デモトレード

取引チャネルを刷新

取引チャネルを刷新
「EOS、EDIによる送受信回数が以前の一日30回程度から100回程度へと増加するなど、通信環境と基幹システムへの負荷の増大が目立つようになってきました。また、JCAなどの従来型のEDIに加えて、Web-EDIへの対応など、取引先ごとにさまざまなフォーマットやファイル形式のデータが発生。これにより運用が煩雑化してミスが発生するなど、個別対応のための開発が大きな負担となってきたのです。そこで、2007年になってEDIシステムの刷新を進めることになりました」とモンテールバリューの大山英治 氏は解説する。

メガバンクとしてのグローバル戦略を支える - 「みずほグローバルe-バンキング」を刷新

e-ビジネス営業部 GCMS推進室 GCMS企画開発チーム 次長の高石功氏は、「お客様の海外進出が増えるに伴い、さまざまな国や地域における固有の法制度や商習慣に合わせた形でインターネットバンキングを利用したいというニーズが高まってきました。ところが、こうしたローカライズの要求にスピード感を持って対応したいと考えても、老朽化したシステムでは柔軟な動きがとれません。現地の地場銀行や外資系銀行と競い合っていく上で、システムの仕組みそのものを見直すべき大きな節目を迎えていたのです」と語る。

評価ポイント

さまざまな国や地域特有のニーズに応える
フレキシブルなシステムおよびグローバルなサポート体制を提案

株式会社みずほ銀行
e-ビジネス営業部 取引チャネルを刷新 GCMS推進室 GCMS企画開発チーム
調査役 修行 一氏

e-ビジネス営業部 GCMS推進室 GCMS企画開発チーム 調査役の修行一氏は、「NTTデータが評価された最大のポイントは『総合力』です。インターネットバンキングについても従前のシステムから長年にわたる実績があり、当行の課題を一番理解してくれていました。システム開発だけでなく、当行海外拠点にも常駐して現地で直接サポートしてくれる、グローバルなサポート体制にも大きな安心感がありました」と語る。

導入の流れ

紙の書類で行っていた取引を
Web化して顧客ビジネスに貢献

株式会社みずほ銀行
e-ビジネス営業部 GCMS推進室 GCMS企画開発チーム
調査役 高和弘氏

みずほグローバルe-バンキングの刷新プロジェクトは、2013年2月から2014年3月までの「フェーズ1」、2014年10月までの「フェーズ2」と、大きく2つのステップで推進された。e-ビジネス営業部 GCMS推進室 GCMS企画開発チーム 調査役の高和弘氏は「フェーズ1では主に基盤および画面デザインの刷新を行い、フェーズ2ではさまざまな新機能の追加と利便性の向上を進めていきました」と説明する。

エース交易、「Oracle Coherence」を活用した「U-Forex1」採用により、外国為替証拠金取引システムを全面刷新

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄、以下 日本オラクル)は本日、エース交易株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 孝男、以下 エース交易)が外国為替証拠金(FX: Foreign Exchange)取引の顧客口座数の増加やスマートフォン対応による取引頻度増加への対応、さらなる高速・安定化を目的に、オラクルのインメモリ・データグリッド製品*「Oracle Coherence」(オラクル・コヒーレンス)を活用したFX取引システムを全面刷新したと発表しました。
*複数ハードウェアから構成されたサーバー群で仮想的な共有メモリ領域を確保して、大量のデータを高速処理する技術

本システムは、金融情報系やオンライン取引システムの豊富な導入実績を有するフラクタルシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区三番町、代表取締役社長:中川 正弘、以下 フラクタルシステムズ)が「Oracle Coherence」を活用して開発した、FX取引企業向けシステム「U-Forex1」(ユー・フォレックスワン)をベースにしています。

取引システムの刷新により、従来システムと比較し、以下のような投資家サービスの向上を実現しています:
-高レスポンスなシステムが実現する快適な取引環境
-リアルタイムなロスカットによる投資家保護
-スマートフォンなど多彩な取引チャネルの提供

本システムはフラクタルシステムズによるコンサルティング支援とシステム構築で実現されています。フラクタルシステムズの「U-Forex1」は、「Oracle Coherence」を中核として、「Oracle Database」、アプリケーション・サーバー「Oracle WebLogic Server」、Java仮想マシン「Oracle JRockit」、データベース・クラスタリング技術「Oracle Real Application Clusters」も活用されており、すでに2年半以上もの間、実サービスとして安定した稼働実績をあげているシステムです。

●「Oracle Coherence」 について
「Oracle Coherence」は、業界トップレベルのパフォーマンスを誇るインメモリ・データグリッド製品です。頻繁に使用されるデータに対して可用性と耐障害性を備え、高速かつ信頼性の高いアクセスを可能にします。これにより、業務に不可欠なアプリケーションを計画的に拡張できます。通信・メディア、金融、B2B/B2Cサービスなど、収益に直結するIT領域で活用され、高い投資効果を上げています。

●エース交易について
設立:1971年 従業員数:269名(2011年3月31日現在) 取引チャネルを刷新
事業内容:
商品先物取引法に基づく商品取引所における上場商品の売買取引および売買取引受託業務
金融商品取引所等における金融商品取引の売買取引(受託業務)
貴金属地金、金貨、純金積立などの取扱業務
インターネット取引「エースCXオンライン」「エース365」のサービス
金融商品取引法に基づく商品ファンドの設定、運用
国内、海外の政治、経済、商品情報の収集、分析、提供
http://www.acekoeki.co.jp/

●フラクタルシステムズについて
設立:1997年3月12日
おもな事業: 金融情報系システムやオンライントレードシステムの開発と提供
(商品、外国為替および証券オンライントレードシステム、金融情報系システム、ECサイト向け電子商取引システムなど)
http://www.fractal.co.jp/ TEL: 03-5275-7760 FAX: 03-5275-7762 E-mail: [email protected]

●「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」 概要
開催期間:2012年4月4日(水)~6日(金)
会場:グランドハイアット東京、ベルサール六本木、六本木ヒルズ アカデミーヒルズ49 取引チャネルを刷新
公式サイトURL:http://www.oracle.co.jp/openworld/

●「JavaOne Tokyo 2012」 概要
開催期間:2012年4月4日(水)~5日(木)
会場:六本木ヒルズ アカデミーヒルズ49
公式サイトURL:http://www.oracle.co.jp/javaone/

●オラクルについて
オラクルは、クラウド環境と皆様のデータセンターの両方においてハードウェアとソフトウェアが連携して稼働するよう設計します。オラクル(NASDAQ:ORCL)に関するより詳細な情報については、http://www.oracle.com 取引チャネルを刷新 をご覧ください。

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

取引チャネルを刷新

多くのトレーダーは、定期的に使用するどころか、取引計画を立てることはありません。 両方を行うことが不可欠です。 取引計画を立てて、あなたが作ったものを効果的に使用してください…ただそれを作って、それから多くの外国為替トレーダーがするように決してそれを見ないでください。

あなたは準備され、訓練された外国為替トレーダーになり、それを維持するためにXNUMXつの必要なことをする必要があります。 これらは次のとおりです。
1)外国為替取引計画を考案し、
2)フォーム(または既存の)外国為替取引ジャーナル、
3)両方を使用します。
次のような効率的な取引計画を中心に外国為替取引計画を作成する手段 価格行動の取引 取引計画の理解を深めるために働き、また、市場と対話するたびに必要なことの青写真を提供します。

市場の青写真を持つことは、長期的に外国為替通貨市場で利益を上げるために必要なタイプの氷のように冷たい規律を開発するために重要です。
取引ジャーナルに取引を記録することは、外国為替市場を取引する能力(またはその欠如)を視覚的に表現できるため、成功にとって重要です。また、これを使用できる実績が構築されます。期間中にトレーディングエッジがどのように機能するかを示します。これにより、「微調整」して変更することができます。 取引戦略 あなたが適切と考えるように。
•取引計画には、ルーチンとチェックリストが含まれています

軍隊の狙撃兵は非常に訓練された個人であり、あなたはそれが戦争であるかのように外国為替市場を考えなければなりません、そしてあなたは「最も簡単な犠牲者」だけを奪おうとしている狙撃兵です。 市場でのあなたの「獲物」は、最大の取引設定のみで構成されています。
取引方法には、従うチェックリストを含める必要があります。 これには、外国為替市場で探しているものと、取引に入る前に見たいと思っているものが含まれます。

取引計画全体をチェックリストとして作成できます。 これにより、スムーズなフォーマットになり、潜在的なトレード設定を行う価値があるかどうかをすばやく判断できます。
•取引計画には、トレーダーが何をして探すかについての書面によるガイドラインと、取引設定の画像が含まれています。取引計画には、市場で何をするかについての書面による説明を含める必要があります。

取引計画

これには、トレーディングエッジとは何か、トレードするときにどのようにトレードするか、トレードする時間枠、ポリシーなどの項目が含まれます。 リスク管理 そして利益を上げること、そしてトレーダーとしてのあなたの全体的な目標。

最終的には、書面によるガイドラインと「典型的な」取引設定の写真に十分な時間をかけた後、それらを記憶に焼き付けて、外国為替市場で何を探しているのかを正確に把握し、自信をつけることができます。トレーダーとして。
•事前に計画され、「予想される」取引が最も効果的です。
を作成する主な理由のXNUMXつ 外国為替取引戦略 なぜなら、取引を事前に計画し、市場で何を探しているかを事前に決定することが、長期的に利益を上げるための最良の方法だからです。

日本オラクル、ファンケルがデータ分析基盤を「Oracle Cloud Infrastructure」で刷新したことを発表

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤 智光)は本日、株式会社ファンケル(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員 CEO:島田 和幸、以下 ファンケル)が、カスタマー・リレーション強化や顧客満足度向上実現に向け、店頭、オンラインなどのあらゆる販売チャネルにおける購買データや行動情報などを統合し、顧客データ利活用を促進するデータウェアハウス基盤を「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」で刷新したことを発表します。

ファンケルでは、無添加化粧品やサプリメントなど、美と健康の領域を中心に幅広い事業を展開しています。同社は2014年から、「FIT(FANCL Information Technology)」プロジェクトで経営戦略をITで支える基盤の整備を進めています。2021年4月から開始した第3期中期経営計画である「『前進2023』〜逆境を超えて未来へ〜」においては、マルチチャネル化を進化させたファンケルならではのOMO(Online Merges with Offline:オンラインとオフラインの融合)の取り組みを推進し、個々のお客様に最適なアプローチを実現するIT基幹システムを実現する「FIT3」への取り組みを掲げています。具体的には、お客様をもっと深く理解し、「ファン化」につなげていくため、購買情報だけでなく購買に至るまでの行動情報や、ファンケルからのアプローチへの反応、どのような情報を提供したお客様がロイヤルカスタマーになったかなど、「お客様を"理解するためのデータ"」を収集し、分析できるシステムへの刷新を図っています。ファンケルは、この「FIT3」の中核を担うデータウェアハウス基盤を「OCI」で刷新しています。

ファンケルは、店頭、通信販売、オンライン販売、電話窓口といったチャネルを通じて取得した顧客データや、製品の販売データの管理、分析、可視化、会計レポートなどの各種レポート作成などに利用されるデータウェアハウス基盤を従来、「Oracle Exadata」、「Oracle Business Intelligence」上で構築し、オンプレミス環境で運用していました。このデータウェアハウス基盤には、600テーブル、8TBを超える大量のデータが蓄積されており、CRMやマーケティング・オートメーション(MA)ツールと連携され、従業員や販売店店長など約350名のアクティブ・ユーザーが日々利用していたことからミッションクリティカルなシステムとして位置付けられていました。ファンケルは、このデータウェアハウス基盤の刷新において、従来の「Oracle Exadata」と同等以上の性能や安定性に加え、柔軟なリソースの増強、移行の容易性を要件として、複数のクラウド・サービスを比較検討しました。その結果、既存アプリケーションや周辺システムとの親和性、短期移行の実現性、BI製品の操作性の維持、ライセンス管理や保守の簡素化を考慮し、「OCI」を選定しました。

ファンケルは、2021年2月に「OCI」採用を決定し、「Oracle Exadata」を「OCI」上で提供される「Oracle Exadata Database Service」へ、「Oracle Business Intelligence」を「OCI」上に構築した「Oracle Analytics Server」へ移行開始しました。同社は、日本オラクルのコンサルティング・サービス部門の支援のもと、アセスメント、クラウド環境構築、データの段階的な移行を行い、2021年9月にデータウェアハウス基盤のクラウド移行を完了し、稼働を開始しています。

「OCI」への移行は実質1日にも満たないシステム停止時間で行われ、業務への影響が一切ないスムーズなクラウド移行を実現しています。これまで別のハードウェア上で稼働していた「Oracle Exadata」と「Oracle Business Intelligence」を「OCI」上の「Oracle Exadata Database Service」、「Oracle Analytics Server」に移行することで、データウェアハウス基盤全体の性能が向上し、BIツールを利用するユーザーの体感処理速度が向上しています。また、運用面においても、夜間のバッチ処理が約2時間短縮され、営業開始時間までに終了しないという課題を解消しています。ファンケルでは、「OCI」のコンソールの操作性も高く評価しています。「OCI」コンソールから容易に、瞬時にデータベースの拡張やコンピュート・リソースの伸縮が行なえるため、繁忙期の基幹システムからのデータの取り込み増加にも柔軟に対処し、継続的なデータ量の増加にも柔軟な対応が可能になります。

店舗力 向上支援プロジェクト いま求められる、顧客を呼び込むチカラ

【モンテール】 EDIシステムの刷新で流通BMSへの対応 システムの安定稼働を実現し、運用管理負荷を軽減

株式会社モンテール
常務取締役
鈴木智也 氏

総務部 情報システム課
奥谷淳史 氏

株式会社モンテールバリュー
管理グループ IT戦略チーム リーダー
大山英治 氏

新システム導入の経緯、製品選定のポイント、導入効果について同社の常務取締役 鈴木智也 氏と情報システム課の奥谷淳史氏、同社のグループ会社で、ブランディング・人材・ITをサポートしているモンテールバリューのIT戦略チーム リーダーの大山英治 氏に聞いた。

新市場開拓とシステム投資でチルドデザート分野のリーディングカンパニーに躍進

同社の製品へのこだわりは徹底している。「おいしさの実現、お客様に感動していただける商品を生み出すために、理想とする素材や製造システムの追求を常に進めてきました」と鈴木氏。これらは、洋生菓子メーカーでありながら牛乳プラントを併設した産地直結型の工場建設、NASAが宇宙食を作る際の品質管理基準「HACCAP」の導入といった取り組みからも見てとれる。

モンテールでは、店舗への商品到着から消費期限3日間というチルドデザートの性質上、需給予測が重要なカギとなる。モンテールの生産拠点は、茨城(つくば工場)、岐阜(美濃加茂工場)の2ヵ所だが、徹底した衛生管理のもと商品を全国各地に提供するために、自社で培った製造ノウハウを外部工場に提供し委託生産を行うという、メーカーフランチャイズ制度(MFC)も導入した。これにより、同社では小売りなどからの受注分を当日に製造して出荷、取引先の配送センターに納品するという365日Just In Time (JIT) での商品供給体制を全国レベルで整備、欠品や過剰生産を抑えて、利益を高める仕組みを構築しているのだ。

取引量の増加と流通BMS対応のため、EOS、EDIシステムを刷新

「EOS、EDIによる送受信回数が以前の一日30回程度から100回程度へと増加するなど、通信環境と基幹システムへの負荷の増大が目立つようになってきました。また、JCAなどの従来型のEDIに加えて、Web-EDIへの対応など、取引先ごとにさまざまなフォーマットやファイル形式のデータが発生。これにより運用が煩雑化してミスが発生するなど、個別対応のための開発が大きな負担となってきたのです。そこで、2007年になってEDIシステムの刷新を進めることになりました」とモンテールバリューの大山英治 氏は解説する。

エラーの消滅で貴重な人材を有効活用 コストメリットと共に残業が減少

モンテールでは、2009年に基幹システムの全面的な切り替えを実施すると共に、流通BMSの本稼動を開始している。現状、流通BMSに対応している取引先は4社程度であるものの、大手が中心であるため取引量ではそれなりの規模になるという。流通BMS導入の効果について、総務部 情報システム課の奥谷淳史 氏は「まずはインターネット回線による通信速度のアップですが、それ以上に大きな点は通信エラーがなくなったことです」として、次のように語る。

本サイトに掲載された記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権および編集著作権は日本経済新聞社 メディアビジネス 広告コミュニケーションユニットまたはその情報提供者に帰属します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる