無料講座

ダークプールとは何か

ダークプールとは何か
東京と大阪で限定開催!

5分で学ぶ、デイヴィッド・ホックニー【プール作品の制作秘話、絵画の歴史の探求者、iPad】

わくわくするデザインの豆知識

プールサイドの水しぶき。すっきりとした幾何学的なフォルムや色彩の効果もあり、とても爽やかに夏の一瞬を描いた作品ですよね。 作者の名は、 デイヴィッド・ ホックニー。イギリスを代表するポップアーティストです。

1. デイヴィッド・ホックニーの生い立ち

初期の頃は、フランシス・ベーコンからの影響を受けて暗い色調の作品を多く描いていましたが、ロサンゼルスに移住した後は作風が一変。西海岸の力強い太陽光を感じられる鮮やかな色彩の作品を多く制作するようになります。また、 シャワールームやスイミングプールなどの日常の場面、親しい人たちのポートレイト作品など、身近な生活の中の ものごとをモチーフに、独特の世界観を作り上げていきました。

2018年11月、NYで開催されたクリスティーズオークションに出品された《Portrait of an Artist (Pool ダークプールとは何か With Two Figures)》は、9031万2500ドル(約103億円)で落札された実績があります。

2. 光が降り注ぐ不規則な水面と幾何学

3. 常に新しいことを追い求める探究心

2010年にiPadが発売されると、すぐにドローイングのツールとして導入。その頃に、カリフォルニアにあるヨセミテ国立公園を訪れたホックニーは、iPadを使って初めての作品シリーズ「The ダークプールとは何か Yosemite Suite」を製作します。iPadのアプリのみで描かれた本作は、鮮やかな色彩が多層的に描かれており、ヨセミテの雄大でダイナミックな自然が迫力よく描かれてました。

また、iPadを手にしてからは作品数も増えており、フランスのノルマンディー地方の光や天候の変化をとらえた作品シリーズは、100枚を発表。これらは2021年の10月には「睡蓮の間」で有名なフランス・パリのオランジュリー美術館にて、ロックダウン(都市封鎖)中に制作された全長91メートルのモネへのオマージュとなる大型作品《A year in Normandy(ノルマンディーの1年)》とともに展示され、話題を呼びました。

生物学的プールとは何ですか?

生物学的プールはリラクゼーションの場所です

今日、浄化するのに塩素を必要とせず、生きている植物を必要とするプールが発明されました。 背景はクラシックなフェイクブルーではなく、水の端に触れると、その冷たいコンクリートの感触はありません。 これらは植物精製された生物学的プールであり、それ自体を洗浄することができます。つまり、洗浄を維持するために化学製品を必要としません。.

これは、水生植物の生物学的ろ過によって達成されます。、水を浄化し、集めた物質を使って成長します。 存在する微生物に生命を与えることができます。 浄化部分に加えて、底だけで制限された水域全体を形成するダイビングができる部分があります。 このように、水は常に透き通っています。 バイオプールは、建築とエクステリアデザインの最先端技術です。 プールは完全に自然で、実際には淡水でリラックスできるように環境素材で作られています。

生物学的プールの利点

生物学的プールは庭にとって興味深いものです

革新的な生物学的プールは間違いなく従来のものの有効な代替手段であり、それらを特徴付ける自然な挿入のおかげでそれらとは異なります。、素晴らしい環境にやさしい結果を形成します。 ダークプールとは何か したがって、植物精製プールの利点はたくさんあります。

  • 環境に完全に統合して、可能な限り自然に見えるようにします。
  • バイオプールは寒い時期にカバーする必要がないので、常に装飾的な要素です。
  • それは健康であり、動植物の両方の環境と生物に害はありません。
  • 自然のプールは、通常のプールの建設を許可しない環境上の制限がある場所に建設することもできます。
  • その建設に使用されるすべての材料は自然であり、環境に配慮しています。
  • 個人的にどれだけ寒いのかを常に考慮しながら、四季を通じて入浴が可能です。

したがって、バイオプールは、自然を愛し、尊重する人々にとって理想的です。なぜなら、入浴に使用されるだけでなく、水生植物の連続した輪、つまり生命に満ちた場所である、動植物のある真の生態系だからです。人々にとって治療的で特にリラックスできる。 植物プールでの入浴は、本物の池での入浴のようなもので、典型的な塩素の不快な臭いがなく、きれいな水の喜びを感じます。 人工プールの。

バイオプールを飾る方法

生物学的プールは環境を尊重します

自然のプールは、環境を尊重することを約束する協会によって保証および認定された天然素材のみが使用されているため、完全に生態学的で環境的に持続可能な庭園に平和とリラクゼーションのオアシスを作りたい人にとって理想的なソリューションです。 その設計は通常、どの生物学的プールでも同じであり、 それが彼らの本質を尊重している限り、あなたはあなたが望むようにそれらを飾ることができます。 ナチュラル。

このタイプの植物精製プールは、常にXNUMXつの異なる領域に分けられます。XNUMXつは入浴専用で、もうXNUMXつは植物専用です。, 両方とも漏れから保護されています 海底の下に隠された防水シートによって。 入浴エリアには水生植物は含まれていませんが、水の最終的な酸素化はこのエリアで行われます。 一方、水生植物の比表面積は、プールの合計サイズの約30%である必要があり、できれば入浴面積よりも大きくする必要があります。

このようにして、水はある領域から別の領域に流れ、小さな滝を作ります。これにより、水はより酸素化されます。 XNUMXつのエリアの間のゾーンには、水の再生を助けるために浅い周辺の河岸ゾーンがあることが重要です。。 システムを完成させるために、閉鎖環境で水を循環させるために不可欠な再循環ポンプがあります。 ユーザーのニーズに応じて、表面除去システムまたはその他の特定のアクセサリがその都度ある場合があります。

夏は「ひらパー」!プールではしゃいで、お化け屋敷でひんやり! 【大阪】

「ドンブラー」なんと全長210m!ダークプールとは何か ダークプールとは何か 流れにのんびり身を任せよう 「シエスタ」展望プールでゆったり市内を一望!

ハリケーンスライダー

無料で楽しめる「ハリケーンスライダー」!

キャニオンライド

「キャニオンライド」で激流を下ろう! ※身長120cm未満の方は利用不可

ノームのスプラッシュビート

「ノームのスプラッシュビート」

ザ・ブーン
営業時間/2018年7月7日(土)~9月2日(日) 10時~17時、
2018年7月7日(月)~20日(金)の平日、8月27日(月)ダークプールとは何か ~31日(金)は16時まで
定休日/2018年7月10日(火)・17日(火)
料金/おとな900円、こども(2歳~小学生)500円
※ひらかたパーク入園料金が別途必要
「キャニオンライド」「クライングチューブ」は1回300円

プールを楽しんだ後は…

「ダークピエロの隠れ家」「呪われた夜の遊園地 笑うキラーピエロ」

人気お化け屋敷プロデューサー・五味弘文氏が企画演出 不気味なピエロにゾッとします…

日中のお化け屋敷「ダークピエロの隠れ家」では恐ろしいピエロの隠れ家に潜入し、捕らわれた人を救い出すというストーリー。一方、閉園後の遊園地を貸し切ったホラーナイトイベント「呪われた夜の遊園地 笑うキラーピエロ」では昼間の楽しい雰囲気から一転、閉園後の怪しい雰囲気に背筋が凍るという普段は体験できないシチュエーションでの恐怖が味わえます。このホラーナイトイベントはスマートフォン・タブレット端末を使用するので新感覚の恐怖体験ができること間違いなし!

ひらパー恐怖体験×NTT西日本「呪われた夜の遊園地 笑うキラーピエロ」

開催日/2018年7月20日(金)~22日(日)・27日(金)~29日(日)、8月3日(金)~5日(日)・10日(金)~19日(日)・24日(金)~26日(日)・31日(金)~9月2日(日)
開催時間/(1)20:ダークプールとは何か 00~ (2)20:30~ (3)20:ダークプールとは何か 50~
※集合時間は各スタート時間の20分前、想定所要時間は約1時間
「ダークピエロの隠れ家」はひらかたパークと同じ営業時間
料金/1回3,500円(遊園地入園付き)

ひらパー恐怖体験×NTT西日本「ダークピエロの隠れ家」
開催日/2018年7月14日(土)~9月2日(日)
開催時間/2018年7月14日(土)~31日(火)12:00~18:00
※7月18日(水)~20日(金)は12:00~17:00
2018年8月1(水)~26日(日)10:00~19:00、27日(月)~31日(金)10:00~17:00
料金/1回800円※2歳から有料 ダークプールとは何か
※チケットはイベントホールⅡ入口の券売機にて販売
※入園料金別途必要、フリーパス利用可

原画展「進撃の巨人 THE ANIMATION GALLERY」

進撃の巨人原画展

東京と大阪で限定開催!

2018年9月10日(月)から10月8日(月・祝)まで「進撃の巨人 THE ANIMATION GALLERY」が開催。 ダークプールとは何か
大人気TVアニメ「進撃の巨人」Season3の放送を記念した原画展で、残酷で美しい作品世界を鮮烈に描き出した巧緻極まる珠玉のアニメーション原画が多数展示され、目が離せません!
貴重な制作資料とともに、巨人と人類の壮絶な戦いを振り返ることができます。描き下ろしイラストを使用した、イベント記念限定商品の販売も。
また、開催日に先駆けて、一足先に原画展を楽しむことができる「特別内覧会」のチケットも現在発売中。パンフレットと限定グッズも付きのチケットでローソンチケットにて購入可能です。

原画展「進撃の巨人 THE ANIMATION GALLERY」
開催場所/ひらかたパーク イベントホール1
開催時間/2018年9月10日(月)~10月8日(月・祝)
【平日】10:00~17:00
【9月10日(月)~30日(日)の土・日曜・祝日】10:00~18:00
【10月6日(土)~8日(月・祝)】10:00~20:00
※期間中休園日あり
料金/前売券 おとな(中学生以上)1800円、こども(ダークプールとは何か 2歳~小学生) 1,300円
当日券 おとな(中学生以上)2,000円、こども(2歳~小学生)1400円
※前売券、当日券ともにローソンチケットで販売。ただし、ひらかたパーク入園券等を持っている場合は当日会場入口で入館券(600円)が必要
販売期間は2018年5月12日(土)~9月9日(日)
音声ガイド1人1回 700円

特別内覧会
開催時間/2018年9月8日(土)・9日(日)
10:00~、12:ダークプールとは何か 00~、14:00~、16:00~
※完全日時指定制
※両日とも18時完全閉館
料金/特別内覧会チケット(入園料、入館料、パンフレット、収納ファイル付きポストカード6枚セット(描き下ろし原画使用))4,000円
※各日1,500枚限定販売(2日間合計3,000枚)、ローソンチケットのみで限定販売

まとめ
いかがでしたか?この夏はひらかたパークで思いっきりはしゃいで、涼しくなりましょう!
ぜひ「ひらパー」に足を運んでみてくださいね!

ひらかたパーク ダークプールとは何か
TEL/072-844-3475
住所/〒573-0054大阪府枚方市枚方公園町1-1
営業時間/10:00~17:00(変動あり)
定休日/不定休
アクセス/電車:京阪「枚方公園」駅から徒歩5分
車:阪神高速守口線守口方面最終出口より20分
駐車場/普通車1日1,500円
料金/入園+フリーパス中学生以上4,000円、小学生3,800円、2歳以上2,600円(入園+プールのみは中学生以上2,300円、2歳~小学生1,300円)
「ひらかたパーク」の詳細はこちら

5分で学ぶ、デイヴィッド・ホックニー【プール作品の制作秘話、絵画の歴史の探求者、iPad】

わくわくするデザインの豆知識

プールサイドの水しぶき。すっきりとした幾何学的なフォルムや色彩の効果もあり、とても爽やかに夏の一瞬を描いた作品ですよね。 作者の名は、 デイヴィッド・ ホックニー。イギリスを代表するポップアーティストです。

1. デイヴィッド・ホックニーの生い立ち

初期の頃は、フランシス・ベーコンからの影響を受けて暗い色調の作品を多く描いていましたが、ロサンゼルスに移住した後は作風が一変。西海岸の力強い太陽光を感じられる鮮やかな色彩の作品を多く制作するようになります。また、 シャワールームやスイミングプールなどの日常の場面、親しい人たちのポートレイト作品など、身近な生活の中の ものごとをモチーフに、独特の世界観を作り上げていきました。

2018年11月、NYで開催されたクリスティーズオークションに出品された《Portrait of an ダークプールとは何か Artist (Pool With Two Figures)》は、9031万2500ドル(約103億円)で落札された実績があります。

2. 光が降り注ぐ不規則な水面と幾何学

3. 常に新しいことを追い求める探究心

2010年にiPadが発売されると、すぐにドローイングのツールとして導入。その頃に、カリフォルニアにあるヨセミテ国立公園を訪れたホックニーは、iPadを使って初めての作品シリーズ「The Yosemite Suite」を製作します。iPadのアプリのみで描かれた本作は、鮮やかな色彩が多層的に描かれており、ヨセミテの雄大でダイナミックな自然が迫力よく描かれてました。

また、iPadを手にしてからは作品数も増えており、フランスのノルマンディー地方の光や天候の変化をとらえた作品シリーズは、100枚を発表。これらは2021年の10月には「睡蓮の間」で有名なフランス・パリのオランジュリー美術館にて、ロックダウン(都市封鎖)中に制作された全長91メートルのモネへのオマージュとなる大型作品《A year in Normandy(ノルマンディーの1年)》とともに展示され、話題を呼びました。

Azure ダークプールとは何か SQL Managed Instance プール (プレビュー) とは

適用対象: ダークプールとは何か Azure SQL Managed Instance

より小規模な SQL Server ダークプールとは何か インスタンスを大規模にクラウドに移行するための便利でコスト効率に優れた方法を提供する、Azure SQL Managed Instance のインスタンス プールです。

インスタンス プールを使用すると、すべての移行要件に従ってコンピューティング リソースを事前にプロビジョニングすることができます。 その後、事前にプロビジョニングされたコンピューティング レベルまで、個別のマネージド インスタンスを複数デプロイできます。 たとえば、8 個の仮想コアを事前にプロビジョニングする場合は、2 ダークプールとは何か つの 2 vCore インスタンスと 1 つの 4 ダークプールとは何か vCore インスタンスをデプロイしてから、これらのインスタンスにデータベースを移行できます。 インスタンス プールが利用できるようになる前は、より小規模でそれほどコンピューティング処理を必要としないワークロードは、クラウドに移行するときに、より大規模なマネージド インスタンスに統合しなければならないことがよくありました。 データベースのグループを大規模なインスタンスに移行する必要がある場合は、通常、慎重な容量計画とリソース管理、追加のセキュリティの考慮事項、インスタンス レベルでの何らかの追加のデータ統合作業が必要でした。

さらに、インスタンス プールではネイティブ VNet 統合がサポートされているため、同じサブネット内に複数のインスタンス プールと複数の単一インスタンスをデプロイできます。

  1. 2 vCore インスタンスをホストする機能。 "*インスタンス プール内のインスタンスに対してのみ"。
  2. 予測可能で高速なインスタンスのデプロイ時間 (最大 5 分)。
  3. 最小 IP アドレスの割り当て。

次の図は、仮想ネットワーク サブネット内に複数のマネージド ダークプールとは何か インスタンスがデプロイされているインスタンス プールを示しています。

instance pool with multiple instances

インスタンス プールを使用すると、同じ仮想マシン上に複数のインスタンスをデプロイすることができます。仮想マシンのコンピューティング サイズは、プールに割り当てられている仮想コアの合計数に基づきます。 このアーキテクチャでは、仮想マシンを複数のインスタンスに "パーティション分割" できます。2 個の仮想コアを含む、サポート対象の任意のサイズに分割できます (2 vCore インスタンスはプール内のインスタンスでのみ使用できます)。

最初のデプロイが行われると、プール内のインスタンスに対する管理操作は、はるかに高速になります。 これは、仮想クラスター (仮想マシンの専用セット) のデプロイまたは拡張が、マネージド インスタンスのプロビジョニングの一部ではないからです。

プール内のすべてのインスタンスは同じ仮想マシンを共有するため、IP の割り当ての合計はデプロイされたインスタンスの数に依存しません。これは、狭い IP 範囲のサブネットへのデプロイに便利です。

各プールには、9 つの IP アドレスのみの固定 IP 割り当てがあります (サブネット独自のニーズ用に予約されている 5 つの IP アドレスは含まれません)。 詳細については、単一インスタンスに対するサブネット サイズの要件に関するページを参照してください。

アプリケーションのシナリオ

次の一覧に、インスタンス プールを考慮する必要がある主なユース ケースを示します。

  • ほとんどが小規模なサイズ (たとえば 2 vCore または 4 vCore) の "SQL Server インスタンスのグループ" の同時移行。
  • "予測可能で短いインスタンスの作成またはスケーリング" が重要なシナリオ。 たとえば、インスタンスレベルの機能を必要とするマルチテナント SaaS アプリケーション環境に新しいテナントをデプロイする場合です。
  • "固定費" または "使用制限" があることが重要なシナリオ。 たとえば、固定サイズ (またはほとんどサイズが変化しない) の共有の開発/テストまたはデモ環境を実行していて、必要に応じてマネージド インスタンスを定期的にデプロイする場合です。
  • VNet サブネットで "最小 IP アドレスの割り当て" が重要なシナリオ。 プール内のすべてのインスタンスは仮想マシンを共有しているため、割り当てられた IP アドレスの数は、単一インスタンスの場合よりも少なくなります。

Architecture

インスタンス プールは、通常の ("単一の") マネージド インスタンスと同様のアーキテクチャを備えています。 Azure 仮想ネットワーク内のデプロイをサポートし、お客様に分離とセキュリティを提供するため、インスタンス プールでは仮想クラスターにも依存しています。 仮想クラスターは、お客様の仮想ネットワーク サブネット内にデプロイされている分離された仮想マシンの専用セットを表します。

2 つのデプロイ モデルの主な違いは次のとおりです。インスタンス プールは同じ仮想マシン ノード上で複数の SQL Server ダークプールとは何か プロセスをデプロイでき、Windows ジョブ オブジェクトを使用して管理されるリソースであるのに対し、単一インスタンスは仮想マシン ノード上に常に 1 つだけです。

次の図は、1 つのインスタンス プールと、同じサブネット内にデプロイされた 2 つの個別のインスタンスを示し、両方のデプロイ モデルの主要なアーキテクチャの詳細を示しています。

Instance pool and two individual instances

すべてのインスタンス プールは、その下に別の仮想クラスターが作成されます。 プール内のインスタンスと、同じサブネット内にデプロイされた単一インスタンスは、SQL Server プロセスとゲートウェイ コンポーネントに割り当てられたコンピューティング リースを共有しません。これにより、パフォーマンスの予測可能性が確保されます。

リソースの制限事項

  • インスタンス プールは、Gen5 ハードウェアでのみ使用できます。
  • プール内のマネージド インスタンスには専用の CPU と RAM があるため、すべてのインスタンスでの仮想コアの合計数は、そのプールに割り当てられている仮想コアの数以下になる必要があります はすべて、プール内に作成されたインスタンスに適用されます
  • インスタンスレベルの制限に加えて、次の 2 つの制限も "インスタンス プール レベルで" 適用されます。
    • プールあたりの合計ストレージ サイズ (8 TB)。
    • プールあたりのユーザー データベースの合計数。 この制限は、プールの仮想コア値によって異なります。
      • 8 個の仮想コアのプールでは、最大 200 個のデータベースがサポートされます。
      • 16 個の仮想コアのプールでは、最大 400 個のデータベースがサポートされます。
      • 24 個以上の仮想コアのプールでは、最大 500 個のデータベースがサポートされます。
      • インスタンス プールでは、8、16、24、32、40、64、および 80 の仮想コアがサポートされています。
      • プール内のマネージド インスタンスでは、2、4、8、16、24、32、40、64、80 の仮想コアがサポートされています。
      • プール内のマネージド インスタンスでは、次の場合を除き、32 GB から 8 TB のストレージ サイズがサポートされます。
        • 2 つの仮想コア インスタンスでは、32 GB から 640 GB のサイズがサポートされます。
        • 4 つの仮想コア インスタンスでは、32 GB ダークプールとは何か から 2 TB のサイズがサポートされます。

        サービス レベルのプロパティは、インスタンス プール リソースに関連付けられているため、プール内のすべてのインスタンスは、プールのサービス レベルと同じサービス レベルである必要があります。 現時点では、General Purpose サービス レベルのみを使用できます (ダークプールとは何か 現在のプレビューの制限事項については、次のセクションを参照してください)。

        パブリック プレビューの制限事項

        • 現時点では、General Purpose サービス レベルのみを使用できます。
        • ダークプールとは何か
        • パブリック プレビュー中にインスタンス プールをスケーリングすることができないため、デプロイの前に慎重に容量計画を策定することが重要です。
        • Azure portal では、インスタンス ダークプールとは何か プールの作成および構成のサポートはまだ利用できません。 インスタンス プールに対するすべての操作は、PowerShell でのみサポートされています。 また、事前に作成されたプールでの初回のインスタンス デプロイも、PowerShell でのみサポートされています。 プールにデプロイされると、Azure portal を使用してマネージド インスタンスを更新できます。
        • プールの外部で作成されたマネージド インスタンスを既存のプールに移動することはできません。さらに、プール内に作成されたインスタンスを、単一インスタンスとしてプールの外側に移動することも、別のプールに移動することもできません。 ダークプールとは何か インスタンスの価格については、提供されていません。
        • フェールオーバー グループは、プール内のインスタンスではサポートされていません。

        サポートされている SQL 機能

        プールにデプロイされたすべてのマネージド インスタンスには、SQL エージェントの個別のインスタンスがあります。

        オプションの機能、または特定の値 (インスタンスレベルの照合順序、タイム ゾーン、データ トラフィックのパブリック エンドポイント、フェールオーバー グループなど) を選択する必要がある機能は、インスタンス レベルで構成され、プール内のインスタンスごとに異なる場合があります。

        パフォーマンスに関する考慮事項

        プール内のマネージド インスタンスには専用の仮想コアと RAM がありますが、ローカル ディスク (tempdb 使用のため) とネットワーク リソースを共有します。 可能性は低いですが、プール内の複数のインスタンスでリソース消費量が同時に増加すると、"ノイジー ネイバー" (うるさい隣人) の影響を受ける可能性があります。 この動作を確認した場合は、これらのインスタンスをより大きなプールにデプロイするか、単一インスタンスとしてデプロイすることを検討してください。

        セキュリティに関する考慮事項

        プールにデプロイされたインスタンスは同じ仮想マシンを共有するので、セキュリティ上のリスクが高い機能を無効にするか、これらの機能へのアクセス許可をしっかりと制御することを検討してください。 たとえば、CLR 統合、ネイティブ バックアップと復元、データベース メールなどです。

        インスタンス プールのサポート要求

        インスタンス プールのデプロイ (作成または削除) に関連する問題が発生している場合は、[問題のサブタイプ] フィールドで [インスタンス プール] を指定してください。

        Instance pools support request

        プール内で単一マネージド インスタンスまたはデータベースに関連する問題が発生している場合は、Azure SQL Managed Instance の通常のサポート チケットを作成する必要があります。

        インスタンス プールの有無にかかわらず、より大きな SQL Managed Instance のデプロイを作成するには、より大きなリージョン クォータを取得することが必要な場合があります。 詳細については、「Azure SQL Database のクォータの増加を要求する」を参照してください。 インスタンス プールのデプロイ ロジックによって "プール レベルでの" 仮想コアの合計消費量がご利用のクォータと比較され、そのクォータをさらに増やすことなく新しいリソースの作成を許可するかどうかが決定されることにご注意ください。

        インスタンス プールの課金

        インスタンス プールを使用すると、コンピューティングとストレージを個別にスケーリングできます。 お客様は、仮想コアで測定されるプール リソースに関連付けられているコンピューティング、およびギガバイト単位で測定されるすべてのインスタンスに関連付けられているストレージ (最初の 32 GB はすべてのインスタンスで無料です) に対して料金を支払います。

        コンピューティング価格 (仮想コア単位) では、次の 2 つの価格オプションを使用できます。

        1. ライセンス込み: SQL Server ライセンスの料金が含まれます。 これは、ソフトウェア アシュアランス付きの既存の SQL Server ライセンスを適用しないお客様を対象としています。
        2. Azure ハイブリッド特典: SQL Server 向けの Azure ハイブリッド特典を含む割引価格。 お客様は、ソフトウェア アシュアランス付きの既存の SQL Server ライセンスを使用してこの価格を選択することができます。 資格情報とその他の詳細については、Azure ハイブリッド特典に関するページを参照してください。

        プール内の個々のインスタンスに対して、異なる価格オプションを設定することはできません。 親プール内のすべてのインスタンスは、ライセンス込みの価格または Azure ハイブリッド特典の価格である必要があります。 プールのライセンス モデルは、プールの作成後に変更できます。

        インスタンスにプールとは異なるライセンス モデルを指定すると、プールの価格が使用され、インスタンス レベルの値は無視されます。

        開発テスト特典の対象となるサブスクリプションでインスタンス プールを作成すると、Azure SQL Managed Instance で最大 55% の割引料金が自動的に受けられます。

        インスタンス プールの価格の詳細については、SQL Managed Instance の価格のページで "インスタンス プール" のセクションを参照してください。

        関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる