取引プラットフォームガイド

本質的価値の定義

本質的価値の定義

5.スピリチュアリズムとは何か(スピリチュアリズムの定義)

スピリチュアリズム運動を主導する側から見たときの“スピリチュアリズム”とは ―― 「霊界主導の地球人類救済プロジェクト」ということになります。これがスピリチュアリズムの本質を最も的確に表現している定義であり、一次的定義(根源的定義)となります。そうした霊界の高級霊による地球人類救済計画を細分化して見ると、そこにさまざまなスピリチュアリズムの小定義が成立しますが、それらについてはこれから順次、明らかにしていくことにします。

(3)地上サイドからのスピリチュアリズムの定義

地上サイドから見た“スピリチュアリズム”とは ―― まず「宗教の形式をとらない新しい心霊啓蒙運動」そして「地球人類史上、初めての地球規模の宗教改革運動」ということになります。宗教にとっての最大の使命でありテーマである死生観・死後観・霊魂観に明確な解答を与え、これまでいずれの宗教でもなし得なかった「霊的革命・宗教革命」を起こすのがスピリチュアリズムということです。

さらに地上サイドからスピリチュアリズムを見ると ―― 「地球人類の霊性復興運動」「地球規模の霊的覚醒運動」ということになります。地上人類の悲劇の元凶である「霊的無知」を解決するために、霊界から「霊的真理」が伝えられました。それを受け入れるところから地上人の救いの道が始まります。霊的真理と出会い、それを受け入れ実践することによって、地球全体を支配してきた「物質至上主義・利己主義」という霊的成長の阻害要因が取り除かれていくことになります。

スピリチュアリズムは、霊的真理に基づく一人一人の人間の「霊的成長の道」であると同時に、地球人類全体にとっても「霊性復興の道」となっています。その意味でスピリチュアリズムは ―― 「霊的真理による霊的同胞世界確立の大プロジェクト」と言えるのです。

(4)スピリチュアリズムの定義のまとめ

スピリチュアリズムの1次的定義(根源的定義)
―― 霊界サイドから見たスピリチュアリズム 本質的価値の定義 霊界主導の地球人類救済プロジェクト

スピリチュアリズムの2次的定義
―― 地上サイドから見たスピリチュアリズム 地球人類史上、初めての地球規模の宗教革命 霊的真理に基づく地球人類の霊性復興運動 霊的真理普及による霊的同胞世界確立運動

スピリチュアリズムの小定義 心霊研究を通して人類史上、初めて“霊魂説”を実証しようとする運動 霊界通信を通して人類史上、初めて霊界から直接「霊的知識・霊的教訓」を得て、それを広めようとする霊的思想の啓蒙運動 霊的真理を日常生活で実践し、「霊的成長」を達成しようとする霊的人生実践運動 心霊研究・霊的思想・霊的実践のプロセスを通して、「霊的成長」を達成しようとする霊性啓発運動 地球人類史上、初めての真の反戦・平和運動 地球を利己愛支配から利他愛支配へと変える「愛の革命」 霊的同胞意識・霊的兄弟意識を地球人の共通意識にしようとする人類史上、初めての「霊的革命」 物質中心主義・利己主義を排除し、霊中心主義・利他主義へ転換させる運動 地球上の人間社会を、物質的価値観支配から霊的価値観支配へと霊的レベルアップさせる運動 霊界で常識となっている唯一の信仰生活を地球上にもたらそうとする超宗教確立運動 霊的摂理に立った動物との共生関係確立を目指す真の動物愛護運動

© 1999-2022 スピリチュアリズム普及会 (Missionary Circle for Spiritualism). All Rights Reserved.

商標価値の本質をご存知ですか?

商標価値は、企業のアイデンティティを差別化するために重要な役割を担っています。 商標価値は、製品が消費者にもたらす価値を定義するものであり、マクロ的には、市場が製品に対してどの程度反応しているかを示すものです。 長期的には、受け取るリターンや利益の価値を高めるだけでなく、市場における地位や評判、つまりブランドの価値を高めることになります。 しかし、そう簡単にはいきません。 実際、ほとんどの専門家やプロフェッショナルは、商標価値の本当の意味を定義するために、さまざまな試みを行っています。 商標価値は複雑で多面的な性質を持っているため、正確な定義はありません。 それでも、商標価値の概念全体の下にあるさまざまな要因や考慮事項をすべて理解することで、商標価値の測定と構築の方法を理解し、習得することができます。

商標価値を理解することは非常に重要です。なぜなら、広く認知されたブランドを持つことは、大手企業、ジェネリックブランド、ゲーム内の新興企業など様々な競合と対峙する際に、価格や市場シェアの面で優位に立つことができるからです。 製品の品質、販売量、アフターサービス、そして効率的なオペレーションがすべてです。 ビジネスが構築され、大きな商標価値が得られると、消費者からの信頼が得られ、自社とその製品に対する評判が高まり、新製品のテスト、研究、生産のための手当ができ、ブランドのマーケティングに役立ちます。

商標価値は、ブランドの価値に関するものです。 さて、商標価値の価値を理解することを考える前に、まず自分のブランドの意味を理解することは理にかなっていると思います。 具体的には、ブランド・アイデンティティは、多くの場合、さまざまな視覚的要素を使って、公共の場でサービスを紹介し、構成することに焦点が当てられています。

ブランドの認知度とは、その名の通り、商標価値の定義におけるもう一つの概念で、ブランドが顧客や一般大衆にどの程度知られているかを意味します。 これは、消費者がどれだけ早くブランドやサービスを指摘し、他のすべてのものと区別できるかをテストするものです。 ブランドの存在を知っているのでしょうか? どんな製品を売っているのか知っているのだろうか? 彼らがブランドから連想する価値観や評判はどのようなものでしょうか? これは、ブランドを世に紹介する能力と、世間がブランドにどう反応するかが試されるのです。

商標価値を議論し、定義する際に重要なのは、自社のブランドやサービスが世間、特にターゲットとしている顧客層からどのように認識されているかを見失わないことです。 ブランド認知度は商標価値の重要な構成要素であり、今日の人気企業を見て、その競合製品に触れると、誰かが人気ブランドの製品の方が優れている理由を聞くことが多いようです。 他の要素(特に価格)に関係なく、多くの人がベストと考えるブランドや会社は、他のどの会社よりも優れていると考えられているのです。

商標価値の測定方法を理解する上で、顧客がどの程度商標価値に影響を及ぼしているかを理解する必要があります。 結局のところ、商標価値の成長は、消費者の反応や行動によって左右されることに留意する必要があります。 もちろん、ブランド構築のための努力に意味がないと言っているわけではありません。 消費者の行動や意思決定、ブランドがどのように認識されているか、ブランド製品やサービスがどのように思われているかなどを見ることで、商標価値を把握することができます。 彼らのフィードバックは、商標価値を測定するだけでなく、長い目で見たときに役立つものです。 アンケートフォームやフォローアップメール、ソーシャルメディアでの交流を通じて、感想や意見を求めることができます。

もちろん、商標価値を測定するための主要なツールの1つは、サービスプロファイルやその他の財務データにどのような影響を与えるかを見ることです。 このデータは、どれだけの収益を得ているか、あるいは資産としての商標価値の価値に基づいている場合があります。 さらに、測定した時間における自社のシェア率も見ることができます。

商標価値を構築するためのもう一つの重要なステップは、お店やウェブサイトを訪れるすべてのお客様に最高の顧客体験を提供することに注力することです。 すべてのお客様に対するブランドの体験を向上させるために投資する革新的な方法はたくさんあります。 しかし、彼らが十分なケアを受けられるように、また、すべての努力が本当に彼らを助け、満足させることを目的としていることを確認することが肝要です。

製品やカスタマーサービスは、商標価値を構築する計画に十分に貢献しますが、ブランドが市場に浸透するためには、さらに時間と労力をかける必要があります。 多くの人が、ブランドやサービス、提供するものすべてを知っている、あるいは知っている可能性があるのです。 ウェブサイトの構築からソーシャルメディアの統合や交流まで、利用可能で自社のサービスやブランドに適したあらゆるオンラインプラットフォームを活用しましょう。

商標価値の測定と構築には、多少の余分な労力が必要かもしれません。 しかし、商標価値の定義を考えれば、最終的にはすべて価値があることなのです。 つまり、商標価値がしっかりしているということは、自社の努力に顧客がしっかりと応えてくれているということなのです。 両手を広げて抱かれたいと思わない人はいないでしょう?

本質的価値の定義

#ブランディングを起点とすると、「PR」の本質が見えてくる。 | 事業変革のヒントが見つかるリブランディングマガジン

  • #ブランディングを起点とすると、「PR」の本質が見えてくる。

ブランディングを起点とすると「PR」の本質が見えてくる(リブランドならYRK&)(BtoBブランディング)

そもそも PRとは?

ブランディングを起点とすると、「PR」の本質が見えてくる_image01(リブランドならYRK&)(BtoBブランディング)

そもそも PRは、1775 年に始まったアメリカの独立戦争が起源とされています。かつてイギリスの植民地であったアメリカが独立するためには、民衆と想いを共有し、共に行動を起こすことが必要であり、世の中との関係構築を実現しなければならなかったのです。ここから、PRという概念が生まれました。元々政治的な要素が強かった PRですが、歴史を重ねていくうちに、マーケティングの一部となったのです。

世界のPRと日本のPRの違い

2-1 世界のPRの捉え方

こうした時代背景からアメリカは、いち早く PRをビジネスにうまく取り入れ、経済発展を実現させた国の一つです。マーケティングの世界で広告代理店が主に最前線に立っている日本に対し、アメリカでは PR会社が最前線に立っています。世界的にファンが多いブランドや世界的企業を数多く輩出しているアメリカではPRという戦略が非常に重要視されているのです。

本質的価値の定義

本質的な価値を持つ「研究者」に投資し、カネでカネを生む資本主義に立ち向かう─リアルテックファンド代表・永田暁彦

  • BUSINESS
  • 2018.本質的価値の定義 08.16

本質的な価値を持つ「研究者」に投資し、カネでカネを生む資本主義に立ち向かう─リアルテックファンド代表・永田暁彦

聞き手:米田智彦、長谷川賢人 文・構成:長谷川賢人 写真:神保勇揮 デザイン:大嶋二郎

株式会社ユーグレナ 取締役CFO
株式会社ユーグレナインベストメント 代表取締役社長
リアルテックファンド 代表

儲かると誰でもわかるベンチャーには投資しない

永田:リアルテックファンドは、2014年から立ち上げ準備をして、翌15年の4月に設立、それ以来僕が代表を務めています。ですから、僕は一部上場企業のCFOと、テクノロジーファンドの代表を3年半にわたって兼任している状態です。ファンドについて言えば、僕の投資人生は「社会へのインパクトがリターンであり、それを最大化したい」と常に考えています。

永田:まず言いたいのは「成功すると誰でもわかるベンチャーには投資しない」ということですね

永田:みんながわかる成功しそうで儲かりそうなベンチャーなんて、誰かが出資しますから。そういうベンチャーで儲けても僕たちのファンドの存在意義はありません。誰も出資してくれないけれど、僕たちがいなければ世に出ないであろうテクノロジーベンチャーに投資をするんです。社内で投資先ベンチャーの検討をする際も将来いくらの株価になるか、ではなくどういう社会インパクトを与えるか、を最重要視しています

世の中にお金が必要な人たちはたくさんといます。ただ、僕の根本にあるマインドは「本来的には価値がある、または価値を発揮できるのに、お金や環境のせいで発揮できない人を救いたい」なんです。

ユーグレナは研究開発型ベンチャーとして創業以来、資金調達や企業連携で苦労してきました。その後、ユーグレナが株式上場した後に、年間でいえば300社くらいのベンチャーや研究者から資金調達の方法などの相談を受けたんですね。話を聞くほど、自分たちが10年前に苦労したことと同じ内容で悩んでいて、未だに誰も助けてあげる環境になっていないんだなと実感しました

「第3期リアルテックブーム」の波に乗れ

永田:僕はやっぱり今の資本主義、経済主義における最大の問題点は、すでに10億円を持っている人が「15億円欲しい!」と願うことだと考えているんです。いいじゃないですか、10億円持っているなら、もうそれで

必要以上のお金が投資されるべきところに回ることで、本質的に社会がより良くなっていくはずなんです。自分が80歳の頃に不治の病を患ったとしたら、まぁ、死にますよ。けれども、40歳の頃に研究者へ投資していたら、その病は80歳の頃には治せるようになっているかもしれないじゃないですか。ただその人だけが資産を5倍にしても、社会は何も変わらないんです。

お金を得ても僕はサーフィンとキャンプにしか興味がなかった

永田:それと、もうひとつ体験としてはあって。ユーグレナが上場して、僕も少なからずお金を持ったわけですよ。そこでみんながやりたいと思いそうなことは全部やってみよう、とやってみました。お金のなかった自分が持つとどう変わるのか、お金の持つ意味とか人の欲というものを理解したかったんです。

永田:そういうのですね。全部やってみたんですよ、すごい短期間で。そしたら結局、僕はサーフィンとキャンプにしか興味がないってわかりました。結果、どちらもほとんどお金がかからないという(笑)。なのですぐに上場前の生活に完全に戻りました。ユーグレナの役員同士で飲みに行くのも普通の餃子屋さんとかですし。

「推進力のある人間」を育てていく課題

永田:コアになる技術があっても、開発段階の研究にお金が付かないせいで、開発を続けられないことです。つまり、お金があればその課題は越えられるんですよ

だから、真の課題としては、素晴らしい技術が100あっても、その苦境を自力で越えられるような、事業をつくる「推進力のある人間」の数が、技術の数に対してはるかに少ないんです。その両者をファンドでつなげていくことも大事ですが、「推進力のある人間」が増えていくことが一番に大切だというふうに思っています。

「ビジョン」「サイエンス」「アート」の三角形

永田:僕は「ビジョン」「サイエンス」「アート」が、大切な三角形なんだと思っています。人はやっぱり最後は感覚で動きますから。感覚に訴えるワークをしながら、実利を取るほうに流していきたい。

永田:「誰に投資するか」に尽きますね。要件はあれど、突き詰めていくと「前に進む理由が明確にある人」です。お父さんが亡くなった病気を治せるようにしたい、お金がない環境に育ったから稼ぎたい、とか。理由はなんでもいいけれど、それをやめない人です。

Share

生活、そして社会を本質的にアップデートさせていく。次代を見越して日本のものづくりに対する価値の再定義に挑む。

世界で戦えるリアルテック企業を生み出したい。事業創造に直結する夢のある仕事

NET jinzai bankからfor Startupsへ。社名変更は、インターネットセクターだけでなく、あらゆる産業における有望スタートアップを支援していくという会社の姿勢の表れでもある。その変化を受けて、「自分の出番だ」とばかりに新たにジョインしたメンバーがいる。ものづくりに魅入られ、世界で戦えるリアルテック企業を一社でも多く支援したいという熱い思いを持つ神宮司茂だ。航空宇宙、医療、ロボティクス。神宮司の前に、魅力的なマーケットが広がっている。

民間企業が人工衛星を打ち上げる時代へ。まるで「下町ロケット」の世界

自らスタートアップに身を置き、素晴らしさを実感。その経験を広めたい

最適な人材を投入することで、世界で戦える会社に変革も。夢あふれる仕事

for Startupsを、「最初は人材紹介の会社だと思いました」と、神宮司は正直に打ち明ける。だが、すぐに違うとわかった。「いわゆる紹介業と違うのは、事業創造に直結していること。今、私がやっているのは、形だけを見ると求職者の支援です。でも、立ち上げたばかりで、自分たちにどのような人材が必要なのかもわからない会社に、『このような考え方、動き方ができる人が加われば、事業が大きく伸びるのでは』と提案し、実際にそのような人をご紹介する仕事なのです」。良き技術があるのに、それを広める手段のない会社に、最適な人材を投入することで、世界に名を轟かせる会社にも変革し得る。for Startupsでの仕事をそのように理解し、神宮司の夢は膨らんだ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる