外国為替取引を学ぶ

移動平均線とは

移動平均線とは
FXのテクニカル分析

移動平均線とは

移動平均線 (単純移動平均線)

■移動平均線
移動平均線には、以下のような種類があります。(例:5日間)
【例】1日目:100、2日目:200、3日目:300、4日目:400、5日目:500
【単純移動平均線(Simple MA)】日々の価格を平等に加重(1/5=0.20)
5日間単純移動平均線(Simple MA)は、5日間の終値に1/5をかけて算出します。
=(100+200+300+400+500)÷5日間=100x1/5+200x1/5+300x1/5+400x1/5+500x1/5=300円
【指数平滑平均線(Exponential MA)】直近の価格を最重視して加重2÷(5日+1)=0.33
【加重移動平均線(Weighted MA)】直近の価格を重視し徐々に減らす(1・2・3・4・5)
=(100x1+200x2+300x3+400x4+500x5)÷(1+2+3+4+5)=366
【三角移動平均線(Triangle MA)】中央の価格を加重(1・2・3・2・1)
5日間三角移動平均線(Triangle MA)は、中央の日に大きなウェイト(移動平均線とは 整数)をかけて算出します。
=(100x1+200x2+300x3+400x2+500x1)÷(1+2+3+2+1)=300
【正弦加重移動平均線(Sine-Weighted MA)】中央の価格を加重
5日間正弦加重移動平均線(Sine-Weighted MA)は、中央の日に大きなウェイト(正弦の値)をかけて算出します。

■単純移動平均線の特徴
単純移動平均線とは、所定の期間の価格(通常は終値を使用)の平均値です。
10日間移動平均線は、過去10日間の終値の平均値、
10週間移動平均線は、過去10週間の終値の平均値、
10年間移動平均線は、過去10年間の終値の平均値です。
例えば、第1日目が10円で、毎日10円ずつ上昇している相場があるとします。 移動平均線とは
10日目は、100円になりますから、
10日移動平均線は、(10+20+30+40+50+60+70+80+90+100)÷10日=55円です。
11日目は、110円になりますから、
10日移動平均線は、(20+30+40+50+60+70+80+90+100+110)÷10日=65円です。
第1日目の10円を引き、第11日目の110円を加えて、1日間移動させることから、「移動」(Moving)「平均」(Average)線と呼びます。

【特徴1】
10日移動平均線は、毎日の終値で10日連続買い付けると仮定した場合、平均的な買いのコストだと想定できます。(注:正確には、出来高を加味すべきです。)
・価格が移動平均線を上回っている⇒平均的な買い方に含み益が発生している
・価格が移動平均線を下回っている⇒平均的な買い方に含み損が発生している

【特徴2】
直近の新しい価格を「加えて」、古い価格を「引き」ますので、「加えた価格」と「引いた価格」の大小により、単純移動平均線は増減します。
・新しい価格>古い価格ならば、単純移動平均線は大きくなります。
26日移動平均線が前日よりも大きくなったということは、26日前の価格よりも高い、ということで、上昇トレンドの可能性が高いことになります。
一目均衡表の「遅行線」(遅行スパン)は、この考え方です。
・新しい価格<古い価格ならば、単純移動平均線は小さくなります。
26日移動平均線が小さくなったということは、26日前の価格よりも低い、ということで、反落の可能性が高いことになります。

【特徴3】
短期の移動平均線は、短期的な方向性(トレンド)を表し、長期の移動平均線は、長期的な方向性(トレンド)を表します。
大きな価格変動が起きた場合、短期の移動平均線はすぐに反応できますが、長期の移動平均線はすぐに反応できません。
このため、短期と中期と長期の移動平均線を組み合わせることで、トレンドの方向性、転換を見極めることになります。

■応用:
単純移動平均線は、「ボリンジャー・バンド」「乖離率」などに応用されています。
7月の毎日の平均気温が30度だとします。7月の平均気温ですから、グラフ上では、7月16日辺りに記録するのが通常だと思います。
しかしながら、単純移動平均線では、7月の平均気温は8月1日に記録します。
【乖離率】
7月の平均気温が30度の時、8月1日の気温が35度まで上昇したとします。
35度は、これまでの平均気温30度から5度高めに乖離していますので、トレンドを逸脱しているのではないか、と思います。これが「乖離率」の考え方です。
【ボリンジャー・バンド】
7月の平均気温が30度の時、8月1日の気温が35度まで上昇したとします。
7月の気温は、平均気温30度から、大凡±4度程度で推移していたとします。
35度は、平均気温30度+4度=34度よりも高いことになりますので、「異常値」の可能性が高いといえます。これが、「ボリンジャー・バンド」の考え方です。
ボリンジャー・バンドで、「単純移動平均線」を使用し、「指数平滑移動平均線」を使わない理由は、ボリンジャー氏は、「標準偏差」で「単純移動平均線」を使用していることで、複雑化を避けるため、と述べています。

■短所
単純移動平均線は、過去の一定期間の価格の平均値ですから、上昇(下降)トレンドを形成している場合、トレンドから遅れがちになります。
この短所を補うため、最初の頃の価格よりも、最近の価格に、相対的に重点を置いた移動平均線が考えられ、「累積加重移動平均線」「指数平滑移動平均線」と呼ばれます。
また、10日間移動平均線だけではなく、より短期間(5日間以内など)の移動平均線を組み合わせることにより、より短期のトレンドを見極める方法もあります。
【3日間移動平均線】

■使い方のポイント
(1)トレンド(方向性)の明確化・確認
相場変動をならすことで、相場の方向性、流れが明確になり、上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか確認することができます。
(2)支持線(サポート)と抵抗線(レジスタンス)
移動平均線は、上昇トレンドならば、支持線(サポート)として、下降トレンドならば、抵抗線(レジスタンス)として作用します。

取引ルール

【買いシグナル】
(1)中・長期線が下降の後、横ばいか上昇傾向にある時、短・中期線が、中・長期線を下から上に突き抜けた場合(※ゴールデン・クロスといいます)
(2)中・長期線が上昇し続けている時、短・中期線が、中・長期線の下に下降した時
(3)短・中期線が上昇し続けている中・長期線の上にあり、中・長期線に向かって下降したが、突き抜けず再び上昇した場合
(4)短・中期線が下落し、下落している中・長期線から下に大きく乖離した時

【売りシグナル】
(5)中・長期線が上昇の後、横ばいか下落している時に、短・中期線が中・長期線を下に突き抜けた時(※デッド・クロス、といいます)
(6)中・長期線が下降し続けている時、短・中期線が、中・長期線の上に上昇した時
(7)短・中期線が下降し続けている中・長期線の下にあり、中・長期線に向かって上昇したが、突き抜けず再び下落した場合
(8)短・中期線が上昇し、上昇している中・長期線から上に大きく乖離した時

また、文言、データなどの著作権は、株式会社フィスコにあります。 これらのコンテンツは著作権法などの法律、規制により知的所有権が 保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

テクニカル分析辞典

※「テクニカル分析辞典」は、あくまで情報提供を目的としたものであり、 投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、売買価格などの 投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。 また、掲載される情報は信頼できると判断した情報源をもとに (株) フィスコが作成したものですが、 その内容及び情報の正確性、完全性または適時性について、 (株)フィスコは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。

また、本文、データなどに関しましては、著作権法などの法律、規制により知的 所有権が保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

注目チャート222|積水ハウス(1928)

セブメント別に見ていくと、請負型事業の売上が9986億円と
前年度の9849億円から伸びており、且つ、セブメントの中では一番の売上となっています。
請負型事業とは戸建住宅や賃貸住宅、土木事業の請負となります。
次にストック型が7411億円と前年度の6987億円から増加していました。
ストック型とは、リフォームや不動産事業となります。
そして、開発型は3848億円と前期の3211億円か羅増加していました。
開発型は分譲住宅やマンション、都市開発などの事業となります。
最後に国際事業は3889億円と前期の3706億円から増加していました。

コアビジネスの更なる深化と新規事業への挑戦が今後の基本方針となっており、
請負型ビジネス、ストック型ビジネス、開発型ビジネスの3つの柱を
国内と国際の二つで、計6つの柱の有機的成長で持続的な成長を目指すようです。

また、6月9日に第1四半期決算が発表されました。
売上高は7436億円、営業利益は877億円、最終利益は574億円となりました。
売上高は前年同期比でプラス22%、営業利益は同プラス60%、
最終利益は同プラス58.9%と大幅に伸びています。

このチャートをどう見るか?

大局の強気と弱気の分岐点とされる
200本EMA(指数平滑移動平均線)と価格の推移を見ていきましょう。
チャートは日足なので、200本EMAは200日EMAとなります。
200日EMAと価格の関係を見ると、コロナショックの後に二番底を付けて、
200日EMAは緩やかに右肩下がりの動きになりました。
その後、価格の上昇に伴って200日EMAは右肩上がりの動きになっていきました。
2022年の年初に高値を付けてからは価格の下落と共に200日EMAも右肩下がりになりました。
現在は、価格の上昇によって横ばいに動きになってきています。

次にステージを見ていきましょう。
200日EMAが右肩上がりのときには、上昇期である第1ステージの期間が
やや長くなっていますが、それでも、ステージがコロコロと変化しています。
直近の動きをみても下降期である第4ステージがしばらく続いていましたが、
ここにきて上昇期である第1ステージへ移行していきました。

では、直近の動きを見てみましょう。
下降期である第4ステージから切り返しが入り、
そこから9本横ばいの動きになっていました。
そこから、1本大きな陽線で上放れてきました。
ポイントは、今年の3月の高値を更新出来るかどうかです。
もし、更新出来たとしても、今年の1月の高値を突破しなければ
上昇トレンドが継続とはなりません。

FXの移動平均線(SMA・EMA・WMA)の違い&エクセルでの計算式・計算方法・関数について解説!

FXでよく使われる移動平均線(Moving Average)は3種類!それぞれの特徴・MT4の設定方法

単純移動平均線(Simple Moving Average = SMA)

「移動平均線 = SMA」と言ってもほぼ差し支えがないくらいよく使われていますが、 古いデータも含めて全て平等の扱いになる為、直近の値動きに対して反応が鈍いことが欠点 だと言われています。そして、その欠点を補う為にEMAやWMAが開発されて使われています。

MT4のインジケーター「Moving Average」をチャートに挿入する際(もしくは設定の修正をする際)、下記の通り「移動平均の種別」を「 simple 」にするとSMAがチャートに反映されます。

SMA MT4設定方法

指数移動平均線(Exponential Moving Average = EMA)

直近のローソク足の終値を2倍にして平均値を出すことで、最新の値動きを重視しているのがEMA です。SMAの次にトレーダーに使われていますが、線の傾きが早く変わるのでトレンド転換のサインを早く認知できるというメリットと、 その反面騙しに引っかかりやすいというデメリット があります。

MT4のインジケーター「Moving Average」をチャートに挿入する際、下記の通り「移動平均の種別」を「 Exponential 」にするとEMAがチャートに反映されます。

EMA MT4設定方法

加重移動平均線(Weighted Moving Average = WMA)

直近のローソク足だけ重視するEMAとは異なり、 データが新しいものほど比重が徐々に大きくなるようになっているのがWMA です。EMAと同様、トレンド転換のサインを早く認知できるメリット・騙しに引っかかりやすいデメリットがありますが、WMAをトレードで使っているトレーダーは日本では今のところまだそんなに多くないのではないかと思います。

MT4のインジケーター「Moving Average」をチャートに挿入する際、下記の通り「移動平均の種別」を「 Liner Weighted 」にするとWMAがチャートに反映されます。

WMA MT4設定方法

移動平均線(SMA・EMA・WMA)の計算式の違いをエクセルで解説

踊るネコ

それでは、SMA・WMA・EMAの具体的な計算方法についてエクセルを使って簡単に解説していきます。以下の表に適当に終値の数値を入れましたが、 SMA・WMA・EMAの5日線の値がこの場合いくつになるか を記載していています。
※6月10日-13日の最初4日間は5日線の算出ができないので空白にしています。

終値SMAEMAWMA
6月10日500
6月11日400
6月12日500
6月13日600
6月14日500500500513
6月15日10,0002,4003,6673,680
6月16日5,0003,3203,6004,547
6月17日1,0003,4203,0173,773
6月18日503,3102,7672,移動平均線とは 650

単純移動平均線(SMA)の計算方法・関数

「6月14日」のSMA =(500 + 400 + 500 + 600 + 500) ÷ 5 = 500

一番左上のセルをA1 とした場合、以下のような関数になります。下方向にコピペするだけで翌日以降のSMAも算出されます。
※下記は5日線の場合の関数です。目的に応じて修正してご利用ください。

=SUM(B2:B6)/5 もしくは =AVERAGE(B2:B6)

指数移動平均線(EMA)の計算方法・関数

「6月14日」のEMA =(500 + 400 + 500 + 600 + 500 + 500 ) ÷ (5 + 1 ) = 500

一番左上のセルをA1 とした場合、以下のような関数になります。下方向にコピペするだけで翌日以降のSMAも算出されます。
※下記は5日線の場合の関数です。目的に応じて修正してご利用ください。

加重移動平均線(WMA)の計算方法・関数

「6月14日」のWMA =(500 × 1 + 400 × 2 + 500 × 3 + 600 × 4 + 500 × 移動平均線とは 5 ) ÷ ( 1 + 2 + 3 +4 +5 ) = 513

一番左上のセルをA1 とした場合、以下のような関数になります。下方向にコピペするだけで翌日以降のSMAも算出されます。
※下記は5日線の場合の関数です。目的に応じて修正してご利用ください。

EMAとWMAは最新データの比重が大きく、反応速度が速い!

6月14日の時点では終値に大きな変化がない為、どれも殆ど同じ数値ですが、6 月15日に急騰した時にEMAとWMAがそれに反応してSMAよりも大分数値が大きくなっている のがわかるかと思います。

SMAはスイングトレード向きで、EMA・WMAはデイトレ・スキャルピング向き?

ただ、検証して再現性が確認できているのであれば 別にどれを使っても問題ないと思います。 ちなみに私はSMA派ですが、EMAやWMAと比較して絞ったというわけではなく、SMAでずっと検証してきたからそのまま使い続けているだけで、特に深い意味があるわけでもないです。

現在GEMFOREXでは 新規口座開設1万円ボーナス キャンペーン を開催中!

6月は初回2万円ボーナスが常時開催の中、入金100%ボーナス+初回2万円ボーナスが週1回ランダム開催のようですね。2022年は1週目木曜日のパターンが多いですが、2週目は水~金曜日のどこかになるのでしょうか?尚、前回のキャンペーンから入金ボーナス上限が 500万円⇒200万円 に下がってますのでご注意ください。

注目チャート222|積水ハウス(1928)

セブメント別に見ていくと、請負型事業の売上が9986億円と
前年度の9849億円から伸びており、且つ、セブメントの中では一番の売上となっています。 移動平均線とは
請負型事業とは戸建住宅や賃貸住宅、土木事業の請負となります。
次にストック型が7411億円と前年度の6987億円から増加していました。
ストック型とは、リフォームや不動産事業となります。
そして、開発型は3848億円と前期の3211億円か羅増加していました。
開発型は分譲住宅やマンション、都市開発などの事業となります。
最後に国際事業は3889億円と前期の3706億円から増加していました。

コアビジネスの更なる深化と新規事業への挑戦が今後の基本方針となっており、
請負型ビジネス、ストック型ビジネス、開発型ビジネスの3つの柱を
国内と国際の二つで、計6つの柱の有機的成長で持続的な成長を目指すようです。

また、6月9日に第1四半期決算が発表されました。
売上高は7436億円、営業利益は877億円、最終利益は574億円となりました。
売上高は前年同期比でプラス22%、営業利益は同プラス60%、
最終利益は同プラス58.移動平均線とは 9%と大幅に伸びています。

このチャートをどう見るか?

大局の強気と弱気の分岐点とされる
200本EMA(指数平滑移動平均線)と価格の推移を見ていきましょう。
チャートは日足なので、200本EMAは200日EMAとなります。
200日EMAと価格の関係を見ると、コロナショックの後に二番底を付けて、
200日EMAは緩やかに右肩下がりの動きになりました。
その後、価格の上昇に伴って200日EMAは右肩上がりの動きになっていきました。
2022年の年初に高値を付けてからは価格の下落と共に200日EMAも右肩下がりになりました。
現在は、価格の上昇によって横ばいに動きになってきています。

次にステージを見ていきましょう。
200日EMAが右肩上がりのときには、上昇期である第1ステージの期間が
やや長くなっていますが、それでも、ステージがコロコロと変化しています。
直近の動きをみても下降期である第4ステージがしばらく続いていましたが、
ここにきて上昇期である第1ステージへ移行していきました。

では、直近の動きを見てみましょう。
下降期である第4ステージから切り返しが入り、
そこから9本横ばいの動きになっていました。
そこから、1本大きな陽線で上放れてきました。 移動平均線とは
ポイントは、今年の3月の高値を更新出来るかどうかです。
もし、更新出来たとしても、今年の1月の高値を突破しなければ
上昇トレンドが継続とはなりません。

【FXのテクニカル分析】価格追従性が非常に高いテクニカル指標『ハル移動平均線(HMA)』について徹底解説してみた

FX ハル移動平均線(HMA)

FXのテクニカル分析

ハル移動平均線(HMA)とは

FX ハル移動平均線(HMA)

移動平均線は、一定期間の価格の終値の平均値を繋ぎ合わせたテクニカル指標です。 移動平均線はFX初心者からFX上級者までテクニカル分析で活用されています。 今回は、移動平均線の種類・期間・組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

FX ハル移動平均線(HMA)

ハル移動平均線(HMA)の計算式

ハル移動平均線(HMA)の特徴

価格変動への反応が早い

ノイズ除去しておりなめらかな曲線を描く

逆張りでは機能しない

スキャルピングもスイングにも機能する

ハル移動平均線(HMA)の活用方法

FX ハル移動平均線(HMA)

FX ハル移動平均線(HMA)

トレンドの押し目買いや戻り売りで利用する

トレンド方向に従って『押し目・戻り』からの反転を確認してエントリーを行います。

押し目買い

FX ハル移動平均線(HMA)

〜押し目買いの手順〜
①:チャートの上から短期・中期・長期の順番に並ぶ上昇トレンドを確認
②:HMAが中期を割り込む(=押し目を付ける)のを待つ
③:短期HMAが中期を割り込んで、再び上昇をし始める場所で買いエントリー

FX ハル移動平均線(HMA)

〜戻り売りの手順〜
①:チャートの上から長期・中期・短期の順番に並ぶ下降トレンドを確認
②:HMAが中期を割り込む(=押し目を付ける)のを待つ
③:短期HMAが中期を割り込んで、再び下降をし始める場所で売りエントリー

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる