FX入門

フロー計算書とは

フロー計算書とは
※中小企業庁:中小企業の会計ツール集

特別講座 キャッシュフロー計算書

特別講座 キャッシュフロー計算書

1.キャッシュフロー計算書とは何か
2.損益計算書との違い

≪計上のタイミング≫

≪利益があるのに、会社に現金がない状態≫

≪帳簿上の操作≫

≪補足:貸借対照表とは何か≫

3.キャッシュフロー計算書の3つの区分
4.キャッシュフロー計算書の作り方

≪営業活動キャッシュフローの作成≫

◆直接法

直接法 営業収入-営業支出

◆間接法

間接法 税引前当期純利益 ± 損益計算書の調整項目 ± 貸借対照表の調整項目

≪キャッシュの範囲≫

5.連結キャッシュフロー計算書の作成

≪原則法と簡便法≫

6.営業活動・投資活動・財務活動キャッシュフロー

≪営業活動によるキャッシュフロー≫

営業活動キャッシュフローに記載される内容は、(1)会社の本業による利益 (2)投資活動キャッシュフローと、財務活動キャッシュフローに当てはまらないお金の増減 についてです。

◆直接法と間接法

≪投資活動によるキャッシュフロー≫

≪財務活動によるキャッシュフロー≫

7.キャッシュフロー計算書の形式
8.フリーキャッシュフロー

≪使い道≫

≪計算方法≫

≪フリーキャッシュフローによる企業判断≫

9.キャッシュフロー経営

≪営業活動キャッシュフローの改善≫

≪投資活動キャッシュフローの改善≫

◆DCF法

DCF(Discounted Cash Flow)とは、将来のキャッシュフロー(予測)から現在価値を算出する方法です。期間や金額の異なる将来のキャッシュフロー(予測)が、現在価値に置き換わることで比較可能となるため、投資判断に役立ちます。

≪財務活動キャッシュフローの改善≫

10.参考:資金繰り表や資金収支表との違い

≪資金繰り表≫

≪資金収支表(資金移動表)≫

キャッシュフロー計算書とは何か
「お金の流れ」を見るための財務諸表。企業の支払能力の大きさを示す
2000年3月期決算から株式公開企業に作成義務
損益計算書との違い
「計上されるタイミングの違い」と「帳簿上の操作は可能か」の2点
キャッシュフロー計算書の3つの区分
営業活動によるキャッシュフロー…会社の本業によるお金の増減
投資活動によるキャッシュフロー…設備投資・余剰資金運用によるお金の増減
財務活動によるキャッシュフロー…資金調達・借入金返済によるお金の増減
キャッシュフロー計算書の作り方
直接法…収入と支出の総額を主要取引ごとに集計し、表示する方法
間接法…損益計算書と貸借対照表からお金の流れを逆算し、表示する方法
連結キャッシュフロー計算書の作成
2003年3月期決算から、財務諸表の作成は連結ベースで行う
原則法と簡便法がある
フリーキャッシュフロー フロー計算書とは
会社が自由に使えるお金。会社の価値を表す
フリーキャッシュフロー = 営業キャッシュフロー - 投資キャッシュフロー
キャッシュフロー経営
営業活動キャッシュフロー…仕入れ、在庫、売上のお金の流れを向上させる
投資活動キャッシュフロー…無駄な固定資産を減らす、有価証券を売却する
財務活動キャッシュフロー…資金調達コストを下げる。社債や株式による調達比率を上げる

フロー計算書とは

キャッシュフロー計算書は何を示してくれるのか

キャッシュフロー計算書の目的と役割

  • 現金
  • 当座預金、普通預金、通知預金など短期間で引き出せる預金
  • 現金同等物(簡単に換金できて、価値変動が少ないもの)
  • 3カ月以内に現金に換金できるもの(預金、手形、公社債、投資信託など)
  • 単に資金繰りの把握だけでなく、キャッシュを基準にして事業を把握し、施策策定や経営判断を行う。 たとえば、キャッシュフローの観点から在庫の実態や費用を把握することで、「キャッシュを生む製品は何か」を明らかにし対策したり、「いくら投資 して、いくら儲かったか、いつキャッシュを生むか」を評価して投資判断を行う。
  • その結果として、金融機関や投資家にとって魅力的な融資先・投資先となり、資金調達力の強化を計る。
  • 損益計算書で扱う利益や損失は、個別の会計ルールや会計処理方法によって数値が変化します。これは、現物とは関係なく、帳簿にどのように記載するかという解釈が一つだけではないからです。答えが人によって違うので比較しづらいものとなっています。
  • たとえば、商品の売れ行き悪化や必要以上の仕入れ等により過剰在庫となった場合、資金が在庫として滞留するため、通常はキャッシュフロー計算書の営業活動によるキャッシュフローがマイナスとなります。しかし、損益計算書では売れ残った在庫は資産となるため、過剰在庫は損益計算上全く考慮されません。その弊害が黒字倒産に繋がったりします。つまり、キャッシュフロー計算書の営業活動によるキャッシュフローのマイナス状態がその会社の実態であって、損益計算書上の黒字は実態とは異なるのです。

損益計算書と貸借対照表との関係

tsukurikata1

  • 期首のキャッシュは貸借対照表からキャッシュフロー計算書に引き継がれる (①)
  • 期中の損益計算書の収益はキャッシュのみが(35)、キャッシュフロー計算書で計上される (②)
  • 収益のうち、キャッシュ以外(40-35=5)は売掛金として今期末の貸借対照表に計上される (②)
  • 期中のキャッシュ増分は、キャッシュフロー計算書の期首残高と合算されて今期末の貸借対照表に引き継がれる (③)
  • 損益計算書の当期純利益は、利益余剰金として、今期末の貸借対照表に計上される (④)

tsukurikata2

キャッシュフロー計算書には何が書いてあるのか

  1. 営業活動によるキャッシュフロー
  2. 投資活動によるキャッシュフロー
  3. 財務活動によるキャッシュフロー
  • 営業活動によるキャッシュフロー ・・・「儲けたお金」を明らかにしたもの
  • 投資活動によるキャッシュフロー ・・・「使ったお金」を明らかにしたもの
  • 財務活動によるキャッシュフロー ・・・「借りたお金、返したお金」を明らかにしたもの

資金調達(借入)や借入金返済などによるキャッシュの増減を表します。 営業活動と投資活動によって生じたお金の過不足の調整を行うものです。 借入と返済、増資・社債などの資金調達、配当金の支払などによるキャッシュの流れ、増減

tsukurikata3

どんな人がキャッシュフロー計算書をつくる必要があるか

  • 常にキャッシュが不足ぎみ、支払いが多い
  • 売り上げても入金がすぐに入ってこない、それに対して仕入は早期に支払う必要がある
  • 多くの事業があり、全体の資金の流れが掴みづらい
  • 金融機関との融資取り引きが多い、取引額が大きい
  • 金融機関からの融資を計画している、投資家からの出資を計画している
  • 株式公開(上場)を計画している
  • 財務体質を改善したい

キャッシュフロー計算書を作ってみる

何を準備すればよいか

最低限必要なもの

  • 前期の貸借対照表
  • 当期の貸借対照表
  • 当期の損益計算書

取引があれば必要なもの

  • 固定資産の取得や譲渡に関する資料
  • 有価証券の取得や譲渡に関する資料
  • フロー計算書とは
  • 新株の発行に関する資料

作り方の手順

税引前当期純利益 ± 実際のお金の増減がない項目(減価償却費、引当金など帳簿上だけで計算されるもの)± 発生時点で計上されているが、まだお金が動いていない項目(売掛金、買掛金、棚卸資産など)

  1. 損益計算書に記載されている「税引前当期純利益」を転記する
  2. 営業活動によるキャッシュフローを調整する項目を加減する
  3. 営業活動によるキャッシュフローを調整する項目を加減する
  4. 営業活動によるキャッシュフローを調整する項目を加減する

tsukurikata4

キャッシュフロー計算書を作る上での4つの注意点

これまで見てきたように、算出式は、「税引前当期純利益 ± 調整項目」というとてもシンプルなものです。 ただ、キャッシュフローは営業、投資、財務という3つに分類されていますので、どこで調整を行うかという点で特に注意したい取り引きを4つに絞って紹介します。

処理方法: お金を借りて資産を購入したのと同じとみなして、資産と債務に分類して扱います。 所有権が移転しない賃貸借の場合には、オペレーティングリースと同様に支払いリース料を「営業活動によるキャッシュフロー」として処理します。 所有権が移転する場合は、実質的に固定資産を割賦購入しているとみなし、支払いリース料を「財務活動によるキャッシュフロー」として処理します。

キャッシュフロー計算書を活用する

キャッシュフローの状態を分類する

営業活動によるキャッシュフロー

  • プラスになっていることが大前提、額が大きいほど良い
  • 同業界、リーディング企業と比較してどうかをみる
  • 事業立ち上げ時期は一時的にマイナスになることもあるが、その場合はプラスに転じるまでの事業計画を評価する

投資活動によるキャッシュフロー

  • 営業活動によるキャッシュフローを超えていないか、超えている場合は投資対効果の計画を評価する
  • 将来の投資は必要なのでマイナスである方が健全といえる

財務活動によるキャッシュフロー

  • プラスの場合は資金不足ということ、必要に応じて調達計画を見直す
  • マイナスの場合は借金を返済しているので好ましい状態

フリーキャッシュフロー

  • プラスになっていることが大前提、額が大きいほど良い、金融機関や投資家も重視する
  • 使い道はどうか、「事業への投資」、「株主への配当金支払」、「借入金の返済」など、何に使ったかによって経営の方向性が見える

tsukurikata5

tsukurikata6

キャッシュフロー計算書の見るべきポイント

  • 営業キャッシュフローとフリーキャッシュフローの総額が多いこと(もちろんプラスになっていること)
  • 投資活動キャッシュフローがマイナスであること
  • 前期(過去数年)および同業他社に比べて、営業キャッシュフローと フリーキャッシュフローが増えている(多い)こと

tsukurikata7

tsukurikata8

A.営業活動によるキャッシュフロー
B.投資活動によるキャッシュフロー
C.財務活動によるキャッシュフロー

⑥売上債権の額は大きくないか せっかく売る上げたのにキャッシュを獲得できていない状態 売掛金の管理・回収がうまくいっていないのでは?

⑦棚卸資産の額は大きくないか 在庫が増えてキャッシュに換えられていない状態 売れないものをつくって(仕入れて)いないか?、仕入・製造・在庫は適正か?

⑬有形固定資産の取得額は妥当か、少なくないか これがマイナスでないと、現在および将来の成長のために必要な投資をしていないということ 売却による収入が増えていたら、単に資金調達のために必要な資産を売却していないかを見る

キャッシュフローを把握して経営の健全性を高める取り組み

この章は、企業経営者や事業責任者など主に経営改善を担う方々向けの内容です。 キャッシュフロー経営では、帳簿上ではなく現実に動いたキャッシュの増減に注目して経営を強化していきます。 目指す方向は以下の4つです。

キャッシュ・フロー計算書(C/F)の見方と作り方のポイント

引用元:法人決算_弥生会計|経理・会計ソフトなら弥生

損益計算書(P/L)

引用元:法人決算_弥生会計|経理・会計ソフトなら弥生

損益計算書は、会社が会計年度内にどれだけの収益を上げ、費用をいくら使い、どれだけの利益があったのかを表したものです。英語のProfit フロー計算書とは and Loss フロー計算書とは Statementを略して、「P/L」とも表記されます。

キャッシュ・フロー計算書(C/F)

キャッシュ・フロー計算書は、会計年度中に、どのような理由でどれだけのお金が入ってきたのか、そして、出ていったのかを表したものです。英語のCash Flow Statementを略して「C/F」と表記されることもあります。キャッシュ・フロー計算書を読み解くことで、現金の流れが把握できます。

キャッシュ・フロー計算書の意義

キャッシュ・フロー計算書の読み方

※中小企業庁:中小企業の会計ツール集

國貞克則先生に聞く「決算書の読み方 初心者向け」全6回(4)キャッシュフロー計算書(CS)とは

CSは英語で“Cash Flow Statement”、直訳すれば「現金流れ計算書」、つまりCSは現金の出入りを表す「収支計算書」です。
収支計算書は、通常「収入」「支出」「残高」の3つの欄に分かれていますが、企業が作る収支計算書であるCSは違った分かれ方をしています。「営業活動によるキャッシュフロー」「投資活動によるキャッシュフロー」「財務活動によるキャッシュフロー」の3つの欄に分かれています。なぜこのように分かれているかということは、連載の第1回で説明したとおりです。
図4-1で各欄に何が書かれているかを説明していきましょう。一番上の営業キャッシュフローの欄は、商品やサービスの販売による収入や、商品の仕入や給料の支払いによる支出など、営業活動による現金の動きが表されています。

図:CSの構造

図4-1のCSの表の中の項目を見てください。営業収入(+)、商品の仕入支出(-)、人件費支出(-)、その他の営業支出(-)など、現金が入ってくるものは(+)、現金が出ていくものは(-)で表されています。
真ん中の投資キャッシュフローの欄は、株式などの有価証券の取得や売却、工場や設備などの固定資産の取得や売却など、投資活動による現金の動きが表されています。
図4-1のCSの表の中の項目を見てください。有価証券や固定資産を取得すれば現金が会社から出ていくので(-)、有価証券や固定資産を売却すれば現金が会社に入ってくるので(+)で表されています。
一番下の財務キャッシュフローの欄は、株式発行による資本金としての収入や、金融機関からの借入やその返済など、財務活動による現金の動きが表されています。
図4-1のCSの表の中の項目を見てください。借入をしたり、株式発行して資本金を注入してもらったりすれば現金が会社に入ってくるので(+)、借入金を返済すれば現金が会社から出ていくので(-)で表されています。

見れば会社の状況はおおよそ把握できるキャッシュフロー計算書とそのグラフ

キャッシュフロー計算書(CS)の重要性が高まってきている

昔は、決算書と言えば基本的にPLとBSでした。それは、人為的に作りだした事業年度(通常1年)の営業活動を正しく計算するということがまず必要だったからです。つまり、PLは1事業年度の正しい営業活動を反映させるために、現金の動きのありなしにかかわらず取引が成立すれば、その取引はその事業年度のPLに計上されます。しかし、このことによってPLだけでは現金の動きがわからなくなってしまいました。
さらに、PLは会計上の前提や認識によって正しい利益を計算していきますので、それが少し悪用されればすぐに粉飾に繋がっていきます。
一方、CSは現金の動きをあらわす表ですから、なかなか粉飾できません。CSの現金残高が、金庫や金融機関に預貯金されている現金と一致しなければ、CSはどこかが間違っていることになるからです。
私の会計研修には、米国の子会社に社長として赴任したが、「会計がわかっていないと社長は務まらない」と言って、帰国時に私の会計研修を受講される方がおられます。彼らが口を揃えて言うことは、米国の金融機関が企業にまず提出を要求してくるのはCSだということです。
日米欧ともに、決算書の掲載順はBS、PL、CSですが、アマゾンの決算書を見ると、最初にCSが掲載されています。CSの重要性が高まってきているのだと思います。

キャッシュフロー計算書(CS)から会社の状況や経営者の意思が見えてくる

図:CSの8つのパターン

業績の良い会社は営業キャッシュフローが(+)になります。営業支出より営業収入の方が多い、営業活動をすればするほど会社に現金が増えている状況です。①から④のパターンです。
そのような会社は一般的に財務キャッシュフローが(-)になっています。つまり、借金をどんどん返済して経営安定性の高い優良企業を目指すわけです。②や④のパターンです。
③のパターンは調子が良くて将来戦略が明確な優良企業の例です。調子の良い会社ですから、もちろん営業キャッシュフローは(+)で、営業活動によって現金を増やしています。将来の事業戦略が明確な会社は将来に向けての積極的な投資を行います。ですから投資キャッシュフローは(-)です。この投資に必要なお金を、自分で稼ぎ出したお金(営業キャッシュフロー)だけでなく、銀行からの借入金や株式の発行などによって調達してきているのです。なので、財務キャッシュフローが(+)になっています。
一方で、業績の良くない会社は営業キャッシュフローが(-)になります。営業収入より営業支出の方が多い、つまり営業活動をすればするほど会社の現金が減っていっている状況です。⑤から⑧のパターンです。
そのような業績の悪い会社に天からお金が降ってきたりしませんので、そのような会社は一般的に財務キャッシュフローが(+)になっています。つまり、事業効率が悪くて営業活動すればするほど会社のお金が少なくなっていっているのを、借金をしてなんとか現金をつないでいるような状況です。⑤や⑦のパターンです。
さらに状況が悪いのは⑤のパターンです。営業キャッシュフローが(-)で財務キャッシュフローが(+)になっています。さらに、この会社は投資キャッシュフローまで(+)です。
投資キャッシュフローがプラスというのは、誤解しやすいのですが、投資活動によって現金が入ってきているということです。つまり、自分が持っている土地や株式などの資産を売却してお金を集めているわけです。
このような「-、+、+」の会社は、営業すればするほど会社のお金が少なくなっているのを、銀行からお金を借りるだけでなく、自分の体を切り売りしてなんとかお金を繋いでいるという、かなり状況の悪い会社です。
このように、CSのパターンを見れば会社の状況はおおよそ把握できるのです。

スーツに笑顔の國貞先生

國貞克則(くにさだ・かつのり) フロー計算書とは
ボナ・ヴィータ コーポレーション代表取締役
1961年岡山県生まれ。東北大学機械工学科卒業後、神戸製鋼所入社。海外プラント建設事業部、人事部、企画部、海外事業部を経て、1996年米国クレアモント大学ピーター・ドラッカー経営大学院でMBA取得。2001年ボナ・ヴィータ コーポレーションを設立。ドラッカー経営学の導入支援や会計研修が得意分野。著書は『財務3表一体理解法』(朝日新書)、『ドラッカーが教えてくれる「マネジメントの本質」』(日本経済新聞出版)など多数。訳書に『財務マネジメントの基本と原則』(東洋経済新報社)がある。

管理部門の業務ソリューション エスペイシャル

mail

キャッシュフロー計算書とは資金の収支を原因別に集計した資料で、決算書のひとつである損益計算書では分からない、実際のおカネの動きを明らかにすることができます。
キャッシュフロー計算書では、まずキャッシュの増減を「営業活動によるキャッシュフロー」、「投資活動によるキャッシュフロー」、「財務活動によるキャッシュフロー」の3つに区分します。さらに、これら3つを合計して1年間の「現金及び現金同等物の増減額」を計算し、これに「現金及び現金同等物の期首残高」を加えて「現金及び現金同等物の期末残高」を表示します。
(フロー計算書とは 1)営業活動によるキャッシュフロー

(2)投資活動によるキャッシュフロー
「投資活動によるキャッシュフロー」には、土地や建物などの「固定資産」や株式など「有価証券(現金同等物を除く)」の取得・売却や、資金の 貸付や回収による資金の増減額を記載します。なお、売却時に記載される金額は売却損益ではなく売却額になります。例えば、購入価格が 5,000万円の土地を2,000万円で売却した場合、記載される金額は2,000万円のプラスとなります(損益計算書の売却損3,000万円と混同しないように注意しましょう)。「投資活動によるキャッシュフロー」の金額は、将来の利益獲得や資金運用のため1年間でどの程度の資金を支出し、また 回収したのかを把握するための情報になります。

(3)財務活動によるキャッシュフロー
「財務活動によるキャッシュフロー」には、資金の調達と返済による資金の動きを記載します。具体的には、銀行等からの借入や社債・株式の発行による資金の調達、借入金の返済や社債の償還、自己株式の取得による資金の返済、配当金の支払などを記載します。元金返済に伴って支払う利息は営業活動によるキャッシュフローに記載します。「財務活動によるキャッシュフロー」の金額は、営業活動や投資活動を維持する ために、1年間でどの程度の資金調達や返済を行っているかを把握するための情報になります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる