FXの取引方法

ローソク足チャート

ローソク足チャート
ローソク足の基本については以前にお伝えしたことがありますが、名称や意味を再確認しておきましょう。

チャート初心者でもすぐわかるバーチャートとラインチャートの見方とローソク足の売買サイン

初心者にチャートの見方を教えるプロトレーダー

  • バーチャートとラインチャートにそれぞれどんな特徴があるのか
  • どのような場面で役立つのか

1、バーチャートとは?

(1)バーチャートの特徴・活用法

バーチャートは、 値動きをバー(棒)で示したチャート のことです。

バーは一定期間の高値と安値をつないだもので、バーの 上端が「高値」、下端が「安値」 、バーの左に突き出た横棒が 「始値」、右に突き出た横棒が「終値」 を示しています。

(2)バーチャートのメリット

バーチャートでは高値と安値が見やすく、 高値同士あるいは安値同士を結んだラインであるトレンドラインを引きやすい というメリットがあります。

トレンドラインは、 上値を押さえる抵抗線や、下値を支える支持線 として、売買のタイミングを図る重要な目安となります。

(3)バーチャートのデメリット

2、ラインチャートとは?

(1)ラインチャートの特徴・活用法

ラインチャートは 終値をつないだ線(ライン)で示されたチャート です。

(2)ラインチャートのメリット

(3)ラインチャートのデメリット

3、やっぱりローソク足は最強チャート?売買タイミングの読み方

ローソク足は、 「始値・終値・安値・高値」の四本値を示す、日本で最も一般的に用いられているチャート です。

(1)ローソク足からは投資家の心理を読める

例えば 実体が小さく上下のヒゲも短いローソク足であれば、投資家は様子見の姿勢を強め、売買が細って値動きが小さなっている のではないかと予想できます。

また同じように実体が小さい場合でも、 上下のヒゲが長ければ、売り買いが拮抗している ということが読み取れます。

(2)売り買いのサインと様子見のサイン

①買いのタイミング

これは売り圧力を跳ね返すだけの強い買い圧力があることを示しており、 下ヒゲが長いほど、上昇力が強い と読めます。

また、実体部分の長い陽線は、 買い圧力が強いことを示しています。特にヒゲのない陽線を「大陽線」 といい、始値から終値まで上昇し続ける、かなり強い上昇相場と読めます。

【FX】チャートから大衆心理を読み解こう。テクニカル分析は心理戦です【ローソク足】

FX 手法

こんにちは Twitterフォロワー2.5万人の投資家セシル( @cesil_fx )です

チャートで読むべきポイントは大衆心理です

しかし大事なのは チャートは大衆心理を現してグラフにしたもの という認識で見ること

5分足チャートでは大衆心理は反映されない 日足を見よう

注目すべきは大口トレーダーが見ている月足 週足 日足

あらゆる手法でローソク足の形は確認すべき

チャートは値動きをグラフ化したものでしかありませんが その裏にいるのは人間です トレーダーです

ローソク足の勉強に最適な本

フォロワーさん2000人超えました。
セシルのnote

詳細は画像をクリック↓

RECOMMEND

【FX】何年勉強しても負ける、勉強に意味ないのか?その理由とは【期間】

【FX】資金管理ができたナンピンは最強です【1000通貨】

FXは勝てるようになるまで必ず一度は退場を経験します(経験者は語る)

【FX】守れないルールは決めても意味がありません【作り方】

【FX】デモトレードで勝てても意味ありません 1000通貨のトレード実践…

【FX】ポジション持った途端に逆行する。業者に監視されてる気がする【理由】

【FX】リピート系手法の決定版 スパイダー投資法【副業に最適】

【FX】負ける意味がわからない【毎日勉強してるのに】

ABOUT US

プロフィール

脳科学と心理学を用いて勝ち続けているトレーダー 5年連続年利50%達成 ローソク足チャート Twitterで情報発信したところ1年でフォロワー2万人 よろしければTwitterのフォローもお願いします

ブログ読者限定オリジナルプレゼント企画
こちらをクリック↓(1万円相当の価値)


セシル×ヒロセ通商タイアップ企画が実現
口座開設+1万通貨以上取引で4000円キャッシュバック こちらをクリック↓


資金別手法別にセシルがおすすめするFX口座↓


セシルおすすめトレード本↓

貯金はリスク?投資を始めよう↓

FXチャートのローソク足パターンの種類を徹底解説

FXで勝つための知識

FXで勝つための知識

ローソク足の基本については以前にお伝えしたことがありますが、名称や意味を再確認しておきましょう。

ローソク足型のシグナル

「陽の丸坊主」
上ヒゲも下ヒゲもない陽線です。かなり強い上昇傾向の際にこのようなローソク足になります。始値を下回ることもなく、終値が高値ですから一方的に上昇していることを示しています。上昇トレンド発生のシグナルです。同様に「陰の丸坊主」もあり、大きな下落を示しています。こちらは下降トレンド発生のシグナルです。

「陽の大引け坊主」
下ヒゲだけの陽線で、寄り付き後に安値をつけたものの、その後は上昇を続けて終値が高値になっています。上昇トレンド発生のシグナルです。同様に「陰の大引け坊主」もあり、上ヒゲだけの陰線になります。一時的に高値をつけたものの、その後は下落し、終値が安値になった状態です。下降トレンド発生のシグナルになります。

「陽の寄り付き坊主」
上ヒゲだけの陽線は要注意になります。始値から下がることはなかったものの、終値は高値を下回っており、下降していく予兆があります。同様に「陰の寄り付き坊主」もあり、こちらは下ヒゲだけの陰線です。始値からかなり下落していますが、終値にかけて戻してきた状態で、上昇の予兆があります。

ローソク足のはらみ線とは何か

「陽の陽のはらみ」 ローソク足チャート
互いに陽線で、安値は上回ってきたものの、高値が上回れない状態です。上昇傾向が衰えてきたことを示しています。一般的には下降トレンドのシグナルです。

「陽の陰のはらみ」
母体が陽線で、次の足型がより短い陰線です。下降していますが、前の安値は更新しておらず、下降とも上昇とも判断しにくい状態です。さらに次のローソク足を確認するまでは様子見になります。

「陰の陽のはらみ」
母体が陰線で、次の足型がより小さな陽線です。上昇しているものの、前の高値を更新できず、判断はやはり難しくなります。こちらも次のローソク足の状態を確認する必要があります。

「陰の陰のはらみ」
互いに陰線で、高値は下回っているものの、安値は上回ってきています。下降する勢いが弱まっていることを示しており、一般的には転換のサインです。上昇トレンドのシグナルになります。

上昇トレンドのシグナルとなるローソク足の組み合わせ

チャートのローソク足パターンの種類を徹底紹介

はらみ線以外にもシグナルは存在します。いくつかご紹介しましょう。

「たくり線」
下降のトレンドの中、下ヒゲの長い陰線が登場した場合、トレンドの転換期となります。この場合、下ヒゲの長さによって反発力が変わってきます。下ヒゲが長いほど上昇トレンドが強まります。

「三手大陰線」
ローソク足の陰線で柱が長い「大陰線」が三本続けて登場すると、トレンドの転換期となる可能性があります。下降トレンドから反発して上昇トレンドになるのです。ただし「ファンダメンタルズ要素」で強いトレンドが発生している場合は、反転せずに下落が続きますので注意が必要です。

「やぐら底」
大陰線の後に底値で「もみ合い」が続くようだと上昇トレンドに反転するチャンスです。もみ合いの後に、柱の長い陽線「大陽線」が登場すると、やぐら底と呼んで上昇トレンド発生のシグナルになります。

「マド埋め」
前後のローソク足が繋がらずに上下に離れる場合があります。急激に上昇したため、前のローソク足から放れて寄り付いたのです。この隙間を「マド」と呼びます。こちらは「マドが開いた」ときがトレンド発生のシグナルではありません。一度値を戻してこの隙間を埋めることを「マドを埋める」といいますが、このマド埋めが発生すると上昇トレンドが発生する可能性が高まります。

「ソーサーボトム」
下降トレンドの中で、ローソク足の軌跡がなべ底のようななだらかな曲線を描くようになると転換期のサインです。大陽線が登場すると上昇トレンド発生のシグナルとなります。

下降トレンドのシグナルとなるローソク足の組み合わせ

「カブセ線」
上昇トレンドの中、大陽線が登場したものの、次のローソク足が陰線となり、前の終値よりも高く寄り付き、前の始値を下回ることがない状態を「カブセ」と呼びます。下降トレンド発生のシグナルとなります。

「三羽ガラス」 ローソク足チャート
上昇トレンドの中、陰線が三本続くと下降トレンドに転換したことを示しています。ただし一本目の陰線の始値が、その手前の陽線の高値を下回っているという状態です。この条件を満たしていなければ、上昇トレンドが継続する可能性が高いです。

「下げ足の寄せ線」
ローソク足の柱が極端に短く、上下にヒゲが長い状態を「十字線」と呼びます。大きく変動したことを示しています。相場が下降していく流れの中で、この十字線が登場するとさらに強い下降トレンド発生のシグナルになります。

「はらみ寄せ線」
上昇トレンドの中、陽線の次に十字線が登場するとトレンドの転換期を示しています。条件としては陽線が十字線をはらんでいなければなりません。上昇トレンドでも陰線が十字線をはらんだ状態では、はらみ寄せ線とはなりません。

「ソーサートップ」
ソーサーボトムの逆になります。上昇トレンドの中で、ゆるやかな曲線を描くような勢いになるとトレンド転換のチャンスです。大陰線が登場すると、下降トレンド発生のシグナルになります。

ローソク足とバーチャート

今回は基本中の基本に戻ってローソク足とバーチャートについて書くこととしました。 これは、前回のブログでも扱った「トレンドラインの引き方」をトレードパーティーで話した際に、 「ラインを引く時は、ローソク足の実体で引くのか、それとも上下のヒゲも含めて引くのか?」 質問をいただいたからです。その時の回答は「ヒゲも含める」というものでしたが、その理由も含めてローソク足とバーチャートについて書いていきましょう。

ローソク足とバーチャートの歴史

バーチャートの普及


米国でローソク足チャートが広く知られるようになったのは、スティーブ・ナイソンがローソク足についての初の英語解説書「Japanese Candlestick Charting Techniques.」(日本のローソク足手法)を出版してからですが、これは1991年に初版が出ていますのでたかだか四半世紀程度の歴史です。そして、米国のチャートシステムにもあっという間にローソク足が採用され上昇と下降の流れが視覚的にわかると大好評になったというわけです。

バーチャートのメリット


ここで前回指摘したドル円の上昇トレンドがどうなったかを、ローソク足とバーチャートとで見てみましょう。
青の平行線で示した上昇チャンネルは、ピンクの丸印では下ヒゲでトライしたもののかろうじて維持し、その後矢印で示した5月23日に明確に終値で下抜けたことで、現在は上昇トレンドに終止符を打ち下降トレンド入りしたと考えることが出来る訳です。


このチャートの期間をもう少し長くしてバーチャートで表示してみましょう。 丸で囲ったようなリバーサル(反転)パターンがバーの幅が無い分見やすくなると思いませんか?ローソク足で事足りると思われる方も多いかもしれませんが、個人的にはチャートパターンはバーチャートのほうが見やすいのではないかと思います。 また、チャート自体に着色する(ローソク足を赤と緑の実体で示すのも一例)ことを考えると、試してみるとわかりますがバーチャートの方がすっきりしていて見やすいと思います。私の場合、PCの発達以前から使って慣れているということもありますが、今でもメインで見ているのは3本値のバーチャートだったりします。

ローソク足の分析方法!ローソク足1本で次の相場展開が予測できる?

ローソク足一覧表

テクニカル分析

「FX教習所」のお時間がやってまいりました。
7時限目の今回はFXトレードに不可欠の 「ローソク足の分析方法」 をテーマにお送りします!

  1. 今後価格が上がる・下がる・横ばい、どの方向にいきやすいか
  2. チャートの反発ポイント
  3. 値動きの勢い

ローソク足の見方!各部分は何を表している?

具体的には、ローソク足1本分から以下の 4つの基本情報 を読み取ることができるんです(・∀・)

ローソク足の各部分の名称

  1. 始値:(ある一定期間の) 始まりの価格
  2. 終値:(ある一定期間の) 終わりの価格
  3. 高値:(ある一定期間の) ローソク足チャート 1番高い価格
  4. 安値:(ある一定期間の) 1番低い価格

各部分には名前がついており、上下に伸びている細い部分(始値or終値と高値or安値の間)を ヒゲ と呼び、四角形になっているところ(始値と終値の間)を 実体 と呼びます。

終値が始値よりも高かった場合は 陽線 、終値が始値より低かった場合を ローソク足チャート 陰線 と呼んでいます!

ローソク足(陽線と陰線)

期間設定によって、様々なローソク足の見方ができる!

期間は 「時間」 + 「足」 で表されていて、「1分足」であれば、1分間の始値・終値・高値・安値を表しているというイメージです(・∀・)

各時間足のローソク足の本数

時間足ごとの関係性

・日足で 陽線 が数本続くと、1時間足ではジグザグと右肩上がりの 上昇トレンド を形成したり
・日足で 陰線 が数本続くと、1時間足ではじわじわと右肩下がりの 下降トレンド を形成したり

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる