口座開設アプリ

流れに乗って利益をつかもう

流れに乗って利益をつかもう
(参考:所得税率表)

モノを生産する事業を例に説明しましょう。
事業を始めるには、店舗、製造機械、原材料などを用意する必要がありお金が必要です。株式会社は、必要な資金を株式の発行という形で不特定多数の人たちからも調達することが可能です。
お金を出す(株式を買う)側の立場からすると、その元手が無価値になることなく(株式会社の倒産など)、会社が利益を生み、利益の分配を受け、将来的に株式の価値が上昇して元手を上回ることを期待して、資金を提供し(株式を買い)ます。
その会社が十分に利益を出せるかどうかが、お金を提供するかどうかの重要な判断のポイントとなりますので、会社にとっても利益を生み出すことが経営上最も重要な目的となります。
株式会社は、社会(不特定多数の人たち)のニーズに応えた商品やサービスを提供することを通じて利益をあげるために、ひとびとが必要としているよりよい商品、サービスを生み出そうと、絶え間ない経営努力を続けています。

(2)株式会社の所有者はだれですか?経営する人は誰ですか?

株式会社のお金を提供した人は株主と呼ばれ、株主がその株式会社の所有者となります。株主は、会社経営に関する重要事項(事業の基本方針、取締役の選任、利益の処分方法など)を決定する株主総会で、所有株式数に応じて株主に与えられる議決権を行使して、間接的に会社運営に参画することができます。
一方、具体的な経営は、株主総会で選ばれた取締役で構成される取締役会において決定され、代表取締役を頂点とする取締役・管理職・従業員によって運営されています。
このように、株主が株主総会で選出された少数の専門的経営者に実質上の経営をまかせている(お金を出している会社の所有者と経営者が分離している)状態を 「所有と経営の分離」 といいます。

2.では、協同組合は株式会社と何が違うのでしょうか。

(1)協同組合の事業の目的

協同組合は、共通の目的をもった人たちが、その目的を達成するために組織した相互扶助組織です。協同組合がその目的に沿った事業を実施し、各組合員がこの事業を利用することによって、組合員の利益を増進する関係になります。
例えば、ある商品を必要とする人たちが集まって、協同組合を設立したとします。
株式会社と同様、事務所を借りる、機械や原材料を購入するなどお金が必要となり、協同組合を組織する人たちは必要なお金を出し合います。この協同組合は、組合員が必要とする商品を生産して、それを組合員のために提供することが事業の目的となります(組合員への直接奉仕)。なお、出し合ったお金のことを出資金と言い、お金を提供した人たちのことを組合員と言います。 流れに乗って利益をつかもう
株式会社は、生産した商品を株主ではない人たちに販売して、そこから利益を生み出し、事業を通じて得た利益を株主に分配することが目的であり、そこに違いがあります。
出資という点は同じであっても、直接協同組合の事業から商品やサービスが提供されることを目的とする出資と、株式会社の事業から得た利益の分配や株式価値上昇を目的とする出資とは相違があります。なお、協同組合の商品やサービスの提供を受けたい人は、出資金を支払って組合員になることが求められます。

(2)協同組合を経営する人は誰ですか?
(3)営利を目的に事業を行ってはならないと法律にありますが、どういう意味ですか?

一部の協同組合法には、「営利を目的としてその事業を行ってはならない」旨が定められています。
「営利」とは、会社などがその事業によって利益をあげ、その利益を所有者(株式会社であれば株主)に分配することをいいます。
したがって、協同組合が営利を目的としてその事業を行わないということは、事業によって利益をあげ、その利益を所有者(出資者)に分配することを主たる目的として事業を行わないということです。

(4)営利を目的にしないということは、赤字でもいいの?

「営利を目的に事業を行ってはいけない」ということと、事業によって利益をあげてはいけないであるとか赤字を出してもいいということは結びつきません。
事業活動(組合員が必要とする商品やサービスを提供すること)では、銀行から借りたお金に対して利息を支払う、水道光熱費を支払う、また、職員を雇っている場合は給与を支払う必要がありますので、これらの費用を組合員への商品・サービスの提供の対価として受け取る収入からまかなっていく必要があります。
収入が支出を下回る赤字の状況が続くと、お金が不足して、継続的な事業運営が困難になります。健全な事業運営ができなければ、事業の継続を断念して協同組合を解散するとか、事業を継続するため組合員に追加的に出資をお願いする必要が生じてしまうかもしれません。
したがって、営利を目的としない協同組合にとっても健全な経営を確保しつつ組合員のために実施する事業の成長発展を図るうえで、利益(剰余)は必要です。

(5)協同組合が実施する配当は営利目的になりませんか?

①事業利用分量配当
協同組合が組合員へ商品・サービスを提供し、組合員は代金や手数料などの費用を協同組合に支払いますが、その費用が協同組合を運営するために必要な経費を上回り剰余金が生じた場合に、「いただき過ぎた部分をお返しするという趣旨」で配当されるものです。
したがって、利益の分配ではなく、費用の一部と見なして税務上も費用(損金)として分類されます。そのため、配当は組合員の出資額に対してではなく、事業の利用額の多寡に応じて決められます。

協同組合が株式会社とどのように違うのかについて、これまで説明してきた内容をまとめたのが次の表です。
協同組合は、共通の目的をもった組合員が自ら出資し、運営し、利用するという点で、株式会社における株主や顧客の関わり方とは異なる組織です。
また、出資の額を問わず、一人1票の原則で民主的に運営される「人と人との結びつき」による組織であることも、協同組合の大きな特徴です。

ロケットニュース24

【最高かよ】ファンなら「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」を絶対に観るべき! 解約してもイイからとりあえずディズニープラスに入れ!!

おそらく、世の中の大半の方は「スター・ウォーズはもう完結した」をお考えに違いない。確かに実写映画は2019年公開のエピソード9「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」で一区切りついている。

だがしかし、大のスター・ウォーズファンである私、P.K.サンジュンは確信を持ってこう申し上げたい。「え、まだ終わってませんけど?」「実写だけで終わりって(笑)」と──。スター・ウォーズは現在進行形で続いており、なんなら今が最高に面白いと考えている次第だ。

・広大すぎる世界観

スター・ウォーズの世界は我々が考えているより遥かに広い、そして深い。例えばヨーダがどれほど強いジェダイなのかについて実写映画では、チラッとしか触れられていないのが実情だ。

さらに言えば、一般的に名前しか知られていない or 名前はわからないけど見たことがあるジェダイたちには、どんな個性があり、どれほど強いのか? 流れに乗って利益をつかもう それを補足してくれるのが、CGアニメ「クローン・ウォーズ」である。

・「クローン・ウォーズ」と「反乱者たち」

時系列的に「クローン・ウォーズ」はエピソード2と3の間が舞台になっており、現在シーズン7までが配信されている(いちおう完結済み)。クローン・ウォーズの最高さについてはこちらの記事をご覧いただきたいが、ジェダイが抹殺される前の「1番美味しい部分」が丁寧に描かれている。

で、高評価だったクローン・ウォーズの後釜として制作されたのが「反乱者たち」で、こちらはシーズン4で完結した。時系列的には銀河が帝国に支配されてからの話となっており、当然ながらやや暗い。実写版の「ローグ・ワン」とはほぼ同時期のエピソードである。

で、で、で。

「クローン・ウォーズ」及び「反乱者たち」と続いたスター・ウォーズのCGアニメシリーズの最新作が、ディズニープラスで独占配信中の『バッド・バッチ』だ。2021年5月に第1話が配信されたバッド・バッチは、つい先日シーズン1の最終話が配信されたばかりとなっている。

・シリーズ最新作『バッド・バッチ』

ここで詳細な説明は控えるが、主人公はバッド・バッチ(不良分隊)と呼ばれるクローンのチーム。彼らは突然変異したクローン部隊であり、従来のクローンたちと比べて個性が強いのが特徴だ。

クローン好きの私としてはその活躍だけでも胸が躍りっ放しなのだが、これまでの「クローン・ウォーズ」や「反乱者たち」はもちろんのこと、異常に評価が高い実写ドラマ「マンダロリアン」ともシンクロしているのが最高だ。

要するに『バッド・バッチ』は単にクローン部隊の活躍を描くにとどまらず、これまで築き上げてきたCGアニメシリーズの最新エピソードであり、スター・ウォーズの世界を最先端で深掘りしてくれる存在だということ。おもしろくないワケがない。

例えば、バッド・バッチの第1話は「オーダー66」の発動時から始まる。それまで背中を預けて戦ってきたクローンたちが、突如としてジェダイを裏切るオーダー66。実写映画ではごく一部のシーンしか描かれていなかった、ファンが是非とも知りたいエピソードだ。

・知りたかったエピソードだらけ

さらに「共和国で活躍したクローンたちは帝国でどうなっていったのか?」「クローンを生成していた惑星カミーノは?」……などなど、興味深いエピソードのオンパレード! バッド・バッチはマジで最高だから、スター・ウォーズ好きな方には自信を持ってオススメする。

ちなみに『バッド・バッチ』はシーズン2の制作が決定しており、2022年に配信予定とのこと。その他のCGアニメもディズニープラスで配信しているから、未加入の方はこの機会にディズニープラスを検討してみてもいいだろう。というか、バッド・バッチはディズニープラスでしか配信していない。

また、スター・ウォーズのCGアニメを初めて見る方は「映画クローン・ウォーズ」「クローン・ウォーズ(シーズン7まで)」「反乱者たち」「バッド・バッチ」の順でご覧になるといいハズ。そして予言します。全て観終えたとき、絶対にアソーカとレックスを好きになっていると。

とにもかくにも、スター・ウォーズのCGアニメはガチで最高だ。その最新作『バッド・バッチ』も単なる傑作! スター・ウォーズはまだまだ終わっちゃいない……これだけでもディズニープラスに加入する価値があると断言しよう。全部見たら解約してもイイから、とにかくCGアニメシリーズをご覧になっていただきたい。

参考リンク:ディズニープラス「バッド・バッチ」
執筆:P.K.サンジュン
Photo:© LucasfilmLtd. All Rights Reserved.© 2021 LucasfilmLtd.

▼予告編はこちら。ちなみにCGアニメは絶対に吹き替えがオススメ!

The Dosanko Investor

The amazing life of Jesse Livermore , Richard Smitten

多くの学びがあった。世紀の相場師がどのように生きたのか読めるだけでなく、世紀の相場師の考え方にも触れることができる。直感に反する、ということについての示唆が多かった。高値と安値についての考察、エントリーの仕方などについても。また、かれは 独立した思考者 であるために、あらゆる情報をシャットダウンした。それは善意で秘密情報を教えてくようとする人に対しても謝絶するような、それによってなんとか外部からの影響から絶縁しつづけることを重視した。

投機 speculationと投資 investmentは市井において都合よく使い分けられているようだ。そして後者は前者より高次であると、一般的には認識されている。たとえばジム・ロジャーズよりバフェットのほうが高級だというようなイメージは多くの人が持っているのではないか。前者はギャンブル的要素を多分に含んでいるのだから危険、後者はゆったりと長期間株式を保有し、企業の成長にコミットして結果的に利益の分前をもらうというような区別。しかし、マックス・ギュンターが『マネーの公理』でまっさきに断言してくれたように、投機と投資を分けることは愚かだ。未来を志向する僕たちの行為はすべて何かへのBETである賭けである。ジム・ロジャーズもバフェット=マンガ―コンビも、それぞれの流儀で市場に参加してそれぞれ巨額の利益を得ているだけだ。

  • まず第一に、市場全体の流れ、方向を見定める。そして最も抵抗の少ないラインを見いだす。すなわち「相場の基調」を知る。
  • 第二に取引戦略を立てる。市場の動きを確認するために、小口の打診を実行する。一時の衝動に駆られ、資金のすべてを投入するのは愚かである。
  • 第三に、相場に材料が見えてから行動に移る。それまで辛抱強く待つこと。大儲けができるのは相場が大きく動くときであることを忘れてはならない。(p.100)

少し話が複雑になるが、わたしは「抵抗の最も少ないライン」というルートをつねに求めている。だから「大衆」「集団」に混じって相場を張ることも、決してめずらしくはない。他方、相場の動きの微妙な変化を読み取り、その変化に同調して動くというのは並大抵ではない。その潮の変わり目を見逃すまいと、わたしは四 六時 中目を皿のようにしていると言っていい。別の言い方をするなら、大衆と同じ「バス」に乗っていても、時期が来たらいつでもそこから 飛び降り ようと身構えている。そして逆方向に進む結果になることも恐れはしない。

まず第一に、四 六時 中相場に関わる愚は避ける、と決めている(引用者注:さっき四 六時 中といっていたのに、なんだが、これは翻訳の問題だろう)。だからわたしはしょっちゅう株を現金化し、取引を離れて頭を冷やす。(中略)

「最小抵抗ライン」という考え方。これはつまり新高値でノリにノッている株についていく、その背景には機関投資家らの力強い買い出動があるわけで、その波に乗れば掌を返すくらい容易に利益を得られる。自分が選んだ株にしがみつくのもいいけど、波乗りよろしく勢いのある株に乗っかる、その見極めが大事になる。でもつねにその選択が間違っているかも知れないという確率論的思考を失わない。自分は間違っているかもしれないということを実践する唯一の方法は確率で考えること。そしていざとなれば「飛び降りる」。たとえば林則行は「 売りの本質は飛び降り 」としている。未来は、可能性の分布以外の何物でもない。あまりいそがしく動かず、独立して考え、これというチャンスでたまに賭ける。大きく賭ける。リバモアの凄さは、何度も破産しているということから逆照射されることだが、大きく賭けることができることだった。ほかの人がみなNOと言っているにも関わらずだ。

不動産売却後に確定申告は必要?手続きの流れや必要書類を解説

不動産売却後に確定申告は必要?手続きの流れや必要書類を解説

不動産売却の契約・手続き

確定申告 とは、1年間(1月1日~12月31日)に得た 所得の合計金額を税務署に申告 し、 所得に応じた税金を納税をする手続き です。

年に1回行うもので、申告時期は 毎年2月中旬から3月中旬 と決められており、現在の住所地を管轄する税務署に申告できます。

法人で働いて得る給与所得であれば、会社側が年末調整を行ってくれますが、不動産売却で利益(譲渡所得)が発生した場合、 自分で 確定申告に手続きを行う必要があります。

この記事では、「不動産売却後に確定申告をする必要があるか迷っている方」に向けて、「確定申告の必要性の判断基準」と、必要な場合の「確定申告の手続き方法」を解説しています。

監修 山田 幸平 慶應義塾大学経済学部在学中に公認会計士第二次試験に合格。大手監査法人の金融部や会計コンサル会社にて会計監査・IPO・M&Aなどを担当。現在はLR会計の代表を務める。
【保有資格】公認会計士、税理士
【URL】 LR会計

不動産売却後に確定申告が必要な場合とは

不動産売却後に確定申告の必要性を判断するフロー

以下のいずれかに該当する場合は確定申告が必要になります。逆に、 当てはまらない方は確定申告は不要 となります。

  1. 不動産売却によって売却益が発生し、所得税を支払う必要がある
  2. 不動産売却によって損失が発生し、損失額の分だけ所得税の控除をうけたい

1.不動産売却によって売却益が発生し、所得税を支払う必要がある

2.不動産売却によって損失が発生し、損失額の分だけ所得税の控除をうけたい

不動産売却によって利益ではなく損失が発生した場合、一定の要件を満たす場合には 「損益通算」(その他の所得と相殺して所得税を減らすこと)ができます。

損益通算の手続きには還付申告(税金を申請するのではなく、税金を払い戻しするための確定申告)が必要なので、 希望する場合は確定申告 手続きを行う必要があります。

損益通算 の中でも、その年の所得で相殺できない場合は、譲渡の年の翌年以後、 最長3年間損失を繰り越して控除する繰越控除」を申請することができます 。

  1. マイホームを売った年の前年から3年間で新しいマイホームを取得したときに、一定の条件に該当する場合
  2. マイホームの譲渡契約締結日の前日において、一定の要件に該当する場合

不動産売却後に確定申告しないとどうなる?

①罰金が課せられる

譲渡所得 があるにもかかわらず 期限に遅れて申告した 場合、 罰金(無申告加算税と延滞税)が課せられます。

②余計に税金を支払うことになる

譲渡損失の場合は罰金が課せられることはありませんが、 損失額分が控除されない 状態で翌年の 所得税を余分に支払う ことになります。

不動産売却後の確定申告のやり方

確定申告の方法

確定申告時の税理士の報酬は、各事務所によって少し異なりますが、 だいたい10万円∼20万円が相場 となります。不動産の売却価格や特例の有無によって料金が変動するので、詳しくは税理士事務所に相談しましょう。

不動産売却後の確定申告の流れ

  1. 書類を準備する
  2. 譲渡所得税を計算する
  3. 書類に記入する
  4. 税務署に申請する
  5. 納税する

1.書類を準備する

▼確定申告の書類一覧

2.譲渡所得税を計算する

譲渡所得税 は以下の式で算出することができます。

①費用(譲渡費用、取得費用)を求める

▼譲渡費用の例

  • 不動産売却時の仲介手数料
  • 売却が負担した印紙税
  • 家屋を明け渡してもらうときに支払う立ち退き料
  • 売却予定の土地に建っている建物の取り壊し費や建物の損失額
  • 違約金
  • 名義所換料

▼取得費の例

大まかな費用は「売却価格×5%=概算取得費」で概算することもできます。

  • 不動産の購入代金
  • 建物の建築費用
  • 購入手数料
  • 登録免許税、印紙税、不動産取得税
  • 建物解体費用
  • 測量費用
  • 設備費用
  • 減価償却費(建物の場合のみ)※

※建物のように時間の経過とともに価値が減少する資産の場合、価値の減少分を差し引く減価償却という計算が必要です。

②控除を確認する

居住用の不動産を売却 する場合、 3,000万円特例控除 を利用できます。

課税譲渡所得(=売却価格 ー 購入価格 ー 譲渡費用ー取得費用)が3,000万円以内の場合、譲渡所得税を 全額免除できます 。

③税率を確認する
  • 不動産を売却した年の1月1日時点で 所有期間が5年以下なら「短期譲渡所得」、所有期間が5年を超えていれば「長期譲渡所得」となり税率が異なります 。(表1を参照)
  • 不動産の 所有期間が10年超の場合は、税率が軽減されます。 3,000万円特例控除と併用可能です。(表2を参照)

譲渡所得の長短区分 所得税 住民税
長期譲渡所得(5年超) 15.3% 5%
短期譲渡所得(5年以下) 30.6% 9%

長期譲渡所得 所得税 住民税
6,000万円以下の部分 10.流れに乗って利益をつかもう 2% 4%
6,000万円を超える部分 15.3% 5%

3.書類の記入を行う

4.流れに乗って利益をつかもう 税務署へ申請する

  • 郵送で、所轄の税務署に送付する
  • 所轄の税務署へ直接持参する
  • 国税電子申告・納税システムで申告する

5.納税または還付をうける

納税が必要になった場合は、 申告時期と同じ2月中旬~3月中旬 の期間中に納付します。

  • 現金で納める
  • 口座振替で納める
  • 国税電子申告・納税システム(e-Tax)で納付する
  • 流れに乗って利益をつかもう
  • クレジットカードで納める

確定申告時の必要書類

確定申告書B様式

確定申告書B様式

分離課税用の申告書

分離課税用の申告書

譲渡所得の内訳書

譲渡所得の内訳書

購入時・売却時の不動産売買契約書

登記事項証明書

確定申告には期日があります。申告のために必要な書類も多く、用意するためには時間がかかります。そのため、期日ぎりぎりに慌てないためにも、前もって書類を用意しておきましょう。

不動産の売却の時には、どれくらいの税金がかかるのか。どのようにすれば、税金を節税することができるのかなど、疑問に思うことも多いと思います。売却に関わる税金や控除のことは、前もって知っておくことで、スムーズに手続きを進めることができますし、節税することもできます。
不動産を売却するときには、不動産の一括査定の利用がおすすめです。すまいステップの無料一括査定なら、厳選された不動産会社のなかから、あなたの不動産の売却に役立つ不動産会社を見つけることができます。また、売却の際の税金の相談などもすることができます。不動産の売却ならすまいステップで、信頼のおける不動産会社を見つけてみてはいかがでしょうか。

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

(参考:所得税率表)

利益が増加するにつれて段々と税率があがっていき、最終的には最高税率が55%となります。半分以上が税金で消えてしまう人もいるのですね。

これに対して、法人の利益に対しては「法人税」がかかります。この法人税は個人の所得税と違い、利益に比例した増え幅が少なく、ほぼ一定率となります。

<参考:法人税の税率>

  • 利益が400万円以下の部分=約21.4%
  • 利益が400万円超~800万円以下=約23.2%
  • 利益が800万円超=約34.3%

簡単にまとめますと、個人事業主で、かかる所得税率が法人税率よりも高くなれば法人化した方が税金的に有利ということになります。その目安となる個人事業主の利益が500万円です。また法人化することで、個人事業では受けることができなかった様々な税務上の恩恵を受けることができるようになります(本記事中で紹介)。

《個人事業主が法人化を考える年間利益額ズバリ教えます!》

  • 個人事業の年間利益が500万円以下の場合:法人化による節税メリットはなく、逆に不利になります。
  • 個人事業の年間利益が500〜700万円の場合の節税目安額:30〜70万円程度
    有利になる人と不利になる人が分かれます。一度税理士に相談にいきましょう。
  • 個人事業の年間利益が700〜1,000万円の場合の節税目安額:70〜120万円程度
    ほとんどの個人事業主の法人化が有利となります。法人化によるデメリットも考慮しながら法人化を前向きに検討するとよいでしょう。
  • 個人事業の年間利益が1,000万円以上の場合の節税目安額:100万円以上
    個人事業主のままでは損をしてしまいます。一刻も早く法人化を検討するとよいでしょう。

2.個人事業主が法人化する節税メリット

2-1.給与所得控除の恩恵が受けられる

サラリーマンは給与を会社から受け取る時に「給与所得控除」といって一定額が差し引かれた後の収入に所得税がかかります。しかし個人事業主は売上から経費を差し引いた利益に対して所得税がかかるため、サラリーマンのような給与所得控除の恩恵を受けることができません。

しかし法人化によって個人事業主が自ら社長になり役員報酬を支給することで、給与所得控除の恩恵を受けることが可能となります。

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

(参考:給与所得控除表)

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

<具体的な節税効果例>
個人事業主として1,000万円の売上、400万円の経費、600万円の利益がある人が法人化して利益の600万円を役員報酬として支払ったケースを見てみましょう。

2-2.家族に役員報酬を支払うことができる

法人成りのもう一つのメリットとして家族を役員にして給料を支払う所得分散効果があります。所得税は所得の額に比例して大きくなります。そのため社長一人で全額を受け取るのではなく家族に給料を分散することで、所得税の税率を抑えながら給与所得控除の恩恵を受けることができます。

2-3.2年間消費税を支払わなくてすむ

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

法人は「2期前の売上が1,000万円以上あれば消費税の納税義務が生じる」と定められています。原則として設立1期目と2期目は「2期前の売上」がないため、消費税がかからない免税事業者となるのです。
流れに乗って利益をつかもう
個人事業主ですでに売上が1,000万円以上あれば、法人化するだけで2年分の消費税が免税されるため大きなメリットなります。

60万円{(1,流れに乗って利益をつかもう 500万円―750万円)×8%}

2-4.赤字を9年間繰り越すことができる

この赤字になった場合の損失の繰り越しが、法人であればなんと「9年間」も繰り越すことができます。

2-5.生命保険を経費にできる

しかし法人で生命保険に加入すれば、保険の種類にもよりますが支払い保険料の全額~半額を経費処理することができます。

3.個人事業主が法人化するデメリット

3-1.社会保険に加入しなければならない

しかし法人化によって株式会社を設立した場合、たとえ社長1人であっても役員報酬を支給する際には社会保険への加入が義務付けられています。社会保険料は厚生年金と健康保険料の2つを会社と従業員が折半で負担する仕組みです。

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

例えば月額30万円の給与を支払っている時の負担をみてみましょう。

社会保険に加入していなかった個人事業主にとっては、上記の「会社負担分」が追加コストになります。従業員にとっても強制的に社会保険に加入させられることによって手取額が減ってしまいます。

3-2.会社設立時に費用が約20万円かかる

この最低資本金1,000万円というのは昔の制度で現在は撤廃され、資本金が1円から株式会社を設立することができます。

株式会社設立に必要な費用=資本金(自由)+20万円

3-3 赤字でも毎年7万円の住民税が必要

3-4.決算作業・法人税申告の事務負担が増加する

個人事業主であれば、毎年の確定申告を税理士に依頼せずに自分でやっている人も多いかもしれません。しかし法人化すると、毎年会社の決算を組んで法人税申告書を作成する必要が生じます。

一般的には会社の売上や規模によって顧問税理士報酬が決まりますが、少なくとも年間30万円以上の税理士費用がかかると考えておいた方がよいでしょう。このような税理士報酬も法人化によるデメリットの一つではありますが、トータルでみれば節税効果が大きい方法ですので適切な決算・法人税申告を行うことは重要ですね。

4.会社形態は株式会社がおススメ

この4つの会社形態の内、大半の人が1の株式会社形態を選択するため他の形態での解説は省略しますが、株式会社に最も近い法人形態としては2の合同会社があります。LLCと言われることもあり、知っている方も多いでしょう。

5.年間500万円以下の利益でも法人化するメリットはある!

(1)対外的な信頼性が増す
個人事業と株式会社であれば対外的には株式会社の信頼性が高いといえます。今後の事業拡大において取引先への営業等が必要な場合には、個人事業ではなく株式会社形態が最終的には事業の拡大に貢献することもあります。

(2)採用活動が行いやすい
事業が拡大してきて人を雇用するようになった時には採用活動を行います。その際にも個人事業主よりも株式会社の方が採用しやすいというメリットがあります。働く側も信頼できる職場で働きたいという考えがあり、会社形態の方が優秀な人材を集めやすいでしょう。

(3)融資を受けやすくなる
事業拡大の際に銀行から融資を受けることがありますが、そんな時にも株式会社の方が銀行の審査に通りやすいというメリットがあります。金融機関としても会社組織として事業を行っている点を評価してくれるためです。

(4)モチベーションになる
会社を設立すると創業者は「代表取締役」という肩書がつきます。自分が会社の代表だという意識を持って事業に取り組むことでモチベーションのアップにつながります。たとえ利益が500万円をきっていて税金的には不利でも、いつかは事業を拡大して頑張っていこうと考えて最初から会社形態で事業をスタートする人もいます。

また、「会社設立までは自力で行いたい」という方は、マネーフォワードやfreeeを使って会社を設立すると、設立費用が自力で設立するよりも安価に済むケースがあるので確認しておくと良いでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる