トレードを学ぶ

GMOコイン

GMOコイン
仮想通貨を始める

GMOコインで取引履歴をダウンロードする方法

2.履歴を表示する
①メニューから販売所をクリックします。
②「取引履歴」をクリックします
③「期間」
④「銘柄名」と「売買区分」はすべてを選択します。
⑤「検索」をクリックします。

3.エクセルへコピペ
表示された取引履歴を、「売買日時」から「約定ID」までのヘッダーを含めた、すべての履歴をコピーをしてください。
履歴のコピー後、記事下部にある「エクセルへのコピー&ペースト」を参照し、取引履歴を作成してください。

FX損益額の確認方法

※2017年の損益計算に使用します。2018年の損益計算には使用しないでください
※損益額が記載されており計算の必要が無い為Gtaxには、アップロードできません
1.年間取引報告書をダウンロードする
①口座情報の「帳票」をクリック
②受渡日はすべてを指定
③状態をすべて、件名を年間取引報告書に指定
④検索をクリック
⑤2017年の年間取引報告書をダウンロード

2.損益額を確認する
ダウンロードしたPDFを開き、《証拠金取引》の損益合計の金額をGtaxで計算した結果に合算して完了です

「入出金の履歴」をダウンロードする方法(コピペ)

1.「日本円入出金履歴」をダウンロードする方法
①メニューの「入出金」から「日本円」をクリックします。
②「取引履歴」をクリックします
③「期間」、「入出金区分」はすべてを選択します
④「検索」をクリックします。

2.「仮想通貨預入・送付の取引履歴」をダウンロードする方法

次に仮想通貨の銘柄を選択します。(「通貨区分」をすべてにするので、どの銘柄を選択されても関係ありません)
②「取引履歴」をクリックします
③「期間」、「通貨区分」、「授受区分」、「ステータス」はすべてを選択します
④「検索」をクリックします。

エクセルへのコピー&ペーストの方法

エクセルを起動してください。
シートの①「A1」を右クリックし、②「値のみ貼り付け」もしくは、「貼り付け先の書式に合わせる」を選択し、ペーストしてください。

エクセルのシートに、履歴がペーストされるので、データがセルに分割されていること、ヘッダがペーストされていることを確認してください。

GMOコイン
確認出来たらファイルを保存してください。

GMOコインの評判は?メリット・デメリット、登録方法を10分で徹底解説

仮想通貨を始める

GMOコインを使ってみたいけど、安心して使えるのかな?

メリット、デメリット、登録方法を教えてほしい!

そんなお悩みを解決してあげる♪

GMOコイン とは ……インターネット事業を中心にした東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」が親会社。

  • ①入出金・送金手数料が無料
  • ②取扱銘柄が豊富
  • ③少額からつみたて投資ができる
  • ④ステーキングによって通貨保有のみで報酬が得られる
  • ⑤レンディングで最大年率5%で運用できる
  • ⑥暗号資産FX取引で10銘柄対応している
  • ⑦安全性が高い
    GMOコイン
  • ①スプレッドが広い
  • ②最低出金額が高い
  • ③売買規制が入る場合がある
  • ④レバレッジ取引で追証が発生する

たった 10分 で登録出来て、今なら 現金 1,000 円 が当たるキャンペーン実施中です。

\取り扱い銘柄数 国内No.1/

GMOコインの概要

引用:GMOコイン公式サイト

取引所GMOコイン
取扱通貨数(販売所) 21通貨
取扱通貨数(取引所)17通貨
最低取引数量(BTC)販売所:0.GMOコイン 00001BTC
取引所:0.0001BTC
取引手数料(販売所)
※別途スプレッドがあります
無料
取引手数料(取引所)Maker-0.01%
Taker0.05%
入金手数料無料
出金手数料無料
取引手数料
※BTCを購入した場合
無料
送金手数料無料
最低取引額
レバレッジ倍率2倍

GMOコインの特徴は以下3つ。

  • 国内No.1の取り扱い銘柄数
  • 手数料が安い
  • ステーキング・レンティング等のサービスが充実
  • レバレッジ取引できる銘柄数が多い

GMOコインでは 国内No.GMOコイン 1の銘柄数 を取り扱っており、 手数料がとにかく安い のが特徴です。

またステーキングやレンディングなどのDefi銘柄として複数のコインが対象となっており、 年率2~5%の範囲で保有している通貨分の報酬を得ることが可能 なサービスがあるのも大きな特徴です。

また 取引所形式でレバレッジ取引できる銘柄数が多い ことから手数料を抑えながらレバレッジ取引をしたい中上級者の方にもおすすめできます。

GMOコインのメリット

People with thumbs up symbol

GMOコインの取引所(現物取引)で取扱いがスタートしたOMG(オーエムジー)について解説

GMOコイン


GMOコインとは16年10月に設立された国内の仮想通貨取引所で、金融庁から「暗号資産交換業者」としてライセンスを取得しています。GMOコインは「GMOクリック証券」など金融分野のサービスを展開している「GMOインターネットグループ」が運営を行っています。金融サービスのノウハウや堅牢なセキュリティ、管理体制で運用されており、GMOコインの口座数は46万件を越えています(21年11月末時点)。

1-2.GMOコインの特徴

①手数料が無料

②投資スタイルが豊富

③取扱銘柄数が豊富

④セキュリティが徹底している

⑤取引ツールが充実している

②OMG(オーエムジー)とは?

2-1.OMG(オーエムジー)の概要と沿革

OMG

OMGは元々、17年に「OmiseGo」として開発および運営が開始されました。20年6月1日に、OmiseGoから「OMG Network」という名称にリブランドが行われた後、21年にはOMG NetworkからBOBA Networkにサービスを移行しています。

2-2.OMG(オーエムジー)のスタッツ

  • ティッカーシンボル・・・「OMG」
  • 現在の価格(22年6月14日現在)・・・1.89ドル(約255.3円)
  • 時価総額・・・約2.6億ドル(約358億円)
  • 時価総額ランキング・・・100位
  • 循環サプライ・・・約1.4億OMG
  • 発行上限・・・約1.4億OMG

2-3.OMG(オーエムジー)の特徴

①サービスをBOBA Networkに移行済み

OMG Networkは21年に、そのサービスをBOBA Networkへと移行しています。

BOBA Networkとは、イーサリアムにおけるスケーラビリティ問題を解消することを目的とする「レイヤー2ソリューション」の提供を行っているプロジェクトで、OMG Networkの開発チーム「Enya」によって開発されました。

②BOBAトークンのエアドロップ

BOBA


OMGは21年10月に、OMGの保有数に対して1OMG = 1BOBAという割合で、BOBA Network上で使用されている「BOBA」をエアドロップすることを発表し、国内の各取引所において、条件を満たしたユーザーに対してBOBAトークンが付与されました。現在のところ、BOBAはbitbank(ビットバンク)で取引可能となっています。

2-4.OMG(オーエムジー)の将来性

前述の通り、OMG Networkは21年にBOBA Networkへとサービスの移行を行っているため、現在OMGは具体的な使用用途が存在せず、資産としての保有が中心となっています。

そして22年現在、そのサービスをBOBA Networkに移行しているため、今後はBOBA Network上で利用されている独自トークンBOBAの影響を大きく受けることが予想されます。

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

GMOコインで取引履歴をダウンロードする方法

2.履歴を表示する
①メニューから販売所をクリックします。
②「取引履歴」をクリックします
③「期間」
④「銘柄名」と「売買区分」はすべてを選択します。
⑤「検索」をクリックします。

3.エクセルへコピペ
表示された取引履歴を、「売買日時」から「約定ID」までのヘッダーを含めた、すべての履歴をコピーをしてください。
履歴のコピー後、記事下部にある「エクセルへのコピー&ペースト」を参照し、取引履歴を作成してください。

FX損益額の確認方法

※2017年の損益計算に使用します。2018年の損益計算には使用しないでください
※損益額が記載されており計算の必要が無い為Gtaxには、アップロードできません
1.年間取引報告書をダウンロードする
①口座情報の「帳票」をクリック
②受渡日はすべてを指定
③状態をすべて、件名を年間取引報告書に指定
④検索をクリック
⑤2017年の年間取引報告書をダウンロード

2.損益額を確認する
ダウンロードしたPDFを開き、《証拠金取引》の損益合計の金額をGtaxで計算した結果に合算して完了です

「入出金の履歴」をダウンロードする方法(コピペ)

1.「日本円入出金履歴」をダウンロードする方法
①メニューの「入出金」から「日本円」をクリックします。
②「取引履歴」をクリックします
③「期間」、「入出金区分」はすべてを選択します
④「検索」をクリックします。

2.「仮想通貨預入・送付の取引履歴」をダウンロードする方法

次に仮想通貨の銘柄を選択します。(「通貨区分」をすべてにするので、どの銘柄を選択されても関係ありません)
②「取引履歴」をクリックします
③「期間」、「通貨区分」、「授受区分」、「ステータス」はすべてを選択します
④「検索」をクリックします。 GMOコイン

エクセルへのコピー&ペーストの方法

エクセルを起動してください。
シートの①「A1」を右クリックし、②「値のみ貼り付け」もしくは、「貼り付け先の書式に合わせる」を選択し、ペーストしてください。

エクセルのシートに、履歴がペーストされるので、データがセルに分割されていること、ヘッダがペーストされていることを確認してください。


確認出来たらファイルを保存してください。

GMOコインの評判は?メリット・デメリット、登録方法を10分で徹底解説

仮想通貨を始める

GMOコインを使ってみたいけど、安心して使えるのかな?

メリット、デメリット、登録方法を教えてほしい!

そんなお悩みを解決してあげる♪

GMOコイン とは ……インターネット事業を中心にした東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」が親会社。

  • ①入出金・送金手数料が無料
  • ②取扱銘柄が豊富
  • ③少額からつみたて投資ができる
  • ④ステーキングによって通貨保有のみで報酬が得られる
  • ⑤レンディングで最大年率5%で運用できる
  • ⑥暗号資産FX取引で10銘柄対応している
  • ⑦安全性が高い
  • ①スプレッドが広い
  • ②最低出金額が高い
  • ③売買規制が入る場合がある
  • ④レバレッジ取引で追証が発生する

たった 10分 で登録出来て、今なら 現金 1,000 円 が当たるキャンペーン実施中です。

\取り扱い銘柄数 国内No.1/

GMOコインの概要

引用:GMOコイン公式サイト

取引所GMOコイン
取扱通貨数(販売所) 21通貨
取扱通貨数(取引所)17通貨
最低取引数量(BTC)販売所:0.00001BTC
取引所:0.0001BTC
取引手数料(GMOコイン 販売所)
※別途スプレッドがあります
無料
取引手数料(取引所)Maker-0.GMOコイン 01%
Taker0.05%
入金手数料無料
出金手数料無料
取引手数料
※BTCを購入した場合
無料
送金手数料無料
最低取引額
レバレッジ倍率2倍

GMOコインの特徴は以下3つ。

  • 国内No.1の取り扱い銘柄数
  • 手数料が安い
  • ステーキング・レンティング等のサービスが充実
  • レバレッジ取引できる銘柄数が多い

GMOコインでは 国内No.1の銘柄数 を取り扱っており、 手数料がとにかく安い のが特徴です。

またステーキングやレンディングなどのDefi銘柄として複数のコインが対象となっており、 GMOコイン 年率2~5%の範囲で保有している通貨分の報酬を得ることが可能 なサービスがあるのも大きな特徴です。

また 取引所形式でレバレッジ取引できる銘柄数が多い ことから手数料を抑えながらレバレッジ取引をしたい中上級者の方にもおすすめできます。

GMOコインのメリット

People GMOコイン with thumbs up symbol

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる