証券取引

無料で使えるFXチャートのおすすめは

無料で使えるFXチャートのおすすめは
テクニカル分析

(朝)米国市場はFOMC議事要旨を受けて小幅に上昇 日本市場は米国株高で上昇か - 市況概況

facebook-share

■ご留意いただきたい事項
マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、マネックス証券のウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」(※)をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。
((※)https://info.monex.co.jp/policy/risk/index.html)

◆1月~12月までのお得な株主優待の内容はココでチェック!

マネックス証券の口座開設はこちら!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

戸田工---エア・ウォーター、埼玉大学とCO2分離回収技術開発、NEDOグリーンイノベーション基金事業に採択(2022.07.08)
ダイドー、USENNEX、WSCOPEなど(2022.07.08)
米国株上昇で強い動きも、後場はセンチメントの悪化影響もあって急速に伸び悩む(訂正)(2022.07.08)
(まとめ)日経平均は米国株高を受けて小幅に続伸 後場に大きく上げ幅を縮め26円高 - 市況概況(2022.07.08)
アジア投資---山陰地方における管工事会社への事業継承支援(2022.07.08)

太田忠の勝者のポートフォリオはこちら!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

    ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) ザイ・オンライン編集部(2022.7.6) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.7.1) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) ザイ・オンライン編集部(2022.7.6) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.7.1) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.7.6) ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29) ザイ・オンライン編集部(2022.7.2)
  • 戸田工---エア・ウォーター、埼玉大学とCO2分離回収技術開発、NEDOグリーン…
  • ダイドー、USENNEX、WSCOPEなど
  • 米国株上昇で強い動きも、後場はセンチメントの悪化影響もあって急速に伸び悩む(訂正…
  • (まとめ)日経平均は米国株高を受けて小幅に続伸 後場に大きく上げ幅を縮め26円高…

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500激辛診断/米国株150]

◎巻頭特集

2022年後半の日本株&為替大予測

●日本株:秋に底入れ年末3万円へ
●為替:1ドル130円の時代に突入

◎第1特集
10万円未満で買える株は111銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●2022年夏のイチオシ株
・10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート
●儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ円安メリット株」「株主還元強化株」「会社予想が保守的な株
5大ランキング今期最新予想が大幅増収」「アナリストが強気
高配当利回り株」「少額で買える株
●投資判断に異変アリ!
日本通運、住友不動産が「買い」に格上げ
東急、新生銀行、シャープが「弱気」に転落

◎第2特集
高利回り&割安株を狙え
波乱相場ならではの狙い目株が続々!
人気株500以外からセレクトした「買いの株100」

●桐谷さんオススメ株主優待株
●増配かつ高配当な株
●初心者オススメ5万円株
●上方修正に期待大の株
●波乱に負けない高成長株

◎第3特集
人気の米国株150診断

●どうなる米国株?
「インフレなどで波乱は続くが10月末から上昇へ転じる!」
●注目銘柄
「有力定番IT株」「高配当割安株」「ディフェンシブ株」
●定点観測
GAFAM+αテスラ、エヌビディア、ネットフリックスなど

伝説のスゴ腕投資家バフェット が10年ぶりに株をオトナ買い
バフェットはいまの米国株をこう見てる&バフェットが買った銘柄をチェック!


無料で使えるFXチャートのおすすめは ◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

FXで最強に稼げるチャートパターン「レンジブレイク」

最強のチャートパターン「インサイド・レンジ・ブレイク」

テクニカル分析

FXで最強に稼げるチャートパターンとは?

チャートパターンの王道「レンジブレイク」

チャートパターンの王道「レンジブレイク」

レンジブレイクとは?

FXのチャートパターンの王道とも言えるのがレンジブレイクです。 レンジブレイクとは、レンジからローソク足が出た場合、出た方向にレートが伸びやすいという理論 です。

しかも、この理論は古くから使われているため、 ブレイクを見つけたトレーダー達が買い増し、売り増しするので、その後に急激に伸びる傾向が あります。

スキャルピングFX大辞典_博士◯

レンジブレイクの弱点

近年、比較的ダマシの頻度が高まっており、レンジブレイクを狙う場面では十分に注意する必要 があります。

為替相場の7〜8割はレンジと言われているくらいレンジ内で動いている場面が多いため、必然的にブレイクを狙ったトレードの頻度は低くなります。

スキャルピングFX大辞典_博士指し棒

「レンジ内レンジブレイク」で確実に利益を獲る

「レンジ内レンジブレイク」で確実に利益を獲る

勝った時の利益が大きく、勝率が高いのでレンジブレイクに絞ったトレードをすることで資産を増やしやすい「鉄板のチャートパターン」 であると言えます。

「レンジ内レンジブレイク」が生まれる心理

「レンジ内レンジブレイク」が生まれる心理

スキャルピングFX大辞典_お兄さn

この状態でブレイクした場合、 ブレイクさせまいと抵抗していた人が、損切りによりブレイクさせる側の力になったため、もうブレイク後にレンジに戻すのは困難 無料で使えるFXチャートのおすすめは です。

レンジ内のレンジはどうやって判断すれば良いのか?

レンジ内レンジを見つけることは難しくありませんが、 見た目で安易に判断するのではなく、短期移動平均線を使うことを推奨 します。5分足の場合は、EMA20位を使うのが妥当でしょう。

移動平均線が「横ばい」で推移したということは、最後の抵抗をしている層がいることを示します。

「レンジ内レンジブレイク」の弱点

最強に稼げるチャートパターンである「レンジ内レンジブレイク」の弱点はたった1つ、取引頻度が少ない点 です。

「最強に稼げるチャートパターン」で利益を得るためには、チャンスが訪れるまではじっくりと待てるメンタルが何よりも重要である 、と言えるかもしれません。

日本人トレーダーの5人に1人が選ぶXM

関連記事 この記事も読まれています

RCIとRSIの違いは? ボリンジャーバンドと組み合わせるべき理由

このような方にオススメの記事 ・RSIだけの買われすぎ売られすぎの判断に不安がある ・RSIとRCIの違いや具体的な使い方を知りたい 本記事のテーマ RCIとRSIを使ったスキャルピングFX手法とは <スキャル歴12年の専.

FXのレンジ相場をスキャルピングで稼ぐテクニカル手法

このような方にオススメの記事 ・相場が動かない時もスキャルピングFXで稼ぎたい ・レンジ相場で利益をあげるテクニカル分析手法を知りたい 本記事のテーマ FXのスキャルピングはレンジ相場でこそ活きる <スキャル歴12年の専業.

バンドウォークを見極める「順張り・逆張り」インジケーター

このような方にオススメの記事 ・逆張りトレンドを狙った大きな値幅を取りたい方 ・ボリンジャーバンドを使って順張りのエントリーポイントを知りたい方 本記事のテーマ バンドウォークは順張り・逆張りのどっちで活きる? <スキャル.

FXのウェッジとは?上昇・下降のトレンドをつかむ

このような方にオススメの記事 ・FXのウェッジのチャートパターンを知りたい ・ウェッジでトレンド転換&継続を先読みしたい 本記事のテーマ 無料で使えるFXチャートのおすすめは FXのウェッジとは?上昇・下降のトレンドをつかむ 過去の値動きを表すFXのチャートに.

パーフェクトオーダーの見極め方と移動平均線での活用法

このような方にオススメの記事 ・確実性の高いチャートパターンを習得したい方 ・パーフェクトオーダーを知り移動平均線を活用したい方 本記事のテーマ 移動平均線の最高パターン「パーフェクトオーダー」の必勝法 <スキャル歴12年.

ダブルトップ&ダブルボトムを狙ったFX手法

このような方にオススメの記事 ・ダブルトップ&ダブルボトムについて知りたい方 ・FXスキャルピングでのエントリーポイントを増やしたい方 本記事のテーマ ダブルトップ&ダブルボトムを狙ったFX手法 <スキャル歴12年の専業_.

Dr.Scalpin

xmtrading-logo

スキャルパーほど得するボーナスの強み

①取引するごとに貯まるXMポイントがスキャル向き
②ボーナスだけでトレードできる唯一の海外FX
③圧倒的な経営基盤と安定したサーバーへの信頼

スキャル口座のニーズを網羅するスペック

①相場変動時にもスムーズに注文できる約定力
②日本人向けの入金システム&顧客サポート
③ECN方式で手数料は片道3.5ドル「ブレード口座」

gemforex-logo

3位 GemForex

スピーディ&ハイクオリティな取引環境を提供

①最大レバレッジ1000倍の圧倒的な資金効率
②身分証明書など不要で最短30秒で口座開設可能
③約150個のEA(自動売買ソフト)が無料使い放題

株価データを自動取得できるフリーソフト・エクセルテンプレート

株価の取得、為替取引

配当などを得るためではなく、売買による利益の獲得を目的に株式の取引を始めるためには、まず株価を取得する必要があります。
株価は新聞やニュースなどで発表されますが、通常はインターネット上で公表されているタイムリーなデータを取得します。必要な銘柄ごとに、デイリー(日足)・週(週足)・月(月足)の3種類の株価を取得し、それぞれ始値、高値、安値、終値(調整後終値)、出来高、前日比(%)を押さえておきましょう。
そのため、リアルタイムにデータを取得できる株価データ取得ソフトや株価自動取得、株価取り込みソフトがあると便利なのでおすすめです。
株価を取得することで銘柄ごとの傾向などを分析し、対策を立てることができます。Excelを活用すればチャート表示やローソク足、テーブル表示ができ、さらに関数などを使用すれば、自分に合った独自の解析ツールをつくることも可能です。
株式の取引をしたことがない人は、まずは、数か月程度、株価をシミュレーションしてみてもいいでしょう。
株式の取引では損失が出ることもあるので、まずはお金をかけずにシミュレーションをして、感覚をつかみましょう。

株価データを自動取得できるフリーソフト・エクセルテンプレート

Excel 株価取得

エクセルで 時系列 株価取得

Data Collect

Get Stock

ちょぷり カブトーク

Web株価データ取得 for Excel

株価チャート for Excel

K-Viewer

株式分析ソフト 急騰予知II お試し版

タワーベース

Fchart株式分析ソフト

株価チェックStockIn!

株価予測ソフト ミライカナイ

株価データ取得フリーソフトの制作者

〔Y&S 無料で使えるFXチャートのおすすめは Software〕
株価取得 エクセルシートは、株価チェックのツールで、エクセルで株価を取得できます。株価取得 トレードシグナルチェッカーは、過去100日間の株価データを取り込み、データを各種条件でスクリーニングし、トレード銘柄を絞り込むことができます。銘柄別・銘柄情報に対応しています。

〔Kabu Begin〕
Excel 株価取得ソフトは、YahooファイナンスのWebサイトから、株価情報を取得、時系列株価情報を取得できます。

〔よよいち〕
銘柄・日足データを取得しCSVファイルに書き出すソフトです。ローソク足やガントチャートにも対応しています。
楽天証券の株・指標・為替・商品・債権のチャートを表示するおすすめソフトです。

〔Kabu and Ruby 管理人〕
Yahooファイナンスの株価データを自動ダウンロードします。株価自動取得・株価取り込みのおすすめソフトです。銘柄別・銘柄情報にも対応しています。

〔若宮 修司〕
株は逆張りソフトは、株価をダウンロードし、乖離率・VR・RSIを計算します。

〔みゆき〕
株主優待管理ソフトは、エクセル上で動作する、株主優待に特化した優待利回りソフトです。
ガントチャート、株価チャート、自動株価の取得、優待内容の表示もできます。銘柄別・銘柄情報にも対応しています。

〔NEO〕
RSS株式ティッカーは、リアルタイムで、為替・日経平均や必要な株式情報が得られる、シンプルなRSSリーダーソフトです。
数字パズルゲームもあります。

〔株価計算システム かぶまね〕
株式の現物取引専用の株価計算システムです。
売買額によって変化する手数料に対応していますので、株取引の即戦力になります。

〔Bou 株価電卓〕
手軽に使える株の損益計算を行なうためのプログラムです。
所得税・住民税の計算方法が選択可能なアプリです。

〔相場シミュレーションシステム for Excel〕
どの銘柄にどのテクニカル分析が有効かがシミュレーションできるソフトです。順張りと逆張りの2つ(RSIと移動平均線)のテクニカル指標で行います。ピボットでのシミュレーション機能を追加。

〔Web株価データ取得 for Excel〕
エクセルテによる株価データ取得プログラム。取得した株価データ (CSV形式)はEchart97で使用する株価DBへの格納用データとして使用可能。時系列/信用残/財務/分割データも取得可能なアプリです。

〔Yahoo 株価情報一括取得ツール for Excel〕
Yahooファイナンスより、一度に複数の銘柄の株価や配当額、P ER、PBR等の株価指標を一括でEXCELシート上に取得。市場別や、自分で指定した銘柄のみデータ取得もできます。

〔Yahoo! ファイナンス時系列株価取得ソフト〕
Yahoo!ファイナンスから株価と為替の時系列情報をcsv形式でダウンロードできます。
Excel VBAのソース付です。

〔Excel 株価チャート一覧 Simple〕
株価情報をワンクリックでWebから取得し、登録銘柄の現在値と週終値チャートを一覧できるエクセルソフトです。エクセルを使って損益計算等を行っている方に便利なソフトです。

〔Excel 株価取得〕
YahooファイナンスのWebサイトから株価情報を取得します。現在値/前日差/前日比(%)/出来高/始値/高値/安値/単元等の株価情報をシート上へ取得します。

〔Excel版 株価取得プログラム〕
日中のリアルタイム株価を5秒に1回取得し、CSVファイルとして銘柄ごとに保存します。日経平均や、大証日経平均先物(ラージ、ミニ)無料で使えるFXチャートのおすすめは などの指標7つの他、278銘柄のデータ取得が可能。

〔MyRssData3 ティックバージョン〕
楽天証券のマーケットスピードとリアルタイムスプレッドシート
(RSS)からリアルタイムデータを取得し、ティック数上位25銘柄を抽出するExcelファイルです。デイトレーダーにはお勧めです。

〔FX日本株 データ収集エクセルロボ〕
ネット配信されているデーターを自動収集、バックテスト用時系列データです。追加銘柄も簡単操作で可能です。最新の為替と株価データを一発収集します。

〔FX株 Excellentデータ〕
為替と日経と株の時系列データ(100日分)をYahoo!ファイナンスからExcelで取得保存し、ローソク足で表示するソフトです。シミュレーションゲームである「 FX株Excellentトレードゲーム」(シェアウェア)で利用。

〔エクセル 東証株価 今日の値動き〕
東証株価の本日の値動き一覧表をエクセルシートに作成します。既存グループ別に選択するか、新たにスペシャルとしてカストマイズしたグループ別に一覧表を作成できます。

〔EWG エポックウェブゲット〕
簡単にたくさんのサイトからエクセルにデータをコピー&ペーストできます。

株式投資で利益を得るためには

・ 市場動向を常に監視するとともに、株式投資の知識を培うこと。
・ 経済新聞や業界新聞をチェックし、最新の企業情報を入手すること。
・ 状況を的確に判断して、スピーディに売買注文できるツールを揃える。

自分自身で監視できる企業情報と株価は20銘柄程度

株式投資で稼ぐ方法は「安く買って高く売る」

投資を始める前に方法や期間や投資に対する立ち位置を決める

株式投資を始める前には、どういった方法で、そしてどういった立ち位置で投資を行うか決めると良いといわています。
例えば短期決戦で行くのか、それとも年単位で投資を進めていくのかで、株価情報や銘柄情報の取り込み方法や、株価への見方が変わります。
長期で株価情報を見て、銘柄情報を捉えていくのであれば、リアルタイムでの銘柄別情報をそこまで気にかける必要がないかもしれません。一方で、短期決戦であれば、リアルタイムでの銘柄別による株価情報や銘柄情報は必要不可欠となるはずです。

証券会社には会社ごとにそれぞれに特徴がある

株式投資を行うには、証券会社を選ぶ必要があります。証券会社はそれぞれに特徴があります。その特徴をまずはよく理解する必要があります。
大手の証券会社の場合は、店舗数が多く、株価情報や銘柄情報といった各銘柄別の株価に対する情報の質や量に優れています。その一方で、手数料などが高額になる傾向があります。
また、最近では「ネット証券」と呼ばれる証券会社もありますが、手数料は安いものの、株価情報や銘柄情報など銘柄別の情報はそれほど多くありません。同様に、中小の証券会社も情報量は決して多いとは言えないでしょう。
そこで、おすすめしたいのが、一つの証券会社に選ぶのではなく、それぞれの特徴にスポットを当てた数社を選ぶという方法です。例えば、大手や準大手の証券会社を1社選び、ネットや中小の証券会社を2~3社程度選ぶなどしてみましょう。

株式投資の店頭取引とネット取引のメリットとデメリット

株式投資には、店頭取引とネット取引があります。
もちろん、どちらも株価取引ができますから、証券取引という観点から見れば同じですが、それぞれの長所・短所を知っておくと良いでしょう。
店頭取引は、証券会社の担当営業マンを通じて、電話や店頭などで証券を注文する方法です。株価やチャートなどを相談したり、リアルタイムで銘柄別の株価情報や銘柄情報を会話しながら交渉を行います。パソコンのソフトやアプリといった、システム関係が苦手な人には向いています。しかしながら店頭取引は、店舗の維持費や人件費などで経費がかかるため、手数料が割高になるというデメリットが存在します。
一方で、ネット取引は、パソコンのソフトやスマホのアプリを使用して、インターネットで注文する方法です。自分自身でリアルタイムで株価チャートや銘柄別の株価情報・銘柄情報を取得したり、株価取り込みをソフトで行いながら予想しながらして、対面や対話をせずに証券取引を行います。店舗や人件費がかからないため、手数料が安いのがおすすめのポイントですが、誤発注が生じたり、相談せずに自分で決断しなければいけないというデメリットがあります。
自分だけの判断ではなく、人気の銘柄やおすすめの銘柄などを簡単に知り、そして現在の株式市場などを確認したいのであれば店頭を、株価自動取得や株価取り込みなどといったソフトや、自分で管理しているexcel(エクセル)テンプレートなど、自力での株価を見極める力があるのであればネット取引を、といった感覚で選ぶのも良いかもしれません。

エクセルのテンプレート等でも構築ができるローソク足チャート

株価取得などを行う場合、「ローソク足」というチャートがあります。ローソク足は、FXではもっとも頻繁に使われているチャートの一つで、始値・高値・安値・終値の4つの値を時系列で表しているチャートです。ローソク足のチャート描写は、1日単位や1週単位など、定められた期間の中において最も高い「高値」や最も安い「安値」など、先に示した4つの値を表現します。ローソク足のチャートを見ることで、株価の予測を行い取り引きを行うのです。
ちなみに、フリーでダウンロードできるexcel(エクセル)のテンプレートマクロなどでは、ローソク足チャートを構築してくれるものもあります。自身で分析を行う時には、こうしたフリーでダウンロードできる無料のexcel(エクセル)のテンプレートマクロの中でも、人気があるテンプレートを使うのがおすすめです。もちろん、フリーとなるとあまり使い勝手が良いものではありませんが、それでも、フリーだからこそ手軽に使えるというメリットは捨てがたいと言えるでしょう。
話は少し変わりますが、「チャート」という言葉を見ると、工程管理のチャートを思い出す人がいるようです。工程管理のチャートも確かにローソク足と同じチャートとして区分されますが、工程管理のチャートは「ガントチャート」と呼ばれるものです。ガントチャートは、作業工程を視覚的にわかりやすくしている表です。当然ながら、ガントチャートを見ても株価の動きはわかりませんし、ガントチャートを作っても、株価情報や銘柄情報を予想はできません。ガントチャートはexcel(エクセル)などでテンプレートもありますし、簡単に作成できますが、あくまでもガントチャートは工程管理で使用するようにし、株価はローソク足で判断しましょう。

株価はフリーソフトやシェアソフトを使い分けエクセル取込み

株価取得や株価データ取得を行う場合、リアルタイムで銘柄別の株価情報や銘柄情報を取得したり、株価取り込みや株価自動取得が行えるソフトというのも存在します。
デイトレードを行う場合などは、特にこうしたリアルタイムで銘柄別の株価情報や銘柄情報を取得したり、株価取り込みや株価自動取得が行えるソフトは必須だと言えます。
株価自動取得や株価取り込みを行えるソフトは、フリーソフトなどもありますが、フリーソフトでは機能的に十分だとは言えません。また、スマホのアプリなどもありますが、こちらもサポート的な意味合いが大きいと言えます。
もちろん、スマホのアプリで株価自動取得を行い、株価取り込みをした上で株式取引を行うこともできます。そして、こうしたスマホのアプリを活用して、中にはデイトレーディングで簡単に儲けを出している人もいます。
しかし、株価自動取得や株価取り込みを行うのであれば、フリーソフトやアプリだけではとても対応できないのが正直な所です。それはフリーソフトをダウンロードして無料で使ってみればすぐに分かるはずです。
また、ダウンロードしたフリーソフトとは少し毛色が違うツールに証券会社が提供している無料ツールもあります。しかしながら、こうした証券会社などから提供されている無料のツールや無料のアプリだけでは、どうしても情報が足りません。
こうしたことから、人気でおすすめ度の高いシェアソフトをダウンロードして取引を行うのがまずはおすすめです。また、銘柄などはexcel(エクセル)のテンプレートで管理するのもおすすめです。

株価取得のソフトや証券会社ツールを用いて状況を見極める

証券取引について簡単な説明にひも付き、株価取得や株価データ取得などに係る話も紹介しました。株価取得や株価データ取得には、フリーソフトを使うだけではなく、証券会社がフリーで提供している無料のダウンロードツールなども活用する方法があると紹介もしました。また、繰り返しになりますが、excel(エクセル)のテンプレートによるデータの管理にも触れました。
株価取得や株価データ取得を行うと、人気銘柄が簡単に見つかる気がします。そして、簡単に人気銘柄が見つかるので、フリーで無料のダウンロードソフトだけで十分だろうと感じてしまう場合もあります。
しかしながら、株価取得や株価データ取得は、時勢や状況を反映しているものです。そのため、株価取得や株価データ取得を怠ることは証券取引では致命傷になりかねません。

株価取得による株式投資の必勝法とは?

株式投資の必勝法 エクセルの収集ツールを使った取り込みが簡単でおすすめ

株価が高値の圏内にあっても、さらに値上がりするのではと考えると、今の高値の圏内にある株価も安値ではと思ってしまいます。それならと、その安値の株価を買ってしまうと株価は、やがて大暴落して結果大損をします。このことから株価が、安値とか高値とかでの株の売買は、非常にリスクが大きいということです。
株を、最安値である大底で買い、最高値である天井で売ることは誰もが考えますが、株価が大底か天井かはしばらく経たないと天井か大底かは分かりようがなく、最安値である大底で買い、最高値である天井で売ることは不可能です。
そのため、大底に近い安い圏内にあるときに株を買って天井近辺の高い圏内で売れことが、投資方法としてのおすすめです。大相場が始まってから、1〜3合目での低価格帯で株を買って、8〜9合目当たりの高価格帯で売るということが誰にでもできそうで株式投資の必勝法と言えます。
株価取得のためには、エクセル(excel)があれば、エクセル(excel)の株ツールやテンプレートを用いて、株銘柄情報をダウンロードして、株価チャートを作成し、株式市場の分析や監視が可能です。エクセル(excel)で株価分析するには、株銘柄の情報の収集が必須ですが、エクセル(excel)の収集ツールを使い、収集するWEBサイトを指定すれば、エクセル(excel)が自動で収集します。エクセル(excel)の株の操作は簡単ですし、無料ですので、おすすめです。
また、株価取得のエクセルを主体としたフリーソフトも多くあり、人気のソフトやアプリをダウンロードし試すこともおすすめです。また、エクセルには株価自動取得、株価取り込みの機能も構築できるため、自分に合った株価自動取得、株価取り込みを設置し、他の株価データ取得と合わせ、株のデータベースの構築も可能です。そのデータを使い株価分析チャートを作ることは、株式投資の必勝法と言えます。

株価取得の必勝法 フリーソフトやエクセル取り込みを活用しよう

先に述べた株式投資の必勝法の実践は難しいのですが、景気が回復している時期を今だと判断できれば株式投資に勝てます。長い不況から景気回復の兆候が表れ始めると、株式相場は上昇へと変わり景気が本格的に回復してきます。その後、好況、過熱へと景気の状況が変わってくると、速い速度で株式相場も値を上げます。景気拡大は3〜4年間ほど続くと経験的に判断できるので、景気の回復とともに起こる株式相場の上昇傾向も3〜4年間ほど続くと思われます。この株価が上昇し始めるときに、安値にある株を買って株相場が後期から末期へと進む高値圏内にあるときに株を売れば、株式投資の成功と言って良いでしょう。逆に、株相場が後期から末期へと進む高値圏内にあるときに株を買い始めると、その後に訪れる株価の大暴落とその後へ続く下げ相場で大きく損をすることになります。
景気は、不況・回復・好況・過熱・失速・後退・不況という底から天井までを3〜4年程度繰り返されます。同時に株式相場も、大底・底入れ・回復・活況・天井・大暴落・下げ相場・大底を3〜4年程度繰り返されます。そこで、景気変動を監視したり分析することは、株価の監視ツールであり、株価を分析する株価ツールなのです。
株価監視、株価分析、株価予測など株価ツールとしてエクセル(excel)無料で使えるFXチャートのおすすめは をベースとした人気の高い無料のフリーソフトが多く出て、ダウンロードして簡単に使えますのでおすすめです。もちろん有料で幅広く株価監視・株価分析・株価予測するソフトやアプリも多く出ていて人気のあるソフトは、幅広い株銘柄に対し、株価分析や株価予測などが優秀で的確な判断がなされます。

株価取得後の必勝法 フリーソフトなど自分に合う株価チャートで分析する

株式投資の必勝法は、景気が長い不況を脱し始めたとき株式相場が上昇傾向が現れるためにその時に株式を買い、景気が絶好調にあり、その後に続く過熱や失速の予想が出たときに持っている株を全て売りに回し、株式相場から手を引くことです。
株式は、絶好の買い時と絶好の売り時がやってきますので、その時期を何年も待ち続けることができれば株資産を増やせます。だが普通の投資家や投資初級者は、短い期間で株で儲けたいと考えて、売り時が来るまでの長い期間を待つことができず、なかなか株式投資で儲けることは叶いません。その要因の1つに、株価データ取得不足があると思われます。
株価取得の無料のフリーソフトは多くありますし、人気のソフトやアプリもいくつか見当たります。どのフリーソフトもリアルタイムで株価データ取得し、銘柄別に株価情報や銘柄情報、現在・過去の株価などの株価データ取得が可能です。また、エクセルでも株価データ取得が可能ですので、エクセルの操作やVBAの操作ができる人は、証券情報をネットからダウンロードできるサイトから株価データ取得して、自分に合った株価チャートを作り、分析することもおすすめです。

ネット取引こそエクセルなどのフリーソフトを活用しよう

結構人気があるネット取引は、証券会社がサービスとして希望する顧客に提供する取引で、パソコンの大画面に写されている株価の動きを見ながら株を売買します。この株価情報や株銘柄情報を株価チャートなどの分析チャートを見れば、いくらで株を売買すれば儲けることができると簡単に考えられます。
ネット取引では証券会社から、銘柄別株情報、株価情報、銘柄情報などの情報が教えてもらえることが強みです。簡単な銘柄別の株価情報や銘柄情報は、ネット上の株式サイトからある程度の情報をダウンロードして得ることはできますが、よりリアルタイムな情報はやはり証券会社で、銘柄別株情報の株価情報や銘柄情報を得ることができます。 無料で使えるFXチャートのおすすめは 無料で使えるFXチャートのおすすめは
株価チャートなどのチャート分析を行う無料のフリーソフトも多くあります。チャート分析では、証券会社が提供する無料のソフトやアプリもありますが、エクセルをベースとして自作の分析を取り入れたものもあり、人気とともにおすすめです。株銘柄の株価予測をする株価チャートにはローソク足、移動平均線、トレンドラインなど、チャート分析することができます。株価チャートは現状の株銘柄が、上昇か下降かをトレンドでを見ることで一目で分かります。しかも、短期・中期・長期と使うことができます。また、株価チャートには、ローソク足が出たら底値に近いなど銘柄情報や株価情報が多く含まれます。複数のローソク足を組み合わせて分析することも、1本のローソク足に比べ精度が上がり効果があります。

FXチャートおすすめ無料サイト。アプリでもリアルタイムで見れるサイト

仮想通貨

FXのチャートが見やすいおすすめ無料サイト

・DMM FX

・国内トップクラスの会員数(国内65万人以上)
・パソコン用のブラウザツールはDMM FX PLUSとプレミアムチャートの2種類あり
・テクニカル指標も豊富でカスタマイズも可能

・DMM FX PLUS/プレミアムチャート

・トレンド
加重移動平均線
単純移動平均線
指数平滑移動平均線
ピボットポイント
パラボリックSAR
エンベロープ
一目均衡表
ボリンジャーバンド
スパンモデル
スーパーボリンジャー

・オシレーター
MACD
RSI
RCI
ATR
DMI
ADX
スローストキャスティクス
ヒストリカル・ボラティリティ
移動平均乖離率
モメンタム

・ブラウザ
Microsoft edge
Internet explorer
Google chrome
Safari

・プレミアムチャート

移動平均線
回帰トレンド
一目均衡表
ボリンジャーバンド
HLバンド
指数平滑移動平均線
エンベロープ
加重移動平均線
線形回帰分析
GMMA
ピボット
フィボナッチピボット
スパンモデル
スーパーボリンジャー
パラボリック

・オシレーター
モメンタム
RSI
移動平均乖離率
MACD
RCI 無料で使えるFXチャートのおすすめは
ストキャスティックス
ATR
CCI
ウイリアムズ%R
DMI
Aroon-Indicator
Aroon-Oscillator
ROC
RVI

・ブラウザ
Microsoft edge
Internet explorer
Google chrome
Safari

・SBIFX

・ブラウザ
Internet Explorer11.0

・メモリ
32bit OSでは 1GB以上推奨
64bit OSでは 2GB以上推奨

・GMOクリック証券プラチナチャート外為オンラインのハイブリットチャートwebチャート

・証券取引のノウハウを使った高機能で使いやすいチャートが人気
・チャートの機能もたくさんカスタマイズできるので自由度が高い
・為替意外の商品も充実

・オシレーター系 無料で使えるFXチャートのおすすめは
DMI
RCI
サイコロジカルライン
モメンタム
MACD
RSI
スロー・ストキャスティクス
MFI
アルティメット・オシレーター
バイ・セルポイント

・メモリ
ツールの容量512MB以上
ワークメモリ120MB

YJFXのEXチャート

・yahooグループのFXサービスとして近年人気の高いサービス
・ブラウザとパソコン用のアプリが利用可能
・手数料無料でデモ画面もあるので、はじめての人でも使いやすい

・トレンド系
平均足
単純移動平均線
指数平滑移動平均
加重平均移動平均線
ボリンジャーバンド
スーパーボリンジャー
HLバンド
パラボリックSAR
エンベロープ
回帰トレンド
線形回帰分析
GMMA
スパンモデル

MACD
RSI
RCI
ストキャスティクス
DMI
CCI
モメンタム
ATR
ROC
DPO
移動平均乖離率
価格オシレータ
Aroon-Indicator
Aroon-Osillator
ウィリアムズR
アルティメットオシレータ

Windows 7/8.1/10
Mac OS X 10.11
ブラウザ:
Internet Explorer 10~11
Microsoft Edge
Firefox 42.0
Google Chrome 46.0
Safari 9.0以降のもの

ヒロセ通商のLionチャート

・スキャルピング可能な珍しいFXサービス
・サポートも充実していたり、キャンペーンも行っているため3年連続顧客満足度1位
・通貨ペアも50種類で少額から投資ができるのが魅力

同時表示できる通貨ペア 2-6画面
テクニカル分析 単純移動平均線
指数移動平均線
ボリンジャーバンド
一目均衡表
MACD
ストキャスティクス
RSI
経済指標アラーム
カスタマイズ
サーバーの強さ
推奨環境

・セントルイス連邦準備銀行

・アメリカ最大のデータベースとして知られているため、多くのチャートを見ることができる
・超長期のデータを見ることができるので、より本格的な分析をしたい人におすすめ
・ユーロなど新しい通貨になる前の各国の通貨データも残っている
・希望するデータをエクセルやApiで落とせる。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる