バイナリーオプション攻略

らのBTC、ETHの登録、売買のガイド

らのBTC、ETHの登録、売買のガイド
対象期間:2020年1月~2021年6月

らのBTC、ETHの登録、売買のガイド

© SBI VC Trade Co., Ltd.

暗号資産を利用する際の主な注意点
暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。お取引を始めるに際してはサービスごとの「サービス総合約款 」(新VCTRADE)、「暗号資産取引サービス約款」(旧VCTRADE)、「暗号資産取引説明書(契約締結前交付書面)」(新VCTRADE)、「暗号資産の売買等に関するご説明(契約締結前交付書面)」(旧VCTRADE)、等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。
PDF書面のご確認には、当社が推奨いたしますブラウザソフト、ならびにPDFファイル閲覧ソフトが必要となります。

手数料について
口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくは「手数料」をご確認ください。

商号等SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者)
登録番号関東財務局長 第 00011 号
加入協会一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
らのBTC、ETHの登録、売買のガイド

上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点
暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料 、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(新VCTRADE)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引 を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、 ETH、XRP、LTC、BCH、LINK、DOT)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(新VCTRADE)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。 当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率(法人レバレッジ倍率)です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。「暗号資産取引説明書(契約締結前交付書面)」(新VCTRADE)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。

暗号資産(仮想通貨)の損益計算 移動平均法と総平均法

移動平均法では 暗号資産(仮想通貨) を購入するたびに通貨の単価を計算します。
下の画像のBTC(ビットコイン)の売買を例に解説します。

1.1BTCを100円で購入します。この時の単価(1BTCあたりの取得金額)は当然ですが100円となります。 らのBTC、ETHの登録、売買のガイド
2.1BTCを150円で購入します。これでこの時点で2BTC保有している状態になります。
2BTCを取得するのに合計で250円かかっているので単価は
250円(金額合計)÷ 2(BTCの保有量)= 125円(1BTCあたりの取得金額)となります。
3.1BTCを200円で売却します。
この時、所得金額は200円(売却単価)ー [125円(1単位当たりの取得価額 × 1BTC(売却数量)] = 75円となります。

POINT

この売却のタイミングで損益が発生します。そして売却した際に発生する損益の計算をするために、暗号資産(仮想通貨)購入の都度、単価を計算しているのです。
1BTCを売却したことでBTCの保有量は1になりました。単価は変わらず125円です。
4.1BTCを275円で購入します。BTCの保有量は2に、2BTCを取得するのにかかった金額の合計は400円(125円+275円)となりました。この時の1BTCあたりの単価は400円(金額合計)÷ 2(BTCの保有量)= 200円(単価)となります。
------------------------------------------------

※毎年1月から12月までにおこなった取引が対象になりますが、当社での2019年度の取引については、サービス開始日の2019年5月30日から2019年12月31日 までの取引で生じた損益が対象となります。


上の画像の場合、年間を通して3BTCを合計525円で購入しています。
1BTCあたりの単価は525円(購入金額合計)÷ らのBTC、ETHの登録、売買のガイド 3(BTCの購入数量)=175円(単価)となります。

3.で1BTCを売却したときの所得金額は
200円(売却金額)ー らのBTC、ETHの登録、売買のガイド らのBTC、ETHの登録、売買のガイド [175円(1単位当たりの取得価額) × 1BTC(売却数量)] = 25円(所得金額)となります。

TAOTAOでのお取引の取引報告書・年間損益計算書の出し方

・ 取引報告書のダウンロード手順・見方
年間損益報告書のダウンロード手順・見方

columns_top

人気の投稿

暗号資産(仮想通貨)の税務 2020年度のポイント ~確定申告の注意点と今からやっておくべきこと~

カテゴリー

  • ブロックチェーン
  • 暗号資産(仮想通貨)について
  • SBI VCトレード(旧TAOTAO)について
  • PC版取引ツール・アプリの使い方
  • 暗号資産(仮想通貨)の税務

最新の投稿

  • スマホでかんたん本人確認について
  • TAOTAOの強み~良質なプライシング(レート配信)~
  • TAOTAO2周年特別企画#ConnecTV「激動の1年、暗号資産トレーダーはどう動いたのか」再録レポート
  • 新たな「資産」としても注目が高まるNFT その魅力とは《その2》
  • らのBTC、ETHの登録、売買のガイド
  • NPS®-TAOTAOがお客様の満足のために取り組んでいること-

暗号資産を利用する際の主な注意点 暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。
お取引を始めるに際してはサービスごとの「取引約款」(旧VCTRADE)「サービス総合約款」(旧TAOTAO)、「契約締結前交付書面」(旧VCTRADE)、「取引説明書」(契約締結前交付書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み(旧VCTRADE)、取引内容や仕組み(旧TAOTAO)、リスク等(旧VCTRADE)、リスク等(旧TAOTAO)を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。 手数料について 口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくはサービス概要(旧VCTRADE)及び「手数料について」 (旧TAOTAO)をご確認ください。 商号等 SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者) 登録番号 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点 暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(旧TAOTAO)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、ETH、XRP)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(旧TAOTAO)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。取引説明書(契約締結前書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。 商号等 SBI VCトレード株式会社(金融商品取引業者) 登録番号 らのBTC、ETHの登録、売買のガイド 関東財務局長(金商) 第3247号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本STO協会 免責事項 当社ウェブページ遷移前に表示された情報は、当社が作成・管理しているものではありません。

商号:SBI VCトレード株式会社
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3247号
暗号資産交換業 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 一般社団法人 日本STO協会

仮想通貨・ビットコイン海外取引所 おすすめ5選│2022年比較

ビットコインの取引に慣れている方は、Binanceは上級トレーダー向けのデザインなのが気に入るかもしれません。習得する難易度は高めですが、操作は難しくありませんし、現物取引をする際、熟練度と好みに応じて3つのインターフェースから選べます。「アドバンスド」を選ぶと、詳細チャートで値動きが見られるので、詳しい情報をもとに意思決定できます。仮想通貨を初めて取引する場合、ベーシック画面がよいでしょう。必要な情報が閲覧できます。アプリは英語のみですが、公式サイトは日本語に対応しています。

Binanceの魅力の1つは、手数料が安いことです。他の取引所も同様に、手数料は取引量や入出金額によって異なりますが、取引手数料は0.1%、即時取引手数料は0.5%なので、最も安い仮想通貨取引所の1つなのは間違いありません。また、出金限度額が制限されていて、レベル1では24時間ごとに2BTC、レベル2では24時間ごとに100BTCまで出金できます。思いがけない制限に遭遇せずに、スムーズに取引し始められます。

Binanceのもう1つの強みは取引オプションです。マージントレードが可能な通貨ペアがあり、最大10倍のレバレッジで取引できます。どれくらい失う覚悟ができているかによって、クロスマージンまたは分離マージンから選べます。また、BinanceではP2P取引が可能なので、買い手や売り手と直接取引できるのがユニークです。

2. Coinbase — 初心者でも使いやすい仮想通貨取引所

Coinbaseは最も使いやすい取引所の1つでしょう。公式サイトは分かりやすく、モバイルアプリは日本語に対応しています。初心者だけでなく、熟練トレーダーにもおすすめです。ポートフォリオはメインダッシュボードから閲覧でき、数回クリックするだけで仮想通貨を売買できます。アプリを銀行口座と紐づけるか、Coinbaseに入金すれば取引を始められます。取引に慣れてきたら、Coinbase Proにアップグレードすると、指値注文・逆指値注文も行えるようになります。

Coinbaseでは100銘柄以上(ビットコイン、イーサリアム、ソラナ、ポルカドット、ドージコイン、ライトコインなど)を取引でき、日本でも利用できます。Coinbaseはシンプルなデザインなので、外部ウォレットや分散型取引所(DEX)などの手間を省きつつ、賢く仮想通貨を売買して稼ぐことができます。

仮想通貨が初めての方は、Coinbase Earnがおすすめです。指定された記事を読んだり、動画を見たり、クイズに答えたりすると報酬を得られる仕組みです。仮想通貨の世界に初めて足を踏み入れる方を配慮した取り組みで、学びながら稼げます。記事やクイズは比較的易しく、時間もかかりません。試行錯誤ではなかなか分からない取引のコツや注意点を学べます。

Coinbaseの欠点は、他の取引所より手数料が高めだということです。Coinbase Proにアップグレードした場合、取引量に応じて一定の割合の手数料が引かれるため、全体的に手数料が安くなります。なお、Coinbase Proにアップグレードするのは無料です。

3. eToro — CopyTrader機能で有名トレーダーの取引をコピーして稼げる

eToro(イートロ)の革新的なCopyTraderツールを使うと、有名トレーダーのアクティビティをそのままコピーできるので、口座の可能性を最大限に引き上げられます。フォローしたいトレーダーを選び、そのトレーダーの取引がそのまま自分のアカウントに反映するように設定できるわけです。このようなミラートレードは、どのように取引すればいいか分からない初心者におすすめです。eToro曰く、「週に1回ログインして口座残高を確認するだけ」なのでとても簡単です。また、パラメータを自分で設定してリスク管理できるので、大金を失う心配もありません。熟練トレーダーも、eToroで口座開設すると良いかもしれません。他のトレーダーがあなたをミラートレードした場合、報酬を受け取れます。

公式サイトとiOS/Androidアプリは分かりやすく、操作しやすいでしょう。また、1日以内で口座を開設ができるのは感心しました。他の取引所は本人確認が必要なので、取引開始まで時間がかかりますが、eToroではFacebookやGoogleのアカウントが本人確認の代わりになるので、すぐに登録できます。なお、開始するには最低200ドルを入金する必要があることに注意しましょう。

eToroは現在、新規登録時に$50相当の仮想通貨を無料プレゼントするという特別キャンペーンを行っています。

4. Kraken — DOGEやSHIBなど、60種類以上の仮想通貨を売買できる

Kraken(クラーケン)では、ビットコインやイーサリアム、カルダノ、ソラナ、ドージコイン、ステラルーメンなど、60種類を超える仮想通貨を取引でき、日本など数多くの国で利用できます。また、米ドル、テザー(Tether)、ダイ(Dai)などのステーブルコインにも対応しています。他の取引所とは違い、日本円を外国の通貨(米ドルやスイスフランなど)に両替することも可能です。

インターフェースはシンプルで、ボタンも明確なので、初めてビットコインを売買する方にピッタリでしょう。初心者は、「Earn」を選択して入金すると、Krakenで利息を受け取れます。注文フォームはシンプルで、Buy(買う)、Sell(売る)、Convert(両替)のいずれかを選択します。紐づけられた銀行口座から直接購入できるので、取引開始前に口座に大口入金する必要はありません。

この取引所は、銀行手数料が高いことで知られていますが、Kraken Proに登録すると手数料が少し安くなります。Kraken Proは誰でも利用でき、デバイスでKraken Proアプリを開くか、公式サイトからアクセスしましょう。

今すぐ登録して、特別ボーナス特典を獲得しましょう。20%のレベニューシェアを受け取れます。

5. Gemini — 詐欺保険があり、慎重なトレーダー向け

普通の銀行とは違い、仮想通貨は盗まれても取り戻せないことがほとんどです。そのため、暗号資産を売買する際はハッキング対策が重要となります。Gemini(ジェミナイ・ジェミニ)は保険が付いていると主張しているのが心強いですが、いくらか制限があり、保険の対象はステーブルコインだけです。BinanceやCoinbaseと同様に、Geminiはステーブルコイン残高に対するFDIC(連邦預金保険公社)の保険を提供しており、保険料を支払えば最大$250,000に相当する暗号資産をカバーできます。

Geminiは、ファントム、イーサリアム、ビットコイン、ライトコイン、テラなど、50種類以上の仮想通貨を取り扱っています。この取引所は日本では利用できませんが、全米50州で利用できるので、アメリカに旅行するときに使うことができます。アメリカでは仮想通貨取引所の多くが制限されているので、素晴らしいことです。

今すぐGeminiで口座を開設し、$1,000を入金すると、$150相当のビットコインを受け取れます。少額から始めたい場合、他にもいくつかの新規口座開設キャンペーンが行われているので是非ご覧ください。

【比較表】おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨取引所 手数料 取扱仮想通貨数 フィアット通貨数 モバイルアプリ ウォレット アプリは日本語に対応 日本で利用可能
Binance 取引手数料は0.015%~0.10%、デビットカードによる購入は3.5%または$10、アメリカでの銀行送金は1回あたり$15 500以上 15 ×
Coinbase 1取引あたり0.50%、購入手数料はクレジットカードは3.99%、Coinbaseウォレット・銀行口座は1.49%、銀行口座からの入金は$10、出金は$25 50以上 3
eToro 出金手数料は$5、1年間ログインしなかった休眠口座は月額$10。米ドル以外の入出金は両替手数料あり 20以上 35 × ×
Kraken 1取引あたり0%~0.26%、クレジットカードでの購入は3.75%+0.25ユーロ、ACH(アメリカの銀行送金)での購入は0.5%+0.9%または1.5% 95以上 7 ×
Gemini $200未満の取引は$0.99~$2.99の固定料金、$200以上の取引は1.49%、デビットカードまたはクレジットカードでの購入は3.49% 63以上 7 × ×

おすすめの仮想通貨取引所の選び方

  • 手数料
    標準手数料は全体的な報酬にかなり影響します。そう聞くと、初心者トレーダーはガッカリしてしまうかもしれませんね。取引手数料だけでなく、入金手数料も検討しましょう。クレジットカードや銀行送金など、入金方法によっては手数料がかなり高い場合があります。仮想通貨と現金に両替して銀行口座に引き落とすときも手数料がかかるので、出金手数料も確認しましょう。
  • 取扱仮想通貨数
    熟練したトレーダーは、複数の口座を開設して、さまざまな仮想通貨をチェックし、うまくいっている通貨をすぐに取引できるようにしています。このような場合、取引できる暗号資産が少ない取引所は向きません。仮想通貨の売買を始めたばかりなら、銘柄数が少ない方が管理しやすいかもしれませんが、プロのテクニックを習得したら他のコインにも手を出したくなるものです。
  • 対象地域
    お住まいの地域で取引所が利用できるか、必ずチェックしましょう。例えば、アメリカでは一部の州では、仮想通貨取引所の利用がブラックリストに登録されています。高性能VPNを使えば、地域制限を回避してサイトにアクセスできるようになり、同時に仮想通貨と個人情報を守れます。ExpressVPNがおすすめです。通信が速く、サーバーネットワークが大規模で、高度なセキュリティ機能が搭載されています。
  • 安全性
    仮想通貨取引所は、金銭的価値が高く、セキュリティ方針が業界で標準化されていないため、ハッカーのターゲットになりやすいことで知られています。セキュリティ対策せずに仮想通貨取引所を使うと、サイバー攻撃者はいとも簡単にあなたの個人情報にアクセスできてしまいます。お金を失うリスクがあるので、取引する際は必ずVPNを使いましょう。

おすすめの仮想通貨取引所についてよくある質問

ビットコインの買い方は?

この記事でご紹介した取引所でビットコインを購入できますおすすめの取引所は、モバイルアプリがありますし、仮想通貨やフィアット通貨の売買方法について、分かりやすいガイドも用意されています。

アメリカとカナダでBinanceにアクセスする方法は?

VPNを使えばアメリカやカナダでもBinanceにアクセスできます。高性能VPNは、ウェブ通信を安全なサーバーに転送することで指定した国のIPアドレスが割り当てられるツールです。また、ExpressVPNのようなプレミアムVPNは256ビット暗号化を採用し、キルスイッチのような追加のセキュリティ機能もあるので、デバイスと個人情報を守る役割も果たします。

アルトコインが最多の仮想通貨取引所は?

アルトコインを最も多く取り扱っているのはBinanceです。ビットコインのほかにも、Binanceは何百ものアルトコインやトークン通貨を取り扱っているので、BNB、DOGE、ETH、USDT、LINK、ADAなど数多くの銘柄を売買できます。

今すぐおすすめの仮想通貨取引所でトレードしましょう

一番おすすめなのは、取扱仮想通貨数が最多のBinanceでしょう。上級ユーザーにピッタリで、手数料も取引レベルによらず手頃です。今すぐ加入すると、新規口座開設ボーナスが受け取れます。

らのBTC、ETHの登録、売買のガイド

  • レバレッジ取引には満期日はなく、お客様が、保有ポジションの転売もしくは買戻しによる取引を行わない限り、日締め処理時(毎取引日の午前 6:59)に、保有ポジションを自動的にロールオーバーして翌営業日へ繰り越します。
  • ロールオーバー時には、建玉管理料が発生します。
  • レバレッジ取引の受渡日は約定日当日となります。1日の区切り(計算区域)となる午前 7:00~翌午前 6:59 において約定した取引は同日の約定として受渡が行われます。

レバレッジ取引における注意事項

  • 取引にあたっては、各種約款、取引説明書やお客さま向けの規約等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。
  • 証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
  • お客様が現物の暗号資産を保有しており、かつレバレッジ取引を行うのに必要な日本円の証拠金を保有していない場合、その暗号資産は証拠金として扱います。
    そのため、現物の暗号資産を保有しており、その暗号資産を証拠金として差し入れてレバレッジ取引で買いポジションを保有し、暗号資産の急激な下落があった場合は、相当にリスクが発生します。
  • 定期メンテナンス中は、お客様の保有しているポジションの値洗いを行いません。そのため、そのメンテナンス中に、急激な暗号資産の価格変動があった場合、メンテナンス明けに値洗いを行った結果、すぐにロスカットとなる場合があるのでご注意ください。
    また、定期メンテナンス明けの指値のみ、当社が初めて配信する価格が、指定した価格より有利な価格の場合には、指定した価格ではなく、メンテナンス明けに当社が初めて配信する価格で約定します。

暗号資産を利用する際の主な注意点 暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。
お取引を始めるに際してはサービスごとの「取引約款」(旧VCTRADE)「サービス総合約款」(旧TAOTAO)、「契約締結前交付書面」(旧VCTRADE)、「取引説明書」(契約締結前交付書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み(旧VCTRADE)、取引内容や仕組み(旧TAOTAO)、リスク等(旧VCTRADE)、リスク等(旧TAOTAO)を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。 らのBTC、ETHの登録、売買のガイド らのBTC、ETHの登録、売買のガイド
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。 手数料について 口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくはサービス概要(旧VCTRADE)及び「手数料について」 (旧TAOTAO)をご確認ください。 商号等 SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者) 登録番号 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点 暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(旧TAOTAO)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、ETH、XRP)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(旧TAOTAO)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。取引説明書(契約締結前書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。 商号等 SBI VCトレード株式会社(金融商品取引業者) 登録番号 関東財務局長(金商) 第3247号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本STO協会 免責事項 当社ウェブページ遷移前に表示された情報は、当社が作成・管理しているものではありません。

商号:SBI VCトレード株式会社
金融商品取引業 らのBTC、ETHの登録、売買のガイド 関東財務局長(金商)第3247号
暗号資産交換業 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 一般社団法人 日本STO協会

はじめての暗号資産は
コインチェック

Coincheckトップイメージ

reason-1

対象期間:2020年1月~2021年6月

reason-2

reason-3

security

badge

  • 本人確認書類の提出
  • スマートフォンアプリの「かんたん本人確認」ならば、口座開設手続きがインターネット上だけで完結します。審査終了後、口座開設が完了し、ハガキの受取りを待たずに全ての機能がご利用可能となります。
  • ブラウザの場合、審査終了後、登録住所宛にハガキを送ります。受取完了後、全ての機能がご利用いただけます。

商号:コインチェック株式会社
暗号資産交換業の登録番号:関東財務局長第00014号
加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会
一般社団法人日本ブロックチェーン協会

【暗号資産・暗号資産のお取引に関する重要事項】
・暗号資産は本邦通貨又は外国通貨と異なります。
・秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われます。
・暗号資産は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。
・暗号資産の価格は変動するため、損失が生じる場合があります。
・暗号資産は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
・お取引の際は、取引内容を十分に理解し、自己の責任をもって行ってください。
その他の重要事項及び取引内容等につきましては、「Coincheck 暗号資産取引説明書」「Coincheck 利用規約」「Coincheck つみたて取引説明書」「Coincheckつみたて利用規約 」等の交付書面をご確認ください。

本一覧に記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる