FX初心者が稼ぐために

機関投資家

機関投資家

機関投資家

コモンズ投信の社名の由来は、『コモン・グラウンド』(共有地)。
長期投資に共感した人たちが寄り集まれる場所として、設立されました。
ここでは、コモンズ投信の会社概要、決算公告、あゆみをご覧になれます。

コモンズ投信株式会社
Commons Asset Management,Inc.
所在地〒102-0093
東京都千代田区平河町2-4-5平河町Kビル5階
電話03-3221-9230(代表)
資本金1億円
代表取締役社長伊井 哲朗
取締役会長渋澤 健
取締役濱名 富國
取締役福本 美帆
監査役増田 英次
設立年月日2007年11月6日
商号コモンズ投信株式会社
金融商品取引業者(投資運用業・第二種金融商品取引業)
関東財務局長(金商) 第2061号
事業内容投資運用業ならびに販売(第二種金融商品取引業)
加入団体一般社団法人 投資信託協会
※2022年3月末時点
  • 東京メトロ有楽町線
    「麹町駅」1番出口より徒歩4分
  • 東京メトロ半蔵門線
    「半蔵門駅」1番出口より徒歩5分
  • 東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線
    「永田町駅」9b番出口より徒歩6分
  • 東京メトロ丸の内線・銀座線
    「赤坂見付駅」弁慶口より徒歩12分

コモンズ投信のあゆみ

機関投資家
2007年11月株式会社コモンズ設立
2008年8月コモンズ投信株式会社に社名変更
2009年1月コモンズ30ファンド運用開始
2010年6月こどもトラストサービス開始
12月コモンズSEEDCap(寄付のしくみ)開始
2011年1月ソニー銀行でのコモンズ30ファンドの取扱開始を皮切りに
販売会社での取扱開始
2013年3月SBIベネフィット・システムズで確定拠出年金に参入
12月ザ・2020ビジョン運用開始
2014年12月コモンズ30+しずぎんファンド運用開始
2015年4月R&Iファンド大賞2015国内株式/NISA部門において
コモンズ30ファンドが優秀賞を受賞
10月株式会社静岡銀行との資本業務提携
2017年10月コモンズ30ファンドがつみたてNISAの対象となる
2018年5月コモンズBabyプレゼント開始
10月2018年6月末時点の共通KPIにおいてコモンズ投信が97.7%で最高となる
(公表時点)
2019年6月伊井 哲朗著書『97.7%の人が儲けている投資の成功法則(日本実業出版社)』を出版
6月新任取締役に福本 美帆が就任
12月立命館・社会起業家支援プラットフォーム構想への参画
2020年5月渋澤健著書『SDGs投資 資産運用しながら社会貢献 (朝日新書)』を出版
2021年2月ザ・2020ビジョン、モーニングスターアワード “ファンド オブ ザ イヤー2020”にて、国内株式型 優秀ファンド賞を受賞

経理状況等

一般社団法人 投資信託協会 定款の施行に関する規則第10条に基づく開示

当社は、一般社団法人投資信託協会(以下、「協会」という。)の定款の施行に関する規則第10条第1項第17号イの規定に基づき、別紙様式第21号の「正会員の財務状況等に関する届出書(以下、「協会報告書面」という。)」を協会 に提出し、当社のHPに当該協会報告書面を掲載するとともに、協会HPに当社の当該掲載箇所ヘの直接のリンク先を登録しております。 当社が、関東財務局長に提出した特定有価証券の有価証券報告書及び半期報告書は、EDINET にて閲覧が可能です。 なお、協会報告書面中の監査報告書/中間監査報告書は、監査報告書/中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

よくあるご質問(FAQ)

見出し:都債IR情報

A02.都債は、東京都と引受及び販売委託契約を結んでいる金融機関で購入できます。(それ以外にも、セカンダリー取引として、市場で都債を 購入した金融機関においても取り扱う場合があります。)都債の引受・販売を行っている会社は、都債の種類に よってそれぞれ以下のとおりとなっております。
なお、個人向け都債、公募債のうち3年債、5年債、6年債、7年債、20年債及び30年債は発行の都度、主幹事制により引受・販売会社を決 定しているため、原則として本都債の引受・販売を行う会社は毎回変動します。
また、個人投資家の方向けの商品もご用意しております。公募債(3年債、5年債、6年債、7年債、10年債、20年債及び30年債)は、主に機関投資家向けに販売されており、個人投資家向けの販売については取扱金融機関にお問い合わせください。

Q03. 都債を初めて購入する場合、どのような手続きが必要ですか?

A03.購入しようとする取扱会社に口座を開設していただく必要があります。一般的には、初めて口座を開設するときは、運転免許証、健康保険証など本人確認ができるもの及び印鑑等が必要となります。詳しくは取扱金融機関にお問い合わせ下さい。

Q04. 都債を購入する際に、手数料はかかりますか?

A04.都債の種類や取扱会社によって差異がございますので、詳しくは取扱会社にお問い合わせください。

Q05. 都債はどのような頻度で発行されていますか?

A05.公募10年債は、原則として毎月発行しています。
公募3年債、5年債、6年債、7年債、20年債、30年債、外債は、年に数回、不定期に発行しています。
個人向け都債は、年1回発行しています。
銀行等引受債は、東京都の資金需要に応じて年度末を中心に発行しています。

Q06. 都債の利払日はいつですか?

A06.都債のうち、公募債(3年債、5年債、6年債、7年債、10年債、20年債、30年債)及び銀行等引受債の利払日につきましては、2月及び8月の25日としています。なお、利払日が銀行休業日に当たる時はその前日に繰り上げます。
初回利払日の設定につきましては、事務取扱上、発行する月から初回利払いの月まで、最低3か月の間隔を設けています。
したがって、6・7・8・9・10・11月に発行する場合初回の利払い月は2月となり、12・1・2・3・4・5月に発行する場合初回の利払い月は8月となります。

Q07. 都債の利率と利子の仕組みはどうなっていますか?

A07.例えば、表面利率1.00%(年利)の都債を100万円ご購入いただいた場合、表面利率は年利であるため、その半分が半年ごとに支払われます。利子には、20.315%(所得税15.315%※、住民税5%)の税金が源泉徴収されますので、手取りは税引き後の金額となります。

100万円×1.00%×6ヶ月/12ヶ月=5,000円 (税引前利子額)
5,000円×15.315%=765円 (所得税) ※1円未満の端数切捨て
5,000円×5%=250円 (住民税)
5,000円-765円-250円=3,985円 (税引後利子額)

Q08. 都債を途中売却できますか?また、その際に手数料はかかりますか?

A08.換金の必要が生じた場合、満期日(償還期日)を迎える前でも、取扱金融機関で換金することができます。
その場合、債券の価格が毎日変動していますので、売却の時期によってはご購入時の価格を下回る可能性があります。また、手数料が必要となる場合があります。詳しくは取扱金融機関にお問い合わせください。

Q09. 都債に税金の優遇措置はありますか?

A09. 障害者の方などが都債を購入する場合には、いわゆる「障害者等のマル優制度」の適用があり、預金等と合わせて350万円を限度として、その利子を非課税とすることができます。
また、上記とは別枠で、障害者の方などが国債等と合わせて350万円を限度として購入する場合には、「障害者等の特別マル優制度」の適用があり、その利子を非課税とすることができます。

Q10. 一般債振替制度とはどのような制度ですか?

A10.平成18年1月10日より、社債、地方債、財投機関債、円建外債などの権利移転を完全ペーパーレスにより行う「一般債振替制度」(詳しくはこちら)が開始されました。

Q11. 都債は繰り上げ償還することがありますか?

A11.都債(公募債、銀行等引受債)につきましては、平成10年10月以降、繰り上げ償還条項を撤廃しております。それ以前の都債につきましても繰り上げ償還を行うことはありません。

Q12. 都債は格付けを取得していますか?

A12.東京都はスタンダード・アンド・プアーズから、長期発行体格付けA+に格付けされています。

Q13. 都債(公募債)は債券インデックスに採用されていますか?

A13.都債(公募債)は、野村BPI、日興債券パフォーマンスインデックス及び大和ボンドインデックスにおいて、「地方債」としてインデックスに採用されています。

Q14. 都債を購入した金融機関が破綻した場合はどうなりますか?

A14.購入金融機関は、元利金の支払い業務を行っており、万一破綻した場合には、その点で投資家の皆様にご不便 をおかけすることはあるかもしれませんが償還されなくなることはございません。都債の元金は、発行体である東京都が財政破綻等しない限り、満期まで保有された場合、償還されます。詳しくは取扱金融機関にお問い合わせ下さ い。

お問合せ先

東京都財務局主計部公債課 ダイヤルイン 03-5388-2681

メールアドレス: S0000063(at)section.metro.tokyo.jp 【(at)を@に変えて送信して下さい】

UBS Board of Directors announces Chairman and Vice Chairman nominations

Zurich 2021年 11月 20日 12:45 Media Global Media Switzerland Media Releases Americas Media Releases EMEA Media Releases APAC Investor Releases Price Sensitive Information Ad hoc announcement pursuant to 機関投資家 article 53 LR.

Colm Kelleher to be nominated for election to the UBS Board of Directors to succeed Axel A. Weber as Chairman

Lukas Gähwiler to be nominated for election to the UBS Board of Directors as Vice Chairman

Zurich/Basel, 20 November 2021 – 機関投資家 The Board of Directors of UBS Group AG will nominate Colm Kelleher as new Chairman and Lukas Gähwiler as Vice Chairman for election to the Board at the Annual General Meeting on 6 April 2022. If elected, Colm Kelleher will succeed Axel A. Weber, who will have reached the maximum term limit after ten years in office 機関投資家 and will thus not stand for re-election. Jeremy Anderson will continue in his role as Senior Independent Director and non-executive member of the Board.

Designated UBS Group AG Chairman Colm Kelleher, born in 1957, retired from Morgan Stanley in June 2019 as President of the firm overseeing both the Institutional Securities Business and Wealth Management. Previously, he was Co-President and then President of Morgan Stanley Institutional Securities from 2010 to 2015 and chief financial officer and co-head of Corporate Strategy from 2007 to 2009 and served as Morgan Stanley’s head of Global Capital Markets from 2006 to 2007. He holds an MA in Modern History from Oxford University and is a Fellow of the Institute of Chartered Accountants (FCA).

Lukas Gähwiler, born in 1965, currently serves as Chairman of the Board of UBS Switzerland AG, after having been a member of the 機関投資家 Group Executive Board of UBS Group AG and UBS AG and President UBS Switzerland from 2010 to 2016. He brings a wealth of industry experience and in-depth understanding of UBS to the Board of Directors. As Vice Chairman, part of his remit will be to represent UBS in Switzerland’s most important associations, financial industry organizations and in political interactions. If elected, he will step down as Chairman of the Board of UBS Switzerland AG.

Jeremy Anderson will continue in his role as Senior Independent Director, having chaired the Audit Committee since 2018 and being a member of the Governance 機関投資家 and Nominating Committee since 2019. As Senior Independent Director, he has been instrumental in leading the Chairman succession process in a seamless way, bringing it to a successful close with the nominations announced today.

Chairman of the Board of Directors Axel A. Weber said, “With Colm Kelleher’s nomination, UBS is pleased to propose a Board member and future Chairman who has a deep understanding of the global banking landscape. His more than 30 years of leadership experience in banking and excellent relationships around the world make Colm an ideal fit for UBS. I am convinced that his background and skills will be of great value in continuing to bring the best of our firm to clients, investors, and employees. I am also pleased that Lukas Gähwiler has 機関投資家 機関投資家 accepted the nomination as Vice Chairman. I always valued his significant contributions to UBS and 機関投資家 worked closely with him for ten years. He is recognized as one of the country’s most respected bankers.”

Jeremy Anderson, Vice Chairman and Senior Independent Director said about Axel A. Weber, “I am grateful to Axel for his leadership of UBS over the last decade. During his tenure as Chairman, Axel, jointly with CEO Sergio Ermotti, 機関投資家 initiated and led the turnaround of UBS. He was instrumental in stabilizing and re-focusing the 機関投資家 firm from legacy and remediation to implementing a successful strategy, focusing on a unique 機関投資家 and well-diversified business model. He spearheaded the introduction of a strong corporate culture and 機関投資家 recognized the importance of sustainability for banks early on. As a former regulator and central banker, he played a key role in implementing the regulatory overhaul of UBS, 機関投資家 positioning UBS today as one of the best capitalized banks globally with a strong reputation among clients and employees.”

Commenting on today’s nominations, Jeremy Anderson added, “I’m delighted that Colm Kelleher, will become our next Chair, to build on UBS’s strong foundation. He 機関投資家 is one of the most respected leaders in the financial services industry. He brings 機関投資家 機関投資家 experience across all the geographic regions and major business areas in which we operate. At the same time, I’m very pleased that Lukas will be joining the Board. He has been instrumental in various roles for the success of UBS. If elected 機関投資家 as Vice Chairman, Lukas will be contributing to the Board’s expertise and strengthen the bank’s deep and historic Swiss roots.”

CEO Ralph Hamers said, “Colm brings valuable expertise in 機関投資家 機関投資家 banking to the Board and I’m looking forward to working with him to further shaping the future of UBS. I’m also pleased that Lukas has accepted the nomination as Vice Chairman. His leadership and industry experience across all parts of the banking 機関投資家 business combined with his strong connections and network particularly in Switzerland are important for the bank.”

Commenting on his nomination, Colm Kelleher stated, “UBS is a dynamic financial services provider with strong roots in Switzerland and an impressive global client franchise in the 機関投資家 機関投資家 markets that matter most. Being able to help shape the bank’s future is a 機関投資家 機関投資家 great privilege, and I look forward to working together with the Board, CEO Ralph Hamers and the whole team at UBS. UBS’s brand, client base and leading capabilities across many fields in finance provide an excellent basis for further growth.”

Commenting on his nomination, Lukas Gähwiler said, “I am pleased about my nomination and proud to serve UBS as Vice Chairman. UBS’s strong global footprint and reach is founded on our success in our Swiss home market, which is close to my heart. I look forward to further contributing to UBS’s global strength and I’m honored to represent the bank in Switzerland’s most important industry and economic associations as well as in interactions 機関投資家 with various political stakeholders.”

投資のはじめ方 『How どうやって投資する?』

「何に投資するか」が決まったら、次は実際に投資をすることになります。
基本的には、証券会社や銀行を窓口に、個別株や投資信託などの投資商品を売買することが具体的な投資行動となります。
1996年以降に実施された金融制度改革(金融ビッグバン)により、投資商品を売買できる窓口が増えました。窓口にはそれぞれ特長があり、特に投資信託は会社によって売買できる商品が異なるので、多くの方は複数の金融機関で売買しているようです。

金融商品の保護について
国債・社債といった債券、株式、投資信託、ETF、外債などの有価証券は、仮に販売・売買の窓口となっている金融機関が破綻した場合でも、株主や債券保有者としての権利を失うことなく、資産はそのまま返還されることになります。
投資をする前に、ぜひこちらの情報を一度はご覧ください。
「金融商品の保護について-金融広報中央委員会」
https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/hyakka/part1/hogo/

  • 証券口座を開設する (無料がほとんど)
  • 口座に入金する (銀行口座などから振込み)
  • 投資商品を購入する (インターネット/電話/窓口で)
  • 投資商品を売却する
  • 口座から出金する (別の銀行口座などへ振込み)

主な売買窓口

■主な売買窓口
特徴 売買方法
ネット証券会社 SBI証券、マネックス、楽天証券など ・商品豊富
・売買手数料安い
・投資関連データ充実
・インターネット
証券会社 野村証券、大和証券など ・商品豊富
・サポート充実(投資相談など)
・店頭/電話
・インターネット
ネット銀行 ソニー銀行、ジャパンネット銀行など ・投資以外の金融サービスあり(ローン/保険など)
・投資関連データ充実
・インターネット
銀行 みずほ銀行、ゆうちょ銀行など ・サポート充実(投資相談など)
・投資以外の金融サービスあり(ローン/保険など)
・店頭/電話
・インターネット
事業会社
(金融商品取引業者)
セゾン投信、さわかみ投信など ・その会社でしか買えない投資信託や金融商品がある ・店頭/電話
・インターネット

なお、窓口によって、売買できる商品が異なるので注意が必要です。
例えば、トヨタやソニーといった個別株は、証券会社のみが取り扱っており、銀行では、売買の仲介のみを行います。また、投資商品の値段(株価など)は、どこも同じですが、売買するための手数料は異なります。
下の表は、それらの違いをまとめたものです。

■窓口によって異なる投資商品 機関投資家 機関投資家
ネット証券会社 証券会社 ネット銀行 銀行
投資商品 日本の個別株 (仲介) (仲介)
外国の個別株・海外ETF
投資信託
会社によって買える商品が異なる
ETF (仲介) (仲介)
J-REIT (仲介) (仲介)
国債・個別社債・個別外債
FX
外貨預金・定期預金
商品の値段 個別株・ETF・J-REITの株価など どこでも同じ
売買手数料 株式の売買
(個別株・ETF・J-REIT)
会社が独自に設定、会社によって異なる
投資信託の売買 会社が独自に設定、会社によって異なる
国債・個別社債・個別外債の売買 不要 どこでも同じ
(外債は為替手数料が会社によって異なる)
FXでの通貨売買 会社が独自に設定、会社によって異なる

  • 先に投資する商品を決める
  • その商品を取り扱っている窓口(会社)をいくつか探す
  • 売買手数料や、サポート体制などを比較検討して、選ぶ

それでは、商品選びに役立つ内容を勉強しましょう。
商品選びの前に、投資する資産(株式や債券など)を決める必要があることは先に説明しましたが、ここでは、その後の「商品選び」について考えます。
まずは、資産ごとにどのような投資商品の種類があるのか覚えます。下の表を見ると分かりますが、複数の資産でまたがっているものがあり、それらが、主な投資商品の種類となります。

資産の種類 投資商品の種類
現金 ・銀行預金
・証券口座の預け金(MRF)
株式 日本株式 ・個別株式
・国内ETF
・投資信託
外国株式 ・個別株式
・国内ETF
・海外ETF
・投資信託
債券 日本債券 ・個別債券(国債/社債など)
・国内ETF
・投資信託
・MMF
外国債券 ・個別債券
・国内ETF
・海外ETF
・投資信託
・FX
・外貨預金
不動産(REIT) 日本不動産 ・個別J-REIT
・国内ETF
・投資信託
外国不動産 ・国内ETF
・海外ETF
・投資信託
コモディティ(商品) ・国内ETF
・海外ETF
・投資信託

主な投資商品の種類

1. 日本の個別株 約3,800銘柄 トヨタやソニーといった、個別の会社の株式です。
東証など日本の証券取引所に上場されており、取引市場が開いている間(平日午前9時~午後3時)はリアルタイムで株価が変動し、その時々の株価で売買します。株価はどこの証券会社(もしくはネット証券)でも同じ価格です。売買時には売買手数料が必要となり、証券会社によって異なります。
また、売買時には、取引相手が必要で、(その価格で取引を希望する)相手がいない場合は売買が成立しません。 2. 外国の個別株 約5,000銘柄 (日本の証券会社で購入できる)米国企業や中国企業など外国企業の個別銘柄です。
ニューヨーク証券取引所や香港証券取引所など外国の証券取引所に上場されており、各取引所の取引ルールに基づき売買されます。取引にあたっては、円ではなく、現地通貨(米ドルなど)での取引となります。
この投資商品は、売買できる窓口が限られており、主にネット証券が取り扱っています。
また、証券会社によって売買できる個別銘柄が異なります。
売買時には売買手数料および為替手数料が必要となり、各手数料は証券会社によって異なります。 3. 投資信託 約5,500銘柄 個人投資家などの小口資金の投資家でも、複数の投資対象に投資した場合と同じ効果が得られるよう設計された商品です。投資信託を運用する会社が、集めた投資資金をもとに、国内の個別株や海外の個別株、外債など様々な投資対象に投資し、その投資収益をもとに、投資家に分配金を支払います。
現在約5,500本の投資信託が販売されており、それぞれテーマがあります。(例えば「アジアのベンチャー企業に投資する」とか「主要先進国の国債に投資する」など)
この投資商品は、証券会社や銀行などの販売会社によって売買できる商品が異なります。
商品の値段として、株価に相当する「基準価額」があり、日本の証券取引所が終了した後、1日1回値段が決まります。基準価額はどこの販売会社でも同じ価格です。売買時には売買手数料が必要となる商品と、無料の商品(ノーロード・ファンド)があり、販売会社によって異なります。また、運用コストとして信託報酬が必要です。
なお、売買は必ず成立します。
アクティブファンド、インデックス・ファンドの2タイプに分けられます。 4. 国内ETF 約280銘柄 国内ETFとは、日本の個別株と同じように、東証など国内の証券取引所に上場されている投資信託です。
通常の投資信託と異なり、取引市場が開いている間はリアルタイムで株価が変動し、その時々の株価で売買します。株価はどこの証券会社(もしくはネット証券)でも同じ価格です。売買時には売買手数料が必要となり、証券会社によって異なります。また、運用コストとして、通常の投資信託と同じく信託報酬が必要です。
売買時には、取引相手が必要で、(その価格で取引を希望する)相手がいない場合は売買が成立しません。
投資商品の特徴としては、日経平均・TOPIXといったインデックス(市場指数)に連動するよう運用されている商品が多く、信託報酬コストが通常の投資信託より安い傾向があります。
連動するインデックスは、株式指数だけでなく、債券、不動産、コモディティなどの指数と連動するものもあります。手軽で安く分散投資できる投資商品として注目されており、現在日本では約280銘柄ほどですが、世界全体では約8,500銘柄以上あり、今後日本でもメジャーとなる投資商品のひとつです。 5. 海外ETF 約500銘柄 海外ETFとは、外国の個別株と同じように、ニューヨーク証券取引所や香港証券取引所など外国の証券取引所に上場されている投資信託です。各取引所の取引ルールに基づき売買され、取引にあたっては、円ではなく、現地通貨(米ドルなど)での取引となります。
この投資商品は、売買できる窓口が限られており、現在は一部のネット証券などで売買できます。また、証券会社によって売買できるETF銘柄が異なります。
売買時には売買手数料および為替手数料が必要となり、各手数料は証券会社によって異なります。
投資商品の特徴としては、ダウ平均、S&P500といった、主に外国のインデックス(市場指数)に連動するよう運用されている商品が多く、株式指数だけでなく、債券、不動産、コモディティなどの指数と連動するものもあります。
現在、世界全体では約8,500銘柄以上あり、今後日本でも購入できる銘柄が増えると思われます。 6. J-REIT 約60銘柄 J-REITとは、日本の個別株と同じように、東証など国内の証券取引所に上場されている(不動産専用の)投資信託です。
取引市場が開いている間はリアルタイムで株価が変動し、その時々の株価で売買します。株価はどこの証券会社(もしくはネット証券)でも同じ価格です。売買時には売買手数料が必要となり、証券会社によって異なります。
売買時には、取引相手が必要で、(その価格で取引を希望する)相手がいない場合は売買が成立しません。
投資商品の特徴としては、個人投資家などの小口資金の投資家でも、複数の実物不動産に投資した場合と同じ投資効果が得られるよう設計された商品です。J-REITを運用する会社が、集めた投資資金をもとに、オフィスビルやマンション、商業施設などを複数購入し、それらの賃料収入をもとに、投資家に分配金を支払います。
どのような実物不動産に投資するかは、J-REIT銘柄によって異なります。

  • 先に投資する資産を決める(例:日本株式全体に投資したい)
  • その投資が実現できる商品を(投資商品の種類に関係なく)ネットや雑誌などから探す
  • 複数の投資商品の種類(例:ETFと投資信託)で見つかった場合は、種類の特徴を比較検討して、種類を決める
  • 同じ投資商品の種類の中でも、複数の商品がある場合は、商品コストや売買規模などを比較検討して、商品を決める

ここで重要なのは、「先に投資する資産(株式や債券など)を決める」ことです。
先に投資信託やETFなどの「投資商品の種類」を決めることではありません。
例えば、日本株式全体の投資をしたいと決めた場合、それに合う商品を探すと、投資信託やETFの両方でいくつか見つかります。その段階で、「投資商品の種類」を意識して比較検討します。
投資商品の種類を絞り込んだら、次に商品を、商品コストや売買規模(流動性)などで絞り込みます。

株初心者必見!「リバランス」銘柄を狙って利益をとる方法とは?

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる