バイナリーオプションのコツ

キャッシュマネジメント入門

キャッシュマネジメント入門
  1. us-west-2a に、(R4.16xl インスタンスクラスの) 書き込みインスタンス ( ccminstance ) が 1 つ存在。
  2. us-west-2a に、(R4.16xl インスタンスクラスの) 読み出しインスタンス ( ccminstance-ro ) が 1 つ存在。
    次の RDS コンソールのスクリーンショットに、書き込みおよび読み出しノードを持つ「ccmcluster」を示します。
  3. pgbench ワークロードのために Amazon Linux AMI release 2018.03 を実行する EC2 インスタンス (R4.16xl インスタンスクラス) が、us-west-2a AZ に 1 つ存在。
    次のスクリーンショットに、(CCM が有効化されたクラスター) ccmcluster 用の pgbench クライアントとして使用する EC2 キャッシュマネジメント入門 キャッシュマネジメント入門 インスタンスの詳細を示します。

「キャッシュフロー計算書」入門講座|オンラインセミナー|アタックスグループ

※ノートパソコンの場合、ウェブカメラ・マイク・スピーカーの機能を搭載しているものが多いですが、内蔵されていない場合は、接続可能な外付け機器をご用意ください。
※デスクトップパソコンの場合、これらの機器を別途ご準備いただく必要があります。
※周りを気にせずに受講ができ、音もクリアに聴こえるヘッドセットやマイク付きイヤホンのご利用を推奨します。
※スマートフォンやタブレットでも受講可能ですが、一部機能が使用できないことがありますので可能な限りパソコンでご受講ください。

◆Zoomの接続テスト
事前に接続確認や音声テストを行いたい場合は、こちらよりテストを実施してください。 キャッシュマネジメント入門
※スマホからの接続の場合は、アプリのダウンロードが必要です。

◆通信環境の推奨
有線LANまたはWiFi接続を推奨します。
インターネット通信速度20Mbps~30Mbpsが維持できる安定した環境でご受講ください。
以下よりご自身の通信環境をご確認いただくことが可能です。事前に受講場所で測定ください。
インターネット回線の速度テスト

◆開催2営業日前
開催の2営業日前を目途に、受講者様宛てにZoom使用方法及び注意事項のご案内をメールでお送りいたします。
また、セミナーによってはテキストも一緒にメールでお送りいたします。

◆開催前日
開催の1営業日前に、参加URLとパスワードをメールでお送りいたします。
参加URLをお申込みいただいている受講者以外へ共有・流用する行為は固くお断りしております。お申込みのない方の入室が発見された場合は、ご退出いただきますので、メールの取り扱いについては、十分にご留意くださいますようお願いいたします。

最低催行人数 5名
※天災、人災、動乱、通信障害または講師の急な疾病等不測の事情により休講または中断する場合があります。予めご承知おきくださいますようお願い致します。
※本セミナーは一般企業向けのため、弊社と同業・類似業の方のお申込みはお受けできませんのでご了承ください。
※営業・セールスを目的としたご参加はご遠慮ください。営業活動または営利を目的とする行為(宣伝、勧誘、販売等)を一切禁止します。


お問い合わせ先 アタックス・ビジネス・セミナー事務局
TEL 052-586-8829

セミナー受講料

メルマガ会員 13,200円(税込) 一般 19,800円(税込)

受講料について 【オンライン講座のキャンセルについて】
オンライン講座につきましては、受講料が発生する場合において、
キャンセル受付期限(開催の3営業日前の17時まで)以降の
お客様都合によるキャンセル・ご連絡のない当日欠席は、受講料の全額を申し受けます。
ご了承ください。

オリジナル ワインディングセット6点

ワインディングセット6点


新品 未使用です。 宜しくお願いします値下げ、単品購入 大丈夫です。



















オリジナル ワインディングセット6点 - societes-usa.com

著 者 堀内 一人
定 価 1,650円(税込)
初版発行
ホッシー様専用 新品 デトダーマ ボディエッセンスF3 キャッシュマネジメント入門 120ml, 978-4-7569-2163-5
ページ 240
版 型 B6並製

今現在抱えている「あなたの痛み」や、将来に感じている「あなたの不安」にも応えられるように、
人生全般あらゆる方面からのアドバイスを100項目でまとめました。

ASUS ゲーミングモニター 27インチ,
その半分埋まっていることへの解釈の相違により、
真逆の人生を歩むことにもなる。
そんな大きな転換点が、まさしく「40代」。

第1章 人生・生き方編
01 すべての人生は、「ハッピーエンドの映画」である
02 40にして惑わずではなく、「惑いまくれ」
03 今を生きるために「死に方」を強くイメージせよ
使用済み バドミントンシャトル 250個,
05 「ミッドライフクライシス」には感謝せよ
06 リュックサックを下ろし「捨てるべき」ものを見定めよ
07 「ジブンジブン」から「キブンキブン」へ
08 「素の自分を愛する勇気」を
09 40代だからこそ、「過去主義なんてクソくらえ」だ
10 「3年後の自分からの手紙」があなたを作る
11 「ネガティブ感情のトリセツ」を片手に旅に出よ
12 40代こそ、常に「諦めの悪い奴」たれ
13 あなただけの「パワーストーリー」を紡げ
14 自分の「want」に忠実たれ
15 自分の「being(存在)」を認めよ
16 「心の呟き(セルフトーク)」を意識せよ

shiro SABON マイファーストコフレ,
17 上司と部下の「板挟み」はこう乗り越えろ
18 絶対に「身体を止めるな」
19 部下を育てることへの「誤解と重要性」
20 部下との「距離感」はこう作る
21 部下の「自主性・積極性」を引き出すには
22 キャッシュマネジメント入門 「リーダーシップ」の常識・非常識
23 40代は「嫌われろ!」
24 「社内サバイバル力」ではサバイバルしない
25 「懐の真剣」を真剣に抜け
26 「ミドル(中間管理職)の消滅」を本気で覚悟せよ
27 「自己懐疑力」があなたの成長を加速させる
28 「自分の手足」を動かすクセ作りを
29 あなたの「仕事の神」はどこにいる?
30 「従いたくない指示」が上から出たら
31 「失敗」との付き合い方・扱い方
32 「まだ本気出してないだけ」は、本気で価値なし
33 執着を解き放ち「赤子返り」を蹴散らしていけ
34 「嫉妬心」の転化の仕方があなたを左右する

第3章 キャリア編
35 「戦略的キャリアダウン」を真剣に考えよ
36 「生き残りスキルアップ」を密かに行え
37 カッコつけずに「潜水艦」のごとくあれ
38 会社を辞めたくなったら「おもちゃ箱」を思い出せ
39 「後付け力」をフル動員せよ
40 「降格を願いでる」のも大いにあり
41 キャッシュマネジメント入門 今後の「賃金低下」はリアルに想定内にしておけ
42 自身のキャリアを見つめ直す「5つの質問」
43 40代、特に重要な「2つの質問」
44 目指すべきは「狩りのできるペット」
45 40代で「会社辞めていい人、ダメな人」
46 会社を味わえるだけ「味わい尽くせ」
47 会社から「欲しいもの」は何だ?
48 「実際的キャリアシフト」を実際にやれ
49 「あなたの眠れる埋蔵金」を掘り起こせ
50 「自分は何者か?」を言葉にできるか?
YONEX シャトル スタンダード2 3本 新品未開封,
52 キャリアより「キャッシュ」から考えてみよ
53 あなただけの「社会的役割」がきっとある
54 「じぶん株式会社」で未来を切り開け

第4章 人間関係編
55 仕事で「感情喚起力」を研いでおけ
56 40代からは「人間関係マインドセット」が最重要
57 まずは「自分との人間関係」のアップデートから
58 日々の「スモールサクセス」を習慣化せよ
59 人間関係よりも、まずは「人間磁場」
60 「孤独受容力」が人間関係を軽くする
61 人間関係への「執着」を解き放て
62 過剰な同調を「許せる」自分かどうか?
63 人間関係において「自責」を強く意識せよ
64 「二項対立的思考」から脱却せよ
65 40代以降の人間関係は、「足し算から引き算」へ
66 「甘え上手」になって人生を楽しめ
67 相手の話をとにかく「聴き切れ」 キャッシュマネジメント入門
68 「嫌いな人とは会わない」とまず決める

第5章 成長戦略編
69 「自分の実寸」の測り間違いは命取り
70 「人」によって生かされることを片時も忘れるな
71 まだまだ「投資先行」で生きろ
72 メラッときたら「昨日の自分」と競争せよ
73 「働きがい」がなくなるメカニズム
74 あなたが「この時代のモデル」になる
75 40代こそ、「名刺を捨て、外に出よ」
ネイル 道具 一式,
【zzz様専用】BENQ キャッシュマネジメント入門 EW3270U(4Kモニター 31.5インチ),
78 「8割健康体」を目指し生きてみよ

第6章 心身の健康編
79 「1分」だけ呼吸を意識せよ
80 キャッシュマネジメント入門 「気分をフラットに戻す習慣」を身に付けよ
81 今この瞬間から「過去のマネジメント」を
82 「情報のマネジメント」が過度な不安を退ける
83 朝、「違う空気」に触れてみよ
84 とにかく「見た目」に神経を行き届かせる
85 「食欲のコントロール」が健康の第一歩
86 適当に「テキトー筋トレ」を
87 今夜から「ものぐさストレッチ」を
88 「立ち仕事」「立ち飲み」で立ち時間を増やせ
89 「とにかく、速く歩く」
90 「顔面冷却」と「脳天冷水」で若さを取り戻せ
91 「諦めない気持ち+小さな行動」を

第7章 趣味・遊び編
92 「遊び」が最重要テーマだと言っても過言じゃない
93 「遊ぶために遊ぶ」ことがあなたを今に引き戻す
94 人生における「友人」との付き合い方
95 「ムダで非生産的なモノやコト」に関心を寄せろ
96 童心に戻れる「料理」こそ遊びの中の遊び
97 自分の「遊び趣味実態」を振り返れ
98 ぜひ「数人遊び」「数人趣味」を
99 「あなたの宝」をもう一度掘り起こせ
100 「今、遊べ」。理由なき衝動を解放せよ

【公開講座】CFOのための財務マネジメント入門 第2回

1名さまから参加できる研修サービス・公開講座

セミナーの趣旨

受講対象者

主催団体

本コースは、 株式会社プロネクサス が主催しております。

講義内容

  • 1、ROEの意味と活用
    • 収益性、効率性、安全性、成長性との関連
    • ROE向上のための具体策
    • (ケース)財務比率推移の事例
    • キャッシュフローが重要な理由
    • フリーキャッシュフローの意味と計算
    • 金利とリスク
    • WACC
    • 最適資本構成
    • 金銭の時間的価値と割引率
    • NPV、IRR、回収期間法
    • (ケース)投資プロジェクト評価のケース
    • 時価純資産法
    • 類似会社比較法
    • DCF法
    • 企業価値及び株主価値の向上策
    • EVA
    • BSC

    お申込みに際してご留意いただきたいこと

    • ・必ずご視聴されるご本人様のメールアドレスでお申込みいただきますようお願いいたします。(お申込みいただくメールアドレスがご視聴いただくIDとなります。)
    • ・お申込み1名様に対して、1IDを提供させていただいております。なお、講師の著作権保護の観点から、共有IDの利用や上映会等での利用など、お申込者以外の方のご利用はお断りしております。
    • キャッシュマネジメント入門
    • ・講師との契約により、視聴期間の延長及び終了後のテキスト提供はお受けできませんので予めご了承願います。
    • ・反社会的勢力と判明した場合には、セミナーへのご参加をお断りいたします。
    • ・お申込みに際してご留意いただきたいこと・趣旨等を考慮のうえ、講師と同業の方などセミナーへのご参加をご遠慮いただく場合がございます。
    • ・台風等の天災事変やその他諸事情により、セミナーを中止・延期する場合がございますので予めご了承ください。

    【事前に必ずご確認の上お申込みください】
    *事前のお席の確保などのご対応致しかねます。
    *お申込み内容は、翌営業日以降に確定いたします。
    *お申込み後、満席などでご受講できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。満席の場合は、別途ご連絡申し上げます。
    *Webゼミをお申込みの場合は、視聴に際しての注意事項をご確認ください。
    Webゼミとは:配信期間中に何回でも受講ができる講義動画です。
    *視聴URL等のWebゼミ視聴に必要な情報は、視聴期間開始日前日に主催より送付されます。

    「キャッシュフロー計算書」入門講座|オンラインセミナー|アタックスグループ

    ※ノートパソコンの場合、ウェブカメラ・マイク・スピーカーの機能を搭載しているものが多いですが、内蔵されていない場合は、接続可能な外付け機器をご用意ください。
    ※デスクトップパソコンの場合、これらの機器を別途ご準備いただく必要があります。
    ※周りを気にせずに受講ができ、音もクリアに聴こえるヘッドセットやマイク付きイヤホンのご利用を推奨します。
    ※スマートフォンやタブレットでも受講可能ですが、一部機能が使用できないことがありますので可能な限りパソコンでご受講ください。

    ◆Zoomの接続テスト
    事前に接続確認や音声テストを行いたい場合は、こちらよりテストを実施してください。
    ※スマホからの接続の場合は、アプリのダウンロードが必要です。

    ◆通信環境の推奨
    有線LANまたはWiFi接続を推奨します。
    インターネット通信速度20Mbps~30Mbpsが維持できる安定した環境でご受講ください。
    以下よりご自身の通信環境をご確認いただくことが可能です。事前に受講場所で測定ください。
    インターネット回線の速度テスト

    ◆開催2営業日前
    開催の2営業日前を目途に、受講者様宛てにZoom使用方法及び注意事項のご案内をメールでお送りいたします。
    また、セミナーによってはテキストも一緒にメールでお送りいたします。

    ◆開催前日
    開催の1営業日前に、参加URLとパスワードをメールでお送りいたします。
    参加URLをお申込みいただいている受講者以外へ共有・流用する行為は固くお断りしております。お申込みのない方の入室が発見された場合は、ご退出いただきますので、メールの取り扱いについては、十分にご留意くださいますようお願いいたします。

    最低催行人数 5名
    ※天災、人災、動乱、通信障害または講師の急な疾病等不測の事情により休講または中断する場合があります。予めご承知おきくださいますようお願い致します。
    ※本セミナーは一般企業向けのため、弊社と同業・類似業の方のお申込みはお受けできませんのでご了承ください。
    ※営業・セールスを目的としたご参加はご遠慮ください。営業活動または営利を目的とする行為(宣伝、勧誘、販売等)を一切禁止します。


    お問い合わせ先 アタックス・ビジネス・セミナー事務局
    TEL 052-586-8829

    セミナー受講料

    メルマガ会員 13,200円(税込) 一般 19,800円(税込)

    受講料について 【オンライン講座のキャンセルについて】
    オンライン講座につきましては、受講料が発生する場合において、
    キャンセル受付期限(開催の3営業日前の17時まで)以降の
    お客様都合によるキャンセル・ご連絡のない当日欠席は、受講料の全額を申し受けます。
    ご了承ください。

    Aurora PostgreSQL のキャッシュ管理機能の紹介

    Amazon Aurora は、ハイエンドな商用データベースが持つ速さや可用性を、オープンソースデータベースのシンプルさやコスト効率の高さと組み合わせた、リレーショナルデータベースエンジンです。PostgreSQL 互換エディションの Aurora では、同じハードウェアで動作させたとき、標準 PostgreSQL の最大 3 倍のスループットが実現できます。既存の PostgreSQL アプリケーションおよびツールは、修正をせずにそのまま使用可能です。この、PostgreSQL の互換性と Aurora のエンタープライズデータベース機能の組合せは、商用データベースを移行する際の理想的なターゲットとなっています。

    リレーショナルデータベースでのキャッシング

    キャッシングは、すべてのリレーショナルデータベースがディスク I/O を削減するために備えている、主要な機能の一つです。これは、最も使用頻度の高いデータを、バッファーキャッシュと呼ばれるメモリの中に一時保存します。バッファーキャッシュにあるデータへのアクセスは、ディスクに保存されたものより高速です。つまり、スケーラビリティやアプリケーションのパフォーマンスを高めることができます。

    PostgreSQL では、(テーブルやインデックスブロックなどの) アクセス頻度の高いデータブロックをキャッシュします。この設定は、データベースサーバーが使用する共有メモリバッファーの容量を規定する設定パラメータ ( shared_buffers ) により定義されます。詳細については、PostgreSQL ドキュメントウェブサイトの「Memory」をご参照ください。

    キャッシングとフェイルオーバー

    Aurora PostgreSQL では、フェイルオーバー優先順位が最も高いリードレプリカを自動的に新しいマスターに昇格することで、高速のフェイルオーバー (約 35 秒) を実現しています。

    フェイルオーバー発生時のバッファーキャッシュの内容によっては、新たに昇格された書き込みインスタンスにおいてキャッシュをウォームアップ (障害を起こす前のプライマリと同様な状態にキャッシュが遷移) するための時間が必要となります。バッファーキャッシュのウォームアップに必要な時間は、障害以前と同じ応答速度をアプリケーションが得られるようになるまでの時間です。

    障害が起きた時点でのバッファーキャッシュの内容によっては、新たに昇格する書き込みインスタンスがキャッシュを (障害前のプライマリを反映した状態までに) ウォームアップするのに、顕著な時間を要することもあります。バッファーキャッシュのウォームアップに要する時間は、障害前と同じく信頼できる応答速度を得られるまで、アプリケーションが待機しなければならない時間となります。

    クラスターキャッシュ管理

    クラスターキャッシュ管理 (CCM) 機能は、フェイルオーバーが発生した後の、新しいプライマリ/書き込みインスタンスのパフォーマンスを向上させます。レプリカでは、アクセス頻度の高いバッファーをプライマリおよび書き込みのインスタンスからキャッシュして、予防的な読み込みを行っています。CCM により、特定の Aurora PostgreSQL レプリカをフェイルオーバーのターゲットとして指定することが可能です。CCM は、指定されたレプリカのキャッシュにあるデータが、プライマリ DB インスタンスのキャッシュにあるデータと正確に同期するようにします。

    CCM の機能説明図を次に示します。読み出し専用 (RO) ノードは、読み出し/書き込み (RW) ノードに対し、バッファーキャッシュで一時保存を行っている一連のバッファーアドレスを、ブルームフィルターとして送信します。これは、RO ノードが RW ノードに対し、同じバッファーアドレスを繰り返し送信しないようにするためです。RW ノードでは、ブルームフィルターを RO ノードから受信するとバッファーキャッシュ内のブロックを比較して、使用頻度の高い (デフォルトでは 3 回以上の使用回数) バッファー を RO ノードに返信します。

    CCM 機能を説明する図

    フェイルオーバー発生時、指定されているリードレプリカは、新しい DB インスタンスに昇格すると速やかに、ウォームアップ済みキャッシュにある値を使用開始します。このアプローチにより、アプリケーションの復旧パフォーマンスが向上します。フェイルオーバーの際でも、(レプリカが保存していた) 新しいプライマリのキャッシュはウォームアップ済みなので、アプリケーションはフェイルオーバー後でも変わらない一貫性と信頼性の提供が受けられます。

    CCM の設定と使用

    CCM は、PostgreSQL DB クラスターのバージョン 9.6.11 以降、および、バージョン 10.5 以降でサポートされています。

    自動キャプチャリングと QPM による管理計画使用のために、Aurora PostgreSQL クラスターで CCM の使用を設定および有効化する手順は次のとおりです。

    Aurora DB クラスターのパラメータを修正する

      を開きます。
    1. ナビゲーションペインで [Parameter groups] をクリックします。
    2. Aurora PostgreSQL DB クラスターのパラメータグループを選択します。
      デフォルトのパラメータグループは値を変更できないため、DB クラスターには別のパラメータグループを設定する必要があります。詳細については「DB クラスターパラメータグループの作成」をご参照ください。次のスクリーンショットに、このブログ記事で使用したパラメータグループ (apg10outbound) を示します。
    3. [Parameter group actions] で [Edit] をクリックします。
    4. クラスターパラメータ [ apg_ccm_enabled ] の値を 1 に設定します。
      次のスクリーンショットに、apg10outbound DB クラスターのパラメータグループ編集スクリーンを示します。
    5. [Save changes] をクリックします。

    書き込み DB インスタンスで昇格優先順位を設定する

    読み出し DB インスタンスで昇格優先順位を設定する

    先の手順を、読み出しインスタンス ( ccminstance-ro ) に対して繰り返し、フェイルオーバーターゲットとしての動作を設定します。CCM のための特定のレプリカを指定するには、その Aurora レプリカで昇格優先順位を 0 に設定します。昇格優先順位は、障害発生後にプライマリ DB インスタンスに昇格する Aurora レプリカの順番を指定する値です。有効な値は 0~15 で、0 が最高順位、15 が最低の順位となります。

    CCM が有効化されたことを確認する

    CCM が有効になっていることを確認するには、psql による次のコードを使い、 aurora_ccm_status() 関数をクエリします。
    psql による PostgreSQL への接続方法については、こちらのドキュメントをご参照ください。エンドポイント、ポート、ユーザー名、データベース名は、ご使用のものに合わせて置き換えてください。

    CCM が無効化されているクラスターでも、 aurora_ccm_status() 関数をクエリします。

    CCM を使い、フェイルオーバー後の高速復旧をテストする

    CCM を使ったフェイルオーバー後の高速復旧は、PostgreSQL のベンチマーキングツールである pgbench でテストできます。これを使い、人為的にワークロードを合成し、2 種類の (1 つは CCM が有効化され、もう一方は無効な) 異なる Aurora PostgreSQL クラスターに対しベンチマーキングを実行します。

    今回の記事では、ベンチマーキングの途中 (10 分経過後) に手動でフェイルオーバーを注入し、フェイルオーバーが実行されたあとにベンチマーキングを再開します。2 通りのクラスターのフェイルオーバー後に、 pgbench の結果が、毎秒のトランザクション数 (TPS) の平均ベースラインに到達するまでの時間を測定できます。

    CCM が有効化された場合の環境

    1. us-west-2a に、(R4.16xl インスタンスクラスの) 書き込みインスタンス ( ccminstance ) が 1 つ存在。
    2. us-west-2a に、(R4.16xl インスタンスクラスの) 読み出しインスタンス ( ccminstance-ro ) が 1 つ存在。
      次の キャッシュマネジメント入門 RDS コンソールのスクリーンショットに、書き込みおよび読み出しノードを持つ「ccmcluster」を示します。
    3. pgbench ワークロードのために Amazon Linux AMI release 2018.03 を実行する EC2 インスタンス (R4.16xl インスタンスクラス) が、us-west-2a AZ に 1 つ存在。
      次のスクリーンショットに、(CCM が有効化されたクラスター) ccmcluster 用の pgbench クライアントとして使用する EC2 インスタンスの詳細を示します。

    CCM が無効な場合の環境

    1. us-west-2a AZ に、(R4.16xl インスタンスクラスの) 書き込みインスタンス ( nocminst ) が 1 つ存在。
    2. us-west-2a AZ に、(R4.16xl インスタンスクラス) の読み出しインスタンス ( noccminst-ro ) が 1 つ存在。
      次の RDS コンソールのスクリーンショットに、書き込みおよび読み出しノードを持つ「noccmclust」を示します。
    3. pgbench ワークロードのために Amazon Linux AMI release 2018.03 を実行する EC2 インスタンス (R4.16xl インスタンスクラス) が、us-west-2a AZ に 1 つ存在。
      次のスクリーンショットに、(CCM が無効な) noccmclust 用の pgbench クライアントとして使用する EC2 インスタンスの詳細を示します。

    CCM が有効化されたクラスターでのベンチマーキング

    データの初期化とローディング

    CCM が有効化された Aurora PostgreSQL クラスター ( ccmcluster ) でサンプルデータを生成し、 ccmdb を使用します。今回の記事では、人為的なワークロード合成に pgbench を使っています。次にコードを示します (エンドポイント、ポート、ユーザー名、データベース名は、ご使用のものに合わせて置き換えてください) 。

    データベースに接続し、 pgbench によるデータロードが完了した後のデータベースのサイズを確認します。それには、次の SQL クエリを使用します。

    ベンチマーキングのワークロードを実行する

    読み出し専用、および、読み出し/書き込みし用それぞれのワークロードの実行確率は、 pgbench のベンチマーキングオプション tpcb-like と @ により指定します。この記事の例では、600 秒の間、読み出し専用と 1 つの読み出し/書き込み用ワークロードが キャッシュマネジメント入門 キャッシュマネジメント入門 20 回含まれる tpcb-like ワークロードを実行します。次にコードを示します。

    バッファーキャッシュの検証

    拡張子 pg_buffercache を使い、バッファーキャッシュの内容を調査することができます。ここでは、CCM が有効なものと無効なもの両方のキャッシュを検証し、ワークロード実行中の書き込みノードと読み出し専用ノード間で、バッファーキャッシュの内容を比較します。 CCM が有効であれば、書き込みノードと読み出し専用ノードでのキャッシュの内容はほぼ同じです。なせなら、CCM が機能していると、書き込みノードは読み出し専用側に対し、頻度に使用される (デフォルトでは使用回数が 3 回より多い) バッファーのアドレスを定期的に送信しているからです。

    書き込みノードで pg_buffercache を使用するには、クラスターの clusterendpoint を使いその書き込みノードに接続し、拡張子 pg_buffer_cache を作成します。次にコードを示します。

    読み出し専用ノードの pg_buffer_cache を使用するには、 readerEndpoint の値を使いその読み出し専用ノードに接続します。次にコードを示します。

    CCM が無効なクラスターでのベンチマーキング

    データの初期化とローディング

    CCM が有効化されたクラスターと同じ要領で、CCM が無効な Aurora PostgreSQL クラスター ( noccmclust ) でもサンプルデータを生成し、 noccmdb を使用します。次のコードを実行し、pgbench により人為的なワークロードを合成します。

    データベースに接続し、pgbench によるデータロードが完了した後のデータベースのサイズを確認します。それには、次の SQL クエリを使用します。

    ベンチマーキングのワークロードを実行する

    CCM が有効化されている場合と同様に、読み出し専用および、読み出し/書き込み用のワークロードの実行確率は、 pgbench のベンチマーキングオプション tpcb-like と @ により指定します。この記事の例では、600 秒の間、読み出し専用と標準の読み出し/書き込みワークロードが キャッシュマネジメント入門 20 回含まれる tpcb-like ワークロードを実行します。次にコードを示します。

    バッファーキャッシュの検証

    書き込みノードで pg_buffercache を使用するには、クラスターの clusterendpoint を使いその書き込みノードに接続し、拡張子 pg_buffer_cache を作成します。次にコードを示します。

    読み出し専用ノードの pg_buffer_cache を使用するには、 readerEndpoint の値を使いその読み出し専用ノードに接続します。次にコードを示します。

    1. RDS キャッシュマネジメント入門 コンソールで、クラスターを選択します。
    2. 書き込みインスタンスを選択します。
    3. [Actions] メニューで、 [Failover] を選択します。
      フェイルオーバーが終了したら、同じワークロードを新しい書き込みインスタンス上で再開します。次にコードを示します。

    ベンチマーキング結果の比較

    次のグラフに、CCM が有効化されたものと無効になっている Aurora PostgreSQL クラスター、それぞれのベンチマーキングから得られた結果を示します。CCM が有効なクラスターでは、毎秒トランザクション数 (TPS) の平均が 90 パーセンタイルに短時間で上昇しているのに対し、CCM が無効なクラスターでは、TPS が同じ値に上昇するのに約 357 秒程度 (990 マイナス 633) かかっています。

    今回の記事では、Aurora PostgreSQL の CCM 機能を使い、フェイルオーバーのシナリオにおいて、アプリケーションが、より一貫性のあるパフォーマンスを発揮するようにする手法をご紹介しました。Aurora PostgreSQL では、1 つの AWS リージョン内にある 1 つの Aurora クラスターで、最大 15 のリードレプリカが使用できます。また、CCM を利用することで、フェイルオーバーでのアプリケーションの一時停止をなくすことができ、その際の動作に一貫性を持たせることができます。CCM の有効化は、フェイルオーバーターゲットとして働く専用のリードレプリカを 1 つ指定し、別のリードレプリカを読み出し専用ワークロードに指定することで行えます。

    著者について

    Sameer Malik は、アマゾン ウェブ サービスのプリンシパルデータベースソリューションアーキテクトです

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる