FXニュース

3分でわかるFXとは

3分でわかるFXとは

次にポンド円のチャート画面を見てみましょう。

3分でわかる技術の超キホン 磁性粉末の基礎知識 [磁気特性/製造方法/用途など]

バルク状態の強磁性体は、磁壁により磁区に分割された「多磁区構造」になっていますが、磁性粉末はその粒径が磁壁幅より小さくなると、磁気異方性エネルギーが最小になる方向を向いた単磁区構造になります。
鉄の場合、磁壁幅は約80nmです。
多磁区構造の粉末では磁場を印加すると磁壁が移動して減磁されますが、単磁区構造の粉末では減磁が逆磁区の発生、または磁化ベクトルの回転により起こるので、保磁力が大きくなります。

(b)超常磁性

バルク状態の強磁性体は、温度上昇とともにその強磁性が揺らいでいき、キュリー温度(Tc)でほぼ磁化が消失し、さらに高温になると常磁性になります。

強磁性体の磁性粉末は、その粒径を上記(a)よりさらに小さくすると、体積に比例する磁気異方性エネルギーが熱ゆらぎに比べて小さくになり、磁化が自由に回転するようになります。

その結果、個々の磁性粉末の磁気モーメントが、あたかも常磁性体の原子のモーメントと同様に振る舞うようになり、磁化曲線にヒステリシスが現れずに常磁性的な挙動を示します。
この状態を「超常磁性」と呼び、磁場をかけると粒子の磁化が磁場方向に揃いますが、零磁場では熱ゆらぎにより磁化が粒子内で固定されずランダムに回転するために、集団平均の磁化がゼロになります。

2.磁性粉末の製造方法

(1)溶融プロセス、機械プロセス、化学的プロセス

製造方法には、溶融プロセス機械プロセス化学的プロセスがあります。

① アトマイズ法

「アトマイズ法」は、溶融プロセスに分類され、溶けた金属(溶湯)から磁性粉末を作る製造法です。金属または合金の溶湯を、るつぼ底部の小孔から流出させて細流とし、これに高速の空気、窒素、アルゴン、水などを吹き付けると、溶湯は飛散、急冷凝固して磁性粉末となります。
アトマイズ法の適用例として、Fe-Si-Al系Fe-Si系の金属磁性粉末があります。

「粉砕法」は、機械プロセスに分類され、圧縮、剪断などの力により原料を破壊させることによって微細化します。湿式法乾式法があり、装置としてはボールミルサンドミルビーズミルがあります。 3分でわかるFXとは
粉砕法は、磁性粉末の初期生産段階から最終生産段階の様々な工程で採用される微細化には無くてはならない製造法です。

③ 還元拡散法

還元拡散法は、化学的プロセスに分類され、希土類元素酸化物粉末とFe等の遷移金属粉末に、金属カルシウム等のアルカリ土類金属の還元剤を混合して加熱し、希土類元素酸化物を還元して拡散反応によって合金化する希土類系合金の磁性粉末の製造法です。
還元拡散法の適用例として、Sm-Fe-N系合金の磁性粉末があります。

(2)共沈法、水熱合成法

「共沈法」は、ガスや溶液状態での化学反応により、原子もしくは分子からの核生成と成長により磁性粉末を得る製造法です。「生長法」とも呼ばれます。
目的とする金属イオンを含む溶液にアルカリを添加し、溶液中のイオン濃度積が溶解度積よりも高くなる過飽和の状態にして、難溶性塩を析出して沈殿させます。得られた沈殿物は金属塩が均一に混合した状態であるため、固体試料を粉砕して混合するだけでは得られない特性を示す場合があります。
共沈法の適用例として、3価の鉄イオンと2価の鉄イオンを混合した水溶液にアルカリを添加し、加熱熟成して生成するマグネタイトのナノサイズ(粒子径10nm程度)の磁性粉末があります。

⑤ 水熱合成法

「水熱合成法」は、高温高圧の熱水の存在下で行われる化合物を合成、または結晶成長させる製造法です。
圧力鍋と同じような手法で、耐圧リアクター容器を密閉したまま加熱することで、常温常圧では溶媒に溶けにくい物質も容易に溶解し、生成物を得ることができます。
水熱合成法の適用例として、鉄イオン溶液と表面修飾剤を合成することにより、超常磁性を有しつつ高い磁気応答性を持つ高機能性クラスタ磁性粉末があります。

3.磁性粉末の用途(使用例)

(1)磁区観察(ビッター法、粉末図形法〉

(2)複写機トナー

トナー本体に磁性粉末のキャリアを混合した2成分トナーが製品化されています。
2成分トナー方式の複写機には、マグネトロールというロール状の磁石が使われます。
磁性粉末のキャリアは、トナーを携えながらマグネトロールに磁気的に吸着した後、マグネトロールから感光ドラムに移動します。
トナーは感光ドラムに静電力により移動しますので、トナーの帯電を保持するために、磁性トナーのキャリアには、磁石に吸いつく性質をもちながら電気抵抗が高い、粒径10μm程度のフェライト系の磁性粉末が使用されます。

(3)磁性流体

磁性流体は、磁性粉末表面に界面活性剤の分子層を形成し、溶媒中に均一に分散させたコロイド溶液で、いわば液状の磁性体です。
ほとんどの磁性流体には、粒径15nm以下のマグネタイトが使用されます。
磁性流体は、磁石を近づけると磁化が生じて磁石に引き寄せられますが、磁石を遠ざけると磁化が消滅して元の液体に戻ります。

(a)磁性流体の使用例:回転軸シール

回転運動用のシールユニットに磁性流体が利用されています。
回転軸とそれを囲む磁極片との間に小空間を設け、磁性流体を充填します。回転軸と磁極片との隙間に磁束線に沿って磁性流体が保持されますので、圧力差があっても磁性流体は漏れ出ることがなく、液体シールが形成される仕組みです。
回転軸シールは、ハードディスクドライブ(HDD)等の軸受に使用されています。

(b)磁性流体の使用例:スピーカ

(4)磁性ビーズ

Fe系スピネルは生体適合性が高いので、磁性ビーズとして医療分野で使用されています。

応用例として、Fe系スピネルナノ粒子にカルボシキデキストラン(*2)を被覆した磁性ビーズのMRI造影剤があります。
MRI(Magnetic Resonance Imaging)は、H2O中のプロトンによる核磁気共鳴を利用する画像診断技術です。
ラジオ波によるプロトンの核スピンの緩和時間が、患部の状態によって異なることを検知して病巣を特定しますが、カルボシキデキストランを被覆したFe系スピネル磁性粉末からなる造影剤は、緩和時間を短縮する効果があり、画像コントラストを鮮明にすることができます。
MRI造影剤に使用される磁性粉末は、超常磁性でなければならないので、強磁性粒子の粒径サイズは超常磁性を示す寸法以下に限定されます。

4.磁性粉末の技術動向は要注目

磁性粉末は、主に圧粉体(粉末を圧縮して所定の形状としたもの)の材料として使用されるマイクロサイズ領域では、最終製品の磁気特性および生産性の向上の観点で、また主に粉末状態で使用されるナノサイズ領域では、単磁区構造の粒子の磁気特性改善、超常磁性粒子および磁性ビーズの高機能性化などの観点で技術開発が進められており、今後も多くの分野での利用が期待されています。

3分でわかる技術の超キホン 磁性粉末の基礎知識 [磁気特性/製造方法/用途など]

バルク状態の強磁性体は、磁壁により磁区に分割された「多磁区構造」になっていますが、磁性粉末はその粒径が磁壁幅より小さくなると、磁気異方性エネルギーが最小になる方向を向いた単磁区構造になります。
鉄の場合、磁壁幅は約80nmです。
多磁区構造の粉末では磁場を印加すると磁壁が移動して減磁されますが、単磁区構造の粉末では減磁が逆磁区の発生、または磁化ベクトルの回転により起こるので、保磁力が大きくなります。 3分でわかるFXとは

(b)超常磁性

バルク状態の強磁性体は、温度上昇とともにその強磁性が揺らいでいき、キュリー温度(Tc)でほぼ磁化が消失し、さらに高温になると常磁性になります。

強磁性体の磁性粉末は、その粒径を上記(a)よりさらに小さくすると、体積に比例する磁気異方性エネルギーが熱ゆらぎに比べて小さくになり、磁化が自由に回転するようになります。

その結果、個々の磁性粉末の磁気モーメントが、あたかも常磁性体の原子のモーメントと同様に振る舞うようになり、磁化曲線にヒステリシスが現れずに常磁性的な挙動を示します。
この状態を「超常磁性」と呼び、磁場をかけると粒子の磁化が磁場方向に揃いますが、零磁場では熱ゆらぎにより磁化が粒子内で固定されずランダムに回転するために、集団平均の磁化がゼロになります。

2.磁性粉末の製造方法

(1)溶融プロセス、機械プロセス、化学的プロセス

製造方法には、溶融プロセス機械プロセス化学的プロセスがあります。

① アトマイズ法

「アトマイズ法」は、溶融プロセスに分類され、溶けた金属(溶湯)から磁性粉末を作る製造法です。金属または合金の溶湯を、るつぼ底部の小孔から流出させて細流とし、これに高速の空気、窒素、アルゴン、水などを吹き付けると、溶湯は飛散、急冷凝固して磁性粉末となります。
アトマイズ法の適用例として、Fe-Si-Al系Fe-Si系の金属磁性粉末があります。

「粉砕法」は、機械プロセスに分類され、圧縮、剪断などの力により原料を破壊させることによって微細化します。湿式法乾式法があり、装置としてはボールミルサンドミルビーズミルがあります。
粉砕法は、磁性粉末の初期生産段階から最終生産段階の様々な工程で採用される微細化には無くてはならない製造法です。

③ 還元拡散法

還元拡散法は、化学的プロセスに分類され、希土類元素酸化物粉末とFe等の遷移金属粉末に、金属カルシウム等のアルカリ土類金属の還元剤を混合して加熱し、希土類元素酸化物を還元して拡散反応によって合金化する希土類系合金の磁性粉末の製造法です。
還元拡散法の適用例として、Sm-Fe-N系合金の磁性粉末があります。

(2)共沈法、水熱合成法

「共沈法」は、ガスや溶液状態での化学反応により、原子もしくは分子からの核生成と成長により磁性粉末を得る製造法です。「生長法」とも呼ばれます。
目的とする金属イオンを含む溶液にアルカリを添加し、溶液中のイオン濃度積が溶解度積よりも高くなる過飽和の状態にして、難溶性塩を析出して沈殿させます。得られた沈殿物は金属塩が均一に混合した状態であるため、固体試料を粉砕して混合するだけでは得られない特性を示す場合があります。
共沈法の適用例として、3価の鉄イオンと2価の鉄イオンを混合した水溶液にアルカリを添加し、加熱熟成して生成するマグネタイトのナノサイズ(粒子径10nm程度)の磁性粉末があります。

⑤ 水熱合成法

「水熱合成法」は、高温高圧の熱水の存在下で行われる化合物を合成、または結晶成長させる製造法です。 3分でわかるFXとは
圧力鍋と同じような手法で、耐圧リアクター容器を密閉したまま加熱することで、常温常圧では溶媒に溶けにくい物質も容易に溶解し、生成物を得ることができます。
水熱合成法の適用例として、鉄イオン溶液と表面修飾剤を合成することにより、超常磁性を有しつつ高い磁気応答性を持つ高機能性クラスタ磁性粉末があります。

3.磁性粉末の用途(使用例)

(1)磁区観察(ビッター法、粉末図形法〉

(2)複写機トナー

トナー本体に磁性粉末のキャリアを混合した2成分トナーが製品化されています。
2成分トナー方式の複写機には、マグネトロールというロール状の磁石が使われます。
磁性粉末のキャリアは、トナーを携えながらマグネトロールに磁気的に吸着した後、マグネトロールから感光ドラムに移動します。
トナーは感光ドラムに静電力により移動しますので、トナーの帯電を保持するために、磁性トナーのキャリアには、磁石に吸いつく性質をもちながら電気抵抗が高い、粒径10μm程度のフェライト系の磁性粉末が使用されます。

(3)磁性流体

磁性流体は、磁性粉末表面に界面活性剤の分子層を形成し、溶媒中に均一に分散させたコロイド溶液で、いわば液状の磁性体です。
ほとんどの磁性流体には、粒径15nm以下のマグネタイトが使用されます。
磁性流体は、磁石を近づけると磁化が生じて磁石に引き寄せられますが、磁石を遠ざけると磁化が消滅して元の液体に戻ります。

(a)磁性流体の使用例:回転軸シール

回転運動用のシールユニットに磁性流体が利用されています。
回転軸とそれを囲む磁極片との間に小空間を設け、磁性流体を充填します。回転軸と磁極片との隙間に磁束線に沿って磁性流体が保持されますので、圧力差があっても磁性流体は漏れ出ることがなく、液体シールが形成される仕組みです。
回転軸シールは、ハードディスクドライブ(HDD)等の軸受に使用されています。

(b)磁性流体の使用例:スピーカ

(4)磁性ビーズ

Fe系スピネルは生体適合性が高いので、磁性ビーズとして医療分野で使用されています。

応用例として、Fe系スピネルナノ粒子にカルボシキデキストラン(*2)を被覆した磁性ビーズのMRI造影剤があります。
MRI(Magnetic Resonance Imaging)は、H2O中のプロトンによる核磁気共鳴を利用する画像診断技術です。
ラジオ波によるプロトンの核スピンの緩和時間が、患部の状態によって異なることを検知して病巣を特定しますが、カルボシキデキストランを被覆したFe系スピネル磁性粉末からなる造影剤は、緩和時間を短縮する効果があり、画像コントラストを鮮明にすることができます。
MRI造影剤に使用される磁性粉末は、超常磁性でなければならないので、強磁性粒子の粒径サイズは超常磁性を示す寸法以下に限定されます。

4.磁性粉末の技術動向は要注目

磁性粉末は、主に圧粉体(粉末を圧縮して所定の形状としたもの)の材料として使用されるマイクロサイズ領域では、最終製品の磁気特性および生産性の向上の観点で、また主に粉末状態で使用されるナノサイズ領域では、単磁区構造の粒子の磁気特性改善、超常磁性粒子および磁性ビーズの高機能性化などの観点で技術開発が進められており、今後も多くの分野での利用が期待されています。

3分でわかる技術の超キホン 磁性粉末の基礎知識 [磁気特性/製造方法/用途など]

バルク状態の強磁性体は、磁壁により磁区に分割された「多磁区構造」になっていますが、磁性粉末はその粒径が磁壁幅より小さくなると、磁気異方性エネルギーが最小になる方向を向いた単磁区構造になります。 3分でわかるFXとは
鉄の場合、磁壁幅は約80nmです。
多磁区構造の粉末では磁場を印加すると磁壁が移動して減磁されますが、単磁区構造の粉末では減磁が逆磁区の発生、または磁化ベクトルの回転により起こるので、保磁力が大きくなります。

(b)超常磁性

バルク状態の強磁性体は、温度上昇とともにその強磁性が揺らいでいき、キュリー温度(Tc)でほぼ磁化が消失し、さらに高温になると常磁性になります。

強磁性体の磁性粉末は、その粒径を上記(a)よりさらに小さくすると、体積に比例する磁気異方性エネルギーが熱ゆらぎに比べて小さくになり、磁化が自由に回転するようになります。

その結果、個々の磁性粉末の磁気モーメントが、あたかも常磁性体の原子のモーメントと同様に振る舞うようになり、磁化曲線にヒステリシスが現れずに常磁性的な挙動を示します。
この状態を「超常磁性」と呼び、磁場をかけると粒子の磁化が磁場方向に揃いますが、零磁場では熱ゆらぎにより磁化が粒子内で固定されずランダムに回転するために、集団平均の磁化がゼロになります。

2.磁性粉末の製造方法

(1)溶融プロセス、機械プロセス、化学的プロセス

製造方法には、溶融プロセス機械プロセス化学的プロセスがあります。

① アトマイズ法

「アトマイズ法」は、溶融プロセスに分類され、溶けた金属(溶湯)から磁性粉末を作る製造法です。金属または合金の溶湯を、るつぼ底部の小孔から流出させて細流とし、これに高速の空気、窒素、アルゴン、水などを吹き付けると、溶湯は飛散、急冷凝固して磁性粉末となります。
アトマイズ法の適用例として、Fe-Si-Al系Fe-Si系の金属磁性粉末があります。

「粉砕法」は、機械プロセスに分類され、圧縮、剪断などの力により原料を破壊させることによって微細化します。湿式法乾式法があり、装置としてはボールミルサンドミルビーズミルがあります。
粉砕法は、磁性粉末の初期生産段階から最終生産段階の様々な工程で採用される微細化には無くてはならない製造法です。

③ 還元拡散法

還元拡散法は、化学的プロセスに分類され、希土類元素酸化物粉末とFe等の遷移金属粉末に、金属カルシウム等のアルカリ土類金属の還元剤を混合して加熱し、希土類元素酸化物を還元して拡散反応によって合金化する希土類系合金の磁性粉末の製造法です。
還元拡散法の適用例として、Sm-Fe-N系合金の磁性粉末があります。

(2)共沈法、水熱合成法

「共沈法」は、ガスや溶液状態での化学反応により、原子もしくは分子からの核生成と成長により磁性粉末を得る製造法です。「生長法」とも呼ばれます。 3分でわかるFXとは
目的とする金属イオンを含む溶液にアルカリを添加し、溶液中のイオン濃度積が溶解度積よりも高くなる過飽和の状態にして、難溶性塩を析出して沈殿させます。得られた沈殿物は金属塩が均一に混合した状態であるため、固体試料を粉砕して混合するだけでは得られない特性を示す場合があります。
共沈法の適用例として、3価の鉄イオンと2価の鉄イオンを混合した水溶液にアルカリを添加し、加熱熟成して生成するマグネタイトのナノサイズ(粒子径10nm程度)の磁性粉末があります。 3分でわかるFXとは

⑤ 水熱合成法

「水熱合成法」は、高温高圧の熱水の存在下で行われる化合物を合成、または結晶成長させる製造法です。
圧力鍋と同じような手法で、耐圧リアクター容器を密閉したまま加熱することで、常温常圧では溶媒に溶けにくい物質も容易に溶解し、生成物を得ることができます。
水熱合成法の適用例として、鉄イオン溶液と表面修飾剤を合成することにより、超常磁性を有しつつ高い磁気応答性を持つ高機能性クラスタ磁性粉末があります。

3.磁性粉末の用途(使用例)

(1)磁区観察(ビッター法、粉末図形法〉

(2)複写機トナー

トナー本体に磁性粉末のキャリアを混合した2成分トナーが製品化されています。
2成分トナー方式の複写機には、マグネトロールというロール状の磁石が使われます。
磁性粉末のキャリアは、トナーを携えながらマグネトロールに磁気的に吸着した後、マグネトロールから感光ドラムに移動します。
トナーは感光ドラムに静電力により移動しますので、トナーの帯電を保持するために、磁性トナーのキャリアには、磁石に吸いつく性質をもちながら電気抵抗が高い、粒径10μm程度のフェライト系の磁性粉末が使用されます。

(3)磁性流体

磁性流体は、磁性粉末表面に界面活性剤の分子層を形成し、溶媒中に均一に分散させたコロイド溶液で、いわば液状の磁性体です。
ほとんどの磁性流体には、粒径15nm以下のマグネタイトが使用されます。
磁性流体は、磁石を近づけると磁化が生じて磁石に引き寄せられますが、磁石を遠ざけると磁化が消滅して元の液体に戻ります。

(a)磁性流体の使用例:回転軸シール

回転運動用のシールユニットに磁性流体が利用されています。
回転軸とそれを囲む磁極片との間に小空間を設け、磁性流体を充填します。回転軸と磁極片との隙間に磁束線に沿って磁性流体が保持されますので、圧力差があっても磁性流体は漏れ出ることがなく、液体シールが形成される仕組みです。
回転軸シールは、ハードディスクドライブ(HDD)等の軸受に使用されています。

(b)磁性流体の使用例:スピーカ

(4)磁性ビーズ

Fe系スピネルは生体適合性が高いので、磁性ビーズとして医療分野で使用されています。

応用例として、Fe系スピネルナノ粒子にカルボシキデキストラン(*2)を被覆した磁性ビーズのMRI造影剤があります。
MRI(Magnetic Resonance Imaging)は、H2O中のプロトンによる核磁気共鳴を利用する画像診断技術です。
ラジオ波によるプロトンの核スピンの緩和時間が、患部の状態によって異なることを検知して病巣を特定しますが、カルボシキデキストランを被覆したFe系スピネル磁性粉末からなる造影剤は、緩和時間を短縮する効果があり、画像コントラストを鮮明にすることができます。
MRI造影剤に使用される磁性粉末は、超常磁性でなければならないので、強磁性粒子の粒径サイズは超常磁性を示す寸法以下に限定されます。

4.磁性粉末の技術動向は要注目

磁性粉末は、主に圧粉体(粉末を圧縮して所定の形状としたもの)の材料として使用されるマイクロサイズ領域では、最終製品の磁気特性および生産性の向上の観点で、また主に粉末状態で使用されるナノサイズ領域では、単磁区構造の粒子の磁気特性改善、超常磁性粒子および磁性ビーズの高機能性化などの観点で技術開発が進められており、今後も多くの分野での利用が期待されています。

FXでのネックラインの引き方とチャートパターンから見つける方法

ネックラインの引き方

ネックラインの引き方

米ドル円の下降トレンドから上昇トレンドに転換したときに発生したネックラインをベースに説明します。

転換時、安値が更新されず直近の戻り高値を抜けている部分がありますよね。

ポンド円のネックライン


次にポンド円のチャート画面を見てみましょう。

ネックラインを引くときに重要なのは直近の値動きと今の値動きを比べることです。

  • 直近の押し高値・戻り安値に注目
  • ローソクの実態がしっかり出ているか
  • 3分でわかるFXとは
  • 高値・安値を更新していないか

直近の押し高値・戻り安値に注目する

ポンド円

先ほど紹介したポンド円のチャート画面を抜粋して、ネックラインを見てみましょう。

ポンド円はボラティリティが高く、ローソク足が長いので直近の戻り安値が分かりにくい状態になっています。

為替の値動きは上下しながらトレンドを形成していくので、どこが戻り安値なのか判断しにくいこともあります。

間違ったラインを引くとだましになるので注意

難しい

間違ったネックラインを引いてしまうと、エントリーポイントをミスしてしまうので注意してください。

時間足

チャートパターンからネックラインを見つける方法

  • ダブルトップ
  • ダブルボトム
  • ヘッドアンドショルダー

チャートパターン通りに値動きしない場合もありますが、大きな指標となるのでFX初心者は覚えておきましょう。

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップダブルボトム

この形状ではネックラインが重要で、反発している為替値の場所を正確に把握してネックラインを引きましょう。

ヘッドアンドショルダー(三尊)

ヘッドアンドショルダー


上昇トレンド中、高値を更新したが直近の戻り安値まで下がり一回反発してネックラインを抜けた形状をヘッドアンドショルダーといいます。

ネックラインを使った取引手法

  • ネックライン抜けを確認してからエントリー
  • ネックラインのレジサポライン転換を見てエントリー

多くのトレーダーが意識している為替値がわかるので、良いエントリーポジションを取ることができます。

ネックラインを抜けたタイミングでエントリー

トレンド転換発生のタイミングで、エントリーすると損傷利大トレードが可能となります。

ネックラインからレジサポラインに転換したタイミングでエントリー

レジサポライン付近でレートが反発するので、エントリーの指標として活用しましょう。

ネックラインに関する注意点

  • ネックライン以外にもラインは存在する
  • マルチタイムフレーム分析も併用する
  • レンジ相場になった場合は撤退

ネックラインを抜けたからといって確実にトレンド転換するわけではありません

ネックライン以外のラインも意識する

他のトレーダーがネックライン以外のラインで取引判断している場合もあるので、ネックラインだけの指標でエントリーするのは危険です。

短時間足チャートだけでなく長時間足でも状況を把握する

マルチタイムフレーム分析を使って、正しい情報を読み取りましょう。

ネックラインをなかなか抜けられない場合はレンジ相場に移行する

レンジ相場に移行すると、方向性が掴めず利確幅が小さくなってしまうので注意しましょう。

ネックラインは多くのトレーダーが意識しているライン

テクニカル分析の基本として、トレンド転換が起きそうなチャート状況ではネックラインを引いて判断してみましょう。

トレンド転換の示唆になるので重要

資金を増やすチャンスになるので、チャートパターンを覚えてネックラインをうまく活用してみましょう。

首吊り線とは?ローソク足の形状や活用する方法を解説!

FXの4本値手法とは? 具体的な方法と実際に稼げるのか紹介

【FX】勝てる水平線の引き方を紹介!おすすめのトレード手法や正しく引くコツを解説

FXのティックチャート

RANKING

trayaout

  • 当サイト限定53,000円キャッシュバック
  • 収益率160%超
  • FX取引高世界一
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
  • 最大30万円キャッシュバック
  • 最短即日取引

外為オンライン

gaitame

  • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
  • 15万円キャッシュバック

Category

【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

FXでのネックラインの引き方とチャートパターンから見つける方法

ネックラインの引き方

ネックラインの引き方

米ドル円の下降トレンドから上昇トレンドに転換したときに発生したネックラインをベースに説明します。

転換時、安値が更新されず直近の戻り高値を抜けている部分がありますよね。

ポンド円のネックライン


次にポンド円のチャート画面を見てみましょう。

ネックラインを引くときに重要なのは直近の値動きと今の値動きを比べることです。

  • 直近の押し高値・戻り安値に注目
  • ローソクの実態がしっかり出ているか
  • 高値・安値を更新していないか

直近の押し高値・戻り安値に注目する

ポンド円

先ほど紹介したポンド円のチャート画面を抜粋して、ネックラインを見てみましょう。

ポンド円はボラティリティが高く、ローソク足が長いので直近の戻り安値が分かりにくい状態になっています。

為替の値動きは上下しながらトレンドを形成していくので、どこが戻り安値なのか判断しにくいこともあります。

間違ったラインを引くとだましになるので注意

難しい

間違ったネックラインを引いてしまうと、エントリーポイントをミスしてしまうので注意してください。

時間足

チャートパターンからネックラインを見つける方法

  • ダブルトップ
  • ダブルボトム
  • ヘッドアンドショルダー

チャートパターン通りに値動きしない場合もありますが、大きな指標となるのでFX初心者は覚えておきましょう。

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップダブルボトム

この形状ではネックラインが重要で、反発している為替値の場所を正確に把握してネックラインを引きましょう。

ヘッドアンドショルダー(三尊)

ヘッドアンドショルダー


上昇トレンド中、高値を更新したが直近の戻り安値まで下がり一回反発してネックラインを抜けた形状をヘッドアンドショルダーといいます。

ネックラインを使った取引手法

  • ネックライン抜けを確認してからエントリー
  • ネックラインのレジサポライン転換を見てエントリー

多くのトレーダーが意識している為替値がわかるので、良いエントリーポジションを取ることができます。

ネックラインを抜けたタイミングでエントリー

トレンド転換発生のタイミングで、エントリーすると損傷利大トレードが可能となります。

ネックラインからレジサポラインに転換したタイミングでエントリー

レジサポライン付近でレートが反発するので、エントリーの指標として活用しましょう。

ネックラインに関する注意点

  • ネックライン以外にもラインは存在する
  • マルチタイムフレーム分析も併用する
  • レンジ相場になった場合は撤退

ネックラインを抜けたからといって確実にトレンド転換するわけではありません

ネックライン以外のラインも意識する

他のトレーダーがネックライン以外のラインで取引判断している場合もあるので、ネックラインだけの指標でエントリーするのは危険です。

短時間足チャートだけでなく長時間足でも状況を把握する

マルチタイムフレーム分析を使って、正しい情報を読み取りましょう。

ネックラインをなかなか抜けられない場合はレンジ相場に移行する

レンジ相場に移行すると、方向性が掴めず利確幅が小さくなってしまうので注意しましょう。

ネックラインは多くのトレーダーが意識しているライン

テクニカル分析の基本として、トレンド転換が起きそうなチャート状況ではネックラインを引いて判断してみましょう。

トレンド転換の示唆になるので重要

資金を増やすチャンスになるので、チャートパターンを覚えてネックラインをうまく活用してみましょう。

首吊り線とは?ローソク足の形状や活用する方法を解説!

FXの4本値手法とは? 具体的な方法と実際に稼げるのか紹介

【FX】勝てる水平線の引き方を紹介!おすすめのトレード手法や正しく引くコツを解説

FXのティックチャート

RANKING

trayaout

  • 当サイト限定53,000円キャッシュバック
  • 収益率160%超
  • FX取引高世界一
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
  • 最大30万円キャッシュバック
  • 最短即日取引

外為オンライン

gaitame

  • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
  • 15万円キャッシュバック

Category

【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる