FXの相対取引とは

FXのテクニカル分析とは

FXのテクニカル分析とは
LION FXの取引ツールには、過去のデータから為替予想をしてくれる「さきよみLIONチャート」やトレンドが一目で分かる「シグナルパネル」という機能が搭載されています。テクニカル指標(移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表など)の分析結果を一覧表示してくれるため、売買のタイミングが簡単に分かってとても便利ですよ。 出典: ヒロセ通商(LION FX)の特徴・評判

RBA(オーストラリア中銀)政策金利、利上げ幅予想はバラツキ

-RBA(オーストラリア中銀)政策金利、利上げ幅予想はバラツキ-
本日のイベントは、中国サービス業PMI、日本10年国債入札、RBA(豪中銀)政策金利、ベイリーBOE総裁記者会見が予定されています。特に注目すべきは、豪政策金利です。
RBA(豪中銀)は、今年5月に0.25%、6月に0.5%、それぞれ利上げしています。特に、6月は市場の大勢が「0.25%利上げ」を予想していたため、豪ドル円は大幅利上げサプライズから95.33円から96.12円へ、発表直後に一時急上昇しました。前回のサプライズ大幅利上げを受けて、市場は「7月の0.75%利上げ」を織り込む動きが続いていましたが、ロウRBA総裁が「7月会合では0.25%か0.5%の利上げについて議論されるだろう」と発言したことで、「7月の0.75%利上げ」期待は大きく後退しています。7月4日時点の短期金融市場を確認すると、本日の会合では「0.25%利上げ」を4割、「0.5%利上げ」を6割程度織り込んでいる状態で、市場予想が割れていると考えられます。本日のRBA政策金利は、市場予想が割れていることから、どんな結果でもサプライズに感じる市場参加者が一定数いると考えられるため、「0.25%利上げ」なら豪ドル売り、「0.5%以上の利上げ」なら豪ドル買いへ、素直に動く可能性が高いと感がられます。本日13時半に発表されるRBA政策金利の結果に注目して、本日も取引に挑みたいです。

ユーロ急落、今夜IMS非製造業指数次第でリスクオフ加速か

米雇用統計ウィーク

7月突入、近づく米FOMCに向けた思惑とシナリオは

米PCE、7月の75bp利上げを後押しするか

パウエルFRB議長・ラガルドECB総裁・ベイリーBOE総裁らのECBフォーラム討論に注目

G7首脳陣の記者会見、インフレ材料には注意

米利上げとリセッション懸念

日米イベントから推察するドル・円の方向感

各国イベント豊富な1日、ドル円は高値圏での攻防に注目

ドル円は136円台に到達、本日からのパウエルFRB議長発言に注目

米国休場明け、豪RBA総裁と米FRB要人発言に注目

広がる日米金利差

日銀金融政策決定会合から再度円安へシフトするか

FXのテクニカル分析とは 0.75%利上げがもたらす各国中銀の積極的な利上げ観測

FOMC 注目集まる利上げ幅の行方

FOMC利上げ予想・激変中

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。 FXのテクニカル分析とは
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。 FXのテクニカル分析とは
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

FXテクニカル分析 6種類!初心者におすすめの組み合わせ術も大公開

FXのテクニカル分析方法

分析方法

投資家

テクニカル分析って、なんだか難しそうな響きだな…初心者でも簡単にできる方法ないかな?

テクニカル分析とは、過去の値動きのパターンから予想する分析方法のこと。過去の傾向が分かれば、ある程度未来の値動きも予測することができるのです。

テクニカル分析とは

ほとんどのFX会社のチャートにはテクニカル分析用の機能(テクニカル指標)が搭載されていますので、初心者でも一度仕組みを理解すれば格段に為替予想がしやすくなります。

FX初心者

テクニカル分析には、 暗記不要初心者でも簡単にできる 方法も存在します。

ヒロセ通商など一部のFX会社では、自動でテクニカル分析をしてくれるツールが無料で利用可能!

FXの代表的なテクニカル分析方法一覧【6種類】

FXの移動平均線とは

ボリンジャーバンドとは

FXの一目均衡表とは?

FXのMACDとは

ストキャスティクス

RSIとは?

テクニカル分析の王道

移動平均線とは、ある期間の平均価格を計算して、相場の方向性を分かりやすくした線のこと。

移動平均線はテクニカル分析の王道で、ボリンジャーバンドやMACDなど他のテクニカル分析にも応用されているため、最初に覚えておくと後で楽になりますよ。

ゴールデンクロスとデッドクロス

エフ男 テクニカル分析って、一体どれから覚えたらいいんかなぁ〜? テクニカル指標にはさまざまな種類がありますが、中でも最も一般的な分析方法がこの移動平均線! 移動平均線とは、ある一定期間の平均価格を線でつな.

ボリンジャーバンドとは

高校などのテストで用いられる偏差値のようなもので、平均からどのくらい値動きがあるかを算出し、値動きが収まるであろうレンジを表示してくれます。

テクニカル分析の種類

統計学の理論に基づくと、レートがそれぞれの線の間に収まる確率は以下の通りです。

ボリンジャーバンドとは、統計学の標準偏差と正規分布に基づいて価格が変動する範囲を予測するテクニカル指標です。 エフ男 小難しい言葉並べてインテリぶってないで、もうちょい簡単に教えてちょ …失礼しました。「偏.

FXの一目均衡表とは?

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)は、5本線から構成されるテクニカル指標。

一定期間の買い手と売り手の均衡点(パワーバランス)を計算して、現在の価格が買い or 売りのどちらが優勢なのかを分析します。

テクニカル指標の使い方

おすすめテクニカル分析

MACD(マックディー)は短期と中長期の2つの移動平均線を利用し、売買の方向を分析するテクニカル指標です。

MACDとシグナル

基本線であるMACD(指標名と同じ)とシグナルという2本の線で相場の判断をします。

ストキャスティクス

このように買われ過ぎ or 売られ過ぎを判断するテクニカル指標をオシレーター系と言います。

オシレーター系テクニカル指標

ストキャスティクスでは、「%K(パーセントK)FXのテクニカル分析とは 」「%D(パーセントD)」「Slow%D(スローパーセントD)」という3本線を利用します。

テクニカル分析初心者

「ストキャスティクス」って、完全に早口言葉みたいですね

エフ男 ストキャスティクスって完全に早口言葉みたいだけど…どんなテクニカル指標なんや? FXのテクニカル分析とは ストキャスティクスには、ファストとスローの2種類があるのですが、ファストの場合は「ファストストキャスティクス」と呼ばれて.

RSIの分析

RSI(アールエスアイ)は、ある期間の「値上がり幅」と「値下がり幅」から値動きの強弱を判断し、買われ過ぎ or 売られ過ぎを分析するテクニカル指標です。

オシレーター系の指標

一般的には、RSI(右側の数字)が25〜20以下になると売られ過ぎで買い時のサイン、70〜80以上では買われ過ぎで売り時のサインと判断されています。

エフ男 RSIって、一体どんなテクニカル指標なの? RSIとは、一定期間での値動きの強さ or 弱さを数値化し、買われ過ぎや売られ過ぎを判断するテクニカル指標のこと。ストキャスティクスなどと同じく、オシレータ.

おすすめのFXテクニカル分析 組み合わせ術

FX投資家

そんなあなたでも大丈夫!ヒロセ通商(LION FX)では、自動でテクニカル分析をしてくれるチャートを無料で提供しています。

さきよみLIONチャート

LION FXの取引ツールには、過去のデータから為替予想をしてくれる「さきよみLIONチャート」やトレンドが一目で分かる「シグナルパネル」という機能が搭載されています。

テクニカル指標(移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表など)の分析結果を一覧表示してくれるため、売買のタイミングが簡単に分かってとても便利ですよ。

FXのテクニカル分析とは 出典: ヒロセ通商(LION FX)の特徴・評判

FX初心者

通貨ペアごとにテクニカル指標(移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・MACD・ストキャスティクス・RSI)のシグナルを一覧表示してくれるため、最適な売買タイミングも一目でわかります。

シンプルな分析

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

FXの【テクニカル分析】とは?ファンダメンタルズ分析の違いについても解説しています

FXの【ローソク足】とは?FX初心者がチャート分析をするために覚えることを解説 FX取引では、為替を分析する際に「ローソク足」を使用します。 ローソク足は、FX以外に株や仮想通貨などにも使用されています。 .

「ファンダメンタルズ分析」は経済ニュースを見て分析する

「ファンダメンタルズ分析」は、 国の経済状況今後発表される経済指標 から分析する方法です。

経済状況とは、主に 「経済成長率、失業率、政策金利など」 さまざまな指標があります。

たとえば、毎月第一金曜日「アメリカ・雇用統計」 が発表されます。

引用元:みんかぶFX

「アメリカ・雇用統計」は、米国労働者の雇用状況を調査した指標です。

雇用状況は、農業部門以外の産業で働く給与の支払いを集計します。

加えて、失業率・平均時給・労働参加率なども発表される指標です。

FXのテクニカル分析とは FXのテクニカル分析とは
通貨ペア
USD/JPY(米ドル/円)
EUR/USD(ユーロ/ドル)
GBP/USD(ポンド/ドル)
AUD/USD(豪ドル/米ドル)
USD/CAD(米ドル/カナダドル)
NZD/USD(NZドル/米ドル)
FXのテクニカル分析とは

FXの【ファンダメンタルズ分析】とは?経済状況を見て分析する方法について解説します FXは、国同士の通貨を交換する取引です。 そして、通貨の価値は国の経済状況によって決められています。 たとえば、日本で経済成.

「テクニカル分析」は「トレンド系指標」と「オシレーター系指標」に分けられる

テクニカル分析は、ローソク足に加えて数日間の平均を取った 平均線 FXのテクニカル分析とは などを用いて分析します。

トレンド系指標 為替相場の「買いと売りの流行り」を示す指標です。
オシレーター系指標 為替相場の「買われすぎ売られすぎ」を示す指標です。

加えて、指標の意味は 「目安となる数値」 の意味があります。

そのため、指標は過去の経過から計算された目印だと覚えておきましょう。

たとえば、過去の結果から計算された平均の数値が「100円」だとします。

そして、 104円に上昇 した場合は、次に変動する可能性があるのは 「上昇」 「下降」 のどちらでしょうか。

平均から考えた場合は、104円は 平均以上の数値 です。

そのため、 下降する可能性 があると判断が可能です。

逆に、変動によって98円に下降した場合は、平均から考えると 上昇する可能性 があると判断できます。

なぜなら、平均の数値は100円です。

そのため、100円より下回った場合は、上昇する可能性があると分析可能です。

しかし、 指標は目安の数字 です。

そのため、必ず分析通りに為替相場が変動するとは限りません。

指標は、あくまで目安の数値と覚えておきましょう。

「トレンド系指標」は相場の流れを分析するために使用する

「トレンド系指標」は、結論からいうと 相場の流れを分析 するために使用します。

なぜなら、FX取引で最終的な判断をするのは 「買い」 「売り」 の2つしかありません。

そのため、為替チャートを見て現在為替相場では 「買いが流行っているか」 「売りが流行っているか」 2つの判断が必要です。

たとえば、以下の画像では赤い縦線がある右側から 赤色のローソク足 が続いて、全体的に上昇しているのがわかります。

上記の画像では、リアルタイムで1ドルを交換するためには「何円必要なのか」を見られる為替チャートです。

為替チャートは、上昇すればするほど 「買いが流行っている」 と判断できます。

たとえば、現在は1ドルを100円で交換できるとします。

しかし、1週間後に1ドルに対して 110円必要 になった場合は、1週間前より 10円多い日本円が必要 になります。

上記では、 ドルの価値が上がっている 状態です。

ドルの価値が上がっている場合は、まだドルの価値が上がっていくと判断されます。

そのため、ドルを欲しいと思う人々が多くなり、 USD/JPY買い が流行るのです。

加えて、今後USD/JPYが上昇すると予測できれば、流行りに乗るように 「順張り取引」 が可能です。

順張り取引とは、相場の流れに合わせて同じ方向に取引する手法です。

たとえば、USD/JPYが上昇している状態で 買い取引 をおこなうとします。

買い取引は、相場が上昇すると利益になるため 流行りに乗った取引 をしている状態です。

そのため、相場と同じ方向で取引を行う場合は 「順張り」 といいます。

しかし、順張り取引をした地点から為替相場の流行りが、転換する可能性もあります。

為替相場が転換した場合は、損失が拡大する可能性もあるため注意しましょう。

トレンド系指標は、相場の「買い」「売り」どちらが流行っているかを判断するための分析方法と覚えておきましょう。

「オシレーター系指標」は買われすぎ売られすぎを分析するために使用する

「オシレーター系指標」は、通貨ペアが 「買われすぎているか」 「売られすぎているか」 を分析するために使用します。

ちなみに、オシレーター系指標は 「為替相場の転換」 を判断が可能な分析方法です。

たとえば、以下の画像のオシレーター系指標では 「0%〜100%の範囲」「買われすぎ、売られすぎ」の判断ができます。

RSIは、オシレーター系指標の1つで「Relative Strength Index」の頭文字を取った略語です。

RSIの分析方法は 「0%〜100%」 の間で「買われすぎ・売られすぎ」の分析をおこなえます。

上記の画像は、USD/JPYが 赤い縦線 の右側から上昇しています。

なぜなら、オシレーター系指標では、70%を上回ると 「買われすぎ」 と判断できます。

逆に、30%を下回ると 「売られすぎ」 と判断が可能です。

加えて、オシレーター系指標では「為替相場の転換」を分析可能なため 「逆張り取引」 が可能です。

逆張り取引とは、為替相場の流行りとは逆で取引する手法です。

たとえば、トレンド系指標で 下降 が流行っているときに 買い取引 をおこなうのは 逆張り取引 となります。

しかし、為替相場の流行りと逆で取引をおこなっても、流行りが続く可能性もあります。

逆張り取引は、為替相場の転換が起きなければ、損失が拡大するため注意しましょう。

FX取引で使用される「トレンド系指標」とは

2つの分析方法は 「トレンド系指標」 と FXのテクニカル分析とは 「オシレーター系指標」 です。

「移動平均線」は価格の終値を繋いだ折れ線グラフ

「移動平均線」は、ローソク足で示されている 「終値」 を平均した折れ線グラフです。

移動平均線は、英語で「Moving Average」といいます。

Moving Averageは、直訳すると「動きの平均」です。

上記の画像では、ローソク足の中心にある 黄色の線が移動平均線 です。

そのため、移動平均線より上にローソク足がある状態は、 上昇傾向 と分析可能です。

加えて、逆に移動平均線の下にローソク足がある状態は、 下降傾向 と分析できます。

そのため、移動平均線は現在の為替相場が、平均より 上昇 FXのテクニカル分析とは か 下降 を示していると覚えておきましょう。

以下の画像では、ローソク足から 終値の平均 を取った画像です。

平均では「109.065」の数値です。

そのため、現在の為替相場が109.065より高い数値の場合は、 上昇傾向 と判断できます。

たとえば、USD/JPYの通貨ペアの移動平均線が109.065円だったとします。

そして、現在のUSD/JPYの数値が上昇して「109.100円」の場合は、 下降する可能性 FXのテクニカル分析とは があると分析可能です。

なぜなら、USD/JPYは平均を保つために「109.065円」の数値に戻ろうする傾向があります。

そのため、移動平均線からの分析結果では、 売り で取引すると利益を得られる可能性があります。

ローソク足は、時間足によって把握が可能です。

時間足とは「1分足・5分足・1時間足・4時間足・日足など」時間によって移動平均線の変更ができます。

たとえば、日足は 「1日に為替相場が変動した数値がローソク足」 によって表示されています。

そのため、移動平均線の期間設定を20日に設定すると FXのテクニカル分析とは 「20日間」 の変動した、数値平均を移動平均線で表示可能です。

FXでは、土日を除く平日のみ取引をおこなえます。

そのため、日足を設定する場合は、1ヶ月にFX取引をおこなえる 「約20日間」 設定がほとんどです。

移動平均線の期間設定は、自身の取引内容にあった期間設定をおこないましょう。

「MACD」は買いと売りを分析するために使用される

「MACD(マックディー)」とは、 買い売り を分析するために使用されます。

MACDは「Moving Average Convergence Divergence」の頭文字を取ってMACDです。

英語を直訳する場合は「移動平均・収束拡散」の意味があります。

MACDは、ローソク足がMACDの「0.00」ラインと重なる地点 で、買いと売りの判断できます。

上記の画像では、丸で示している「MACD分析の売りポイント」の後に、 青色のローソク足 が伸びている状態です。

「ボリンジャーバンド」は順張りと逆張り取引に使用される

「ボリンジャーバンド」とは、 為替相場の振れ幅 を分析可能なトレンド指標の1つです。

為替相場は、 上昇下降 を繰り返しています。

そのため、ボリンジャーバンドを使用すると、目で見て相場の振り幅を確認可能です。

加えて、相場の振り幅は「ボラティリティ」ともいわれます。

ボラティリティの使い方とは?

ボラティリティは、FX為替相場の価格変動の意味です。

そのため、FXでは価格変動の「ボラが大きい」「ボラが小さい」と略して使用されます。

そして、ボラティリティは ボリンジャーバンドの範囲内 で可能です。

上記の画像では、 緑線 でボリンジャーバンドを表示しています。

上記の画像では、ボラティリティは 上昇して上限に達している と分析できます。

そのため、白い丸の地点で 売り取引 (逆張り取引)をおこなうと利益を得られる確率があると分析可能です。

「エンベロープ」は為替相場が移動平均線から離れている割合の分析が可能

「エンベロープ」とは、為替相場が FXのテクニカル分析とは 移動平均線から離れている割合 を分析可能です。

そのため、エンベロープにローソク足が触れた場合は、 トレンドの転換 と分析できます。

上限の線では、 赤色のローソク足 が触れている状態です。

加えて、エンベロープは前述した「ボリンジャーバンド」と組み合わせて分析できます。

FXのテクニカル分析とは

上記の画像は、 緑色の線がボリンジャーバンド です。

そのため、エンベロープとボリンジャーバンドを組み合わせると、為替変動の 上限・下限を正確に分析可能 です。

「一目均衡表」は為替相場の買い手と売り手のバランスを分析できる

「一目均衡表」とは、為替相場の 買い手と売り手のバランスを分析可能 な指標です。

そのため、 日本を代表する為替チャート分析方法 です。

一目均衡表は、名前の通り 一目で為替相場の流行り が分析できます。

さらに、ローソク足が基準線の上に位置していて、基準線も上向きの場合は 上昇傾向 と分析可能です。

たとえば、ローソク足が雲の上に抜けた場合は、 上昇 の可能性があります。

たとえば、遅行スパンがローソク足の上に突き抜けた場合は、 上昇 の可能性があります。

しかし、1つずつ分析すると為替相場の上昇・下降が分析できます。

FX取引で使用される「オシレーター系指標」とは

「オシレーター系指標」とは、為替相場の 買われすぎ、売られすぎを分析 するために使用されます。

そのため、現在何の通貨ペアが「買われすぎているか」「売られすぎているか」を把握しなければいけません。

「ストキャスティクス」は2本の線で買われすぎ売られすぎの判断が可能

「ストキャスティクス」とは、2本の線から FXのテクニカル分析とは 買われすぎ、売られすぎの分析 が可能です。

加えて、0%から100%の間にある 2本線の位置関係 で分析できます。

1本目は「%K(パーセントK)」と呼び、2本目は「%D(パーセントD)」です。

ストキャスティクスの 買いサイン は「%K」が 0%から20%の範囲 で「%D」を下から上に突き抜けた場合を示します。

FXの【テクニカル分析】とは?ファンダメンタルズ分析の違いについても解説しています

FXの【ローソク足】とは?FX初心者がチャート分析をするために覚えることを解説 FX取引では、為替を分析する際に「ローソク足」を使用します。 ローソク足は、FX以外に株や仮想通貨などにも使用されています。 .

「ファンダメンタルズ分析」は経済ニュースを見て分析する

「ファンダメンタルズ分析」は、 国の経済状況 FXのテクニカル分析とは や 今後発表される経済指標 から分析する方法です。

経済状況とは、主に 「経済成長率、失業率、政策金利など」 さまざまな指標があります。

たとえば、毎月第一金曜日「アメリカ・雇用統計」 が発表されます。

引用元:みんかぶFX

「アメリカ・雇用統計」は、米国労働者の雇用状況を調査した指標です。

雇用状況は、農業部門以外の産業で働く給与の支払いを集計します。

加えて、失業率・平均時給・労働参加率なども発表される指標です。

通貨ペア
USD/JPY(米ドル/円)
EUR/USD(ユーロ/ドル)
GBP/USD(ポンド/ドル)
AUD/USD(豪ドル/米ドル)
USD/CAD(米ドル/カナダドル)
NZD/USD(NZドル/米ドル)

FXの【ファンダメンタルズ分析】とは?経済状況を見て分析する方法について解説します FXは、国同士の通貨を交換する取引です。 そして、通貨の価値は国の経済状況によって決められています。 たとえば、日本で経済成.

「テクニカル分析」は「トレンド系指標」と「オシレーター系指標」に分けられる

テクニカル分析は、ローソク足に加えて数日間の平均を取った 平均線 などを用いて分析します。

トレンド系指標 為替相場の「買いと売りの流行り」を示す指標です。
オシレーター系指標 為替相場の「買われすぎ売られすぎ」を示す指標です。

加えて、指標の意味は 「目安となる数値」 の意味があります。

そのため、指標は過去の経過から計算された目印だと覚えておきましょう。

たとえば、過去の結果から計算された平均の数値が「100円」だとします。

そして、 FXのテクニカル分析とは 104円に上昇 した場合は、次に変動する可能性があるのは 「上昇」 「下降」 のどちらでしょうか。

平均から考えた場合は、104円は 平均以上の数値 です。

そのため、 下降する可能性 があると判断が可能です。

逆に、変動によって98円に下降した場合は、平均から考えると 上昇する可能性 があると判断できます。

なぜなら、平均の数値は100円です。

そのため、100円より下回った場合は、上昇する可能性があると分析可能です。

しかし、 指標は目安の数字 です。

そのため、必ず分析通りに為替相場が変動するとは限りません。

指標は、あくまで目安の数値と覚えておきましょう。

「トレンド系指標」は相場の流れを分析するために使用する

「トレンド系指標」は、結論からいうと 相場の流れを分析 するために使用します。

なぜなら、FX取引で最終的な判断をするのは 「買い」 「売り」 の2つしかありません。

そのため、為替チャートを見て現在為替相場では 「買いが流行っているか」 「売りが流行っているか」 2つの判断が必要です。

たとえば、以下の画像では赤い縦線がある右側から 赤色のローソク足 が続いて、全体的に上昇しているのがわかります。

上記の画像では、リアルタイムで1ドルを交換するためには「何円必要なのか」を見られる為替チャートです。

為替チャートは、上昇すればするほど 「買いが流行っている」 FXのテクニカル分析とは と判断できます。

たとえば、現在は1ドルを100円で交換できるとします。

しかし、1週間後に1ドルに対して 110円必要 になった場合は、1週間前より 10円多い日本円が必要 になります。

上記では、 ドルの価値が上がっている 状態です。

ドルの価値が上がっている場合は、まだドルの価値が上がっていくと判断されます。

そのため、ドルを欲しいと思う人々が多くなり、 FXのテクニカル分析とは USD/JPY買い が流行るのです。

加えて、今後USD/JPYが上昇すると予測できれば、流行りに乗るように 「順張り取引」 が可能です。

順張り取引とは、相場の流れに合わせて同じ方向に取引する手法です。

たとえば、USD/JPYが上昇している状態で 買い取引 をおこなうとします。

買い取引は、相場が上昇すると利益になるため 流行りに乗った取引 をしている状態です。

そのため、相場と同じ方向で取引を行う場合は 「順張り」 といいます。

しかし、順張り取引をした地点から為替相場の流行りが、転換する可能性もあります。

為替相場が転換した場合は、損失が拡大する可能性もあるため注意しましょう。

トレンド系指標は、相場の「買い」「売り」どちらが流行っているかを判断するための分析方法と覚えておきましょう。

「オシレーター系指標」は買われすぎ売られすぎを分析するために使用する

「オシレーター系指標」は、通貨ペアが 「買われすぎているか」 「売られすぎているか」 を分析するために使用します。

ちなみに、オシレーター系指標は 「為替相場の転換」 を判断が可能な分析方法です。

たとえば、以下の画像のオシレーター系指標では 「0%〜100%の範囲」「買われすぎ、売られすぎ」の判断ができます。

RSIは、オシレーター系指標の1つで「Relative Strength Index」の頭文字を取った略語です。

RSIの分析方法は 「0%〜100%」 の間で「買われすぎ・売られすぎ」の分析をおこなえます。

上記の画像は、USD/JPYが 赤い縦線 の右側から上昇しています。

なぜなら、オシレーター系指標では、70%を上回ると 「買われすぎ」 と判断できます。

逆に、30%を下回ると FXのテクニカル分析とは 「売られすぎ」 と判断が可能です。

加えて、オシレーター系指標では「為替相場の転換」を分析可能なため 「逆張り取引」 が可能です。

逆張り取引とは、為替相場の流行りとは逆で取引する手法です。

たとえば、トレンド系指標で 下降 が流行っているときに 買い取引 をおこなうのは 逆張り取引 となります。

しかし、為替相場の流行りと逆で取引をおこなっても、流行りが続く可能性もあります。

逆張り取引は、為替相場の転換が起きなければ、損失が拡大するため注意しましょう。

FX取引で使用される「トレンド系指標」とは

2つの分析方法は 「トレンド系指標」「オシレーター系指標」 です。

「移動平均線」は価格の終値を繋いだ折れ線グラフ

「移動平均線」は、ローソク足で示されている 「終値」 を平均した折れ線グラフです。

移動平均線は、英語で「Moving Average」といいます。

Moving Averageは、直訳すると「動きの平均」です。

上記の画像では、ローソク足の中心にある 黄色の線が移動平均線 です。

そのため、移動平均線より上にローソク足がある状態は、 上昇傾向 と分析可能です。

加えて、逆に移動平均線の下にローソク足がある状態は、 下降傾向 と分析できます。

そのため、移動平均線は現在の為替相場が、平均より 上昇下降 を示していると覚えておきましょう。

以下の画像では、ローソク足から 終値の平均 を取った画像です。

平均では「109.065」の数値です。

そのため、現在の為替相場が109.065より高い数値の場合は、 上昇傾向 と判断できます。

たとえば、USD/JPYの通貨ペアの移動平均線が109.065円だったとします。

そして、現在のUSD/JPYの数値が上昇して「109.100円」の場合は、 下降する可能性 FXのテクニカル分析とは があると分析可能です。

なぜなら、USD/JPYは平均を保つために「109.065円」の数値に戻ろうする傾向があります。

そのため、移動平均線からの分析結果では、 売り で取引すると利益を得られる可能性があります。

ローソク足は、時間足によって把握が可能です。

時間足とは「1分足・5分足・1時間足・4時間足・日足など」時間によって移動平均線の変更ができます。

たとえば、日足は 「1日に為替相場が変動した数値がローソク足」 によって表示されています。

そのため、移動平均線の期間設定を20日に設定すると 「20日間」 の変動した、数値平均を移動平均線で表示可能です。

FXでは、土日を除く平日のみ取引をおこなえます。

そのため、日足を設定する場合は、1ヶ月にFX取引をおこなえる 「約20日間」 設定がほとんどです。

移動平均線の期間設定は、自身の取引内容にあった期間設定をおこないましょう。

「MACD」は買いと売りを分析するために使用される

「MACD(マックディー)」とは、 買い売り を分析するために使用されます。

MACDは「Moving Average Convergence Divergence」の頭文字を取ってMACDです。

英語を直訳する場合は「移動平均・収束拡散」の意味があります。

MACDは、ローソク足がMACDの「0.00」ラインと重なる地点 で、買いと売りの判断できます。

上記の画像では、丸で示している「MACD分析の売りポイント」の後に、 青色のローソク足 が伸びている状態です。

「ボリンジャーバンド」は順張りと逆張り取引に使用される

「ボリンジャーバンド」とは、 為替相場の振れ幅 を分析可能なトレンド指標の1つです。

為替相場は、 上昇下降 を繰り返しています。

そのため、ボリンジャーバンドを使用すると、目で見て相場の振り幅を確認可能です。

加えて、相場の振り幅は「ボラティリティ」ともいわれます。

ボラティリティの使い方とは?

ボラティリティは、FX為替相場の価格変動の意味です。

そのため、FXでは価格変動の「ボラが大きい」「ボラが小さい」と略して使用されます。

そして、ボラティリティは ボリンジャーバンドの範囲内 で可能です。

上記の画像では、 緑線 でボリンジャーバンドを表示しています。

上記の画像では、ボラティリティは 上昇して上限に達している と分析できます。

そのため、白い丸の地点で 売り取引 (逆張り取引)をおこなうと利益を得られる確率があると分析可能です。

「エンベロープ」は為替相場が移動平均線から離れている割合の分析が可能

「エンベロープ」とは、為替相場が 移動平均線から離れている割合 FXのテクニカル分析とは を分析可能です。

そのため、エンベロープにローソク足が触れた場合は、 トレンドの転換 と分析できます。

上限の線では、 赤色のローソク足 が触れている状態です。

加えて、エンベロープは前述した「ボリンジャーバンド」と組み合わせて分析できます。

FXのテクニカル分析とは

上記の画像は、 緑色の線がボリンジャーバンド です。

そのため、エンベロープとボリンジャーバンドを組み合わせると、為替変動の 上限・下限を正確に分析可能 です。

「一目均衡表」は為替相場の買い手と売り手のバランスを分析できる

「一目均衡表」とは、為替相場の 買い手と売り手のバランスを分析可能 な指標です。

そのため、 FXのテクニカル分析とは 日本を代表する為替チャート分析方法 です。

一目均衡表は、名前の通り 一目で為替相場の流行り が分析できます。

さらに、ローソク足が基準線の上に位置していて、基準線も上向きの場合は 上昇傾向 と分析可能です。

たとえば、ローソク足が雲の上に抜けた場合は、 上昇 の可能性があります。

たとえば、遅行スパンがローソク足の上に突き抜けた場合は、 上昇 の可能性があります。

しかし、1つずつ分析すると為替相場の上昇・下降が分析できます。

FX取引で使用される「オシレーター系指標」とは

「オシレーター系指標」とは、為替相場の 買われすぎ、売られすぎを分析 するために使用されます。

そのため、現在何の通貨ペアが「買われすぎているか」「売られすぎているか」を把握しなければいけません。

「ストキャスティクス」は2本の線で買われすぎ売られすぎの判断が可能

「ストキャスティクス」とは、2本の線から 買われすぎ、売られすぎの分析 が可能です。

加えて、0%から100%の間にある 2本線の位置関係 で分析できます。

1本目は「%K(パーセントK)」と呼び、2本目は「%D(パーセントD)」です。

ストキャスティクスの 買いサイン は「%K」が 0%から20%の範囲 で「%D」を下から上に突き抜けた場合を示します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる