FXの練習方法は

オンライントレードに最適なPC環境とは

オンライントレードに最適なPC環境とは
参考:V-CUBE|Zoom

サンワテクノス---2025年3月期に営業利益は2022年3月期比1.5倍増を目指す

facebook-share

サンワテクノス 1286 オンライントレードに最適なPC環境とは 0
サンワテクノスは独立系技術商社で、FA・産業機器業界向けが売上高の約4割を占める。電機・電子・機械の3分野にまたがって事業を展開している点と、それを生かした「双方向取引」(顧客メーカーに生産ラインの機器を納入し、そこで生産された製品を仕入れる)の2つの特長により業容を拡大してきた。取引先数は単体ベースで顧客先が約3,200社、仕入先が約2,100社となり、主な仕入先は安川電機、オムロンなどである。
2022年3月期の連結業績は、売上高で前期比14.6%増の154,414百万円、営業利益で同123.2%増の4,804百万円と4期ぶりに過去最高業績を更新した。半導体関連業界や産業機械業界を中心に設備投資が拡大したほか、部材の供給不足による生産への影響を考慮した顧客からの先行手配もあったことが要因だ。地域別売上高では、中国を中心としたアジア向けが前期比47.4%増と大きく伸長した。受注高は前期比44.9%増の199,931百万円、受注残高は前期末比165.1%増の73,081百万円に積み上がっている。なお、2022年3月期より会計基準の変更に伴い有償支給品を売上高に含めない純額表示に変更しており、売上高で17,043百万円の減少要因となっている。同一基準で比較した場合の売上高は前期比27.オンライントレードに最適なPC環境とは 2%増となる。

同社は新たな中期経営計画「SNS2024(Sun-Wa New Stage 2024)」を発表した。基本方針として、1)イノベーションが求められる成長分野への注力、2)より高付加価値な製品と新たなソリューションの提供、3)サステナビリティ経営による持続可能な社会の実現に貢献、の3点に取り組み、最終年度となる2025年3月期に売上高195,000百万円、営業利益7,000百万円を目指す。3年間の年平均成長率は売上高で8.1%、営業利益で13.4%となる。最重要経営指標(KGI)を従来の「売上高」から「営業利益」に変更し、DXによる業務効率化も進めながら利益成長を追求していく。具体的な取り組みとしては、事業ポートフォリオを顧客業界ごとにマッピングし、積極的リソースを投入する分野(半導体製造装置、ロボット・マウンター、工作機械)と選択的リソースを投入する分野(FA装置、車載、設備)、その他分野に分けて戦略を立案・実行することで、売上総利益の拡大を目指す。積極的リソース及び選択的リソース投入分野については年率10%以上(半導体製造装置は15%以上)の利益成長を見込んでいる。また、地域にとらわれず顧客業界ごとに最適な製品・ソリューションを提供する専門営業組織を2022年4月に立ち上げ、新規顧客の開拓や既存顧客との取引深耕を進めていく。海外事業については売上比率で2022年3月期の38%から2025年3月期に40%に引き上げる。中国だけでなくその他アジア地域での事業拡大も目指す方針で、インドにも新たに進出する予定にしている。同社が取り扱う商材は省エネ化・省力化に貢献するものが多いことから、中長期的に右肩上がりの成長が見込まれる。今回の新たな事業戦略によって、こうした需要を取り込み、収益成長につなげていくものと期待される。

オンライントレードに最適なPC環境とは オンライントレードに最適なPC環境とは
【※関連銘柄の株価チャートはこちら!】
◆サンワテクノス(8137)
◆安川電機(6506)
◆オムロン(6645)

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●テレワーク ●オンライン教育 ●マスク/防護服
●巣ごもり消費 ●臨床検査 ●医療廃棄物処理
●ゲーム ●金(ゴールド) ●金鉱株
●高配当株 ●インフルエンサーマーケティング
●直近IPO銘柄 ●赤外線サーモグラフィー
●米国株(好決算企業) ●米国株(薬・ワクチン) ●米国株(巣ごもり消費ほか)

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! オンライントレードに最適なPC環境とは ⇒関連記事はこちら

オンラインイベント開催のための初級ガイド-撮影会場の選定編

自社サービスの見込み客や、既存の重要なお客様をご招待してウェビナーを開催する場合、質の高いコンテンツの用意とともに非常に重要な点として、インターネットの回線環境や音響・照明の設備がしっかり備わった会場を撮影場所とすることが挙げられます。
オンラインイベントが乱立する昨今の状況で、視聴者側もすでに数多くのオンラインイベントを体験しているはずで、配信が途切れたり、映像が見づらく音声が聞こえにくいコンテンツでは、視聴者は早々に離脱してしまいます。逆に、 オンライントレードに最適なPC環境とは 設備の整った環境で撮影 し、質の高いコンテンツを残せば、アーカイブでの視聴数増加を見込むこともできます。

2.撮影会場のインターネット回線環境について

woman

ではインターネットの回線環境とは具体的には何でしょうか。
ライブ配信を実施する側が使うインターネット回線には2つの用途があり、それぞれに重要な役割があります。
● 上り回線・・・配信用に処理された映像ならびに音声を、ライブ配信サーバーに送信(アップロード)するためのインターネット通信のこと。
● 下り回線・・・ライブ配信会場で、ライブ配信が問題なくできているかを、PCなどの端末で確認したり、使用する動画配信ツールで作業するためのインターネット通信のこと。
※ 視聴者がライブ配信を視聴するためのインターネット回線も下り回線を使用しています。

3.安定したライブ配信のための回線チェックポイント

オンラインイベント、何から手をつけてよいかわからない方は
▶ オンライン無料相談のお申込み (イベレジ担当者カレンダーの空き時間を公開しています)

「ウェビナー(Webセミナー)」とは?
時間・場所に縛られず全国・海外の新規顧客を開拓へ

V-CUBE セミナー

ウェビナーは、インターネットがあれば国内外問わず、多くの方に同時に情報を発信できます。
これまで会場で実施されるセミナーの場合、参加者は会場に足を運べる人に限られており、場所や日時の制限がありました。しかし、ウェビナーなら参加者も会社や自宅など好きな場所から参加できるため、会場まで移動する必要はありません。
また、録画を配信することができるため、参加者の都合の良い時間にセミナーに参加ができます。
同じセミナーの内容でも、ウェビナーの方がより多くの方へ自社の情報を届けることができます。

3. リアルタイムな質疑応答と、データ収集でスムーズな効果測定・分析

受講者の声をもっと集めたい

せっかくセミナーを開催したものの、参加者に理解してもらえたのか把握しにくいと感じたことはありませんか?参加者にとって、大勢の前で質問をするのはハードルが高かったり、「質問をしたかったけれどタイミングを逃した」ということもあるようです。
しかしウェビナーでは、チャットで意見や感想を投稿できる機能があり、参加者が気軽に質問ができます。
アンケート機能を活用して、セミナーの感想や意見を集めることも可能です。
また、チャットやアンケート以外に、視聴ログも取れるのでスムーズなデータ収集を行えます。

4. セミナー以外にも多様な活用シーン

「ウェビナー」と聞くと、セミナー形式での利用しかできないと感じるかもしれません。しかし実際には、Web講演会や研修、説明会など、さまざまな利用方法があります。

  • 社内、代理店、お客さまに向けた新商品の説明会
  • 自社サービス
  • 商品の説明会
  • 新卒・中途採用への説明会

  • 社内研修
  • 大人数での会議や情報共有会

  • 社長訓示や役員の挨拶
  • キックオフ
  • 株主総会

ウェビナー参加者の5つのメリット

Webセミナー参加者側のメリット5つ

  • これまで時間や場所の都合で参加が難しかったセミナーに参加できる
  • 会場までの移動時間や交通費がかからない
  • チャット機能で、他の参加者や講師対面でのセミナー同様にコミュニケーションが取れる
  • 当日参加できなくても、録画のオンデマンド配信で参加可能
  • オンデマンド配信なら見逃した箇所や復習したい箇所を見返すことができる

運営側と同様に、参加者にとっても時間と場所の制約がないのは大きなメリットです。

初めてにおすすめの、ウェビナー配信サービス2選

1.双方向機能が充実、多機能な配信システム「Zoom ビデオウェビナー」

Zoom ビデオウェビナー

参考:V-CUBE|Zoom

Zoom ビデオウェビナーは、最大で10,000名の視聴者に向けた大規模セミナーを簡単に開催できるサービスです。「Q&A機能」や「チャット機能」を備え、視聴者からのセミナーに関する質問や内容をリアルタイムで確認し、コミュニケーションを取りながら進行できます。
Zoom ビデオウェビナーで使える機能の一部をご紹介します。

Zoom ミーティングのプロ/ビジネスプランに追加オプションとして「Zoom ビデオウェビナー」を契約するか、エンタープライズプランであれば標準機能としてウェビナー配信が可能です。また、長期間の契約は必要ない、1~数回限りの配信を行いたいという場合も、ブイキューブにご相談ください。初めてでも安心の配信サポート付きで承ります。

2.インストール不要!高機能なウェビナー配信サービス「V-CUBE セミナー」

V-CUBE セミナー

V-CUBE セミナーとは、全国・海外にライブ配信・オンデマンド配信ができるクラウド型配信サービスです。
ライブ配信・オンデマンド配信両方に対応しているV-CUBE オンライントレードに最適なPC環境とは セミナーには、以下のような特徴があります。

  • 最大26,000拠点に同時配信可能
  • 日本国内・海外両方に配信可能
  • 日本語・英語・中国語(簡体字・繁體字)、タイ語、インドネシア語に対応
  • チャット機能・アンケート機能搭載

ウェビナーの配信方法とは?

ウェビナーには、リアルタイムでセミナーに参加する「ライブ配信」と録画データを視聴する「オンデマンド配信」の2種類があります。Webセミナーの開催目的に合わせて、配信方法を選択するようにしましょう。

オンライン授業で先生が気をつけるべきこと【コロナと向き合う】

初めのうち講師がひとりでZoomを操作するのは至難の技です。例えるなら、高速道路で車を100km/hで運転しながら、スマホを使うのと同じくらいの行為です。講義に集中できなくなるとともに、操作ミスが起きやすくなります。そのため、「トレーナー(講師)」「ディレクター&オペレーター(操作)」さらに、「受講者対応」の担当者がいると心強いです。研修の進行に2名、受講者対応スタッフ1名の3名が初期は有効です。慣れてくれば、ひとりでもスムーズな進行が可能になると思います。

5 目的のない時間の必要性

Zoomを利用する場合、目的のあるコミュニケーションを交わすことが多いですが、目的のない時間、余白のような時間も必要で、受講者は意外にそれを大切にしています。研修参加後に受講者と飲みに行くのが楽しみであるとか、終わった後の雑談のようなものが学びになるといったことです。そのような余白のようなものの価値をきちんと主催者側が理解していないと、コミュニケーションが淡白になってしまいます。

研修が終わった後に、受講者が自由に話せる時間を15分から30分くらい取っておいたり、研修後にオンライン懇親会のようなものを企画したりすることで余白を作ることができます。

6 完璧ではない隙の重要性

もちろん、受講者が滞りなく受講できる環境をつくるための準備は徹底して行うべきです。なかなか「隙」は自ら演出できるものではありませんが、余白もないほど完璧だと息苦しくなってしまいます。

7 個人情報を守ろう!

研修は、個人で参加している人ならともかく、企業人として参加している場合もあります。研修の内容自体が、企業課題や個人課題と結びつくこともあるのです。そのため、個人情報の観点から画面キャプチャは絶対禁止にしなければなりません。

研修の場合、そのようにアナウンスすれば撮影しないと思いますが、個人の受講者の場合、そうはいきません。その場合「研修の画像が欲しいのであれば、あとでPDFとして配布します。撮影は厳禁です。」というくらい強くお願いする必要があります。冒頭で必ず説明をしましょう。

サンワテクノス---2025年3月期に営業利益は2022年3月期比1.5倍増を目指す

facebook-share

サンワテクノス 1286 0
サンワテクノスは独立系技術商社で、FA・産業機器業界向けが売上高の約4割を占める。電機・電子・機械の3分野にまたがって事業を展開している点と、それを生かした「双方向取引」(顧客メーカーに生産ラインの機器を納入し、そこで生産された製品を仕入れる)の2つの特長により業容を拡大してきた。取引先数は単体ベースで顧客先が約3,200社、仕入先が約2,100社となり、主な仕入先は安川電機、オムロンなどである。
2022年3月期の連結業績は、売上高で前期比14.オンライントレードに最適なPC環境とは 6%増の154,414百万円、営業利益で同123.2%増の4,804百万円と4期ぶりに過去最高業績を更新した。半導体関連業界や産業機械業界を中心に設備投資が拡大したほか、部材の供給不足による生産への影響を考慮した顧客からの先行手配もあったことが要因だ。地域別売上高では、中国を中心としたアジア向けが前期比47.4%増と大きく伸長した。受注高は前期比44.9%増の199,931百万円、受注残高は前期末比165.1%増の73,081百万円に積み上がっている。なお、2022年3月期より会計基準の変更に伴い有償支給品を売上高に含めない純額表示に変更しており、売上高で17,043百万円の減少要因となっている。同一基準で比較した場合の売上高は前期比27.2%増となる。

同社は新たな中期経営計画「SNS2024(Sun-Wa New Stage 2024)」を発表した。基本方針として、1)イノベーションが求められる成長分野への注力、2)より高付加価値な製品と新たなソリューションの提供、3)サステナビリティ経営による持続可能な社会の実現に貢献、の3点に取り組み、最終年度となる2025年3月期に売上高195,000百万円、営業利益7,000百万円を目指す。3年間の年平均成長率は売上高で8.1%、営業利益で13.4%となる。最重要経営指標(KGI)を従来の「売上高」から「営業利益」に変更し、DXによる業務効率化も進めながら利益成長を追求していく。具体的な取り組みとしては、事業ポートフォリオを顧客業界ごとにマッピングし、積極的リソースを投入する分野(半導体製造装置、ロボット・マウンター、工作機械)と選択的リソースを投入する分野(FA装置、車載、設備)、その他分野に分けて戦略を立案・実行することで、売上総利益の拡大を目指す。積極的リソース及び選択的リソース投入分野については年率10%以上(半導体製造装置は15%以上)の利益成長を見込んでいる。また、地域にとらわれず顧客業界ごとに最適な製品・ソリューションを提供する専門営業組織を2022年4月に立ち上げ、新規顧客の開拓や既存顧客との取引深耕を進めていく。海外事業については売上比率で2022年3月期の38%から2025年3月期に40%に引き上げる。中国だけでなくその他アジア地域での事業拡大も目指す方針で、インドにも新たに進出する予定にしている。同社が取り扱う商材は省エネ化・省力化に貢献するものが多いことから、中長期的に右肩上がりの成長が見込まれる。今回の新たな事業戦略によって、こうした需要を取り込み、収益成長につなげていくものと期待される。

【※関連銘柄の株価チャートはこちら!】
◆サンワテクノス(8137)
◆安川電機(6506)
◆オムロン(6645)

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●テレワーク ●オンライン教育 ●マスク/防護服
●巣ごもり消費 ●臨床検査 ●医療廃棄物処理
●ゲーム ●金(ゴールド) ●金鉱株
●高配当株 ●インフルエンサーマーケティング
●直近IPO銘柄 ●赤外線サーモグラフィー
●米国株(好決算企業) ●米国株(薬・ワクチン) ●米国株(巣ごもり消費ほか)

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる