利食い

無料のストップロス自動設定

無料のストップロス自動設定
ゲムゲム

ストップロス注文

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。 無料のストップロス自動設定
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

XMで利用できる無料の自動売買EAおすすめランキング

ゲムゲム

無料のストップロス自動設定
おすすめカテゴリー

ホーム

自動売買

ボーナス

スプレッド
GEMFOREX GogoJungle Let's REAL

XMで自動売買EAを無料で利用する方法

EA-BANK

ea-bank

mql5

個人の開発者

無料の自動売買EAおすすめランキング

1位:AUDNZD Otaku

EA名 販売サイト
AUDNZD Otaku EA-BANK

2位:MATILDA

無料のストップロス自動設定
EA名 販売サイト
MATILDA micco’s Back Channel

3位:Hydrangea

無料のストップロス自動設定
EA名 販売サイト
Hydrangea EA-BANK

4位:AssyeGBP

EA名 販売サイト
AssyeGBP EA-BANK

5位:Blue-Seal GBPJPY H1

EA名 販売サイト
Blue-Seal GBPJPY H1 EA-BANK

Blue-Seal GBPJPY H1は損小利大タイプのEAで、GBPJPY専用になっています。

無料配布してくれるおすすめEA開発者

ヒロ fx ea 無料のストップロス自動設定 youtuber

EA名 登録業者
eagle blizzard titan TitanFX
eagle blizzard CXC CXC
eagle blizzard world CXC CXC

くまのみFX

EA名 登録業者
Eternal_EA_魁-Edition XM
Hunter_EA XM
DEEDLIT_EA_暁_Edition XM
Ambrosia_EA CXC
無料のストップロス自動設定

FX☆BINGO

無料のストップロス自動設定 無料のストップロス自動設定
EA名 登録業者
吉宗 CXC
超吉宗 CXC
超絶吉宗 CXC

ゲムゲム

【完全版】MT5トレーリングストップの設定方法、使い方とテクニックを伝授

mt5 トレーリングストップ

mt5 トレーリングストップ

そこから何ポイント下がったら利益確定するのかという設定が出来ます。

ポイント数で表示されていますが、20ポイントだったら、2Pipsという意味です。

スマホでは使えないのか

スマホでは自動でトレーリングストップは行えません。

MT5,トレール,スマホ,MT4,注文,トレーリングストップ チャート iPad

トレーリングストップで気を付けること

トレーリングストップは便利ですが、手動で決済したほうが利益を多く取れる可能性もあります。

ちなみにトレーリングストップを使う時はMT5を閉じてしまうと、その時点で決済逆指値となり自動でポイントが上昇しなくなります。トレーリングストップはリアルタイムで取引するものと覚えておきましょう。

【MT5(MT4)の使い方】海外FXの「取引方法」を解説します!

Exness(エクスネス)【MT4 / MT5】インストールとログイン方法 Exness(エクスネス)では【MT4(またはMT5)アプリ】を使ってトレードをします。 口座開設をおえたら、Exness会員ページか.

その前に 「MT5かMT4か」、「WindowsかMacか」のどっちがいいのか について個人的な意見を短く書きます。

MT5かMT4のどっちがいいのか?

まだMT4のみ対応のブローカーも多いです。

MT5とMT4の操作方法はかわりません。

できることにも大きな違いはないです。

まとめるとMT5かMT4かを選べる場合には、 裁量トレーダーはMT5、EAトレーダーはMT4となります。

これから主流になっていくのはMT5なので、できればMT5口座をおすすめします。

パソコンはWindowsかMacのどっちがいいのか?

XMTradingのプラットフォームページ

Windowsならば「PC対応」を、Macはそのまま「Mac対応」をクリックしますが、

トレード目的ならば、 Windowsを推奨します。

主観ですが、一部クリエイターが片手間にトレードする以外ではWindowsがいいです。

ちなみにMT4 / MT5の 「WebTrader」 はウェブブラウザからトレードができます。

FXの基本(MT4 / MT5の注文方法・利益確定・ストップロス)について

メタトレーダーを使ううえでもFXの基本として次の「流れ」を覚えておけばOK!

USDJPY、EURUSDといった 「 銘柄( 通貨ペア)」 を指定します。

ちなみにFXで取引すべきおすすめの通貨ペアについてはこちらの記事で詳しく解説!

通貨ペアは、銘柄名の先頭の通貨の名前を意識することが大事で、その通貨を買うか売るかです。

USDJPYだったらUSDの価値が (JPYに対して) 上がっているか下がっているか、

EURUSDだったらEURの 価値が (USDに対して) 上がっているか下がっているかです。

「タイプ(注文方法)」 を、

「買い」か「売り」を即実行する 「成行注文」 か、

Buy Limit(買い指値)」、「Sell Limit(売り指値)」といったある「価格」になったら「買い」か「売り」を実行する 指値注文 (その場合 「価格」 無料のストップロス自動設定 無料のストップロス自動設定 も指定)かを選択します。

「数量」 で保有する「ロット」を指定します。

0.10が1万通貨です。

「Stop Loss(ストップロス)」はその「価格」になったら損切りをする「損切り注文」、

「Take Profit(テイクプロフィット)」はその「価格」になったら利益確定をする「利確注文」です。

「成行注文」 は 「ロット数」 を指定して、そのまま 「赤い売りボタン」 か 「青い買いボタン」 を押すことによって 即ポジションを保有します。

「指値注文」は「 価格」と 「 ロット数」 を指定して 「発注ボタン」 を押すことによって予約を入れておくという注文方式となります。

MT5(MT4)の操作方法

上記の「注文方法(成行・指値)・テイクプロフィット(利益確定)・ストップロス(損切り)」について理解したら、

慣れていないうちは ウィンドウの配置が ごちゃちゃしてわかりずらく感じますが、 使うところは限られてきますので、よく使う箇所を解説します。

言語を設定する

まず確認することは「言語」が日本語 になっているかです。

MT5メニューの表示から言語を選択

英語表記の場合、ウィンドウメニューの「View」「Languages」から「Japanese」にします。

言語を変更するとアプリの再起動が必要ですので「Restart」を押します。

ツールバーによく使う機能を出しておく

MT5メニューの表示からツールバーのすべてにチェックを入れる

チャートアイコンでは、 バーチャートではなく 「キャンドルスティック」 にすること。

MT5のツールバーでバーチャートからキャンドルスティックにする MT5の時間足の設定

よく使うのは 「拡大・縮小」、「自動スクロール」、 「チャートの右側をあける」、 「時間足の変更 」 です。

通貨ペアとチャートの表示

「気配値表示」 から通貨ペアを選択します。

MT5メニューの表示から気配値表示を選択

左上ウィンドウメニューの「表示」「気配値表示」をクリックして、

「気配値表示」のなかから対象の通貨ペアを右クリックして「チャートウィンドウ」をクリックして チャート表示させます。

取引したい銘柄(通貨ペア)がない場合、「気配値表示」のなかで右クリックして「全て表示」から銘柄を選びます。

同じく右クリックの 「銘柄一覧」から選ぶ場合には 「Forex」が通常よく取引する通貨ペアのことです。

「CFDs」には各国の株価指数、原油といったエネルギー、ゴールドといった貴金属、そのほか砂糖、ココア、コーヒー、コーンといった商品(コモディティ)もあります…、

が、もし「Forex」 以外の銘柄を はじめて取引する場合にはこちらもみてください!

チャート左上の注文ボタン

ワンクリック注文は素早く発注できますが、初回は免責事項に同意チェックが必要です。 オンにするならロット数と誤 タッチに注意!

ワンクリック注文のオン・オフの切り替えはメニューから「オプション」→「取引タブ」ワンクリック注文のチェック欄でします。

注文ボタンの真ん中の数字でロット数を指定してSELL(売り)BUY(買い)のボタンを押すとポジションを保有しますが、

ワンクリック注文モードがオフの場合はさらに 注文ウィンドウが出てきます。

ツールボックスから口座情報を確認

MT5では 「ツールボックス」 を表示させて、ご自身の口座資金、指値の注文内容や保有ポジションについてはこのエリアで確認します。

MT4では 「ターミナル」 といういい方をします。

左上ウィンドウメニューの「表示」「ツールボックス」をクリックして表示させます。

MT5メニューの表示からツールボックスを選択

ボーナスのあるブローカーの場合、MT5およびMT4上ではボーナスはクレジットと表記されています。

決済・部分決済の実行、指値注文内容の変更・取り消しができます。

一番右端の「×」マークをクリックしても決済します。

決済の注文ウィンドウがでてくるので、そのなかのボタンをクリックして成行の決済です。

ワンクリック注文モードが オン の場合は 注文ウィンドウは省略されるので注意。

チャート上の発注の仕方と注文内容の設定・変更

ワンクリック注文あるいは注文ウィンドウから発注してポジションを保有すると、 チャート上には保有したポジションの価格にラインが入ります。

MT5メニューのチャートからチャート上に表示するものを選択

注文ウィンドウからテイクプロフィット(利確注文)ストップロス(損切り注文)を設定してもいいのですが、

例えば 買い の場合、

保有した価格のラインからドラッグして上に引っ張ると「利益確定注文(テイクプロフィット)」、下に引っ張ると「損切り注文(ストップロス)」を簡単に設定できます。

つまり、エントリーとターゲットからストップまでをチャート上で分析しながらおこなえる!

テイクプロフィットとストップロスは、エントリー価格から近すぎると音が鳴って設定が通りません。

チャート上で買いたいところで右クリックすると「Buy Limit、ロット数、価格(ここまで下がったら買うということ)」が表示されるのでチャート上からでも注文ができます。

  • 成行注文と指値注文によってポジションを保有できること
  • テイクプロフィット(利益確定)とストップロス(損切り)を設定できること

自動トレーリングストップ機能

ポジションを保有して、ある程度の含み益を得ていればストップロスを自動的に追っかけてくれる 「トレーリングストップ」 という機能があるので一応覚えておきましょう。

これにより損失が出ないことを確定させることができます。

チャート上のレート付近か、ツールボックスの保有ポジションを右クリックして「トレーリングストップ」を有効にします。

高値を更新するごとに自動的にストップを上げていきますが、高値から追いかけるストップの距離を指定できます。 10pointは1pips。

ちなみにスマホアプリにこの機能はないです。

MT4 / MT5のアップデートについて

メタトレーダーのアップデート画面

MT4 / MT5の取引レポートの参照方法

MT5のツールボックス(MT4はターミナルウィンドウ)の「口座履歴」を右クリックして「指定のカスタム設定」で指定した期間(1年など)を設定し、「レポートの保存」を右クリックします。

MT4 / MT5はFXで勝つための必須ツール

メタトレーダーは本当に高機能です。 国内のFX専用アプリではできないことができます。

注文から分析・検証、インジケーター拡張、プログラム売買(EA)など、 やろうと思えばできることが多いところがポイントですね。

スマホアプリのMT4 / MT5はシンプルすぎます。ただし物足りないというよりは、このシンプルさが初心者にとっては使いやすいともいえます。

MT5(MT4)では 分析から取引までをこれで完結できること が最大のメリット。FXで勝つためにはこの取引ツールを使いこなしていくことが必須となるのです。

マーチンゲールEA「Dark 無料のストップロス自動設定 Venus」の使い方・運用方法まとめ

海外FX

Dark Venusの特徴

その1:トレード手法は「ボリンジャーバンドからの逆張り」

その2:「マーチンゲール」で大きな利益を狙える

その3:短期時間足(M5)ならスキャルピングトレードも可能

その4:利確ラインは「加重ポイント平均」で5pips

  • 1+2+3+…+n = (1/2) n(n+1)

その5:損切り設定されていないため、長期運用はできない

「Dark Venus」では損切りするかどうかをパラメーター「Stop Target Mode」で設定できますが、デフォルトだと「Disabled(損切りしない)」の設定になっています。

その6:10pips前後の「小波」でコツコツ稼ぎ、50pips以上の「大波」でドカンと稼ぐ

その7:5pips刻みの「グリッドトレード」でポジション管理も容易に

その8:海外FXの入金ボーナスをフル活用できる

    :5万円の100%入金ボーナス+45万円の20%入金ボーナス :抽選で100%入金ボーナス(マイページログイン後に確認可能)

その9:長期時間足(H1)ならローリスク運用もできる

Dark Venusの設定項目(パラメーター)

  • Magic Number:マジックナンバー(EAの識別番号のこと)
  • 無料のストップロス自動設定 無料のストップロス自動設定
  • Max Spread(for open a trade):新規注文時の最大スプレッド。デフォルトは「500」

マネーマネジメント(複利運用)設定

  • Lots:基本の取引ロット数。ポジション数に応じて増えていく
  • Money Management:複利運用の設定(デフォルトは「false」)
  • Risk Percent:リスク許容度(資金に対する含み損の割合のこと)
  • Max Lot Amount:最大の合計取引ロット数(デフォルトは「0」)

4つ目の「Max Lot Amount」では、合計の取引ロット数を設定できます。

例えば1,000ドル以下の資金で運用するなら、Max Lot Amountは0.5〜1.0以下で設定した方がいいでしょう。

インディケーター(ボリンジャーバンド)の設定

  • Enable Bollinger Bands:ボリンジャーバンドのオン・オフ
  • Bollinger Bands Strategies:ボリンジャーバンドのトレード手法
  • Moment of the Signal:シグナルを適用させるタイミング(デフォルトは「バーの終値」)
  • Bollinger Bands Period:ボリンジャーバンドの期間(デフォルトは「20」)
  • Bollinger Bands Deviations:ボリンジャーバンドの偏差(デフォルトは「2.0」)
  • Bollinger Bands Price:ボリンジャーバンドの価格(デフォルトは「終値」)
  • Bollinger Bands Timeframe:ボリンジャーバンドの時間足(デフォルトは「現在」)

2つ目の「Bollinger Bands Strategies」では、ボリンジャーバンドを使ったトレード手法を変更できます。

デフォルトの設定だと、「Sell Above Buy Below」という逆張りの設定になっていますが、順張りに変更することもできます。

取引時間の設定

  • Enable Time Filter:タイムフィルターのオン・オフ(デフォルトは「false」)
  • Trading Start Hour:取引を開始する時間
  • Trading Start Minute:取引を開始する分
  • Trading Stop Hour:取引を終了する時間
  • Trading Stop Minute:取引を終了する分
  • Close Everything Out of hours:取引時間を過ぎるとポジションを全てクローズ

取引日の設定

  • Monday:月曜日に取引を行う
  • Tuesday:火曜日に取引を行う
  • Wednesday:水曜日に取引を行う
  • Thursday:木曜日に取引を行う
  • Friday:金曜日に取引を行う
  • Saturday:土曜日に取引を行う
  • Sunday:日曜日に取引を行う

売買の許可設定

  • Allow Buy:買い注文を許可
  • Allow Sell:売り注文を許可
  • Allow Buy and Sell at the same time:買い・売りを同時に行う
  • Allow Order From Other Charts, At Same Time:他のチャートからも注文を行う

3つ目の項目「Allow Buy and Sell at the same time」は、ポジション保有中に同じタイミングで逆のポジション保有することを許可します。

4つ目の項目「Allow Order From Other Charts, At Same Time」は、 他のチャートからの売買を許可する設定。

取引の設定

  • Max Buy 無料のストップロス自動設定 Orders:買いポジションの最大数(デフォルトは50)
  • Max Sell Orders:売りポジションの最大数(デフォルトは50)
  • One Trade Bar:バー(ローソク足)1つにつき1ポジション
  • Do Not Open Orders if there 無料のストップロス自動設定 is Closed Order On Current Bar:1つのバーで2回注文しない
  • Order Timeframe:(3つ目・4つ目の項目に)適用する時間足

3つ目の項目「One Trade Bar」は、ローソク足1本に対してポジションは1つと制限するもの。この設定をすることで、ローソク足がどれだけ長くなっても保有ポジションは1つだけになり、大変動時の含み損を低めに抑えられます。

4つ目の項目「Do Not Open Orders if there is Closed Order On Current Bar」は、ローソク足1本で2回以上の注文をしないよう設定します。こちらも設定しておくことで、リスクが過剰になることを防げます。

グリッド設定

  • Enable Grid:グリッドを使用するか(デフォルトは「true」)
  • Grid Orders Comply 無料のストップロス自動設定 Max Spread Conditions:最大スプレッド設定をグリッドにも適用する
  • Grid Orders Comply Indicators Conditions:インディケーター設定をグリッドにも適用する
  • Grid Orders Comply Hours Conditions:時間設定をグリッドにも適用する
  • Grid Orders Comply Week Days Conditions:曜日設定をグリッドにも適用する
  • Grid 無料のストップロス自動設定 Management:グリッドマネージメント(デフォルトは「Lots Sum」)
  • Coefficient Grid Management:グリッドマネージメント係数
  • Min Distance:グリッド間隔(デフォルトは「50ポイント=5pips」)
  • Min Distance Multiplier:グリッド間隔の乗数
  • One Trade Bar Grid:1バーにつき1トレード
  • Grid Order Timeframe:グリッドトレードを適用する時間足
  • Min Distance On Atr:ATR上のグリッド間隔
  • Atr Period:ATRの期間
  • Atr Multiplier:ATRの乗数
  • Atr Timeframe:ATRで適用する時間足

ATRは「Average True Range」の略称で、相場の変動率が高いか低いかを示唆する指標です。(ATRとは?)

インディケーターでのクローズ(決済)設定

  • Enable Closing on Bollinger 無料のストップロス自動設定 無料のストップロス自動設定 Bands:ボリンジャーバンドで決済するか(デフォルトは「false」)
  • Closure Type:反対のバンドで決済・中央バンドで決済
  • Respect Spread Allowed While 無料のストップロス自動設定 無料のストップロス自動設定 Closing On Indicator:

損切り・利確の設定

  • Take Target:利確pips(デフォルトは「50ポイント=5pips」)
  • Different Take Target For First Order:1つ目の注文の利確pipsを変更する
  • Take Target First Order:1つ目の注文の利確pips(デフォルトは「50ポイント=5pips」)
  • Stop Target:損切りpips(デフォルトは「500ポイント=50pips」)
  • Stop Target Mode:損切りモード(デフォルトは「Disabled」)
  • Close Trades Only at End Of Bar:ローソク足の終わりで決済する
  • Close Mode:決済設定(デフォルトは「加重ポイント平均」)

マネタリーストップロスの設定

  • Enable Monetary Stop Loss:マネタリーストップロスを適用する(デフォルトは「false」)
  • if true, Multiply Monetary Stop Loss Amount*Start Lot Size*100:適用する場合、マネタリーストップロスアマウント*初期ロットの100倍
  • Stop EA after Monetary 無料のストップロス自動設定 Loss:マネタリーストップロス後EAを停止する
  • Monetary Stop Loss Amount:ストップロスの参照値(デフォルトは3000通貨)
  • Monetary Stop Loss Amount*初期ロット*100

「Monetary Stop Loss Amount」のデフォルト値は3000、初期ロットのデフォルト値は0.01、ドル口座の運用を想定すると、計算式は3000×0.01×100=3000ドルとなります。

パーセンテージロス(ドローダウンが大きい時)の設定

  • Enable Close in Percentage Loss:パーセンテージロスで決済をする(デフォルトは「false」)
  • Stop EA After Percentage Loss:パーセンテージロス時にEAを停止する(デフォルトは「false」)
  • Lose Amount in Percentage:適用するパーセンテージ(デフォルトは「30」)

トレーリングストップ設定

  • Enable Average Trailing Stop:トレーリングストップを設定するか(デフォルトは「false」)
  • Only 無料のストップロス自動設定 無料のストップロス自動設定 In Profit:利益が得られている時のみ適用する
  • Broker Commission:ブローカー手数料(デフォルトは「7」)
  • Average Trailing Stop Value:トレーリングストップの値(デフォルトは「50」)
  • Average Trailing Step Value:トレーリングステップの値(デフォルトは「10」)

ポジション決済(クロージング)設定

  • Freezes 無料のストップロス自動設定 All Friday:金曜日に全て凍結する(デフォルトは「false」)
  • Freezes Hour:凍結する時間(デフォルトは「18」)
  • Close Friday Night:金曜日の夜にポジションを決済(デフォルトは「false」)
  • Close Friday Hour:決済する時間(デフォルトは「18」)
  • Forced Close Friday 無料のストップロス自動設定 Night:金曜日の夜にポジションを強制決済(デフォルトは「false」)
  • Forced Close Friday Hour:強制決済する時間(デフォルトは「23」)

グラフィック設定

  • Custom Comment:注文で表示させるコメント
  • Show Panel:パネル表示(デフォルトは「true」)
  • Show Button:ボタン表示(デフォルトは「false」)
  • Custom Chart:カスタムチャート(デフォルトは「true」)

1つ目の「Custom Comment」では、MT4の決済履歴のコメント欄に特定のコメントを表示できます。デフォルトだと「Dark Venus」になっています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる