズを最初に IGChartView インスタンに提供します。次に、財務指標を IGChartView インスタンスにシリーズとして追加し、最後に IGChartView を現在の UIView のサブビューとして追加します。

このコード実例を使用するために IGChartView フレームワークをプロジェクトに含む必要があります。フレームワークの追加の詳細については、 チャート フレームワーク ファイルの追加トピックを参照してください。

ボリンジャーバンドの縮小と拡大のタイミングでアラートが鳴るインジケーター(計6ヵ所でアラートが鳴ります)

1 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足

Daily :日足

ボリンジャーバンドの定義

Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円15分足に1時間足のMTFを入れたチャート

チャートの解説

サブチャートの真ん中付近に表示されているドットはボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンションを表しています。

BB Squeeze Momentum Divergencesのアラートが鳴るタイミング

①week buy :弱い買い

②strong buy:強い買い

③week sell :弱い売り

④strong sell:強い売り

⑤Squeeze:ボリバンの縮小

⑥expansion:ボリバンの拡大

⑥番のexpansion(ボリバンの拡大)のときのポップアップがexpansionではなく「breaking out」と表示されるのでちょっと注意してください。

ダイバージェンスをチャートに表示したい場合は「Divergence visible?」という項目をtrueにしてください。下の画像の一番の上のところです。

【FX】ボリンジャーバンドの価格を表示『ABC-Bollin-Values』【MT4】

FX

ボリンジャーバンドの価格を表示『 ABC-Bollin-Values 』を作成しました。

インジケーターについて

ボリンジャーバンドの定義 ボリンジャーバンドのバンドの 価格(数値) を表示 します。

十字カーソルを使えば価格を確認することが出来ますが、面倒ですよね。また、正確にボリンジャーバンドの価格を知ることも出来るので、 利確タイミングやエントリータイミングを取りやすくなります

パラメータ入力

  • #0:ボリンジャーバンドの中央線の設定をします。
  • #1:ボリンジャーバンドの上側の線の設定をします。
  • #2:ボリンジャーバンドの下側の線の設定をします。

ダウンロード先

不正アクセス防止の為、パスワードを設けています。ダウンロードの際は、「BollinValues」と入力して下さい。

日経平均株価は「サマーラリー(夏の株高)」に向けた
上昇トレンド開始! ボリンジャーバンドが収縮するま
では強気で「円安・インバウンド・自社株買い」を狙え!

facebook-share

FRB高官の発言や米・雇用統計の結果などから、
FRBは積極的な金融引き締めを継続する見通し

なお、6月3日に発表された5月の米国の雇用統計では、非農業部門の就業者数の増加幅が4月の43万6000人から縮小したものの、前月から39万人増えました。失業率は3.6%と前月から横ばいで推移。そして、市場が注目していた平均時給上昇率は、前年同月比5.2%と市場予想と同じでした。 雇用の伸びは鈍化したものの、依然として労働需給の逼迫が示された形です。この結果を受け、市場では、FRBの積極的な金融引き締めの方針は変わらないとの見方が広がりました

NYダウチャート/日足・3カ月

NYダウチャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

米国10年債利回りチャート/日足・3カ月

米国10年債利回りチャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

したがって、 米国の株式市場はすでに「FRBの積極的な金融引き締め」への耐性ができており、上値が重くとも、下値も相当堅い(すでに当面の底入れを果たした)と考えています 。また、6月14日~15日にFOMCを控え、金融政策の関係者が対外発信を控える「ブラックアウト期間」に入ったことで、 FOMCが終了するまではタカ派的な高官発言で米国の株式市場が大きく動揺することはないでしょう

今後は「円高」や「インバウンド需要の増加」、
「自社株買い」などが日本株にとって押し上げ材料に!

米ドル/円チャート/日足・1年

米ドル/円チャート/日足・1年(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

エネルギーを輸入に頼る日本では、原油高の局面で貿易赤字が膨らみやすいことも、円安要因として意識されています。なお、 この円安は、我が国の輸出企業の収益にポジティブに作用するため、日本株にとっては追い風です

さらに、政府内で、観光需要喚起策「Go To トラベル」が6月末~7月にも再開する案が浮上してきたと、6月4日付の日本経済新聞などが報じました。また、6月からは入国者数の上限が1日1万人から2万人に拡大。さらに、6月10日には外国人観光客の受け入れが再開されます。

今後、徐々にではありますが、旅行やインバウンド需要の増加が期待できます 。これは、関連企業の収益の押し上げ要因であり、日本株にとっても押し上げ材料と言えるでしょう。

これらに加え、 需給面では「自社株買い」と「配当の再投資」の資金が市場に流入しています 。4~5月の2カ月間で企業が発表した2022年度の自社株の買い入れ枠は計4.2兆円となり、前年同期の約2倍でした。また、大和証券のレポートによれば、「TOPIX 構成銘柄の6月配当合計額は7.0兆円で、昨年の5.7兆円を上回る」「決算発表後~株主総会前は自社株買いが進むケースも多い」と指摘しています。これらの買い需要は、日本株の需給面での「サポート」および「押し上げ」要因です。

つまり、 日本株に関しては、外部環境も内部環境も、そして需給関係も大幅に改善していると見てよいでしょう

日経平均株価は当面の間「バンドウォーク」で推移!
ボリンジャーバンドが収縮するまでは「上昇トレンド」が続く

日経平均株価チャート/日足・3カ月

日経平均株価チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

なお、ここにきて、ボリンジャーバンドが「エクスパンション(上部と下部のバンドが上下に拡散)」してきています。 このボリンジャーバンドが「スクイーズ(バンド幅が狭く収縮)」するまでは、現在進行中の「上昇トレンド」が継続する見通しです

日経平均株価チャート・20日移動平均線ベースのボリンジャーバンド/日足・3カ月

日経平均株価チャート・20日移動平均線ベースのボリンジャーバンド/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

久しぶりに「買いエントリー」で儲かりやすい相場環境に!
「ゲーム」「メタバース」「インバウンド」などのテーマに注目

・ゲーム
・メタバース(仮想空間)
・NFT(非代替性トークン)
・ブロックチェーン(分散型台帳)
・原発再稼働
・原油・資源高
・インバウンド(小売・飲食など)
・Go To トラベル(旅行・観光・ホテルなど)
・円安メリット
・中国経済正常化
・防衛

日本株は、「サマーラリー(夏にかけて株高が続く状態)」開始への助走が始まったようです。 久しぶりに「買いエントリー」で儲かりやすい環境になったと感じています

ボリンジャーバンドの定義
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●防衛 ●アンモニア ●インバウンド
●ウクライナ情勢 ●メタバース ●高配当株
●NFT ●化石燃料 ●再生可能エネルギー
●株主優待株 ●半導体材料 ●会計ソフト
●米株/旅行 ●米株/燃料電池 ●米株/EV
●米株/シェール ●米株/天然ガス ●米株/2022年戦略

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

岡三オンライン証券の口座開設はこちら!

松井証券の口座開設はこちら!

最下層からの成り上がり投資術!の関連記事

【2022年版】ネット証券会社の人気ランキング発表! この1年間で口座開設の申し込み数がもっとも多かった ザイ・オンラインで一番人気のおすすめ証券会社を公開(2021.06.24)

【2022年】今すぐ口座開設できる証券会社【最新版】 最短“申込当日”に取引できるDMM.com証券、翌日に 取引可能なSBI証券など、今すぐ株を買う方法を解説 【2022年4月5日更新】(2019.03.01)

株初心者が覚えておきたい「儲かる株」の探し方は? 株価100倍!?に成長するお宝銘柄を見分けるカギは 「営業利益」と「経常利益」にあった! ゼロから始める株入門【第2回】(2017.01.02)

「東証再編」で日本の株式市場はどう変わったのか? 変化を嫌う関係者に配慮しすぎて“銘柄の厳選”はでき ず、当初の目的を達成できないままに課題は山積み!(2022.06.06)

株を買うべき「株価が上がるニュース」の見極め方は? 初心者向け株入門書『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌 ザイが作った「株」入門』が教える“株の買い時”とは(2022.06.04)

最下層からの成り上がり投資術! バックナンバー

【日本株】日経平均株価が2万6950円を上抜ければ、 2万7790円まで上昇する可能性も! ただし基本的に 下落相場なので、焦って買わずに急落時だけを狙おう(2022.07.05)

【日本株】日経平均株価が底入れして「2万7580円」 ボリンジャーバンドの定義 までの上昇を期待できる展開に! 5日移動平均線を割 るまでは「強気維持」も、米国株の動向には要注意!(2022.06.28)

【日本株】日経平均株価は「2万6200円」を“明確に” 上抜ければ、2万7000円まで上昇も! 日銀の金融緩和 継続で、米国株に連動しつつも相対的に強い値動きに(2022.06.21)

【日本株】金融引き締めで急落する米国株と比べて、 日本株は底堅い可能性も! 投資戦略は短期の「押し目 買い&噴き値売り」に徹して、“強気のワナ”に要注意!(2022.06.14)

日経平均株価は「サマーラリー(夏の株高)」に向けた 上昇トレンド開始! ボリンジャーバンドが収縮するま では強気で「円安・インバウンド・自社株買い」を狙え!(2022.06.07)

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

  • 「クラシコム」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、…
  • 「日本ビジネスシステムズ」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度…
  • 「エアークローゼット」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘…
  • 「unerry(ウネリー)」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目…
  • 「HOUSEI(ホウセイ)」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目…
    ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) ザイ・オンライン編集部(2022.7.6) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.ボリンジャーバンドの定義 7.1) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) ザイ・オンライン編集部(2022.7.6) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.7.ボリンジャーバンドの定義 1) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.7.6) ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.7.8) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
  • 8日のNY市場はまちまち
  • 戸田工---エア・ウォーター、埼玉大学とCO2分離回収技術開発、NEDOグリーン…
  • ダイドー、USENNEX、WSCOPEなど
  • 米国株上昇で強い動きも、後場はセンチメントの悪化影響もあって急速に伸び悩む(訂正…

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500激辛診断/米国株150]

◎巻頭特集

2022年後半の日本株&為替大予測

●日本株:秋に底入れ年末3万円へ
●為替:1ドル130円の時代に突入

◎第1特集
10万円未満で買える株は111銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●2022年夏のイチオシ株
・10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート
●儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ円安メリット株」「株主還元強化株」「会社予想が保守的な株
5大ランキング今期最新予想が大幅増収」「アナリストが強気
高配当利回り株」「少額で買える株
●投資判断に異変アリ!
日本通運、住友不動産が「買い」に格上げ
東急、新生銀行、シャープが「弱気」に転落

◎第2特集
高利回り&割安株を狙え
波乱相場ならではの狙い目株が続々!
人気株500以外からセレクトした「買いの株100」

●桐谷さんオススメ株主優待株
●増配かつ高配当な株
●初心者オススメ5万円株
●上方修正に期待大の株
●波乱に負けない高成長株

◎第3特集
人気の米国株150診断

●どうなる米国株?
「インフレなどで波乱は続くが10月末から上昇へ転じる!」
●注目銘柄
「有力定番IT株」「高配当割安株」「ディフェンシブ株」
●定点観測
GAFAM+αテスラ、エヌビディア、ネットフリックスなど

● ボリンジャーバンドの定義 伝説のスゴ腕投資家バフェット が10年ぶりに株をオトナ買い
バフェットはいまの米国株をこう見てる&バフェットが買った銘柄をチェック!


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

株式投資などでよく聞く「ボリンジャーバンド」ってなに?

ボリンジャーバンド(Bollinger Band)は、ジョン・ボリンジャーという投資家が考案した考案したテクニカルツールです。 基本的な考え方は「相場は収束と拡散を繰り返す」というものです。もう少し分かりやすくいうと、相場にはその時々に現れる中心値があり、そこから離れると、いずれまたその中心値に戻ってくるという習性に着目した考え方です。 このため、ボリンジャーバンドは移動平均線(SMA:Simple Moving Average)と標準偏差という2つの数式によって描かれます。

ボリンジャーバンドの描かれ方

言葉で解説するよりも目で見た方が分かりやすいので、チャート上でボリンジャーバンドがどのように描かれているかを確認してみましょう。 以下は、日経平均株価指数(日足)のチャート上で描かれるボリンジャーバンドの推移を示しています。ボリンジャーバンドは言葉にあるように「バンド(帯)」です。下のチャートでは川の流れのように青色の帯がうねりながら推移していますが、これがボリンジャーバンドです。 〇日経平均株価指数(日足)とボリンジャーバンド

出典:TradingView Inc. 「TradingView」 ※解説を目的に使用しています。 ボリンジャーバンドの中心にオレンジ色の線が引かれています。これは20日単純移動平均線(20SMA)です。また、ボリンジャーバンドの幅(分かりやすく表現すると川の流れの幅とでもいいましょうか)の上限と下限が青色のラインで描かれています。上限ラインが「+2σ」、そして下限ラインが「-2σ」です。 説明に使用している「TradingView」では、初期設定値として単純移動平均線が20日、σラインが上限・下限で±2σとなっていますが、後述する計算式を見ると分かるように、任意でこれらの数値を入力することができるようになっています。 例えば、SMAの値を10日にしたり、σラインの上限・下限を±1σや±3σに設定を変えることができますが、一般的にはTradingViewの初期設定値を用いることが多いため、任意で数値を入れ替えない方がいいように思います。 ボリンジャーバンドでは、バンドの中心線である20日単純移動平均線からどれぐらい離れているかを見ながら、相場における売買を判断していきますが、乖離(かいり)の程度を示しているのが上限ラインの+2σ、下限ラインの-2σです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる