FXトレーダー

テクニカル指標一覧

テクニカル指標一覧
次に日経平均株価の週足チャートです。

日経平均株価の週足を見るとRSIも横ばいとなっており、ストキャスティクスも中心あたりで推移しているため、オシレーターを見る限りは買いの水準かどうかを判断するのは難しい位置です。

本日の予定【経済指標】

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data テクニカル指標一覧 Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 テクニカル指標一覧 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

軟調な日米株式市場の今後は?テクニカル分析目線で予測【2022年6月】


上記はS&P500指数の月足チャートです。

日経平均株価(月足)

続いて日経平均株価をチェックします。

日経平均株価ではRSIは50以上の水準で維持しており、ストキャスティクスも一度売られ過ぎの水準に到達してから、再度反発してきているという状態です。

S&P500(週足)


週足のRSIは売られ過ぎの水準にまでは到達していませんが、ある程度調整が進んでいる状況です。もう少し下落したタイミングがいい押し目となりそうなため、調整する余地はまだあると言えるでしょう。

日経平均株価(週足)

次に日経平均株価の週足チャートです。

日経平均株価の週足を見るとRSIも横ばいとなっており、ストキャスティクスも中心あたりで推移しているため、オシレーターを見る限りは買いの水準かどうかを判断するのは難しい位置です。

S&P500(日足)


50日単純移動平均線と200日単純移動平均線を表示させています。

日経平均株価(日足)


次に日本株ですが、S&P500指数と同様にデッドクロスはしているものの、下落圧力は米国と比較して強い動きにはなっていません。元々日本株自体の上昇幅が米国と比較して弱かったという面もあり、上昇幅が元々小さかった分、下落幅も小さいという考え方もできるでしょう。

ヒロセ通商 ~テクニカル指標・取引ツールについて

ヒロセ通商

サムネ画像

ヒロセ通商 ~良い点・悪い点・使ってみた感想など (総評)

サムネ画像

ヒロセ通商 ~スプレッド・約定力について

サムネ画像

ヒロセ通商 ~スキャルピング規制・禁止について

サムネ画像

ヒロセ通商 ~サーバ安定度・サーバ落ちについて

サムネ画像

ヒロセ通商 ~取り扱える通貨ペアについて

サムネ画像

ヒロセ通商 ~テクニカル指標・取引ツールについて

サムネ画像

ヒロセ通商 ~便利な取引機能を紹介!

サムネ画像

私が行っている取引ツールの設定方法 (ヒロセ通商)

DMM.com証券 ~テクニカル指標・取引ツールについて

DMM.com証券

サムネ画像

DMM.com証券 ~良い点・悪い点・使ってみた感想など (総評)

サムネ画像

DMM.com証券 ~スプレッド・約定力について

サムネ画像

DMM.com証券 ~スキャルピング規制・禁止について

サムネ画像

DMM.com証券 ~サーバ安定度・サーバ落ちについて

サムネ画像

DMM.com証券 ~取り扱える通貨ペアについて

サムネ画像

DMM.com証券 ~テクニカル指標・取引ツールについて

サムネ画像

DMM.com証券 ~便利な取引機能を紹介!

サムネ画像

私が行っている取引ツールの設定方法 (DMM.com証券)

高機能トレーディングツール

補足

価格指標以外のテクニカル指標は、価格チャートの下に表示されます。

テクニカル指標の表示設定を変更する

補足

色だけでなく、形状やサイズの設定も変更可能です。

テクニカル指標を削除する

補足

  • 凡例が複数あるテクニカル指標は、先頭の凡例を選択すると、ほかの凡例もまとめて削除されます。
  • 例)一目均衡表の場合:凡例の先頭にある「転換線」を選択すると、その他の「基準線」「先行スパン1」「先行スパン2」および「遅行スパン」も同時に削除できます。

補足

価格指標以外のテクニカル指標を非表示にする場合は、右上の×マークをクリックしてください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる