フォレックス

ローソク足の応用

ローソク足の応用
この場合十字線ではなく、小陽線(小陰線)から上下に大きくヒゲが伸びた「コマ」が現れた場合も同様です。 ローソク足の応用

FXのローソク足の見方・種類・分析方法やパターン一覧についてわかりやすく解説してみた

FX ローソク足

FXのテクニカル分析

ローソク足とは

FX ローソク足

ローソク足の見方

ローソク足の陽線や陰線

FX ローソク足

ローソク足の四本値

FX ローソク足

ローソク足の実体とヒゲ

FX ローソク足

FX ローソク足

FX ローソク足

FX ローソク足

ローソク足と時間の関係性

FX ローソク足

FX ローソク足

ローソク足のパターン一覧

大陽線/大陰線

FX ローソク足

小陽線/小陰線

FX ローソク足

上影陽線/上影陰線

FX ローソク足

下影陽線/下影陰線

FX ローソク足

FX ローソク足

ローソク足の組み合わせパターン

FX ローソク足

FX ローソク足

ローソク足を使ったFXの実践的なトレード

酒田五法とは、1兆円以上稼いだと言われる本間宗久が生み出したローソク足の罫線を活用したパターンです。 現代でも人気は根強く、世界中のFXトレーダーに愛用されている分析方法になります。 ローソク足を活用した酒田五法とは?使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

プライスアクション

FXのテクニカル分析と言うと、移動平均線やボリンジャーバンドやRSIなど浮かべる方が多いですが、 FX初心者が先に学ばないとけいないのが、ローソク足の形や並び方であるプライスアクションになります。 今回は、FXで最強のトレード分析手法であるローソク足の値動きを活用したプライスアクション一覧について徹底解剖してみました。

FX-EA System Projectでは、

もしFX-EA System Projectに興味があれば

【FXのテクニカル分析】相場のノイズに騙されない!!日本発の非時系列チャート『練行足』について徹底解説してみた

機関投資家が目標値として使っているVWAPの見方や使い方ついてわかりやすく解説してみた

VWAPとは『Volume Weighted Average Price』の略語で、日本語では『出来高加重平均』と言います。 VWAPは当日にトレードされた価格ごとに形成される出来高(売買高)を加重平均して数値やグラフで表したものです。 今回は、機関投資家が目標値として使っているVWAPの見方や使い方ついてわかりやすく解説してみました。

ローソク足を活用した酒田五法とは?使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみた

酒田五法とは、1兆円以上稼いだと言われる本間宗久が生み出したローソク足の罫線を活用したパターンです。 現代でも人気は根強く、世界中のFXトレーダーに愛用されている分析方法になります。 ローソク足を活用した酒田五法とは?使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

【FXのテクニカル分析】フィボナッチ級数の第一人者のジョー・ディナポリの手法『ディナポリチャート』について徹底解説してみた

FXのDMI/ADXの期間・設定値や使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみた

DMIとは、正式名称がDirectional Movement Indexと呼ばれており、日本語では、「方向性指数」という意味を表しています。 RSIやパラボリックを考案したJ.W.ワイルダーが作成しました。 今回は、FXのDMI/ADXの期間・設定値や使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

極めれば最強な勝率の高いライントレードのやり方や引き方などわかりやすく解説してみた

ライントレードとは、その名の通り、ラインを引いてトレードを行う手法になります。 ライントレードはシンプルでわかりやすく非常にオススメなトレード方法です。 今回は、極めれば最強な勝率の高いライントレードのやり方や引き方などわかりやすく解説してみました。

【FXのローソク足とは?】初心者でもわかりやすく簡単に説明します!

LINE

送る

そもそもFXとは?

FX=外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)

外国為替とは、国同士で違う通貨を交換することです。

後ろに記載ある証拠金取引とは、実際にモノのやりとりをするのではなく、決済時の売買の結果、発生した損益が口座に反映されることをいいます。

利益と損失

過去にドル・円がどのような値動きをしていたかで、今後の値動きの予想を立てられるのです。そこで参考になるのが「 ローソク足 」となります。

FXのローソク足とは?

ほとんどの人が、上記のようなチャートを見て値動きの予測や分析をするでしょう。ローソク足とは、FXで取引を行う上で過去の値動きを分析したり、今後の値動きを予想したりする為の指標のことです。

FXローソク足を極めるための見方

陰線と陽線

ローソク足には陰線陽線と呼ばれている二つのモノが存在します。上図では 水色 が陰線であり、 赤色 が陽線です(※白と黒に分かれているなど他パターンもあり)。意味は、始値より終値の方が高かった場合のローソク足が陽線始値より終値の方が安かった場合のローソク足が陰線となります。

始値(はじめね)とは 取引きが最初にされた価格 のことをいいます。反対に、終値(おわりね)とは 取引が最後にされた価格 のことです。

加えて、最も高く取引された価格を高値といい、最も安く取引された価格を安値といいます。

上記の始値・終値・高値・安値の4つの価格を四本値と呼びます。そして、この四本値をまとめて表示したものがローソク足となるのです。

実体とヒゲ

最後に、上図にある 長方形で囲まれているモノ が実体と呼ばれているものです。 実体から上に伸びている線 が上ヒゲ(上影)、 ローソク足の応用 実体から下に伸びている線 が下ヒゲ(下影)となります。

次に、実体から伸びているヒゲとは、ある特定の期間の中での最高価格と最低価格を表します。実体から上に伸びた線の先端が最高値、実体から下に伸びた先端が最低値ということです。

FXローソク足の重要性

相場を分析する方法の一つとして、テクニカル分析というものが存在します。ローソク足を理解するということは、テクニカル分析を用いた中での全ての基本になるからです。

テクニカル分析とは?

過去の値動きを上記のようにチャートで表し、今後の値動きの予想を立てる為に パターンや動向を分析する という方法がテクニカル分析です。他にも、ファンダメンタル分析といった方法もありますが、ローソク足を利用するのはテクニカル分析になります。

初めての人がFXを始める上で、最初は手軽にできるテクニカル分析をおすすめされることが多いでしょう。テクニカル分析を使うことで値動きのパターンを 視覚的に判断し戦略を立て られます。

テクニカル分析の注意すべき点は、過去の似た値動きのパターンが必ずしも同じ結果になるわけではないということです。あくまでも、「 似た値動きのパターンになる可能性が高い」 ということを覚えておくと良いでしょう。

そこで、テクニカル分析ではチャートの形やパターンから将来の値動きを予想する為に使われるテクニカル指標というものが存在します。

バイナリーオプションで使える!ローソク足のヒゲ分析3つの視点を解説

必勝法

  • ローソク足の分析根拠がより高まる
  • 相場全体の圧力や方向性を理解できる

バイナリーオプションで、ローソク足という言葉を知っていても チャート分析にうまく使えていない 人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ローソク足の基本的な見方から、その本質を読み解くための実践的な方法、そして 「ヒゲ」に着目した相場分析の方法 について解説します。

ヒゲの役割やどのように分析に利用すればいいのか を具体的に解説していますのでぜひご覧くだい。

  • 1 ローソク足とは?見方を理解して本質を読み解く
    • 1.1 ローソク足の見方
    • 1.2 ローソク足の名称
    • 1.3 ローソク足ができるまでの過程
    • 1.4 ローソク足の本質とは
    • 3.1 勢いを示す大陽線と大陰線の見方
    • 3.2 転換点となる大陽線と大陰線の見方
    • 3.3 実際のチャートで解説
    • 5.1 ローソク足単体のヒゲ分析
    • 5.2 ローソク足複数のヒゲ分析

    ローソク足とは?見方を理解して本質を読み解く

    ローソク足の見方

    • 『始値』:最初に取引された価格
    • 『終値』:最後に取引された価格
    • 『高値』:その時間の中で一番高い価格
    • 『安値』:その時間の中で一番安い価格

    ローソク足の名称

    • 『実体』:ローソク足の太いバーの部分を“実体”といいます。
      実体は、始値と終値の価格差をあらわしています。
      ローソク足の応用
    • 『ヒゲ』:ヒゲを一言で表すと、高値と実体との価格差、安値と実体との価格差です。前者を上ヒゲ、後者を下ヒゲといいます。

    ローソク足ができるまでの過程

    大切なことはローソク足を見た時にこのような
    価格推移のイメージを想い描き、進行形の大衆心理を理解する事にあります。

    ローソク足の本質とは

    つまり 実体は買い勢力・売り勢力の優劣を示しています。

    ローソク足の種類

    【大陽線・大陰線】
    その名の通り、大きな陽線(陰線)をつけたものです。上記の図では上ヒゲを書いていますがし、上ヒゲが無かったり下ヒゲがあったとしても大陽線(大陰線)として捉えることができます。
    非常に強い買い(または売り)を示唆しています。

    大陽線・大陰線

    勢いを示す大陽線と大陰線の見方

    ただ、大陽線、大陰線が出現するシチュエーションによっては、
    全く逆の捉え方、つまり反転のサインになることがあります。

    転換点となる大陽線と大陰線の見方

    ではどういったシチュエーションで大陽線・大陰線が出現したら「 転換点 」として捉えることができるのかというと

    実際のチャートで解説

    以下のチャートでは、
    下降トレンドの中で大陰線が出現し上昇に転換、 ローソク足の応用
    その後価格が上昇し大陽線の出現で下降に転換しているのが分かると思います。

    • 買いポジションを持つ人の心理:安く買って高く売りたい
    • 売りポジションを持つ人の心理:高く売って安く買い戻したい

    上記の考えを前提にすると、
    下記のチャートの赤い四角内で売りポジションを持った人たちは、
    この後価格が下がると予想して売りポジションを持ったことになります。

    その大陽線手前のローソク足がライン付近で 長い上ヒゲを連続でつけている ことも注目点です。長い上ヒゲをつけたという事は上からの抵抗が強い価格帯と見ることができるので、やはりこのレジスタンスラインが意識されていることが伺えます

    買いの勢力が強い中で長い上ヒゲをつけていることから、一定数の売りの圧力が確認できる ローソク足の応用

    その中で売りポジションを持った人たちが一斉に決済の買い注文を入れたことで大陽線をつける

    元々新規の買い勢力はレジスタンスライン手前で力を使い果たしてるため、決済の買いが最後入った後に、新規の売りの勢力が強くなり下降トレンドに入った

    また、僕の[email protected]に登録してくれた方限定で「 鉄板ローソク足の特典動画 」をプレゼント中です。

    バイナリーオプションで使える!ローソク足のヒゲ分析3つの視点を解説

    必勝法

    • ローソク足の分析根拠がより高まる
    • 相場全体の圧力や方向性を理解できる

    バイナリーオプションで、ローソク足という言葉を知っていても チャート分析にうまく使えていない 人が多いのではないでしょうか。

    そこで今回は、ローソク足の基本的な見方から、その本質を読み解くための実践的な方法、そして 「ヒゲ」に着目した相場分析の方法 について解説します。

    ヒゲの役割やどのように分析に利用すればいいのか を具体的に解説していますのでぜひご覧くだい。

    • 1 ローソク足とは?見方を理解して本質を読み解く
      • 1.1 ローソク足の見方
      • 1.2 ローソク足の名称
      • 1.3 ローソク足ができるまでの過程
      • 1.4 ローソク足の本質とは
      • 3.1 勢いを示す大陽線と大陰線の見方
      • 3.2 転換点となる大陽線と大陰線の見方
      • 3.3 実際のチャートで解説
      • 5.1 ローソク足単体のヒゲ分析
      • 5.2 ローソク足複数のヒゲ分析

      ローソク足とは?見方を理解して本質を読み解く

      ローソク足の見方

      • 『始値』:最初に取引された価格
      • 『終値』:最後に取引された価格
      • 『高値』:その時間の中で一番高い価格
      • 『安値』:その時間の中で一番安い価格

      ローソク足の名称

      • 『実体』:ローソク足の太いバーの部分を“実体”といいます。
        実体は、始値と終値の価格差をあらわしています。
      • 『ヒゲ』:ヒゲを一言で表すと、高値と実体との価格差、安値と実体との価格差です。前者を上ヒゲ、後者を下ヒゲといいます。

      ローソク足ができるまでの過程

      大切なことはローソク足を見た時にこのような
      価格推移のイメージを想い描き、進行形の大衆心理を理解する事にあります。

      ローソク足の本質とは

      つまり 実体は買い勢力・売り勢力の優劣を示しています。

      ローソク足の種類

      【大陽線・大陰線】
      その名の通り、大きな陽線(陰線)をつけたものです。上記の図では上ヒゲを書いていますがし、上ヒゲが無かったり下ヒゲがあったとしても大陽線(大陰線)として捉えることができます。
      非常に強い買い(または売り)を示唆しています。

      大陽線・大陰線

      勢いを示す大陽線と大陰線の見方

      ただ、大陽線、大陰線が出現するシチュエーションによっては、
      全く逆の捉え方、つまり反転のサインになることがあります。

      転換点となる大陽線と大陰線の見方

      ではどういったシチュエーションで大陽線・大陰線が出現したら「 転換点 」として捉えることができるのかというと

      実際のチャートで解説

      以下のチャートでは、
      下降トレンドの中で大陰線が出現し上昇に転換、
      その後価格が上昇し大陽線の出現で下降に転換しているのが分かると思います。

      • 買いポジションを持つ人の心理:安く買って高く売りたい
      • 売りポジションを持つ人の心理:高く売って安く買い戻したい

      上記の考えを前提にすると、
      下記のチャートの赤い四角内で売りポジションを持った人たちは、
      この後価格が下がると予想して売りポジションを持ったことになります。

      その大陽線手前のローソク足がライン付近で 長い上ヒゲを連続でつけている ことも注目点です。長い上ヒゲをつけたという事は上からの抵抗が強い価格帯と見ることができるので、やはりこのレジスタンスラインが意識されていることが伺えます

      買いの勢力が強い中で長い上ヒゲをつけていることから、一定数の売りの圧力が確認できる

      その中で売りポジションを持った人たちが一斉に決済の買い注文を入れたことで大陽線をつける

      元々新規の買い勢力はレジスタンスライン手前で力を使い果たしてるため、決済の買いが最後入った後に、新規の売りの勢力が強くなり下降トレンドに入った

      また、僕の[email protected]に登録してくれた方限定で「 鉄板ローソク足の特典動画 」をプレゼント中です。

      ローソク足の組合せで売買タイミングが分かる!【仮想通貨チャート】

      この場合十字線ではなく、小陽線(小陰線)から上下に大きくヒゲが伸びた「コマ」が現れた場合も同様です。

      ②三川の下落サイン

      図にあるように、上昇相場で十字線が現れた場合は、その後 下落トレンドに転換する可能性が高い ため注意が必要です。チャート上では 「売りタイミング」 と言えます。

      3.三空(さんくう)

      ①三空の上昇サイン


      酒田五法の3つ目の手法となる「三空」についてですが、

      三空の上昇サインの見た目における特徴は 「価格の下落相場において、陰線が立て続けに3つの窓を作ること」 ローソク足の応用 です。

      「窓」というのは、「前のローソク足の終値と、次のローソク足の始値の間に空白ができること」です。上の図において丸で囲っている部分です。

      窓ができるというのは、それだけ相場における価格の「下落の勢い(上昇の勢い)」が強いことを表しています。(前のローソク足の始値と次のローソク足の終値が引き離されるほど相場の勢いが強い)

      そのため、陰線が立て続けに表れて窓を作ると、さらに価格が下落していくのではないかと考えたくなりますが、「三空」ではこの3つ窓を作って陰線が現れた場合は、強い売りの後に価格の上昇が見込まれるとして、 「絶好の買いタイミング」 ローソク足の応用 と捉えます。

      ②三空の下落サイン

      三空の下落サインの見た目における特徴は 「価格の上昇相場において、陽線が立て続けに3つの窓を作ること」 です。

      先ほどと同様に、窓が3つもできるとそれだけ相場における「買い」の勢いが強いことを表すので、それ以降も上昇し続けるように考えたくなりますが、「三空」ではこれを、 上昇が一旦終了し、下落へと転じるサイン として見ます。

      相場が過熱しすぎていることを表すため、チャート上は 「売りのタイミング」 となります。

      4.三兵(さんぺい)

      ①三兵の上昇サイン

      酒田五法の4つ目である「三兵」の上昇サインの見た目の特徴は、 「低値圏において陽線が3つ続けて表れること」 です。

      そして、この場合における3つの陽線に共通するのは「1つ前の陽線の終値よりも次の陽線の始値が低く、終値は前の陽線の終値よりも高いこと」です。

      ただし、たとえ低値圏で陽線が3つ並んだとしても、 陽線の上ヒゲが大きく伸びている場合は、「下落トレンド」へと再度戻ってしまう可能性が高い ので注意が必要です。

      ポイント ①三兵の上昇サインは「低値圏において表れた際に、その後、 価格上昇 相場に突入するサイン」である
      ②「1つ前の陽線の終値よりも次の陽線の始値が低く、終値は前の陽線の終値よりも高いこと」が並んでいる陽線の特徴
      ③ただし 陽線の上ヒゲが大きく伸びている場合は、上昇相場になりきれず、再度下落してしまう可能性が高い ので注意が必要

      ②三兵の下落サイン

      「三兵」の下落サインの見た目の特徴は、 「高値圏において陰線が3つ続けて表れること」 です。

      そして、この場合における3つの陰線に共通するのは「1つ前の陰線の終値よりも次の陰線の始値が高く、終値は前の陰線の終値よりも低いこと」です。

      ただし、たとえ高値圏で陰線が3つ並んだとしても、 陰線の下ヒゲが大きく伸びている場合は、再び「上昇トレンド」へと戻ってしまう可能性が高い ので注意が必要です。

      ポイント ①三兵の下落サインは「高値圏で陰線が3つ並んだ際に、その後、 価格の下落 相場に突入するサイン」である
      ②「1つ前の陰線の終値よりも次の陰線の始値が高く、終値は前の陰線の終値よりも低いこと」が並んでいる陰線の特徴
      ③ただし 陰線の下ヒゲが大きく伸びている場合は、下落相場になりきれずに再度価格が上昇する可能性が高い ので注意が必要

      5.三法(さんぽう)

      ①三法の上昇サイン

      酒田五法の最後の手法「三法」の上昇サインの見た目における特徴は、「上昇相場において大陽線が出た直後に3つの小陽線(または小陰線)が並び、その後に再度大陽線が現れること」です。

      「最初の大陽線の終値よりも、最後の大陽線の終値が高いこと」もその特徴になります。

      ポイント ①三法の上昇サインは「上昇相場で表れた際、一旦少しの休憩を挟むことでさらに大きく上昇できることを表すサイン」である
      ②「最初の大陽線の終値よりも、最後の大陽線の終値が高いこと」もチェックしておくべき特徴の一つ。

      ②三法の下落サイン

      「三法」の下落サインの見た目の特徴は、「下落相場において大陰線が出た直後に3つの小陽線(または小陰線)が並び、その後に再度大陰線が現れること」です。

      「最初の大陰線の終値よりも、最後の大陰線の終値が低いこと」もチェックしておくべき特徴です。

      ポイント ①三法の下落サインは「下落相場で表れた際、一旦少しの休憩を挟むことでさらに大きく上昇できることを表すサイン」である
      ②「最初の大陰線の終値よりも、最後の大陰線の終値が低いこと」もチェックが必要な特徴の一つ。

      【注意】今回話したことも含めて、テクニカル分析は、100%の勝ちを保証する訳ではありませんので、利用する際はそれを踏まえて利用するようお願いします。

      関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる