オプショントレーダー

バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧

バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧
業者一覧

RBA(オーストラリア中銀)政策金利、利上げ幅予想はバラツキ

-RBA(オーストラリア中銀)政策金利、利上げ幅予想はバラツキ-
本日のイベントは、中国サービス業PMI、日本10年国債入札、RBA(豪中銀)政策金利、ベイリーBOE総裁記者会見が予定されています。特に注目すべきは、豪政策金利です。
RBA(豪中銀)は、今年5月に0.25%、6月に0.5%、それぞれ利上げしています。特に、6月は市場の大勢が「0.25%利上げ」を予想していたため、豪ドル円は大幅利上げサプライズから95.33円から96.12円へ、発表直後に一時急上昇しました。前回のサプライズ大幅利上げを受けて、市場は「7月の0.75%利上げ」を織り込む動きが続いていましたが、ロウRBA総裁が「7月会合では0.25%か0.5%の利上げについて議論されるだろう」と発言したことで、「7月の0.75%利上げ」期待は大きく後退しています。7月4日時点の短期金融市場を確認すると、本日の会合では「0.25%利上げ」を4割、「0.5%利上げ」を6割程度織り込んでいる状態で、市場予想が割れていると考えられます。本日のRBA政策金利は、市場予想が割れていることから、どんな結果でもサプライズに感じる市場参加者が一定数いると考えられるため、「0.25%利上げ」なら豪ドル売り、「0.5%以上の利上げ」なら豪ドル買いへ、素直に動く可能性が高いと感がられます。本日13時半に発表されるRBA政策金利の結果に注目して、本日も取引に挑みたいです。

ドル円の底堅さは揺るがないか、米雇用統計を受けた上昇シナリオと注目ポイントは

ユーロ一段安、ECB議事要旨から流動的な金利見通しを探れるか

ユーロ急落、今夜IMS非製造業指数次第でリスクオフ加速か

米雇用統計ウィーク

7月突入、近づく米FOMCに向けた思惑とシナリオは

米PCE、7月の75bp利上げを後押しするか

パウエルFRB議長・ラガルドECB総裁・ベイリーBOE総裁らのECBフォーラム討論に注目

G7首脳陣の記者会見、インフレ材料には注意

米利上げとリセッション懸念

日米イベントから推察するドル・円の方向感

各国イベント豊富な1日、ドル円は高値圏での攻防に注目

ドル円は136円台に到達、本日からのパウエルFRB議長発言に注目

米国休場明け、豪RBA総裁と米FRB要人発言に注目

広がる日米金利差

日銀金融政策決定会合から再度円安へシフトするか

0.75%利上げがもたらす各国中銀の積極的な利上げ観測

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

RBA(オーストラリア中銀)政策金利、利上げ幅予想はバラツキ

-RBA(オーストラリア中銀)政策金利、利上げ幅予想はバラツキ-
本日のイベントは、中国サービス業PMI、日本10年国債入札、RBA(豪中銀)政策金利、ベイリーBOE総裁記者会見が予定されています。特に注目すべきは、豪政策金利です。
RBA(豪中銀)は、今年5月に0.25%、6月に0.5%、それぞれ利上げしています。特に、6月は市場の大勢が「0.25%利上げ」を予想していたため、豪ドル円は大幅利上げサプライズから95.33円から96.12円へ、発表直後に一時急上昇しました。前回のサプライズ大幅利上げを受けて、市場は「7月の0.75%利上げ」を織り込む動きが続いていましたが、ロウRBA総裁が「7月会合では0.25%か0.5%の利上げについて議論されるだろう」と発言したことで、「7月の0.75%利上げ」期待は大きく後退しています。7月4日時点の短期金融市場を確認すると、本日の会合では「0.25%利上げ」を4割、「0.5%利上げ」を6割程度織り込んでいる状態で、市場予想が割れていると考えられます。本日のRBA政策金利は、市場予想が割れていることから、どんな結果でもサプライズに感じる市場参加者が一定数いると考えられるため、「0.25%利上げ」なら豪ドル売り、「0.5%以上の利上げ」なら豪ドル買いへ、素直に動く可能性が高いと感がられます。本日13時半に発表されるRBA政策金利の結果に注目して、本日も取引に挑みたいです。

ドル円の底堅さは揺るがないか、米雇用統計を受けた上昇シナリオと注目ポイントは

ユーロ一段安、ECB議事要旨から流動的な金利見通しを探れるか

ユーロ急落、今夜IMS非製造業指数次第でリスクオフ加速か

米雇用統計ウィーク

7月突入、近づく米FOMCに向けた思惑とシナリオは

米PCE、7月の75bp利上げを後押しするか バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧

パウエルFRB議長・ラガルドECB総裁・ベイリーBOE総裁らのECBフォーラム討論に注目

G7首脳陣の記者会見、インフレ材料には注意

米利上げとリセッション懸念

日米イベントから推察するドル・円の方向感

各国イベント豊富な1日、ドル円は高値圏での攻防に注目

ドル円は136円台に到達、本日からのパウエルFRB議長発言に注目

バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧 バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧 米国休場明け、豪RBA総裁と米FRB要人発言に注目

広がる日米金利差

日銀金融政策決定会合から再度円安へシフトするか

バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧 0.75%利上げがもたらす各国中銀の積極的な利上げ観測

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

【低スプレッド&高スワップ】GMOクリック証券の特徴やデメリットを徹底解説!

GMOクリック証券|FX取引高世界第1位

業者一覧

GMOクリック証券|FX取引高世界第1位

  • 低スプレッド&高スワップポイント で、短期〜長期売買まで対応!
  • 操作性が抜群のスマートフォンアプリ を利用できる。
  • CFDの分析もできる、 高性能なプラチナチャートを提供 。
  • 気軽なお試しにうれしい、 デモトレード対応 !
  • 超高速 「スピード注文」 で取引チャンスを逃がさない。
スプレッドと基本情報
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/米ドル
0.2銭 原則固定 0.5銭 原則固定 1.0銭 原則固定 0.6銭 原則固定 0.4pips 原則固定
通貨単位初回入金額通貨ペアデモ口座取引ツール
10,000
通貨単位
指定なし20
通貨ペア
Windows Mac
iPhone iPad Android

高評判の実力!FX取引高は世界第1位!

そんな国内市場において、 * 2021年のFX取引高が世界1位、国内では10年連続1位の取引高を誇るのがGMOクリック証券 です。

GMOクリック証券 2021年FX取引高世界1位

  • FXだけではなく、 株式、CFD、バイナリーオプション、先物など金融商品が豊富 。
  • 業界を引率する高性能スマホアプリを提供!
  • 国内最狭水準を誇る 低スプレッド 。
  • 業界屈指の高スワップポイント で、スワップポイントだけを出金することが可能。
  • 比較チャートも搭載 する、高機能プラチナチャート!
  • スマホアプリからインストール版取引ツールまで、 バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧 全てのツールで直感的な発注 ができる。
  • 配信ニュースが豊富 なので、スイングトレードとも相性がいい。
  • GMO顔認証eKYC(スマホでかんたん本人確認)対応により、 最短で当日から取引可能!

株式、CFD、バイナリーオプションと金融商品が多彩

GMOクリック証券は、 バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧 金融商品の豊富さで圧倒する総合ネット証券 です。

GMOクリック証券は金融商品が抜群に多い!

スマホアプリが使いやすい!

国内初となる分割可能な4画面チャートにより、 最大16チャートの表示が可能 で、複合注文もチャート上で視覚的に設定できます。

4つのタブに2〜4分割チャートの設定が可能!

最大4分割できる4画面チャート

チャート上で視覚的に発注できる。

利食い・損切りラインが分かりやすい!

スパンモデルとスーパーボリンジャーを搭載!

スパンモデルとスーパーボリンジャーを搭載!

低スプレッドで国内最狭水準を引率

通貨ペア名*スプレッド
米ドル/円0.2銭
ユーロ/円0.5銭
ポンド/円1.0銭
豪ドル/円0.6銭
NZドル/円1.2銭
カナダドル/円 *1
スイスフラン/円 *1
トルコリラ/円 *1
南アフリカランド/円0.9銭
メキシコペソ/円0.2銭
ユーロ/米ドル0.4pips
ポンド/米ドル1.0pips
豪ドル/米ドル0.バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧 9pips
NZドル/米ドル1.6pips
ユーロ/ポンド *1
ユーロ/豪ドル *1
ポンド/豪ドル *1
ユーロ/スイスフラン *1
ポンド/スイスフラン *1
米ドル/スイスフラン *1

スプレッドはどの通貨ペアも業界最狭水準となっているため、 低コストでデイトレードできることが魅力 のひとつです。

高スワップポイント&スワップのみ出金可能!

低スプレッドだけではなく、 スワップポイントも業界屈指の高水準で提供 されています。
そのためスイングトレードやポジショントレードといった、長期保有する売買スタイルにもマッチする業者です。

通貨ペア売りスワップ買いスワップ
米ドル/円-70円67円
ユーロ/円4円-7円
ポンド/円-74円71円
豪ドル/円-35円32円
NZドル/円-46円43円
カナダドル/円-54円51円
スイスフラン/円-13円10円
南アフリカランド/円-120円90円
トルコリラ/円-25円22円
メキシコペソ/円-140円110円
スワップポイント取得日・記載日:2022年7月4日
※南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は10万通貨あたりのスワップポイントを記載。

特筆すべきが、買いスワップポイントの高さだけではなく、 「売りスワップポイントの低さ」 も挙げられます。
これにより、マイナス方向で保有してもスワップポイントの支払いが抑えられているため、他社よりも保有コストが少なく済みます。

ポジションはそのままに、スワップのみ出金も可能。


さらにGMOクリック証券では、 ポジションを決済することなく「スワップポイントのみ出金」が可能 です。

IV. 監督上の評価項目と諸手続(第一種金融商品取引業)

(参考)「金融審議会 市場制度ワーキング・グループ 第二次報告―コロナ後を見据えた魅力ある資本市場の構築に向けて―」(2021年6月18日)
〔M&A関係〕
・証券会社等がM&Aにおいて買手候補に対してアドバイザリー業務を行いつつ、自己又はその親子金融機関等が競合する別の買手候補に対して融資を行い、又は売手側(対象会社およびその親会社・スポンサーを含む。以下同じ。)に対して既に融資残高がある場合。
・証券会社等がM&Aにおいて売手側に対してアドバイザリー業務を行いつつ、単独又は複数の買手候補に対して自己又はその親子金融機関等が融資を行う場合。
・M&Aにおいて買手候補及び売手側の双方に対して証券会社等又はその親子金融機関等がアドバイザリー業務を行う場合。
〔引受関係〕
・事業会社が有価証券(普通社債、劣後債、新株予約権 、新株予約権付社債を含む。)の発行により資本市場での資金調達を行う際、証券会社等がその主幹事を務めつつ、自己又はその親子金融機関等が当該事業会社に対して融資を行っている場合。
・証券会社等又はその親子金融機関等が引受けや顧客の有価証券発行に関する助言等を行いながら、証券会社等又はその親子金融機関等が他の顧客に当該有価証券の取引の推奨を行う場合。
〔その他〕
・証券会社等又はその親子金融機関等が発行又は組成する有価証券を、当該証券会社等が顧客に推奨・販売する場合。
・証券会社等又はその親子金融機関等が顧客に対して資本市場での資金調達に係る引受けや助言等、M&Aに係るアドバイザリー業務の提供、又は融資を行いながら、当該証券会社等が当該顧客に関するリサーチレポートを他の顧客に対して提供する場合。

(3) 利益相反管理の方法

(4) 利益相反管理方針の策定及びその概要の公表

(5) 人的構成及び業務運営体制

(バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧 6) 監督手法・対応

IV-2 財務の健全性等(第一種金融商品取引業)

IV-2-1 自己資本規制比率の正確性

(1) 劣後債務・劣後特約付社債の適格性について

(2) 控除資産から控除する担保金等について

(3) リスク相当額の把握について

(4) 貸付有価証券の確認

(5) 暗号資産及び電子記録移転有価証券表示権利等の基礎的リスク相当額について

IV-2-2 金融商品取引業者の自己資本規制比率が法令に定められた水準を下回った場合の監督上の対応

IV-2-3 市場リスク管理態勢

(1) 主な着眼点

(2) 監督手法・対応

(3) 具体的取扱い

イ. 日本国 日経平均株価、日経300指数、東京証券取引所株価指数

ロ. アメリカ合衆国 S&P500種

ハ. イタリア共和国 MIB30指数

ニ. オーストラリア連邦 ASX200指数

ヘ. カナダ S&Pトロント総合指数

ト. グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 FT100指数

リ. スウェーデン王国 OMX指数

ヌ. スペイン IBEX35指数

ル. ドイツ連邦共和国 DAX指数

ヲ. フランス共和国 CAC40指数

ワ. ベルギー王国 BEL20指数

カ. 香港特別行政区 ハンセン指数

i) 市場規模と自己の投資額とを比較し、過大なシェアとなっていないかを確認すること
ii) ヒアリング等を通じて、市場のビッド・オファー・スプレッドや実際に売却可能な価格水準を把握すること
iii) 各種指数等(証券化商品のインデックス等)の分析により市場環境の変化をモニターすること
iv) 市場流動性枯渇に関するストレスシナリオを作成し、証券化ポートフォリオの損益等を確認すること

IV-2-4 取引先リスク管理態勢

(1) 主な着眼点

(2) 監督手法・対応

(3) 具体的な取扱い

(4) 非清算店頭デリバティブ取引

IV-2-5 流動性リスク管理態勢

(1) 主な着眼点

(2) 監督手法・対応

IV-2-6 早期警戒制度

(1) 自己資本規制比率の変動

(2) 有価証券の価格変動

(3) 為替変動の影響等

(4) 監督手法・対応

IV-3 業務の適切性(第一種金融商品取引業)

IV-3-1 有価証券関連業に係る業務の適切性

IV-3-1-1 法令等遵守態勢

IV-3-1-2 勧誘・説明態勢

(1) 説明書類に係る留意事項

(2) 有価証券の受渡状況その他の必要情報の通知に係る留意事項

(3) 高齢顧客への勧誘に係る留意事項

(4) 投資信託の勧誘に係る留意事項

(5) 投資信託の乗換えに関する重要事項の説明に係る留意事項

(6) 債券の売出し等の際の重要事象の説明に係る留意事項

(7) 証券化商品の販売に係る留意事項(証券化商品の追跡可能性(トレーサビリティ)の確保)

(8) 少額投資非課税制度を利用する取引の勧誘に係る留意事項

(9) 特定資産以外の資産を投資対象の一部とする投資信託等の販売に係る留意事項

イ.非特定資産を連想させるような名称が付された商品を販売すること。
ロ.非特定資産への投資を強調した勧誘を行い販売すること。
ハ.投資家が非特定資産等の保有リスクを負うにもかかわらず、十分なリスク説明や顧客の理解度を確認しないまま、理解度が不十分な顧客に対し販売すること。

(10) 金商業等府令第70条の2第7項に定める業務管理体制の整備に係る留意事項

(11) 営業員の業務上の評価に係る留意事項

(12) 監督手法・対応

IV-3-1-3 取引一任契約等

(1) 関係外国証券業者との取引一任契約に係る留意事項

(2) 証券会社等の特定同意の範囲について

(3) 監督手法・対応

IV-3-1-4 親子法人等との非公開情報の授受

(1) 法人顧客に対するオプトアウトの機会の提供

(2) 上場企業等に対するオプトアウトの機会等の周知

(3) オプトイン(非公開情報の共有の同意)の取得

(バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧 4) 親子法人等との非公開情報の授受に係る留意事項

証券会社等又は非公開情報の授受を行う親子法人等の営業部門その他の非公開情報を用いて業務を行う部門の役職員が、いずれか一の法人等においてアクセスできる非共有情報(当該法人等以外の法人等が同様の情報を有していないものに限る。)を利用して、当該法人等以外の法人等の役職員として顧客に対する勧誘等を行わないことを確保するための措置が講じられているか。
なお 、証券会社等とその親子法人等の兼職者が、いずれかの兼職先の法人等が有する非共有情報(他の兼職先が同様の情報を有していないものに限る。)を当該他の兼職先における業務に関して顧客や役職員等(当該兼職者と同様に兼職を行っている者を除く。)に伝えるといった行為は、これら法人間における非共有情報の授受に該当する。加えて、Need to Know原則(Ⅲ-2-4(1)①参照)を踏まえ、そもそも兼職者による業務遂行上の必要性のない情報へのアクセスや兼職者間での当該情報の利用が行われないことを確保するための態勢が整備されているかという点にも留意する必要がある。
また、兼職者が新たに非公開情報を取得した場合、当該兼職者のいずれの兼職先の法人等において取得した非公開情報として取り扱うか、取得に至った経緯や顧客の認識を踏まえ、適切に判定するものとする。
さらに、こうした手続きについて、兼職者への研修の実施等により、周知徹底を図るものとする。

(5) 内部管理業務等を行うために必要な非公開情報の授受に係る留意事項

(6) バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧 優越的地位の濫用防止

  • ・顧客に対して、自社との取引に応じなくとも、今後の親子銀行等との取引に影響を与えるものではない旨を明確に説明する措置。
    ・親子銀行等の優越的地位の不当利用に関する事後的な検証が可能となるよう、顧客との応接録を適切に作成・保存する措置。

(7) 金商業等府令第32 条の解釈について

イ. 店舗等の不動産及び設備の取得、所有、賃貸借、保守、警備及び 管理業務

金商業等府令第32 条第2号に規定する「専ら次に掲げるいずれかの者の業務の遂 行のための業務」とは、経営管理上の判断等を伴うことのない上記に掲げる業務(ハ を除く。)をいう。

(バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧 8) 監督手法・対応

証券会社等と親子法人等との間の非公開情報の授受や証券会社等による親子銀行等の取引上の優越的地位の不当利用に関して、日常の監督事務や事故届出等を通じて把握された課題については、深度あるヒアリングを行うことや、必要に応じて金商法第56条の2第1項の規定に基づく報告を求めることを通じて、証券会社等における自主的な改善状況を把握することとする。また、公益又は投資者保護の観点から重大な問題があると認められる場合には、金商法第51条の規定に基づく業務改善命令を発出する等の対応を行うものとする。更に、重大・悪質な法令違反等が認められる等の場合には、金商法第52条第1項の規定に基づく業務停止命令等の発出も含め、必要な対応を検討するものとする。
なお、証券会社等による親子銀行等の取引上の優越的地位の不当利用については、優越的地位の濫用防止に係る情報収集窓口に寄せられた情報、親子銀行等の監督部局が行った融資先企業ヒアリングの結果など、様々なチャネルを活用して収集した金融サービス利用者の声のほか、メディア報道や外部からの照会等を含めた外部情報を分析し、重点的にモニタリングを実施することとする。 また、親子銀行等においても銀行法施行規則第14条の11の3第3号に基づき、親子銀行等の銀行としての取引上の優越的な地位を濫用して、取引の条件又は実施について不利益を与える行為が禁止されており、これは金商業等府令第153条第1項第10号と同趣旨であることから、同様の目線や着眼点で検査・監督を行う必要があるため、親子銀行等の監督部局及び証券取引等監視委員会と十分に連携する必要があることに留意する。また、独占禁止法に規定される優越的地位の濫用の禁止を踏まえ、検査・監督の目線や着眼点、手法について、公正取引委員会と定期的な意見交換を実施する。

IV-3-1-5 誤認防止措置

(1) 他の金融機関との誤認防止措置に係る留意事項

(2) 監督手法・対応

IV-3-1-6 業務継続体制(BCM)

(1) 意義・対応

金融商品市場の仲介者として、重要な役割を果たしている証券会社等においては、危機発生時において、迅速な復旧対策を講じ、必要最低限の業務の継続を確保する等適切な対応を行うことが、国民生活・経済にとっても極めて重要であることから、平時より業務継続体制(Business Continuity Management;BCM)を構築し、危機管理(Crisis Management;CM)マニュアルの策定等を行っておくことが必要である。こうした観点から、証券会社等の監督に当たっては、その業容に応じ、例えば以下の点に留意して、その適切性について検証することとする。

【低スプレッド&高スワップ】GMOクリック証券の特徴やデメリットを徹底解説!

GMOクリック証券|FX取引高世界第1位

業者一覧

GMOクリック証券|FX取引高世界第1位

  • 低スプレッド&高スワップポイント で、短期〜長期売買まで対応!
  • 操作性が抜群のスマートフォンアプリ を利用できる。
  • CFDの分析もできる、 高性能なプラチナチャートを提供 。
  • 気軽なお試しにうれしい、 デモトレード対応 !
  • 超高速 「スピード注文」 で取引チャンスを逃がさない。
スプレッドと基本情報
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/米ドル
0.2銭 原則固定 0.5銭 原則固定 1.0銭 原則固定 0.6銭 原則固定 0.4pips 原則固定
通貨単位初回入金額通貨ペアデモ口座取引ツール
10,000
通貨単位
指定なし20
通貨ペア
Windows Mac
iPhone iPad Android

高評判の実力!FX取引高は世界第1位!

そんな国内市場において、 * 2021年のFX取引高が世界1位、国内では10年連続1位の取引高を誇るのがGMOクリック証券 です。

GMOクリック証券 2021年FX取引高世界1位

  • FXだけではなく、 株式、CFD、バイナリーオプション、先物など金融商品が豊富 。
  • 業界を引率する高性能スマホアプリを提供!
  • 国内最狭水準を誇る 低スプレッド 。
  • 業界屈指の高スワップポイント で、スワップポイントだけを出金することが可能。
  • 比較チャートも搭載 する、高機能プラチナチャート!
  • スマホアプリからインストール版取引ツールまで、 全てのツールで直感的な発注 ができる。
  • 配信ニュースが豊富 なので、スイングトレードとも相性がいい。
  • GMO顔認証eKYC(スマホでかんたん本人確認)対応により、 最短で当日から取引可能!

株式、CFD、バイナリーオプションと金融商品が多彩

GMOクリック証券は、 金融商品の豊富さで圧倒する総合ネット証券 です。

GMOクリック証券は金融商品が抜群に多い!

スマホアプリが使いやすい!

国内初となる分割可能な4画面チャートにより、 最大16チャートの表示が可能 で、複合注文もチャート上で視覚的に設定できます。

4つのタブに2〜4分割チャートの設定が可能!

最大4分割できる4画面チャート

チャート上で視覚的に発注できる。

利食い・損切りラインが分かりやすい!

スパンモデルとスーパーボリンジャーを搭載!

スパンモデルとスーパーボリンジャーを搭載!

低スプレッドで国内最狭水準を引率

通貨ペア名*スプレッド
米ドル/円0.2銭
ユーロ/円0.5銭
ポンド/円1.0銭
豪ドル/円0.6銭
NZドル/円1.2銭
カナダドル/円 *1
スイスフラン/円 *1
トルコリラ/円 *1
南アフリカランド/円0.9銭
メキシコペソ/円0.2銭
ユーロ/米ドル0.4pips
ポンド/米ドル1.0pips
豪ドル/米ドル0.9pips
NZドル/米ドル1.6pips
ユーロ/ポンド *1
ユーロ/豪ドル *1
ポンド/豪ドル *1
ユーロ/スイスフラン *1
ポンド/スイスフラン *1
米ドル/スイスフラン *1

スプレッドはどの通貨ペアも業界最狭水準となっているため、 低コストでデイトレードできることが魅力 のひとつです。

高スワップポイント&スワップのみ出金可能!

低スプレッドだけではなく、 スワップポイントも業界屈指の高水準で提供 されています。
そのためスイングトレードやポジショントレードといった、長期保有する売買スタイルにもマッチする業者です。

通貨ペア売りスワップ買いスワップ
米ドル/円-70円67円
ユーロ/円4円-7円
ポンド/円-74円71円
豪ドル/円-35円32円
NZドル/円-46円43円
カナダドル/円-54円51円
スイスフラン/円-13円10円
南アフリカランド/円-120円90円
トルコリラ/円-25円22円
メキシコペソ/円-140円110円
スワップポイント取得日・記載日:2022年7月4日
※南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は10万通貨あたりのスワップポイントを記載。

特筆すべきが、買いスワップポイントの高さだけではなく、 「売りスワップポイントの低さ」 も挙げられます。
これにより、マイナス方向で保有してもスワップポイントの支払いが抑えられているため、他社よりも保有コストが少なく済みます。

ポジションはそのままに、スワップのみ出金も可能。


さらにGMOクリック証券では、 ポジションを決済することなく「スワップポイントのみ出金」が可能 です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる