よくあるご質問

デイトレーダーの平均年収と中央値

デイトレーダーの平均年収と中央値
tabibitojin.com - JINのブログ

転職サービス「doda(デューダ)」、「平均年収ランキング2021」を発表
正社員の平均年収は403万円。コロナ影響で昨年より6万円減
~コロナ禍でニーズ増の技術系「プロジェクトマネジメント」は昨年比132万円アップ~

解説】
新型コロナの影響をうけ、平均年収は減少傾向。今後は、複数の仕事から収入を得る時代に
2021年の平均年収は、マイナス傾向となりました。これは、給与や賞与のカットに加えて、テレワークの普及や営業時間の短縮による残業代の減少など、新型コロナウイルス感染拡大の影響が要因と考えられます。2021年11月に「doda」が発表した「仕事満足度ランキング2021 デイトレーダーの平均年収と中央値 ※ 」でも、「給与・処遇」面において、「給与やボーナスが下がった」という声が多く挙がっています。
一方で、コロナ禍でニーズが増加し、平均年収の上昇につながっているケースもあります。職種別で、昨年から132万円アップした技術系(電気/電子/機械)の「プロジェクトマネジメント」は、コロナ禍でロボットやAI、自動化などの需要がさらに伸び、投資が必要な技術領域として人材ニーズが高まっていること。業種別で、昨年から57万円アップしたメーカーの「ゲーム/アミューズメント機器メーカー」は、コロナ禍の巣ごもり需要に加え、芸能人のゲーム配信でゲームに興味を持つ人が増えたことで業績が上向いたことが、平均年収を押し上げたと考えられます。
2021年は、新型コロナウイルスの影響が顕著に表れる結果となりました。その一方で、企業の副業解禁が進んでいます。1つの仕事からだけではなく、複数の仕事から収入を得る時代にシフトし始めているといえるでしょう。(doda編集長 喜多 恭子)
※「仕事満足度ランキング2021」https://doda.jp/guide/manzokudo/

■職種別:トップ10の半数が「金融系専門職」と「専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)」
全165職種のうち、トップ2は昨年と同じで、1位「投資銀行業務」(903万円)、2位「運用(ファンドマネジャー/ディーラー)」(744万円)という結果になりました。3位は営業系の「MR」(713万円)がランクイン。昨年から1つ順位を上げています。昨年3位だった「戦略/経営コンサルタント」(664万円)は、今回は9位となりました。「金融系専門職」が1位と2位を、「専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)」が4位、7位、9位と、トップ10の半数を占める結果は、前回と同様でした。
昨年からの年収額の上げ幅では、8位「プロジェクトマネジメント」(昨対比+132万円)、1位「投資銀行業務」(昨対比+84万円)が上位でした。
→職種別ランキング上位50位は下部に掲載

■業種別:「メーカー」「金融」「メディカル」系がトップ10をほぼ独占
全96業種のうち、1位は「投信/投資顧問」(662万円)、2位は「たばこ」(652万円)、3位は「医薬品メーカー」(628万円)で、昨年と同様の順位となりました。トップ10の顔触れも変わらず、「金融」「メーカー」「メディカル」系が3業種ずつランクイン。残り1つは「サービス」系の「財務/会計アドバイザリー(FAS)」がランクインしました。
昨年からの変化が大きかったのは、昨年39位で今回17位の「ゲーム/アミューズメント機器メーカー」(昨対比+57万円)、昨年46位で今回20位の「住宅ローン」(昨対比51万円)が順位、年収額ともに大きく上昇しました。
→業種別ランキング上位50位は下部に掲載

■年代別:「20代」「30代」「40代」は昨年よりダウン。「50代以上」は変わらず
年代別では、「20代」の年収額は341万円、「30代」は437万円、「40代」は502万円、「50代以上」は613万円でした。50代以上は昨年と同じ613万円でしたが、20代と30代は昨年から7万円、40代は8万円のダウンとなりました。
男女別で見てみると、昨年と比べて年収額がアップしたのは男性の50代以上(664万円/3万円アップ)、女性の30代(378万円/1万円アップ)、50代以上(435万円/4万円アップ)の3区分でした。その他の年代は男女ともに、1~10万円の範囲でダウンという結果になっています。

年代別の平均年収

■都道府県別:1~6位までを関東エリアが占めるも、いずれの都県も昨年よりマイナスに
都道府県別で見ると、1位が東京都(438万円)、2位が神奈川県(422万円)、3位が千葉県(408万円)、4位が茨城県(399万円)、5位が栃木県(398万円)、6位が埼玉県(397万円)と、6位までを関東エリアが占める結果となりました。5位までを同エリアが独占した昨年の傾向とほぼ変わりませんが、東京都が前回の444万円から6万円ダウン、神奈川県が8万円ダウンなど、上位6都県はいずれも前回から減少しています。
昨年から平均年収が最も上がった都道府県は、前回39位で今回23位の大分県の377万円(昨対比+10万円)、次いで前回41位で今回29位の秋田県の371万円(昨対比+5万円)でした。エリア別に見ると、全7エリアで昨年からダウンという結果になりました。
→都道府県別ランキングは下部に掲載

職種別平均年収ランキング 上位50位

【職種別平均年収ランキング 上位10位 2021年・2020年・2019年比較

【職種別平均年収上昇ランキング 上位10位 2021年・2019年比較

【業種別平均年収ランキング 上位50位】

都道府県別平均年収ランキング

■調査概要
【対象者】2020年9月~2021年8月末までの間にdodaエージェントサービスに登録した20~65歳の男女
【雇用形態】正社員
【有効回答数】約45万件
*平均年収:手取りではなく支給額
*順位算出:平均年収(万円)の小数点単位で順位づけ

■解説者プロフィール デイトレーダーの平均年収と中央値 doda編集長 喜多 恭子(きだ きょうこ) デイトレーダーの平均年収と中央値
派遣・アウトソーシング事業で法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、人材紹介事業へ。法人営業・キャリアアドバイザーのマネジャーとして組織を牽引。その後、派遣事業の事業部長として、機械電子系の派遣サービス立ち上げやフリーランス雇用のマッチング事業立ち上げなどを行う。中途採用領域、派遣領域、アルバイト・パート領域の全事業に携わり、アルバイト求人情報サービス「an」の事業部長を経て、2019年10月、執行役員・転職メディア事業部事業部長に就任。2020年6月、doda編集長就任。

■「doda」について https://doda.jp
「doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。

本件に関するお問い合わせ

問い合わせ先 パーソルキャリア株式会社 広報部
TEL:03-6757-4266 FAX:03-6385-6134 [email protected]

TAM Services

HAve access to the TAM team is a great way for your orginization to stay abreast with the rapidly evolving technologies, learn how to better maximize your Oracle investment.

Mobile Application

Access out TAM site via your mobile devices. Access the knowledge base from the systems you have on hand, anytime, anywhere.

Monitoring

Learn how to better monitor your systems, Not only monitoring, but デイトレーダーの平均年収と中央値 also leveraging the monitoring technolgies to improve securty, and automate the response for self healing systems.

Training

Keeping up with technology, means learning about what the technology can do for your workloads. The TAM Team will work with you to help identify technolgies that will help you.

Supporting Customers

By having デイトレーダーの平均年収と中央値 dedicated TAMs, you work with you to learn your デイトレーダーの平均年収と中央値 workloads, so we can better advise you.

Workshops

Learn by example. the TAM Team hosts multiple workshops that are used to give you hands on デイトレーダーの平均年収と中央値 experience with the technologies.

Long-Term Relevance

The TAM Team engagement is continuous, new content is always in the デイトレーダーの平均年収と中央値 process of being built. Part of this is a CI/DI process, constantly making sure the content and workshops are relevant to the technology.

サラリーマンの給料、年収や月収の手取り平均は?20代、30代、40代と男性は上がって見えても実はだだ下がり?!

103898


同じ年代で自分はどうなっているんだろう、と平均の値を検索する人も多いようですが、中々良いデータはないですね。

年収の平均

income_avarage_tax

デイトレーダーの平均年収と中央値 デイトレーダーの平均年収と中央値 デイトレーダーの平均年収と中央値 デイトレーダーの平均年収と中央値
年齢 年収
(男性)
(万円)
年収
(女性)
(万円)
19以下 142 106
20~24 265 226
25~29 371 295
30~34 438 294
35~39499 297
40~44 568 290
45~49 638 292
50~54 649 281
55~59629 275
60~64 460 221
65~69 387 204
70以上 360201
全体平均 511 272

年収の全体平均は男性で511万、女性で272万

  • 各年代の「年収の平均」(男性)
    • 20代では、約270万
    • 30代では、約450万
    • 40代では、約600万
    • 50代では、約640万
    • 60代では、約420万

    となるでしょうか。40代、50代強いですけど、20代、30代はつらそうです。
    全体平均は500万を少し超えてますが、40代、50代の影響が大!といった結果の数値です。

    所得が高い人、うらやましいです! 所得が高い職業で言えば、厚生労働省の調査で「パイロット」や「医者」「大学や高校の先生」のようですが、それでも職業によらず年収1500万円超え!といった高給取りの方、いますよね? 職業による平均収入が高ければそういった方が多い傾向があるかもしれませんが、それでも職を

    tabibitojin.com - JINのブログ

    転職サイト/転職エージェントの中の人のここだけの話 |年収1,000万円を狙えるおすすめ企業図鑑

    某転職サイトと就活サイトの「中の人」です。日本の転職と就活の裏側や年収事情を「忖度なく」ストレートに語ることで、「このサイトだけ見ていれば、誰もが挑戦的なキャリアを描ける」ことを目指しています。

    金融業界上場159社平均年収ランキング~1位は野村證券年収1383万円、2位は東京海上年収1338万円

    • 【保存版】5回の転職で25歳年収300万円→30代年収1,500万円になった経験を基に語る「おすすめの転職サイト・転職エージェント」「おすすめしない転職サイト・転職エージェント」
    • デイトレーダーの平均年収と中央値
    • 【保存版】年収1,000万円/年収2,000万円狙える企業・仕事の条件とは? ~業界別の初任給/30歳/40歳時点の年収比較~
    • 【元戦略コンサルが語る】コンサル転職でおすすめする転職エージェントを完全解説 ~戦略/総合/IT/人事/財務/外資/日系などテーマ別にエージェントの評判を徹底比較・ランキング

    f:id:dannu:20200429125233j:plain

    データソースは上場している金融関連企業159社の有価証券報告書です(企業価値検索サービス Utlet(ユートレット) を使用)。有価証券報告書で公開されている各社の2019年度or2020年度の各社平均年収を基にしています。

    金融業界の平均年収

    731万円

    691万円

    749万円

    829万円

    753万円

    614万円

      デイトレーダーの平均年収と中央値
    • 金融業界全体では731万円と、上場企業全体の平均と比較してもやや高めでした。
    • 特に高いのは保険業で平均年収は829万円でした。銀行業は保険業・証券業と比較すると平均では少し低めのようです

    金融業界の年収ランキング上位10社

    • トップ10は全て平均年収1,000万円を超えました。
    • トップ3は、証券系の野村證券、損害保険系の東京海上、信託銀行系の三井住友トラストでした。
    • 4位のマーキュリア、5位のジャフコは東証の区分では証券業とされていますが、厳密には投資系です。
    • メガバンクのトップは三井住友フィナンシャルグループで6位でした。なお、メガバンクでトップ10にランクインしているのは三井住友だけでした。
    • 厳密には、8位~10位の地方銀行はHDでのランクインであるため、実態の年収ではトップ10にランクインしないでしょう。
    • 上記を踏まえると、こちらのランキングでも金融業界の中で銀行より保険・証券の年収の方が高いという傾向になりました。

    金融業界の年収ランキング11位~30位

    • トップ30は全て平均年収900万円以上でした。トップ30の企業に入社すれば年収1,000万円に届く可能性が高いでしょう(但し、地方銀行はHD単体のデータであるため除きます)
    • メガバンクは続けて三菱UFJが12位で1067万円、みずほが30位で910万円にランクインしていました。メガバンク全体では大体平均年収1,000万円となります。年収の高さが伺えます。

    金融業界の年収ランキング31位~159位

    • 同じ上場企業でも年収400万円~900万円と大きな開きが出ました。
    • 地方銀行が多くランクインしていました。地方銀行の平均年収は400万円台~600万円台の企業も多いようです。
    • 同じ保険業でも「ライフネット生命」「アイペット損害保険」などの新興企業は年収400万円~600万円と、そこまで高くありませんでした。保険業は大手と新興企業では年収の開きがあるようです。

    金融業界で年収1,000万円以上を狙うには

    こちらの結果を見ると、金融業界はメガバンク・大手証券・大手保険会社・大手投資会社などにいけば年収1,000万円に届く可能性がとても高いと言えるでしょう。一方で、地方銀行は400万円台~600万円台の企業も多く、年収1,000万円は難しいことが分かります。 同じ金融業界でも年収1,000万円に到達するにはどこの企業に行くかが全て と言えます。

    1. 「平均年収が高い業界・会社」を選ぶこと
    2. 「自分が評価されやすい状況にある会社」を選ぶこと
    3. 年収によって自分に合う転職サービスは違うので、年収が上がる度に付き合う転職サービスを変えること

    現在の年収

    使うべき転職サービス

    年収300万以下

    〇:リクナビNEXT doda のような 「通常の転職サイト」 を使うべき。

    年収300~600万

    〇:リクルートエージェント JACリクルートメントマイナビエージェントのような 「総合型転職エージェント」を使うべき。

    ×:リクナビNEXTのような「通常の転職サイト」は段々合わなくなる。

    年収600~800万

    〇: エージェントはコンサルなら コンコードやアクシスコンサルティング 、金融なら コトラ のような 「業界特化型転職エージェント」を利用すべき。

    〇: この時期から ビズリーチLinkedIn ・リクルートダイレクトスカウト・Liigaのような「 ハイクラス転職サイト」も併用すべき。

    ×:リクルートエージェント のような 「総合型転職エージェント」はもう卒業。

    年収800~1,000万以上

    〇:同じく「業界特化型転職エージェント」と「ハイクラス転職サイト」を併用すべきだが、年収600~800万の時以上に、ビズリーチLinkedIn・リクルートダイレクトスカウト・Liiga デイトレーダーの平均年収と中央値 のような「 ハイクラス転職サイト」 をより積極的に利用すべき。

    他にも、「年収1,000万円/2,000万円狙える会社の条件」「業界毎の年収の違い」、「業界別年収ランキング」 について、過去に下記の記事で分析・考察しました。興味がある方は是非こちらもお読みください。

    中小企業の40代の平均年収はどれくらい!?

    中小企業の40代の平均年収はどれくらい!?

    40dai

    こちらが40代男性の平均年収を現したグラフです。

    40代前半は15年前に比べて、 デイトレーダーの平均年収と中央値
    645万円から568万円と77万円の減少、
    40代後半は695万円から638万円と57万円の減少となっています。

    40代は結婚して生まれた子供の養育費が一番かかる時期、
    このお金が一番必要な時期に毎月5万円も収入が少なくなっている
    ということなので、余裕のない家庭が増えていると予想されます。

    tomo

    平均年収が568万円といっても、実はこの数字は
    年収が1000万円以上の高所得者によって
    かなり上にひっぱりあげられているのが現実。

    40代になり長年の不景気によるあおりを受けて
    リストラなどをされてしまえば再就職の目途は立ちづらく、
    ワーキングプアとなってしまう可能性は非常に高いです。

    kakusa

    中小企業と大企業の所得格差

    tyuusyou

    こちらは会社の規模別の平均年収を表したグラフです。

    年収が100万円近くも違うということで、
    学生が就活をする際に大企業だけに目が向いて
    中小企業に目が向かなくなってしまうのもうなずけますね。

    今後、どのようになっていくのか

    ここ数年は横ばいになっているものの、
    これはリーマンショックの時に大きく落ち込みすぎた分の
    補正があるだけで全体の流れとしては
    下がっていることには変わりありません。

    そして、これからの日本の経済を考えると、
    長期的に見た時に景気が上向きになることは考えづらく、
    さらに右肩下がりになっていくと予想されます。

    ブラック企業の問題が大きく取りざたされるように、
    年収は減っていくのに、労働時間だけが増えていく、
    そういった会社が今後さらに増加の一途をたどると考えられます。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる