FX初心者スレ

ブローカー契約管理

ブローカー契約管理
アプリケーションに対応しているOSは Windows 、macOS、Android、iOSです。

デロイト トーマツ、中央大学サッカー部・バスケットボール部と共同研究を開始

デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、グループCEO:木村研一 以下、デロイト トーマツ)は、一般社団法人 CHUO SOCCER GROUP(東京都八王子市、代表理事:佐藤健 以下中央大学サッカー部)、一般社団法人CHUO BASKETBALL CLUB(東京都八王子市、代表理事:松山繁 以下中央大学バスケットボール部)と試合の戦術や選手のコンディション管理に関する共同研究を開始しました。

この度の共同研究において、デロイト トーマツはアスリート支援の領域で有するデータアナリティクスの知見とDeloitte AI Instituteが有する画像認識、行動予測などの分野における知見を活かし、選手が試合で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、フィジカルデータや映像、試合データを活用した分析により競技力向上をサポートします。

デロイト トーマツは、大学スポーツの高度化、マーケット拡大に貢献することで、学生自身ひいては一般の個々人のスポーツ参加や観戦体験機会を増やし、心身の充実や健康寿命の延伸などで自らのAspiration Goalに掲げるWell-being社会の実現に貢献します。

■中央大学サッカー部について

1927 年に創部され、大学サッカー界をリードしてきた伝統校のひとつである。2016 年から6年間で 24 人が ブローカー契約管理 J クラブに入団しており、日本代表選手も輩出している。現在は関東大学サッカーリーグ2部所属であるが、来年の1部復帰を目指している。選手 109名、学生スタッフ 21 名。

■中央大学バスケットボール部について

■デロイト アナリティクスについて

デロイト アナリティクス(Deloitte Analytics)は、デロイトがグローバルに提供するサービスのひとつであり、全世界で約20,000人、国内では約300名の専門家が従事する、アナリティクスを活用したコンサルティングサービスです。アナリティクス専門家の知見と、監査・コンサルティングによる深い業界知識が、実態に即した分析・実行可能なプラン策定を可能にします。

■Deloitte AI Instituteについて

Deloitte ブローカー契約管理 AI Instituteは人がAIと協調することでデータから新たな価値を生み出す社会を実現することを目的に、そのための研究活動と国内外のAI専門家とのネットワーク形成を行っていきます。

■デロイト トーマツ グループのスポーツビジネスの取り組み

プロフェッショナル

神津 友武/Tomotake Kozu

神津 友武/Tomotake Kozu

デロイト トーマツ グループ パートナー

有限責任監査法人トーマツ パートナー。物理学の研究員、コンサルティング会社を経て、2002 年から有限責任監査法人トーマツに勤務。 金融機関、商社やエネルギー会社を中心にデリバティブ・証券化商品の時価評価、定量的リスク分析、株式価値評価等の領域で、数理統計分析を用いた会計監査補助業務とコンサルティング業務に多数従事。 現在は金融、エネルギー、製造、小売、医薬、公共等の領域で、デロイト トーマツ グ. さらに見る

報道機関の方からの問い合わせ先

デロイト トーマツ グループ 広報担当 真木、高橋
Tel: 03-6213-3210 Email: [email protected]

デロイト ブローカー契約管理 トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社ならびにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約30都市以上に1万5千名を超える専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、それぞれ法的に独立した別個の組織体であり、アジア パシフィックにおける100を超える都市(オークランド、バンコク、北京、ハノイ、香港、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、メルボルン、大阪、ソウル、上海、シンガポール、シドニー、台北、東京を含む)にてサービスを提供しています。

アクセスブローカー台頭時代、アイデンティティ管理のベストプラクティス ~ 点ではない線(運用視点)の技術検証

かつて Cylance ブローカー契約管理 ブローカー契約管理 が市場に登場したとき、とりわけ目を引いたのは、それが AI で駆動することと同じくらいあるいはそれ以上に、彼らが講演等々で繰り返し行った、既存アンチウイルス製品との性能比較をバトル形式で行うデモンストレーションだったと思う。「検証」と称して Norton や McAfee などの名だたる大物アンチウイルスと比較デモを行うさまは刺激的な眺めであり、少なくないセキュリティ管理者はあれを、ヘビー級のタイトルマッチのようなエンタメとして見ていた側面があったと思う。

こうした闘技場的な製品評価と対極にあると思えるのが、今回紹介する製品評価レポート「技術検証:CrowdStrike Falcon Identity Protection でリスクを削減」だ。同レポートは IT アナリスト企業、米 Enterprise Strategy Group 社が 2021 年 7 月に発行した報告書で、執筆者はシニアアナリスト Jack Poller。この手のレポートに個人名がクレジットされることは珍しい。

アクセスブローカーの登場によって、アイデンティティ&アクセスマネジメントという、これまでどちらかといえば事務的だった IT 管理領域が、ふと気づくと物騒で血なまぐさい戦場に変わっていた。攻撃者は正規のクレデンシャルを用いて悠々と執務室に入場してくる。アイデンティティ管理とその保護というジャンルが、CrowdStrike が本腰を入れて取り組むような時代になったともいえる。

Enterprise Strategy Group によるこのレポートは、最高時速の数値で一喜一憂するような視点とは真逆の、長く続く日々のセキュリティ運用の視点から書かれたものであり、これまでありそうでなかった資料となっている。

レポートは今回の技術評価対象製品である「CrowdStrike Falcon Identity Protection」の製品アーキテクチャの図示に始まり、同製品の利用による期待成果を挙げることから始まる。

Enterprise Strategy Group は、本レポートの目次部分に、本レポートの技術検証の目的は、新しいテクノロジーへの洞察を提供することにあり、製品の特徴や機能を検討し、顧客が抱える問題を解決する方法や改善が必要な領域を特定することにあるという、一種利用規約めいた文言を記載しており、これがこのレポートの特徴を的確に語っている。一般的にこういうレポートにありがちな、製品を手放しに翼賛するような要素があまり存在しない。

だから、たとえ別の製品でアイデンティティ&アクセス管理業務を行っているとしても、現在の運用を改善し、より安全性を向上させるヒントを本レポートから得ることもできるし、アクセスブローカーなどという専門業者がなりわいとして成立するような時代に、一体どこを見て、どこを見なくてもいいのかを、短時間で知る手引きとして使えるかもしれない。ページ数も 17 ページとコンパクトである。

ー 目次 ー
はじめに … 3
背景 … 3
CrowdStrike Falcon Identity Protection … 4
ESG技術検証 … 5
Active Directoryアイデンティティを即時に分析 … ブローカー契約管理 5
LDAP Signing is not Required(LDAP署名が不要)
Show related entities(関連エンティティを表示)
Privileged(特権ユーザーに関するインサイト)
Custom ブローカー契約管理 ブローカー契約管理 Insights(カスタムインサイト)
脅威の検知 … 8
Possible Compromised Domain(侵害された可能性のあるドメイン)
Exceptions(例外)
Threat Hunter(脅威ハンター)
Suspicious Movement(不審な動き)
脅威の防御 … 12
脅威やラテラルムーブメントを防御するポリシー作成
まとめ … 16

日本パープル、アドビの電子サインサービスと契約書管理「ConPass」を連携

コロナ禍で注目の「メタバース」、経産省レポートに見る現状と法的課題

The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'ブローカー契約管理 ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。 ブローカー契約管理
[ 閉じる ]

リアルタイムのイベントドリブン型企業を支援


COVID-19 has resulted in unprecedented trading volumes and volatility, but even as we’ve climbed from 65 billion messages a day to over 118 billion, we’ve had no outages or degradations in performance in our critical market data and messaging applications. Our Solace messaging and eventing platform took the data increases in stride.”

Joshua Carroll
Managing Director, Head of Architecture, RBC Capital Markets

Harmeen Mehta 氏

Harmeen Mehta氏、CIO

Kenneth Chau氏


「Solaceにより、この地域の主要なバーチャル銀行となるという目標の達成に欠かせない拡張性を獲得できました。マイクロサービスアーキテクチャにより、WeLab Bankは、GoSave やアジア初のナンバーレスデビットカードの1つであるWeLab Debit Cardといった革新的なサービスを創出できました。Solaceの安全性と拡張性に優れたメッセージング機能は、当行がデジタル銀行サービスを市場に投入するうえで、その時間の短縮に極めて大きな役割を果たしています。その有益性は、当行が今後提供するデジタル銀行サービスにおいても変わらないでしょう」

Kenneth Chau氏
WeLab Bank CTO

Jason Junsung Ki氏
Standard Chartered Bank Korea シニアバイスプレジデント兼イノベーション担当

Azure Virtual Desktop (旧 WVD)とは?
メリット、費用、事例など一挙解説!

Azure Virtual Desktop

※2022年3月10日更新

パンデミックや自然災害対策をしたい、セキュリティを強化した業務環境を整備したい、協力会社様用の一時的な環境の用意したい…などのニーズから、DaaS(Desktop as a Service)を導入する企業様が増えています。

その中で、マイクロソフトのDaaS「Azure Virtual Desktop (AVD, 旧 Windows Virtual Desktop / WVD)」を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?
今回は、そのAVDについて概要、特長から必要な要素や費用、さらに構成パターンやアップデートされている管理機能にいたるまで一挙解説していきます!

1. Azure Virtual ブローカー契約管理 Desktopとは

Azure Virtual Desktop(以下AVD)は、2019年にMicrosoft社が発表したデスクトップ仮想化(VDI)サービスです。その中でも、デスクトップ環境をクラウド上で展開するDesktop as a Service(DaaS)と呼ばれる分野のサービスとなります。2021年にWindows Virtual Desktop (WVD)という名称からAzure Virtual Desktop に変更になりましたが、同じ製品を指します。

2. AVDのメリット

① 管理コンポーネントはMicrosoftが管理で運用負荷が軽減される
AVDの管理範囲

② Windows 10 マルチセッションによるコスト削減を実現

VDIとAVDの比較イメージ

またAVDの大きな特徴として、VDIを動かす仮想マシンのリソースをユーザーで共用するWindows 10のマルチセッションを利用できる点があります。

通常、Windows 10などのクライアントOSのVDIを利用するときは、仮想マシン1台に対してを1人の固定したユーザーを割り当てる必要がありますが、マルチセッション接続対応のWindows 10では、1台の仮想マシンで複数のユーザーにVDIを提供し共同で利用することができます。
クラウドを利用する際は従量課金制なため、仮想マシンの台数が多ければ多いほど金額上がりますので、マルチセッションを用いて仮想マシンの台数を抑えらることでコスト削減が見込まれるのです。

③VDI上でも、制限なくOffice 365 を利用可能

マイクロソフトの1st-Party製品であるAVDは、同じくマイクロソフト製品のOffice製品と相性が良いです。
他のVDI製品の場合、一部機能が利用できない、追加でライセンスを購入しないといけない、等の制限がかかることが多いですが、AVDならサブスクリプション版の“Office 365”を追加料金なしで機能制限もなくそのまま持ち込んでいただけます。
E5シリーズのセキュリティ機能もAVD上でお使いいただけますので、セキュリティ強化をお考えの企業様にもぴったりです。

④CitrixやVMware Horizonをアドオンして機能強化できる

VDIといえば、Citrix社やVMware社の製品が有名ですが、AVDにもその機能をアドオンすることができます。それぞれ、「Citrix ブローカー契約管理 Cloud with AVD」「Horizon Cloud with AVD」と呼ばれ、より充実した機能を利用することができるようになります。
もちろんCitrix Cloud with AVDやHorizon Cloud with ブローカー契約管理 AVDでも、マルチセッションなどのメリットはそのまま利用していただけます。
メリットはそのまま、ご要件に応じてカスタマイズできるのもAVDの特長です。

AVD、Citrix Cloud、Horizon Cloudの具体的な違いを知りたい方は比較資料 >もチェックしてみてください。

\ AVDの概要まとめました /

3. AVDを利用するための要件

①AVD利用に必要なライセンス

  • Microsoft 365 F3/E3/E5/A3/A5/Business ブローカー契約管理 Premium
  • Windows 10 Enterprise E3/E5/A3/A5

<参考情報>
・AVD で利用できるライセンスが知りたい
・自社の要件に合うライセンスを精査したい
・どのライセンスで何が実現できるか知りたい
という方へ、VDI on Azure で使えるマイクロソフトライセンスの比較表もございます。ぜひご覧くださいませ。
VDI on Azure で利用できる!マイクロソフトライセンス比較表>

②Azure サブスクリプション

③Azure上のリソース

4. AVDのアーキテクチャと費用

AVD構成要素イメージ

①Microsoftが管理する要素

  • Web Access:利用者がAVDを利用する際にアクセスするサイトをホストします。
  • Diagnostics:セッションごとの利用状況を監視します。
  • Gateway:クライアントデバイスおよびセッションホストVMとSSLトンネルを確立し、安全な通信経路を提供します。
  • Broker:ユーザーごとに割り当てられたリソースへセッションを割り振ります。
  • Azure SQL Database:接続するユーザーの情報を保存します。

②ユーザーが管理する要素

  • Desktops:デスクトップ環境を提供する仮想マシン。
  • Applications:アプリケーションを提供する仮想マシン。
  • ADDS:ユーザー認証を⾏うための基盤。オンプレミスの環境に置く場合は、オンプレミスと通信するためのゲートウェイなども必要となります。
  • User Profile:ユーザーごとの環境情報を保存するためのストレージ。

5. AVD構成パターン例

①オンプレミスのADで認証を行う構成パターン

オンプレミスのADで認証を行う構成パターンイメージ

オンプレミス環境でADを運用しており、ユーザ情報や認証設定をAVDでも継承したい場合におすすめの構成です。この構成ですと、AVDのVMからオンプレミスのリソースへアクセスすることも可能です。ちなみに、AADC(Azure Active Directory Connect)はAzure・オンプレミスのいずれにも配置することができます。

②オンプレミスのADと同期し、AADDSで認証を行う構成パターン

オンプレミスのADと同期し、AADDSで認証を行う構成パターンイメージ

オンプレミスのADのユーザー情報を利用しつつ、オンプレミス環境とAzureを接続せずにAVDを利用したい場合の構成です。AADCはインターネット経由でAzure ADと同期する必要があります。AADDS(Azure Active Directory Domain Services)はAzure ADからユーザー情報を同期し、AVDのVMからのAD認証に応答します。

③Azure上に構築したADで認証を行う構成パターン

Azure上に構築したADで認証を行う構成パターンイメージ


似た名前、機能を持つリソースがありますので混乱される方もいらっしゃるかと思います。
「Azure AD、Active Directory、AADDSの違いは?」「Azure AD Connect役割とは?」と疑問をお持ちの方に向けたブログがありますので、ぜひ参考にしてみてください。
Active Directory?Azure Active Directory?混乱ポイントを整理!>

6.AVDに対応するOSと接続方法

AVDはWindowsに限らず、mac OS、Android、iOSにも対応しています。最近では、Mac OSでもRemote Desktopアプリケーション利用時にTeams最適化が利用可能になるなど、Windows以外のOSでも利便性が高まってきています。

Azure Virtual Desktopを使えるOS一覧

アプリケーションに対応しているOSは Windows 、macOS、Android、iOSです。

対応ブラウザ

ブローカー契約管理 ブローカー契約管理
OS ブラウザ 備考
Windows Edge
IE
Chrome
Firefox バージョン55以上
Mac Chrome
Firefox バージョン55以上
Safari
LinuxChrome
Firefox バージョン55以上
ChromeOS Chrome

7.AVDを試したい方へ

  • 長期的に安心してつかえるVDI環境を導入いただくためのPoCを全面サポート
  • 最短1カ月でPoC環境を構築できる
  • マイクロソフト社の支援金を利用可能で、初期費用100万円が最大無償

この記事を書いた人

Azure導入支援デスク 編集部 こんにちは!日商エレクトロニクスでは、Microsoft Azure活用に関する有益な情報を皆様にお届けしていきます。Azure移行、データ活用、セキュリティなどに関するお困りごとや、Microsoft Azureに関する疑問点などお気軽にご相談ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる